人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

光速のバスの上で進路方向に時速3kmで歩いたら @ [物理学板]


光速のバスの上で進路方向に時速3kmで歩いたら @ [物理学板]
1: ウホッ 投稿日:2014/08/10(日) 17:28:27.49 ID:YhIJ82l6
光速+時速3kmで光速度不変の原理がおかしくなるじゃん
誰かわかりやすく教えて
2: ウホッ 投稿日:2014/08/10(日) 17:29:55.67 ID:YhIJ82l6
光速度プラス時速3kmね
5: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/10(日) 20:39:27.58
光速で移動する物体上では、時速3kmで移動するけど、他から見たら光速で移動する物体の上から3kmで移動しても光速のままですよ
6: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/11(月) 00:36:57.16
>>2
光速不変てのは、光が進む速さが不変てことだから
君は光じゃないから光速で移動できない

だから安心しな
7: ウホ 投稿日:2014/08/11(月) 18:37:56.52 ID:9ycJHGhd
>>5
ということは俺自身はバスの上で歩いているのに周りから見ると俺はその場で足踏みして止まっているように見えるの?

>>6
光速不変と光速度不変を履き違えないでね坊や
10: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/11(月) 22:23:12.88
>>7
光速で動く物体上で、進行方向に時速3kmで進んだら、光速移動体の上では時間の流れが遅れた世界で、本人たちの時間も遅れているから、普通の世界と同じような時速3km感覚で進むけれど、周りの時間で見てみると、光速移動体の進行方向に発射された物体は、時間の流れが遅れている(止まっている)から進んでは見えず、発射物も止まって見えることに
11: ウホ 投稿日:2014/08/11(月) 22:32:30.50 ID:9ycJHGhd
>>10
君、説明が上手いね。くどいようだが教えてくれ。

じゃあ、外見的には光速度で走っているバス自体が周りには止まって見えるの?
12: ウホ 投稿日:2014/08/11(月) 22:35:49.61 ID:9ycJHGhd
あと、くどいようだが………

周りのことはどうでも良い。
あくまで光速度で走っているバスの中で、進路方向に時速3kmで歩いている俺自身の速度は、光速度にプラス時速3kmで光速を超えているで論破できないということで。
13: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/11(月) 22:45:17.94
>>12
貴方自身は永遠に時速3kmで動こうとし、その時のまま時間は止まってしまう(時間が進めない)
でもあなた自身は時速3kmで進もうとしているし、そう感じているかもしれない
でも、時間は止まってしまっているから速度は出ず、実際には光速を超えることはできないのですよ

光速で動くバスの中であったとしても光速と同じ速度になったのなら時間は止まります
16: ウホ 投稿日:2014/08/11(月) 23:27:30.46 ID:9ycJHGhd
光速に達すると全ての時間はストップという概念でいいの?

じゃあ俺は光速度のバスに乗った時点で固まってるじゃんか。
実際になった奴いるの?
あくまで理論上で臨床試験した奴いるの?
19: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/11(月) 23:50:37.66
>>16
外から光速で走るバスの窓を覗くと君は止まった状態のまま。
バスの中で君は歩いているのだが窓の外の景色は止まったまま。


人間で検証が不可能なのはわかってるよね?
光速度なんか出せないんだし。

だが光速近くで飛ぶ粒子で確認されたことだよ。
→ミュー粒子
21: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/13(水) 11:39:54.68
>>19
> バスの中で君は歩いているのだが窓の外の景色は止まったまま。
少なくともこれはないだろ。
光速に達した時点でも認識能力があるとして、全てが進行方向につぶれていっしょくたに見えるはずだ
22: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/13(水) 20:42:56.27 ID:d+ntgbeC
質量を持つものが光速度で運動することは不可能である知見を無視して考えることを妄想と言います
つまり不毛なので終了です
26: ウホ 投稿日:2014/08/14(木) 19:56:33.21 ID:cQjonX8j
じゃあ光速度のバスの上で進路方向に時速3kmで歩いている俺は何で光速度プラス時速3kmということにならないの?

ふざけてるんじゃなくて、誰もわかりやすく説明できないじゃんか
27: ウホ 投稿日:2014/08/14(木) 20:01:21.60 ID:cQjonX8j
時速100kmのバスの中で進路方向に時速3km出歩くと 約103km
イコール
光速度のバスの中で進路方向に時速3kmで歩くと約光速度プラス3km


にならないと足し算発見した古代の数学者に笑われてしまう
31: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/14(木) 21:10:41.61
可視光が光速で存在している以上は、乗車した人が光速度+αになろうが観測不可能なんじゃないの

今回における観測不可能ってのは乗車した人の時間の遅延で、光速度に達する瞬間の光景から、それ以降の反射が行われず(可視光と同速のため)、超えようが超えまいが、光速度の領域に入った以上はそれ以降の観測が不可能
つまり、光速度+αが成り立たない
32: ウホ 投稿日:2014/08/14(木) 21:20:14.28 ID:cQjonX8j
じゃあ俺が光速度を超えると周りからはどう見えるの?
固まって見えるの?
な訳ねえじゃんw。

おれはバスの進路方向に時速3kmで歩いてるんだから止まってるわけねえだろハゲ
33: ウホ 投稿日:2014/08/14(木) 21:24:39.53 ID:cQjonX8j
たまに暴言吐いてごめんなさい。

ただ、釣りじゃなく光速度不変っておかしくない?
誰もおれの初歩的な例えに簡単に答えてくれない。
俺は100プラス3イコール103が
なぜ
1000000000000000プラス3が1000000000000000なの?

と聞いてるだけ。
34: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/14(木) 21:40:21.41
>>27, 33
相対速度w=(v1+v2)/(1+v1v2/c^2)
バスの速度をv1, 人の速度をv2として
v1 = c
v2 = c+1
とでも代入して計算してみたら?
38: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/14(木) 22:23:04.00
>>34が答えだが、やっぱりぱったり威勢が消えるパターンだ
おつおつ
44: ウホ 投稿日:2014/08/15(金) 12:26:40.79 ID:qANX4KUg
>>34さん及びみなさん遅れました。

自分は物理学ダメなんで難しい公式を紹介されても…
例えて言って欲しいとお願いしたのですが誰も出来ません。

俺は物理学ダメだが皆さんは想像力が皆無というかアフォなのか…
あっ また暴言すみません。


私の例えだと地上1000mをマッハ1で飛ぶ飛行機を鼻垂らしながら地上で見ている僕の視界の中では、約10センチの距離を10秒かけて動いているという感じでいいんですかね?
49: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/15(金) 18:54:46.34
>>44
もはや何をききたいのかわかんねぇよカス

バスも人も質量があるので光速に達することは出来ません
以上
45: ウホ 投稿日:2014/08/15(金) 12:37:59.50 ID:qANX4KUg
空間が歪むというか相対的というのが僕には理解しづらいので物理ニートの方々、分かりやすく説明して下さい。
46: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/15(金) 15:38:55.51
質量での話をすると、質量のあるものは光速になると計算上質量が無限大になると言われています。
それはバスの中にいる人にも当てはまり、中の人が動くと乗っているバスにも影響を与えてしまう。
つまり中の人が前に進むとバスが後退し光速を越えられない。
47: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/15(金) 16:46:54.02
バカがバカを呼んでる
58: ウホ 投稿日:2014/08/15(金) 22:11:44.01 ID:qANX4KUg
つまり光速度のバスの車内で進路方向に全力ダッシュして車内でフロントガラスに激突して鼻血出していても、周りから見れば俺は止まって見えているんですね。
理解不能の答えありがとうございます。


>>47代表の物理学のくそども乙w
60: ウホ 投稿日:2014/08/15(金) 22:16:11.96 ID:qANX4KUg
俺をバカにしてるが、車内でフロントガラスに激突してフロントガラスぶち破ってるのに、周りは止まって見えるだの俺の67kgの体重が無限大に膨れ上がってるだの………

見損なったよ…釣りじゃないよ。君らフロントガラスぶち破ったのに止まって見える理由を語れ。


特に>>47 お前答えろやw

他の方々、暴言すみません。m
61: ウホ 投稿日:2014/08/15(金) 22:24:02.15 ID:qANX4KUg
光速度のバスの車内で進路方向に時速20kmで走る。

フロントガラスにぶつかりガラスは破れ、ウホは鼻血を出す。

光速度プラス20kmが成り立つのに。

物理学ニート&かぶれ?達
ウホの体重は無限大になる
バスの車内ではバスはこうたいして、ウホは時速20kmで走る
ウホの体重もバスの質量も光速度なので無限大←有り得ない、しかもますます増えて行く質量だとw


実際、君ら自体脳内で把握出来てるw?
62: ウホ 投稿日:2014/08/15(金) 22:29:34.57 ID:qANX4KUg
>>61 訂正 バスの車内ではこうたいして←後退して

釣りやカラかいじゃなく、優秀な物理学ネラーの方々、僕が光速度の車内で進路方向に時速20kmで走ってフロントガラスぶち破った時の僕自身、僕主体の速さが光速度プラス時速20kmでは無いと。
宇宙一わかりやすく説明してください。
84: ウホ 投稿日:2014/08/15(金) 23:19:27.50 ID:qANX4KUg
宿題

明日朝までに>>62の答え わかりやすく頼む
86: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/15(金) 23:57:47.96
>>84
お前がフロントガラスにぶち当たるまでの時間、光速バスの外は既に無限に時間が進んでいる
物体は速度により時の進みが変わる

お前の時空でのお前→20km/h
光速バスの外から見たお前→0km/h
時の進みが違うのだから速度も変わる
88: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/16(土) 01:19:35.27
>>84
どうやってものごとが「見える」のか?
まずそこから勉強しなおせカス。
65: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/15(金) 22:36:19.32
結論
バカは無敵
70: ウホ 投稿日:2014/08/15(金) 22:41:57.35 ID:qANX4KUg
>>65
バカは無敵発言ありがとう。

でも君よりは人生全てにおいて勝ち組だとは思うようwww
あ、…………すみません また暴言吐いちゃったm
管理人より:しばらく»1さんのお金持ち自慢が続くけど、つまらないのでカット。
81: ウホ 投稿日:2014/08/15(金) 23:12:02.02 ID:qANX4KUg
すみません。実は金持ちでも有りません。

ただ、質問に答えて下さい。

金持ち発言はネタ投入でした。ただ、貧乏じゃないけどw
85: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/15(金) 23:53:54.97
22-23の実に有り難い啓示を敢えて伏せる罪を犯す推論をする

Vo=(Va+Vb)/√{1-(Va*Vb)/(c^2)}

3km/h=0.05km/m=50m/m=0.833…m/sを面倒なので1m/s
面倒なのでc=30万km/s

男色>>1=(c+1)/√{1-(c*1)/(c^2)
=(30万k+1)/√{1-(30万k*1)/(30万k^2)}
1m/s要んね、誤差過ぎ
→30万k/√{1-30万k/30万k^2
=30万k/√{1-1/30万k}
=30万k/√{30万k/30万k-1/30万k}
ハイハイ誤差誤差
30万k=c


男色に流れる時間で3km/hで歩いても、光速バスから見れば0km/hである

光速バスに乗っている以上、光速バスの外から見た男色の時間は止まって見える
≒男色が見た光速バスの外は無限の時間が進んで見える


最早、男色は光子体、SFの世界の存在だ
90: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/16(土) 07:08:54.05 ID:K7d5qGku
物理をちゃんと理解するには数式が必要なのに、数式で示すとわかんねぇと言う

で、言葉で、質量のあるものは光速で動けないよといっても、なぜかスルー

質量のあるバスや人が光速に達することが物理的に不可能なのに、それを前提にして考えることをやめない


もうどうしようもないじゃないか
97: マッシュルーム 投稿日:2014/08/16(土) 18:24:45.81 ID:jGzmbJIK
ここでわ~らんと言ってるチミへ

外の人にとってのバスの中を走ってる人の速度
外の人にとってのバスの速度V1
バスにとってのバスの中を走ってる人の速度V2
バス固有の長さ

としましゅ。

バスが光の速度に近づくと、外の人にとって、中の時間はルート(1-V1^2/C^2)の比率で遅れましゅ。
長さがルート(1-V1^2/C^2)比率で進行方向に縮みましゅ。
バス内部の人が前端と後端の時計合わせをすると、外から見てる人にとっては後端の方が時間がV1L/C^2だけ進んでましゅ。

(なぜそうなるかはそんなにむじゅかぴくないから、本読んでね。)

バス内部で後端から前端へ走ってる人がいるとしましゅ。
この人の速度を、外の人にとっての速度で求めてみましゅ。
V=V1+バスと、外の人にとってのバスと走ってる人の相対速度
となりましゅ。
この相対速度を求めましゅ。
98: マッシュルーム 投稿日:2014/08/16(土) 18:26:50.05 ID:jGzmbJIK
バスの中を走ってる人をバス内部で速度を測ると速度はL/V2となりましゅ。
つまりバスの中の時刻0の時、後端からスタートしたら、前端に到着した時のバス前端の時刻は、L/V2となりましゅ。


外の人にとって、バスの中で後端が時刻0の時前端の時刻は-V1L/C^2の時刻のはずでしゅ。
外の人にとって、バスの時間の進み方が遅くなることを考慮して、バス前端が-V1L/C^2の時刻からL/V2の時刻になるまでの時間は、
{L/V2-(-V1L/C^2)}/ルート(1-V1^2/C^2)=(L/V2+V1L/C^2)/ルート(1-V1^2/C^2)
となりましゅ。
更に外の人にとってのバスの長さはL×ルート(1-V1^2/C^2)と縮みましゅ。
この縮んだ距離をバスの外の人が計った時間で割ったものが、相対速度れしゅ。

外の人にとっての相対速度={L×ルート(1-V1^2/C^2)}÷{(L/V2+V1L/C^2)/ルート(1-V1^2/C^2)}

よって
V=V1+{L×ルート(1-V1^2/C^2)}÷{(L/V2+V1L/C^2)/ルート(1-V1^2/C^2)}
右辺第2項の分母・分子を、Lで割ってルート(1-V^2/C^2)をかけてV2をかけます。
そして第1項と第2項を通分してまとめると、
V=(V1+V2)/(1+V1V2/C^2)
という速度の合成式がでましゅ。

この式からV1とV2がCでもVはCになることが分かりましゅ。
またVは光速度を越えないことが分かりましゅ。
99: マッシュルーム 投稿日:2014/08/16(土) 19:21:29.64 ID:jGzmbJIK
光の速度がどの様な速度の人から見ても同じことを考えると、光時計を使えばお互いに時間が遅れることが分かりマッシュ。

相手の長さ=速度×相手の物体が通りかかってから通り過ぎるまでの時間
となるので、相手の長さが時間が遅れる比率でお互いに縮むことが、分かりマッシュ。


バスの中央から前端・後端に向けて光を放てば、中の人にとっては同時に届くのに、外の人にとっては、後端が先に届いて、前端が後から届き、時間差があることが、分かりマッシュ。

以上はそんなにむじゅかぴくないから、本読んでね。
105: マッシュルーム 投稿日:2014/08/17(日) 01:26:31.96 ID:057pUUQt
メンゴメンゴ
>>103のルートが抜けてた。101-103は全部忘れてくれにゃん。

>>99の時間差はちょっとむじゅかぴいから補足しとくね。
光はバスの中の人にとっても、外の人にとっても同じ速度なのれしゅ。
光とバスの相対速度は外の人にとっては、前端へはC-V1,後端へはC+V1になるね。

バスはルート(1-V1^2/C^2)の比率で縮んでるから、 外の人にとっては、中央から光を放ってからそれぞれの端に届く時間を計算すると、前端へは、
{L/2×ルート(1-V1^2/C^2)}/(C-V1)
になりマッシュ。

後端へは、
{L/2×ルート(1-V1^2/C^2)}/(C+V1)
になりマッシュ。

外の人にとっての光の届く時間差は
[{L/2×ルート(1-V1^2/C^2)}/(C-V1)]-[{L/2×ルート(1-V1^2/C^2)}/(C+V1)]
=(V1L/C^2)/ルート(1-V1^2/C^2)
これは外の人にとっての時間差なんだけど、外の人から観察してて、バスの中の時間は
(1-V1^2/C^2)の比率でゆっくり進むからこの時間差にルート(1-V1^2/C^2)をかける必要があるね。

よって
{(V1L/C^2)/ルート(1-V1^2/C^2)}×ルート(1-V1^2/C^2)
=(V1L/C^2)

になるね。
後はバスの床と天井を往復する光時計について時間の遅れの比率が(1-V1^2/C^2)となることが、理解できたら全部理解できるね。これはシクダイね。
ヒントはバスの中で真っ直ぐ上がる光は、バスの外から見てたら、どういう方向に進むかにゃ?
同じ光でも外も中も同じ速度になるんだから、時間の遅れの比率が出るね。
ピタゴラスの定理で時間の遅れの比率がでるにゃん。 頑張って考えてね。
104: マッシュルーム 投稿日:2014/08/16(土) 23:58:46.53 ID:jGzmbJIK
考え方のヒント

ヒント1
バスの一点における位置の出来事はバスの中から観察しても外から観察しても同じになりマッシュ。
例えばバスの中を走ってる人が前端に到達する時のバスの中の前端の時計の時刻や、光が前端へ到達する時のバスの中の前端の時計の時刻や、光が後端に届く時のバスの中の後端の時計の時刻などは、中から観察しても、外から観察しても、同じになりマッシュ。つまり矛盾はないのれしゅ。
バスの同じ位置では同じ出来事が起こりマッシュ。


ヒント2
同じ光でも、中から観察しても外から観察しても、同じ速度になりマッシュ。


ヒント3
計算する時に、外から観察したら、中の時刻は進行方向で時刻差ができマッシュ。
相対論が間違っているとする人達は、この計算を見落としていることが多いのれしゅ。


バスでの進行方向での、離れた2点での、出来事の関係性は、中から観察した時と外から観察した時では違いマッシュ。
(ただし進行方向と垂直の方向では離れた2点でバスの中で同時に起こったことは、バスの外でも同時になりマッシュ。)
例えばバスの中で進行方向で離れた点で同時に起こったことが、外から観察して同時に起こらなかったり、進行方向では間隔つまり長さが違ったりしマッシュ。

つまり同一点では中でも外でも同じ出来事が起き、長さや時刻差など、進行方向で異なる2点の関係性は、中と外で異なりマッシュ。

以上を押さえたら理解ができるはずれしゅ。
106: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/17(日) 01:53:04.58 ID:R6eRxuz+
>>1はそのV1がCだと言っているのですべてご破算。
109: ウホ 投稿日:2014/08/17(日) 04:59:51.42 ID:c929d4+U
マッシュルームさん、細かい解説ありがとう。

ただ、説明が難しいのでもっと簡単にお願いします。
というか、光速度不変の原理って誰が認定したのか。
111: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/17(日) 09:44:31.15
>>109
測定したらそうだったんだよ
114: ウホ 投稿日:2014/08/17(日) 10:18:24.81 ID:c929d4+U
>>111
測定度どうやったの?一秒間に地球7周半でしょ?
116: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/17(日) 10:24:16.02
119: マッシュルーム 投稿日:2014/08/17(日) 11:58:49.91 ID:057pUUQt
>>109
光速度不変はマイケルソン・モーレーの実験が有名で、その後も何度も検証されてマッシュ。
地球は赤道付近では秒速約450メートルで自転してまふ。
また地球は秒速約30キロメートルで公転してまふ。
また太陽系は銀河を秒速数百キロ(具体的数字は忘れた。)で公転してまふ。


光時計でバスの床から天井へ垂直に光線を飛ばしても、バスの中では垂直に飛ばないから、相対論は間違っているという人がいますが、これは完全な間違いです。
(こういう間違った本を書く人がいるから困り者です。)


もしそうなら地球が膨大な速度で動いてるのですから、絶対に観察データにかかるはずです。

もし光速度不変が間違ってるとしたら、レーザー光線が曲がって飛んだり、光の波の干渉の実験で絶対に引っ掛かるはずです。

等速直線運動の系での光速度不変は間違いない事実と思われまふ。
(ただし加速度系では観察者から離れた場所での光は観察者に対して光速度不変とはならない。超光速だってある。しかし観察者のいる場所の光の速度を測った場合、観察者に対してはやっぱり光速度不変。)
122: マッシュルーム 投稿日:2014/08/17(日) 12:22:16.20 ID:057pUUQt
>>119の補足ですが、今の地球の速度がたまたま「全宇宙から見て絶対静止状態」?になってると反論する人がいるかもしれませんが、確率的に考えられないと思います。

宇宙背景輻射に対しても秒速数百キロ(具体的数字は忘れた。)で動いてまふ。
マイケルソン・モーリーの実験
管理人より:以前も出したけど。「マイケルソン・モーリーの実験」というのは、当時、光の媒質であると考えられていた「エーテル」という架空の媒質を検出するために行われた実験。
図のように、真ん中にハーフミラーを斜めに置いて、分散した光がどのように到着するかの時間を測るもので、装置全体が回転できるようになってます。で、これを地球の時点に垂直に、あるいは平行にあれこれ向けて実験しましたが、結果は変わらず、光が進むのに媒質は必要ない=エーテルは存在しない、光の速さは常に一定であるということが明らかに。
宇宙背景輻射(宇宙マイクロ波背景放射)」は、「ビッグバンがもしあったとしたら」という予測の元に、ジョージ・ガモフらによって予言され、ベル研究所のアンテナの雑音の原因を探っていたアーノ・ペンジアスとロバート・W・ウィルソンによって偶然発見された、全天から観測される3度ケルビンのスペクトルを持つマイクロ波。
120: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/17(日) 12:03:07.79 ID:057pUUQt
>>109
数式を使わずに簡単に説明すると、

光速度を秒速30万キロとすると。
バスが秒速29万9999キロで走り、ウホさんが20キロで走ったら、ニュートン力学では30万19キロになりますが、アインシュタインの相対論では、バスの外の人にとっては光速度は絶対に越えましぇん。


1、外の人にとって、バスの時間は遅れるのでウホさんの動きはスローモーションの様になるのです。従ってバスとウホさんの相対速度は落ちます。

2、外の人にとって、バスは進行方向に縮むので、バスとウホさんの相対速度は更に落ちます。

3、外の人にとって、バスの後端に近くで起きる現象ほど早く起き、前端に近くで起きる現象ほど遅く起きます。
ウホさんが前へ行けば行く程、その現象は遅れて起きます。
従って外の人にとっては、ウホさんは更に遅く動くことになります。


3の効果はバスがよっぽど長い場合に現れますが、バスが10メートル位だと殆ど無視して良い効果です。
ただしバスから見た外の現象に関して、3は膨大な効果となって現れます。
123: ウホ 投稿日:2014/08/17(日) 12:30:07.90 ID:c929d4+U
>>120
ウォーキングから帰って高校野球観てます。

その理論だと私は光速度のバスの中では死ぬ気でフロントガラス方向に走ってもフロントガラス破れないんですか?

マッシュルームさん。太陽系が動いているなんてもう地球レベルじゃ無いですね。

武修館頑張れ
124: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/17(日) 12:40:34.03
>>123
のんきなもんだな
考えて理解してやろうという気概が全く感じられない
厚意で一生懸命説明してくれている人に失礼じゃないか?
そこんとこちゃんと考えろよ?
131: ウホ 投稿日:2014/08/17(日) 22:45:28.16 ID:c929d4+U
>>124
確かに厚意を軽く済ましてすみませんm。

ただ、自分的にはよく分からないし、自分の時間の都合的に問いかけてるので。
マッシュルームヘアさん、亜光速の中では静止しているならフロントガラスに突っ込むのは無理では?
147: マッシュルーム 投稿日:2014/08/18(月) 17:19:54.96 ID:SBosgn92
>>131
>>マッシュルームヘアさん、亜光速の中では静止しているならフロントガラスに突っ込むのは無理では?
静止してるという意味は、慣性系では、バスにとってはバスは静止しているという意味です。
そのバスの中でウホさんは自由に動けますよ。
だからフロントガラスに突っ込むのも可能です。

外の人にとってスローモーションの様に見えるということです。


バスの外の人を地球の人とすると、バスから見て、地球は亜光速で動いています。
バスから見ると今度は地球の人がスローモーションに見えます。
しかし地球の人は自由に動けます。


地球から見ればバスが亜光速で動いていますが、バスから見れば地球が亜光速で動いていて、どちらの見方も正しいのです。
お互いに相手の時間が遅れて見えたり、お互いに相手の長さが縮んで見えたりします。
つまり速度は相対的なのであって、見方も相対的なのです。
どちらか一方だけが正しいわけではありません。
だから相対性理論と呼ばれているのです。
148: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/18(月) 21:22:16.51
>>147
それで面白いのがさ、亜光速になると質量が大きくなる(=事実上光速にならない)ってのがあるけど、ある慣性系からみると相対的に亜光速なだけで、その慣性系から見た時相対速度ゼロなら質量変化はないんだよね?

というか、質量も相対的なんだっけ?
151: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/19(火) 00:24:15.24
>>148
だから、光速に近づくと質量が増える って説明は最近はしないんだって。
増えるのは運動量。質量は変化しません。
152: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/19(火) 02:21:08.87
>>151
なんだと?
じゃあ、なんで光速は有限値なのに無限大のエネルギーが必要になるの?
161: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/20(水) 02:13:42.72
>>152
だから無限大のエネルギー加えたら、運動量はちゃんと無限大になる。
162: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/21(木) 00:28:49.09
>>161
納得しかけつつ、やっぱり謎
p=mvなのであれば、vの最大値は光速c
でもって、p→∞になるのであれば、m→∞にならないとつじつまが合わない
エネルギーを与え続けたら、速度はどんどん上がっていくけど、だんだん、速度の上昇に使われるエネルギーが減っていく
そしたら、実効質量が上がっていかざるを得ない気がするんだけど
それとも、運動量はもはやmvではないの??
164: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/21(木) 01:07:24.60
>>162
p=mv
は低速域で成り立つ一次近似。
相対論的な速度ではローレンツ因子γがかかった
p=mγv
でなければ扱えなくなる。
当然ローレンツ因子γはv→∞のときγ→∞だからp→∞となる。
165: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/21(木) 01:11:37.74
>>151
がいってるのは、
p=mγv
の式において、昔はmγを相対論的質量と呼ぶことがあったが、最近はそのように捉えるのではなく、あくまでも質量はmであると考えるようになったということ。
169: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/21(木) 08:02:57.61
>>165
運動エネルギーについては?
170: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/21(木) 09:17:11.05 ID:6qPAhatK
>>169
運動エネルギー=全エネルギー - 静止エネルギー
=γmc^2 - mc^2
運動エネルギーの求め方はニュートン力学と同じで仕事から求める
177: マッシュルーム 投稿日:2014/08/21(木) 21:52:08.98 ID:OnZy+uWL
>>148
>>それで面白いのがさ、亜光速になると質量が大きくなる(=事実上光速にならない)ってのがあるけど、ある慣性系からみると相対的に亜光速なだけで、その慣性系から見た時相対速度ゼロなら質量変化はないんだよね?
レス遅れました。
その通りです。
地球は遠く離れた銀河からは、光速近くで運動してますが、地球では質量変化は当然ありません。


>>というか、質量も相対的なんだっけ?
質量の固有値つまりその系で量った質量は絶対値ですが、別の系から観察すると相対的になります。
125: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/17(日) 13:06:49.78
>>123
ヒント:光速で走るバスの長さは0
130: ウホ 投稿日:2014/08/17(日) 22:41:41.97 ID:c929d4+U
>>125
午後から会社 夕方6時過ぎに退社し、居酒屋でさっきまで。

バスの長さが0センチじゃ、バスの存在とその車内の俺の存在自体が



じゃないか。
133: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/17(日) 23:14:09.42
>>130
あくまで相対的に周りの慣性系から見て長さが0に見えるということ
それ自身の視点で自分自身が「実際に」縮んでる訳ではない

はず
127: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/17(日) 18:21:27.84 ID:c929d4+U
>>123
なんで>>120読んでそんな解釈が出来るんだ。オレはID:c929d4+Uの頭の構造が心配だ。
128: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2014/08/17(日) 19:16:41.73
>>127
遅い遅い。

このスレここで終わりじゃないですからね。1000までスレ使いきって、それでも»1さん納得いかず、あくまでも光速で走るバスの中でフロントガラスに突っ込むべく、スレその2に突入してますから。
物理板の住人はアホだバカだとブツブツ文句言いつつも、なんだかんだで構いたくなってしまう性質があるのか、だいたいいつも根気よく付き合ってくれます。ツンデレなんですよね。
というわけで、この後は「数式や専門用語を使わず、いかにして素人に相対性理論を説明するか」みたいな感じになってますので、興味のある方はゼヒどうぞ。

まぁね、管理人もこのへんはまったくダメですから、»1さんの気持ちは非常によく分かるというか、要するに1+1が「1だよ」と言われても、ピンとこなくて納得いかないわけですよね。
これは物理素人にありがちな勘違いというか、ふたつの系を相対的に見るって部分がわからないわけです。いや、そこはわかるんだけど、静止系から見ると亜光速で動いてる物体がスローモーに見える…って部分がピンとこないというか、なんでよ?ってなるわけですね。想像しづらい。
数式を見ても、その数式がなにを意味するのかやっぱりわからないわけですが、物理学的に言えば数式から導かれた帰結ってことなのかなぁ…。

だから素人に説明しようとすると、「(外から見ると)時間が遅くなる」とか「(外から見ると)バスの長さが短くなる」とかそんな観念的なアレになるのであって、ますます大混乱の相対性理論。
スレを見てもふわぁ~ッとした理解になるだけで、たぶん物理学の基礎をちゃんとやらないと、理解できないかも。中学高校の時にちゃんと物理の授業聞いておけば良かったですね。
2.24追記:当記事を「駄文にゅうす」様にてご紹介いただきました!いつもありがとうございます。「なぜライトノベルの推理小説は少ない?」た、確かに…。
アインシュタイン 相対論の100年 (ニュートンムック Newton別冊)

ニュートンプレス (2015-02-27)
売り上げランキング: 300,292



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.1.31 0:36
    バスの外から見ると中の人の動きがスローモーションに見えるから光速は超えられなくて
    バスの中の人にとってはバスという系が基準だから単に時速3キロで歩いているだけってことでいいのかな?
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.1.31 6:51
    ※1
    それもちょっと違う
    バスの中の人がその中で歩いたら、基準は「バス」じゃなくて「自分」になるんだよ
    もし「バスという系が基準」のままだったらおかしなことになる…外の景色はもともと光速で後方にすっとんでいってるから、中の人が時速3kmでバス内を前方に歩き始めるとその人にとっては外の景色は光速+時速3kmで後方にすっとんでいくことになる
    しかし実際には基準は「自分」だから、外の景色は引き続き光速で後方にすっとんでいき、バスは時速3kmで後方に動いていくことになる
    基準「自分」から見たときに、歩き始める前と後で外の景色の速度が変わらないのは
    歩き始める前の時点ですでに外の景色は光速に達しているから長さゼロで時間も止まっていてそれ以上加速されないから
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.1.31 12:16
    マックスウェルの方程式とリーマン幾何学の数式動かしまくって
    光速より速いものが存在すると数式的に矛盾ってのがあって感動したな。

    まあ「光速のバスの上で進路方向に時速3kmで歩いたら 」

    これが物理的に不可能なのかもしれないなw
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.1.31 16:22
    >>147
    >バスから見て、地球は亜光速で動いています。
    >バスから見ると今度は地球の人がスローモーションに見えます。
    ここがわけわからん
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.1.31 18:39
    「バスは光速にならない」これで終わりじゃないのか
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.1.31 19:15
    バスは光速にできないから意味無い言ってるやつは相対性理論を理解できていなさすぎ
    全ての運動は相対的なものである以上、そこらへんの町中走っているバスだって
    そのバスの後方に向かって光速で移動してゆく系を基準にすれば
    光速で走っているバスであると言えるんだよ
    基準にする系は物体じゃなくこういう仮想的な座標でも全く問題ないし、計算成り立つんだから
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.1.31 19:19
    ※6だが例えが飛躍しすぎたかもしれんな
    もっと分かりやすく具体的なもので例えると、
    バスの後方に向かって飛んでいる光(光子、フォトン)を基準にすればそこらのバスだって相対的に光速で走っているといえるだろ
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.1.31 21:03
    ※6※7

    もし時間があれば教えて下さい。
    すると、バスが時速40kmで走っているならば、バスの後方へ向かう光から見れば、
    計算上バスはc+40km/hに見える道理ですが、相対性理論からすればこれは無効なんですよね? それはどうしてなのでしょうか? 
    光の進行方向とは逆に進んでいる物体は見えないというだけで、実態としては相対的にc+40km/bで両者が遠ざかっていることでいいのでしょうか? 

    また、光速以上で遠ざかる宇宙の膨張速度は相対性理論上は空間そのものが広がっているから無問題と言う理屈を聞きましたがこの辺も理解できません。
    物質移動が光速を超えることは、単に物理学上計算できないだけで、単純にありえるのではないかと思ってしまうのです。物質の移動速度が光速と同じになった時、衝突などをする際のエネルギーが増えるだけで実体としての移動物体は物理空間、特に時空の観点から消失したり、あるいは速度的な抵抗に合ったりするのでしょうか? 
      • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.2.1 10:35
      >計算上バスはc+40km/hに見える道理ですが、相対性理論からすればこれは無効なんですよね? それはどうしてなのでしょうか?

      どっちかというと逆で、なぜか無効になることが計測されているので
      なんでこういうことが起こるのかってのを解明したのが相対性理論です
      そしてその理論は正しいらしいことが数々のほかの実験でも観測されています
      • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.2.2 3:29
      物質移動というか質量を持つものにどれだけエネルギーを投入しても光速には達しないと覚えたほうがいい
      空間や時間は伸びたり縮んだりするあやふやな指標だけど、質量や光(電磁波)は世界の本質にかなり近い性質を持ってるんだろうと考えられてる
      • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.2.2 18:46
      ※8

      ※6※7だが
      「バスが時速40kmで走っているならば、バスの後方へ向かう光から見れば、計算上バスはc+40km/hに見える道理ですが、」
      ↑これが間違いなんだ、そもそもそんな道理は無い…
      c+40km/hに見える道理というのはニュートン力学の考えだけど、そのニュートン力学自体が間違っている
      光速とかの極端な条件下だけじゃなく日常生活レベルでもニュートン力学は厳密には間違っている(ただその間違いが普段は誤差レベルにすぎないというだけ)
      それから
      「実態としては相対的にc+40km/bで両者が遠ざかっていることでいいのでしょうか?」
      ↑これも古典物理の捉え方ではそういう話になるけど
      実際には相対的な運動があるだけで、絶対的な座標系からみた「実態」なんてものはどこにも存在しない
      観測者の位置や運動だって何かしらとの相対的なものでしかないのだから
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.1.31 21:39
    光速で移動しながらネットに書き込んでますが何か?

    速度は相対的なモノ。

    宇宙の果ての観測限界にいて宇宙の膨張で光速で遠ざかっている連中から見たらあたしら全員光速で移動中ですぜ。
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.1 6:28
    まじれすするとだな。

    光速で動くバスとその内側(がちゃんと存在したとして)は
    「時間が停止している」から「動けない」のな。

    夢を見るのはいいけれど、
    思考実験に出来ていないのは問題じゃないかな?

    まぁ、でももしかすると、
    これがイッチーの最初の一歩で
    80年後ぐらいに世界を救うことになる
    運命のスレかも知れないから、
    楽しみにしていようw
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.1 6:42
    >>8

    > また、光速以上で遠ざかる宇宙の膨張速度は相対性理論上は空間そのものが
    > 広がっているから無問題と言う理屈を聞きましたがこの辺も理解できません。

    これは多分、
    「相対性理論上」ではなく「相対性理論から外れた現象」というほうが
    正解に近いんじゃね?
    だから、相対性理論に反していないという言い方ではなく、
    相対性理論の先の理論の上での現象だが、
    その理論をおれらはまだ見つけられていないと言うべきだと思う。

    これも考え方のひとつだけれど、
    宇宙の端の膨張速度が光速よりも速いとすれば、
    その端からおれらを見たばあい
    おれらは光速を超えている世界に生きていることに
    なるんだよな。

    あとはまぁ、宇宙の端に光速を超える現象があるのなら、
    おれらのいる空間でも光速を越える現象が
    無くてはならないわけだ。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.1 11:08
    ちゃんと専門書を何冊か読めとしか言いようがないが・・・
    ニュートン力学の世界では時間も空間も宇宙のどこでもどんな条件でも絶対に均一なシステムと考えられてた、事実それで日常生活を送る分には何の問題もない
    でもそれで光の速度だとか、核力や、宇宙空間みたいな人間の日常とはまったく無関係の領域を扱うと矛盾がたくさんできてしまうことに百年前の人たちは気付いた

    そういう歴史を無視すると、光の速度で動いてるバスの中の俺が歩いたら俺の速度=光の速度+歩く速度に決まってるだろバーカに高卒レベルの理系で終わってる人はなりやすい
    中卒+高卒+職業系専門学校卒+文系4大卒がそれにあたるから案外そういう人は多いかもしれんね
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.1 13:48
    誰から見ても最速は光速ってのが特殊相対論
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.1 15:43
    光速のバスの上で歩いてたら
    バスはスピード違反で停められるし
    上に乗ってる奴は警官にめっちゃ怒られる。
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.2 13:03
    地球は太陽の周りを秒速30キロで動いている一方
    光速は秒速299792458メートルで1m/sの単位まで測定されてるのに
    季節や時刻や方角の影響を全く受けないことから
    光速不変は原理と考えるのが妥当で
    これを受け入れるためには時間や長さの測り方を変えざるを得ない
    そりゃ物理学者だって変な現象だなとは思ってる人も多いだろうけど
    他に良い説明がないんだから少なくとも明確な矛盾が現れるまでは
    受け入れて話をすすめるしか無いじゃない
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.2 15:34
    >>1の質問には、本来答えられないのが当たり前。

    特殊相対性理論は1.「光速度が不変である場合には世界がどう見えるか」ということを記述したものに過ぎくなくて、2.「何故光速度が不変なのか」を説明する理論ではない。
    >>1の疑問を聞くにどうやら2を説明しろと言っているのだが、これに対しみんなは1を説明している。

    >>1は「何で宇宙は(理論的に)こんな宇宙なの?」と言っているのと同じ。
    この世界がそのように作られている理由なんか説明できない。
    人間が自力で空を飛べないことを受け容れるしかないように、光速度不変も説明なしに受け入れざるをえない。
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.2 20:00
    特殊相対性理論の「速くなると時間の進みが遅くなる」というのは、動けなくなるという意味ではないよ
    ここでいう時間の遅れは相対的なものなので、バスの中では感じない
    光速で等速直線運動するバスの中ではバスが動いていることに気付かず、普通に動けるし、時間の感覚も普段通り

    そのかわりバスの外の景色は進行方向に対して縮んで見えて、逆に外からバスを見ればバスが縮んで見えることになる

    速度・距離・時間の3つに相関関係があるから、光の速さが常に一定に観測されるいう前提から辻褄を合わせるには、距離や時間のほうこそが観測する人によって変化する相対的尺度だったと考えざるを得ないというお話
  1. 盛り上がってますね!理系の話はやっぱけっこう人気です。

    >基準は「バス」じゃなくて「自分」になるんだよ

    すべては相対的である…というのが相対性理論なんですよね。名前のとおりっていうか。
    -------------------------
    >「時間が停止している」から「動けない」のな。
    >動けなくなるという意味ではないよ

    コメント欄でも意見にやや食い違いが見られる。それだけ難しいし、想像しづらい理論ってことでしょうかね。誰も光速(亜光速)バスに乗ったことないですしねぇ…。
    -------------------------
    >上に乗ってる奴は警官にめっちゃ怒られる

    パトカーが超光速で追いかけてくるんですかねーw
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.4 4:03
    いいえ、パトカーは事故現場に法定速度で到着します。
    警官は自爆テロさながらの光景に心を痛めながらも
    一つ大きく溜息をついただけで
    遺体かどうかもわからない粉々の物体に向かって説教などしてくれません。

    1が光速を超えたかどうかは永遠に藪の中です。
    • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.5 2:18
    なにこのまとめ
    管理人もアホか
    光速で、移動するものからの加速は 減速されるって理論があるじゃん
    • ※24 : ※8
    • 2016.2.5 23:15
    ※8です。遅れてしまいましたが、回答下さった方々、ありがとうございました。
    ちょっとだけすっきりしました。
    • ※25 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.7 1:44
    勿論相対性理論なんて解って無いんだけど
    多少解った気になっている所に
    こういうやりとりを読んでいると
    あぁ自分は全然解っていないんだなぁ
    と思い知らされる

    それにしてもなぜ高速度以上に速度が出ないのか?
    という事の理由については解っていないのか?
    よく光の速度が最高速でそれ以上はないだろう
    と直感的に気づくよなぁ
    でも高速以上にスピードが出ないとなると恒星間移住が絶望的になるからなんとか突破してもらいたい所
    • ※26 : bemind
    • 2016.3.9 4:02
    光速度不変の事実は多世界モデルで済むように思う
    四次元空間で考えた方が量子論とも相性良さそうな気がする
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*