人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

お湯の方が水より早く凍る「ムペンバ効果」どこまで本当なのか @ [物理学板]


お湯の方が水より早く凍る「ムペンバ効果」どこまで本当なのか @ [物理学板]
1: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/01(金) 23:50:24 ID:O7CGVRDp
管理人より:事の発端は上記記事によれば、NHKの番組「ためしてガッテン」内の「水よりもお湯の方が早く氷になる」実験。これに対して大槻教授および日本雪氷学会などはこれに「熱力学の基本法則からありえない」と反論する、という図式だそうです。ネットでも「実験しても水の方が早く凍る!」と当時話題になったやつ。さて真実やいかに?
ムペンバ効果」というのは、63年タンザニアの中学生であったエラスト・B・ムペンバによって発見されたと言われる、
特定の状況下では高温の水の方が低温の水よりも短時間で凍ることがあるという物理学上の主張。必ず短時間で凍るわけではないとされる。
しかし、古代のアリストテレスやフランシス・ベーコンなども同様のことを述べているそうです。現在までに効果の有効性、因果関係、またはお湯の方が早く凍る条件は解明されていないようですね。物理板住人がその謎に挑む!
2: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/01(金) 23:59:13 ID:3O3VNEqf
なぜ、60℃のお湯の方が先に凍るのでしょうか。
もっとも大きな理由は、対流です。
水は温度によって密度(同じ量の水で比べた重さ)が異なります。
水面で、冷やされた水は密度が大きくなって、下の方に下がり、密度の小さい下の方の水が上に上がってきます。
この現象を対流といいます。

コップ内の上下の温度差が大きい方ほど激しく対流するため、60℃のお湯を入れたコップの方が早く全体が冷えていきます。
東京大学客員教授 滝川洋二
水のおもしろ実験「お湯が先に凍る?」|「安全でおいしい水プロジェクト」オフィシャルサイト
3: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/02(土) 00:02:29
60℃のお湯を入れたコップの方が早く全体が冷えていきます。
これイコールお湯が早く凍るって事になるの?
単にお湯は冷めやすいよって言ってるだけじゃないの?
4: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/02(土) 00:08:31
実験の詳細がわからないんだが、水はどのくらいの時間で凍るの?
あと、0度になってからどのくらいの時間差があるのかをはっきりさせてほしいな。
>水面で、冷やされた水は密度が大きくなって、下の方に下がり、密度の小さい下の方の水が上に上がってきます。
4℃以下になったところで関係が逆転するからだめですね。
管理人より:水は4度になると密度が最大になり、それより冷やしても対流は起きない、とのこと。
だから、気温が氷点下になって海や湖の表面が凍っても、下の方へいくと水のままです。温度もちょっとだけ高い。
参考:寒い日が続きます
5: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/02(土) 00:19:01 ID:iAlBS8gv
>雪氷学会会員の皆さま
>
「水よりお湯早く凍る」論争沸騰 日本雪氷学会で本格議論へ
>北大名誉教授の前野です。重複して受信の方はご容赦ください。
>
>Mpemba Effectとは、お湯と水をそれぞれ同じ容器にいれて低温のもと
>に放置したときお湯の方が早く凍ることがある、という現象です。
ムペンバ効果,追記
これはあってもOKだろ。大槻も否定してない。

7月 第5回 【ムペンバ効果、再び】
>『実験したら、NHKの言うとおりだった。』というレポートもあるのは
>あるのですが、これは、偶然上の要因があったと考えられます。


しかし、
「水よりお湯の方が早く凍る!」 「ためしてガッテン」実験は本当か
>事前の予備実験を10回以上も行って、お湯が先に凍ることを何度も確か
>めています。
とか、
>「お湯は熱いほど早く凍ります」
>「なんと温度が高いほど早く凍るのです。」
ためしてガッテン:過去の放送:今年も猛暑!お宅の「氷」激ウマ大革命
というNHKの説明は偶然の要因では説明できない。

結局、
7月 第5回 【ムペンバ効果、再び】
>『冷蔵庫で氷を早く作りたいなら、一旦、お湯にしてから冷やせ!』
>とは、迷信です。
が正解だろう。
8: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/02(土) 00:35:01 ID:iAlBS8gv
学会では「水のほうが湯より後に凍ることもある」ことをムペンガ効果とよぶ。
>Mpemba Effectとは、お湯と水をそれぞれ同じ容器にいれて低温のもと
>に放置したときお湯の方が早く凍ることがある、という現象です。
ムペンバ効果,追記

しかしNHKは「絶対に水のほうが湯より後に凍る」さらに「熱いほど早く凍る」ことをムペンガ効果として紹介した。
>「お湯は熱いほど早く凍ります」
>「なんと温度が高いほど早く凍るのです。」
ソース ためしてガッテン:過去の放送:今年も猛暑!お宅の「氷」激ウマ大革命
これが混乱のもと。
13: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/02(土) 01:40:17 ID:395/5VfO
結晶作る時に、急冷すると種ができる。
それじゃないのか?
綺麗な結晶成長には徐冷だが。
30: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 07:21:26 ID:eJAxQkl6
これがウソだったら、確かにNHK受信料払いたくないなあ。
33: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 08:38:14 ID:T9vS1tUS
大槻教授って、いたずら好きのグループがロープと棒だけで簡単に作ってしまったミステリーサークルもプラズマだとか、むちゃくちゃなことを言ってたり、似非科学にかなり近い人だよ。

お湯が早く凍るのも一概に否定するのは間違いだと思うよ。
とりあえずちゃんとした実験がないとなんとも言えない。

実際に寒冷地ではぬれた熱いタオルのほうが冷たいタオルより早く凍る。
道路に水をまくよりお湯をまいたほうが早く凍るのはふつうに寒い地域の人たちは知ってる。


これにはいくつか原因があると思うが、まずは気化熱がお湯のほうが高速に奪われやすいという原因がある。

また、コップの水が早く凍るのは別な原因が大きい。
まず、一番大きいのは水の対流。
温度差が大きいほど対流がうまく働き結果として熱をうばう速度が速い。
また、水の分子の並び方は低温だと凝縮、お湯になると膨張するから同じ体積だとお湯のほうが軽い。
つまりもともと分子の密度が低く冷やす重量が少ない。そのための熱の伝導率も変わるだろう。

さらに沸騰させるときに酸素をはじめ溶け込んでいる気体が蒸発してしまう。
さらに小さい冷凍庫の場合はお湯をいれたほうがサーモスタットが庫内の温度を一定に保とうとして冷凍の出力を上げる。
さらに、お湯をいれると、最初の時点でコップについた水がいったん溶けてそれが再度凍るから、コップの底が冷凍庫の底に密着する。極端にいうと接触面積が2倍以上になる場合もある。

個人的には、過去の実験でそういうのが頻繁に起こるのはこういった原因だと思う。

対流>分子の密度=重量>気化熱>コップの底からの伝導率のアップ、サーモスタットの影響> 沸騰での気体の蒸発

推理でしかないからまずは実験待ちなわけだが。
36: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 08:51:32 ID:T9vS1tUS
33の自己レスだが、
対流>分子の密度=重量>気化熱>コップの底からの伝導率のアップ、サーモスタットの影響>沸騰での気体の蒸発
これは条件によって違うかな。
たとえば北極でタオルを振り回すと水につけたタオルより熱いタオルのほうが早く凍るのは、湿度ゼロ、振り回すから風速が大きく気化熱に比率が一番大きいだろう。


ただ冷凍庫では、お湯のコップについた水がいったん溶けて、再度凍り冷凍庫の表面と完全密着って一番多そう。
そういう影響を受けないようにしたら、やはりスカスカのお湯の分子の密度と、水の凝縮した状態の分子の差が一番大きいだろうな。ひょっとしたらこれだけでも説明がつくかもしれない。
39: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 09:58:22
水っていうのは液体中でクラスター作ってたりするから、水以外の液体、できれば無極性分子の液体で同じことが起きるかどうか確認してほしいな。
手軽にできる0度前後で固化するやつがいいけど何かあるかな。
管理人より:物質科学における「クラスター」とは、原子や分子が相互作用によってくっついている状態。水の中に密度の偏りができる、ってことのようです。
40: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 10:19:07
いままでクラスターとか分子の並び、密度とか気化熱とかの組み合わせだと思ってただ、超単純に考えると、こういうのもあっても不思議ではないな。

お湯の場合
1 熱いお湯は上、冷たい水は底に行く。
2 表面はずっと暖かいから気化熱がずうっと奪われ続ける。
3 気化熱は外気温と差があればあるほど奪われるから当然水よりお湯のほうが早い
4 冷たい水は底にたまり、底から凍りそれが底付近の周囲に広がり、対流する水を効率的に冷やす。
5 お湯がゆっくり凍った氷は気泡が少なく冷凍庫の温度を伝えやすい。


水の場合
冬の水溜りの氷の張り方はだれでも見たことあるよね。それを見るとふつうに気づくんだが。

1 一番上の表面にごく薄い氷が張る。
2 つまり気化熱は遮断される。
3 冷蔵庫の氷を見てわかるとおり氷の中には気泡がいっぱい。つまり保温効果。
(冷たい水を急激に冷やすと気泡がでて氷が真っ白になる。)
4 もともと対流がおこりづらいから、じわじわと凍る。


つまりお湯は底から氷、冷たい水は上の表面から凍る。この違いわりとあるかもしれない。
41: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 10:38:14
>>40
>1 熱いお湯は上、冷たい水は底に行く。
だから水が凍るような温度になれば密度の大小は逆転して、暖かいほうが下に行くんだってばよ。まあ、4度以下だが。
77: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 01:54:15
>>40 に賛成。
これでほぼ説明できると思う。


その場合、揺らしたりかき混ぜたりしないとか、断熱性の高い容器を使うとか、空気との接触面積を広くとるとか、そういう点に気をつければ再現性が高くなりそうだ。

>>41 の指摘ももっともだが、一旦総熱量で逆転してしまえば、あとは同じように冷えても、最終的には元湯の方が先に凍結すると考えられるから、全体的に見ると致命的ではないと思う。
83: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 14:28:08
>>40の考えでは境界面が水の場合、氷である場合に較べて気化熱の関係で、熱移流率が高いというもの
しかしこれは、同一境界面の比較であり、例えば底面のように容器を通して、直接冷凍装置に触れているようなものと簡単に比較することは出来ないと思う。
0度の空気と0度の金属どっちが冷たく感じるか?


決定的なのは>>40も指摘してる気泡だね。
初期状態の水の気泡の平均密度や大きさ、加熱の仕方によっては、水の中の気泡を大きめに揃えることが出来るのかも知れない。
凍りだした場合、気泡の大きさで熱伝導率が変わってくる。
空気の熱量ベースの熱伝導率は非常に低いことに注意
気泡の大きさや密度によっては、そういった効果が起こる可能性もあると思う。

アイスクリームとかも、もしかしたらこの原理を使ってるのかもね。
84: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 15:26:06
>>40
熱いお湯、冷たい水って言うけどさ、テレビに映した場合が37.2度と66.5度だろ。そんなに違うか?
それに、番組を信じるなら、20度以上はかかる時間が単調減少だよな。
>>40じゃ説明しきれないだろ。
42: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 10:54:44 ID:Xigxz0GN
絶対ありえないよ。
60℃のお湯を二つ用意して、ひとつをまず冷凍庫にいれる。
それが20℃にまで下がった時点で、60℃のお湯を冷凍庫に入れる。

すると、後に入れたほうが先に凍るのか。
そんなことがあるのか。馬鹿馬鹿しい。
後に入れたほうが先に凍るなどという、パラドックスが起こるのか。この世界で。馬鹿かよ。
43: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 11:25:59 ID:Zpl6G9D3
>>42
大槻氏も同じような事考えて「とんでも」扱いした訳だが、問題は60℃が冷えて20℃になった状況での20℃の水と部屋の中で20℃になっている水が同じ状態にある必然性は無いってことだね。
クラスター云々は戯言としても気体の溶け込み具合は確かに違うだろうし、容器内の水の温度分布だって違うだろう。
また60℃の水は冷えてく過程で対流起こしてるわけで、20℃(仮に室温も20℃だとする)水を冷蔵庫に入れた時点では水の対流は0だし。

まあ、これだけの要因で60℃->氷、と20℃->氷で前者の方が速い、とは思えないが、少なくとも60℃が20℃になったその時点から、氷になるまでと、はなから20℃の水を氷にする場合なら、前者の方が速い可能性は十分にあるね。
52: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 16:36:07
>>43
>前者の方が速い可能性は十分にある
10回以上やっても再現されるほど十分か?
くっくっく。
44: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 11:36:50
湯にしたら、水(水道水)に含まれる二酸化炭素とか塩素が抜けたりしますよね?
そいういう影響もありますかね?
47: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 12:52:09 ID:OeKslGbY
お前らの誰一人として自分ちの冷蔵庫で試していない。
賭けてもいいな。
76: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 01:31:18 ID:oYQiOgra
>>47
いい事言うねえ
54: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 17:13:02
> お前らの誰一人として自分ちの冷蔵庫で試していない。
家庭用冷蔵庫でやると破損の危険があります。
冷蔵庫の取説には書いてあるが、賭けても良いけどおまいは読んだことが無いw
55: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 17:22:45
なんで冷蔵庫メーカーは、取説に「速く凍らせたいときはお湯を入れてください」ってかかないの
56: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 17:23:30
>>55
はやくならないから
57: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 17:31:14
>>55
こわれるから
58: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 17:40:02
>>57
なんでこわれる設計にしてるの
59: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 17:44:59
>>58
ふつうはお湯は水より早くこおらないから
62: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 20:49:13 ID:4aHEFFdn
有意に速い と 10回やっても同じ結果が得られる
は天地の差がある。
64: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 23:15:46
いまごろ動画見た。
それによると毎年のように論文が出てるそうじゃないか。
現象そのものが存在することは疑問の余地がないんじゃないか?
66: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 23:21:11
>>64
おいおいなんだその論法は
69: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 23:36:40
>>66
見たところ普通の学術誌みたいだったから査読通ってるんだろ。
根も葉もない話なら査読とおらんだろ。
75: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 00:22:27
>>69
そういう問題じゃねえええええ
71: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 23:45:59
>>66
大槻の論法よりはマシ
67: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 23:31:56
要するに

大槻・科学会 vs NHK・茂木・江原・韮澤
http://jp.youtube.com/watch?v=BcU_ZWoqUms(動画は削除されています)
ってことだろ。
72: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 23:48:20
>>67
動画の番組で紹介されてるように、ムペンバ効果も
「デタラメじゃないんだけど、正確でもない」
でOK?
73: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 23:51:18
>>72
うん。
ムペンバ効果も
「ちょっとあたってる場合もある」(by韮澤)
92: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 18:19:17
他スレは荒れてるんだな・・・ここはsage進行でマタリ行きたいもんだ。

質問スレ軽油でPhys-Faqというところにたどり着いたけど、あの説明だと、冷却速度だけで話を済まそうとしてるみたいね。
でも、実際の放送された動画では、両方とも薄い氷で空気との界面が蓋された状態で、明らかに結晶の成長速度(固液界面の移動速度)に違いが見られるから、それだけじゃ説明は無理だよなぁ。

やっぱり、次の点について資料がほしい。

1。温度分布の時間変化。
2。水以外の液体で同じことが起こるかどうか。
93: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 18:24:33 ID:gmxI23mP
>>92
> やっぱり、次の点について資料がほしい。
そんなの無さそうですね。
自分で実験して情報を集めるしかなさそうだ。

店でアイスクリームを販売しているあの冷蔵庫欲しい。
上面のガラスから中を観察できる。
95: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 18:32:32
SCI.PHYSICSで繰り返し現われる質問とその回答
お湯は冷水より早く凍る!

<<中略>>

ある実験では100℃から冷却したとき0℃において質量は、16%減少しており、冷凍中にはさらに12%減少し合計26%の質量が失われました。
これは普通のムベンバの実験じゃないだろ・・・・
管理人より:ここから大槻教授叩きで盛り上がるのですが、本題と直接関係ないのでごそっとカット。
152: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 21:23:01
大槻がアホなのは分かったから批判はもういいよ

それよりムペンバ効果を考察しようぜ
とりあえず俺がした実験では水の方が先に凍ったけどw
153: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 21:24:15
>>152
まあそうだろうな
155: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/04(月) 22:39:01
検証なしにOKもクソもないだろ
どういう実験をすれば検証できるか考えろよ
169: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/12(火) 18:32:16
急速冷凍しているな・・・このスレ
171: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/16(土) 11:45:45 ID:t8+sBVH7
>>1
「水よりお湯早く凍る」論争沸騰 日本雪氷学会で本格議論へ
>> J-CASTニュースが2008年7月26日付記事で取り上げたNHK「ためしてガッテン」の実験は、その後も真偽を巡ってネット上の議論が沸騰。
記事も、同ニュースサイトのアクセス・コメント両ランキングで、現在もベスト10の上位に入る人気になっている。

>>コメントを読むと、自ら実験したとの報告がいくつかある。
いずれもNHKの実験結果とは異なるものだ。
NHKは生活の知恵として推奨したが再現性は薄いようだ。
学術論争は残るにしても、NHKの完敗。
175: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/11/22(土) 17:00:53
水をかき混ぜながら冷やせば(最終的に止める)、お湯より数十倍早く凍る。
簡単な話さ。

無重力で対流しないとう前提でお湯と水の凍る速度を比較すれば分かることさ。
176: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/11/29(土) 22:43:33
あんまりこのスレと関係ないけど昔蝋燭を冷凍庫に入れた事あったの思い出した
結果は当然ながら冷凍庫の屋根部分が溶けちゃっただけで終わっちゃったけど、なんであんな馬鹿なことしてしまったんだか・・・
177: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/11/30(日) 15:42:08
>>176
炎を冷やしてみたかったんだろうな。
少し分かるような気がする。

勿論、俺はやらなかったんだが。
178: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2009/03/21(土) 00:07:38
・・・で、この論争に決着はついたの?
どっちが正しかったの?
180: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2009/03/27(金) 23:37:38
>>178
どっちも正しくない。
いい加減な情報を垂れ流した犬HKは公共放送にあるまじき糞だし、碌な科学的検証もせず始めから結論ありきの否定をした凹槻も科学者失格。

で、双方傷付かないように決着をつけず結局有耶無耶に終わらせる。
その方が今後もこういう戦っている振りだけのプロレス興行で皆儲け続けられる、と。
182: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2009/03/28(土) 01:50:41
南極基地では、マイナス30度以下になるとお湯が一瞬で凍るようになるという記事を見たことがある。
気温がマイナス30度以下のときにお湯をぶちまけると一瞬で凍って粉になって降るので隊員たちの娯楽になっているとのこと。
ちなみにこのとき水をまいても一瞬では凍らないらしい。


NHKの実験もマイナス50度の冷凍倉庫でおこなったみたいだし、マイナス30度以下というのがかぎなのではないか?
だからせいぜいマイナス20度ぐらいまでしか冷えない家庭用の冷蔵庫ではさいげんできないのではないか?
まあ、もしそうならNHKの言い分(早く氷を作りたかったらお湯を凍らせろ)というのは間違いということになるね。
お湯をばらまくと空中で氷に
雪国で温泉入ってみた
管理人より:↑こういう感じのことです。お湯の方が気化熱が奪われやすいのでしょうか。雪国はけっこう大変そうだな…。
185: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2009/03/29(日) 08:54:34
>>178
○条件によってはお湯の方が水より早く凍ることもある←ムペンバさん
×氷を早く得たければ、お湯を製氷皿に入れて製氷室へ←NHK主張

>>182
そもそも製氷皿やアイスクリーム容器と、水/お湯を空中にぶちまけるのとでは条件が違いすぎるから比べようもないなあ。
186: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2009/03/29(日) 20:57:07
>>185
これが抜けてるぞ

×いかなる条件においてもお湯の方が水より早く凍ることはあり得ない←大槻教授主張
187: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2009/04/19(日) 10:23:19
>>185
NHKでも冷凍室でお湯と水をぶちまけて、お湯は凍るが水は凍らないと言う実験をやって見せてた。
188: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2009/04/19(日) 16:26:37
>>187
知ってる。だからNHKも・・・
184: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2009/03/28(土) 18:08:46
>>182
はいはい
条件が全然違います
189: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2009/05/17(日) 17:34:16
このスレまだあったのか。

>>182
水は温度が高いと粘度が低くなるんで、細かい粒子になりやすく、冷却されやすいんじゃないかと想像。

常識的に考えて、コップのお湯の方が先に凍る実験は、NHKのねつ造だと思うけどね。
雪氷学会でも何人か再現しようとして、結局再現らしきものができたのは、NHKにこのネタ持ち込んだセンセだけだったんじゃなかったっけ。


撮影現場では何度でも再現できてたらしいが。
50: ご冗談でしょう?名無しさん 投稿日:2008/08/03(日) 16:04:20
*******大槻のムペンバ実験が失敗した理由********

①お湯に「ムペンバ、ムペンバ」と念じなかった
②水に「ありがとう」と言わなかった
③「熱力学の法則」という邪念があった
④冷凍庫に向かって「馬鹿馬鹿もの」と念じていた
オーラが足りなかった
信じる気持ちがなかった


みなさん、一番の理由は⑥です。これは定説です。

♪それがァ~、一番大事ィ~

地球上もっともありふれており、そこかしこにある水。我々の人体も7割が水分だと言うではないですか。最近巷では「水素水」とかいう「頭痛が痛い」みたいな怪しい商品も人気があると聞いてます。どうやら「マイナスイオン」からナニも学んでないですね。

というわけで、どうもNHKの実験は嘘くさいな!という方向に傾いてる感じの物理板。マイナス50度の製氷室なんて、なかなか一般人には用意できないですから実際のところはどうなんでしょう。
まぁとにかく、スレの途中で出てたけど、一般家庭の冷蔵庫にはサーモスタットもあるから、条件によってお湯が早く凍ることも「あるかもしれない」けど、実は余計に電気代がかかるんですよ、エヘッ!というオチなのかもしれない。

なんでも「ムペンバ効果」は、現在もその因果関係についてはあまり良くわかっていないらしく、
Wiredの報道によると、ニューヨーク州立大学ビンガムトン校のJames Brownridgeが湯が水より早く凍る現象を再現することに成功している。[36]
ただし、Brownridgeの実験では、同一の水を凍らせるのではなく、摂氏約100度まで加熱した水道水と、摂氏25度以下まで冷却した蒸留水を使用した。これらを銅製の装置に密封した上で、冷凍庫に入れると、高温の水道水が、低温の蒸留水よりも毎回先に凍ることが確認された。
↑んだそうですが、なぜ同じ水道水、または蒸留水で実験しないんですかね。要するに、裏を返せば同じ水なら有意な結果は出なかった、ってことなんでしょうか、ウーム。
学者のエライ先生方は、そういう実験なんていくらでもできそうなのに、いまだ結論が出ないのはなぜでしょう。ムペンバさんが言ってるように、条件次第ではそういう謎の効果があるのは確からしいのですが、もどかしいですねぇ~
管理人もブードゥーの仮面かぶって「ムペンバムペンバ」って唱えながら実験してみよう…。

ここでお知らせ:
11日~14日は管理人超多忙のため更新をお休みさせていただきます。まだ未定でひょっとしたら12日は更新できる可能性もありますが、たぶん無理です。15日も無理の可能性が。いろいろゴメンネ。
5.10追記:↑上記変更になりました。詳細はトップ下にて。
水の不思議―秘められた力を科学する
松井 健一
日刊工業新聞社
売り上げランキング: 214,677



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.5.11 0:06
    この話は条件を特定する事から始める必要が有るんじゃいなかなぁ
    対流なんか確認するなら色付き水で観察してみるとか
    温度分布を計るとか
    もう少し色々確認を先にやる必要が有る気がする
    Wiredの話って過熱すると水道水は塩素とか溶けている酸素とかが逃げてしまうから
    蒸留水の方が成分的に?近いからとかじゃないのかな?
    水道水そのままだと塩素だの酸素だの溶けているから同じに成らないみたいな感じとか?
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.5.11 7:15
    最初タイトルを見た瞬間には何馬鹿なことをと思ったが
    スレでちゃんと議論された内容を見ると
    実際はどうかわからんが思い込みで思考停止してしまうことの
    危険性について考えてしまった、気をつけないと。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.5.11 22:59
    寒冷空気中にぶちまけた時だけでしょ。分子単位の差による表面積や熱伝導の話しで「気化熱」は副次的な話しやん。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.5.15 17:03
    現象が存在するのか否か
    まず、実験してくれって感じ

    予算もほとんどかからず、できるだろうに

    もし存在したなら、初めてその要件は何かという話になる
    そもそも、同じ重さの水なのか同じ体積の水なのかも厳密には示されていないんじゃね?

    冷却モーターの振動のせいかもしれない
    凍結した氷の水分子の並び方に差があるのかもしれない
    急速冷却時に、温度の低下速度が平準でない場合があるのかもしれない
    対流が問題かもしれないなら、薄ーい平皿に水を張るとか実験環境を考えればいい

    まずは、実験をしてほしい
  1. >この話は条件を特定する事から始める必要が有る
    >まずは、実験をしてほしい

    実験は簡単そうに思えるんですが、なかなかうまくいかないのか、トンデモ扱いでまともに取り上げてもらえないのか…。もどかしい。
    --------------------
    >思い込みで思考停止してしまうことの危険性について考えてしまった
    お、よかったです~。不思議な現象ですからね~。
    --------------------
    >寒冷空気中にぶちまけた時だけでしょ。
    NHKの実験結果は静止状態でのことですから、その真偽について!ですね。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.27 15:28
    同じ水でも凍るまでの時間が大きく異なったりしてね
    誤差をわあわあ言ってるだけだったりして
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。