人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

ヴァンパイア・吸血鬼について語るスレ・5人目の犠牲者 @ [SF・FT・ホラー板]


ヴァンパイア・吸血鬼について語るスレ・5人目の犠牲者 @ [SF・FT・ホラー板]
390: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:18.00
ポーの一族 復刻版 限定BOX: フラワーコミックススペシャル そもそも、なんであいつら血を吸う設定なんだ?
処女を奪う・血を汚す比喩とか、イメージショット的にかっこいい以外に何か意味あるの?


後世の、たとえばポーの一族とか見ても、特に意味があるようにみえないんだが
395: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:23.00
>>390
血が生命の根源だと思われていたから。血を流すと死ぬし。
吸血鬼小説の作家が作成した設定ではなくて、もともとの民間伝承として、生命の根源を吸い取って生き続ける死人、というものだった。
392: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:20.00
メリーベル・ポーツネルんなことはどうでもいい。俺はメリーベルに萌え萌えなんだ。
393: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:21.00
エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルボクはエヴァンジェリンちゃん!(AA略
管理人より:メリーベルたんは「ポーの一族」に、エヴァンジェリンたんは「ネギま!」にそれぞれ出てくる吸血鬼。
394: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:22.00
ドン・ドラキュラ 手塚治虫文庫全集(1) 日本で庶民的な生活をしている吸血鬼、の元祖はドン・ドラキュラでいいんだろうか
「一般人としての偽装をしている」まで含めるとときめきトゥナイトだろうか
397: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:25.00
遊牧民の中には家畜の血を飲む風習のある部族が居るから、ひょっとしたら、スキタイとかフン族とかの中でそういう事してたのが目撃されて、「ひええ、あいつら人間じゃねぇ」みたいなのが東ヨーロッパの民族文化の底の方に残ってたのかも。
399: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:27.00
……よくよく考えると、そんな事実なんぞなくても、異民族って時点で大抵一度や二度は人喰い扱いされてる罠;
400: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:28.00
アッティラ特にフン族www
おっと、アッティラといってもFF13-2じゃないぞ
401: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:29.00
パンティラ大王
402: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:30.00
アッティラときいて、アップフェルラント物語のアリアーナが飼ってた大猫を思い出す


ウェディング・ドレスに紅いバラ (徳間文庫) 田中芳樹といえば、「ウェディング・ドレスに紅いバラ」は吸血鬼を伝染性の遺伝病か何かみたいな解釈で書いてたな
403: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:31.00
伝染性の吸血病って設定は時々あるね。

そう言えば、医療行為としての輸血というのは、いつごろからあるんだろ。
細い管のようなもので腕と腕(だったと思うけど)の血管をつなげて、輸血のようなことをしている古い絵を見た記憶があるんだけど。
輸血とは全く関係ない絵だったかもしれん。記憶違いだったらゴメン。
406: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:34.00
>>403
>そう言えば、医療行為としての輸血というのは、いつごろからあるんだろ。
↓に書いてある。下の方。
輸血(Wikipedia)
医学雑誌「ランセット」誌に掲載された、ブランデル博士による「輸血の研究」より(1829年)
管理人より:最も古い輸血の記述は17世紀の年代作家ステファノ・インフェシュラによって書かれた内容で、1492年ローマ教皇インノケンティウス8世の臨終に際し、3人の少年の血が与えられたというもの。その後1666年、ハーヴェイの血液循環説を元に、犬から犬への輸血が行われました。
人から人への輸血は、1818年ジェームズ・ランデルによって行われ、いったんは元気を取り戻したものの、死亡。普仏戦争では大量に輸血が行われましたが、血液型の不適合などは明らかになっていない時期なので、多くの失敗例が生まれたとのこと。血液型は、カール・ラントシュタイナーが1901年に発見しています。
410: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:38.00
アン・ライスアンライスっていまどーしてるの
411: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:39.00
クロニクルズ書いてる
邦訳は出ないぜ!
^ 扶桑社; 夏子 (2004年10月25日). “アン・ライスの版権状況について” (日本語). ヴァンパイアクロニクルズ補完推進委員会. 2010年10月31日閲覧。
“現在アンライスの版権について。著者のエージェントと長く交渉していますが、近年の作品の権利は高値で止まり、下がらないのが現状です。
私企業として、利益を出せる水準をはるかに超えており、弊社としても苦悩している次第です。
すでにアンライスの別シリーズ「魔女の刻」の版元・徳間書店も新刊の版行を断念しております。
いますぐ打ち切りの判断を下すわけではありませんが、ひとまずの現状をお伝えしました。”
管理人より:アン・ライスは「夜明けのヴァンパイア」から始まる「ヴァンパイア・クロニクルズ」シリーズの作者。それにしてもこのひとのファッションは、楠本まきのマンガに出てくるキャラみたいですね。
412: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:40.00
舌噛んじまった。イカゲソ食べてるとき、おもぃっきりガリッと。
血が半日経っても止まらず、真っ赤な唾を吐き出し続けた。
それでも止むを得ずかなりの量の血を飲みこんでしまった。もうね、セルフ吸血鬼。


翌日、血は止まった。ただ、便が真っ黒だった。
415: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:43.00
トワイライト 初恋 [DVD] トワイライトなんかはベストセラーでも安かったのか
十字の刻印を持つふたり―アニタ・ブレイク・シリーズ〈1〉 (ヴィレッジブックス) ロマンス系吸血鬼だったらアニタ・ブレイクなんかも日本じゃあまり受けてないみたいから、全部翻訳は難しいかも
フィーヴァードリーム〈上〉 (創元ノヴェルズ) フィーヴァードリームの映画化はどうなったんだろう
管理人より:SF板の住人はよく本読んでるつうか。そんな作品もあったねぇ。「アニタ・ブレイク」シリーズはポスト・アン・ライスみたいなノリの作家、ローレル・K. ハミルトンの作品。1作目だけ読んだけど、作家がいろいろこじらせすぎてて、読んでると非常につらい気持ちになります。
418: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:46.00
これからニール・ジョーダン、ジム・ジャームッシュ作品、ほかにカサンドラ・クレアの小説の映画化とか、吸血映画がどんどんでるみたいだけどどれだけヒットするかなあ
トム・クルーズはヴァンヘルシングのリメイク、ブラピはヴラド串刺し公の電気映画の話が出てる


ダークシャドウとリンカーンの不発をみるともうアメリカのブームは去りつつあるような気がするけど…
419: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:47.00
基本ゾンビなアメリカ人には、上位互換な吸血鬼に対する憧れがあるんだろう・・・
420: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:48.00
吸血鬼人気は、あくまでもアングロサクソン人の秘められたコンプレックスに由来するのであって、微妙な呼吸はわしらには判らんものなのかもな
421: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:49.00
アングロサクソンというよりキリスト教か。
死後に復活した神の子の御業や、血をワイン、パンを肉と見立てる聖餐の儀式のパロディでもある。
ゾンビパニックものも最後の審判の日がテーマだし。
422: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:50.00
>>420,421
実に得心する意見だ
ありがとう
423: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:51.00
2000年代の日本でマンガでも特撮でも、吸血鬼かそれに類するもの(ブリーチの悪霊とか555の怪人は明らかに吸血鬼を意識してる)の人気が出たのはなんなんだろうな
424: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:52.00
>>423
欧米かっこいい=貴族かっこいい=吸血鬼かっこいい
じゃね?
426: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:54.00
そのあと2010ごろからのゾンビブームもなんなんだ
427: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:55.00
代理店が吸血鬼→鬼太郎→ゾンビ→ガンダムで流行回してんだよ。
428: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:56.00
日本産の吸血鬼があんまり血を吸わないのは、単に表向きの意匠を借りてるだけだからか。
なんとなくカッコよければいいのであって、別に吸血鬼である必要はないのかも。
430: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:58.00
日本産の吸血鬼があんまり血を吸わなかったり、ゾンビブームっぽかったりするのは、表現規制をかいくぐるためという側面もあるとかないとか
431: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:32:59.00
フィーヴァードリーム〈上〉 (創元ノヴェルズ) 「フィーバードリーム」ってのが面白かったな
吸血衝動を抑える方法を考え出して人間と共存しようとする主人公と、あくまで人間は餌にすぎんとするボスとの対決が面白かった
439: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:07.00
>>431
俺もフィーバードリーム好きなんだが、そのボスの言い分のほうが正論に思えてならん。
432: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:00.00
古典の吸血鬼は誰も人間を餌だとは言っていない
妙に偉そうな食物連鎖の頂点(笑)気取りはにわか
434: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:02.00
DIO様>>432
お前、DIO様の前でも同じこと言えんの?
435: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:03.00
ポーの一族 復刻版 限定BOX: フラワーコミックススペシャル ロマン派吸血鬼は、欧米ではアン・ライスの影響が大きいって言われてるけど、それより前に出てたポーはやっぱ凄いと思う
正直文学性って面ではポーのほうが上じゃないかって思うよ

結構世界観が厳しいんだよね、ポーのほうが
グレンスミスの日記とかリデルの話とか…

ライスの小説に出てくる吸血鬼はもうちょっと願望充足の色合いが強いと思う
みんなスーパーマンでお金持ちだし

たとえばエドガーの子孫って小市民の泥棒なんだよね
ライスの子孫だったら大富豪にすると思う
ライスの吸血鬼ってすごいアメリカ資本主義的な気がするよ
436: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:04.00
昔からちょっと気になってた。
あいつら、ほんとにエドガーの子孫なのか?
誰に生ませたんだよ
ポーの一族
管理人より:「ポーの一族」のあらすじは、
1744年、森の奥に捨てられた幼いエドガーとメリーベルは、老ハンナ・ポーに拾われて育てられるが、老ハンナとポー家の一族の人々は吸血鬼「バンパネラ」であった。11歳のときに一族の秘密を知ってしまったエドガーは、成人すれば一族に加わることを約束させられ、その代わりにメリーベルを巻き添えにしないよう彼女を遠くの町に養女に出させる。
といったところから始まるんだそーです。読んでみたい。
437: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:05.00
死体が子供を作れるのは トワイライトだけ
438: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:06.00
腕斬り落とすと、切り口から本体が生えてくるんだよね
442: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:10.00
美女の血が吸えて、永遠に若いままで、美女の生命力を吸えるなんて良いことずくめじゃねーか
443: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:11.00
しかし、シャワーも浴びれないし寝るときは泥まみれ、鏡を見てヒゲも剃れないんだぞ?
美女が寄り付くわけが無いだろうw
445: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:13.00
吸血鬼に妙なセンチメンタリズムを持ちこまないでほしい
罪悪感とか葛藤とかは見苦しい
449: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:17.00
ドラキュラ紀元 (創元推理文庫) キム・ニューマンの『ドラキュラ紀元』三部作が好きだったな
大吸血時代 あと、デイヴィッドソズノウスキの『大吸血時代』も面白い
452: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:20.00
ドラキュラ崩御 (創元推理文庫) ドラキュラ崩御だけどこの本屋や古本屋や図書館を探してもないんだよ…
戦記でレッドバロンをやっただけに三作目がどこの年代をモチーフにしてるのか、アメリカでオレンジ作ってたジュネが再登場するのか知りたい

ニューマン的には日本生まれの吸血鬼はカバーしてなかったのかな。
ポーの一族とかディオ・ブランドーとか
454: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:22.00
>>452
上手な書き方だなー釣られてネタバレしたくなるわw

まあ帯程度の煽りなら…ジュヌヴィエーヴ無双、英国諜報員(笑)、メガネっ娘大暴走
舞台は…ローマの休日、太陽がいっぱい、サスペリア
登場人物のカオスっぷりは三部作の中で最狂
457: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:25.00
>>452
日本産吸血鬼って漫画やゲームも含めると多すぎて&チート能力ありすぎて使いにくいんじゃね
459: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:27.00
>>457
エイリアン設定の吸血生物いれるといろいろ汎用性あるからな。
(もっとも日本以外でもウェルズのタコ火星人とかも吸血鬼といえばそんな感じだったが…)

ちなみにあるルートで本編見て「あっ」って気がつかされたのがウルトラセブンのスペル星人。
「我々の血液が放射能で汚染された」という説明から交換輸血目的だと思っている人が結構いるが、本編中ではっきり「これでたらふく血が『飲める』」というセリフを当人たちが発言。

どうも「放射能で汚染された我々の血」は「スペル星人の体内の血液」じゃなくて、「スペル星人の所有物である食用にしている家畜の血液」の事らしい。
464: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:32.00
アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う 英国パラソル奇譚 なんとなくタイトルに惹かれて「アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う」を衝動買いしてみたが
吸血鬼と戦ってたのプロローグだけじゃねえかwwwwwwwwwwww

いや、吸血鬼や人狼の生態や社会的地位みたいな独自設定は結構面白かったんだけど
465: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:33.00
アレクシアのシリーズは表紙がいいよね表紙買いする人多そうだ
ドラキュラ紀元も綺麗なイラストで再発売すればいいのに

ただ、ロマンス系がちょっと多すぎるような・・・
ホラー系の復活してほしい
呪われた町面白かったよ


今は吸血鬼で怖がらせるのって難しいとは思うんだけど・・・
少女マンガで竜樹諒って人が面白いの描いてた
アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」を吸血鬼モノに置き換えてたホラー
ネタバレになっちゃうけどひとり残って途方にくれた主人公の前にそれまで消えてた友達十数名が、いっきに吸血鬼になって登場したのが怖かった
466: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:34.00
英国パラソル奇譚の吸血鬼群の設定はけっこう面白いな
女王(美人とは限らない)吸血鬼にしか新しい吸血鬼を増やす能力がないとか、取り巻きと家来と吸血鬼予備軍を兼ねたドローンを飼ってるとことか


なにより、吸血鬼や人狼を政治や社会に組み入れたことで大英帝国が栄華を極めてたり、それに反発した清教徒がアメリカに亡命して、異界の住人に非寛容なキリスト教原理主義国家作ってたり、みたいな歴史改変SFも内包した世界観になってるとこがいい
467: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:35.00
アニメ版ジョジョ第3話より
ジョジョ3話見た。指先から血吸うなよ
丸焼きとかレスタトのパk…こっちのが先…だと?
468: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:36.00
吸血鬼が触れるだけで精気を吸い取るってのは、特定の作品というより伝承由来じゃね?
470: 467 2010/12/11(土) 20:33:38.00
>>468
手指がストローになっててそこから吸うくらいなら、手翳すだけで相手がシオシオになってく方がまだマシだわ

つか全然インタビューのが先だったわ
10年以上
469: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:37.00
首筋に歯を立てて吸う方が、表現としては後からできたんだよな
映像とかで見ると確かにわかりやすいし
471: 名無しは無慈悲な夜の女王 2010/12/11(土) 20:33:39.00
スペース・バンパイア HDリマスター版 [DVD]
>手翳すだけで相手がシオシオ
スペースバンパイアだな
to-be-continued-jojo

ハイ、そゆわけで、ヴァンパイアスレ第5回めでした。あと4回くらいできるかな。
SF板のスレですが、民俗・神話学+ホラーカテゴリーでの更新です。

なんかスレの途中で、日本と西洋ではヴァンパイアの受け取り方が若干異なる…みたいな話がありますね。
文化の違いももちろんあると思うんだけど、昨今のヴァンパイアの描かれ方というのは、言うなれば「選民思想」「血の優越」みたいなものがあるんじゃないかなーという気がします。だから、ヴァンパイアは「貴族ぽい」のであって、仲間を選ぶし、人間はエサ(奴隷)、なのではないでしょーか。

日本人はあまりそのへんピンとこないとこがありますからね。
どちらかというと、お耽美方面(美意識)に傾倒しがちなのではないか、と思う次第です。
こうしたところからも文化の違いが現れるので、おもしろいですね。

Bram Stoker's Dracula (4/8) Movie CLIP - Lucy the Vampyr (1992) HDトップ絵は、コッポラ監督のゴシックホラー「ドラキュラ」(92年)より、ヴァンパイアのルーシー・ウィステリア。
この映画はオーソドックスな感じで、ヴァンパイア入門編と言えるでしょうかねぇー。美男美女もいっぱい出てくるし、ゲイリー・オールドマンは相変わらず濃い役で満足。
ドラキュラ [Blu-ray]
ドラキュラ [Blu-ray]
posted with amazlet at 16.08.28
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (2010-05-26)
売り上げランキング: 40,668



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.8.29 0:43
    DIOとヘルシングのアーカードが戦えばどちらが勝つのか気になりますが、
    「どこにでもいてどこにもいない」能力を身につけたアーカードの勝利か、と
    思ってみたり。

    ところで、吸血鬼は川を渡れない、とか、水に入れない、とかありますが、
    どうやって体を洗っているんでしょう?
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.8.29 5:02
    どうして普通の人間のように身体を洗う必要があると思うの?

    フィクションの吸血鬼以外にも色々なタイプの吸血鬼の伝承が世界中にあるのだが
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.8.29 8:11
    色々なタイプの吸血鬼といえば、日焼けサロンに通うのが趣味の吸血鬼だとか恐竜の吸血鬼だとかブラックホールの吸血鬼だとかが出てくるラノベは昔読んだことがある
    • ※4 : はなし
    • 2016.8.31 17:07
    人間注射器
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.19 12:27
    触ったモノから生気を吸い取るってのは、昔からある描写ですね
    吸血鬼カーミラとか花が萎れるって描写もありますし。

    指先から吸血のパイオニアは鬼太郎の吸血鬼エリートだろうな
    正しくは解剖図とかつきの図鑑の方。指先から棘を出してそれを刺して血を吸う。
    さすがです、水木先生ぇ・・・。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*