人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

日本人はどのようにして日本にやってきたの? @ [考古学板]


日本人はどのようにして日本にやってきたの? @ [考古学板]
1: 出土地不明 2006/12/09(土) 04:43:32 ID:6t5Sh0jd
どこ?
2: 出土地不明 2006/12/09(土) 07:13:39 ID:qk80maeA
アフリカ大陸から来たんだよ。さあ、わかったね。よかったね。
3: 出土地不明 2006/12/09(土) 17:10:18 ID:2nwim1L6
シベリア南東部アムール地方。

25000年前頃に古モンゴロイドの縄文人がアムールあたりから、当時はまだ陸続きだった樺太に入って日本列島に拡散し、弥生前期末の2600年前頃に、北方モンゴロイドの弥生人が同じくアムールあたりの沿岸部から海路で海岸伝いに南下し、そのまま九州北部に上陸して混成した人類集団。
4: 出土地不明 2006/12/09(土) 17:31:12 ID:bjR/uMo6
日本人先祖の大多数はインド東北部、東南アジア北部、中国南部から移住。
YAP+は縄文人、琉球古人、および南中国の2万5千年以上前の出土人骨から高率で検出。


同時代シベリア南東部アムール地方の人骨からはほとんど未検出。

現在の中国西南部高地人と、沖縄や日本内地やアイヌのYAP+のタイプの差は、別れた時期の古さを示す
基本的には、南中国と日本人先祖は共通といってよい


ユーラシア大陸の日本海岸北部で、アザラシやトナカイを狩いテント暮らしをしていた鄂倫春族や朝鮮族と近縁の者たちも流入し続けたということはあるだろう
7: 出土地不明 2006/12/09(土) 19:47:17 ID:2nwim1L6
>>4が根本的におかしいのは、日本の渡来系はYAP-であるのに、東南アジア北部、中国南部のYAP+(しかも別型)が移住したと言っている点。

故意でないなら本気で死んだ方が良いだろう(嘲笑)
10: 出土地不明 2006/12/10(日) 21:03:50 ID:vzNZfPwK
>>7 が抜本的におかしいのは、日本の渡来系は北からも西からも南からもいるのに、YAP-だと思い込んでること。
北にYAP+がいないだけで、それ以外にはいることを考えていない。しかも時代の考え方もない。
10万年以上前は、YAP+が東アジアの日本、中原、華南、および千島列島、アリューシャン列島にあまねく存在したことを無視している。


テーマとしている2万5千年前の時点で、YAP+はそれらの地にいたのであって移入してきたのではない。
反対にベーリング海峡を渡って北米に移住していった時期と重なる。

YAP+を持たない人間がバイカルやモンゴル、河北の地から南へ移動していき、中国においては平地部において、YAP+を持つ人々を追い払っていったことと混同してはいけない。
12: 出土地不明 2006/12/10(日) 21:47:17 ID:sbgfihNw
>>10
原人の時代の話は関係ないだろ。
日本はどうかんがえても、3万年よりも前には現代人はいなかったとおもわれる。
YAP+は、東南アジア、およびオーストラリア起源だよ。
日本列島をつたって、シベリアやアメリカ大陸までわたったことがあきらかだよ。
どれも日本列島が北方アジアにおける中核地点になっていることは分布から明らかだ。
11: 出土地不明 2006/12/10(日) 21:23:59 ID:9Cug7iWe
>日本の渡来系は北からも西からも南からもいるのに
西と南はおりません。

その証拠に弥生期までに西と南の土器文化や金属器文化が一切伝わっておりません。
13: 出土地不明 2006/12/11(月) 01:31:45 ID:tYb1HPoO
>>11
>西と南はおりません。
>
>その証拠に弥生期までに西と南の土器文化や金属器文化が一切伝わっておりません。
時代を混同してている。
16: 出土地不明 2006/12/11(月) 18:50:48 ID:Dm4ODs0d
>>12
ウソはイカンなウソは。
YAP+の出現地の定説は西~中央アジアだろが。


北方モンゴロイドは中央アジアを抜ける最短コースで、シベリア入りしたというのが定説。


>>13
18000年前まで大陸と地続きだったのに、どうして渡来するんだよ?(嘲笑)
17: 出土地不明 2006/12/11(月) 22:47:01 ID:PmEIqakY
>>16
>YAP+の出現地の定説は西~中央アジア
バイカル、モンゴル、満州、華北、朝鮮、ツングースにYAP+はいないな…
米大陸(南北)、北極エスキモー、アリューシャンや千島の列島、日本、奄美、沖縄、ブータン、チベット、雲南、広西、貴州、四川、シーサンパンナ、太平洋ポリネシアン(ハワイ~マオリ)にはいるね。
18: 出土地不明 2006/12/12(火) 22:55:54 ID:zuw8bo3s
>>16
そういういいかたすると、いかにも嘘を書いたように見えるじゃないか。
自分が嘘を書くときの方法としてはちょっと面白いかもしれないが。

>>17も書いているが、重要なことは、オーストラリアのアボリジニは、ほとんどYAP+なんだよ。
基本的にはアボリジニとパプアニューギニアあたり、そして東南アジアに密集していて、この系統は本来のアジア系とは違うんだ。
およそ3万年かそこら前にオーストラリア、あるいは、パプアニューギニアあたりを起点として太平洋の西海岸を北上し、台湾や日本にいたり、さらに中国内部にまで進出しつつも、日本列島を中継点として、さらに北に向い、アメリカ大陸まで至った系統がいたわけだ。

これが、YAP+の系統なんだ。
その際に、大陸にもある程度浸透した。それが、現在の中国や朝鮮半島のYAP+の系統だ。


これほど特徴的な変化は二度は起こらない。
だから、YAP+は、もともと、東南アジアというよりも、オーストラリア、パプアニューギニアが起源だというのが定説になっている。
20: 出土地不明 2006/12/13(水) 02:45:48 ID:FZIEgoaw
>>18
>パプアニューギニア
人類の遺伝子進化の系統樹的には、もっとも進化した人種なのがニューギニア高地人だ
YAPの分布
管理人より:「YAP+」とかいうのは、「ハプログループDE (Y染色体)」という特殊な遺伝子のことで、ハプログループEとDの系統に限られるとか。日本はD系統にあたります。
14: 出土地不明 2006/12/11(月) 13:54:37 ID:G+YsAIf9
現世人類は10万年前にならないと出現しないだろ
15: 出土地不明 2006/12/11(月) 14:24:32 ID:km1KtxRI
その辺は数説ある
19: 出土地不明 2006/12/12(火) 23:47:58 ID:zpU2dZB6
まさか専門人が集まるこの板に、現時点でYAP+が無い場所が2~3万年前も無かったなんて思っている馬鹿、脳弱、低脳、居ないよね?w

>YAP+は、もともと、東南アジアというよりも、オーストラリア、パプアニューギニアが起源だというのが定説になっている。
ほーん。
で、その証拠は?
26: 出土地不明 2006/12/14(木) 22:13:41 ID:5vunixQH
人類の移動
Atlas of the Human Journey - The Genographic Project
をみながら、

Yハプログループの分布
Human Y-chromosome DNA haplogroup
をみて、M174(Y染色体ハプログループD)をおいかけると、、、。

YAP+は、ハプログループのDとEに特徴的だ。
起源は、アフリカで、いっしょにいったのが、M130だね(これは、グループとしては、Cに属す)。
ちょっと、M130と、M174を混同していたように思うので、オーストラリア、とかニューギニアは、M130で、日本人やチベット人のM174とはちとちがう。
アメリカ大陸にいっていたのは、M130だね。もちろん、これも日本人にはある程度存在する。

M174と、M130がいっしょに行動していたことはほとんど自明なので、その意味では、同じでもいいだろ。
いずれにせよ、YAP+は、アフリカから、インド、東南アジアを経て、日本には南方から入っている。
28: 出土地不明 2006/12/15(金) 11:16:28 ID:whXq5Ji8
>>26
>YAP+は、アフリカから、インド、東南アジアを経て、日本には南方から入っている。
同意。
30: 出土地不明 2006/12/15(金) 23:43:39 ID:uZKSID/p
>>28
一人複数役で自問自答するのはやめようねw
31: 出土地不明 2006/12/15(金) 23:55:43 ID:9hfljKP9
>>26
>YAP+は、アフリカから、インド、東南アジアを経て、日本には南方から入っている。
俺もそう思うよ。
33: 出土地不明 2006/12/16(土) 01:22:39 ID:7tBcEIVx
>>26
>YAP+は、アフリカから、インド、東南アジアを経て、日本には南方から入っている。
オイラもそう思うよ。
管理人より:ナショジオの方はサルベージしても画像が見えてないので、ページのタイトルから画像を探してきてます。なんかインタラクティブなFLASHぽいやつの模様。スレ当時、ナショジオで使われてたのと同じかどうかわかんないんですが、この後スレでけっこう言及されるので「もう画像がありませんでした」ではすまない感じになっちゃってます。
現在の「Map of Human Migration」のページはコチラ。スレ当時と同じものだったかどうかわかりません。
27: 出土地不明 2006/12/14(木) 23:26:14 ID:rxuomyDa
最短コースの中央アジア経由だろ。
わざわざそんな遠回りをする理由が無い。
29: 出土地不明 2006/12/15(金) 22:49:07 ID:ZVXN9kXy
オリオン座の第三惑星から着たんだよ
管理人より:オリオン座の第3惑星とは意味がよくわかりませんが、オリオン座には一等星がベテルギウス、リゲルのふたつ、残りはすべてニ等星ととても目立つ冬の星座。本題と関係ないので詳細はコチラ。
32: 出土地不明 2006/12/16(土) 00:10:21 ID:yAaF+1Nv
ぜーんぜん思わない。
YAP+は定説通り中央アジア経由で日本に入っている。


創作で欺罔するのはやめな。ウンコ南方人よ。
34: 出土地不明 2006/12/16(土) 18:41:46 ID:GesUu92i
幼稚な奴だな。
YAP+は中央アジアあたりが起源で、日本にはシベリア経由で入ってきている。


シベリア経由
37: 出土地不明 2006/12/16(土) 22:20:33 ID:bIoTzucv
>>34
これだとアイヌや縄文人が長頭であることの説明がつくな。
48: 出土地不明 2006/12/17(日) 22:57:28 ID:XrxH2Wse
>>34
もひとつ付け加えれば日本語の文法の起源の説明がつくな。
南方の母音調和の単語の問題だけが残ってしまうのだが。


>北方起原論者に期待したいことは、たとえばツングース語などの語彙をくまなく収集して、アルタイ語族の祖形を再建し、それと日本語の語根との対応を探ることである。
>母音調和は言語の系統の決め手ではない。無理な論戦で傷つくことで、本来最初になすべき作業を怠ってはならないのではあるまいか。
38: 出土地不明 2006/12/16(土) 22:22:48 ID:XZxi6Swl
YAP+は、アフリカ人にも存在する。
>>34 のようなやつは、遺伝学の基本がわかっていないってことだな。
同じ突然変移が起こる確率というのは、皆無といってよいほど少ない。
よって、ひとつの突然変移は、その子孫に受け継がれるわけだ。


人類の移動
Atlas of the Human Journey - The Genographic Project
の中で、Genetic Markers のところの、YAPをひっぱれば、一発でわかるだろ。

それから、中央アジア経由でなく、南アジアから東南アジアを経て日本にきている理由は、このYAPが非常に起源が古く、その当時の人の移動はもっぱらアフリカから、アラビア半島、南アジア、東南アジアを経由するコースしか考えられないからだ。
M174の経路をみればわかるように、東南アジアから日本に入り、そこから、アジア内陸部に向かっていることもわかる。
このルートは、他のマーカー、たとえば、M130などでもわかりように、環太平洋ルートというもので、採集的には、そのまま日本を経由して、アメリカ大陸に向かうものだ。


シベリア経由に書かれている内様は、むっちゃくちゃ古い。
このあたりの研究は、基本的に2年で超古代のデータといってよいほどの古さなんだよ。20世紀のデータを持ち出されても、まったくなんの価値もない。

いいか、アフリカから中近東経由、中央アジアという経路はたしかに存在するが、その系統とは、日本人の系統はつながらないし、またそれとアフリカ人の系統との関係もほとんどない。
現状では、Genographic Project がもっとも新しいデータをあたえている。
49: 出土地不明 2006/12/17(日) 23:47:58 ID:punEeEK6
2~3万年前の北方アジアで話されていた言葉こそ日本語なんだろ。
下手をすると6~7万年前の人種分化前の西アジアにいた頃の単語や発音も入っているのではないか?

日本語こそ北方アジアで最も古い言葉を保存している言語だろう。
53: 出土地不明 2006/12/18(月) 22:44:13 ID:xIXeyqEc
>>49
ぜんぜんとんちんかんだよ。
YAP+の話題からすると、日本人の中で、YAP+のタイプ、つまり、ハプログループがD2なのは、おもに琉球、アイヌ系ってことになる。
つまり、日本人の中では、先住民系になるわけだ。

アイヌ系があれほど北にすんでいながら、南方的要素が強いっていうのが面白いよね。

これはmtDNAのほうでも、この琉球、アイヌ系に、M7a が多いんだよな。
M7系統は東南アジアから、中国、朝鮮半島、日本に多く、これも南方系だ。
M7aは、日本と朝鮮半島に多く、M7bは、中国、M7cは、東南アジアだ。
M7aがだいたい起源が3万年というから、朝鮮半島と日本列島の固有の原住民系ってことになるし、これが、YAP+のD2の系統とも一致するだろう。

つまり、日本人の旧石器時代人は、考古学的にもいわれているように、南方系なわけだ。
旧石器時代人骨とされるものは、どれも東南アジアなどのネグリトなどに近い系統だ。
縄文人の平均身長が150センチ(男性)ちょいなのも、こういう系統に近いからってことになるだろう。ただし、北方系は大きいけど。

中国では、こういう南方系の要素の人々がどんどんおいやられて、周辺にしか存在しないが、日本では、まだまだかなり多い。
その意味では、日本は中国辺境系と考えられて、日本には多くの南方的要素が入ってきたということだな。もちろん、日本から出ていった系統もある。


まあ、それをざっくりまとめると、

人類の移動
Atlas of the Human Journey - The Genographic Project
にあるとおりになる。
54: 出土地不明 2006/12/18(月) 23:08:08 ID:ykHY0yln
人類の移動
Atlas of the Human Journey - The Genographic Project
にある、YAPの項目をちらっと訳しておこうか。
現在のサハラ以南に住む人たちは、人類の系統樹の中の特別な、三つのもののひとつで特徴づけられる。遺伝学者によって、これら古い時代の分岐は、YAPと呼ばれている。

YAPは、北西アフリカで起こって、サハラ以南の人々の三つの古代の分岐の中ではもっとも頻繁に見受けられる。これは、Aluの挿入としてしられる突然変異によって特徴づけられる。これは、300塩基のDNAの断片で、非常だが、細胞分裂時に、人間のゲノムの領域に挿入される。

およそ5万年前に住んでいた一人の男でこの断片がY染色体に取り込まれ、それが子孫に受け継がれるようになった。時代とともに、この系統はふたつのグループに分岐した。
ひとつは概ねアフリカと、地中海沿岸にあって、これは、M96というマーカーで定義され、それは、ハプロタイプ E と呼ばれる。
もう一方は、Dで、これはM174の突然変異で定義され、アジアにある。
56: 出土地不明 2006/12/18(月) 23:41:49 ID:dM8gwZMf
バビロニアから来たって噂もあるぜ
61: 出土地不明 2006/12/19(火) 23:10:03 ID:Ef3iKM8v
ハイハイ、誰も支持しないサイエンスフィクションをどうも。
63: 出土地不明 2006/12/19(火) 23:14:11 ID:Rt/d58TT
>>61
いや、あんた以外からは普通に支持されているんだが
それに、このもとのページ、あんたが英語読めないらしいから訳してあげたけど、かなりの権威のあるちゃんとしたページだよ。
文句つけるなら、まずIBMにでもいってくれよな。

あんたが提示した資料はどれも、20世紀のもので、古代の資料で、まったくもって時代遅れだよ。
64: 出土地不明 2006/12/19(火) 23:19:51 ID:Ef3iKM8v
では、日本人学者での支持者を教えてもらおうか?
サイエンスフィクションくんw
66: 出土地不明 2006/12/19(火) 23:35:12 ID:Rt/d58TT
>>64
最近チェックいれているけれど、国立遺伝研関係とかのページの内容がほとんど更新されていない。
20世紀のままになっていてまったくこまったものだよね。
日本人の研究者がこのあたりでまったくもって研究を発表していないんじゃないかって思うくらいだ。
以下のページが、日本人の書いたものだけど、読んでみてくれ。全部は訳せないしな。


Mitochondrial Genome Variation in Eastern Asia and the Peopling of Japan(PDF)
これは、かなり網羅的な研究で、弥生時代以降のものと、それ以前ではまるっきり違う系統のようで、古い層は、南方系(mtDNAのMとかNとかの系統)が多いということが書かれているぞ。
ただ、非常に複雑なので簡単ではないが、とも書かれているな。

まあ、読んでみてくれ。
67: 韋駄天はふと考えた 2006/12/20(水) 03:00:51 ID:MbVV+ugi
鳥居は倭人の証。

2000年前の昔の人は、渡来朝鮮人集落と倭人集落を区別するために、集落の入り口に木製の鳥居を設けた。
いわば鳥居は倭人集落へ入るための門であり、倭人にとっては重要な目印であった。


古代の日本には、こうした入り口に鳥居のある倭人集落と、鳥居がなく巨石を置いて、門や集落の目印代わりにする渡来朝鮮人集落とが別々に存在していた。

やがて人口が増えて倭人集落の規模が大きくなると、鳥居の外に家を構える倭人も増えてきて、いつしか鳥居のある場所は、倭人集落の中で祝い事や豊作の祭事を行う、重要な場所として位置づけられることとなる。

また倭人集落から死者が出たり災いが起きたりした場合は、この鳥居のある場所は、死者の霊を鎮める場所や災いを振り払う場所として使われるようになった。
これが現在において神社といわれる場所となった。


一方、渡来朝鮮人集落では、巨石で囲った場所に死者を祭ったり、巨石と土を盛り上げた場所を、渡来朝鮮人集落の近くに設けては、祝い事や豊作の祭事を行う場所として使ったり、死者の霊を鎮める場所や災いを振り払う場所として使われるようになった。
これが現在において古墳といわれる場所となった。


しかし、近年においては倭人集落と渡来朝鮮人集落とが混在するようになり、鳥居のある神社が集落にあるからといって、そこが倭人集落とは決め付けれなくなった。
68: 出土地不明 2006/12/20(水) 03:15:01 ID:IpUzbP5N
>>67
>鳥居
雲南省、タイ北部山地、ベトナム北部山地に大昔からたくさんあるね。
糸引き納豆、羽子板で羽根つき、絣の着物、押し寿司、、、もある。
腰に刀を二本差しの部族さえいる。YAP+を持つ人たちが暮らす。

沖縄出身の人たちが行くと「懐かしい、沖縄みたいだ」と語る土地だ。
71: 出土地不明 2006/12/20(水) 18:49:48 ID:e58uIW9a
>>67-70
デムパはいらねー

鳥居の起源については諸説あるが、確かなことは分かっていない。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から引きずり出すために鳴かせた「常世の長鳴鳥」(鶏)に因み、神前に鶏の止まり木を置いたことが起源であるとする説、インドの仏教やヒンズー教にみられるトラナや中国の華表など海外に起源を求める説などがある。
いずれにせよ、8世紀ごろに現在の形が確立している。
鳥居(Wikipedia)

8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
8世紀ごろに現在の形が確立している
73: 出土地不明 2006/12/21(木) 19:28:48 ID:nuzhXCoR
「倭人」の源流を求めて ー雲南・アッサム山岳民族踏査行ー

森田勇造 著、 講談社
    1982年9月発行
 
    ISBN4-06-200174-8
高床式住居、千木・かつお木、鳥居、いれずみと断髪、歌垣、アニミズム、山岳信仰、赤米と穀霊信仰、そして農具や木・竹・わらの道具、数々の発酵食品などの稲作複合文化・・・・と、「倭人」の源流を求めてという、この本のタイトルからも伺えるように、著者は、雲南・アッサムの山岳少数民族の生活風俗と古代日本のそれとの共通項をもとに、両者のミッシング・リンクを埋める興味深い仮説を展開する。
中国の江南地方に住んでいた倭人(江南人)と雲南山岳地帯の雲貴高原に住んでいた人々、そして日本列島の倭人と、古代の東アジア世界を思い描くことは、ワクワクさせられて本当に楽しいものだ。
(13)「倭人」の源流を求めて
74: 出土地不明 2006/12/21(木) 19:44:04 ID:nuzhXCoR
タイ・ワット・カム・コーの社殿に続く通り タイ・ワット・カム・コーの社殿に続く通りタイ・ワット・カム・コーの社殿に続く通り

タイのアカ族の鳥居 タイのアカ族の鳥居

タイのミャンマー国境近くにある素朴な鳥居 タイのミャンマー国境近くにある素朴な鳥居
75: 出土地不明 2006/12/21(木) 20:45:01 ID:79sLW0Zg
>>73-74
馬鹿丸出しですねw
76: 出土地不明 2006/12/21(木) 21:30:42 ID:xouDZjsh
>>73-74
その前に弥生文化に鳥居があったという証拠は?(爆笑)
管理人より:神社の起源についてはあまりよくわかってないみたいですね。相当以前に1回やりましたので、興味のある方は。
87: 出土地不明 2006/12/22(金) 23:37:43 ID:NjCv9nFN
そもそも3万年前ごろの日本にやってきたのが東南アジア系だなんて断言できないだろ。

アルタイ方面から移動して朝鮮・日本や中国・東南アジアに分裂した可能性だってある訳だろ。
89: 出土地不明 2006/12/22(金) 23:44:01 ID:KeOEnQtF
>>87
ない。
理由は簡単だ。その系統の子孫が、断続的にきっちりと、アフリカ、アラビア、インド、スリランカ、東南アジアに分布している。
それと関連する人々がオーストラリアまで移住していることもある。

逆に、アルタイ方面にその当時いたのは、それこそ、アメリカ大陸まで移住していったmtDNAのハプログループXの人々だが、この系統は、日本列島にも入って来てない。
数万年前の人々の移動が現在まで痕跡が残っているっていうのは不思議に思うかもしれないが、現実には、いろいろな分析法によって、くっきりと遺伝子密度の勾配が見えるんだよ。


とくに、日本にやってきた東南アジア系という人々の系統がアンダマン諸島とかと関係があるとなると、考古学的にも孤立した人々の話でかなり信憑性が出てくる。

遺伝子勾配も、数珠状につらなるアフリカからの流れも、ひとつひとつはそれだけだと、根拠はうすいんだが、相互に相補的に証拠としてでてくるので、よほどのすごい発見がないかぎり、崩れない結論だ。

だから、ない!ときっぱりいえる。

日本と日本人のルーツ、というテーマを長らくやってなかった感じなので、久しぶりに。
どうも専門家らしい青枠さんがキッパリ断言してるようなので、ホントかどうかはさておき、内容はけっこう説得力ありますね。すべて同一人物か定かではないですが、主張内容、句読点の入れ方、改行の入れ方等々から管理人が勝手に判断しております。
日本の地理を眺めるにつけ、日本への流入経路は、東南アジア方面、シベリア方面、半島経由の中央アジア方面の3つが考えられるわけで、それぞれ諸説あるんですが、どうもスレの青枠さんによると、南方系がメインということです。これに対して説得力のある反論というのは、どうやらスレには見つかりません。(範囲外にはあるかも)

地図を見ると、一見東南アジア経由というのは無理筋に見えるんですが、黒潮があるから、丸木舟みたいな原始的な船でも、日本海を渡るよりは楽だ、という話は聞いたことあります。第二次大戦の特攻に2回くらい失敗して3回目に成功したパイロットとか、漂流して現地のひとに助けられ、2回ともイカダみたいの作って日本へ自力で帰ったひととかいますから、充分ありえることなのかな。

で、まぁこの問題をややこしくしてるのが、おかしなナショナリズムというかプロパガンダというか、いまだネットに根強い嫌中・嫌韓感情なわけでしょ。スレでもいっぱい出てたけど、全部削りました。
気持ちはわかるけど、ヤツらと同源なわけがない(その逆も同様)…という結論ありきで調べ物すれば、そういう結論を導くのは簡単なのでして、こういった問題はもうちょい冷静に見てみたいところです。

この日本人のルーツということを考えるとき、複数民族のハイブリッドだというところはどうやら確実ですが、いまだこれぞ!というのはないみたいですね。
言語学的・遺伝子的・地理的・文化人類学的…と、様々な方面からこのルーツを探る研究がなされていて、いろんな説があって、見てると非常におもしろいです。

日本人はどこからきて、どこへ行くのか?
当サイトが追い求める重要テーマのひとつです。
12.26追記:当記事を「朝目新聞」さんでご紹介いただきました!
アマゾンの古代文明は、個人的にけっこう興味がある。でも研究してるひとあんまいないんですよね。



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.21 21:43
    日本海は大きな湖で朝鮮半島と地続きだったんだろ
    海洋民族で長距離航海もしていたと思う
    • ※2 : 学習
    • 2016.12.22 0:32
    土の、十の口、子供と板を使って昼がえし寝ると良し
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.22 1:33
    文化的交流があったグループを現在の国土区分で区切ることの意味を感じないなぁ
    一族の短期間の大移動とかならともかく
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.22 11:27
    来たのか出たのかは別にして、民族の拡散・収斂方向としては、アリューシャン列島経由の北方系と、大陸・朝鮮半島経由の中央アジア系と、南方海洋系の3方向ってのは間違いないだろうね
    ただ、いくら極東でも日本列島で行き止まりって考えるのも、どうも合点がいかない
    列島由来の遺伝子混合の痕跡は各地にもあるんだけど、ただどっちが先だったのかっていう、年代特定ができればいいんだが
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.22 13:42
    ※4
    分子時計でそこら辺の事は分からないものなんだろうか?
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.22 15:14
    2006年wwwwwwwwwwww
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.22 15:15
    身長が低いから
    南方起源だろ
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.22 15:19
    巫女さんの「赤」は

    中国南部の伝統色
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.22 15:24
    「日本人」という概念は
    明治政府の押しつけだから、、、、、
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.22 22:15
    10年も前のスレじゃ、今の学説はもっともっと変わってるかもね
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.22 23:59
    人は移動する、日本と名付けられた地域に住む人を日本人と呼ぶ
    この二つから純粋な単一の集団が交雑も変質もせずこの地域にまでやってきた、なんて
    ことはある種のファンタジーを信奉するのに等しい気がします。
    こと日本に限らず世界の何処の地域も事情は一緒でしょう。
    アフリカ大陸においてさえも出戻りは想定されるべきでしょうし。
    DNAグループによる相関調査も現況の類似を示すに過ぎない、と思うと時間を遡って
    たった一つの祖先だけを辿るのは誤解ばかりを招くようにも思います。
    (親の親、親の親の親、親の親の親、……と辿る子供じみた発想に基づくと)
    だから無価値だ、などと主張しはしませんが、安直なところへ話を持っていかず
    公平に物事はみるよう努めるべきかな、と思います。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.23 3:08
    確定してないからわからない。
    色々な場所から来たとしか言えない。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.24 23:04
    こいつら無駄に攻撃的だな
    論理的な議論というより
    宗教的な説法だ
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2016.12.25 23:12
    出アフリカ第二波のD(日本人・チベット人・アンダマン諸島人の祖先)が大陸中央と突っ切っ東アジアに到達。
    しかし同じ第二波のO2(東南アジア人・朝鮮人・日本人の一部)が東アジアに到達するとDを駆逐。
    Dは島や高地では権力を維持。しかしほかは全滅。
    さらにO3(中国人)が到達。
    中華大陸ではO2を駆逐。

    日本人は海洋民族ではない。
    海を渡る意味がない。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*