人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

ロボットに心を持たせることは可能なのか? @ [ロボット技術板]


ロボットに心を持たせることは可能なのか? @ [ロボット技術板]
1: メカ名無しさん 2010/10/20(水) 01:31:29 ID:6/p5HyrX
ということで、心のあるロボットは作れるのか??
現実的に無理とか言わず真面目に話し合いたい!!
よろしく!!
2: メカ名無しさん 2010/10/20(水) 09:05:52 ID:jg66qqae
まず心の定義が必要。それによって出来るとも出来ないとも言える。
以下のものに心はあると思うか?その理由は?



サル
人間
人間の新生児
ニワトリ

カブトムシ
サボテン

地球
3: メカ名無しさん 2010/10/21(木) 20:22:10 ID:K4P0D70n
まずは人間の脳をシュミレートできるようになることから始めないと
いろんな研究機関で脳に関しては研究が進んでるし、もう少ししたら成果が出てくるかもよ
4: メカ名無しさん 2010/10/22(金) 01:01:08 ID:pQbqamk8
ピカチュウ牛はわからんが、とりあえずピカチュウにこころがあることは確実だな
5: メカ名無しさん 2010/10/23(土) 02:39:14 ID:Up5bBBvA
心は理屈ではない、故に理屈で計り、理屈で仕組みを構成してもそれは理屈でしかない。
つまり心のように見える論理的な類似ロジックで近似させることは可能という話でしかない。


心がもつのは非論理性秩序であり、論理が司る線形タイプの考え方ではない。
非線形の考え方をまず知らないことには話にならん。
6: メカ名無しさん 2010/10/25(月) 15:23:25 ID:5MzfGlSX
>>5
>心がもつのは非論理性秩序であり、
とロボット知能のように断定するロボット人間。
このへんに鍵があるかもな。w
7: メカ名無しさん 2010/10/25(月) 18:25:01 ID:h/DNpUdr
>>6
非線形と線形の違いを学んできたほうがいいんじゃないかな?
管理人より:「線形」というのは、複数のパラメーターのうち、ひとつが変化した時に、残りも変化するその量が一定だということ。「非線形」はそうではない場合のこと、だそうです。(参考:線形・非線形って何ですか?
8: メカ名無しさん 2010/10/26(火) 17:28:55 ID:LCTzd3dZ
線形非線形とか、何十年代のデジタルアナログ論議だよ
これだから哲学は終わった学問とか言われるんだ
トンチンカンな哲学用語使ってかき混ぜても答えは出てこないよ

まず、「心と意識は何のために発現したのか」ここからじゃないか?
14: メカ名無しさん 2010/10/26(火) 22:01:54 ID:LCTzd3dZ
いったい哲学がどんな課題を解決できるって言うんだ?

哲学的な意味など関係無くこの宇宙は何らかの物理法則によって誕生したんだし、この宇宙があるからそこに生命が生まれて、その中の一つの種が我々人類だというだけじゃない


もし人間の脳には哲学的に特殊な要素「魂」があるんだとすると、人間の脳内に哲学的に機能する何かの特殊な因子が存在するという事になるけど、その線で真面目に考えられてるのは量子脳仮説くらいなもんで、しかもそんな器官は発見されそうにない。
まぁそこは今後の研究の結果次第だけど…

いずれにせよ、「人間の自我というものだってこの宇宙と同じように因果律によって存在する」
ここを無視したら科学も何もあったもんじゃないよ

そんなこと言うなら宗教でも始めて神の存在を追い求めてなさい
あと、人間とは何かとか考えるの止めたほうが良いよ
15: popula 2010/10/26(火) 22:49:10 ID:WbVs0F7S
>>14
「私」と「他人」をはっきりした属性の違いがあります。
何がその差を作っているのでしょうか。
自我(とか、魂とか、心とか)の属性を考えます。


私Populaにとっては、私Populaの自我は「私」属性を持ち、A氏・B氏の自我は同じように「他人」属性を持っている。
・・・ なぜなら、A氏もB氏も他人ですから。

A氏にとっては、A氏の自我は「私」属性を示し、Popula・B氏の自我は同じように「他人」属性を持っているはずです。
・・・ なぜなら、PopulaもB氏も他人ですから。
B氏にとっては、B氏の自我は「私」属性を示し、Popula・A氏の自我は同じように「他人」属性を示すはずです。
・・・ なぜなら、PopulaもA氏も他人ですから。

このように、見る人によって変わってしまう性質は、普遍性、一般性がありませんから、普遍性を追求する科学には馴染みません。
哲学で取り扱えるか、というとよくわかりませんが)哲学かどうかは解りませんが、科学で扱えない分野であることは確かです。
16: popula 2010/10/26(火) 22:55:55 ID:WbVs0F7S
ここでの「心」「魂」「自我」などの定義がよくわかりませんので、私は降ります。
20: メカ名無しさん 2010/10/27(水) 04:27:20 ID:35c21AlA
>>16
心やら魂やら自我やら精神というのは、オカルトの概念であり科学で定義できるものではありません。
科学は仕組みをHOW(どのように)として定義するもので、オカルトのWHY(なぜ、なに)として関係を表すものではないのです。
故にオカルトでは仕組(HOW)を定義したり解説する必要はないのです。

それはどのような関係があるかを説明するだけです。
何故に存在するのか、何故関係になったのかという話で仕組みはどうでもいいのです。

では何故魂、心、精神、自我があるのでしょう。
それは自然やら人間が存在する測れない類の価値を表現する為に使う言葉として妥当だからです。

人の関係、人の器の範囲、人の性質、人のマクロ的な仕組み。
そういう類を意味付ける総称として表現しているだけです。

大昔の人が自然災害、竜巻、洪水、台風、雷を受けてとても怖がったでしょう、何故かという仕組みは昔の人にはなかったからです。
その関係やら意味を結ぶ為に神という概念を定義しました。
そして神を祀り神に祈りを捧げ、分からないものを特定の神とすることでその恐怖を避ける知恵としてきたのです。
19: メカ名無しさん 2010/10/27(水) 00:42:36 ID:oxl6pqCg
身体が伴わない限り自我と呼べるものは発生しないと思うが

あと、現在のコンピュータの技術の延長で実現するかというと難しいんじゃないか?
基本は脳と同様のニューロネットワークを組まないと…
27: メカ名無しさん 2010/10/27(水) 23:11:36 ID:aWpFAtg3
超・発明BOYカニパン DVD-BOX 「心」があるか、、、の次には「愛」があるか
、、、で最終的にはロボットと子供はつくれるのか、、、か?。


むかし超カニパンというアニメの最終回で、アンドロイドの彼女が生身になって復活した時には、そんなことを考えたさ、、、orz
29: メカ名無しさん 2010/11/01(月) 19:17:51 ID:c1qdHF7F
だから心を持つとは、人類にとってロボットではないってことを作り出すって意味になる。
それは道具ではない。
ペットには成るだろうけど、高度な能力を持つ生命であればそれは奴隷と同じだよ。


言葉でコミュニケーションできる域であれば、占有されることで快楽を得る場合も不快を得る場合もあるってこと。
そしてロボット自身がその配下になる対象を欲するという情も発生する。
これが誇張されれば人類そのものを支配するという話にもつながる。
30: メカ名無しさん 2010/11/01(月) 23:20:13 ID:nn1OgC+A
一般に機能を工学的に実現するには要素に分解する必要がある。
人間の心という機能も複数の要素から成り立っているものとして、心の最小セットとはどのようなもの(状態)なのか?
どこまで要素を削減したら心と呼べなくなるのか?
心は総合的にとらえるべきものであって、要素に分解して考えてももわからない、だから実現できない、本当にそうか?

ここからは哲学になる。
31: メカ名無しさん 2010/11/02(火) 02:20:48 ID:yE+Pg7Qa
>>30
心は後天的に出来るもので君が勝手に思い込んでいる先天的な機能ではない。
すでにニューラルネットワークのモデルなら何種類もあるだろ。
そこに合理的な学習則を用いるから道具的な利用しかできないんだよ。

人の脳はそのいくつかの学習則のように合理的な存在ではない、不合理の積み重ねってことな。
32: メカ名無しさん 2010/11/03(水) 11:01:16 ID:NrDdWZs8
>>31は持って回った言い方をしているが、要約すると「作れるようなものは『心』じゃない」って事なんだろうな
33: メカ名無しさん 2010/11/03(水) 20:41:32 ID:Rcs/Z6oZ
>>32
その要約だけでは根拠がない為に、チンカスと叩かれるだけな。
また魂というのもある、それは機能ではなく存在のこと、他との関係がその存在に憑依したような状態が他者と主体の間に情報として蓄えられたものが魂のように見える。
だから魂のようなものに実態はないし機能もない。


存在(性質、気質、特徴)は固体に宿るものであとは他との関係は相性で、自然(後天的)に決まる。
存在は先天的なもの。主体の心の情報は主体の脳に記録されるが、他との関係は他者にも記録される、故に心は固体だけの機能ではない。
科学的に要素や条件を限定すると心の一部は計れても全部を説明できない。
それは主体の外に特定できない要因があるということ。科学が万能ではないのはすべてを観測できないからである。
計れないもの(認知できない、意味化できない)を科学では対象とできないという原則がある為です。
141: メカ名無しさん 2011/04/03(日) 00:35:57.57 ID:L1HKO29C
>>31
「心は後天的に出来るもので君が勝手に思い込んでいる先天的な機能ではない。
「人間の心という機能も複数の要素から成り立っているものとして」
の文章(仮定形)を、先入観という心の作用で
「人間の心という先天的機能」
というように "勝手" に改竄したようです。
34: メカ名無しさん 2010/11/04(木) 09:24:28 ID:myFjec/N
要約:「俺の定義では心が定義できるようではそれは心の定義じゃないぜ」
こうですかチンカス先生!
35: メカ名無しさん 2010/11/05(金) 09:13:46 ID:5ddPW4Np
心は技術ではない、まずそれを悟る必要がある。

結論、感情論を伴なうチンカスは自分がチンカスだと悟ることは不可能である。なぜならそれは理屈ではないから。
41: メカ名無しさん 2010/11/16(火) 10:19:29 ID:Jt/7InuR
ロボット技術、知能システムの研究はまず、目標とする現象を擬似的に発生させるシステムを組んで、その現象とそれを生じさせるシステムがどういう意味を持つかを論じる。

一般的な意識についての理論なんてまだ無いけど、それは根本的に意識という物が外からは見えないからだ。
だからといって、それだけで実現不可能と言ってはならない。
まずはシステムを組むこと。論じるべきはその技術だ。


空疎な妄言しか吐けないならロボット技術板に来ないでくれ。
これだけ過疎化が進んだら、そういうバカしか残ってないのかも知れんが…
まぁこんなとこ覗くだけ阿呆なのか…
42: メカ名無しさん 2010/11/18(木) 16:48:20 ID:2UyCHp/O
心を持ったロボットって奴隷の事じゃん

作れると言えばつくれるなあ
借金でがんじがらめにするとかで簡単に
44: メカ名無しさん 2010/11/20(土) 03:45:54 ID:oPsLZfDg
>>42
ロボットの語源が奴隷なのは正しい。
しかしロボット板では、「心」という機能を証明したりロボット心が実装できるという話は別問題である。


つまり「心のありさま」と多くの人が錯覚する認知する機能を実装すればそれが正解となる。
明確に定義した心という仕組みが必要ではない。

作り得る心とは、作る人のデザイン(創作)に依存するものであり、他人がどういう風にそれは違うという説明をしても作った本人には心であるわけ。
「作り物の心」と生きた物に「生まれる心」とは次元が違うので区別できるように。
管理人より:「ロボット」という言葉の初出は、カレル・チャペックの戯曲「R.U.R.」から(1920年)。労働を意味するチェコ語の「robota」からの造語で、元は古代教会スラブ語での「隷属」を意味する言葉から来ているそうです。
47: メカ名無しさん 2010/11/25(木) 12:32:12 ID:mDz63FIO
心の構成が分からない以上、人間の真似して、センサーを通して学習させてく過程で生み出そうってスタンスはもう分かりきってないか

どうやって学習させていけば良いかとか、いい加減そこらへんの話メインにしてほしい
48: メカ名無しさん 2010/11/25(木) 19:54:30 ID:octfETWe
何が分かりきってるの?
人間の真似して、センサーを通して学習させてくとどうなんの?
49: メカ名無しさん 2010/11/25(木) 22:51:24 ID:Q0GtsAJm
感情をいくつも作って何かの感情が強いときには、他の感情が弱くなるようにすればいいのでは?
その強弱が心の一番最低ラインにあるきがします



人間は色々な感情が混じりあった時に心があると実感します
50: メカ名無しさん 2010/11/30(火) 04:25:42 ID:e7/L+dAX
>>49
感情は心の有り様であって、心の原理ではない。
パターンをもって感情と定義したシステムなら、安易に作った奴は沢山いるだろ。
それに満足できないから放棄したり、その作ったものが他人から評価されないから表にもでてこないだけな。


>>47
心は結果として形作られる構成があるだけで、心という仕組みは解明されている
「ニューラルネットワーク」これが心。
日本語で言い直そうか?「神経網」つまり脳の内部のことだ。
その中の配線となるシナプス軸は脳の形が生じた時点ではネットワークが構築されていない。
つまり後天的に形やら有り様が形成されるってこと。
常に変わりゆくものである。

それを固定の仕組みと定義したら心変わりしない心が定義されてしまう。

どうやって学習させる?んなものは胎児の脳にどうやって教科書を学ばせる?学べるわけないだろ。
認知が形成される段階というものを考えるべき、その段階を一気に超えて完成したものならばできた人間の脳でもコピーすればいいだけ。
外面的な動きの真似なら、パターンをそれだけ作りこめばいいだけ。
従来技術として【弱いAI】としての分野でそれは確定している。
ちょっとは勉強してきたほうがいいな。
51: メカ名無しさん 2010/11/30(火) 09:18:47 ID:CfJ6GmWJ
>>50
心というか、未知のことにも対応できる人間の常識的な判断能力がどう生まれるかは不明だから、人間の様にリアル世界との交流を通して学ばせるしかないだろって言っただけ

ニューラルネットが刻一刻と変わるもんだから、ロボットのハードのもそうあるべきなんて、そりゃそうだろ
何でそんな話振られたのかわからん


認知が形成される段階こそ、ちょっとは詳しい人がいるなら聞いてみたいけどね
ここって哲学的な話ばかりしててあまり参考にならない
54: メカ名無しさん 2010/12/08(水) 01:21:47 ID:vOudPgJF
妄想もここまでくると。。。
55: メカ名無しさん 2010/12/08(水) 04:04:25 ID:gESY+mb5
ロボットに勘やら適当さをどうインプットすんのさ
60: メカ名無しさん 2010/12/18(土) 10:08:56 ID:Djc5Q52d
作ってる奴に心が無いのに 何でロボットにこころを要求するかな:-P
61: メカ名無しさん 2010/12/19(日) 01:00:58 ID:UppR2Ful
自分に無いものを求めるのは当然の流れだろ。
そんな事も解らないの?
69: メカ名無しさん 2010/12/26(日) 18:48:10 ID:fTIWAkSl
科学者が作った最初の心があるロボットがアダムとイブ
70: メカ名無しさん 2010/12/30(木) 12:25:36 ID:glqWEekh
>>69
こころは作るものではない

こころが作れるなら愛も作れる。
愛を理屈で説明したら、異性にキチガイだとおもわれるぞ。
71: メカ名無しさん 2010/12/31(金) 08:01:34 ID:Mbl5BvoJ
この世界がそもそも本物かどうかわからない
73: メカ名無しさん 2011/01/01(土) 12:41:07 ID:yNRa6FMm
実はこの世界は夢かもしれない
77: メカ名無しさん 2011/01/09(日) 18:06:05 ID:LZM4JyIR
インプットだろ。
湿度や温度、表面張力に季節感、地磁気に電磁場。そのあたりを受け取るインターフェイスをこさえないとな;。
84: メカ名無しさん 2011/01/21(金) 18:48:51 ID:XxMyUpE8
このスレは心をもった成人を、電源入れた時点で機能する類ができるか、と聞いているんだよな?
答:完全な人間のコピーでその世界との関係を結ぶ機能すら完全なコピーならそれは出来る。

作られた心は、作った人が考える心にすぎない。
それは心の主観的定義であり心を表す著作物でもある。

この問いは心を学術的な方法で客観的な共通の仕組みとして定義できるか、という問題である、その答えはNOである。
心というのは主観的に機能する存在であり、客観的に見るには統計などの手法により平均的な秩序を取り出したそれは既に心とはいえない。
平均化すれば全ての特徴は消えてしまう。
多様性の元に存在し個性のある心に統一の基準を持ち込むという希望はいいとして、特別な対象の心の部分定義はできても、全ての心を統一に評価することは不可能である。
その定義は主観的なものでしかない。
反証できないそれは科学とはいえない。疑似科学である。
85: メカ名無しさん 2011/01/22(土) 18:46:22 ID:IS9q1GaY
このスレ読んでると心と感情と意識の区別が解かんようなにってきた。
92: メカ名無しさん 2011/01/28(金) 22:58:44 ID:vZRa7vO+
その心あるロボットが人の従属で我慢できるわけないだろ。
心があれば、感情があるってこと。


心の中心はその所有者中心(従属)であるならいいんだが、他の影響を受けて他者中心で機能することもある。
そして中心がロボットの自我ように働けば当然反感が始まる。
人が戦争を繰り返す愚かな生物というのは心があるからだ。
101: メカ名無しさん 2011/02/05(土) 18:48:16 ID:a74lrgz3
>>92
製作者が愛情こめて産み出し子どものように育てるから大丈夫
人工衛星もフェアリング閉じるときに「もう会えない」と泣いてしまうくらいらしい
大量生産になるとどうかなあ
91: メカ名無しさん 2011/01/26(水) 18:28:06 ID:evYmJswU
心があるロボットを作るということは、逆に言うと人間が神になるということだな
まぁピンとこないというのが正直なところ
93: メカ名無しさん 2011/02/01(火) 06:32:17 ID:EZW4xEVm
>>91
神が何か分かっていないのに神になるのか?
それとも神とは何か定義できるってこと?
96: メカ名無しさん 2011/02/02(水) 14:45:42 ID:tGE86P1+
そうなんだろうけど>>91が言ってる神とは「造物主」の事だろ
人間に対する神が存在するなら即ち人を作った造物主であり、ロボットを人間に例えるなら人間は神にあたるって事なんだろうな
神って言葉が曖昧過ぎて其々に齟齬が生じただけだろう
95: メカ名無しさん 2011/02/02(水) 00:23:08 ID:W5vQKv/Q
神というのは、人が理解できない事を説明するために作り上げられ、為政者が民衆をコントロールするために育てられた概念機械だよ
102: メカ名無しさん 2011/02/05(土) 21:33:37 ID:XNRYnR0K
心があるロボットを作って神と呼ばせるとかどうかしてるぜ。
俺ならご主人様とかだんな様とかマスターって呼ばせるけどね?

というわけで、現代の悩めるピュグマリオンたちのスレ。なんかやっぱロボ板はイマイチかな。
「軽々しく断ずるなかれ」とは聖書に書いてある警句ですが、肝心のロボティクス方面からのアプローチはないに等しいので、ロボ+哲学カテゴリーでの更新。もっとも、こうした問題はいきおい哲学的にならざるを得ないのかもしれない。

心とか精神とか記憶とか感情とか、そういったものは現代の科学では解明できない概念なので、心を定義することすら困難を極めるものです。
これを人工的に作ろうとした場合、やはり科学的に「心」を解明しなくてはなりませんが、定義することがもうすでに困難なものを、はたして解明することは可能なのか?
生命そのものを、1から人の手で作ることができるか?というふうに置き換えても良いのかもしれません。

レゴブロックのように、遺伝子を組み込んで、細胞を原子や分子からひとつづつ積み重ねて、コツコツと人間の受精卵を作成したとして、しかるべく環境や栄養を与えてやれば、それらは勝手に減数分裂を始めるもだろうか…ということをよく考えます。
YESの場合は、心というのはあくまでも脳細胞の反応の結果ということになるし、NOであれば、なにかいまだ観測し得ない謎のエネルギーが(魂のようなものが)あるのかもしれません。

これをロボに置き換えた場合、スレでは、人間相当の感知器と脳みそを持つロボ(器)を作れば、勝手に心が生まれるのではないか…的なことがほんのちょっぴり語られていて、いかにもロボ的ですが、これはなかなか興味深い問題ですね。
赤文字のひとが必死に訴えるところによると、心というのは後天的に生まれるものだから、まぁこの理屈に従えば心が生まれる、ということになるんでしょうか。

管理人にはそうは思えないのですが。

鉄腕アトム
トップ絵は羽山淳一というアニメーターの描いた鉄腕アトム。日本のロボット工学は、このアトムに憧れて…という感じで発展してきたとも言います。
サーカスから引き取られたアトムは、お茶の水博士によって人間としての情操教育を受けることになります。正義感の強いアトムですが、時にロボであることの葛藤に悩むような描写も。
そういえば「スタートレック」シリーズに出てくる、アンドロイドの「データ」も、同様でした。
ロボが心を持つと、そういった問題も同時に出てくるのかもしれないですね。
7.18追記:当記事を「朝目新聞」様でご紹介いただきました!
おー寝てる間に害虫駆除!そこまで来ましたか。寝てる間に仕事もしてくれれば…。('A`)
鉄腕アトム Complete BOX 1 [DVD]
日本コロムビア (2008-07-23)
売り上げランキング: 30,264



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.21 22:21
    イッチーを含めてレスをつけているほとんどのやつが
    自分たちが心を持ってないロボットだって気づいてなくて可哀想すぎ。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.21 22:30
    心だけはロボットに与えてはならない。
    人造人間キカイダー(原作)の衝撃的なラストでそう思った。

    と、まぁそれは置いておくとして。
    心や感情は、機械にはそう簡単には与えることはできない。
    生きた細胞でできている身体と強く結びついているから。
    根源的な感情の恐れ(恐怖)は、もろい身体を失いたくない、
    死にたくないという生存本能からきているといわれているし
    そこから逃れることにより安堵や喜びが得られる。
    そういった感情をえるための発達していったのが心だと思う。
    似ているけどニューラル・ネットワークが心とはちょっと
    思えない。本当なんだろうか。あんまり興味ないけど(笑)

    今のところ、ロボットはそういった生存本能を持つには
    ちょっと頑丈過ぎるイメージがある。
    自身の身体や機能を失いたくないという本能を与えられれば
    時が経てばおのずと成長して心を持つようになるかもしれない。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.21 22:35
    実際に心を持っているかどうかはともかく、人間の目から見て心を持っていると感じられる人工知能は作れるだろうね
    たとえそれがただのプログラムであろうと、それと接した人間が主観的に、それに心があると感じられればそのプログラムは心があると言っていいだろう
    実際問題人間の心も細胞の化学反応の結果にすぎないわけだし、プログラムの心と大差ないだろうな
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 1:11
    心より前に知能が問題でしょ
    今のところ人工知能のくせに知能がないわけだし
    いわゆる強いAIってやつね
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 1:38
    人間が言う心というのはアウトプットできる能力のことだ
    文字と声で進化した人間らしい価値観でしかない
    もし仮に人間以外の生物に心があったとしても人間には通じないのでないものとして扱われる
    たとえロボットに感情がなくとも人間の情に訴えかける言葉を作りめるからなえるなら人間には感情があるように感じてしまう
    そもそも愛というのは種の保存のための本能だし
    人間が人間たりえるために必要な好奇心も種の進化のためでしかない
    個性や理解できないイレギュラーも種のための揺らぎだ
    人間は意思の疎通ができるものには心という幻想を抱いてしまう
    ロボットなら簡単に心を作れるだろう
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 1:39
    人と同レベルというのは難しいだろうが一部というなら可能だろう
    しかし結局は心があるように見える
    っというのが出来ればロボットが心を持ったと判断してもいいだろう
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 2:30
    「ロボットは人間のお友達で、人間の相談に乗って、人間を助けてくれる。」
    こんな理想を持って研究してるうちは、無理。技術的な問題じゃなくて。

    心を持つということは、自由意思を持つということ。つまり、人間に対して「NO」と言う権利だって認めなくてはならないし、人間より賢いならわざわざ人間のために働く必要だってない。
    映画やアニメでは超AIが自我を持ち「人間は必要ない」といって反乱を起こすシーンがよくある。そしてもれなく人間に駆逐される。でもあれこそロボットの自由意思であって、心だと思うんだよね。
    先日グーグルだったっけ?AIを使ったツイッターアカウントが暴走してアカを停止した一件があったけど、あれだってロボットが持つ「心」の可能性の一つだったと思う。

    人間の心の価値観を押し付けてるうちは器械の心なんて育たないし、逆に人間みたいなコミュニケーションを取りたいなら、人間と会話してろよ、と思ってならない。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 3:51
    どうでもいいけど線形性とか言ってる奴はどういう意図でこの言葉を持ち出したんだ?
    本当に頭悪そう
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 4:52
    犬ぐらいのちゃんと接すれば忠実で居てくれるやつを作るのが目標ってところか
    …犬を機械的な補助で機能強化したほうが早そう
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 8:39
    将来的には、強制労働という語源をもつロボットという語は人格を有する機械存在には相応しくないとされるだろうね
    つまり、もしも心をもっているならそれはロボットではないと言われるようになる
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 10:08
    スレ画がアトムですが、今スピンオフ漫画でやってるアトムの前日談が
    ちょうど若いころの天満博士とお茶の水博士がアトムのプロトタイプに
    自我を持たせるてやつなのでピッタリですな。アトム・ビギニングだっけか。
    漫画ではアトムのプロトタイプであるA-10-6は自我を持っているものの
    人間にはイマイチ伝わりにくい。ほかの人工知能は自我意識がなくてもそれなりの
    受け答えするものが多くて区別がしにくいから。その線引きは確かに難しいかも
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 13:10
    自分以外の存在に心があるかどうかの判定なんて結局、
    心が有るように見えるかどうかしかないからな

    心が有るように見えてしまったら、心が有るのと変わらないんだよな
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 13:46
    電線に、電気を流すと、そこには意識が生じるんです

    どっかのSFの言葉だけど、之が普通に受け入れられるようになるのはいつになる事やら
    後スタートレックのデータはあのQの介入で笑いを手に入れてましてたね……
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 15:04
    大方の予想に反して、不可能と予想する
    もしくは限りなく不可能
    錬金術と同じだ
    金は希少な元素だが古来よりよく知られているという意味でありふれてもいる
    だからこれを人の手で作り出すことは不可能ではないように思われ、科学的に合成しようと人々は躍起になったのだ
    しかしそれが成功することは決して無く、現代科学によって明らかになったところは、金の合成は理論上可能というだけで、人々が想像したように銅や鉄を原料に金の延べ棒を量産するというようなことは現実的に不可能であるという事実であった
    自然界において金が希少であるように、生命も宇宙全体で見ると極めて希少である
    我々はその存在を地球以外の場所では未だに細菌一つ発見できずにいる
    ゆえに生命に金と同様の再現不可能性があっても何ら不思議ではないだろう
    そして心は生命と不可分であるがゆえにその再現もまた限りなく不可能と言える、のかもしれない
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 15:59
    フォルツォイク親子も吃驚だw
    アトムやキカイダーの頃から連綿と語られてきた「人に造られしものの魂の在処」は、ジェイデッカーやメダロット(AIではなかったが)へと未だに名作を生み出している、ロボ好きにとっても大きなテーマの一つだよね。つまり、憧れと言える。
    憧れが目標となって、長距離を高速で駆け抜け、空を飛び宇宙すら手の届く位置まで到達させ、遠くの者と瞬時に意思疎通できたりと、かつて神通力とされてきた領域を現実にしてきた例の枚挙に暇はないのだとすれば、ロボの心だけが例外になる訳もないと思う。
    そりゃあ、現段階で断言こそ出来ないけれど、この100年くらいの猛烈な進歩を鑑みるに、AIが危ないといくら警告されてもしれっと好事家がやってしまうだろうなw

    ボスと呼んでも良いか?
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 17:08
    心があるように見えることを心があることの定義とするのは雑だと思う
    リアルなCGで架空の人物の映像を作ってそれを人に見せる
    これで心があるように見えたら架空の人物にも心があることになる
    これは直感とはだいぶ離れてると思う
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 19:39
    これって要はプログラムに心が芽生えるか?って話だよな。それならまず脳のシュミレートは不要だろう。その代わり簡易でも現実世界と同等の五感に対する刺激を受けられるシュミレーターを容易して、その中で人類の進化を再現すりゃいい
    何度も試せば人間と似たようなもんも出来るだろうから。それをロボットに移植すりゃ完成だな。もちろんロボット側は五感を感じ取れるくらいの性能が無いと中身はストレス感じるだろうがね
    結局人間基準での心だから初っ端から人類再現すんのが一番手っ取り早いだろ。脳のシュミレートに関しちゃそれが出来るようになった時点で心の再現にどれだけの意味があるか分からんしな
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 20:41
    使われてるすべての単語が抽象的なものでかつ各々が勝手に定義を付け足してるような議論に一体何の意味があるのか答えが出ないのは分かりきってるのに 心を持たせられるのかだの心とは何かだの以前の問題だよ
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.22 21:41
    BEATLESSってラノベでは「人間のように振る舞う」アンドロイドが繰り返し「私は心や一貫した人格を持っていない。お前が私の動作や仕草から勝手に内面を想像しているだけだ(私の仕草は人間に内面を想像させて行動を誘発させるために行っている)」って主張してたな

    作中ではそういったアンドロイドが人間を操作する技術をアナログハックと呼んでいた
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.23 15:54
    無駄な議論だよ
    結局はそれを心と認めるかどうかという人間側の問題
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.24 14:46
    好きな小説のセリフの意訳
    「完全に制御されて予測可能な動きをするのが完璧なオートマタだ。
    予測不可能な動きをするのであればそれは欠陥品でしかない。」
  1. お、盛り上がってるぅ。


    >自身の身体や機能を失いたくないという本能
    「本能」を「与える」ことは可能なのか!?みたいな議論もおもしろそう。
    ------------------------
    >どういう意図でこの言葉を持ち出したんだ?
    予測可能、ってことと予測不可能なカオス系って言いたかったんじゃないでしょうか。理系用語を適当に使っちゃうのは文系人間によくあることですので、大目に見てあげてくだされ…orz
    ------------------------
    >人間に対して「NO」と言う権利
    このへんから、ロボット三原則的な話が出てくるんでしょうね。
    ------------------------
    >アトムのプロトタイプに自我を持たせるてやつなのでピッタリですな
    へぇー!そんなの今やってんですね。
    なんか手塚治虫のマンガは夢がいっぱい詰まっててロマンがありました。
    ------------------------
    >心が有るように見えてしまったら、心が有るのと変わらないんだよな
    >心があるように見えることを心があることの定義とするのは雑だと思う

    「心」が「存在」するのかどうか、みたいなこと考えると「存在」ってなんだろー?なっちゃいますよね。フヒヒ。
    ------------------------
    >ロボの心だけが例外になる訳もないと思う。
    だと良いですねー。
    管理人は強いAIについてはかなり懐疑的で、不可能に近いのではないかと思っていますが、それでもいつしか実現して欲しいって思います。
    ------------------------
    >お前が私の動作や仕草から勝手に内面を想像しているだけだ
    BEATLESSってなかなかシャレたタイトルですね。「鼓動がない」ってことと、ビートルズをかけてあるのかな。
    ------------------------
    >それを心と認めるかどうかという人間側の問題
    いつしか「心」が科学的に解明される日もくるかも…しれませんよ!
    • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.26 11:06
    心の有無って観測側の判断だから
    技術の結晶なら心はあるんじゃない?

    って話じゃないんかな?
    • ※24 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.7.26 22:51
    心の定義って言われると確かにどうも難しい
    科学はからっきしだけど、経験や学習から物事を処理することを指すのかなとも思った

    赤ちゃんに親が笑うことを覚えさせ、喜怒哀楽の感情も教えていく
    成長するにつれ、他者とのコミュニケーションから理性を学び、同時に感情も複雑化していく
    親の教えた倫理と、理性と、元々備わった本能と、共に成長させてきた複雑化した感情でもって問題に対処する

    なにを言っているのかわからなくなってきた
    ただ動物に育てられた人間なんかを見ていると、何かきっかけがありそうな気がして
    人間って他の動物と違って複雑な感情をしているなって思ったんだ
    • ※25 :
    • 2017.6.14 3:31
    未来の超高々度のロボットでも不可能だと思う。
    感情も感覚も、知識、経験、記憶、価値観などの人格と、脳内物質や神経系統含めた働きで有って、有機物で構成される一定の知能を持つ生命体だから感じられるもの。
    号泣するアンドロイドも作れるだろうし人間と同じ感情を持っている様に見えるアンドロイドを作る事は可能だが、脳波や脳内伝達物質を持たないからやはりプログラムに沿って行動を展開しているだけになる。
    人間も有る程度はDNAに沿って創られ成長し、身体からの命令を受けて毎日行動していて、感情でさえも、脳波やら脳内分泌物質によって生み出されているが、自由意思の元に様々な選択や経験をし、意識的に自我を形成する事が出来る。自分を人格を自分の意思で選べると言う事だ。
    痛みも怒りも悲しみも喜びも、有機物で構成された生命体だから感じられるもの。どこまでAIやアンドロイドが進化しても、理解する事、模倣する事、対応する事は出来ても、感じる事は出来ない。感じる為の器官自体が無い。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*