人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

ある日突然書けなくなることってある? @ [創作文芸板]


ある日突然書けなくなることってある? @ [創作文芸板]
1: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/14(火) 21:15:50
今困ってます
2: ニューロン ◆yrbHi5C6RQ 投稿日:2010/09/14(火) 21:22:51
今のところ無いw
あ、落選のショックで1ヶ月くらい書かなくなったことはある
3: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/14(火) 21:30:11
数枚書いて読み返すとどこかおかしくて、直してみるんだけど、どう直せばいいかわからなくて、どう書けばいいかもわからなくなって数枚すら書き進められない
ある時からこんな状態に陥った
9: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/15(水) 15:12:06
>>3
俺も書いてつい考えちゃう方だから、逆に何も考えずに書くのがいいのかもしれないな
まあそれが難しいんだけど
6: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/15(水) 02:31:20
なんか、ここ1ヶ月は書けなかった

理由はいろいろだけど、もっともな理由が「悪い部分は分かるのだが、どうすればいいのか分からなかった」みたいなとこだろうか

なんといえばいいのだろうか、感覚そのものがズレている、みたいな
おそらく、人に相談したり指摘されたとしても「言ってる事は頭で理解できるかもしれないが、感覚的にそれが掴めてないから対応させる事がムリ」みたいな


そうなると掴めるようになるまでぐるぐるするしかない
ここ何年かで一番しんどかった
久し振りに見えないものを追いかけた気がする
7: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/15(水) 07:41:56
いっぺん小さい賞の佳作に入って賞金もらっちゃってから、「他人が読んで面白いかどうか」にとらわれすぎてまるで書けなくなったw
ひと様に金払わすだけのもの考えてる気がまるでしねえ
8: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/15(水) 13:29:10
書くって感覚は、理屈や理論に裏打ちされて、ハウトゥー本で憶えこみ、反復練習によって身につけたっていう性格のものではないような気がする
なんというか、自転車に乗れる感覚みたいなもので、慣れてしまって見当識でできてるみたいな
もし、もしもある日突然自転車に乗れなくなってしまったら酷く狼狽すると思う
やり方を人に聞いても、ネットで調べて乗り方を熟知しても、関連する書籍を読んでみても、多分自転車に乗れるようにはならないだろう
転んでも擦りむいても、とにかく乗って自分で感覚を掴むのしかないかも知れない


最近の俺は、乗り方を忘れて擦り傷ばかりを作っている状態
書けない自分が、泣きたいくらいに歯がゆいです
11: ニューロン ◆yrbHi5C6RQ 投稿日:2010/09/15(水) 20:42:01
>>8
いっそ、大怪我すればいいww

変化の前なんじゃないの?
卵の殻から出る前はヒヨコは苦しいんじゃないのか
12: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/16(木) 13:01:29
>>8
むしろ、いままでのママチャリの乗り方では競輪用の自転車に乗れないことに気付いて狼狽中、というところではないだろうか。
13: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/16(木) 16:45:14
>>11 良いね。>>12 も茶化しっぽいけど分かる気がする。
全然関係ないけど自分の場合。
表現のテンポ、文のリズム、雰囲気や描写内容。
そいつらが急に気に入らなくなって、筆が止まることがある。

書く事にそれほど苦労は無いけど、中身が気に入らなくて悶絶するんだなw
そうなるともう何も書きたくなくなるw
14: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/16(木) 20:52:24
>>13
いま、まさにその状態。
主要キャラの一人の性格設定が気に入らなくなって、でも、それを変えるとほとんど全部書き直しになるので決心がつかず、そこで筆が止まって久しい。
15: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/17(金) 21:45:33
落選作をリライトして、別の賞に出してるうちに新しいの、書けなくなった。
もう半年、新作書いてない。
これまでで最大のスランプ。
……出口が見えない。
16: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/18(土) 00:27:08
>>15
少年サンデーを買って来て全作品をノベライズしてみろ
それで新たな発見が無ければあきらめろ
普通はかなりの勉強になる
17: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/18(土) 02:35:55
>>16
>>15じゃないけどそれやってみるわ
答えが見えない、救いがない。なんか指針とかアドバイスとかなんでもいいから欲しい、そんな状態


一つだけ質問なんだが、なんでサンデーなんだ? ジャンプやマガジンじゃだめなのか?
今のサンデー何やってるか知らない
18: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/18(土) 12:18:55
>>17
俺も気になった。映画やドラマじゃだめか?
有名小説主人公の別視点・別人物での構築は?想像膨らむぞ。
23: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/19(日) 20:50:02
>>18
映像作品は画面が勝手に進むから向いてない。
その点ノベライズに関しては自分のペースで場面が進む漫画が一番向いてる。
あと好きな作品とやり方によってはかなり楽しい事になるよ。
19: 15 投稿日:2010/09/19(日) 10:40:58
>>16
それ、いい。
方法論、具体的で分かりやすい。
さっそくやってみるよ。

本当にありがとうな。
みんなに順風が吹きますように。
24: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/20(月) 20:21:00
自信がなくなった。
自分の文章は特に求められているものでなくて、そこいらのツイッターの呟きのようなものだと感じるようになってしまった
28: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/28(火) 02:54:07
すごく当たり前な言葉みたいだけど、小説って文章なんだな。
だけど書こうとするときに、どうしても内容から書こうとしてしまう。

内容を考えて組み立てて、それを文章にしようとしてしまう。

だけど小説ってのは文章なんだよ。どんな内容を書きたいかという衝動と、どんな文章を書きたいかという衝動はまた別のものだ。
こんな内容を書きたい、という衝動だけでは小説は書けない。むしろ内容なんていらない。こんな文章を書きたいという衝動だけで小説は書けてしまう。

なんとなく、それを思い知ったよ。
29: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/28(火) 03:14:26
うん、まあ、それはそうかもしれない。
以前は文体だけで内容は二の次と言う時代があったらしいほど。
実際、現在でも文体・作風での好き嫌いは無視できない。
31: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/09/29(水) 01:49:46
書けなくなったらお気に入りの小説を読むこと。
36: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/03(日) 14:02:44
>>31 を読んでふと思ったが、何かあった時に、つい手に取ってしまうようなお気に入りの小説って持ってる?
こういうの俺は無いんだよなぁ。極端な話、好きな言葉やらポリシーやら、拠り所がなーんもない。
以前は、気分を変えるためにCDを幾つかチョイスしていたが、今はそれすらない。


無用になったか、枯れたのか、強くなったかよー分からんがw
37: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/03(日) 15:00:35
伊達政宗 (1) 朝明けの巻 (山岡荘八歴史文庫 51) 銀河英雄伝説 1 黎明編 (創元SF文庫)
>>36
山岡壮八と銀河英雄伝説
38: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/03(日) 21:40:23
文鳥・夢十夜 (新潮文庫) 漱石『夢十夜』第一夜
39: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/04(月) 00:08:07
山岡壮八と銀河英雄伝説
どっちも読んだ事ないが、イメージ的に凄い組み合わせだ。アップとダウン?

>>38
「百年はもう来ていたんだな」
苦楽共にたおやかに穏やかに。無心に過ぎるもいいもんだ。

自分もひとつ見つけてみるか。とんくす!
40: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/04(月) 01:07:31
>>39
歴史小説を書くための参考。
歴史上の人物を描いた山岡荘八も、架空の歴史を綴った銀河英雄伝説も、実際には見たことない歴史を人の営みとして読ませるという点で共通してる感じかな。
心情的アップダウンじゃなくて、こういう描き方で読む人に通じるかなとか迷った時にときどき取り出して読みなおしてる。
34: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/01(金) 08:13:54
三分でいいから、とにかく書くこと。
数時間書こう、数十枚書こう、などとは決して思ってはならない。
42: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/06(水) 23:36:30
毎日、一行でもいいから書きなさい。
43: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/09(土) 01:12:27
昨日の俺が今日の俺ではないように、昨日の小説は今日の俺の小説ではない。
一日一日完結した短編を書くならまだしも、毎日違う気分どころか別人になってしまう俺に、一貫した長編を書くことなど可能なのだろうか?


書けなくなっても書きたくて書きたくて、「あっ! これだっ!」と言うものを見つけて書き進めてみるが、それもうまくいかず長く続かずまた書けなくて悶々とする日々。
それでも諦めず書こう書こうとしているとまた「あっ! これだっ!」がやってくる
そんな繰り返しで1年が過ぎてしまった

才能がないのかな
才能がある奴は、もっとスラスラ苦しまず楽しみながら書けてるのかな
46: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/09(土) 01:40:33
>>43
一貫性については、これだ!という流れをつかんで乗っかること。
その流れをひたすら信じて、乗っかったからには最後までやる。
うまくいけばストーリーや登場人物が書き手を引っ張ってくれる。


名前は忘れたけど、作品ごとにテーマ曲を決めるって作家もいる。
イメージやテンポがぴったりの曲を見つけておいて書く前に聴く。
うまくいけば流れに乗るための手助けになるかもしれない。

もうちょい書きたいってところで意図してストップするのもいい。
それがそのままモチベーションにつながる。
続きを書くまでの時間を使ってイメージを膨らませておく。
やっぱり最後まで自分の感覚を信じるしかない。頑張れ。
62: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/01/16(日) 21:47:25
音楽危機ながら書くのって難しいな
考えがまとまんない
44: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/09(土) 01:14:29
スラスラ苦しまず楽しみながら書ける方法がある。
門外不出で教えられないが、才能は関係ない。
45: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/09(土) 01:25:18
門の中に入れてくれ
弟子にしてくれ
47: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/09(土) 02:07:25
>>45
よし。では君の必死さに、少しだけ報いてやろう。
だが、これは非常に危険なワザだ。危険ゆえに門外不出なんだ。絶対に他言はしないでくれよ。
いいか、くれぐれもここだけの話にとどめておいてくれ。


まず君はハイパーグラフィアという言葉を知っているか?
日本語でいうと「書きたがる脳」だ。
書かずにはいられない。書いて書いて書きまくる、書けない連中にとっては夢のような状態だ。
だがこれは一種の病気でもあるんだ。


反対に、書けなくなる状態というのは世界中の作家やライターの悩みの種だった。
それを、ライターズ・ブロック、と呼ぶ。
このスレに来る者たちはきっとライターズ・ブロックを経験したためにここに来たのだろうが、この手の研究はもう十数年以上も前から研究されている。

そしてとうとう副作用なしに、パイパーグラフィアを意図的に起こすワザを一部のエリートたちは手に入れた。
その方法というのは;j;あjf;あjが“gjf;あ’;あjふがぐわわ;jl;;j;あふぁ
48: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/09(土) 02:16:37
すまん。どうやら組織にバレてしまったようだ。俺の命も危ない。

最後にヒントだけを与えておこう。
いいか、君が毎日毎日2ちゃんねるに書き込むのもパイパーグラフィアゆえだ。
パイパーグラフィアは特別な才能がなくても引き起こせる。
あとは自分の力でなんとかしてくれたまえ。
では、アデュ。
52: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/16(土) 14:14:04
自信なくなってきた
どうしたらいい?
53: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/24(日) 22:41:26
自信がないからなんなの?
バカなの? 死ぬの?
54: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/10/24(日) 22:47:15
生まれつきの物書きってずっと書いているもんだから、自信とか関係なく周りが放っておかない
才能がないならやめろ
59: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2010/11/21(日) 10:48:25
セル第2形態ちくしょおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!!!
完全体にさえなればああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!
61: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/01/15(土) 03:35:26
清少納言コーヒーを飲めば何とか書ける。むしろ、コーヒーを飲まないと何も書けない。実は文章を綴っているのは私でなく、コーヒーのほうかもしれない。

(清少納言)

管理人より:「枕草子」の中の一節を改変したものと思いますが、どれかよくわからんす。
68: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/02/08(火) 18:37:11
ずっと書けなかったけどやっと復活できた
つらかった
69: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/02/08(火) 19:59:27
>>68
おめ!
79: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/04/17(日) 19:12:25.76
あと少しなのに、一番書きたかった部分なのに、そこに入った途端かけなくなったorz
81: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/04/18(月) 15:58:32.75
>>79
理想に見合った実力が自分に無いってわかってるから書けないんだ
精進しなさい
91: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/05/19(木) 23:50:42.99
>>79だけど、書き終わって出してきた!
余震があまりこなくなったら書けるようになったよ、みんなありがとう
80: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/04/17(日) 21:20:31.17
一年ろくに書けなくなったことがあったけど、興味ある学問独学で学んで、書きたいことがでてきたら立ち直れたよ
82: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/04/18(月) 17:31:18.55
全然違うジャンルの本を読むといいよ。
いつも文芸ばかりなら評論とか。
70: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/02/17(木) 05:19:56
マルクス・トゥッリウス・キケロ「人間の一生を左右するのは運であり、知識にあらず」

by キケロ

メナンドロス「我々はただ運の発行する手形の権利譲渡にすぎぬ」

by メナンドロス

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン「創造主は己が創造物を偶然の手に任せる。そのためしばしば素晴らしい花が吹き散らされる」

by ベートーヴェン

イリヤ・エレンブルグ「人間の運命はすべて、チェスというよりも、むしろ宝くじであろう」

by エレンブルグ

ナポレオン・ボナパルト「良い作戦でも偶然によって失敗し、悪い作戦でも偶然によって成功する」

by ナポレオン

ミシェル・ド・モンテーニュ「高位や官職は、その人の真価よりも、運によって与えられる」

by モンテーニュ

ウォーレン・バフェット「もしも市場が常に合理的だったら、私は今頃、街角で物乞いをしていたでしょう」

by ウォーレン・バフェット

マリリン・モンロー「私より美人はたくさんいたわ。勝負はラッキーで決まったんだと思うわ」

by マリリン・モンロー

利根川進「結局は運とセンス。偶然の重なり合いであって、必然性というものはない」

by 利根川進

松下幸之助「成功は運のおかげである」

by 松下幸之助

「勝負は時の運」

by 日本のことわざ

87: 名無し物書き@推敲中? 投稿日:2011/05/09(月) 02:43:42.56
書くのは簡単だよ。
直しが地獄になるだけで。

創作板のこういう「書けない」系のスレっていうのは、もう読んでるだけで実にツライ…。

クリエイティブな仕事に携わるひとは、多かれ少なかれこういう「産みの苦しみ」を味わうわけですが、管理人個人は作家のそれが一番苦しいのではないかと思います。
文章というのは書くだけなら誰にでも書けるわけで、その中でぐんと抜きん出てるための苦労は、並大抵のことではないのではないでしょうか。
作り手と受け手が、読書という行為を通じて、それなりに長い時間向き合うわけで、途中で飽きさせないための工夫も必要でしょう。
プロの専業作家でも、やはりアイデアの捻出には七転八倒の苦しみがあるのが普通なんでしょうからねぇ。

この創作板はそういった作家の卵が集う板ですから、苦しみも他人事ではないんですね。
どのスレでもお互い励まし合ったり、アドバイスを与えたりもらったり…といった感じでヌクモリティがあります。ほとんどのひとが仕事もしながら、余暇を見つけて執筆をやっているわけで、そりゃ大変そうなんですね。
しかし大きな夢を目の前にしての突然のスランプ。さぞやツライことと思います。

なんとかスランプを抜けだして、文学の神様のご加護がありますように…と祈ることしかできません。

ところで、昨日熊本でマグニチュード6.4という大型地震があったそうで、福岡もけっこう揺れましたね。震度3くらいですけどね。
九州なんてめったなことで地震こないから、地震保険に入ってるひとは少数派。被害が心配…。
熊本にお住まいのドクターがいらっしゃるかわかりませんが、どうかご無事であることをお祈りしております。
僕は小説が書けない
僕は小説が書けない
posted with amazlet at 16.04.14
中村 航 中田 永一
KADOKAWA/角川書店
売り上げランキング: 155,109



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.15 23:37
    才能型の人はなぜできるか解らないけど出来たりいきなり理解出来たりする
    反面才能が無くなるとどうすればいいか解らなくなる
    訓練をして積み上げた物じゃないと失われた時取り返したり回復出来なかったりする
    そもそも能力を得た方法が解らないから
    このスレの内容はそこまでの状態では無いようだけど
    ただ文章を書くのではなく
    世界を頭の中に作り出しその中に人格を持ったキャラクターを配置して活動させてそれを書き上げる
    ただ小手先で文章を書いてもあまり良い作品は出来上がらない
    ただし小手先でも有る程度というかある種の人達にはガンガン売れることは有る
    ライトノベルとかがそれになるだろうか
    直しをしてなんだか解らなくなったみたいな話は
    プログラムを書いて関数がうまく動作しない時は一度全部捨てて書き直したほうが良い事が多いから
    いっそその部分を全部白紙にして書き直したほうがいいかもしれない
    直すって意外?に難しいんだよな
    後書くときは一気に書いた方が良い
    中断すると同じ流れを作るのが大変且つ難しかったりする
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.16 18:08
    金持ちで時間がある人間が暇潰しに知識をひけらかすために書くのが文芸というイメージ。だから世の中で評価されて顔を出している人間というのはどこか恥ずかしいし、違和感がある。しかし一般常識の問題で出題されるし、人によっては好きという物好きな人もいるし話を合わせるために一応チェックはする。が本当に面白いと思っている人間はほとんどいないと思う。
    面白いか面白くないかというよりまず無関心なのが現状なのに本を薦める人間というのは支持不支持という二択で話を進めるが、それはビジネスマンだから仕方ないわけだ。要はノルマなのだし、不幸の手紙と同じ原理なのだ。エホバとそんなに変わらないというと社会的な問題に成りかねないが実際は同じなのだ。そうわりきって
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.16 18:10
    読むものだろう。
    今の時代、娯楽ではなく課題か伝統にカテゴライズされるだろう。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.17 1:57
    読むことが食べることに例えられるように、書くことは料理をすることに似てるよね

    例えば、そこそこ美味しいものを目分量で作る人は、コンスタントに一定以上の味を出すとなると、やっぱり苦労するし

    自分の味が気に入らなくなったら、色んなものを足したり引いたり、試行錯誤することになるんだろうけど、そこにはやっぱり漠然とはしていても、新しい味が舌の上にあるんだと思う

    書けなくなるっていうのは、その新しい味が舌の上にない状態なのかも
  1. >直すって意外?に難しいんだよな
    あちらを立てればこちらが立たず、みたいになるかもしんないですね。
    もっとも管理人は自分で書いたプログラムを全部書き直した、という経験はないです。(他人のならある)
    -----------------------
    >暇潰しに知識をひけらかすために書くのが文芸というイメージ
    こりゃまたずいぶん偏ったご意見ですねぇ~
    読書が好きな人間はそれに理由なんて特にないですよ。「好きだから読む」「読みたいから読む」それだけです。
    -----------------------
    >書けなくなるっていうのは、その新しい味が舌の上にない状態
    料理と似てる…っていうのは、なんかそんな感じしますね。
    管理人は料理下手だから、文章もダメなのか…
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.18 0:30
    自分は漫画を描いていてWEB等で発表してるんですが、

    自分の創作の出発点、動力源は、
    絵を描くことやキャラを動かすこと、もちろん好きなんですが、
    読者をどう喜ばせてやろうかって考えるのが一番大好きなんですよね。
    読者の顔が上手いこと想像出来た時、エネルギー全開で乗れます。

    書けなくなるっていうのは、
    目の前の現実に囚われがちになってたり、作った物の反応を貰えなかったりして、
    読者の顔が想像出来ない時です。
    そういう時にエンジンがかからなくなってしまいます。
    創作はエンターテナー気質な人が向いてるのかなあってふと思います。

    浅学なのであまり難しいこと言えませんでごめんなさいww
    あと、管理さんの文章好きですよ~こんなバカにもとても分かりやすい解説が度々(´・ω・)
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.4.18 23:50
    八年専業でやってますが、何かを体得したらスラスラ書けるとかそんなうまい話は無いです。(もちろんごく一部の例外は居ますが)
    わたしより10年近く先輩の人でも書くのはしんどくて当たり前です。だから仕事になるんです。
    ではどうするか?
    書くにはどうしたら、とか考えずに悩もうが出来が悪かろうが書くんです。日産の量が安定しない作家とか仕事として成り立つわけないですからね。
    あと全部書き終えてから修正したほうが完成が早くなるので、結果的に一つの作品に多くの時間を掛けられます。
    個人的には最後まで書きあげて修正まで上げて完成稿になったものだけが自分の蓄積になると思います。
    これはダメだと思っても完成させましょうよ。直してるうちに気に入るかもしれませんよ。
    皆さんも一緒に頑張りましょう。
  2. >読者の顔が上手いこと想像出来た時、エネルギー全開で
    おー!WEBマンガの作者さんですか!ゼヒ読んでみたいものです。
    読者の反応というのは、いかなるときにもエネルギー源になりますよね。

    >あと、管理さんの文章好きですよ~
    あら、それはどうもありがとうございます。あんまりたいしたこと書いてませんけどネェ~
    ------------------
    >何かを体得したらスラスラ書けるとかそんなうまい話は無いです。
    おー!!今度は専業の作家さんですか!当サイトの読者層はいったいどーなってるの…、すごい。
    まぁやっぱりそうですよね。最後まで描き上げるってのは、わりとよく言われることでしょうか。
    管理人は自分で書いた長大な小説の直し…ってのが、もう難しすぎてどうやって修正するのかさっぱりわからないです。何度も何度も読めるものでしょうか…。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*