人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

絶滅危惧種の海牛、ジュゴンやマナティを語るスレ @ [野生生物板]


絶滅危惧種の海牛、ジュゴンやマナティを語るスレ @ [野生生物板]
1: 名無虫さん 投稿日:2014/08/11(月) 23:04:30.52 ID:IfzH67U0
スレがなかったのは意外でした
皆さん語りましょう
4: 名無虫さん 投稿日:2014/08/11(月) 23:27:46.77
陸にも海にも牛がいるなら空にもいるのかもしれないな・・・
5: 名無虫さん 投稿日:2014/08/11(月) 23:34:59.76
ステラーカイギュウたん(´・ω・`)
ステラーカイギュウ
管理人より:「ステラーカイギュウ」は、18世紀頃までベーリング海に生息していたジュゴンの仲間。探検家によって発見され、動作が鈍く人間に対して警戒心がまったくなかったため、たったの20年ほどで乱獲により絶滅。カイギュウ目の中では珍しい寒冷対応型なのに惜しいですね。
6: 名無虫さん 投稿日:2014/08/11(月) 23:49:17.07 ID:gcyYovrr
マナティーが人魚のモデルってのが理解できない
9: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 00:31:26.39
>>6
人魚伝説の元になったのが西洋はマナティー、東洋はジュゴンと言われている。
11: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 02:11:56.59
半世紀以上前は沖縄の海でジュゴンが普通に見られたのに、現在は50頭未満しかいない絶滅危惧種
30: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 15:44:02.88
>>11
現在沖縄近海で確認できる個体数は3頭だけになってるんだってね
12: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 03:15:43.58
他の国だとジュゴンのために保護区を設けたりしてるんだけど日本はずっと放置してるよね
保護区内の平和な環境でも個体増加率は5%なのに、日本は埋め立て等の環境破壊で生息地が減少してるし毎年網にかかって数頭死んでるから絶滅は時間の問題
13: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 04:02:36.33
ジュゴンとマナティの違いって何?
14: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 05:28:51.19
ジュゴンは暖かい浅海域に住む
太平洋・インド洋
全長3.0m 体重450kg
極端な偏食でアマモが主食
ゴカイ・カニ・ホヤ等が補助栄養
藻場が無くなればそこでは絶滅
食事に歯は使わず板で磨り潰す
皮膚は滑らか、短い毛がまばら
尾びれは鯨の様な三角形の二股
耳介は無い
海底の藻を食べるので口が下向き

マナティーは暖かい淡水・汽水域
大西洋沿岸
全長2.8-3.0m 体重450-550kg
水草、海草を満遍なく食べる
完全な草食
酸素消費が少なく潜水に適した体
20本の歯の内6本を使って食事
皮膚はザラザラ、無毛
尾びれが丸いしゃもじ状
耳介は無い

ステラーカイギュウは寒い海域に住んでいた
北太平洋
全長7.0m 体重5000-12000kg
コンブなどの海草が主食
ほとんど潜水できなかったと言われている
歯が無く嘴の様な硬い板で海草を噛みちぎる
硬く深い皺のある皮膚、口の周りに太い毛
ジュゴンと似たような形の尾びれ
豆粒大の耳介
指の骨が完全に退化して無い
15: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 05:50:32.16
>>14
わかりやすいまとめサンクス!
17: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 08:56:08.32
>>14
>指の骨が完全に退化して無い
アザラシやクジラでさえ5本の指の骨があるのに、骨が痕跡すら残さず退化してるのは、海獣類としては珍しい。
ジュゴン
マナティ
管理人より:参考までにジュゴンとマナティの写真。見た目は違いがよくわからん…。写真もゴッチャになってるかもしれない…。
16: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 06:31:10.27
海のつく生物

海牛 マナティ、ウミウシ
海驢 アシカ
海馬 タツノオトシゴ
海豚 イルカ
海象 セイウチ
海豹 アザラシ
海鼠 ナマコ
海狸 ビーバー
海猫 ウミネコ
海獺 ラッコ、アシカ
海鹿 アメフラシ
海蛇 ウミヘビ
海月 クラゲ
19: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 09:48:37.16
海牛てうまいの?
25: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 13:29:48.44
ジュゴン、マナティ・・・豚のヒレ肉をもっと美味しくしたような味、食感は弾力があるのに柔らかい。
東アフリカでは豚魚と呼ばれている。


ステラーカイギュウ・・・肉は子牛に似た味と食感で脂肪は甘いアーモンド・オイルのような味。
1頭から3トンあまりの肉と脂肪が手に入った。
32: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 17:32:38.95 ID:rXyUQWlY
>>25
その味が原因で乱獲された時期もあるんだよな
豚や牛みたいに品種改良して繁殖させまくれよ
31: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 16:43:43.06 ID:KFDuw0QR
ステラーカイギュウは人間に発見されたときから生息数が少なく、2000~3000頭しか生息してなかったそうだ
33: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 19:45:34.05 ID:Sk38yQdI
ジュゴンとマナティー現在の生息数
ジュゴン→10万頭(そのうち北オーストラリアに8万頭)
アメリカマナティー→5千頭
アマゾンマナティー→2千頭
アフリカマナティー→1万頭
35: 名無虫さん 投稿日:2014/08/12(火) 22:16:27.76
2千頭しかいない所は遺伝的多様性が保てるのか
43: 名無虫さん 投稿日:2014/08/13(水) 21:12:56.25
今の時代、マスコミ受け&視聴者にショックを与える
直接殺すのはアカンが環境の破壊で姿を消すのはなかなか絵になりにくいので、報道側にも大衆的にも注目されがたい。
どこの国でもそうだわさ。


>>33
アマゾン少ねえな…。
熱川のワニ園在住のボクちゃんを大事にしてやらにゃあ。50年だが飼ってんだっけ?
これに限らず、飼育下の繁殖が難しいのがネックですなあ。
46: 名無虫さん 投稿日:2014/08/15(金) 23:26:22.32 ID:2zL1eTJU
>>33
アマゾンのマナティーは生息範囲も狭いうえに環境破壊が進んでるから少ないんだよ
アメリカマナティーはかなり危機的な状況だったけど保護しただけあって少し増えた
アフリカマナティーは生息域が比較的広範囲で開発もあまり進んでいないからまだ二種よりは数が多い
38: 名無虫さん 投稿日:2014/08/13(水) 14:51:31.71 ID:KrBIHpRi
アメ公は自国のマナティーやクジラ&イルカは守るくせに沖縄のジュゴンはどうでもいいんだな
39: 名無虫さん 投稿日:2014/08/13(水) 14:58:40.10
他国のジュゴンだから口を出せないし、そこのジュゴン保護はその国の政府の役目だから
40: 名無虫さん 投稿日:2014/08/13(水) 20:46:28.21
他国の伝統的なイルカ漁に口出ししてるんですがそれは
41: 名無虫さん 投稿日:2014/08/13(水) 21:10:08.36
それはシーシェパード
大使の個人的な発言
49: 名無虫さん 投稿日:2014/08/18(月) 04:32:20.96
【動物】 ジュゴン確認! 辺野古沖に確認! ヘリから確認! 一頭確認! よかったね [787645228]
辺野古沖でジュゴン確認

沖縄・辺野古沖約5キロで絶滅危惧種のジュゴンとみられる海獣1頭を共同通信記者がヘリコプターから確認。

辺野古沖でジュゴン確認 - 47NEWS(よんななニュース)
なんというタイミング・・・・
47: 名無虫さん 投稿日:2014/08/17(日) 13:29:08.89 ID:WySB+idO
アフリカのマナティは世界遺産や国立公園、保護区が多いから結構守られているよ
51: 名無虫さん 投稿日:2014/08/19(火) 16:22:32.51 ID:4Vm3Q6A6
アフリカマナティは海から淡水までいて多種多様だよな
54: 名無虫さん 投稿日:2014/08/21(木) 02:15:20.17 ID:hSDJufYu
ジュゴンやアメリカマナティーは透明度が高い水の方が好むけど、アマゾンマナティーやアフリカマナティーは濁った水でも気にしないんだな
59: 名無虫さん 投稿日:2014/10/12(日) 21:05:41.84 ID:GuvZiW4J
う~ん
デカイね( ・∀・)
60: 名無虫さん 投稿日:2014/10/12(日) 22:04:37.99 ID:BOZby2gZ
カバの仲間だよね
61: 名無虫さん 投稿日:2014/10/12(日) 23:46:37.01
まったく違う動物だよ
62: 名無虫さん 投稿日:2014/10/13(月) 09:55:06.75
カバの仲間なのはクジラ。
ジュゴン、マナティーはゾウの仲間です。
63: 名無虫さん 投稿日:2014/10/13(月) 10:38:46.27 ID:ZGGKAxUO
ゾウとカバは仲間じゃないの?

でかくて草食ってるし、愛嬌があるけど危険だし
64: 名無虫さん 投稿日:2014/10/17(金) 16:04:50.30
じゃあ、馬と牛も同じ仲間か?
でかくで蹄があって、どっちも家畜化が可能だった生物だぞ。
でも、違うよな?


クジラと魚は水中に住んで体型とかそっくりだが同じ仲間か?
水辺に棲んで嘴もそっくりだからカモノハシとカモは近いのか?


共通点があるとかや見た目が近いというのはあくまで主観なの。
骨格などの身体の仕組み、特徴を丹念に検証し、生物の系統分類は成り立つわけ。
66: 名無虫さん 投稿日:2014/10/19(日) 14:59:13.45
開発が進みすぎちゃってるからなあ。綺麗な海がなきゃアマモはできない。
仮にアマモができても、船が頻繁に行きかうような海では臆病なジュゴンは暮らしにくい。
67: 名無虫さん 投稿日:2014/10/28(火) 21:14:16.84 ID:H0MTD/m3
他の動物保護に力入れてるのにジュゴンはスルーなのが不思議
70: 名無虫さん 投稿日:2014/11/01(土) 18:01:54.32
>>67
力入れてるのは目立つからそうみえるだけです。
大半はスルーされてしまう。でなきゃ、もう少し環境問題はよくなってるでしょう。
人間に大きな実害が出始めて、はじめてあわてて動き出すのが悲しいかな、いまだに現実なんです。
73: 名無虫さん 投稿日:2014/12/04(木) 09:36:37.52 ID:4+E4MxA3
マスゴミが動物保護や環境保護を引き合いに出すのは自分たちのイデオロギーに都合がいい時だけ。
辺野古はジュゴンの絶滅危機を理由にイチャモンをつけるくせに、尖閣はセンカクモグラの保護より中国とどう向き合うかの方が重要ではないかとほざいた朝日がいい例。
本当は動物のことなんか、心配してるわけでも何でもない。
絶滅しようがどうなろうが、別に何も困ることなんかねーよ、ってせせら笑ってるに決まってる。


例えば、沖縄には独立を唱えてる奴らがいるのはよく知られている。
で、そういう勢力は、独立後は中国人民解放軍の駐留をとほざいている。
仮にそうなった場合、人民解放軍のために新たな基地を建設することになり、建設予定地が貴重な固有種の生物の生息地だったとして、マスゴミが反対を唱えると思うか?

つまりそういうことさw
74: 名無虫さん 投稿日:2014/12/05(金) 08:52:08.05
普天間の飛行場建設は、ジュゴンへの影響はないの?
79: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 投稿日:2014/12/14(日) 11:11:40.84
>>74
お役所はないと言ってる。
本当にそうかは知らない。
もし違ってたとしても誰も責任なんてとりません。官僚のお仕事ですから。
76: 名無虫さん 投稿日:2014/12/06(土) 19:40:44.03
移設反対派が選挙で勝ったけど普通に移設されるんだなw
77: 名無虫さん 投稿日:2014/12/07(日) 00:28:32.11 ID:4aJiPa8x
人工的に藻場を作ることはできんの?
日本は領海だけは広いのに
78: 名無しさん@そうだ選挙に行こう 投稿日:2014/12/14(日) 11:06:30.64
>>73
ほとんどありえない仮定だが、もし仮に、そうなったら、今度は産経系のようなマスコミが反対唱えるんじゃね?
ベクトルが違うだけで、右も左もそういうダブスタ持ちなのがこの国だし。

>>76
上での話もそうだが自然保護ってのは結局、政治の従属化におかれてしまうから。
悲しいかなそれがまだまだ現実。


>>77
広いったって藻場は陸の近くの浅い、日光が差し込む明るい海だけに生えるんですよ。
しかもジュゴンが臆病で人の大きな生活圏があると逃げちゃうのも上のレスにあるでしょ。

さらに暖かい海でないとダメ。ジュゴンも寒さに強くないし、藻場が年中繁茂しなきゃ飢えちゃうよ。
陸地が狭いわりに人口はそれなりに多い日本の周囲の海には、そんな場所、ほとんどないよ。
56: 名無虫さん 投稿日:2014/08/21(木) 16:35:02.29 ID:ibWgY7yy
オオカミやカワウソのような末路をたどりそうだな…
世界中でジュゴンやマナティーを保護すると声を挙げているのに矛盾してるよな
58: 名無虫さん 投稿日:2014/08/29(金) 19:59:15.98
>>56
行政「調査報告だとジュゴンには影響しないって言ってるし(震え声)」

というわけで、なんと!日本の沖縄にもごく少数ながらいるらしいジュゴンさん。今やその生命は風前の灯火のようですね。
辺野古のへの基地移設とか、そういえば数年前までけっこう騒がれていましたけど、あれは結局どーなったんだろう…。
環境破壊なんかを考えると基地移設はしないほうが良かったんでしょうが、わざわざ他県からやってきた反対派がえらいウルサイ、と現地のひとから聞いてます。

ジュゴンとかマナティとかってのは、かつては人魚伝説の元ネタになったとも言われる、穏やかな性質の巨大哺乳類。実際にはヨーロッパ人がジュゴンを知るのは中世後ですから、これは怪しいそうです。
オーストラリアなんかに行くと、一緒に泳ぐツアーがあるんだそうで、まぁ本人たちはだいぶん迷惑かもしれないけど、観光資源ですから大事に保護されてるのでしょう。
飼育は可能ですが、飼育下での繁殖の例は現在までない、てことですので人工環境での保護も難しそう。外見は「のほほん」としてますがけっこう繊細な性格のジュゴンさん。

顔だけ見ると「でっかいアザラシ」にしか見えないですが、アザラシとは全然違う種類みたいですね。
ジュゴンは「カイギュウ目」、アザラシは「ネコ目」…ってネコ目!!アザラシは肉食で歯があるからかな。動物の分類っておもしろいですね。
5.20追記:分岐学とかの場合は、そういう分類の仕方はしないんだよ、と教えていただきましたので、これもついでに追記しておきます。詳細は※5ドクター参照のこと。いつも画像付きで解説ありがとうございます。 分岐学の分類1
分岐学の分類2
このように、どういう分岐を経て進化してきたか、で分けるのが分岐学、というわけでこういうのおもしろいですね。管理人は整理分類フェチですからね。(どーでもいい)
5.22追記:ご本人による2番の画像訂正あり。ご丁寧にどうも~。
5.25追記:当記事を「朝目新聞」様でご紹介いただきました!プロムにネコたん!イイネ!



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.5.18 9:27
    マナティーに関しては集団で排水管に詰まったのがニュースになる辺りこいつら大丈夫なのかと不安になる事が多々あるようなないような……
    アメリカの生息地に写真取りに行った太った海中写真家の人の本曰く、繁殖期のマナティーが居る海に潜ったら
    盛ったオスに同族と勘違いされかけてモツ出して接近されたことまであったらしいし
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.5.19 3:54
    >盛ったオスに
    ワロタW

    フロリダでは、マナティの個体を識別するには
    体のスクリュー傷でデ-タ管理してるとか
    イタソー…ごめんよマナちゃん
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.5.19 18:08
    ステラーカイギュウはシャチに狙われて発見当時すでに絶滅しそうだったそうだけど
    こいつらサメとかシャチに襲われたらもうどうしようもないのかな?
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.5.20 19:44
    昔家に学校推薦図書で「海底人の国ジュゴン」っていうジュブナイルがあったんだよ
    そこでジュゴンっていう動物を知った
    作中で「人魚の正体はマナティだと言われてるが、本当は(ジュゴンから進化した)この海底人たちのことだったんだ」って”博士”が言うんだけど、
    子どもの自分にはジュゴンもマナティも違いがさっぱりワカランかったけどね
    ただ、深海潜水艇バチスカーフで、深度1万mの海底にマリンスノーが降り積もる描写は、今でも鮮明に覚えてる
    なお、バチスカーフと言うのが、シービュー号とかスティングレイとかスカイダイバーとかの、
    潜水艦としての固有名詞だと思ってたのも子どもだから仕方ないか
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.5.20 20:19
    記事末管理人コメント
    >ジュゴンは「カイギュウ目」、アザラシは「ネコ目」…ってネコ目!!
    >アザラシは肉食で歯があるからかな。
    分子系統学および分岐学では
    「ある形質・性質があるからこの生物種はこの分類群に含まれる」というやり方はしない。

    非常に乱暴な説明をする;
    複数の生物種がそれらの共通祖先から分かれていくパターンは
    いくつか異なるものが想定し得る。
    http://i.imgur.com/QFOn0LN.jpg
    それらの中から、
    分子系統学ではDNA配列やアミノ酸配列において、分岐学では形質において、
    変化の数が少ないといった最も「過去に起きたであろう蓋然性が高い」ものを選択する。
    そしてそのパターン(系統図・分岐図)において、
    ある同一の共通祖先から派生した全ての生物種を含むものが群として認められる。
    http://i.imgur.com/CmRjVsI.jpg
      • ※6 : ※5
      • 2016.5.22 10:16
      表現に問題があるかと思ったので訂正

      変化の数が少ないといった最も「過去に起きたであろう蓋然性が高い」ものを選択する。
      →変化の回数が少ないといった最も「過去に起きたであろう蓋然性が高い」ものを選択する。

      ある同一の共通祖先から派生した全ての生物種を含むものが群として認められる。
      →ある同一の共通祖先から派生した全ての生物種を含むものが分類上有効な群として認められる。

      2枚目の図
      http://i.imgur.com/YYRyYcI.jpg
      管理人氏にはせっかく本文に貼って頂いたのに後から修正して申し訳ない。
  1. >集団で排水管に詰まったのがニュースになる辺り
    ウハー強烈…('A`)
    案外目はよくないとか…。
    -----------------
    >体のスクリュー傷でデ-タ管理してる
    やはり警戒心があまり強くないのかなー。
    -----------------
    >サメとかシャチに襲われたらもうどうしようもないのかな
    浅瀬に逃げるとか、案外泳ぎは達者だとか…。(妄想ばっか)
    -----------------
    >学校推薦図書で「海底人の国ジュゴン」っていうジュブナイルが
    おーこの作品は読んだことないですねー。
    日本の映画でカッパから進化した人間型生物なんていましたっけ。
    -----------------
    >「ある形質・性質があるからこの生物種はこの分類群に含まれる」というやり方はしない
    >せっかく本文に貼って頂いたのに後から修正して申し訳ない。
    ご丁寧に解説&修正どうもです~。画像を差し替えました!
    分岐学的にはアザラシとジュゴンは案外近いってことになるんでしょうかね。
    いろんな分類の仕方があって実におもしろい!!
      • ※8 : ※5
      • 2016.5.22 20:21
      画像差し替えありがとうございます。

      >分岐学的にはアザラシとジュゴンは案外近いってことになるんでしょうかね
      分岐学はあくまで生物種の分岐の様相の解析を目的としているので、
      それに則った答え方をすると、
      「分岐学でもアザラシとジュゴンよりアザラシとネコの方が近縁であり、
       ジュゴンとアザラシよりジュゴンとゾウの方が近縁であることは支持される」。

      >いろんな分類の仕方があって実におもしろい!!
      実のところ、分岐学はあくまで生物種の分岐の様相の解析を目的としていて
      (「分岐」学なわけであり、まさに名が体を表している)、
      生物種の分類は(少なくとも直接の)目的としていない。
      「分岐学による分類」は「解析結果の副産物」とでもいうべきものなのだ。

      「分岐学による分類は複雑過ぎる・細分化され過ぎている・使いにくい」
      というのがよくいるが、
      分岐学は「分類(ヒトが世界の要素を認識しやすく分割整理する行為である)」を
      するのが目的ではないのでそれは当たり前なのだが。

      それでも分岐学の結果が分類に使われるのは、
      生物の分類は系統に則ったものであるべきとされているからであり
      (系統に則ったものでなくともよいならば、
      例えば運動様式に則った、
       「サメ・魚竜・クジラと鳥類・翼竜・コウモリをそれぞれ一つにまとめた分類」や
       生息地域に則った
       「ニホンザル・マイマイカブリとマンドリル・ケンタウルスオオカブトを
       それぞれ一つにまとめた分類」
       も正当なものとして認められる)、
      生物の形質に基づく客観性を持った系統解析の方法として確立されているのが
      少なくとも現在までのところ分岐学しかないからだ。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。