人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

日本人ってなんで印象派絵画が好きなの? @ [美術鑑賞板]


日本人ってなんで印象派絵画が好きなの? @ [美術鑑賞板]
1: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/27(月) 21:07:56
昔から不思議に思うことがあります。
何故、日本人は印象派と言われる絵画を好むのか?という疑問です。
モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン等が、印象派と言われている訳ですが、何故にそこまで印象派だけに固着するという嗜好が生まれるのかを問いたいと思います。


私個人は、印象派は好きではなく、また良いとは思えません。
皆さんのご意見をお聞かせ願えれば嬉しく思います。
では、宜しくお願い致します。
2: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/27(月) 21:10:32
印象派とは何か?
印象派(いんしょうは、仏:Impressionnistes)
または印象主義(いんしょうしゅぎ、仏:Impressionnisme)は、19世紀後半のフランスに発し、ヨーロッパやアメリカのみならず日本にまで波及した美術及び芸術の一大運動である。
1874年にパリで行われたグループ展を契機に、多くの画家がこれに賛同して広まった。

印象派画家の一覧
クロード・モネ
エドガー・ドガ
カミーユ・コロー
カミーユ・ピサロ
エドゥアール・マネ
ポール・セザンヌ
アルフレッド・シスレー
ピエール=オーギュスト・ルノワール
フィンセント・ファン・ゴッホ
ポール・ゴーギャン
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より
3: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/27(月) 22:08:53
確かに日本人は印象派が好きという話は聞く。
逆に尋ねたいのだけど、外人(といっても様々いるが)は印象派が嫌いなの?
4: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/27(月) 22:24:46
>>3
嫌いという意見までは無いにしても、印象派だけにのみ好きなのではなく、他も好きだが、印象派も好きという認識が多数なのではないかと思う。
印象・日の出(クロード・モネ)
管理人より:というわけで、ところどころに印象派絵画を差し込んでいきます。このモネの「印象・日の出」は印象派の象徴的作品。ここから「印象派」という名前が来ています。
5: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/28(火) 00:43:30
日本人にとっては印象派の魅力は、絵画鑑賞時に好き勝手な印象を言って構わないと思われているところ。
なんたって印象派だもん。


絵画芸術の寓意とか図像学とかのバックグラウンドなしで済むからお気楽だよね。
キリスト教徒がせめて十倍いたら、事情はかわったかも。
6: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/28(火) 00:49:49
>>5
それならなぜ現代美術も人気ないのかな?キリスト教なんて関係ないのだけど。
8: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/28(火) 03:14:18
>>6
印象派は分かりやすくて言いたいように言える
現代美術は言いたいようにいえるが分かりにくい
18: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/30(木) 00:10:29
>>5
タイモン・スクリーチ教授によれば
西洋で見られる本物の日本美術の殆どが江戸のものだという現実もあります。
特に浮世絵などそれほど図像的にうるさくなくて、学問的・哲学的背景を知らなくても楽しめるものが多い。
日本人が印象派を好きなのと同じですね。
と、言ってる。
ムーラン・ド・ラ・ギャレット(オーギュスト・ルノワール)
10: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/29(水) 01:42:17
開国時期とリンクしているため、華やかな西洋文化のイメージとして刷り込まれています。
11: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/29(水) 03:18:49
>>10
俺はこの意見に同意する。
これが日本人の西洋絵画の刷り込みになったんじゃないか?
舞台の踊り子(エドガー・ドガ)
12: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/29(水) 05:15:27
国民性としかいえないでしょーに
結論有りきな議論はつまらない
13: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/29(水) 12:39:38
>>12
では、何故、そんな国民性になったのか?
14: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/29(水) 14:45:32
>>13
卵が先か鶏が先かの平行線かと思われ・・・
パリの通り、雨(ギュスターヴ・カイユボット)
16: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/29(水) 22:44:46
それにしても日本人は印象派が好きだね
19: わたしはダリ?名無しさん? 2006/11/30(木) 20:03:42
今では日本人の日本絵画への好みも西洋人とあんま変わらんよね。
浮世絵だ琳派だ若冲だと分かりやすいのばかり人気だし。
20: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/01(金) 07:19:26
うーん、それはそうかもな。
ありふれたものほど目に付き、ファンというものが出来る。
21: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/01(金) 07:28:26
でも図像的にうるさくて、思想的な背景の知識もある程度必要なはずの仏像は江戸時代絵画にも増して大人気じゃね?
トランプをする人々(ポール・セザンヌ)
22: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/01(金) 13:43:17
日本人て、なんとなく、が大好きだから。

それと全体的に美術に関する知識が乏しいから、どうしても綺麗なものに目が行くのでは。
26: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/02(土) 07:38:18
>>22&23

これが真理に近いかもしれないな。
32: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/03(日) 14:36:25
>>22はたぶん的外れではないと思う(つーか一つの大きな理由だとは思う)が、それは絵画とか日本人に限った話じゃないんだよな。

異国の音楽を楽しむときその歌詞に秘められたものまで探る奴なんて少数派に決まってる。
23: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/01(金) 16:51:05
仏像は分かるけどダヴィドだドラクロワだの歴史画は分からんもんね。
印象派の対象に対する無関心さ(図像学とか意味とか)=純粋に目に映った景色や色・かたちを再現しようとしたのが、予備知識のない日本人にも分かりやすい絵になったんじゃないかな。
草上の昼食(エドゥアール・マネ)
管理人より:このマネの作品は、そんなに印象派的技法で描かれていませんが、サロンに出品されて大変な物議を醸し、初期印象派の若い画家たちへ与えた影響はとても大きかったと言われる野心的な作品。当時は、裸の女性を単なる女性として描くことは大変不謹慎だと思われてた時代です。これは女神ですよとか、聖女ですよとかいうタテマエでないとならなかったことに注意。
参考までに以下、ダヴィドとドラクロワの作品も挙げておきます。
ナポレオンの戴冠(ジャック=ルイ・ダヴィッド)
民衆を導く自由の女神(ウジェーヌ・ドラクロワ)
27: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/02(土) 20:41:37
最近は印象派よりもフェルメールの方が人気あんじゃね?
日本人の好み云々以上にマスコミの宣伝効果次第って面が今は大きい気がする。
30: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/03(日) 12:25:56
そういや前に浮世絵好きなフランスの教授に「なんで好きなの?」って聞いたら「ナントゥナクー」って笑ってたな
サン・マルタン運河の眺め(アルフレッド・シスレー)
管理人より:参考までに以下、フェルメールの代表作も。
真珠の耳飾りの少女(ヨハネス・フェルメール)
33: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/03(日) 14:53:43
そもそも印象派の絵に、日本(東洋)文化の影響が見られるから、それを見て興味を引かれてるのもあるだろう

モネの描いた『ラ・ジャポネーズ』や睡蓮の庭
ホイッスラーの描いた東洋陶器
マネやドガもしかり
後期印象派と見なされることもあるゴッホとロートレックも・・・


ルノアールやセザンヌはそうでもなかったらしい
54: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/04(月) 22:10:00
>>33
そうなの?
逆に「印象派に影響与えたから浮世絵を見よう」なんて人も多そうな気がするけど。
ラ・ジャポネーズ(クロード・モネ)
管理人より:以下に、もうひとつの「ラ・ジャポネーズ」も。
ラ・ジャポネーズ(ルイ・エミール・ヴィラ)
着物崩れすぎで、妙にセクシーになってます。
34: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/03(日) 15:02:12
印象派以前の絵画は、室内で暗い光の中で描いていた
室外で自然の光の中で描いたのは印象派からで、自然光の中での色彩表現が日本人の感性に合うんだろう
要するに日本人にとってパッと見快いと感じる画面であるから好きと言いやすい


「これなら好きといっても他人も同感だろうから安心」
35: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/03(日) 15:47:10
>>34
前半は「おお、なるほど・・」と思いながら読むが、だんだんお里が知れ始め、最後の一行で「ああ、お前・・・w」
36: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/03(日) 15:57:00
>>35

>>34の最後の一行のように考える日本の一般人が多いだろうから、という意味よ?
ジヴェルニーの散歩道(クロード・モネ)
46: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/03(日) 16:52:35
日本の文化芸術は、春夏秋冬の風景、光の微妙な移り変わりに基づいてるから、印象派の表現にもすっと馴染めるんだよ。たぶん。
49: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/03(日) 19:26:33
死んだ祖父が油絵を習っていた頃、西洋美術の情報は限られたものだったけど、印象派は鮮烈だったそうです。
私としては、海外の美術館を訪れた際に時代ごとに作品が部屋割りされていた、その順をおって鑑賞すると、感覚的なものですが、印象派はやはり大きな転換期に感じました。


日本人としては日本文化の影響が一部盛り込まれた構図や色彩、モチーフなどが印象派の絵画に抵抗なく自然に入りやすくしていると思いますが、「何故」と今更問われてもこれらの要因は皆さんがご存知のことと思うので、スレの存在自体が「何故」です・・。
52: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/03(日) 20:40:32
>印象派はやはり大きな転 換期に感じました。
おそらくその通りで、印象派の鮮やかな色彩表現の実現には、当時キャンバスや絵の具を生産するテクノロジーの大きな進歩があったのも、大きく影響してるんだよね

;;;;;以下引用;;;;;
18世紀末には白い下塗りを施した麻布が商品として生産され,機械練りの絵具も登場した。
イギリスに起こった産業革命は顔料化学にも多大な影響を及ぼし,18世紀後半から1世紀間に,亜鉛華 zinc white,クローム黄 chrome yellow,アリザリン・レーキalizalin lake など鮮やかな新色を多数もたらした。
絵具の色数は一挙に十数倍になり,画家は絵具を混ぜたり,グラッシを重ねて色をつくる手間を既製色から選択することで代用できるようになった。
印象派の成立は白色下地と色彩革命に支えられていた。
;;;;;

某辞典より
パリのオペラ座通り、テアトル・フランセ広場、霧の情景(カミーユ・ピサロ)
51: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/03(日) 20:29:33
ひとまずまとめると

・印象派は綺麗なので、玄人でなくてもとっつきやすい
・印象派には構図やら何やらに日本文化と通じるものがある


あれ?これだけか・・・
56: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/05(火) 14:26:25
勉強になるスレだな
57: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/05(火) 21:24:32
印象派はそれ以前の絵画に比べ、教養がなくても楽しめるからだと思う。
前にどこかの記事で印象派が好きなのはアメリカ人と日本人が多い、と書かれていたけど2つの国民はヨーロッパの伝統と切れてるから。
聖書とかになじんでいれば、印象派以前の絵画ももっと楽しめるかも。
60: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/06(水) 00:26:57
>>57
同意。
58: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/05(火) 22:05:14
アメリカは伝統とキレてるのがコンプレックスなので、アメリカ現代美術はヨーロッパ美術との連続性にもの凄く拘るんだな。なるほど・・
印象派好きは日本と同じく素人さんに多いはず。
パイプをくわえた男(ポール・セザンヌ)
59: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/05(火) 23:38:22
知識が無くても云々についてはこういう意見もあるけど
97 わたしはダリ?名無しさん? 04/09/19 19:34:04
>>95
後天的な知識を植え付けられる前の純粋な小さい子どもに、ジェロームの絵とモネの絵を見せて、「どっちが上手だと思う?」と聞けば、間違いなく全員が前者を指すと思う。
61: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/06(水) 00:48:51
>>59
その場合「どっちが好き?」と聞くのが正しい。
「どっちが上手だと思う?」は実は誘導尋問。
62: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/06(水) 01:30:47
「どれが好き?」と聞いたらモネの絵よりもジェロームの絵よりも、アンパンマンやドラえもんを選ぶだろうな。
サンタドレスのテラス(クロード・モネ)
闘鶏(ジャン=レオン・ジェローム)
アンパンパン(やなせたかし)
管理人より:どれが好き?
65: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/06(水) 14:22:24
聖書やキリスト教について知識があったとしても、宗教絵画を楽しめるかどうかは疑問だけど

キリスト教者が宗教絵画を観る際も、信仰心が加わっていてこそ価値を見いだすわけで、キリスト教の家に生まれて知識は持っていても、信仰を持たない世代は宗教絵画を本当に楽しんでいるのか?

描かれるモチーフの解釈の仕方を知っていてもm印象派の方が俺は楽しいよ
キリスト教的モチーフへの思い入れがないからね
動きの固いポーズや暗い色彩が嫌いなので


解釈の仕方を知ってるかどうかと人気があるかどうかは別問題
67: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/06(水) 23:50:10
>>66
後半激しく同意。同じことが他の絵画にも言えるだろう。
素晴らしいものを見たら感動するんだよな。知識がどうとか安心するとか、くだらねー浅読みはどうでもいい。
71: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/07(木) 01:11:15
普通に「日本人ごのみだから」でよくね?
そんなもんいくらでも例があるのに、なんでわざわざ理由づけしたがるのか分からん(まあホントは分かるがw)
ぶらんこ(オーギュスト・ルノワール)
95: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/10(日) 02:11:05
ま、味わうために知識を持とうとすること自体が悪いわけはないよ。良いことだ。
しかし、それをこのスレの流れの中で言うとな、そこには「大衆は知識がないから印象派などを尊ぶのであり、それに比べて我らは」という、イタい、というかヲタい矜持が見え隠れするのさ。>>1から通して読めば分かるとは思うが。


これが「絵画を楽しむのに知識は必要か?」とかいうスレでの話なら俺は突っ込まんよ。
24: わたしはダリ?名無しさん? 2006/12/01(金) 18:44:17
自分が他人に与える『印象』を過度に気にする日本人だからじゃないかwww

なんか微妙に「所詮日本人だから」みたいに卑下してる部分が、ちょいちょい見られますね。
日本人に人気の西洋画家というと、スレでも出てた印象派絵画の他には、

デルフトの眺望(ヨハネス・フェルメール)
フェルメールとか、

月桂樹(アルフォンス・ミュシャ)
いつも安っぽい展覧会になりがちなミュシャ、

記憶の固執(サルバドール・ダリ)
あとはダリでしょうか。

白貂を抱く貴婦人(レオナルド・ダ・ヴィンチ)
日本にはめったに来ないけど、レオナルドも人気です。

以前、どっかの巻末で、管理人も同様に「なんで日本では印象派が人気なのかなー」ということを書いたところ、「作品の鑑賞に、神話・宗教的文化背景が必要ないからではないか」というご意見をいただいたことがあります。スレでもそんな意見が出てました。
まぁ確かに以下のような作品がポンと置かれても、

ナルキッソス(ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオ)
たいていの日本人には「お前は誰やねん」という感想になるのはやむを得ないところではあります。(ギリシャ神話のナルキッソスとエコーのエピソードを読めばわかります)

竜と戦う聖ゲオルギウス(ラファエロ・サンティ)
こゆやつも、タイトルがなければ「誰やねん」てなるわけです。聖書を熟読する日本人てあんまりいないですから。でも向こうのキリスト教徒なら、さすがにこれ見て、誰かわかんないひとはいないだろうと思います。この男性に翼が生えて馬に乗ってなければ「レヴィヤタンを退治する大天使ミカエル」になるし、海辺に鎖で縛られた美女がいれば「海の怪獣を退治するペルセウス(とアンドロメダ)」になるでしょう。

まぁでも、そのわりには、ヨーロッパ的教養があんまりいらなさそうな、近代アメリカ絵画(ホッパーとかワイエス)なども人気がなく、たまたまかなぁ?という気はしなくもないです。
スレでは他にも、西洋絵画が日本に入ってきたタイミング的に、ちょうど印象派だった説、印象派の気質が日本人に合ってるのではないか説などもあり、うなずける部分もまぁありますね。
9.11追記:以下、コメ欄で教育関係者の方からのご意見。
まず、昔の教科書は印象派のページが多かったらしい。確か教科書についての論文もあるので、読めばその変遷も分かるはず。
次に、学校で鑑賞をあまり重要視してこなかったことが言える(現行の学習指導要領では重視しつつある)。作品をじっくり見て、自分で気づきがあったり、自分なりに解釈したりする経験をしてないことで、作品の見方や向き合い方を知らない人が多いのではないだろうか。それ故に、明るい画面で内容も分かりやすい印象派が受けるのだと思う。(印象派が人気なのは日本だけでは無いようだけど。)
さらに、重要視してなかったことに関連して、教員の様々な美術作品に関する勉強不足、印象派が子どもの興味関心を引きやすいことから(ここら辺は鶏卵だけど)、印象派を特に多く扱ってきたことで日本人は良く知っているからとも考えられる。
なるほど、教科書や教育者の方向性もありますかね。ここはスレでも盲点だったのではないかと思うので、追記させていただきました~。

管理人は、緻密に書き込まれた作品が好きなもんですから、後期ルネサンス作品~北欧絵画、あと美術ファンにはイマイチ不人気なアール・ポンピエなども大好き。
一方で、ふわぁ~っとした感じの印象派絵画はさほど好きではありませんが、どちらかというと内省的な日本人にとって、やっぱり印象派絵画の鮮やかで明るい色彩が、とても新鮮に映るのかもしれませんね。
そういうのをきっかけに、広大な西洋絵画の世界に踏み込んでみるのも、優雅な趣味だと言えるのではありますまいか。西洋的教養なんて後からついてくるもんですよ。これホント!

今回は準備が間に合わず、次回に回しますが、当サイトには「世界の美術館シリーズ」もあり、各作品にひとつづつ解説も入れておりますので、興味のある方はどうぞ見てやってください。

モレ・シュル・ロワン(アルフレッド・シスレー)
トップ絵はシスレーの「モレ・シュル・ロワン」より。タイトルあってるかな。印象派の画家といって、生涯ずーっと印象派的技法を律儀に守り続けたのは、このシスレーだけでしょうか。
イギリス生まれ、フランス育ちの画家で、風景画オンリー。このモレ・シュル・ロワンは、シスレーが晩年を過ごした村の名前だそうです。
謎解き印象派: 見方の極意 光と色彩の秘密 (河出文庫)
西岡 文彦
河出書房新社
売り上げランキング: 103,514



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.10 21:15
    あんまり意識したことなかったが、こうやってみてみると好きな絵は印象派ばっかりだな
    音楽に関してもドビュッシーとかが好きだったりと
    実は自分以外もみんなそうだったりするのかな
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.10 23:17
    日本人が印象派好きという点に疑問を感じます
    大多数の人は学校の美術で習った画家しか知らないので名前が挙あがるだけは?
    ダ・ヴィンチ、ピカソ、ラッセンも良く名前があがりますし
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.10 23:29
    宗教画などの写実系だと細かいところまで書き込まれているから硬い印象がある
    印象派はぱっと見で理解できるから(画家の意図とか抜き)好きになるんじゃないかな?

    (*´ヮ`)<こまけーことはいーんだよ

    写実の漫画よりディフォルメの方が多いし
    日本で評価高い焼き物だって四角四面のパリッとしたのより崩しが多い
      • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.9.11 10:14
      >※3
      印象派と呼ばれる絵のよい所は、見ていて疲れないって所かな
      部屋に飾っておくのに丁度良い感じ

      あと、ピカソとか難解な絵画を部屋に飾って、ガチの人がやってきてこれいいですねぇとか言われた時に返答どうしようとか考えなくて済むw
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.11 0:21
    印象派の画家たちは、日本の浮世絵に大きく影響を受けている。

    世界の絵画史に影響を与えた部分を、美術教育やマスコミが強調しまくった結果です。

    そこから日本の金持ちが、文化的な教養を自慢する感じで、印象派の絵画を買いまくったり自慢したりしたから印象派が好きなように見えるのです。

    とは言っても、浮世絵から学ぼうとした西洋人の絵画なので、日本人の美的感覚にもあっていたのでしょうが。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.11 0:59
    自分も印象派の画家がやはり好きですね。

    四季の移り変わりの色鮮やかさと印象派の絵画がマッチしているという点がかなり有力だと感じました。ただ印象派がマジョリティだからとかで見下すんじゃなくて、周りの人の好き嫌いとかに影響されず絵画は楽しむべきもの。他人の意見じゃなくて自分の中の美を探求していきたいですね。

    批判が多い作品でもいざ自分で見てみると案外お気に入りになったりしますし
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.11 9:25
    人の感じる印象を絵画にする試みが、目についたもの何にでも(イワシの頭にすら)神が宿るとか考えちゃう日本人の感性にしっくり来たからじゃないかと思っている。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.11 11:46
    美術教育畑の者だが、スレで言われていることは概ねその通りだと思う。
    それらに付け加えるなら、以下の3つ。
    まず、昔の教科書は印象派のページが多かったらしい。確か教科書についての論文もあるので、読めばその変遷も分かるはず。
    次に、学校で鑑賞をあまり重要視してこなかったことが言える(現行の学習指導要領では重視しつつある)。作品をじっくり見て、自分で気づきがあったり、自分なりに解釈したりする経験をしてないことで、作品の見方や向き合い方を知らない人が多いのではないだろうか。それ故に、明るい画面で内容も分かりやすい印象派が受けるのだと思う。(印象派が人気なのは日本だけでは無いようだけど。)
    さらに、重要視してなかったことに関連して、教員の様々な美術作品に関する勉強不足、印象派が子どもの興味関心を引きやすいことから(ここら辺は鶏卵だけど)、印象派を特に多く扱ってきたことで日本人は良く知っているからとも考えられる。
    • >※8
      教育の視点というのは、スレでもなかったと思うので、巻末に追記させていただきました。
      補足どうもです~
    • ※9 : 名無しさん
    • 2016.9.11 12:26
    写実的な物はわざわざ絵で眺めるよりも見に行ってたからだろ。百聞は一見にしかず自分で見に行って楽しむのを重要視するからな
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.11 19:26
    メディアのような類型分類単純化

    血液型、国民性、県民性などと同じ臭いがするわ
      • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.9.12 15:47
      >※11
      同意ですね
      まず日本人が印象派が好きなのかが検証してない
      主観による思い込みやぼんやりとした経験則で「なぜなのか?」と問われても答えようがない
      まずは統計データを元に日本人は印象派が好きな傾向がある点を示さないと考察する意味が無い
        • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2016.9.12 22:30
        >※12
        国内外の印象派展やそれ以外のテーマ展の一日平均の入場者数を比較したら見えてくるかもしれませんね。
        • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2017.4.13 9:42
        >※12
        調べれば日本人が博物館などで他よりも印象派の絵画に惹かれる傾向が強いことを示す発言は多くありますよ
        そもそも日本人が印象派の絵画が好きだからといって悪いわけはないのだし、そう肩ひじ張らずともよろしいのでは??
    • ※13 :
    • 2016.9.12 16:32
    単純に日本の絵にない華やかさ、美しさがあるからじゃない
    ふわふわ柔らかい優しい色が多くて、光が差してて明るくて綺麗だもの
    あと日本人は漠然と白人と西洋文化に憧れてるから、白人やあちらの美しい街並みが描かれてると快いんだと思う
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.13 20:11
    こんな議論があるんだな。印象派というがそれが絵で、普通で一般的だと思ってたよ。
    宗教画のキモイの→印象派→意味不明な現代アートって認識。
    画家もピカソゴッホルノワールゴーギャンマネモネシャガールセザンヌダリぐらいしか知らんし、キモイ宗教画以降芸術家気取りのアバンギャルドに突っ走った自己満オナニー現代アートしか生まれてねえ。
    音楽に例えると、何故ギターやベースドラムが好きなのか?って言ってるのと一緒。太鼓→オーケストラと来てギターが生まれたら今までずっとギターでしょ?ギター古くせえ!とはならないし。
    芸術絵画つったら未来永劫印象派の絵画だしそれ以外は絵ですらねーと思ってる。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.15 13:15
    なんでA型には神経質が多いのか?と同レベルの話
    日本人が印象派好きだという根拠もないし個人の感想でしかない
  1. ※16ドクターと、同様の意見がチラホラあるので、数字も貼っておきましょうか。

    http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/56352/
    http://www.art-annual.jp/news-exhibition/news/45546/

    15年度はモネ展、14年度はオルセー印象派展が来館者数1位ということで、まぁやっぱり人気と言って良いんじゃないでしょうかね?
    しかしこうしてみると、13年の点描の印象派展は、あんま人気無いから、スーラとかはアカンのでしょうか。ウーン。知名度的なもんかな。
      • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.9.16 12:59
      >※17
      管理人さん資料ありがとう
      でも、これでは日本人が印象派好きの根拠になりませんよ
      印象派以外も上位に入ってますし
      他国との比較をしないと意味がないです、単なる知名度による差にしか見えません
    • ※18 : Ph.D(学際)
    • 2016.9.15 17:33
    この道の博士課程の者だが、
    あくまで自分の理解しできている範囲では、歴史的要因は4つ。
     ひとつは専門教育。言わずと知れた東京美術学校の西洋画の教授の黒田清輝の影響。
    黒田は仏・アカデミーに留学しコランに師事、それまでのアカデミックな絵画観を下敷きに当時の最先端であった印象派の影響を受け帰国。紫派・新派の画風を輸入。またそれ以外にも、森鴎外(東京美術学校で解剖学を行なう)や岩村透(西洋美術史)の西洋芸術論の輸入紹介の影響も少なくない。
     ふたつ目は普通教育。黒田や岩村の指導を受けた山本鼎(美術教育学では有名)の自由画教育運動の影響。それまで小学校で行なわれていた臨画(お手本の模写)に代わって写生を奨励。当時の学校の先生たちはそれを印象派的な表現と結びつけ理解(山本の真意は正しく理解されていなかっただろう)。全国へ普及。
     三つ目は白樺派の影響。上記の二つの要因にも深く影響を与えていたと考えられるのがこれ。武者小路実篤を中心とした文芸雑誌『白樺』は西洋美術も熱意を持って紹介していた。その中心であったのが印象派とポスト印象派。この時中心となっていた芸術観は「自己表現」。日本での印象派(モネとかマネ)とポスト印象派(セザンヌやゴッホ)との混同もここが原因。
     四つ目はコレクターの存在。林忠正を皮切りに西洋の美術がコレクションされはじめる。その中心であったのが印象派。それには日本のコレクターらが浮世絵を輸出した代わりに直接印象派の作家から作品を購入していたりしていた。その後、それらのコレクションが中心となって西洋美術館が作られるので、日本の西洋絵画のコレクションの中心は印象派となる。

     もちろん日本の美意識や自然観や、それまで以前の西洋絵画(宗教ベース)なども無視できない要因かもしれないが。歴史的な背景は以上。
    • ※19 : Ph.D(学際)
    • 2016.9.15 17:45
    >※18
    連コメ失礼。補足。
     全て明治・大正期の話。日本が西洋絵画とはじめて本格的に出会ったのが印象派だった。それも専門教育=作家、普通教育=教師、子供たち、文芸=知識人、美術館=美術界隈、一般の人、と西洋美術=印象派というイメージが社会を網羅した。
     それから100年以上経つが、未だにその影響下にある。その後美術は多くの文脈が形成されてきたのに。
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.9.18 22:47
    日本人に印象派が好まれる理由としてまず思うのは、別のコメでも指摘されてるけど、印象派が古典的写実からの革新で、人の感覚に根ざした普遍的な表現を目指してる、というのがあると思う。あとは人工的な造形物より自然描写に重点が置かれてる、というのもある気がする。西洋の建物と日本の建物には明確な文化的差があるけど、西洋の四季と日本の四季はそれほどギャップがないからね。一言で言うと、印象派はとても親しみやすい。
    あともう一つは歴史的価値が高いということもあると思う。一般的な美術の鑑賞者にとっては、認識と価値のギャップは少ないことが望ましく、難しいことを考えず「いいものを見た」と、気持ちよく思えることはけっこう重要だと思う。自分にとっては良いけど、価値の低いもの、あるいはその逆は、うまく飲み込めないしこりを残す。そのしこりを咀嚼することが楽しい、という人もまたいるけれど。
    つまり、印象派は日本人にとって親しみやすく、見たあと気持ちよく帰れる、というのが大きいのでは。
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.15 17:36
    私もよく美術館へ行くけど、印象派の展覧会はいつも混んでる。
    だから印象派展の回数も断トツ多い。
    一年に何回もやってるからここ最近は印象派はあまり見に行かなくなってしまった。

    そしてこのまとめでも貼られていたドガの踊り子、これはめちゃくちゃびっくりした。
    教科書などで絵を知ってはいたけど、本物は光ってた。
    なんというか、キャンバスの裏から光を当てて透かしてるような物理的な光を感じた。
    思わず壁を確認してしまったよ。
    本当に驚いた。
    印象派というだけあるな…と感動しきり。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。