人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

最も逃げることがうまかった歴史上の人物って誰? @ [世界史板]


最も逃げることがうまかった歴史上の人物って誰? @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/10(金) 20:28:59.98
桂小五郎 劉備
桂小五郎と劉備がぱっと思い浮かんだけど
2: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/10(金) 20:36:09.60
昭和天皇我等がヒロヒトに決まってんだろ
3: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/10(金) 20:43:18.43
>>2
たしかにそういう考えもあるな
世界最大の大戦の敗戦国の元首が、亡命も退位もせず、よく帝位を保ったまま逝けたものだ
4: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/10(金) 20:57:50.07
逃げて無いじゃん>昭和天皇
マッカーサーに単身会いに行かれただろ。

ちなみに陛下・マッカーサー会見に関する豊下氏の研究は憶断が多すぎるよ。
5: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/10(金) 21:03:52.10
ベニート・ムッソリーニムッソリーニの逃げ足も強靭。
3コーナーあたりから独走、他馬置き去り。予想どうりの一番人気。
6: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/10(金) 21:14:18.81
優勝候補は死んだことにして隠居してたような奴らだから難しいような
7: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/10(金) 21:21:44.55
日本史だが

桂太郎桂太郎  … 戊辰戦争で逃げまくり
桂小五郎桂小五郎 … 幕末の動乱で逃げまくり
桂文枝桂三枝  … 古典落語から逃げまくり
桂 三枝 「ゴルフ夜明け前」管理人より:「いらっしゃ~い♪」の三枝師匠は現在6代目「桂文枝」を襲名しています。このひとは古典落語にあまり興味がわかなかったらしく創作落語がメイン。はては海外にまで公演に行って落語の普及につとめました。古典もたまにやりますが創作の方がキレがあると思います。
現・上方落語協会会長のエライひとです。上記「ゴルフ夜明け前」は爆笑ものなのでゼヒゼヒ。
8: 山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte 投稿日:2012/02/10(金) 22:00:55.44
劉邦フリードリヒ3世足利尊氏
劉邦、フリードリヒ3世、足利尊氏
最終的には勝者。
逃げるときは時代と洋の東西を問わず乞食か女か僧侶への変装が定番ですが、とりあえず陳慶之を思い出しました。
他の面々は、逃げる途中で捕まったり、逃げたきりで終わる例が多い。
9: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/10(金) 22:06:59.67
徳川家康徳川家康は逃げるの天才的だろ。
三方が原では武田信玄から逃げ、本能寺の変では伊賀越えで明智から逃げ、大坂の陣では真田幸村から逃げて逃げて逃げまくった。そして最終的には勝利。
10: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/10(金) 23:33:04.90
国家としてはロシアだろうな
遅滞戦術、焦土戦術&冬将軍で、逃げながらも敵を泥沼の消耗戦に引きずり込む
17: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/11(土) 01:46:57.91
劉邦劉邦はちょっと微妙かな

勝てない戦いを避けるために逃げるなら評価できる
敗戦から逃げ伸びてるだけだし
27: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/11(土) 17:46:25.98
逃亡中に世界一周しちゃった例(読売新聞より)
祖父母から90年間受け継がれ続けた思いを実現させるため、ロシア・サンクトペテルブルクからオルガ・モルキナさん(57)が来日し、26日、名古屋市昭和区の南山高等・中学校男子部の生徒ら約1200人を前に講演を行った。

1918年、ロシア革命後の内戦から逃れるため、モルキナさんの祖父母ら4歳から18歳ぐらいまでの子供たち約800人が、ペトログラード(現サンクトペテルブルク)から集団でウラジオストクまで疎開した。
さらに戦火が及ぶことを心配した米国赤十字社からの要請により、貨物船「陽明丸」の茅原基治船長が子供たちの受け入れを決める。
陽明丸は20年7月、ウラジオストクまで子供たちを迎えに行き、太平洋と大西洋を約3か月間航海した後、フィンランドへ送り届けた。
子供たちは同年10月、無事に故郷へ戻ることができたという。
30: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/11(土) 20:57:30.79
毛沢東マジレスする
長征の毛沢東
57: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/14(火) 20:27:31.51
>>30
日中戦争がなければ毛沢東は国民党に始末されてたね。
その後の文革は無しかな。今頃中国は人口16億の世界覇権国かも。
33: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/12(日) 01:23:52.48
決定的な敗北を避けるために逃げるのは素人
真の逃げ上手は逃げることによって勝つ 
34: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/12(日) 01:52:01.93
そりゃ、ナポレオンに追われたロシアだろ。
だが、モスクワも灰燼となり両刃の剣だ。

日露戦争でも撤退戦略を行うが、日本は奉天以降体力がなくなり、追うことができなくなり不発に終わるしな。
マレー戦では、撤退戦略以上に日本軍の速度が速く失敗。インパールでは撤退戦略が見事に成功。

なかなか難しいよね。
42: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/12(日) 16:03:38.34
シンジくん逃げちゃだめだ
逃げちゃだめだ
逃げちゃだめだ
46: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/12(日) 19:07:59.54
ウラジーミル・レーニンレーニンも逃亡に逃亡を重ねて革命を成し遂げたな
47: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/12(日) 19:26:35.46
ドイツに助けられてな。
革命のためならば売国も辞さない覚悟で。
48: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/12(日) 21:58:45.67
レフ・トロツキートロツキーは逃げ切れなかったな
51: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/13(月) 02:43:33.84
モーリツ・ベニョヴスキーモーリツ・ベニョヴスキー
ロシアで逮捕→カムチャッカ送り→脱走して日本へ→奄美大島
→台湾→マカオ→フランス→マダガスカル→イギリス→マダガスカルで死去
52: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/13(月) 20:37:25.90
>>51
戦間期の人物かと思ったら江戸時代かよ
すげーな
67: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/25(土) 22:10:44.06
メロダク・バルアダン2世メロダクバラダン2世を忘れないでほしい。
68: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/25(土) 23:14:35.56
嶋田繁太郎嶋田海軍大臣
よく死刑を免れたと思う
69: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/26(日) 01:34:23.35
フラニョ・トゥジマントゥジマン
ミロシェヴィッチに罪をすべて転嫁して天寿を全う。まあパルチザンと党官僚では勝負は見えていたようなものだが。
71: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/26(日) 09:43:35.99
ウサーマ・ビン・ラーディンオサマ・ビン・ラーディン
サッダーム・フセインサダム・フセイン
ムアンマル・アル=カッザーフィーカダフィ
みんな逃げて隠れている中で頃された
72: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/26(日) 11:54:04.87
>>71
> みんな逃げて隠れている中で頃された
スレ違いじゃんw
83: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/26(日) 15:45:14.13
ジョージ・ワシントン逃げ戦の上手さならワシントンも入る気が。
84: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/26(日) 16:28:09.18
ピョートル1世ピョートル大帝も
86: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/27(月) 05:20:38.36
大日本帝国陸海軍もいざとなった時の逃げっぷりの見事なこと。
例)キスカ撤退
89: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/27(月) 10:29:32.45
ガイウス・ユリウス・カエサル織田信長曹操
カエサルやら信長やら曹操やら急速に拡大しつつ時間切れが近かった厨指導者は、結構、無理な戦いや裏切りなんかで撤退がおおいな
一方、ゆっくりでも着実に拡大していった連中は、撤退せざるを得ないような無理な戦いはしてないのかな
90: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/27(月) 15:24:13.94
指導者として必要な論理や判断は一般人の道徳と無縁なもの。
部下の危機に同情して自分も死地に留まるなんて、良い人ではあっても政治家として失格ですわ。

まぁ、基本は自分の命が大事なだけにしてもねw
92: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/28(火) 00:44:11.02
勝てる戦いしかしない百戦百勝に将と、積極的に戦うが、決定的な敗北を避ける百戦無敗の将ではどちらが偉大なのか
93: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/28(火) 23:02:32.07
百戦百勝も百戦無敗も存在しない
104: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/03(土) 20:03:30.68
ベリサリウス>>93
百選百勝に一番近いのは?
やっぱベリサリウス?
106: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/03(土) 23:15:20.37
霍去病>>104
トティラに追い返された事があるからなぁ

霍去病じゃないか負けた事ないのは
115: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/04(日) 23:07:33.93
>>106
霍去病は20代前半で死んでるから無敗と云っても評価出来ない
95: 世界@名無史さん 投稿日:2012/02/29(水) 23:44:54.05
劉邦劉邦は自分で百戦百敗と言ってる。
96: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/01(木) 03:52:54.10
死ぬまで負け続けた周昴とかあげとくか

>>95
劉邦が百戦百敗ってどこで言ってる?
99: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/01(木) 23:48:32.52
>>96
史記で臣下を前にして功績第一位は誰かを論じた時に、百戦百敗の自分が戦い続けられたのは蕭何の功績である、と言っている。
管理人より:しかしこの後で、どうも出展が定かではない、みたいなやり取りがありました。
102: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/03(土) 12:53:48.31
曹操曹操ほど逃げる奴がうまい奴はいないだろw
董卓、呂布、赤壁、関中、漢中と曹操は逃げることによって生き延びて来た様な奴だ
正に逃げの曹操w
103: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/03(土) 19:12:18.52
檀道済檀道済
「三十六計逃げるに如かず」の語源になった人
管理人より:「檀道済」は宋の武将。
北魏への北伐の際、宋軍は歴城まで達するも兵糧不足となり、逃亡者や士気の衰えが出始めていた。やむなく檀道済は撤退を決定するが、宋軍の損失を最小限にとどめるための策を考案した。枡に砂を盛って米のように見せ、また余った兵糧を地面にばら撒き、兵糧が豊富にあるかのように偽装した。これを見た北魏軍は、宋軍の兵糧が尽きていないと思い込んだ。そこで檀道済は宋軍を悠然と退却させたが、北魏軍は伏兵を懼れて追走してこなかった。後世になり、この出来事を南斉の将軍である王敬則が、「檀公の策は数多くあるが、逃げることをもっとも得意とした」といい、「三十六計逃げるに如かず」の語源となった。
へぇ~。上の「霍去病」もなんですが、肖像画がこれで合ってるかわかりません。
107: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/03(土) 23:35:35.53
アレクサンドロス3世百戦百勝はアレクサンダー大王がいらっしゃる
108: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/03(土) 23:38:34.56
アレクサンドロスはソグド人に半殺しにされている
114: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/04(日) 14:47:55.11
>>108
全滅させられたのはソグド人の方じゃん
110: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/04(日) 09:05:30.36
源義経義経は最後の一戦までは連戦連勝
管理人より:義経に関してはこないだやったのでこちらもどーぞ。
111: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/04(日) 09:13:50.57
ルイ=ニコラ・ダヴー百戦百勝に近いのならダヴー
何故ダヴーをワーテルローに参加させなかったんだろう
あれだけ大規模な会戦だと、もう一人のナポレオンが必要だった
当時のフランス軍内でもう一人のナポレオン足り得たのはダヴーだけ
113: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/04(日) 14:39:33.40
>>111
ワーテルローで勝ったとしてもいつか負けてるよ
116: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/05(月) 01:12:53.08
フリードリヒ2世ここまでフリードリヒ大王なし
117: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/05(月) 01:34:30.87
百戦百勝に関してなら、ダメだろ
大王は結構負け戦多いし


逃げの上手さなら上手いかも
形勢良くないと、部下から離脱するよう説得されて、よく戦場から離脱してる
そして避難先で部下からの「勝っちゃいました」って報告を受けて、自分に逃げるよう具申した部下にプンスカ怒ったりしてる


まぁ愛すべき君主だ
121: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/07(水) 00:44:47.63
>>117
ロシア、フランス、オーストリア同時に相手して国体維持しただけでも神業
135: 世界@名無史さん 投稿日:2012/03/08(木) 23:45:24.16
いつも逃げ遅れる自分には迷いがあるんだよな。
周りよりも先に逃げたらダメなんじゃないか、自分が幸せになったらダメなんじゃないかって。
そういう力点の置き方に問題があるんだろうとは思うんだが・・・

上手く逃げていくにはどうしたらいいんだろうな。

これはまたマニアックなスレですねー。
「常勝の武将」となるといくらでも出てくる感じですが、「逃げるのがうまい」ってことだと、なかなかパッと出てこない。
ここはきっと、逃げることでより有利な状況にするみたいな、「勝負に負けて試合に勝った」みたいなひとだと思うんで、なおのこと難しいっていうか、途中で桂三枝師匠とか出てきたから、隣でチラホラ師匠の落語見てると、まったく本題に集中できなかった管理人、もう適当に落語のこと書いてお茶濁そうかどうしようか迷う。

まぁ、逃げるということなら、スレでも出てましたけど、三方ヶ原の戦いで逃げ出した家康は、一説にはウンコ漏らしながら逃走したんだそうですね。
しかし、その後がスゴイ。武田軍が追撃してきてんのに、浜松城の篝火を盛大に炊いて、城門を開け放ったままにしておくように命じて、本人は不貞寝してしまう。
不審に思った武田軍、なにか計略があるのではないか…と深読みして、それ以上の追撃を断念…という有名なエピソードがありますね。

やはり天下取っちゃうような大物は、逃げるにしても普通の逃げ方はしないということでしょうか。

トップ絵は「逃げるんだよォ~!!」ということで、アニメ版JOJOの第二部より、ストレイツォから逃げるジョセフ。
2.29追記:当記事を「朝目新聞」様でご紹介いただきました!いつもありがとうございます!悪霊に取り憑かれた偉人たち…あちらもネタ切れがキツそう…笑


人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.14 22:22
    何度も死を免れて豊臣→徳川と時代が変わっても東北で一大勢力を築き、病死した伊達政宗を推しておきます。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.14 23:21
    ハンニバルと決して戦わなかったローマのファビウスとか?
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.15 0:20
    なんだかんだと、損害を最小限に逃げきるのが上手な人が最後に勝っている?
    逃げきれなかった人は死んでいるから、比率から見れば逃げれなかった人が遥かに多いわけだが。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.15 0:37
    アレクサンドロス東征なら一武将として最も長くマケドニアに抵抗し続けたスピタメネス。
    じわじわと戦力と戦術が拡大向上していく相手によく持ちこたえたと思う。
    最後は疲れた身内に裏切られるけども。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.15 0:56
    勝てない戦からは逃げるのも戦略なんだが
    逃げるな!逃げるのは恥だ!と他人を追い込んで破滅させてそこから利益を得ようとする
    輩が少なくない
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.15 15:49
    「歴史上の人物」ではないがモーセを押しておこう。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.15 17:03
    孫子だっけかな?
    最も優れた将軍は最も上手に逃げられる将軍って言ってた
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.15 17:41
    織田有楽かな
    本能寺でも、大坂の陣でも逃げ切っている
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.15 17:58
    51の人物やべえな
    脱獄仲間を奴隷として売ったりマダガスカル民を煽動したりやりたい放題すぎる
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.15 21:05
    あれだな逃げてもいい逃げ方なら歴史になるんだな
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.15 21:19
    犠牲はあったにしろ島津の退き口は凄いと思うわ
    島津義弘
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.16 2:05
    パッと浮かぶのはヴァルター・モーデルですかね。
    あとは、今年の大河の真田家も敗走名人なイメージ。
    どちらもスレのお題から少しはずれる、局地的な逃げですが、調べればリアルアッテンボローがたくさいるんでしょうね
  1. >伊達政宗を推しておきます。
    おー確かに!彼はけっこう危ない橋を渡ってるわりには可もなく不可もなく…と言った感じのエンディングでしたね。生まれるのがもうちょい早ければ…。
    ------------------
    >ローマのファビウスとか?
    いいですねー、ローマの盾!ローマ連合に軛を入れたいハンニバルからすると相当イヤな戦い方だったのでは。
    ------------------
    >長くマケドニアに抵抗し続けたスピタメネス
    おおっ!シブイところがあがっています!
    ------------------
    >モーセを押しておこう。
    長期間にわたって民間人を引き連れての逃走ですからねー。そゆ意味では三国志の劉備もですね!
    ------------------
    >織田有楽かな
    有楽斎はなんかお茶の人って感じですが、戦場でもけっこう活躍してるんですね。
    ------------------
    >51の人物やべえな
    なかなかフリーダム系ですよねw
    ------------------
    >島津義弘
    おー鬼島津!戦上手は逃げ上手ですかね。
    ------------------
    >パッと浮かぶのはヴァルター・モーデルですかね。
    シブイですねー。なんかアッテンボローつうか、リアルミュラーなひとですよね。
    真田家は攻めも受けも両方イケる感じです。
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.2.19 20:19
    ヤン・ウェンリーでは?
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.2 22:25
    家康って逃げただけなのは伊賀越位じゃね?
    三方原はむしろ勇敢に戦ったからこそ負けてしまったわけだしね。最後の真田の部分も逃げてはないと思うぞ。

    逃げならやっぱ曹操かな。董卓、宛城、赤壁の敗戦等ぱっと思いつくだけでも結構出るわw
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.17 21:05
    ソビエトロシアのミコヤンを推しておこうかな。
    ロシア革命最初期からのオールドボリシェビキがレーニン、スターリン、マレンコフ、フルシチョフの時代を生き抜いた凄まじさは、同僚たちの末路と比べるとより際立つね。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*