人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

ヴァンパイア・吸血鬼について語るスレ/4人目の犠牲者 @ [SF・FT・ホラー板]


ヴァンパイア・吸血鬼について語るスレ/4人目の犠牲者 @ [SF・FT・ホラー板]
290: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/13(日) 17:18:03.67
本家本元ていうけど、ルーマニアの人は80年代だかそのへんまでドラキュラのことを知らなかったっていうな
そのぐらいの頃になってやっとストーカーの小説が、かの国で読めるようになって、ブラン城もドラキュラ観光地化されるようになったとか
292: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/13(日) 22:15:24.21
バートリ・エルジェーベトダリヤ・サルトゥイコヴァ
このスレ的にはもうお腹いっぱいでゲップが出るバートリ・エルジェベトや、ダリヤ・ニコラエヴナ・サルツイコヴァ等のシリアルキラーまで魔女と呼ぶからややこしくなる
管理人より:ちょっとこのへん、ルーマニア人はいつも「ああ、ドラキュラの国ね」と言われウンザリしてるという前回末尾の続きから。
バートリ・エルジェーベト」は多数の領民を拷問・惨殺し悪魔的儀式にふけったといわれるハンガリーの貴族で、別名「血の伯爵夫人」。吸血鬼伝説の元ネタになったとも。
ダリヤ・サルトゥイコヴァ」も同様に、生まれつきつんごいサディスティックな性向を持っていたロシアの貴族(やはり伯爵夫人)。犠牲者の多くは女性、少女だったと言われます。
293: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/14(月) 00:30:33.91
ルーマニア人の立場で考えると、イギリス野郎の小説で、勝手に母国の歴史上の人物を吸血鬼にされて、世界的に「ルーマニア=吸血鬼」のイメージが染み付いてしまったわけなんだよな

ものすごい迷惑な話だ
294: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/14(月) 00:45:40.78
日本でいえば織田信長が中国人の小説でゾンビだかなんだかにされて世界的に織田信長=ゾンビになって、しかもそれをつい最近まで知らなくてやっと信長ゾンビ小説が邦訳されて、否応なく名古屋はゾンビで売るようになって、信長の顔を配したゾンビキーホルダーやゾンビ木刀だの店の軒先に並べるようになったようなものか

それもいいかもしれんな
295: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/14(月) 06:02:45.75
もう伊達正宗がなってるよ
303: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/15(火) 21:58:40.12
ケイト・ベッキンセールケイト・ベッキンセイル目当てでアンダー・ワールド見てたんだが、なんかこれ設定のつじつまが合ってないよーな気がすんの俺だけ?
304: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/15(火) 23:19:09.98
アンダーワールド [Blu-ray] アンダーワールドか。
前半はとてもどきどきしたんだが後半急に陳腐化した気がしてなぁ…
あの展開をするならもうちょっとこう、ブラッドマスターのほうの心情とかそういう方に触れてくれれば…
305: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/16(水) 00:35:55.92
それなら下世話な推測はできる
ケイトは監督のワイズマンの嫁(最初はライカンリーダー役のマイケルとデキてた)
監督と主演女優が必要以上に親密になると迷走しやすくなるのかもな
306: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/16(水) 06:34:25.08
低脳女性週刊誌並の推測だな
もともとアンダーワールドはなんちゃってゴシックだよ
怪奇も幻想もないただのアクション映画
309: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/16(水) 18:32:29.10
ロマン・ポランスキーの吸血鬼 [DVD] ちょっと思いだしたんだが上に出てた『吸血鬼(フォン・クロロック)』の監督もヒロイン役のシャロン・マリー・テートと結婚している。そしてマンソン達に殺された。

クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア [Blu-ray] 『クイーン・オブ・ザ・ヴァンパイア』のアカーシャ役はアリーヤの遺作になった。
まあ他にもあるけどヴァンパイアはやっぱり“呪われし者”なのかもしれない。
シャロン・テート管理人より:ポランスキー監督の奥さんだったシャロン・テートですが、狂信的なカルト信者ら5名によって惨殺されています。以下のスレによると、ポランスキー監督が「マクベス」の舞台監督を務めた時、「血のりを撒け、もっと撒け、シャロンの時はこんなもんじゃなかったぞ」と指示したとか。
310: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/16(水) 18:37:55.37
映画撮影する前はちゃんとお祓いせんとあかんよ
311: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/16(水) 21:27:40.48
塩??
312: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/16(水) 21:54:19.41
塩はゾンビだろ
313: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/16(水) 23:11:42.44
大蒜でも撒くか
320: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/17(木) 14:38:52.39
そもそもキリスト教圏でお祓いにあたる類の宗教行為はあるのか?
何するんだ?
321: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/17(木) 15:06:04.99
民間信仰とか旧信仰とかから習合した儀式とかでよかったら色々あるんじゃね?
あとは体系化されたような魔法みたいな奴を宗教行為に含めていいなら退去の儀式とかも含まれるか
322: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/17(木) 18:08:53.52
パッと考えりゃエクソシスムだが、ありゃもう事後なんだよなw
聖別っぽいサクラメントもあるんだろうが…?
327: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/17(木) 22:24:15.06
クリストファー・リーベラ・ルゴシ
ホントに祟りとかがあるのだとしたら、クリストファー・リーやベラ・ルゴシはさぞかし強力な守護霊を持っているのだなw
329: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/17(木) 23:14:24.55
>>327
ルゴシは無いんじゃね?
333: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/18(金) 04:49:36.11
>>329
俺ごときには難しいなー

>>327どういうつもりでリーとルゴシを並べたのかは解らんが…
ルゴシの『ドラキュラの衣装で埋葬された』ってエピソードは好きだなー
334: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/18(金) 10:50:07.32
ベラ・ルゴシは不遇の俳優と言っていいんじゃね?
ドラキュラ役が当たりすぎて怪奇映画の話ししかこなくなったと聞いた
たしか薬物中毒だったようだし
しかし写真で見る若い頃の吸血鬼姿は凄まじく怖いな
335: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/18(金) 11:03:22.66
顔が怖いからな

現代だとデップみたいに一周回ってコメディ系の仕事も来たのかもしれないけど
管理人より:ベラ・ルゴシもクリストファー・リーも往年のヴァンパイア俳優。前者はエド・ウッド監督に惚れ込まれたのが運の尽きだったかもしれない…。もっとも本人もヴァンパイア役を気に入ってはいたそうです。
331: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/18(金) 01:05:13.53
そういや、妖怪の類は零落した古い神の姿だ、という学説があるけど、それを吸血鬼にあてはめられるんだろうか
過去レス読み返せばそれに触れてるのあるかな
342: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/19(土) 17:39:18.54
>>331
ラミアーがそうなんじゃねぇかなと思うが
もともとはスキタイの軍神説もありポセイドンの孫とも娘も混同されるから、れっきとした神族と言ってもよいのじゃなかろうか?
ラミア(ハーバート・ジェムズ・ドレイパー)
管理人より:「ラミアー」は、ギリシャ神話に出てくる、元は海神ポセイドンの孫にあたる女神。美貌で知られ、ゼウスが例によって一目惚れするんですが、これまた例によってヘラの怒りを買い、ゼウスとの子供と自分自身を怪物に変えさせられてしまう。まぁギリシャ神話ではよくあることです。Wikipediaに乗ってた絵がエロ美しかったのでついでに貼っておきます。
332: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/18(金) 01:32:27.57
マヤとかアステカあたりの伝承を都合良く解釈すればいけるんじゃね?
『吸血神テスカポリトカ』なんて中二ぽくてかっこいーじゃん
黒いテスカポリトカ(「ボルジア絵文書」より)
管理人より:「テスカポリトカ」は、アステカ神話に出てくる主神。「煙を吐く鏡」を意味していて、あのへん一帯で儀式で使用される黒曜石を指しているんだそうです。キリスト教文化では「悪魔」に認定されています。
336: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/18(金) 12:42:25.69
>>332
中東だとバール辺りかね
バアル
管理人より:「バアル」は、メソポタミア地方を始め、地中海沿岸でも広く信仰された、ウガリト神話における嵐・慈雨・農耕の神様。キリスト教文化では有名な魔界での筆頭悪魔です。ちょっと怖いイラストにしておきました。
338: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/18(金) 20:53:34.48
孔雀王退魔聖伝 吸血鬼の王国 (My First Big SPECIAL) >>332
孔雀王の吸血鬼編では、テスカトリポカがラスボスみたいになってなかったっけ。
うろ覚えだが。
340: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/19(土) 03:45:30.94
>>338
『孔雀王』て密教バトルなアレだよな、ヤンジャンだっけ?
吸血鬼編とかあったのかー
341: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/19(土) 04:43:11.47
ジル・ド・レあれもジル・ド・レエとかエリザベート・バートリーとかいかにも系が前座に来て、ボス敵がいきなり南米だからびっくりするよな
管理人より:「ジル・ド・レ」は、フランスの貴族(男爵)で100年戦争においては「救国の英雄」と称される戦いぶりで元帥にまでなりましたが、戦後は錬金術と悪魔的儀式に傾倒。領民の少年たちを多数惨殺。いわゆる「青ひげ」の元ネタとも。
339: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/19(土) 02:15:10.90
アン・ライスの版権料が高すぎてどんな出版社でもクロニクルズの8巻以降が出せないなんてヒドイ
345: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/24(木) 21:53:42.38
>>339
昔「マイアミ・バイス」の放送権料が高すぎてどんな放送局でも放映できない、と思ってたらサラッと テ レ 東 が抜け駆けした、というのを思い出した
347: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/26(土) 01:03:02.29
夜明けのヴァンパイア (ハヤカワ文庫NV) クロニクルズは1巻が絶版ってのが痛い
それだけでかなりハードル高い
349: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/26(土) 23:42:50.14
>>347
一巻だけいまだにハヤカワが持ってんだよな
おかげで文庫は出ないという
350: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/27(日) 00:21:23.79
「夜明けのヴァンパイア」(ハヤカワ文庫)って今は絶版なのか。
でも、古書店とかで探せばすぐ見つからないか?
Amazonでもマーケットプレイスで安価なものが何冊も出てるし。
352: 349 投稿日:2012/05/27(日) 00:56:04.18
>>350
存在する・・・だと・・・

でも大抵の図書館にハードカバーあるし
353: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/05/27(日) 06:30:36.80
図書館で読むとホモだと思われるからヤダ!
管理人より:アン・ライスの「ヴァンパイア・クロニクルズ」シリーズの1巻だけハヤカワ(文庫もある)で、残りは扶桑社ミステリーから出版されてます。版権の問題で続きが出てないのかぁ…。調べたところ「美青年アルマンの遍歴(The Vampire Armand)」以降の「Merrick」「Blood and Gold」「Blackwood Farm」「Blood Canticle」「Prince Lestat」が邦訳されていない模様。邦題も「美青年」とか余計なのつけないでほしいですけどもね。
「魔女の刻」シリーズもラシャーの一族を描いた第3部「Taltos」が邦訳されとらんし、これも版権なんでしょうか。
354: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/02(土) 00:16:43.90
古典吸血鬼に同姓嗜好が多いのはなんでやのん?
355: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/02(土) 00:32:23.27
世紀末デカダンの時代性と、(当時のキリスト教的倫理観からして)邪悪で背徳的な存在として描くための特性、というところかなぁ
356: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/02(土) 03:17:21.23
死体なんだから非生産的な道に走ったっていいじゃない
357: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/02(土) 05:09:19.01
現代では男女の性差に頓着しない超越性とか、博愛主義者(愛の形はいびつだけど)とかフェミニンな感じだね。
358: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/02(土) 13:23:24.90
ジョージ・ゴードン・バイロンまあ 元のモデルが バイロン卿だからね
359: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/02(土) 16:40:10.01
一部の哲学者や僧侶、武将がお小姓さん囲うのと一緒じゃね?
普通に異性とつがうのは動物的で遊びとしては下等


も一つは上の推測と矛盾するが支配力の表れ
猿の群れにみられる個体間の優位性を誇示するためのマウンティングみたいなw
360: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/02(土) 20:56:27.54
改訂版 雨月物語―現代語訳付き (角川ソフィア文庫) 日本の元祖吸血鬼って言われてる青頭巾(雨月物語)も同性愛ものだよね
366: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/10(日) 00:26:25.74
368: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/13(水) 11:55:01.28
ハロー張りネズミ ベストセレクション(1) (KCデラックス コミッククリエイト) >>218エンバーミング(多分、遺体管理)って単語を見て思い出したが、弘兼の「ハロー張りネズミ」って探偵漫画にも、エンバーミングを生業とする吸血鬼のエピソードが有った
371: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/19(火) 12:28:04.07
腐敗物弄っても感染症起こさないなら適任だな。
374: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/26(火) 20:34:37.43
>>371
>腐敗物弄っても感染症起こさないなら適任だな。
人の死体の腐敗液とか、スゴいことになるらしいな。
以前、遺品処理業者の本を読んでて、腐敗液のしみ込んだ畳を片付けようと持ち上げて(もちろん手袋で)、その重さに、一瞬だけ厚地の作業着の膝のあたりに畳を置いたら、それだけで後日その膝のあたりがただれてきて医者に行く仕儀になったらしい。
管理人より:なんか「ハロー張りネズミ」で吸血鬼ネタがあったのは覚えてるんですが、どうも俳優だった記憶がありますねぇ。「オセロー」を演じてるやつ…。記憶違いかも。
376: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/06/30(土) 08:44:05.09
そういえば、劣悪な環境に強い吸血鬼を宇宙船の乗組員にするというネタが複数あったような
377: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/01(日) 22:19:46.44
吸血鬼が腐敗するとゾンビ?
378: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/01(日) 22:40:19.70
吸血鬼は血しか飲まないけどゾンビは肉喰らうイメージ
379: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/01(日) 22:57:28.09
ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE [DVD] ロメロのゾンビは、実は吸血鬼を徹底的に即物的に描いたものだ、という解釈をだいぶ前の映画秘宝で読んだ記憶があるな
理性も何もない「亡者」が生き血を求めて生身の人間を襲ったら、首の血管から血を吸う、なんて方法を取らずに、体を引きちぎって血肉ごとむさぼり喰らうんじゃないか、と。
380: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/04(水) 03:31:45.64
ブレイド [Blu-ray] 映画の『ブレイド』でさー
「サーファーは吸血鬼に成りきれなくてゾンビみたいになる」
ってジョークとばしてたなw
381: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/06(金) 19:12:09.46
吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫) もともと吸血鬼伝承はゾンビみたいなもの
ストーカーがダンディな暗黒貴族の意匠を与えておしゃれイメージで、大成功したわけだものな


やっぱ、見た目がすべて。おしゃれでないと流行らんわー
382: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/14(土) 02:37:06.81
ストーカーのドラキュラは貴族だけど、見た目はまったくおしゃれでもダンディでもなかった気がするが
383: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/14(土) 06:32:22.79
ネタ切れだった劇場が客受け狙いでアレンジしまくり
それを基にした映画がイメージを定着させてしまった結果

…らしいけどよぐわがんね
384: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/14(土) 21:52:04.92
吸血鬼ノスフェラトゥ 《IVC BEST SELECTION》 [DVD] 映画で言っても「ノスフェラトゥ」みたいなイメージが原作の描写としては正しいんだよな
385: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/16(月) 06:29:22.05
とはいえ、民間伝承にあるのはあくまで動く呪われた死体。
ドラキュラ様みたいな吸血鬼ってのは、ストーカーの創作でしょうに
387: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/16(月) 23:33:59.94
>>385
>ドラキュラ様みたいな吸血鬼
ドラキュラ ドラキュラ―吸血鬼小説集 (河出文庫) これは文学史的に言えばジョン・ポリドリの「吸血鬼」がルーツであって、この「吸血鬼」は詩人のバイロン卿をモデルにしていたと考えられているので、「ストーカーの創作」とまでは言えないかも。
ヴラド・ツェペシュでも、それをワラキアの歴史的人物「ブラド・ツェペシュ」と組み合わせたのは、天才的なオリジナリティだったと言っていいと思う。
389: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/17(火) 03:50:19.58
吸血鬼カーミラ (創元推理文庫 506-1) >>385
ドラキュラ(1897)に先行してるレ・ファニュの「カーミラ」(1872)は、すでに美少女吸血鬼が出てくるぞ。
吸血鬼と耽美の組み合わせの元祖かどうかはわからないけど、伝承ではなく文学題材としての吸血鬼物語の初期から、すでに自然発生的に貴族的雰囲気は備わっていたと思われ。
388: 名無しは無慈悲な夜の女王 投稿日:2012/07/17(火) 00:29:34.97
ニューオリンズの白デブ吸血鬼 かっこいい吸血鬼像ばかりが流行ってると、たまに読む「ニューオリンズの白デブ吸血鬼」みたいなのが楽しい
to-be-continued-jojo

なんだそれ、超読んでみたい…。なんでも高カロリーなニューオリンズの犠牲者から血を吸ううちにデブデブになってしまった吸血鬼の話だそうです。
というわけで久しぶりのヴァンパイアスレ第4回め。
なんだかんだで、けっこう民俗・神話的な内容もチラホラ出てきてホッとしてる管理人。出てこなかったらただのヴァンパイアものの創作について語るスレになってしまう。

ヴァンパイアとゾンビの関連がちょっと出てきてましたが、これはなかなかおもしろいですね。
ヴァンパイアから知性と品位(?)が抜け落ちるとゾンビになる…。なるほど。

創作のヴァンパイアの先生方が、貴族で美女をはべらせ…というのは、映像で映えるという大人の都合もあることでしょうね。なにしろ美男美女を登場させやすいし、美女の白い首から血を吸うという描写はどこか官能的なものです。
そんでそういう伯爵たちは、怒りを感じると途端に怪物の一端を示すわけですが、それまでのディレッタントな態度とは対照的でこれもまた視聴者に訴えやすいというね。
同性愛は腐女子へのエサとか?でもキリスト教では同性愛が禁止されてるからそれへの当て付けかも…。

なんにせよ需要と供給の関係により、ヴァンパイアの方々も、家では高校の時のボロくなったジャージを着てポテチ食ったり、ジーパンとサンダルで気軽に出歩き、シャンプーが切れたから水でゆすいで…などという小市民的な行動は許されない感じに。不死者になるのもなかなか楽ではありません。

トップ絵は映画「ヴァン・ヘルシング」より、ドラキュラ伯爵のリチャード・ロクスバーグと彼にすがりつく愛人たち。伯爵は巨乳のセクシー美女がお好き。
この映画はストーカーの原作から、ヴァン・ヘルシング教授を大きくフィーチャーし、不死身のヴァンパイアハンターとして描いた、なかなか新解釈のストーリーかと思いますが、どうもなにかが足りないんですよね…。なんかいっぱい詰め込みすぎて肝心のなにかが抜け落ちてる気がしてならない、ちょっぴり残念な映画。非ヴァンパイアのケイト・ベッキンセールが一番ヴァンパイアぽいっていうね…。

それはそれとして、この映画でも描かれる「ヴァンパイアハンターがロングコートとテンガロンハットを斜めにかぶって、珍奇な武器で戦う」…というダークヒーロー像がいつごろ生まれたものなのか、管理人は気になっています。どの作品が初出かな?
ヴァン・ヘルシング [DVD]
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2004-12-22)
売り上げランキング: 27,689



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : おぉ
    • 2016.3.28 8:37
    ハロー張りネズミは探偵ものの皮を被りつつオカルトネタが多いのでお勧め
    • そうそう、そうなんですよね!
      あれけっこうおもしろいのに、島耕作に隠れてイマイチ目立たないんですよ。
      • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.2 10:18
      オカルトじゃないしスレ違いだけど
      張りネズミの異人浮世絵師シャーロックさんが写楽になるって
      話を友人に酒の席でしたらえらく感心された
      色々ネタが秀逸だったですよね。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.3.31 22:07
    塵に(・∀・)カエレ!
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.20 23:36
    リンク先のエリザベートの記述見たけど、残虐行為が事実みたいに書いてて色々酷いな。

    以前、エリザベート・バートリーの子孫の一人に会ったことある(現地でレストラン経営)けど、ハプルブルグ家に、吸血鬼呼ばわりされてクソ迷惑だって言ってたの思い出した。
    なにげに、独立の功労者である軍人の先祖でもあるんですよねぇ。

    まあ家系図見ると、子孫も含めてハンガリー独立のために一族総出で活動した、反逆者の家系って感じだから、ハプスブルグ家としても徹底的におとしめたかったんだろうなぁ、と邪推。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*