人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

[閲覧注意] 死刑・拷問・刑罰の歴史 Part4 @ [世界史板]


[閲覧注意] 死刑・拷問・刑罰の歴史 Part4 @ [世界史板]
253: 世界@名無史さん 2011/01/21(金) 21:09:45 0
昔何かの本で読んだ処刑方法
曖昧な記憶だから正確ではない

体を縛り付け完全に動けなくなった状態にされ、処刑される人の家族・恋人・親しい人たちが目の前に連れて来られ、彼らが順番に、処刑される人の耳・鼻を削ぎ落し、次に口を裂いて歯を全て抜き爪も全部剥ぎ取る。

そして膝の皿を砕き頭皮を剥いでペニスを切り取り、最後に目を潰す
更に糞尿・ゲロ等の汚物まみれにして街の広場や河原に晒す
そうやって見せしめにして出血死・餓死・凍死させる
執行人にされる身内も拒否すると処刑対象に


たしか中国や旧ソ連の共産圏の話だったと思う
人間って残酷!
254: 世界@名無史さん 2011/01/22(土) 02:22:16 0
>>253
そこまでやる!?
255: 世界@名無史さん 2011/01/23(日) 00:03:04 0
俺はサヨじゃないけどさ・・・
そこまでやったら、ソ連なんかアメリカ大使館なんかあったわけだし、大喜びで、反共宣伝に使ったと思うよ
そりゃま、旧ソ連にしろ、中国にしろ、それぐらい流行りそうだとは思うけどね
258: 世界@名無史さん 2011/01/23(日) 10:36:32 0
ソ連はそんな時間のかかる処刑はやらないだろ
合理的に銃殺で終わりだよ

自白だって自白剤つかうだけだろうし
259: 世界@名無史さん 2011/01/23(日) 12:59:09 0
ヒュパティアヒュパティアは既出?
260: 世界@名無史さん 2011/01/23(日) 18:48:01 0
>>259
貝殻で削ぎ殺されたんだっけ?
まだ出てないと思うよ
261: 世界@名無史さん 2011/01/24(月) 02:48:13 0
>>260
中国の凌遅処死みたいなもんね。あんな昔から同じような発想あったんだな。
267: 世界@名無史さん 2011/01/26(水) 20:36:08 0
>>261
人間って、耐え難い苦痛に襲われると、脳内麻薬が分泌されて感じなくなるわけでしょう
だから、拷問や嬲り殺しの刑って、次第にエスカレートしていくんじゃないかな
263: 世界@名無史さん 2011/01/26(水) 03:35:19 0
>>260
刃物ならともかく貝殻なんかで肉が削げるもんかね?すごく大変そう。
なんでそんな殺し方を思いついたんだか。
264: 世界@名無史さん 2011/01/26(水) 10:21:10 0
カキの貝殻で肘をスパッと切って8針縫った経験から言うと、肉くらい余裕で削げる
266: 世界@名無史さん 2011/01/26(水) 17:56:15 0
>>264
カキの貝殻ってそんなに鋭いのか。なんで肘なんか切ったのw
ヒュパティアの死(アーサー・ハッカー)
管理人より:「ヒュパティア」さんは、当時でも珍しかった女性の数学者・哲学者・天文学者という才女。かなり合理的に物事を考える女性だったらしく、その科学的な教えはキリスト教徒を激怒させ、総司教キュリロス率いる修道士たちが彼女を襲撃、貝殻で生きたまま肉を削ぎ、四肢を切断後、炎で焼くという蛮行に。この事件をきっかけとして、アレクサンドリアから学者たちが亡命を始め、彼の地の没落を招く遠因になったという説も。そらそーだ。
271: 世界@名無史さん 2011/02/01(火) 14:12:57 0
自分で腹ワタ抉り出させてから首ちょんぱ、が一番残酷
管理人より:切腹についてはこのあたりでやったような記憶があります。
272: 世界@名無史さん 2011/02/07(月) 17:00:01 0
【見せしめ】【残酷】なら、永田洋子だろ。
273: 世界@名無史さん 2011/02/07(月) 21:28:01 0
結局死刑執行されないまま病死か。本人にとってはその方が楽だったのかも。
274: 世界@名無史さん 2011/02/07(月) 23:00:09 0
どうだろう
病死って相当苦しいんじゃないか?
275: 世界@名無史さん 2011/02/07(月) 23:04:42 0
>>377
名前:朝まで名無しさん[] 投稿日:2011/02/07(月) 17:38:44 ID:ypYSM2mp
永田洋子の国選弁護人の手記を読んだけど、死刑囚の医療って悲惨なのね・・・・
歯が痛いと訴えてもバファリン渡されて、治療は2ヶ月後(基本的に抜歯治療)
永田は頭痛と吐き気を訴えてたのに、実際に診療を受けられたのは何と3年6ヶ月後!
満足な薬ももらえずに、仕方ないからアムネスティ団体のボランティアに教えてもらった飲尿療法で自己治療を続ける。
もちろん、手術の段階で手遅れになったのは間違いない。
276: 世界@名無史さん 2011/02/08(火) 01:36:08 0
脳腫瘍だったんだよね。
最近は脳萎縮の状態だったらしいし、はっきりとした意識はなかったんじゃない?

どうせ死刑になる人の医療って、無駄と言えば無駄だしねえ。
279: 世界@名無史さん 2011/02/08(火) 13:37:58 0
それを言い出したら、悔い改めて、真人間になってしまった人を処刑しなければならない刑務官の立場はw
280: 世界@名無史さん 2011/02/08(火) 15:15:16 0
悔い改めて、真人間になってしまった状態、すなわち本当の「人間」に戻してから死刑に処すからこそ、死刑という刑罰の真の意味がある。

真の「人間」に戻って死刑になる瞬間、そいつはオノレの犯した犯罪の重大性に初めて本当に気付き、自身の罪深さに恐れおののき悔いながら死刑になって行くのだ。
そうしてこそ初めて「死刑」という刑罰が本当の意味を持つ。


宅間守や宮崎勤のように、おのれのしたことに後悔の念も罪悪感もない、死刑にされても自責どころか恨みだけを残して死んでいくような状態で死刑執行しても、本来の「死刑」という刑罰の目的はほとんど果たせない。
遺族の恨みも果たせない・・・

ただ単に、「不良分子」を社会から除去して危険性を取り除いたというだけのこと。
あとは終身刑と違って、もう食わせる必要が無いという経済的メリットくらい?
282: 世界@名無史さん 2011/02/08(火) 19:55:45 0
この人の死刑が遅れたのは冤罪の可能性が強かったからでしょ。
それなのに治療しないとは酷いな。
管理人より:「永田洋子」は、日本の左翼活動家で連合赤軍の幹部。同じグループの人間に対する制裁処置としての複数のリンチ殺人首謀者として逮捕→死刑が言い渡されました。脳腫瘍があるから、と手術を求めるのですが、病気を口実に公判をサボるだけ!ということで取り合ってもらえず、執行前に脳腫瘍で獄死。日頃の行いが大事なんですね。(違う)
288: 世界@名無史さん 2011/02/11(金) 01:56:23 0
【国際】むち打ち刑で少女死亡、「殺人」と断定―バングラデシュ
1 :月曜の朝φ ★:2011/02/11(金) 00:20:33 ID:???0
【2月10日 AFP】バングラデシュで前週、姦通罪に問われ公開のむち打ち刑に処された少女が死亡した。同国最高法院は9日、死因は内出血だったとする検視結果を発表し、関係者を殺人罪で訴追する方針を固めた。

南部シャリアトプル(Shariatpur)県の村に住んでいたヘナ・ベグム(Hena Begum)さん(15)は、いとこと婚外交渉を行ったとしてシャリーア(イスラム法)の姦通罪を適用され、イスラム教聖職者を含む村の長老らによってロープで打たれる公開刑に処された後、病院で死亡した。

警察は「外傷はなかった」とする検視結果を発表したが、これに人権活動家らなどから批判が噴出。シャリーアに基づく私刑は違法だとして高等法院に訴え出た。

高等法院のアルタフ・ホセイン(Altaf Hossain)判事は、改めて行われた検視では目立った外傷が8か所認められ、死因は内出血と断定されたとして「これは殺人事件だ」と述べた。また、地元警察と最初の検視を行った医師を呼び出して事情を聞いたこと、同件が現在、殺人事件として扱われていることも明らかにした。

なお、ヘナさんのいとこも、長老たちからレイプ罪でむち打ち刑を宣告されていたが、執行前の9日に殺人罪で警察に逮捕された。

バングラデシュでは前年7月、高等法院がファトワ(宗教令)による刑罰を違憲とする判断を下しているが、人権団体によるとこの判断はほとんど尊重されていない。前年12月には、義理の息子と一緒に寝たとして女性が40回のむち打ち刑を受け、その後死亡する事件が起きたばかりだった。(c)AFP
むち打ち刑で少女死亡、「殺人」と断定 バングラデシュ
289: 世界@名無史さん 2011/02/11(金) 02:31:57 0
イスラムって相変わらず野蛮だなー。
どこの国か忘れたけどイスラム圏の国で、中年の男に何度もレイプされた17歳の少女が、「不適切な性交渉をした」という罪で死刑にされ、男はむち打ちで済んだ、って記事を読んだことがあるよ。


野蛮って言うかすごい男尊女卑だな。イスラムは壊滅して欲しいよ、ほんとに。
339: 世界@名無史さん 2011/04/10(日) 17:00:04.64 0
>>289
それはアラブの慣習であってイスラムの戒律とは無関係
つーか、純粋に教義だけ比較したら、女が男の半分の権利を持つイスラムより、女の権利が皆無なキリスト教の方が女性差別的だぞw
290: 世界@名無史さん 2011/02/11(金) 08:50:12 0
現代の先進国で見せしめ的な刑はまず無理でしょ
苦痛の少ないギロチンの時代ですよ
294: 世界@名無史さん 2011/02/19(土) 03:50:14 0
さらしチ○チンの刑とか、無いのかな?
295: 世界@名無史さん 2011/02/19(土) 09:55:26 O
>>294
中世以前のゲルマンあたりだと「罪を犯した部位を処罰する」って意味で、姦淫の罪でち○こ吊りとかあったみたいだけどな
296: 世界@名無史さん 2011/02/20(日) 22:30:04.89 0
吊りってどうやるんだろう?
さらされても民衆は見たくないだろうなw
297: 世界@名無史さん 2011/02/28(月) 09:34:37.41 0
公開処刑は民衆の娯楽だった
まるでお花見見物
298: 世界@名無史さん 2011/02/28(月) 10:16:48.37 0
精神異常を演じて死刑を免れようとした雅樹ちゃん誘拐殺人事件の歯科医、本山茂久の卑劣、悪質な性格も功を奏さず1971年死刑が執行された。

本山茂久は死刑執行の前に完全に精神を錯乱させ、鉄格子にしがみつき、噛みつきまでした。
担当の警官、職員に噛みつき、暴れ、大声で泣き喚き、絞首刑のヒモが落下しても無駄な激しいアガキをし、挙句、ヒモが切れるという前代未聞の椿事まで惹き起こした。

仕方なく予備のヒモで再絞首刑を行い、やっと死んでくれた。

本山の顔は醜く怒張し、目の白目の部分はガマ腫のごとく飛び出し、眼球自体が飛び出す寸前だった。抵抗の度合いがあまりに激しかったために首筋もザクロのように裂けていた。排尿、脱糞で臭気は一体を冒した。

まるで犬の舌かと思えるほど、血にまみれた舌が長く長く外に出ていた。
死刑執行に携わった者でも、かくほど、本山みたいな悲惨で醜悪な執行例はないと思えた。
その清掃を手伝わされた五十嵐正秀(死刑決定はしていたが)あまりの本山の汚らしさに腰を抜かしていたという・・。


要するに歯科医院開業したさや愛人のために罪もない子供を殺すなどという、畜生以下の人間ほど、この世への執着は人並みはずれて強い、という下らない真実と言うべきだろう。
303: 世界@名無史さん 2011/03/25(金) 21:43:23.96 0
罪人の頭蓋骨を切り取り脳を露出させた状態で木に縛り付け、鳥に脳をついばませる、といった刑があったと聞いたことがあるんだが、それってどれくらい痛い?
想像を絶する
304: 世界@名無史さん 2011/03/25(金) 22:10:33.75 0
>>303
脳自体は痛みを感じない。
305: 世界@名無史さん 2011/03/25(金) 22:38:44.66 0
>>304
そうなの?
だけど罪人はどんな感覚に陥るんだろう?
938: 世界@名無史さん 2012/05/20(日) 21:47:15.47 0
>>303
元ボクサーの赤井はノックアウトされて脳手術受けたあと、意識がもどってから頭に手をやって穴、開いてるとこから脳味噌触ったと言ってたな
うげっうげっ と あげそうになったと言ってたわ
306: 世界@名無史さん 2011/03/26(土) 01:31:08.17 0
映画「ハンニバル」でそういう場面あったな。
レクター博士が警官の頭に麻酔をかけて、脳を露出した状態で椅子に座らせ、その脳をナイフで切ってテーブルで調理してた。
「脳は痛みを感じない」と言ってた。警官は麻酔でボーッとしてて、それでもしゃべってたな。
Hannibal Lecter feeds Krendler his last meal管理人より:このシーン。しかしまぁ映画の話ですからな…。そんな刑罰を探してみたけどどうも見つからない。生きたままネズミに食わせるというのはあるそうです。
どうでもいいけど、このシーンのBGMで流れてるピアノ曲は、バッハの「ゴールドベルク変奏曲」のアリアですね。この曲好きなんです。
307: 世界@名無史さん 2011/03/26(土) 12:55:41.47 0
痛みを感じないということは触られても何も分からんってこと?
だけど脳を無作為に切り取ってたらいつかは神経がプツっと切れて絶命するよな
まさか脳がグシャグシャになったまま普通に居れるわけないだろうし、もしそうだとしたらそんなに苦痛を伴わない刑なのか
309: 世界@名無史さん 2011/03/27(日) 13:50:46.31 0
露出した脳を上からグーで殴ったらどうなるんかな。
五感は一瞬でシャットダウンするんだろうか
310: 世界@名無史さん 2011/03/27(日) 14:50:01.53 0
グーで殴るというか、グシャッと潰したら、痛みの感覚がないまま絶命するのかも。
311: 世界@名無史さん 2011/03/27(日) 23:21:45.06 0
首つりより楽かもしれんね。
見た目はグロいけど
312: 世界@名無史さん 2011/03/28(月) 03:10:54.14 0
やべー 見たい
313: 世界@名無史さん 2011/03/28(月) 18:37:58.67 0
一番きついのは中国でやってた解体刑だろ
騒がないように予め喉を潰し、生きたまま手足を切り落とされ、腹を裂いて内臓を取り出したり性器を切断したり、胸部を切って肋骨を露わにしたり、心臓か頭部を破壊しない限り絶命しないので、受刑者は死にたくても死ねない
これほどの苦痛は他にあるだろうか
314: 世界@名無史さん 2011/03/28(月) 18:46:38.19 0
イギリスの首吊り・内臓抉り・四つ裂きの刑を推す
319: 世界@名無史さん 2011/03/30(水) 01:04:11.68 0
織田信長織田信長も残虐な処刑をしてたらしいが実際はどうなの?
信長公には比叡山延暦寺を潰した時、女子供を皆殺しにしたとか。
しかもその殺し方は凄惨を極めてたらしい。
生きたまま腹を裂いて内臓を強引に引っ張ったり、妊婦の子宮から胎児を取り出したりなど
人間とは思えない行為をやったとか。
管理人より:どうやら比叡山焼き討ちのアレコレはウソらしい…という説も。管理人もそんな話を聞いたことある。参考→えっ、焼いてない?織田信長 比叡山延暦寺焼き討ち事件の真相とは
315: 世界@名無史さん 2011/03/28(月) 21:32:27.26 0
中世ヨーロッパでやってた串刺し。
ケツからぶっとい杭をぶっ刺し、その状態のまま地面に刺して立て掛けて放置。
囚人の重さによりジワジワと杭が体を貫き、しまいには口から飛び出る。
すぐには死ねないため絶命するまで数日掛かった囚人もいたらしい。
その間の想像を絶する苦痛は言葉では表せない。
1日中、囚人のこの世のものとは思えない絶叫が鳴り響いてたという。
316: 世界@名無史さん 2011/03/28(月) 22:02:46.22 0
やべー やって見たい
串刺し刑
管理人より:こういう感じのアレ。生きたままケツの穴にブスっと刺すタイプと、死んだ後にブスっと刺して晒し者にするタイプと、ふたつあったようです。前者はかなりイヤな死に方ですね…。
317: 世界@名無史さん 2011/03/29(火) 00:09:55.42 0
このスレの人が法務大臣やればいいのに
318: 世界@名無史さん 2011/03/29(火) 17:51:35.16 0
>>317
ほんとにねー。

そんなわけで、なぜか人気シリーズの第4回。
様々な処刑方法があるもので、いろいろ変な感心をしてしまいますが、やっぱり人間はどこまでも残酷になれるのかもしれない。

こういったテーマでは、やはり現代の処刑でも、苦痛と後悔を与えなくてはならない!という前近代的な意見をいつもチラホラ見ます。もちろん当サイトのコメント欄でもです。そういう時、ひとは自分が野蛮だとは露ほども思ってないわけですよね。むしろ、正当な報いを受けるのだ!と、ちょっぴり正義感を感じてるかも。
しかしその一方で、イスラムの(スレでも出てた)鞭打ち刑などを見て「やつらは野蛮だよなー」みたいな感想も出るわけで、なかなか興味深い心理だと言えるのでしょうか。

いったいどっちが野蛮なのか考えてみるのも、近代法の法倫理的に、また意義のあることではないかと思う管理人です。

苦痛の梨
トップ絵は「苦痛の梨」と呼ばれる、主にフランスなどで用いられた拷問器具。
英語版Wikipediaによると、起源は明らかではないながら、17世紀初頭~19世紀ごろまで使用されたそうです。
その使い方についてもハッキリ書いてはおらず、よくわからないということぽい。
とにかく、ゆすりや詐欺など軽犯罪向けの拷問器具で、ネジを回すとナシの形を形成する4枚の羽が開くようになっており、開くにつれ針が飛び出してくるようです。(針はないものもある)
口の中にツッコんで使用する「ギャグ」の一種。

ただし、出典は定かではないですが、よそのサイトによれば、中世で使われた女性の流産用の器具だとか、流言飛語、不信心、ホモセクシャル用の残酷な刑だったとする説も。
その場合は口ではなく、ちょっと画像貼りにくいから貼らないけど、このように女性のアソコか男性のアソコに突っ込むことになります。まぁオル○スターみたいな形状ですしね…。

苦痛の梨(オープン時)
そ、そんなおっきいの、入らないよォ~!('A`)
けっこう極悪な形状してて、お尻がムズムズする。そして梨が食べたくなる。
11.16追記:当記事を「朝目新聞」様でご紹介いただきました!
古代エジプトでは包茎手術もあったというから、衛生観念がしっかりしてたぽい。



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.9 22:39
    イスラムが野蛮だと思うのって刑の形じゃなくて(日本人から見ると)意味わからん理由で
    不平等に死刑にするからとかそういう理由でじゃないんですかね
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.10 10:54
    ※1
    片方だけでも理由として十分なのが両方相まってかなり野蛮に見えるんでしょう
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.10 10:59
    ※1
    一応苦言ね
    イスラムを「イスラム教を信奉してる人全般」って使うのは乱暴
    ほとんどのイスラム信徒は温厚だし現代の観点で対応してます
    過激な刑罰を求めるとかってのは、原理主義とかイスラムを騙って、
    自己の利益に誘導しようとしてる人たちが一部いるってだけです
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.10 17:03
    ※3
    じゃあなんでキリスト教や仏教徒にまったくそんな人がいないのか、イスラム教徒に一部でもいるのか、そこを考えんといかんでしょ
      • ※5 : ※3です
      • 2016.11.10 22:05
      >※4
      キリストの名のもとに軍を派遣して一つの都市を中の人間ごと殲滅したり、キリスト教以外を信じる者を異端者として無垢の民を拷問死させたり、仏の名を借りて自分たちの敵対者との対決に民衆を導き、血で血を洗う争いをした挙句に焼き討ちにあい、女子供まで命を奪われるように仕向けたとか、歴史を紐解けば枚挙に暇はありません。現代史上でも、仏教を祖にしてると詐称したオウム真理教や、キリスト教の一派閥と称したガイアナ人民寺院などの例もあります。
      誤解を招かないように言っておきますが、私は宗教自体を批判してるのではありません。ある種の目的を持つ人間に掛かれば、宗教は都合よく利用されてしまうという事を主張しているのです。

      一口にイスラム教と言っても、原理主義に近い派閥から、非常に緩い運営をしてる派閥まで幅広く分かれます。そして、世界中で2番目に信者数が多い宗教足り得るには、ただただ厳格なだけでは成し得ないことです。
      先にも述べましたが、今の世の中の倫理に沿わないことをしてる者どもは、イララム教を騙る、もしくは利用してるだけであり、真のイスラム教徒ではないと断言していいでしょう。その点に触れずしてイスラム教やイスラム国家を十把一絡げにして、「イスラムは野蛮」などと表現するのは、非常に偏った見解を植え付ける可能性があります。
        • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2016.11.11 17:11
        >※5
        へー、人質の首を生きたまま切るような連中は野蛮じゃないってか
        いやまあ、貴方があいつらISILだかISISだかいう連中はイスラム教徒を騙る連中だって言う自由はあるよ
        それを聞いた彼らがあなたを殺しに行くに1000ペリカだけど

        マジレスすると21世紀になっても中世万歳ってのがあいつらだからね
        スマフォやクアッドコプターを駆使しながら言論の自由や信仰の自由に反対するのがイスラム、その証拠に世俗化されたイスラム国家ですらキリスト教徒は迫害されて教会はぶち壊し、ヨーロッパにモスクを作る自由はあるのにね
          • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
          • 2016.11.11 19:21
          >※8
          上手いこと言ったつもりだろうけど、思い切り墓穴掘ってるぜ。
          実際あの辺りに前から住んでた人達が
          ISに宗教教義を理由によく生活習慣の押しつけや処刑さをれてるところを見れば、
          連中が一般的な元からのあの辺りの住民とは
          思想信条上乖離した部分が大きいのは自明だろう。
            • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
            • 2016.11.12 17:42
            >※9
            ISISとかISILはフセイン政権の残党ですよ、いわゆるバース党
            つまり元からいたスンニ派ですわ、でイランから支援を受けたシーア派や欧米支援のクルド人が政権を取れば今度は自分らが毒ガスを受ける番だってわかってるだけ
            思想信条もほぼ同じ、俺ら正義で異教徒異端は皆殺しか奴隷かレイプ
            恐ろしいのはスンニのアラブ人はシーアのペルシャ人より話が通じないやばい連中ってアメリカ人が判断しつつあること、最近アメリカがイランと手打ちしてシェールガスと相まってサウジが原油安で大ダメージを受けてるのはそういうことだってはっきりわかんだね
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.11 12:44
    本論からズレて宗教論議ですか
    イスラム教が閉鎖的な宗教ってのは一因ですけど、
    「よく知らないから○○だ」って決めつけるのは、
    学究の徒にはふさわしくない態度ですな
  1. あ、これはひょっとして管理人が巻末で余計なこと書いたのがアカンかったんでしょうか。
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.12 14:03
    ※7
    いやー、主教論争っていう、答えの出ない堂々巡りと感情を生肌にぶつけ合う、「最高の拷問」ってことじゃないですかね
    • >※10
      なんか高度な楽しみ方ですね!
      宗教は日本人にとってあんまピンとこないから、議論もおおいに結構だと思う管理人。
    • ※12 : ※5ですが※9ではないです
    • 2016.11.12 14:27
    ※8
    イスラムは転宗を受入れますよ。中世の時代にメフメット(何世かは忘れた)は、異教徒に対してイスラムに転向することを条件に、帝国内での地位を確約しました。このようにして他国からの才能を活用したので、当時最高峰の医術や建築技術などの、最先端の科学国となりました。この辺は夢枕獏の「シナン」で丁寧に描写されてます。あと、一応イスラム教を国教としてるトルコで、キリスト教会だけを狙って破壊したという話は聞いたことがないです。キリスト教にだって、教義を理由に輸血を拒んで、命を失うことも辞さずという派閥もありますし、確かノルウェーで史上最大の大量殺人を行った犯人も、「キリスト教を守るため異教徒を弾圧する(実際に宗教とは関係ない無差別殺人でした)」と称してますしね。ことほどさように、イスラムだけを指して、偏狭とか野蛮とか言うのには抵抗がありますね

    まあ、こういう論議は水かけ論でしょう。
    他の博士が指摘してる通り、こういう不毛な論議は拷問の一種なんだと思います。

    最後に、「彼らがあなたを殺しに行く」という一文は、警句ではなく個人に対する脅しであると判断しました。絶対に許しません。
      • ※13 : ワイが8や
      • 2016.11.12 17:24
      >※12
      他教徒の転宗は受け入れる=good!
      イスラムから他の宗教への転向は良くて集団リンチかなぁ

      今のトルコはイスラム国家ではないです、なにせ国父たるケマル自身がイスラムの根幹たるカリフ制やイスラム学者の権威を否定して産まれた国家だから、あくまでイスラム教徒が多い普通の国

      「彼らがあなたを殺しに行く」をなぜ貴方が脅迫と受け取るのか、それはそれがシリアスで現実味があるからでしょ?僕のおじさんはマフィアでお前なんてイチコロだって言っても誰も信じない、要はそれだけ現代のイスラム教徒が我々の自由社会の敵だってことですよ、ちなみにヨーロッパのイスラム教徒は多数派になったらシャリーアに基づいた国家を目指すそうです、冗談であって欲しいと心底思いますがね
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.11.18 0:13
    スペインのクッション?という名前?通称?のある拷問を知りませんか?
    以前名前だけ耳にしたのですが、どのような拷問であるのかが調べても分からず困っています。
    知っている方がいらっしゃいましたら、教えてくださいませんか?
    • >※15
      「spanish cushions torture」とかいろいろ探してみましたけど、やっぱりモンティ・パイソンの「スペインの宗教裁判」のワンシーンみたいですねぇ。
      https://www.youtube.com/watch?v=7WJXHY2OXGE
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.5 1:05
    ギロチョンであいつらを・・・
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*