人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

純文学と大衆文学(通俗小説)の違いって何? @ [文学板]


純文学と大衆文学(通俗小説)の違いって何? @ [文学板]
1: 吾輩は名無しである 2015/10/05(月) 18:06:24.39 .net
芥川賞・・・純文学
直木賞・・・大衆文学

らしいけど、純文学と大衆文学(通俗小説)の明確な境界線ってあるの?
2: 吾輩は名無しである 2015/10/05(月) 18:33:12.03 .net
純文学と大衆文学というような絶対的な基準よりも、もっと相対的な基準を問題にする方がメリットあると思うんだが。
例えば、ポモの批評家に媚びる作家が一時、多かったという現象は思い出す必要がある。
いとうせいこう、島田、高橋源一郎などは、露骨にポモに媚びてた。
批評家に媚びる純文学など有り得ない。

純文学と大衆文学の明確な境界線などない。
時間が経って、純文学と評価された作品が大衆文学に評価されたり、その逆の例など、我々は数多見て来たはずだと思うが。
一見しての思想小説が実は定型をなぞっただけの、実質は大衆小説だった例とか。詳しい例は挙げられない。適当な勘で俺は書いてるから。


大菩薩峠(1) (ちくま文庫) どっちにも跨がって評価された作品なら大菩薩峠とかある。
管理人より:「ポモ」というのは「ポストモダン」のことですね。「┌(^。^┐)┐」じゃないです。
3: 吾輩は名無しである 2015/10/05(月) 18:40:11.13 .net
谷崎作品は芸術至上主義の立場をとる芥川から奇を衒っただけの低俗な作品だ、と批判されたけれど(国会で問題になったことすらある)現在では純文学の王道とされている。
4: 吾輩は名無しである 2015/10/05(月) 18:40:37.85 .net
純文学と大衆文学とをくらべてみる時、「どうあってもいい。」のが純文学であって、「かくあらねばならぬ。」のが大衆文学ではないのだろうか。
つまり、純文学の場合では、「かくあらねばならぬ。」ことの条件が、作家自身のうちにある。
大衆文学の場合では、その条件が、作家以外の他人のうちにある。
9: 吾輩は名無しである 2015/10/06(火) 15:36:36.50 .net
>>4
これ
20: 吾輩は名無しである 2016/02/11(木) 19:37:41.89 .net
>>4クソかっこいいな
俺の内部でストンと納得する音が聞こえた
6: 吾輩は名無しである 2015/10/06(火) 09:28:47.35 .net
作品の内容で定義しようとすると必ず定義から外れようとするものが出てくるから、明確な境界線が欲しければ発表する雑誌で分ければいいよ
純文学の雑誌で発表されれば純文学
7: 吾輩は名無しである 2015/10/06(火) 11:51:27.70 .net
古都 (新潮文庫) 白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)
今、川端康成の古都と山崎豊子の白い巨塔を並行して読んでいる。
こうやって読むと純文学と大衆文学との違いが明瞭にわかる。
勉強のためには純文学のほうがなるが、ストーリーの面白さは大衆文学のほうが上かな。
つまりは純文学は読みにくくて難しいものが多いが、大衆文学は読みやすくてやさしいものが多い。

俺的には
11: 吾輩は名無しである 2015/10/07(水) 12:47:15.07 .net
俺にとって大衆文学は純文学以外のすべて。
推理小説、SF、ハードボイルド等は結構読んだが、今思うと大方が時間の無駄だと思う。
ただ面白かったとかつまんなかったとか程度の感想しか残らない。

そのてん明治文豪の純文学はさすがに教養あふれているので勉強になるな。
時間の無駄となる小説は少ない。
15: 吾輩は名無しである 2016/02/11(木) 17:25:34.60 .net
>面白かったとかつまんなかったとか程度の感想しか残らない
その程度の感想しか持てない感性だからだろう
16: 吾輩は名無しである 2016/02/11(木) 17:32:32.45 .net
幼年期の終り 「幼年期の終わり」を読んで「面白かった」しか言えない奴は感性がない
17: 吾輩は名無しである 2016/02/11(木) 17:41:36.82 .net
>教養あふれているので勉強になるな
はあ?
SFにも教養は沢山溢れていますが?

欧米のプロ作家の作品なんて最新の科学知識が沢山は言ってますよ
例えば太陽は「ソル」といい、ED論はインチキだと分かる
対して、明治文豪の小説でどんな教養を得られる?
14: 吾輩は名無しである 2015/10/12(月) 15:26:29.98 .net
音楽で例える

純文学 クラシックをオーケストラで演奏する 金持ち高学歴の客層
大衆文学 ロックをバンドで演奏する 貧乏低学歴の客層
22: 吾輩は名無しである 2016/02/11(木) 22:56:16.26 .net
>>14
クラシックのオーケストラって大衆向けの娯楽じゃないの?
18: 吾輩は名無しである 2016/02/11(木) 18:06:43.39 .net
品格と格式、その内側に秘められた情緒的な弱さ、繊細さ、そして他者への思いやり、深遠なる情愛、まさにそこには生きとし生けるものの推し量るべき教養が潜伏し充ち満ちている。

欧米の作家などこれら日本人の思考の足下にも及ばない。
彼らの出鱈目と誇大表現は浅はかで品のないコソ泥の無知蒙昧を曝け出している擬い物。

やはり文化的にも歴史的にも浅く、ありていにいえば野蛮人である。
19: 吾輩は名無しである 2016/02/11(木) 18:15:16.94 .net
>>18
君がそう感じてるならそうなんだろうね
君の中では
25: 吾輩は名無しである 2016/02/15(月) 14:07:51.60 .net
大衆文学は面白い興奮する、早く続きが読みたい、テンション上がる、読後サッパリすがすがしい

純文学は美しい、生々しい、読後作品に魂を持ってかれる
26: 吾輩は名無しである 2016/02/18(木) 14:28:05.71 .net
つまらない小説が純文学
面白い小説が大衆文学
27: 学術デジタルアーカイヴ 2016/02/18(木) 14:34:39.75 .net
違いはない。
最近は直木賞の方がレベル難易度が高く又吉は又として、いいテーマが多い。
30: 吾輩は名無しである 2016/02/18(木) 22:16:21.93 .net
エロイ描写も詩的なおかつ客観的で旋律を奏でる
哲学的な色を匂わせるのが純文学
31: 吾輩は名無しである 2016/02/18(木) 22:21:04.67 .net
着想としか表現できない印象的ないつまでも色あせない場面を読めるのが純文学
あとは娯楽だ
32: 吾輩は名無しである 2016/02/19(金) 00:35:51.79 .net
純文学は個人の物語
40: 吾輩は名無しである 2016/02/20(土) 23:49:48.75 .net
>>32
こういうの本気で言ってる人間がほんとにいるから嫌になるわ
司馬遼太郎って馬鹿だよね
ざっくり芸術としての文学(小説)が純文学ってことで問題ないだろ
41: 吾輩は名無しである 2016/02/20(土) 23:57:27.97 .net
>>40
すみませんちょっとうまく理解できないので、もう少し詳しく書いてもらえませんか?
45: 吾輩は名無しである 2016/02/21(日) 09:21:17.95 .net
>>41
文学賞選考に見る 三つの「境界」
この記事にあるように前回の直木賞で選考委員が、司馬を引き合いに出して、自分について書けば芥川賞だって言ったからそれを皮肉って司馬は馬鹿って言っただけ
よく通俗文学側から「これは純文学でも通用する」っていわれる小説は、純文学のフィールドに立つとどうしようもないのが多い
(逆に芥川賞作家が売れるためにエンタメ寄りに書いたものだってひどいのがわんさかあるはず、というか総じてひどいはず)

よくあるのは太宰治を浅薄に解したような自己語りだけの小説とか、単に長ったらしい直喩だけをしつこくたくさん入れてあったりするだけのものとか

芸術としての文学っていうのは、音楽にも絵画にも彫刻にも演劇にも映画にも(たぶん)漫画にも、芸術(的な)作品というものが一般にはあるとされているわけで、文学とか小説という表現においては純文学がそれだろってこと
じゃあどうやって芸術かそうでないかを分けるのかっていうと、それは批評の仕事なんだろうけど、批評家であろうが一般読者であろうが、現代の作品を鑑賞するときに古典をぜんぜん知らないでは、芸術性は読み取れないと思うよ

その上で、ただし現状の文壇(つまり大手を中心とした出版業界、ということは編集者の趣味ってことになるしかないわけだが)では
>>44が指摘している通りに媒体によって純文学としてあつかわれるか、通俗文学としてあつかわれるかが決まる

朝井リョウが文学界に書いた作品は純文学としてあつかわれる
もちろん見るべきところがなくてほぼ無視されて消えていくわけだが

とはいえ現状、文芸批評なんて機能してるとは言いがたいわけで、佐々木敦なんていう音楽畑のいっちょ噛みが重宝されて書き散らしてるくらいだし、今純文学としてともかく世に出ている作品のほぼすべてが消えていくだろうね

ということはつまり、われわれ大衆は芸術それ自体を尊重するとしても、芸術としての評価の定まっていない、おそらく99.9%以上の確率で消えて行くであろう
現代の純文学作家を読むよりもエンタメを面白がる方が得だと考える
芸術としての文学に触れたいなら古典を読むよてなもんだ


こんな感じでどうでしょうか
46: 吾輩は名無しである 2016/02/21(日) 13:17:25.56 .net
>>45
僕が言うところの「個人の物語」は「自分について書く」という事が条件ではないです。
「他人についてのみ書く」事でも「個人の物語」は表現できます。
51: 吾輩は名無しである 2016/02/21(日) 15:48:10.05 .net
>>46
それでも同じことだよ
なんで一人の人間について書くことだけが芸術としての文芸になるんだ
芸術も文芸もそんなに狭いもんじゃないって言ってるんです
52: 吾輩は名無しである 2016/02/21(日) 15:53:10.93 .net
>>51
いや伝わってないみたい。
他人について書くというのは、一人の人間を描写するという意味ではないです。
僕が強調したいのは書き手の主観性の問題です。
63: 吾輩は名無しである 2016/02/23(火) 19:09:56.10 .net
>>52
そんな君の恣意的な判断でどうとでもなるような基準は、基準と呼べないし定義でもなんでもないよ
65: 吾輩は名無しである 2016/02/23(火) 20:02:15.05 .net
>>63
わかったよ。もうやめよう(笑)
55: 吾輩は名無しである 2016/02/22(月) 09:57:30.27 .net
定義の話じゃないけど、純文学系とエンタ系両方の雑誌に発表してる島本理生が、純文学系に発表するときは削って削ってという作業をするのに対し、エンタ系に発表するときは、もっともっと書き込む作業をするというようなことを言ってた。
73: 吾輩は名無しである 2016/02/26(金) 07:42:42.34 .net
純文学が内容の中に「死」を取り扱う
大衆文学は「死」を取り扱わない
77: 吾輩は名無しである 2016/02/26(金) 23:37:55.63 .net
銃 (河出文庫) >>73
中村文則の「銃」を読んだときに何となく気づいた
76: 吾輩は名無しである 2016/02/26(金) 20:09:43.68 .net
月と蟹 (文春文庫) スレタイの違いは自分も全然分かんないだけど、大抵の大衆小説は読み終わった後なんか言い様のない物足りなさが残るんだよなあ
感性が乏しいのか
あ、けど道尾秀介の『月と蟹』は面白かった
78: 吾輩は名無しである 2016/02/27(土) 00:42:36.97 .net
「ありのままの自分」を書くのが純文学だと言う人もいる
自然主義崇拝者の近視眼とはいえ、犯罪者の手記が売れることを考えれば、間違いとも言い切れない
79: 吾輩は名無しである 2016/03/14(月) 23:26:21.58 .net
娯楽性と芸術性とは、果たして対立するものなのだろうか?
80: 吾輩は名無しである 2016/03/14(月) 23:32:19.02 .net
クオ・ワディス〈上〉 (岩波文庫) 白鯨 上 (岩波文庫)
「クオバディス」「白鯨」
ここらへんは娯楽性と芸術性を兼ね備えてると思う
81: 吾輩は名無しである 2016/03/14(月) 23:32:32.58 .net
当たり前だ。真の娯楽と真の芸術は対立する。
どっちつかずの中途半端なもんはそりゃ混ざり合う部分もあるだろうが、本物は混ざり合わない。
85: 吾輩は名無しである 2016/03/15(火) 21:19:20.47 .net
>>80-81
どちらも兼ね備えているとかいいや、混ざり合うとか言うよりも、そもそもこの二つは違うものなのか、違うとしたらどこが違うのかってこと
例えば「ゴジラ」を芸術映画に分類するのは適切か、娯楽映画に分類することは適切か
83: 吾輩は名無しである 2016/03/15(火) 20:10:50.06 .net
アクション映画は娯楽だろうか芸術だろうか
人体の美しい動きを愛でる行為は、ギリシャ彫刻の肉体美を愛でる行為とそんなにかけ離れているのだろうか
86: 吾輩は名無しである 2016/03/15(火) 22:01:52.52 .net
日本の純文学は和歌の花鳥風月にを引きずる
私小説あるいは私的要視点を遠回しに(つまり“上品に”)に表現したものが純文学とみなされやすい
構成上、文体上の装飾のため虚偽や美化などを混ぜることはみとめられるが、あくまで“私的な感受”であることは必須で、一般化は敬遠される

テーマや舞台が広すぎたり、社会的な問題や主張などを前面に出し過ぎる、出し過ぎていると思われると大衆小説とされる
そんな傾向はある
87: 吾輩は名無しである 2016/03/15(火) 22:07:19.80 .net
だとしたら、「純文学」を読みたい人がいないのも当然ですな。そんなものを読みたいと思いますか?
88: 吾輩は名無しである 2016/03/15(火) 22:08:04.75 .net
もっとブッ飛んだものが読みたいよ。
89: 吾輩は名無しである 2016/03/17(木) 18:23:53.19 .net
今出てる小説のうち、百年後も文学史の名作として語られる作品てあるんだろうか
90: 吾輩は名無しである 2016/03/17(木) 18:37:15.93 .net
ないよ。
いま100年前のものが名作と呼ばれているのは、100年前に始まった初期のものだから。

だいたい「古いものがいい」という信仰は現代人の価値観。
民度が上がった100年後の人間が100年前のものを有り難がるわけないだろ。
91: 吾輩は名無しである 2016/03/17(木) 19:24:46.55 .net
100年前に始まった初期のものというと
92: 吾輩は名無しである 2016/03/17(木) 19:29:25.80 .net
夏目とか芥川とかそのへん。
98: 吾輩は名無しである 2016/03/18(金) 17:45:15.50 .net
ラノベやゲームやアニメが今の古典見たいに扱われる時代は来るだろうか
99: 吾輩は名無しである 2016/03/18(金) 17:51:11.49 .net
漫画やアニメの一部の作品はもちろんクラシックとして扱われるでしょう。
ラノベはひとつも読んだ事がないからわからないけど。
100: 吾輩は名無しである 2016/03/18(金) 17:56:28.71 .net
扱われるわけないだろ、アホか。

ラノベやアニメは客観的な物語だ。もちろん大衆文学もだ。傍観者として体験する。
しかし真の文学は内面からの考察。それを読むことによって読者が主観的な体験をする。

全然ものが違うんだよバカ。
108: 吾輩は名無しである 2016/03/18(金) 20:06:40.93 .net
>>100
成る程文学が詰まらんわけだ
低脳の俺には難し過ぎる世界のようだな

つい先日、ボブ・ディランがノーベル文学賞受賞!ということで、けっこう意外でしたね。現在のおじーちゃん世代には人気あるのかも。
実を言うと、文学板には、各個の作品についてあれこれ言うスレは多いですが、「文学とはなんぞや?」みたいなスレは案外少ないんです。このスレみたいのは、わりと珍しいかな。

純文学と大衆小説の違いたって、なかなか難しいですが、でも「純文学」という言葉のイメージからすると、美しい情景描写とか、美しい文章表現とか、そういう成分がいっぱいありそうって感じですよね。
スレでも出てたけど、いわゆる「上品な」印象を受ける作品というか。その中で良し悪しがあって。
純文学がすべて上品か?っていわれると、ウーン…ってなりますが。

なんか、スレでは「個人的な体験」なるものがけっこう重視されてるようで、このへんはサッパリわからないですね。
傍観者としての体験がなぜ、イコール「大衆小説」になるのでしょうか。
管理人はあんまり純文学は読まないからなー。

上品だとか美しいとかっていうのは、まぁ主観ですから。本人が「純文学」だと思えば「純文学」で良いのかもしれません。

そういえば管理人は、トイレでウンコしてる時とかヒマだから、スマホに青空文庫のアプリ入れて読むんですね。今は与謝野晶子訳の「源氏物語」読んでます。
源氏物語を読むにつけ、表現とかは美しいとは思うんだけど、源氏の君がやってることは、めっちゃ下品ですからね。内気な姫の部屋にゴーインに乗り込んでハメ倒すわ、帝のヨメさんに横恋慕して孕ませるわ、ロリ幼女を無理やり連れてきて自分好みに養育するわで、やりたい放題ですよ、彼は。

で、紫式部がこの作品を書いたころってのは、まだまだこういう表現は新しかったはずで、一説には世界初の小説とか言われるくらいですから、当時の御所では今で言うところのラノベのような扱いだったかもしれない。
そんなんでも、1000年もたてば文学になるわけでして、結局のところ、長く読み継がれている作品こそが「文学」なのであり、「名作」と呼ばれるのかなぁ…。
10.19追記:当記事を「朝目新聞」様でご紹介いただきました!
意識高い雑誌ってなんだろうなぁー。「ジュリスト」とかじゃないの?



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.16 21:46
    純文学は文書の技巧が、大衆文学は物語の技巧が主軸だと思っているな。日本語表現大辞典とか図書館で読むと面白いよ。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.16 23:31
    純文学と大衆文学の区切り自体が無意味
    読み手次第で娯楽性は変わる

    例えば漱石の一部の作品は明らかにユーモア小説と捉える読み手が多いと思う
    同様に三国志や水滸伝は冒険小説
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.16 23:37
    スレで言われていることをまとめると
    純文学:オナニー
    大衆文学:セックス

    純文学の中でも
    ・二次元嫁こそ萌えを抽象化した至高のネタだよ
    ・3次元でも興奮するなら、それは自身の萌との共鳴だよ
    で別れるらしい
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.17 0:18
    作者がどう思って世に出したか、に集約されるかと。

    “純粋に自身の文学性を世に問うものとして出す”なら純文学、
    “大衆に娯楽性その他感受して欲しいものとして出す”なら大衆文学、
    という事で良いかと。

    なので、本来作者本人に聞かないと出来ない分類という事になります。
    強いて余人が判断するなら、時代性その他によって娯楽的評価(歴史的評価等は含まない)が“大きく”変動するなら大衆性があるもの、
    変動し難い対象を描いているなら(その表現技法等は問わず)純文学、という分類が成り立つとは考えられます。

    谷崎文学が低俗である、というのは通俗的な生々しさを通して描こうとした表現への評価であり、
    純文学か大衆文学かという論争とは実は関わりが無いと捉えられるものと考えられます。
      • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.10.17 11:09
      >※4
      文学性とはなんぞや
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.17 8:10
    自分の中の至上を目指して書くのが純文学。
    客の中の至上を目指して書くのが大衆文学だよ。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.17 12:34
    字面だけで判断すると、

    ・純文学・・・文章自体の美しさを楽しむ
    ・大衆文学・・・物語の面白さを楽しむ

    みたいなイメージ。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.17 14:35
    小説ならなんでもエンタテイメントだろ
    詩や俳句までいかないと教養だなんていえない
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.17 18:09
    そもそも、純文学と大衆文学とに分けることにどんなメリットがあるんだ??
    ジャンル分けならSF、恋愛、とかで足りるやん
      • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.10.17 19:12
      >※9
      「純文学」とつくと箔がつくから、と思っている人が少なからずいるからではないかと思う。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.17 20:19
    純文学は作者の自己満足やオナニーとも言われがちな作者の好き勝手書いてる作品
    大衆文学は読者を意識して楽しませようとするエンターテイメント
    って感じじゃないかな?
    どっちも好きだけどな
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.17 22:38
    読んだ後に他の作品を見下さなきゃいけないのが純文学
    面白かった、つまらなかったで済むのが大衆小説
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.18 10:01
    「当時はラノベのような扱い」で真っ先に思い浮かぶのは『吾輩は猫である』かな

    というか純文学や大衆小説という「そのジャンルの概念が誕生した起源」について言及がないな。一番気になる処だったんだけれども
    起源に突っ込めば明確な答えに近いサムシングが浮かぶと思ったんだが
      • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2016.10.18 11:29
      >※13
      ジャンル自体が後付であって変わる物ですね
      そしてジャンルは出版社のマーケティングで決まる
      同じ内容でも売り方次第で、少年向けSF、ジュブナイル、ラノベと変わる
      アメリカでもトム・ソーヤーの冒険や思議の国のアリスは単なる子供向け小説の扱いだったがのちに児童文学と言うジャンルができて大人も読むようになった

      純文学と大衆文学の違いも出版社の扱い
      単純に芥川賞候補は純文学、直木賞候補は大衆文学
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.18 11:24
    45の記事見ると「自己に執着した人が書く作品が芥川賞の純文学」つまり作者のエゴイスティックな姿勢が純文学だということであって「自分について書けば芥川賞だ」とは意味が全然違う。そんな読解力で文学の芸術性云々を語っても説得力がない。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.18 15:11
    分けることに全く意味を見出せない。
    そもそも、芥川龍之介の小説を読んで、今ここでみんなが「純文学に属する特徴」として挙げた要素をすべて満たしていると思うなら、それは貧しい読書体験だと思うがね。
    芥川龍之介や太宰治なんて、娯楽として読むからこそ、そこに知的なものを感じ取って感銘を受けるもんじゃないのか。
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.18 17:39
    純文学コーナーに置いてある本がそうであって、それ以外のところに置いてあるのはその通りの本だ。


    ・・・ごめん、文学ってなに。
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.2 19:52
    >>17
    >SFにも教養は沢山溢れていますが?
    >例えば太陽は「ソル」といい、ED論はインチキだと分かる

    太陽をソルという呼び方は単にsolarの略で科学用語として存在するわけじゃないし
    「ED論」はIntelligent Design論のことな。
    教養とか言うなよ。勉強しろよ。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*