人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

フランス革命の原因は社会契約説だろ? @ [世界史板]


フランス革命の原因は社会契約説だろ? @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 2015/11/02(月) 13:27:42.73 0.net
フランス革命は自由主義貴族やブルジョワ市民のような社会契約説に染まった層が明確に主導したものであって、彼らがいなければ、つまり社会契約説が無ければ起きなかった
お前らのフランス革命への認識がおかしいだけ
ジャン=ジャック・ルソー管理人より:自由であるべきは心のみにあらず!…というわけで、「社会契約論」は、思想家のルソーによって書かれた政治哲学の著作。人間はそれぞれ自由意志を持ち、生存のために互いに協力関係にある状態を、「社会契約」という概念で扱っています。人間が自由意志で政治に参加することこそが「市民社会」の実現に必要不可欠であり、云々…という内容。主権はあくまで市民の共同体にあるという考え方で「王権神授説」に対抗する内容であるともとれます。
民衆を導く自由の女神(ウジェーヌ・ドラクロワ)
フランス革命」は、17世紀ごろから盛んに行われた啓蒙運動に知識層が影響を受け、フランス王政への不満が爆発した事件。1789年に行われた「バスティーユ襲撃(政治犯などが収容される牢獄)」をきっかけとしてフランス全土に暴動が波及。結果的にブルボン王朝が倒れ、共和制が始まります。
4: 世界@名無史さん 2015/11/02(月) 16:37:43.67 0.net
お前らが!お前らがオカシイだけニダ!
5: 世界@名無史さん 2015/11/02(月) 18:01:08.89 0.net
>>4
もしも社会契約説が存在しなかったら、それ以外が史実と全く同じ条件でもフランス革命は起きなかったんだから、社会契約説がフランス革命の原因だろ?
仮に社会契約説が無かったら自由主義貴族が生まれず、国民議会自体が結成されないから革命が起きようがないし
13: 世界@名無史さん 2015/11/03(火) 10:36:56.38 0.net
>>5
まさかとは思うが、普通に革命が起きても「それはフランス革命じゃない!」と言ってるだけじゃないよな
革命の有無じゃなくてフランス革命っぽさに拘ってるわけじゃないよな
19: 世界@名無史さん 2015/11/04(水) 01:20:40.95 0.net
>>5
>>4
>もしも社会契約説が存在しなかったらそれ以外が史実と全く同じ条件でも
ここと
>仮に社会契約説が無かったら自由主義貴族が生まれず、
>国民議会自体が結成されないから革命が起きようがないし
ここが既に矛盾してる
条件が一部を除いて全て同じなら、社会契約説以外の何らかのイデオロギーで団結した集団が市民を巻き込み、フランス革命ならぬ何らかの革命的事変を起こしていただろう
6: 世界@名無史さん 2015/11/02(月) 18:22:05.97 0.net
(「お前ら」って誰なんだろう)
7: 世界@名無史さん 2015/11/02(月) 18:39:53.42 0.net
アメリカ南北戦争と同じ「大儀」はあとづけでしかない
経済構造の問題が起因
11: 世界@名無史さん 2015/11/02(月) 21:44:49.13 0.net
ジャン=ジャック・ルソージョン・ロック
>>7 >>8
は?
フランス革命こそ、ロックやルソーが社会契約説を唱えたから起こった、典型的な思想ありきの革命だろ?
33: 世界@名無史さん 2015/11/17(火) 09:40:16.83 0.net
>>11
でも王様が第一身分や第二身分から税を徴収するために三部会を招集しなかったら、テニスコートの誓いは起きなかったわけで
そして何故、三部会を招集したのかというと、度重なる戦争による財政難が原因だったわけで
そして財政難は経済的な面が大きい
球戯場の誓い(ジャック=ルイ・ダヴィッド)
管理人より:「球戯場の誓い」というのは、度重なる戦争で疲弊した財政を救うため、それまで課税を免れてきた僧侶階級、貴族階級に対しての課税を検討する三部会を招集、第三身分(市民階級)と両者は激しく対立し、市民たちは独自の行動を取る!と宣言した事件。革命直前の出来事です。
8: 世界@名無史さん 2015/11/02(月) 21:22:09.33 0.net
貴族の権力闘争に市民が担がれただけ
14: 世界@名無史さん 2015/11/03(火) 12:30:07.97 0.net
ルソー先生が天才過ぎたのが悪い
15: 世界@名無史さん 2015/11/03(火) 12:53:51.91 0.net
思想が革命に影響を与えたことはあっても、思想が原因ということではないだろう。
少し意味が解らん。単に日本語が不得手なだけか?
17: 世界@名無史さん 2015/11/03(火) 22:22:06.60 0.net
>>1
全く違う。
社会契約説に影響があったと言うのは完全に後世の後付であり、フランス革命の主体的実行者に革命の思想などない。

フランス革命の根本的な原因はフランス人の無知だよ。
18: 世界@名無史さん 2015/11/03(火) 23:45:33.88 0.net
そもそも途中まで王政を打倒するつもりすらないからな
21: 世界@名無史さん 2015/11/04(水) 20:23:49.36 0.net
ジョン・ロックイギリス清教徒革命 ジョンロック
トマス・ホッブズイギリス名誉革命 ホッブス
ジャン=ジャック・ルソーフランス革命 ルソー
カール・マルクスロシア革命 マルクス
22: 世界@名無史さん 2015/11/04(水) 21:09:22.49 0.net
>>21
(ヾノ・∀・`)ナイナイ
25: 世界@名無史さん 2015/11/04(水) 23:18:00.93 0.net
英米の革命だけが本物の革命、他のは革命とは名ばかりの暴動と内乱と虐殺だよ。
ただフランス革命もロシア革命もクメールルージュや文革も、似てるところは非常に多い。
アングロサクソン以外が革命を目指すと大体失敗して、同じような過程を経て同じ結論に至る。
39: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 06:55:14.81 0.net
英米の革命も、内乱と暴動と虐殺なんだがw
どんだけ神聖視してんのよw
35: 世界@名無史さん 2015/11/20(金) 18:42:55.20 0.net
ルソー教

フランス革命

個人のアトム化、中間団体壊滅、中央政府強化、

史上最悪の全体主義体制

ロシア革命に引き継がれる

20世紀の悪魔「共産主義」を産んだのは、ルソー教とフランス革命です!
37: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 03:59:09.74 0.net
フランス革命が民主主義の源流とか言うのは完全なデタラメ。
共産主義と独裁政権の源流と言うなら一理あるが。
38: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 04:10:02.78 0.net
ブルジョワ革命が共産主義の源流のわけあるか阿呆
40: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 06:57:19.57 0.net
フランスにおける人権宣言では、明確に国民主権が唱えられているから、確実に民主主義なんだがw
アメリカの憲法ですら、それが明確に書かれておらず、最高裁判決によって確定してる状態なのに
41: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 07:04:39.18 0.net
アメリカ革命もフランス革命も、同じ共和主義革命
ロシア革命もそうだが、近代には、こういう王制や貴族制に反発して共和主義を達成しようとする革命が多かった
成功か失敗かの問題はあるにせよ
こいつらは全部ひっくるめて、共和主義革命
42: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 08:47:02.54 0.net
フランス革命が全体主義の起源であることは間違いないないよ。
教会制度などの中間団体を殲滅して、個人をアトム的な存在に還元した上で、強力な中央集権政府によって支配する。

国民主権というのは、主権を何千万分の一に還元して、共同体から引き裂かれた個人が、強力なリーダーを求めてファッショ化して、そこから現れた前衛組織が権力を簒奪するためのレトリックだよ。


民主主義の副作用として平準化された民衆は、少しの差異に対しても攻撃するモッブになるから、この民衆による政治運動が高まれば、容易に全体主義化する。

これは例えば平成日本でも行われていて、「男女共同参画社会」運動がそれ。
その目的は管理社会を作ること。
43: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 09:20:48.82 0.net
んなもん、中世の教会や、それと関係の深かった国王、貴族などを中心とした国も、思いきり全体主義じゃないか
何かの起源を主張するなら、まず歴史を勉強しろ
管理人より:「アトム」という哲学的・思想的なワードがあるのか知らないですが、ここでは「最小単位」という意味で使われてるようです。「ファッショ」はイタリア語で「集団・連帯」を意味する言葉で、後にナショナリズムがくっついて「ファシズム」という政治運動に発展。
黄色文字さんの意見は、図らずも昨日まとめた記事と一部つながってますね。偶然。
44: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 10:00:09.69 0.net
教会や貴族制は王権に対するバランサーとして働いていたから、絶対王政は絶対的だったけど、専制的ではなかった。
フランス革命下で起きた虐殺のようなことは起こらず、臣民は平和に暮らしていた。

少なくとも、大革命と二月革命については、専制をもたらした面で、ロシア革命などの共産革命の先駆けと言えると思う。
45: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 10:51:01.91 0.net
> 臣民は平和に暮らしていた。
これはないな
46: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 12:40:19.62 0.net
王政下でも普通に虐殺起こってるけどなw
それどころか魔女狩りみたいなこともやってたし
あれは、事の起こり事態は些細なものだったけど、次第に、教会も国王も貴族も結託した全体主義による組織的虐殺そのまんまだがw
テルミドールのクーデター(ヴァレリー・ジャコビ)
管理人より:「ジャコバン派」といのは、フランス革命期にできたコッチコチの革命派の党。後にロベスピエールらによる恐怖政治を行い、「テルミドールのクーデター」はテロ、テロリズムの語源になったとも。国民公会で常に左側に席を占めていたため、「左翼」の語源にも。
47: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 12:46:11.55 0.net
>>46は、王制たとえばルイ16世の治世下で、どんな虐殺があったと思い込んでいるんだw

ルイ14世・ルイ15世の治世下を考えても、ジャコバンによって引き起こされた大殺戮に比べれば児戯に等しいぞ
48: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 13:33:07.80 0.net
フランスで有名なのだったら、サン・バルテルミの虐殺とかあるんじゃね
別にルイ14世とかの世代の話じゃないだろ、王制時代の話なんだから

それに虐殺ってのは人数がどうたらって話じゃない
それが起こった原因と、その結果としてどうなったかの話
3万殺したから勝ちとか、5万殺したから勝ちって言う話じゃない
サン・バルテルミの虐殺(フランソワ・デュボワ)
管理人より:「サン・バルテルミの虐殺」は、16世紀ヴァロワ王朝末期のフランスで起きた、カトリック教徒によるユグノー教徒(新教徒)の虐殺事件。ユグノーの主領であるナヴァール国王アンリと、シャルル9世の妹マルグリットの結婚式に、主だったユグノーの貴族を呼びつけてこれだもんね。娘の慶事を利用するとは、カトリーヌ・ド・メディシスはなんと冷酷なカーチャンでしょう。
49: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 13:40:59.83 0.net
ボストン大虐殺事件とかね
大虐殺って言ってるけど、殺されたのは5人なんだよな

でも大虐殺とか虐殺って言われるのは、それが契機となって歴史が動いたからだ
人数が多ければそれだけ悲惨ではあるけど、その背景や前史、そして結果が重要
何人だったら酷くて、何人だったらマシって話じゃない
ボストン大虐殺(アロンゾ・チャペル)
管理人より:「ボストン大虐殺事件」は、18世紀のマサチューセッツ湾直轄植民地で、イギリス兵が民間人5名を射殺した事件。これでイギリスの植民地政策への不満が爆発、アメリカ独立戦争の契機のひとつとなったとも。
51: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 16:03:21.15 0.net
サン・バルテルミの虐殺は宗教戦争だから、ジャコバン派の恐怖政治と一緒だよ。

アンリ四世がナントの王令でユグノー戦争を調停して、織田信長が本願寺を打倒したように、ルイ十三世、リシュリューが、ラ・ロシェルを打倒して、国内を安定化した。

ブルボン朝時代に、フランスは世界の頂点に立ったのに(世界の公用語はフランス語だった)、全てを壊してしまったのが、フランス革命でした。
19世紀はイギリスどころか、ドイツの後塵を拝するようになってしまったわけ。


ただ、第二次大戦後に第三共和制時代をベルエポックとして美化できたおかげもあって、文化大国としての独特の地位を確立できた。
ただそれはブルボン朝時代の懐かしい香りも生かしてのものだからね。
ラ・ロシェル包囲戦を指揮するリシュリュー枢機卿(アンリ・ポール・モット)
管理人より:えーいもうついでに書いちゃおう!「ラ・ロシェル包囲戦」は、ルイ13世治世下での、フランス国内のユグノー教徒たちが起こした内戦(1627~1628年)。フランス西部海岸にあるラ・ロシェルの街に立てこもったユグノーですが、頼りにしていたイギリスのバッキンガム公爵からの援軍は届かず、あえなく陥落。ユグノーたちへの特権を保障するものだった「ナントの勅令(1598年)」は事実上これで骨抜きになったと言えます。実際に廃止されるのは「フォンテーヌブローの勅令(1685年)」。
54: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 16:46:46.62 0.net
>>51
ブルボン朝時代に、フランスは世界の頂点に立ったのに(世界の公用語はフランス語だった)、全てを壊してしまったのが、フランス革命でした。
はい間違い
勉強し直して、またどうぞw
55: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 17:00:18.12 0.net
>>54
ファルツ継承戦争、スペイン継承戦争と、全世界を相手に戦えたのは、それだけ強かったからではないでしょうか。
ラシュタット条約がフランス語で書かれるようになってからは、フランス語が世界公用語になったようですけど。
57: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 17:32:53.34 0.net
>>55
残念だけど、ルイ14世の時には累積債務が超過してて、その後の15世の時には、デフォルトしまくって信用ガタ落ち
ルイ16世はデフォルトしないと約束したし、実際デフォルトはしなかったが債務は累積していくばかり
そして、その債務の支払いには国民への重税が課せられた


実際、イギリスが名誉革命を達成して予算などを議会を通してやらないといけなくなった時期に、フランスも累積する債務をどうにかしようと1世紀にわたって改革を何度も何度も行ったが、そのたびに保守派の貴族からの反発を食らって断念、失敗
ルイ16世の時代に、国民的にも人気があったネッケル財務長官を保守派貴族がアントワネットに口添えしてクビにした
これで、今まで積もり積もった国民の反感が一挙に高まっての革命


歴史板なんだから、歴史を読んで欲しいものだな
58: 世界@名無史さん 2015/11/22(日) 18:00:55.54 0.net
>>57
そうなんだ、アンシャンレジームは煌びやかなイメージが先行しているけど、その影では大変だったんだね。

アントワネットの肖像画を見ると、なんて儚いんだろうという想いと、フランス革命許すまじという悔しさがこみ上げてくるんですよね。


アントワネットへのレクイエムとしての革命批判は、これからも続けていきます!
マリー・アントワネットの肖像(エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン)
管理人より:なんか流れ的に名画がいっぱい出てきたからついでに出しましょう。
70: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 04:59:08.42 0.net
フランス革命はその政権のダメさ具合が半端なくてまったく共感できんけど、世界史上で果たした役割大きいからなあ
フランス革命で共産主義的な思想の萌芽があったのも確かで、あの時代は確かに大きく思想的に動いた
良きにつけ、悪しきにつけ


近代民主主義の歴史的総括がなされるのは、あと何世紀かかるのやら
72: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 09:18:38.02 0.net
フランス人権宣言には国民主権の概念が明記されてるから、民主主義の確立に役立ってるしな
アメリカ合衆国憲法にも、国民主権というのは明記されておらず
後から最高裁によって認められたものだし、そういう点では、フランス革命は民主主義の確立に寄与としたといえるだろう
73: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 10:27:47.28 0.net
>>72
国民主権は劇薬。
アングロサクソンが自国で初めにやり出したらどんな副作用があるか分からないから、まずフランスにやらせて前例を作ってからアメリカに導入した。
国民主権の発明などアングロサクソンにとっては息を吐くよりも容易いこと。
75: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 11:31:32.83 0.net
>>73
確かに。

法の支配、法の下の平等、三権分立、違憲立法審査制度、が確立されていない民主主義は、ソ連、ナチスドイツのような全体主義になるからね。
英米はそれを上手く組み合わせて発展したんだから、偉大なのかも。
82: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 22:08:43.08 0.net
アングロサクソンマンセー!!!!!
83: 世界@名無史さん 2015/11/23(月) 23:26:48.53 0.net
もうな人類は世界のすべての問題をアングロサクソンに解決してもらうのが良いと思うんだ。
全世界がアングロサクソンに平伏して彼等の指示に従う事を忠誠すれば世界から戦争も貧困も無くなると思うんだよ
87: 世界@名無史さん 2015/11/24(火) 07:40:10.04 0.net
マリー・アントワネットフランス革命に際して、王妃アントワネットを守るのが、本来の騎士道精神なのです。
この革命によって、フランスでは騎士道精神は死んだ!
それがフランスの19世紀の混迷をもたらした元凶です!

あーなんか受験生ドクターには良いスレだなー。ヨーロッパ革命史は複雑ですもんね。
管理人が高校のころ、インターネットがあれば、歴史の勉強も捗ったろうになぁーと、いつも思いますよ。今のお若い方がうらやましいです。

というわけで、フランス革命の原因は社会契約説だろォア!と鼻息も荒い»1さんですが、まぁスレでも言われてる通り、管理人もそこまで強い関係はないと思います。
革命とかっていうのは、いつも民衆の不満に根ざしていて、それを焚き付けるアジ屋がいるから起こるものですよ。アジ屋の材料にはなっても、イデオロギーのみで革命を起こすのは難しい。

その萌芽は、まだ幼かったルイ14世治世下ですでに現れていて、この当時の「フロンドの乱」というのは、名目上は宰相のマザラン派と諸侯派の内戦だけど、実際は重税にあえぐ市民を諸侯派がうまく焚き付けたわけで、パリ市内はボロボロになったとか。
最終的にフロンド側(諸侯派)が破れ、フランスはルイ14世の親政が始まり、絶対王政という名の劇薬を飲むことになるフランスです。

こうして眺めてみると、フランス近代史というのは、ヴァロワ王朝が倒れて以降は、激変につぐ激変で、実におもしろいですね。
フランス革命以降も、王政と共和制と帝政がコロコロ入れ替わり、国力はすっかり低下、大国の地位から落ちぶれていきます。革命というのは起こすタイミングとやり方を間違えると、えらいことになるという、これは良い教訓でしょうか。

トップ絵は、フランス革命…という連想からこれしか思い浮かばなかった、池田理代子の少女漫画「ベルサイユのばら」より。
王妃マリー・アントワネットの近衛士官である、男装の麗人オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ。そしてオスカルに思いを寄せる幼馴染のアンドレ。華麗なヴェルサイユ宮殿での陰謀、そしてフランスを揺るがす革命に翻弄されてゆく…。
というわけで、なかなかドラマチックなストーリ展開で、いまだにファンの多い作品。宝塚で何度も上演されてますね。こうした創作物から歴史に興味を持つのも、また良いことかなと思います。
最近では当時の処刑人の物語を描いた「イノサン」ていうマンガもあるそうですね。フランス語で「無垢」を意味する言葉ですが、おもしろいんでしょうか。管理人は未読。

なんか「ベルサイユのばら」で検索してたらLINEのスタンプがあるんだそうで、全員関西弁ですよ。管理人LINE全然やらないけど、これ見てちょっとLINEやろうかなとか思ったんです。でもよく考えたらやる相手がいなかったよ、残念。 オスカル・フランソワ・ド・ジャルジェ
以下お知らせ:
世界の美術館の記事が、なかなか更新する時間が取れず、その準備のため明日の更新はお休みさせていただきます!
時間がかかるんですよ、アレ…、大変申し訳ありません…。('A`)
10.26追記:当記事を「朝目新聞」様でご紹介いただきました!
フランク王国ってすごいけど、結局長続きせずにボロボロになった印象ありますよね。やっぱ大きくなりすぎるとダメなのかな。



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.24 0:08
    フランス人がヴァンデの乱を教わってないってマジなのかな
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.24 11:30
    フランス革命後に単位ができたってのがもう闇深
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.25 15:30
    自分なりに考察して仮説を立ててるのに、みんなでフルボッコにしてて可哀そう。
    というか、学生(?)にこんな陰湿な事してたら歴史が嫌いになっちゃうよ。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.10.26 13:41
    本スレで言われてるけど社会契約説が原因ではないね
    でも社会契約説が革命の精神的かつ理論的な裏付けなのは事実
    直接的な原因は経済
    マクロで見れば生産性の向上が原因
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*