人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

宇宙は無から生じたというが、それは矛盾がある @ [物理学板]


宇宙は無から生じたというが、それは矛盾がある @ [物理学板]
1: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/06(木) 07:24:15.93 ID:QIQkhfHA.ne
主な矛盾点は2つある。


宇宙開闢よりも前に物質は無く、エネルギーだけが存在した、と仮定しているが、順序が逆である。
重力や電磁力などのエネルギーは物質があってこそ存在できる。

量子論における揺らぎやトンネル効果は、宇宙が存在した後に発見された物理法則であり、宇宙より前の無の状況でも、同じような法則があったとは限らない。

無という究極の状態で量子論という物理法則を当てはめることなど出来るだろうか。
2: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/06(木) 08:02:07.60
と仮定している(仮定してない
11: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/06(木) 16:50:20.37 ID:QIQkhfHA.ne
>>2
量子ポテンシャルはエネルギーの存在を前提としている。
192: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/09/08(火) 08:47:32.58 ID:fMozt80x.ne
>>2
ビッグバン以前には虚時間が流れていて、揺らぎから量子ポテンシャルの増大により、物質よりも先にエネルギーが生じたと仮定している。
これが量子論による宇宙開闢の仮説。
管理人より:「量子ポテンシャル」というのは、量子論の解釈のひとつである「ボーム解釈」の中の概念だそうです。
4: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/06(木) 11:08:29.83 ID:s/QgTZcE.ne
ビッグバンの時か極初期にこの宇宙にある物質のすべてが生まれたと考えられてる
物理法則もその時決まり、それ以前には現在の物理法則は適応できない事になってる
12: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/06(木) 16:53:44.30 ID:QIQkhfHA.ne
>>4
物理法則はビッグバン以降に当てはまるのだから、宇宙が存在するよりも以前に、虚時間や量子ポテンシャルを前提とする考え方は間違っている。

宇宙が無であった時には適用できない法則である。
5: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/06(木) 11:35:02.03
無知がまた馬鹿スレ立てて…
6: nanshiki ◆ELOXmE0uaA 投稿日:2015/08/06(木) 11:36:21.99
ビッグバンであるならハッブルの法則は成り立たない
ハッブルの法則の示すことは観測者を中心とした等方的な宇宙の広がりである
これは 過去の一点を中心に宇宙が 始まったというビッグバンとは明らかに矛盾する

現在の宇宙を ビッグバンで解釈しようとすると、宇宙の始まりである最遠方へ天体が向かっており、天体はビッグバン時へ向かっていることになる
これは明らかにおかしい
7: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/06(木) 11:56:33.96 ID:s/QgTZcE.ne
>>6
A B C 等間隔で遠ざかった時
・Bを中心に考えると
  A  B  C AB間の距離が1から2、BC間の距離が1から2
・Aを中心に考えると
  A  B  C AB間の距離が1から2、AC間の距離が2から4
どちらも同じ

>>6はAを中心に考えるとA  B C になるのかな?
9: nanshiki ◆ELOXmE0uaA 投稿日:2015/08/06(木) 12:23:20.96
>>7
ABCがはじめ 同じ地点に存在しABCが 等間隔で 遠ざかると
Bを中心に考えれば
①AB=BC
Aを中心に考えれば
②AB<AC


ある過去を中心に 宇宙が広がっているときに採られる形が②でAが宇宙の始まりでCが現在
この時 Cにおいて 等方性は成立しえない
(自身の運動により相対的に過去が離れていくことから、観測事実であるすべての天体が遠ざかっていく等方性が成立する可能性を考えてみても、それは全方位的に天体が離れていくということであり、これはCの運動ではなく周囲を取り巻く無数にあるAの運動であることに他ならない)

よって等方性があり、どの方向に対しても同等に広がっている(ハッブルの法則が成り立つ)なら採られる形は①
そして 宇宙の中心はAやCではなくBであるといえる
10: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/06(木) 12:45:35.11 ID:s/QgTZcE.ne
>>9
>ABCがはじめ 同じ地点に存在しABCが 等間隔で 遠ざかると
×②AB<AC
○②AB=AC
ABCが同じ地点にあって等間隔に遠ざかったのだからAB<ACはおかしい

前提が間違ってるのだからその結論は間違ってると言うことでいいか?
管理人より:「ハッブルの法則」は、「天体が我々から遠ざかる速さとその距離が正比例する」という法則。天体の後退速度というのは光のドップラー効果による赤方偏移を調べることですぐわかるのですが、距離の算出は難しく、この法則における「ハッブル定数」はまだ明らかではないということらしいです。そして現在観測される天体はほとんど地球から視線方向に遠ざかっており(赤方偏移が観測され)、これは宇宙全体が膨張しているから空間が引き伸ばされているため…と考えられています。

GN-z11
ちなみに現在観測可能な天体で、現在地球からもっとも離れているのは、「GN-z11」という銀河で、132億光年彼方にあります。
13: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/07(金) 12:36:00.95
物理知ってる奴は無から始まったなんてそもそも言わないわ
193: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/09/08(火) 08:49:43.02 ID:fMozt80x.ne
>>13
ニュートン別冊 宇宙,無からの創生

宇宙はどのように誕生したのでしょうか。
これまで,科学者たちはさまざまな理論と観測によってこの謎に挑戦してきました。
そして,現在,宇宙は「無」から誕生したという説が有力だとされています。
それでは,いったい宇宙はどのようにして無から誕生したのでしょうか。
ニュートン別冊 宇宙,無からの創生
17: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/09(日) 04:45:34.37
今のところこの宇宙は膨張を続けるみたいだから消えはしない
極々希薄な物質の分布にはなるみたいだが
18: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/10(月) 10:46:09.46 ID:iST+GgJv.ne
根源のエネルギーは始まる前から無限に存在してたし終わった後も永遠に存在し続ける。
それでよくなくない?
21: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/10(月) 19:45:33.07 ID:jOQaV/E6.ne
>>18
キリスト教の神はアルファでありオメガである、というが、これは初めも終わりもない永遠の超越者という意味。
永遠は神だけ、創造主だけでしょう。
管理人より:「α(アルファ)」はギリシャ文字で一番最初の、「ω(オメガ)」は一番最後の文字。ということで「アルファでありオメガである」は新約聖書のヨハネの黙示録に記された語句で、「最初にして最後の者」すなわち「永遠」ということなんだそうです。
24: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/11(火) 17:11:55.06
>>1
現代の物理学者はSFや哲学・宗教のために研究しないだろう
観測できる宇宙全体が時間経過で膨張してると推定されるので問題になる

宇宙の最初期の超高温・超高圧状態では質量を持つ物質(陽子・中性子・電子等)より場(光子等)のエネルギーが圧倒的に優勢だったと考えられるので、(場)のエネルギーが最初に存在する起源説が有力とみなされる
反物質の天体が現在の宇宙で観測されない理由が解明されれば裏付けになるだろう
28: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/13(木) 18:17:33.31 ID:TZJhq4mn.ne
真空には真空エネルギーがある。本当の無ではない。
35: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/18(火) 18:18:19.09 ID:jTWRwqi0.ne
もしかして起源を考えること自体がナンセンスなのか
卵鶏云々
36: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/18(火) 21:49:52.90
だって宇宙がなにからできたか誰も知らんじゃん、モノポールも見つからないし
ただ地球って鉱物やマグマや無機有機がることを考えると無からではなさそう
37: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/19(水) 07:54:33.80
現在の宇宙観測にマッチする物理学的シナリオを求めてるだけだが、恐ろしく難しいのが現実。
真空の相転移があったことは推定できるがそれ以前の超高温・高圧状態の宇宙の物理法則は不明
素人の物理的アイデアなんかで歯が立たないのは事実だろう。
40: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/19(水) 21:11:36.10
根源的な物理法則に近づくほど、日常経験からかけ離れた難解な抽象数学の表現が必要なのが歴史的事実であって、現代物理で素人が貢献した事実は無い。
日常言葉のたわごとなど何の役にも立たない
43: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/20(木) 16:12:29.11 ID:tnn69QPa.ne
>>40
本当そう思う、物理は素人の閃きでどうこうなるようなものではない
45: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/20(木) 20:33:52.98 ID:Yjo36aVY.ne
アルベルト・アインシュタインチミたちはアインシュタインが相対論の着想の前提のアイデアに気が付いたのは、何歳のころだったか知ってるのかな。
46: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/20(木) 20:56:48.80
16じゃなかったっけ
47: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/20(木) 21:46:23.53
アインシュタインは1879年生まれで、チューリッヒ工科大学の数理物理学科を卒業が1900年、数学の教授はミンコフスキー
1900年、プランクのエネルギー量子仮説で物理学の革命が始まる
マックスウェル、プランクの論文を徹底的に研究、1905年特殊相対性理論、光量子の発表

素人ではない
49: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/21(金) 02:25:29.00 ID:aWpb2Od4.ne
今は無数の素人が情報を即座に共有・更新できる時代だから、専門家を速度的に凌駕することはあるかもしれないな。
ただ子供が「哲学」者をハッとさせるという話は、数学不要だからでは。


>>1
基本的な知識が足りなくて勘違いしてるよ。
48: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/21(金) 02:10:13.75
古典的な時間の概念が正しいとすると時間は無限ってことになるけど、それ(=終わりがないこと)を考えると恐ろしくて発狂しそうになる
50: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/21(金) 12:38:52.94
>>48
「古典的」が正解でない事くらい知ってるだろ
51: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/22(土) 00:17:19.62
>>50
知ってても正解自体を知らないから、ワーストケース(=終わりがない)を想定してしまう
59: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/27(木) 21:10:39.59
>>48

というか、時間は存在せず宇宙はただ運動変化しているだけじゃないかと。
宇宙はそのような存在としてただ在る。
60: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 00:51:51.22
>>59
それで何故古典的な時間の概念が否定されるのかが理解できない
だから恐怖となる
53: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/22(土) 09:22:53.08
物理の時間は物体の周期運動で定義される
電子や陽子のスピン(角運度量)は1/2で0になることは不可能
つまり永久に回転が止まらない、時間は無限に続くということだ。
55: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/23(日) 19:27:19.32
始まりと終わりと定義すれば、何によって始まるのかが議論になる

始まりも終わりも無いと定義すれば、そもそもなぜ存在しているのかが議論になる

解決策は永遠に見えないように思う・・・
56: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/26(水) 20:34:42.03
言葉をいじってるだけじゃな
57: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/26(水) 22:08:03.02
エネルギーってのは空間の湾曲なんじゃないの?
無が形も範囲も定まってない物なら歪んだりするのは当然だと思うけど
61: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 00:53:43.78
時間なんて振り子運動を基準にして始まって勝手に人間が作った概念で、重力強ければ時計進むのは遅くてずれるだろうし物質が動けないところなら計りようがない
ここを基準に何億年経過しようが真空しかない外宇宙は時間が止まったままだろうな多分
62: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 01:12:12.16
昔は日がのぼりゃ朝沈めば夜あとは日時計で夜がどれだけ近いか大雑把に知る程度だったじゃん
整理もせず複雑化する一方で一人歩きした概念が真理を遠ざけてややこしくしてしまうんだろうな
68: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 11:28:46.80
>>61 >>62
ちょっとググって時計の歴史を現在まで調べれば、何故、遥か宇宙で地球の時計の時間概念が使えるかが理解できる。
当然、基礎的な物理の知識と能力が必要だが
63: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 01:31:34.00
そういうこと研究してる人いるんだろうか
発狂しそうだな
永遠の世界なんてものすごい恐怖だ
71: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 18:21:09.31
>>63
時間が止まってるのに永遠って表現はおかしくね?
むしろ時間が止まってる世界からしたらこっちは一瞬よりも短い間に誕生して数千億年経過して消滅してる感じだろうし

まあ時間が止まってたら思考できないしそれが永遠なら死んでるのと同じなんだけど
75: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 23:25:39.25
>>71
進みの相対比はどうでもいい
時間が止まった後また動き出すのか
動き出すならやはり永遠
発狂しそうだ・・・
64: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 01:41:47.30
自分も生まれる以前は似たようなもんだと思うけど
65: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 08:19:42.82
自然はただ運動変化の過程として在るだけだよ。
そこには時間も無いし空間としても無限だろう。

ゼノンゼノンは無限に手を出すなというようなことを述べている。
自然はある意味でというか、本質的には不可知なんだろう。


>>64
物理的には人間も自然の運動変化の過程で生成されていく存在だし、物理的には生死は同じことだけどね。
管理人より:哲学的だァ…。「ゼノンのパラドックス」というのがあり、
走ることの最も遅いものですら最も速いものによって決して追い着かれないであろう。なぜなら、追うものは、追い着く以前に、逃げるものが走りはじめた点に着かなければならず、したがって、より遅いものは常にいくらかずつ先んじていなければならないからである、という議論である。
足が速いことで有名なアキレスはいつまでたっても亀においつけない…という理屈。これは一見単純そうにみえて、数学的に解決するまで長い時間がかかりました。
67: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 10:30:37.10 ID:OmFgZqCB.ne
自分達の宇宙が0から出発したとか自己中心的だな。

我々の宇宙が出来る前にも高次元的な物質が存在して、それは例えるならシャボン玉みたいな形をしてる。(イメージの話な)
そのシャボン玉はたくさんあって、シャボン玉同士がくっついた瞬間がビッグバン。
シャボン玉がくっついた瞬間 人間が観測できる次元となった。


これが俺の宇宙論
69: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 12:52:16.74
>>67
膜宇宙論と変わらんな
70: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 13:06:03.75
>>69
膜宇宙論が大迷惑するだろ
>>67の 例えるなら(イメージの話な)と念押しから思いつきだけだと分かる。
たぶん物理法則の理解すらできない
74: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 20:33:40.48
>>67
それだって起源があると思うけど
管理人より:「膜宇宙論(ブレーンワールド)」というのは、いつかの巻末で紹介した最新の宇宙論。謎の超空間に「膜」がフラフラ漂っており、我々の宇宙もその「膜」の上(中?)にあると。その膜が時々衝突することがあり、その時に大量のエネルギーが放出される云々。その謎空間はどうやって誕生したのか?そして最初の「膜」はどうやって生まれたのか?わりとキリがないですね。
72: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 18:39:20.39
宇宙の総和はゼロで、ゼロだからこそ無常でありながらバランスを保ってるとか
無から有はつくれないなら+1作ったら-1も作って総和を0にしときゃいいんじゃねってことか
73: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/28(金) 20:15:33.94
じゃあどこかに反対のマイナスがあるんだろうな、地上にあるの、どこかにあるの
77: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/29(土) 02:40:02.49
そもそも物質ってなんなんだろうな、
原子や分子やら言葉をつくしてもそれが何か本質的には分からないだろうけど
81: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/29(土) 09:54:53.34
>>77
質量の形をとったエネルギー
83: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/29(土) 13:11:58.92
>>77
物理学の発展論理を簡略化すれば
(1) 人間の感覚経験から拡張・共通化した観測事実を発見。
(2) 物理分野の天才等が数学法則による物理モデルで多数の観測事実を演繹説明した。
(3) 一般人(物理関係者も含む)は物理モデルを「物理実在」として取り扱う。
(4) (1),(2),(3)の繰り返し、(1),(2)は時期が逆もある。


 本当は(1),(2)から原子・分子も物理モデルだ、ところが一部の一般人が(3)を見聞きし、観測事実も数学法則もすっ飛ばし、それならばと自作の「物理モデル」を主張して発表している。
95: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/29(土) 17:32:51.94
>>83
色んな定義や表現方法があるかもしれないけど、究極的には「無ではない何か」としか説明の仕様がないと思う
96: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/29(土) 17:43:58.54
>>83
まあ素人の仮説だしそれを検証するために後から観測できればいいのでは
仮説も数たてれば一つくらいは当たってるだろうし顕微鏡のない時代でも虫のようなそれよりも、小さな生物がいて病気をおこしたり、食物を発酵させていると予見した人は学者様でなくてもいただろう

しかし理屈が当たっていてもそれを観測して実証する手段が無かった
87: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/29(土) 15:42:13.66
俺にとって一番怖いことは延々だからそれがワースト
何が起こってかは理解できてないからワーストを想定する(ときがあってそのときに発狂する)
88: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/29(土) 15:47:46.56
>>87
怖がるのは勝手だがどういう物理過程でそうなる
89: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2015/08/29(土) 15:49:15.45
考えるのをやめたカーズ様
じゃあカーズ様みたいに考えるのをやめればいい

物理板のまとめだけど、宇宙カテゴリーでの更新。

現在我々がキャッキャウフフしつつ暮らしてるこの宇宙のことさえ、全貌は明らかではないわけで、その宇宙の起源、ましてやそれ以前のことなんてどうやって分かるんでしょうか。気が遠くなりそうですね。
まぁそれでもエライ先生方の中には、そんな研究をしておられる方もおり、当サイトをご覧のドクターにも数名そんな方がいらっしゃるようです。

やっぱり宇宙が誕生する前って、どんなふうになってるのか気になるし、興味のあるひと(含む管理人)はあれこれ調べてみたりするんだけど、最新の理論は謎の「膜」だの「ヒモ」だのが出てきて超難解な理論なんで、素人には理解すら難しいものです。
モヤモヤしますよね。アホであることが悔しい…。('A`)

管理人は英語にいちいち怯まないための訓練として、調べ物は基本英語で、ブラウザの言語設定も検索設定も「EN」にして自分を追い込んでるわけですが、これで調べ物すると、ある項目の中にある専門用語(英語)を調べようとして、さらなる専門用語(英語)に突き当たり、わりと身動きが取れなくなります。
皆様もネットの海で溺れたい時には試してみては。
カーズ様の気持ちがよくわかります。

以下、本題と関係ない私信:
管理人、最近ちょっと気になってることがあるんですが。うちの記事の上のほうにはてブとか、FBのいいね!とかを表示するソーシャルのアレがありますよね。
たまに「はてブ:1」とかついたりするんですが、開いてみると…

はてブゴースト現象
誰もいない。な、なぜだ…('A`)
これはひょっとしてはてブは非公開設定とかあって、そういうことなんでしょうか。気になる。まぁなんにせよいつもはてブしてくださる、名も無きドクター、ありがとうございます。

FBの方もたまにイイネがつく時があり、誰がイイネしてくれてんだろ…と思って、アカウントだけはかなり以前に作ったことがあります。作ったのは作ったんですが「個人情報入れろ!」の連呼がウザくてずっと放置。ゆえにどなたがイイネをポチっとしてくださってるのかさっぱりわかりませんが、いつもありがとうございます。この場を借りてお礼を。
4.13追記:当記事を「朝目新聞」様でご紹介いただきました!ありがとうございます~。3つの太陽が昇る惑星発見…つーのは最近ニュースになってましたね。惑星タトゥーインの双子の太陽もビックリ。



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.4 21:27
    言ってしまうと何も矛盾しているわけではなくて
    文字通り「無から有を生み出せる」のだな。

    でなければ俺らは存在してないんだから
    これが最初の前提として無くてはならない。

    つまりイッチーは前提を間違っているから
    なんかへんな戯言を言い始めてるってことだな。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.4 21:51
    ※1
    そんなレベルじゃなくて、何もかもまちがっている
    リアル中2じゃないかな?

    >宇宙開闢よりも前に物質は無く、エネルギーだけが存在した、と仮定しているが
    仮定していないw
    エネルギーも物質も空間も何もないのが無

    >重力や電磁力などのエネルギーは物質があってこそ存在できる。
    意味不明
    重力や電磁力は(普通)エネルギーじゃない力

    >量子論における揺らぎやトンネル効果は、宇宙が存在した後に発見された物理法則であり、宇宙より前の無の状況でも、同じような法則があったとは限らない。
    そりゃそうやわな
    当然そんな法則はない

    >無という究極の状態で量子論という物理法則を当てはめることなど出来るだろうか。
    当然できない
    無どころか、ビッグバン直後やブラックホールの特異点付近ですら当てはめることはできない
    その辺の法則がどうなっているかは未発見
      • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.5 10:11
      量子論はエネルギーの状態変化を見てるに過ぎませんからね、それがわかってない人が多すぎる。
      無の空間でエネルギーが揺らぐって説明をするとエネルギーが存在するみたいな勘違いをする人もいるし、エネルギーがそのまま力だと思ってる人もいるから。

      そもそも間違ってる
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.4 23:17
    フェイスブックは誰かイイねしたかはわからない仕組みだったような?
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.4 23:32
    人間がどう進化して来たか?
    というのを確認出来ないのと同じで(推測は出来るだろうけど)
    今我々が居る宇宙の最初がどうだったかを知る事は永遠に不可能
    既に過ぎ去ったからその時の記録がないとどうにもならない
    痕跡なんかは観測されている様だけど
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.5 0:52
    素人な俺からすればビッグバンなんて胡散臭い妄想にしか聞こえん
    無から有が生まれたって時点で意味不明過ぎだっつうの
      • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.5 10:14
      それは意味不明だろうね物理専攻してるけど超弦理論なんてプランク定数以下のことを話し合ってるから確かめようがない。
      ようは数式的にそうなるからそうなんだろうってのが今の理論物理学、そこが面白いんだけどね。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.5 6:53
    「無」というのが、人間が認識できない状態のことと考えれば何となくわかると思う。

    人間が認識できないレベルでも何らかの変化をしていて、その変化が積み重なって
    人間が認識できる状態「有」になる。

    低周波音は人間に聴こえないけど、何らかの変化で周波数が上がっていけば人間にも
    聴こえるようになるという感じで「無」と「有」は互いに連続していて境目がある、
    と認識している。

    「完全な無」というのは人間の生み出した概念であって恐らく存在しないし
    存在したこともないんじゃないかとも思う。
      • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.5 10:16
      それがプランクスケールですよ。
      無と有の境界だと考えられてます、プランクスケールより小さいものはあっても物理学ではわかりません。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.5 10:07
    どこから説明すりゃいいのかわからんほど荒れてるな
    物質がなくてもエネルギーはあるし無でもエネルギーの場は揺らいでる。
    揺らぐのに理由もないし根拠もない、ただ揺らぐんだよ。
      • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.6 20:35
      最後の一文はちょっと残念。ただ揺らぐのではなくて、理由がはっきりしないだけだと思う。
      宇宙の膨張とそれによって発生した密度差ができるだけ均一な状態になろうとして揺らぎが
      発生しているという推測がされていたと思う。
      証明するのは非常に難しいから推測だけだけど。
        • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2016.4.7 11:14
        違いますよ宇宙膨張時の揺らぎと宇宙形成前の揺らぎとでは話が違います
          • ※26 : ドクター・ノオ・ネーム
          • 2016.4.7 20:44
          いや、その2つを一緒にしたつもりはないけど。。
          どう違うのか説明してもらえれば助かります。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.5 18:43
    無が“ある”からこそ生じたのだ
    ってのを読んだけど
    納得したようなしないような感じだった
      • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.5 19:56
      無ってのがないと揺らぎようがないんだよ。
      宇宙を無→点→膨張ってのを考える揺らぎからエネルギーが放出されるってのが考えれるけど。
      有(点)→膨張ってのだとそもそもなぜ点のまま安定していたのか不自然だし不安定。

      無からの方が安定して無を保てる
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.5 20:55
    何事にも必ず始まりというものがある。そして始まりの始まり、それを考え続けると
    最初の始まりが何もない、つまり無という結論に辿り着く。されど無には何かを生み出す
    ものがない。無から有は生まれない。当たり前の認識である。しかし、いくら考えても
    どうやっても無に辿り着く。始まりが何もないというありえないことしか考えられない。
    何もない所から、何かが生まれたというありえないことにしか辿り着かない。
    本当に最高に面白いわ。これだけでありとあらゆる可能性を信じることができるからね。
      • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.6 12:28
      だからエネルギーが揺らいでる状態が無なの!!!
        • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2016.4.6 17:05
        ?無はエネルギーが揺らいでいる状態として存在しているということ?
        ちょっとあんまり深すぎる知識は分からんから、できるだけ分かりやすく説明
        してほしい。完全な無というものから全ては始まったわけではなく、無という名の
        エネルギーが揺らいでいる状態から始まったということ?ではそのエネルギーは
        何から出てきたのか、揺らいでいる状態は何によって成りえたのかと考えても
        おかしくない?
          • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
          • 2016.4.6 21:53
          ※14さんとは違いますが、わかる範囲で簡単に説明します。
          まず何事も限界というのがあることはわかっておいてください。
          ぶっちゃけると物理では、その観測の限界を下回った状態を
          無という感じで、一般的な無の概念(絶対無)と物理で扱う無は
          異なります。

          >?無はエネルギーが揺らいでいる状態として存在している
          厳密にはエネルギーではなくて「場」が揺らぐといわれています。
          この場は人間もうまく観測できていないけど、空間を構成する
          要素であり、空間そのものといえなくもないものです。
          エネルギーを意味的に包含していて電場や磁場(電磁場)などが
          あります。

          この場の揺らぎが通常は認識できないくらいの波(=無)だれど
          何かの拍子に粒子のような波のような素粒子(=有)として
          観測できるようになります。
          電磁場の波を電磁波、つまり光といいます。
          何故、分子が希薄な真空の宇宙空間を光や熱が伝わるかというと、
          (場≒)空間自体を伝わってくるからと考えられています。

          何故、場が常時揺らぐかは※17に書きましたので参照してください。
          (※17ガタガタになって読みにくくてごめんなさい)
          どこから揺らぎが始まったかはビッグバンからだろうということが
          わかると思います。
          それより前は観測どころか推測の限界を超えているようなものです。

          物理を学んだわけでもないSEなので間違っているかもしれません。
          鵜呑みにしないで確認していただけるとよいかと思います。
            • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
            • 2016.4.6 22:37
            あ、それならこれ私、場違いに近いですね。私はあくまで
            一般的な「無」で語っていて、さらに宇宙の始まりではなく、
            全ての始まりとして考えているので、そもそもここのコメント欄に
            書くコメントとしては相応しくなかったかもしれません。
            なんとなく理解できました、ありがとうございます。
            揺らぎはビッグバンから始まり、それより前のことは、
            物理の限界を超えた範囲外といった感じでよろしいでしょうか?
            (つまり本当の無から有が生まれるというものなど)
            • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
            • 2016.4.7 11:15
            エネルギーの場が揺らいでいますエネルギーの場という所が肝ですただの場ではありません
  1. >文字通り「無から有を生み出せる」のだな。
    なんかコメント欄見てると「無」ってなんなんだろ…って思っちゃいますね。おもしろい。
    ---------------
    >フェイスブックは誰かイイねしたかはわからない仕組みだったような?
    あーそうなんですか。個人情報入れてないから機能制限されてんのかと思ってました。
    ---------------
    >「無」というのが、人間が認識できない状態のことと考えれば
    >物質がなくてもエネルギーはあるし無でもエネルギーの場は揺らいでる
    >無からの方が安定して無を保てる

    「無」が「ある」ってのは、なんだか不思議な感じですよね。
    揺らいでいるということは、例の量子論のアレみたいなことでしょうか。
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.7 4:42
    大体そのエネルギーとやらはどこから来たんだ。と言うかエネルギーが宇宙の物質の根源なら俺らがいつも使ってるエネルギーって何?と言う疑問すらあるんだが。
      • ※24 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.7 11:17
      場の揺らぎのエネルギーと私たちが日頃使っているエネルギーとの意味合いにはギャップがありますよ
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.7 6:36
    ※19さん
    コメントうんぬんはそうでもないと思いますが、どちらかというと
    哲学に近い話だと思います。

    ビッグバン前のことも研究はされていますけど、基本的に物理では
    絶対無を扱っていないようです。

    理論構築と観測による立証が物理では重要ですが、絶対無はそれらに
    当てはめることができないというか、結局は絶対無という状態の
    存在を証明すること(=無いことの証明、悪魔の証明)に陥ってしまいます。

    絶対無は変化の可能性すら無いでしょうし、そうなるとその先は
    考えられないと思います。

    日本語では、物のことわりと書いて物理、無のことわりと書いて無理と
    表現しますので物理で扱うのは無理なのでしょう。
      • ※25 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.7 11:21
      物理では絶対の無を扱っていない
      これは違います無を扱っています、ただ物理の無とは定常的部分が無であるということであって局所的にエネルギーが揺らいでも構わないという所が肝です。
        • ※27 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2016.4.7 20:56
        すみません。それは物理学でいう無のことではないでしょうか。
        エネルギーが揺らぐのであれば、エネルギーがあるということになって
        絶対無ではないと認識しています。
          • ※28 : ドクター・ノオ・ネーム
          • 2016.4.8 19:05

          海は波がなくてもある程度揺らいでいますよね?それと同じです。
          エネルギーという場があるけどエネルギーがあるとは言ってないです。
          物理では今の所は局所的にすら揺らがないような場は存在しません。

          もしよければ物理で量子と振動を学んでみてください。
            • ※29 : ドクター・ノオ・ネーム
            • 2016.4.10 12:02
            >物理では今の所は局所的にすら揺らがないような場は存在しません。
            だから、それのことです。
            絶対無は揺らぎすら変化の可能性すらない
            一般的な概念の無のことです。
            それは物理では扱わないと言っているのですよ。

            その絶対的な無を物理で扱うというから話がこじれただけです。
    • ※30 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.12 0:21
    ※29
    残念ながらそれでも揺らぎは存在します
    なぜなら完璧な無は存在できないからです、それは無が最もエネルギー準位が小さい状態ではないからです、マイナスという0より小さい準位が存在するからです。必ず揺らぎます。
      • ※31 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.12 22:35
      別人ですが、その人が言ってることはそういうことではなく、そのマイナスとか
      そういうものは物理で扱うもので絶対的な無とはそういうものに囚われないもの。
      マイナスのある0ではなく、マイナスもプラスもない完全な0の無を言っているのだと
      思います。あなたが存在できないと言ってるものですね。それと物理学で言う存在している無を
      混同しているように見えたので、その人はそのように言ってるのだと思います。
      もっと完璧な無について言えば、そのマイナスを超えたあらゆる単位を含めた上での一番小さい状態のことです。
      存在しないものが完璧な無です。それを物理では扱っていないとその人は言っていると思います。
      • ※32 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.4.14 6:57
      物理で扱う無はそうなんでしょう。

      だけど、世間一般でいう何も存在しない無(=絶対無)は、
      揺らぎもエネルギーもまったく何も「絶対的に」何もないという
      概念でしかない状態で、まず現実には存在し得ない。

      何度も同じようなことをいいますが
      揺らいだら、「揺らぎ」が存在することになって
      絶対的に何もないということにならないでしょう。
      その時点で絶対的な無とはいえなくなるでしょ?

      人の頭の中で考えた現実には存在しないものに物理学を
      当てはめるというのは滑稽にしかみえないです。
        • ※33 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2016.4.14 21:41
        だから物理では扱わないって言ってるじゃないですか。
        あなたが言ってる物理での無と、世間一般で使われている無とは違うのですよ。
        エネルギーも揺らぎもそれは存在しているじゃないですか。
        絶対的な無というのは存在してないんですよ。それが絶対的無なんです。
        扱わない=当てはめられない、という意味で取ることもできるでしょう。
        あなたは物理で扱う無のみが本当の無と思ってるから、そんなことになってるの
        ですよ。完全にエネルギーも揺らぎも何も存在していないという状態が
        本当の無です。私からしたら、あなたの方が滑稽ですよ。
          • ※34 : ドクター・ノオ・ネーム
          • 2016.4.15 5:29
          話にならない。
          私は一貫して、
          物理で扱うのは、揺らぎがある「無」
          物理で扱わない世間一般でいう絶対的な完全な無=「絶対無」と
          表現している。
            • ※35 : ドクター・ノオ・ネーム
            • 2016.4.15 17:48
            あら?そうだったらすみません。
            私目線では絶対的無は物理で扱っていないということに対して、
            否定してるように見えました。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。