人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

世界史やってて紛らわしいと思ったこと @ [世界史板]


世界史やってて紛らわしいと思ったこと @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/06(土) 15:57:11.68
世界史の事件・人物・用語など、まぎらわしく混同しがちなことをあげつらい、後進が同じ間違いに嵌りこまないようにしようではありませんか。

普段どんなにおとなしい受験生でも、コンキスタドールのフランシスコ・エルナンデス・デ・コルドバが二人いると知った日には、思わず毒づいてしまうでしょ。
管理人より:「フランシスコ・エルナンデス・デ・コルドバ (ユカタン半島の発見者)」と「フランシスコ・エルナンデス・デ・コルドバ (ニカラグアの創設者)」のふたり。
2: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/06(土) 16:05:26.48
14: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/07(日) 01:08:46.34
フランシス・ベーコンフランシス・ベーコン
>>2
フランシス・ベーコンなんか哲学者と画家と二人いるしな
18: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/07(日) 16:13:43.17
>>2
黄巾の乱と紅巾の乱もそうだが、チベットの紅帽派と黄帽派は同時代に相争ったという点でそれよりもずっと紛らわしい
3: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/06(土) 16:09:16.13
それより五胡十六国五代十国がどうしても覚えられない。・゚・(ノД`)・゚・。
誰か識別ポイントを教えてください
6: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/06(土) 19:19:17.75
>>3
毎日呪文にして唱えろ。
13: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/07(日) 00:49:12.32
>>3
まず、「五胡」「五代」は、ともに中国の中心部・華北の状況を示していることに注意。
その上で、言葉としてどちらがより禍々しい雰囲気か?っていうと、「五胡」でしょ。

一言でいうと、三国志の時代の後、司馬懿の子孫が晋朝を立てたが暗君のためすぐに滅んで、その後、中国史上最悪の混乱時代が来た。それが五胡十六国。


別スレの集計によれば、この時代56人の皇帝が出て、そのうち7割(39人)が殺害、もしくは自殺した。
5: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/06(土) 19:15:20.71
「胡」とは異民族の事をさす。
それまで漢人の国だった中国(の華北)に匈奴・鮮卑・羯・?・羌の五つの異民族が侵入して多くの国が出来ては滅んだのが五胡十六国。
華北で西晋が異民族の侵入によって滅びると江南に東晋が建国された。


(鮮卑系で言わば異民族国家の)唐が滅んだ後に華北に相次いで興亡した五つの国を五代と呼んだ。
同じ頃の華南は統一される事は無く、十の国が有ったので十国と呼んだ。
この時代が五代十国。
9: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/06(土) 20:45:52.90
ジェームズ1世ジェームズ1世と
チャールズ1世チャールズ1世と
チャールズ2世チャールズ2世と
ジェームズ2世ジェームズ2世
10: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/06(土) 21:37:02.23
ルイ何世
11: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/06(土) 22:34:43.97
マザーテレサとマリア・テレジアの違いがわかってない人はきっと日本人の半分以上を占めるとおもう
16: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/07(日) 01:19:34.55
>>11

マザー・テレサ子がなかったのがマザーテレサ
マリア・テレジア子だくさんだったが断頭台で殺されたのがマリアテレジア
3.15追記:管理人、うっかり見逃してしまいましたが、断頭台に登ったのは彼女ではなくて娘のマリー・アントワネットである!…とのツッコミをいただきました。ご指摘ありがとうございま~す。
17: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/07(日) 01:26:55.67
ウィレム・ヤンスゾーン・ブラウウイレム・ヤンスゾーンなんかは、オーストラリアを発見したのとオーストラリアを地図に描いたのが別にいる
間違えやすいので、大陸発見者の方を通称でヤンスとか呼んだりするが、それでもやっぱり間違えるでヤンス
管理人より:画像は地図作成者の方。コチラの記事で管理人も思い切り勘違いしてたとかいう話。紛らわしいでヤンス。 英語版Wikipedia見ると、大陸発見者を「ウィレム・ヤンスゾーン」、地図作成者を「ウィレム・ブラウ」「ウィレム・ヤンスゾーン・ブラウ」と呼んで区別してるようです。
19: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/07(日) 19:31:19.63
しかしジャイナ教の白衣派空衣派は紛らわしくない
20: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/07(日) 19:45:14.66
白衣大食と黒衣大食は紛らわしいな
ウマイヤとアッバースといえば簡単に判別できるが
21: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/07(日) 20:03:25.02
白羊朝黒羊朝もどっちがどっちか紛らわしいが、べつに区別がつかなくても困らないw
27: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/08(月) 03:16:44.37
パリ条約
何回パリで結ぶ気だよ…
28: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/08(月) 08:37:32.89
パリに限らずウィーン条約とかロンドン条約とかもそうなんで、それはルイ○世とかと同じで、紛らわしいってより、仕方ないだろ
29: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/08(月) 08:42:43.63
条約に地名しかつけないのがおかしくないか?
そのルールでとなると日米修好通商条約も日米和親条約も横浜条約になるのかな。
30: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/08(月) 09:10:52.88
条約の名称を独自のものにしようとして田舎町を選ぼうにも、そういうところでは国際会議を開く会場も宿泊施設も警備体制も交通手段も乏しい。
31: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/08(月) 09:13:12.78
>>30
いや条約の内容で名前付けろよ。
32: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/08(月) 12:17:05.79
確かに。
パリ条約でググって吹いたw

パリ条約(英語版Wikipedia)
39: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/09(火) 03:38:42.70
33: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/08(月) 19:53:44.94
ポツダム宣言ポツダム会議の一意性はすごいな。それまで他に大した会議してなかったのか?
34: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/08(月) 20:32:14.81
ハーグ条約も多いよね
管理人より:英語版Wikipediaによると「パリ条約」は正式名称、通称合わせて47個、「ロンドン条約」は29個ありました。これでは受験生は年度と内容をセットで覚えるよりほかはない感じ。
37: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/08(月) 23:05:29.15
春秋戦国時代の諸侯の通称
文公とか景公とか沢山でてきてわけわからなくなる
38: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/08(月) 23:25:25.56
それは通称じゃなくて諡号だ。
趙の武霊王みたいな一部の例外を除いて、同じ諡号がそれぞれの諸候国に居てもおかしくないので晋の文公とか、斉の桓公とか、国を書かないと個人を特定出来ない。
(斉桓、晋文みたいに略する事は有る)
41: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/09(火) 05:00:35.81
42: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/09(火) 09:35:31.48
44: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/09(火) 12:18:57.97
国によってアンリ(Henri)になったりヘンリー(Henry)になったりするけど、その国だとどういう風に認識してるんだろうか。
たとえば、フランスで英国史をやるときはHenriやGuillaumeとなるのだろうか?
45: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/09(火) 13:24:17.54
フランス人はhを発音できない
48: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/09(火) 15:47:35.46
(ゲルマン祖語)ヘンリクHenrik
 ↓
(英)ヘンリーHenry
(独)ハインリヒHenrich
(仏)アンリHenri
(伊)エンリコHenrico, Enrico
(西)エンリクHenric, Enric
(葡)エンリケHenrique, enrique
(羅)ヘンリクスHenricus
管理人より:フランス語には「h(アッシュ)」の音がそもそも存在しないので、発音できない、発音の仕方がわからないというひとはけっこういる模様。しかし全員が「できない」というわけではないです。
51: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/09(火) 18:27:12.38
今話題のスコットランドだが、高校の世界史ではスチュアート朝以前の王朝(ブルース王朝など)を教えないから、スチュアート王朝が突然現れたような印象しかなかった
53: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/10(水) 08:49:05.59
>>51
スコットランド王で名前を知られてるのはマクベスとダンカンだろw
55: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/10(水) 11:10:49.16
>>51
ブルース朝だって突然現れたクチだよ。
スコットランド史はアルバ王国やダルリアダ王国から始めないと。
3.18追記:公開後気になったので追加です。「マクベスとダンカン」はどちらもシェイクスピアの戯曲「マクベス」に出てくる登場人物。悪妻にそそのかされて、スコットランド王ダンカンを暗殺して、マクベスが王様なるのですが、その苦悩を描いた悲劇。
54: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/10(水) 09:01:46.30
君主の正式な称号がかなり調べないと分からないこと
基本は王とか訳されているけど語源や発音が知りたい
57: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/10(水) 12:38:19.61
神聖ローマ帝国の大空位時代って、全く国王のいない時代だと思っていたけど都合3人の国王がいた
58: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/10(水) 18:07:11.03
一応いたんだよね
できるだけ力のない奴をって選んで
管理人より:「神聖ローマ帝国」での戴冠というのはやや特殊で、たいてい「ドイツ王」に即位したものが、ローマに行って皇帝(ローマ王)として法王から戴冠される…という流れだったそうですが、必ずしもふたつともゲットできたわけではないんだそうです。この「大空位時代」の定義もなんかイマイチよくわかんないですよね…。
「大空位時代」とはドイツ国王の不在を意味する言葉であるが、この時期に決して国王が不在であったわけではなく[4]、この言葉は皇帝の空位時期を示す言葉でもない。皇帝にならなかった国王は数多くおり、大空位時代の終焉はルドルフ1世の国王即位に置かれるが、ルドルフは皇帝として戴冠していない。
ドイツ王の即位には、選帝侯と呼ばれる7人の大貴族(マインツ大司教、ケルン大司教、トリーア大司教、ライン宮中伯、ザクセン公、ブランデンブルク辺境伯、ボヘミア王)の支持を得なくてはならず、水面下ではいろいろ大変だった模様。この「大空位時代に即位した3人の王」というのが誰のことかめんどうで調べてませんが、ヒマな方は調べてみては。
59: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/10(水) 19:01:04.52
エドゥアール・マネクロード・モネ
画家のマネとモネはフランス本国でも混同されてるらしいw
63: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/11(木) 03:32:17.67
>>59
絵画について少しでも知識のある人は、日本人でも混同しないけどねえ・・・画風が全然違うし。
64: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/11(木) 03:41:53.00
初級編:マネとモネ

中級編:ファン・アイクとヴァン・ダイク

上級編:ピーテル・ブリューゲル(父)とピーテル・ブリューゲル(子)ハンス・ホルバイン(父)とハンス・ホルバイン(子)ルーカス・クラナッハ(父)とルーカス・クラナッハ(子)
笛を吹く少年(エドゥアール・マネ)
日の出・印象(クロード・モネ)
管理人より:代表作をそれぞれ上げておきました。後年のマネは脱却しちゃいましたが、どちらも印象派の画家なのが混乱に拍車をかけるのかもしれません。父子で著名な他の画家も含めて、世界の美術館を総ナメにしようという当サイトのドクターならば、きっと大丈夫でしょう!
60: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/10(水) 22:22:34.66
ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティダンテ・アリギエーリ
ロセッティ姉弟の長男ダンテと神曲のダンテ
61: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/10(水) 23:16:05.06
>>60
神曲と新曲
68: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/11(木) 10:11:53.21
幸いまだ居ないがダンテって名前のロックバンドでも出てきたら、「ダンテのしんきょく」って言葉が紛らわしくなるだろうな。
71: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/11(木) 14:56:08.18
世界史の用語のバンド名って結構あるよねプログレ系に
ルネサンスとか
73: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/11(木) 15:04:14.43
プログレバンド「ASIA」はアジアじゃなく「エイジア」だもんな。
76: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/12(金) 03:29:40.52
>>73
そもそも「アジア」っていう英単語はなくて、Asiaは英語では必ずエイジアと読むんだが・・・
74: 世界@名無史さん 投稿日:2014/09/11(木) 17:14:14.20
別にそれでもエイジアないか

というわけで世界史あるあるネタでした。
フランス国王のルイ○世多すぎだろ…('A`)というのは受験生なら誰でも思うことですが、受験生にとってはただの数字であっても、当時の時代小説なんか読むと各人ちゃんと個性があり、おもしろいエピソードを持ってたりしてちょっぴり愛着が湧くってものですよ。
そういうサイドストーリーから攻めて見るのも一興ではないでしょうか。絶対忘れないしね。

日本語には外来語を表記するための文字である「カタカナ」があるため、外来語は言語にできるだけ近い形で表記します。
この便利なカタカナのおかげで、フランスでは「ノルマンディー公ギョーム2世」だった人物が、イギリスでは「征服王ウィリアム1世」になるわけで、ここから起こる勘違いというもの多いのではないかと思います。

「アタナシウス派」だったか「アナタシウス派」だったか…、語順の入れ間違いも多い。
「マルクス・アウレリウス・アントニヌス」を3人分で数えて、5賢帝の数が増えてしまう…というありがちな勘違い。
「○月革命」の数が多すぎて、どれがどれやらわからなくなって混乱。試験では鉛筆サイコロに運を託す…。
「割くゴート(395年)→ローマ帝国分裂」みたいに、無理やりな語呂合わせで覚える年号。
濁音や半濁音の有無で混乱。「ハプスブルク」なのか「ハプスブルグ」なのか。

今から考えると、若かったからできたのかなぁって思うんですよね。
当時は世界史用語が頭の中に整然と収まっていたものですが、もうだいぶん忘れちゃいました。
受験生の諸君もがんばってくださいね!

以下どうでもよいお知らせ:
明日と明後日、管理人急用のため更新をお休みさせていただきます~。仕事ですよ、仕事。なんとか時間みつけてこっそりスター・ウォーズ見に行ってやろう…とか思ってませんよ!
3.18追記:コメント欄でご指摘を受けてやっと気づいたんですが、トップ絵は「マジック・ザ・ギャザリング」の魔法カード「Increasing Confusion」だそうです。壁紙サイトからパクってきたのでぜーんぜん気づいてませんでした。笑
3.20追記:当記事を「朝目新聞」様でご紹介いただきました!ありがとうございます~。サムライ300人vsスパルタ300人…ってちょっと時代が違いすぎるからスパルタ不利かなぁ…。
読むだけですっきりわかる世界史 完全版 (宝島SUGOI文庫)
後藤 武士
宝島社
売り上げランキング: 8,531


人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.15 21:38
    >>16は間違い
    ギロチンで処刑されたのはマリアテレジアの娘のマリーアントワネット
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.15 22:02
    赤眉の乱のとき
    政府側の将軍と反乱軍の将軍が
    どっちも王匡で同姓同名なんだよな
    王匡が王匡に負ける、っていう
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.15 23:02
    >マネとモネはフランス本国でも混同されてるらしい
    この二人が知り合ったきっかけが、
    サロンでモネの絵の作者がマネと間違われたからなんだよな。

    マネとモネと言えば、海外掲示板に書かれた名画の見分け方というヤツの中に、
     まだらな光の中に人物の姿がなかったら → モネ
     まだらな光の中で、幸せそうな人々がパーティをしていたら → ルノワール
     まだらな光の中で、不幸せそうな人々がパーティをしていたら →マネ
    というのがあってクッソフイタことがある。
    確かになんか楽しくなさそうなんだよマネの画中の人物って。

    あと、>後年のマネは脱却しちゃいましたが、どちらも印象派の画家
    マネは印象派展に出品したことは無いし、
    あくまで旧来の画壇での成功を志向し続けていたしで、
    本人に「自分は印象派の画家である」という意識は無かったと思う。
    印象派の画家たちと交流があって、彼らに多大な影響を与えたことは違いないけども。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.16 0:29
    細かいことで申し訳ないけどカタカナは外来語を表記するために作られたわけではないので、念のため
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.17 12:57
    テーベとテーバイ
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.17 21:31
    トップ絵がせっかくMTGなのに触れられていないことに絶望した!
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.17 23:05
    アレクサンドル・デュマ・ペール(父)とアレクサンドル・デュマ・ペール(子)とか?
    後世すぎるかしら
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.18 14:53
    高校時代に世界史とってないからかもしれんが、ローマ帝国がややこしすぎる
    西ローマ帝国、東ローマ帝国まではわかるとして、神聖ローマ帝国が絡んでくると「???」になる
    ローマ帝国ってなんなん
  1. >処刑されたのはマリアテレジアの娘のマリーアントワネット
    ご指摘どうもです~。見逃していました。
    ---------------------
    >王匡が王匡に負ける、っていう
    調べてみたんですが、同名かどうかまではよくわかりませんでした…けど、これはもう両軍混乱したことでしょうね。想像するとおかしいw
    ---------------------
    >というのがあってクッソフイタことがある。
    あーこれはめっちゃわかりやすい。ルノワールは静物画でもなんか楽しそうな雰囲気ありますよね。

    >本人に「自分は印象派の画家である」という意識は無かったと思う
    きっとそーでしょうね。管理人も書きながらマネって印象派かなぁ?って思いながらでしたが、まぁ広義の「印象派」に含めてもいいかなと思いました。
    ---------------------
    >カタカナは外来語を表記するために作られたわけではないので
    「ために作られた」とは管理人は書いてないし、そう思ってもないですよ。
    ---------------------
    >トップ絵がせっかくMTGなのに
    申し訳ない。壁紙サイトから適当にパクってきたやつなので出展がよくわかりませんでした。追記しておきましたぁ~。
    ---------------------
    >アレクサンドル・デュマ・ペール(子)
    「ペール」はフランス語で「父」という意味なので、デュマ・ペール(父)とデュマ・フィス(子)、ですね。
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.28 12:55
    東ゴート王国のテオドリック大王と西ゴート王国のテオドリック1世も紛らわしいですねぇ
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*