人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

お前ら自分が哲学的ゾンビじゃないと言い切れるの? @ [哲学板]


お前ら自分が哲学的ゾンビじゃないと言い切れるの? @ [哲学板]
1: 考える名無しさん 2015/10/08(木) 20:05:43.44 0.net
自分の持ってる感情や意識、思考や心なんてものが本当に機械的にインプットされたものじゃないって誰が言い切れるの?
もしかしたら哲学的ゾンビかもしれないのに
管理人より:「哲学的ゾンビ」とは、
哲学的ゾンビという言葉は、心の哲学の分野における純粋な理論的なアイデアであって、単なる議論の道具であり、「外面的には普通の人間と全く同じように振る舞うが、その際に内面的な経験(意識やクオリア)を持たない人間」という形で定義された仮想の存在である。哲学的ゾンビが実際にいる、と信じている人は哲学者の中にもほとんどおらず「哲学的ゾンビは存在可能なのか」「なぜ我々は哲学的ゾンビではないのか」などが心の哲学の他の諸問題と絡めて議論される。
脳の神経細胞の状態まで含む、すべての観測可能な物理的状態に関して、普通の人間と区別する事が出来ないゾンビ。
要するに、意識を持たず、外界からもたらされる刺激に対する反応の積み重ねのみで成り立っている存在と言いましょうか。
クオリア」とは、主観的な質・感覚のこと。例えば赤い色の「赤さ」そのものなど。管理人が見てるこの赤い色を、アナタはこの色で認識しているのかもしれない。哲学的ですね。
5: 考える名無しさん 2015/10/08(木) 20:46:37.90 0.net
>>1
お前以外は全員哲学的ゾンビだよ
6: 考える名無しさん 2015/10/08(木) 21:24:28.81 0.net
自分は哲学的ゾンビじゃないんだよ
それが哲学的ゾンビの定義とほぼ同義なんだから
8: 考える名無しさん 2015/10/09(金) 07:22:03.22 0.net
>>6
1は哲学的ゾンビの定義を理解できていない
言いたいことは解るんだが・・・
7: 考える名無しさん 2015/10/09(金) 04:41:24.68 0.net
機械かもしれないしゾンビかもしれない
そうかもしれないが他にも悩みは尽きない
10: 考える名無しさん 2015/10/09(金) 13:32:17.15 0.net
俺はゾンビじゃない
星飛雄馬が野球ロボっとであったように俺は哲学文学ロボになりたいのだ
そう ひとはロボのように同じ安定ルーティンを繰り返すことで安心するのである
ひとは思考するけどロボをめざしているにちがいない!
11: 考える名無しさん 2015/10/11(日) 11:31:39.14 0.net
ゾンビ映画大流行だろ
12: 考える名無しさん 2015/10/11(日) 12:19:25.05 0.net
哲学的ゾンビ映画 とは?
哲学的ゾンビが襲ってくるのか?
13: 考える名無しさん 2015/10/11(日) 13:07:51.96 0.net
哲学的ゾンビに襲われると、襲われたj人も哲学的ゾンビになる
でもとくに違いが出るわけでは無い
14: 考える名無しさん 2015/10/11(日) 14:25:47.45 0.net
哲学的ゾンビウイルスを扱っている秘密の研究所で事故が起こり、大半の研究員が感染して哲学的ゾンビになってしまった!

そのことを知った新米研究員Aは・・・
一方、自分が感染してしまったことを知った主任研究員Bは・・・
15: 考える名無しさん 2015/10/11(日) 20:19:17.95 0.net
もちろん物理的に普通の人間と哲学的ゾンビは全く区別できない
ただウイルスに感染したという事実があるだけだ
それ以外は何の変化もない


だから主任研究員Bは意識を持っているのと全く同じ行動をとる
「なんだ。ウイルスに感染したとビビってたけど、全然意識があるじゃないか。」
「自分は意識があるし、意識していることを意識できるし、意識はあるよ!」
「ウイルスは不完全だったんだ!実験は失敗だ!だが喜んでいい。ウイルスは無害なので研究員はみんな家に帰って良いぞ。」
16: 考える名無しさん 2015/10/11(日) 20:22:06.25 0.net
意識はあるんだ助けてくれと懇願する研究員Cに無慈悲にナタを振り下ろす新米研究員A

「こいつらを研究所の敷地の外に出すわけにはゆかない・・」

哲学的ゾンビが襲われる話になってしまった
17: 考える名無しさん 2015/10/12(月) 13:57:08.40 0.net
自分が実は哲学的ゾンビだったとしても自分は哲学的ゾンビじゃないって主張でき、かつ、それが他者と共有できないところに哲学的ゾンビの問題の核心があるのではないかい?
18: 考える名無しさん 2015/10/19(月) 20:56:54.49 0.net
物理的に区別できないのに人間とゾンビには違いがある
ということは物理以外の何か(魂とかクオリアとか)が存在しなければならない
ゆえに(少なくとも現時点では)哲学的ゾンビは形而上学である
管理人より:「形而上学」とは、
感覚ないし経験を超え出でた世界を真実在とし、その世界の普遍的な原理について理性的な思惟によって認識しようとする学問ないし哲学の一分野である[1][2][3]。
( ゚д゚)???
19: 考える名無しさん 2015/10/21(水) 06:56:25.25 0.net
こういったニヒリズムは議論するようなお題目ではなく、自分で解答を用意して評価しあうようなお題目だろ
25: 考える名無しさん 2016/02/29(月) 21:39:29.79 0.net
ゾンビなんてありえねーから
死体が動くって言い張るなら見せてくれよ
それでもゾンビは実存する
26: 考える名無しさん 2016/02/29(月) 21:50:37.78 O.net
ゾンビは自我の無い者の意味があるな。
と言うことは普段俺も一時的にゾンビになってるのか。
27: 考える名無しさん 2016/02/29(月) 23:05:01.16 0.net
いや一般人から見たおまえは、通勤電車で意味不明なうめき声をあげているアスペ
28: 考える名無しさん 2016/02/29(月) 23:14:02.56 O.net
確かに。
お腹は減ってないがチンチンは固くなってるから食欲を性欲に、人間を雌に置き換えてみたら性欲に駆られ女を襲うゾンビだな。
この寒い中JKは生足。なんて格好してやがる。うまそうだ。


カユ…ウマ…
飼育員の日記
管理人より:初代「バイオハザード」に出てきた、次第にゾンビウィルスに侵されてアホになっていく飼育員の日記が元ネタ。オリジナルは「かゆい うま」なんですね。(画像元
29: 考える名無しさん 2016/03/01(火) 13:10:26.12 0.net
哲学的ゾンビとそうでないものの違いは何?
32: 考える名無しさん 2016/03/04(金) 04:44:37.69 O.net
哲学的ゾンビだとも哲学的ゾンビじゃないとも言えない。
36: 考える名無しさん 2016/03/05(土) 03:29:02.72 O.net
他人をアスペとレッテル張るアスペは、自分がアスペかどうか解らないようだ。
38: 考える名無しさん 2016/03/06(日) 15:39:13.61 0.net
>>36
2chで荒らしているのはほとんどが精神障害や発達障害ではなく「人格障害」
コテハンを使うのが自己愛性人格障害
IDをころころ変えるのが演技性人格障害
37: 考える名無しさん 2016/03/05(土) 09:29:49.30 0.net
現象意識5分前仮説、というはどうだろうか。
世界が「世界が数百億年前から存在したという証拠とともに、5分前に生まれた」としても我々には気づくことができないように、(哲学的ゾンビが存在可能であるという前提であれば)現象意識が5分前に生まれたとしても我々はそれに気づくことができない。


なぜならば現象意識が無くても、哲学的ゾンビは「自分はずっと自身の判断によって行動してきた」という情報を脳内に記録し続けて行動しているわけだし、その哲学的ゾンビに突然現象意識が宿ったとしたら、現象意識はその記録をもとに「この現象意識は過去からずっと存在していた」と判断するからだ。
管理人より:「世界五分前仮説」というのは、文字通りに「世界は5分前に始まったのかもしれんぜ!」というやつ。あなたの記憶は作られたものかもしれない…。因果関係の刷り込みに関する仮説だとも言えましょうか。
42: 考える名無しさん 2016/03/07(月) 09:37:05.45 0.net
人間も哲学ゾンビも変わらないと思うけどな
外界からの情報をインプットして、行動としてアウトプットするだけでしょ
人間とゾンビの違いは何かね?
45: 考える名無しさん 2016/03/16(水) 03:38:01.37 0.net
オカルトで思考する俺は哲学的ゾンビではないが、論理をベースで思考するお前らは哲学的ゾンビである。

明白だろwwww

論理など生き物の本質から離れている、命あるものは命という計れない働きから思考するのがベースとなっているわけだ。
哲学的ゾンビになると思考が合理化され非論理を完全否定してくる。
その自慢で変わらないはずの論理が間違いや矛盾があっても現実にあっている非論理を否定してくる
それが哲学的ゾンビの執着だ
46: 考える名無しさん 2016/03/16(水) 07:12:11.84 0.net
と哲学ゾンビが申しております
47: 考える名無しさん 2016/03/16(水) 11:08:46.61 O.net
哲学的ゾンビはどこを見ても完全な人間なんだけど、人間じゃない存在なんだよ。
48: 考える名無しさん 2016/03/16(水) 12:39:26.93 0.net
違いは?
49: 考える名無しさん 2016/04/04(月) 11:32:43.65 O.net
どう見ても同じだから違いは見付からない。
だけど人間じゃない存在。


哲学的ゾンビの「ゾンビ」の部分が自我やイデアとかが欠けた存在というバイアスを強めてしまう。
52: 考える名無しさん 2016/04/04(月) 21:49:39.02 0.net
人間にしか見えないけど人間じゃ無い、ってどんなところが人間じゃ無いわけ?
53: 考える名無しさん 2016/04/04(月) 22:26:26.40 O.net
違いはない。って言ったよ。
どんなところも人間だよ。

人間なのか哲学的ゾンビなのか判断する部分はない。
だけど人間じゃない存在なんだよ。
考える必要がない問題なんだよ。
54: 考える名無しさん 2016/04/05(火) 01:01:00.87 0.net
違いが無いなら人間だよね
55: 考える名無しさん 2016/04/05(火) 02:29:23.54 O.net
人間じゃない存在なんだから人間じゃないんだよ。
そもそも哲学的ゾンビはいないんだから「人間だよね」じゃない。
56: 考える名無しさん 2016/04/05(火) 13:04:23.67 0.net
思考実験だろバカか
57: 考える名無しさん 2016/04/06(水) 11:26:55.87 0.net
お前等、自分が万年フリーター以下のホームレスじゃないと言い切れるの?
58: 考える名無しさん 2016/04/06(水) 11:32:27.80 0.net
>>57
それは水槽の中の脳問題なので哲学的ゾンビとは話が違う
管理人より:「水槽の脳」というのは、
「あなたが体験しているこの世界は、実は水槽に浮かんだ脳が見ているバーチャルリアリティなのではないか」、という仮説。
こないだやった「シミュレーション仮説」と似てますね。
61: 考える名無しさん 2016/04/06(水) 17:58:51.37 0.net
まず、哲学的ゾンビとは次のような意味ではない。
罪悪感の希薄な人や、冷たい人、等の人間の性格を表す言葉ではない。
精神疾患を意味する精神医学関連の用語ではない。


行動的ゾンビ(Behavioral Zombie)
外面の行動だけ見ていては、普通の人間と区別できないゾンビ。
解剖すれば人間との違いが分かる可能性がある、という含みを持つ。
例として、SF映画に出てくる精巧なアンドロイドは、「機械は内面的な経験など持っていない」という前提で考えれば、行動的ゾンビに当たる。

哲学的ゾンビ(Neurological Zombie)
脳の神経細胞の状態まで含む、すべての観測可能な物理的状態に関して、普通の人間と区別する事が出来ないゾンビ。
哲学的ゾンビという言葉は、心の哲学の分野における純粋な理論的なアイデアであって、単なる議論の道具であり、「外面的には普通の人間と全く同じように振る舞うが、その際に内面的な経験(意識やクオリア)を持たない人間」という形で定義された仮想の存在である。
哲学的ゾンビが実際にいる、と信じている人は哲学者の中にもほとんどおらず「哲学的ゾンビは存在可能なのか」「なぜ我々は哲学的ゾンビではないのか」などが心の哲学の他の諸問題と絡めて議論される。
仮に“哲学的ゾンビが存在する”として、哲学的ゾンビとどれだけ長年付き添っても、普通の人間と区別することは誰にも出来ない。
それは、普通の人間と全く同じように、笑いもするし、怒りもするし、熱心に哲学の議論をしさえする。
物理的化学的電気的反応としては、普通の人間とまったく同じであり区別できない。
もし区別できたならば、それは哲学的ゾンビではなく行動的ゾンビである。
しかし普通の人間と哲学的ゾンビの唯一の違いは、哲学的ゾンビにはその際に「楽しさ」の意識も、「怒り」の意識も、議論の厄介さに対する「苛々する」という意識も持つことがなく、“意識(クオリア)”というものが全くない、という点である。
哲学的ゾンビにとっては、それらは物理的化学的電気的反応の集合体でしかない。
62: 考える名無しさん 2016/04/06(水) 20:59:02.14 0.net
将来脳の機能が100パーセント解明されて、「こういう時に意識、クオリアが発生する」と分かった場合、哲学的ゾンビの議論って意味なくならないの?
「(脳科学的に見て)意識を持ってると言えるけど実は意識を持ってない人間」って観念できないよね
63: 考える名無しさん 2016/04/06(水) 21:26:12.04 0.net
>>62
無くならない

なぜなら、「解明されることが何であるのか、は意識次第である」という事情が終わらないからだ
なおかつ、個別的な意識による解明が解明一般となる、その事情が分かりようがない


貴方のレスに即して言うならば「こういうときに意識が発生する」、その“意識”については観測できないので、相変わらず個人の報告に頼るしかない
科学的手法と心理学的手法の混乱の中でしか話を進められない
65: 考える名無しさん 2016/04/06(水) 21:47:25.23 0.net
「意識の有る無しを外から定義することが原理的に無理」と断言まではできなくね?

と一瞬思ったが、被験者に哲学的ゾンビが混じってても騙されずに済む実験手法って意外と思いつかんな
66: 考える名無しさん 2016/04/06(水) 21:56:58.73 0.net
その前に人がクオリアを持ってるってのも証明できないけどな
67: 考える名無しさん 2016/04/06(水) 22:23:24.68 0.net
>>66
その通りであるが、それだけではない
実際のところ「自分がクオリアを持っている」ことすら、自分で自分に証明することもできない

なぜなら、「ああ、これがクオリアなんだ」という「後付の印象」がまさに、印象でしかないものとして、人間一般に普遍的な勘違いとして、これもまた「勘違いでしかないもの」として蔓延しているように見える、と、このような事態が何千年も前から延々と続いているだけだと言えるからだ
69: 考える名無しさん 2016/04/06(水) 22:35:26.69 0.net
>>63
>>65だけど、哲学的ゾンビかどうかを見分ける方法思いついた

自分を被験体にして客観的な意識の定義を発見すればいいんじゃね
もちろん発見できたと言っても、他人から見たら自分は哲学的ゾンビかもしれないので、他人に対して証明は出来ない
そこで、他の人にも同じように自分自身を被験体として客観的な意識の定義を発見してもらう(これは自分の定義を相手に教えて確かめて貰えばOK)

そして、その人と自分で、相手に意識があるかどうかを互いに判定する
もしお互いが「相手には意識がある」と判定した場合、二人はお互いに哲学的ゾンビでないことを証明できる
後は世界中の人間に対して同じことを繰り返せば、哲学的ゾンビなんて居ないといつか証明できるはず
71: 63 2016/04/06(水) 22:58:34.15 0.net
>>69
それは難しいかもしれない

なぜなら、貴方にも意識があり、私にも意識がある、仮にそう仮定しよう

そこで、貴方によって内省的に報告される貴方の意識があり、私によって同様に報告される私の意識がある、としても。私によって報告される内容が、『貴方をして確かに私に意識がある』と、納得させられるかような内容であるとは言えないからだ

そこで「いや意識を持っているもの同士なのだから大丈夫なはずだよ」と考えるのは楽観的すぎると思う
なぜなら、自分の考えている内容が言葉によって相手に伝わる、そのことの困難は、この板の住人なら痛いほど経験していることだから
「独りよがりの言葉」が、勝手に勘違いを蔓延させていく。。。

俺もまた、やってしまったわけだが
管理人より:ちょw
68: 考える名無しさん 2016/04/06(水) 22:28:34.48 0.net
簡単に言うならば

「これって青だ。少なくとも俺にとっては」という、“疑いようもない確信”というのは、実際のところ、それを認知科学的に分析してしまうと、言語や状況に振り回され、確定的な何ものかとしては、ただの一瞬も結実しているとは言えないからだ
88: 考える名無しさん 2016/04/12(火) 02:23:11.84 O.net
ここは話題はたぶん、意識じゃなく自我の問題だ。
90: 考える名無しさん 2016/04/13(水) 05:05:19.27 O.net
童貞じゃないと言い張る多くの男がいる。この中に童貞がいる。として童貞を見つけ出す検証はどうやるのか?
哲学的ゾンビの思考実験はそういう基礎に使える。
だが童貞はいない。俺が全員食っちゃうからだ。
91: 考える名無しさん 2016/04/19(火) 03:05:22.67 O.net
大多数の人間と自分の違いはどこか?って研究
94: 考える名無しさん 2016/10/25(火) 13:12:12.04 0.net
学生運動時代のサヨクや今でいうネトウヨは哲学的ゾンビに「見える」。
こいつらはAIにフレームを与えれば、少なくとTwitter上なんかでは顕現すると思う。

「ネトウヨ」などとグルーピングし、それを「見る」ことができる点において、俺は哲学的ゾンビではないと少しばかりの希望を『見る』ことができる
95: 考える名無しさん 2016/10/25(火) 14:21:40.92 0.net
>>1
自分が哲学的ゾンビだと言い切る人をお前は信じるの?
96: 考える名無しさん 2016/10/26(水) 12:34:53.89 0.net
>>95
信ずるに値する条件(または排他的に解を導ける)を発見するのが問いであって「信じるの?」という返答はなんの批判にもなっていない
100: 考える名無しさん 2016/10/26(水) 22:25:42.46 0.net
>>96
そうか??
101: 考える名無しさん 2016/10/27(木) 13:28:08.11 0.net
>>100
そう。
信じる信じないにしろ、自分も(相手も)また哲学的ゾンビでない(である)証明にはならないから、自分がゾンビである(ない)と自動証言するゾンビである可能性もある。
または、自分がゾンビであるように(ないように)もっともらしく振る舞い、その振る舞いが人間的であると他者の錯覚を誘導するよう自動化されたゾンビかもしれない。


ゾンビがインプット=枠組みで規定された存在だと仮定するなら、おそらく、自己を規定する枠組みを、自己拡大できることを証明してみせないと、自分がゾンビでない証明にはならんと思う
言語か記号かの話なんだけど、言語は身体に先行しするから、だから「全体としての人間」はゾンビではないといえるんだと思う。
102: 考える名無しさん 2016/10/27(木) 13:31:44.74 0.net
お前がゾンビであることは確実だが、問題は、お前がそれを信じるかどうかだ。

ウーン、なるほどわからん。 ↑以前こんなスレをまとめたものですが、たしかにこんなことばっかり考えてると精神を病みそうだし、友達も減りそうだなあ…。

人間(生命)に意識があることは否定も肯定もできない、と、突き詰めていくとこういうことになるんでしょうか。
「我思う故に我あり」に対して、まっこうから挑戦状を叩きつける哲学的ゾンビさんなのです。
管理人だって、ひょっとしたら肉でできた反応マシーンかもしれませんよ、ええ、ええ。

管理人自身はですね、あまりこういう感じの思弁的な話は好まないというか、もうちょい実際的な話をしたいんですけど、まぁでも哲学的テーマは、ウチのサイトでは(なぜか)そこそこ人気ですからね。
哲学のテーマを扱うまとめサイトというのもあんまりないし、そういうのがお好みの、お若い方もおられましょう。

「そういうこと考えてなんの意味があるんだよ」ということを考えるのも哲学の仕事のひとつだし、そういうことに時間を費やせるのは平和な証拠です。
存分にその贅沢を享受していただきたい、と思う次第です。

ちなみに、SF映画に出てくるゾンビについてはコチラなどをどうぞ。
このドクター参加企画も第2弾を考えてますが、なかなかこれぞという企画が思いつかないですね。
かなり前にTwitterで「宇宙空間で屁をこいて亜光速に達したい」みたいなテーマを思いつき、それについては今もってけっこう真剣に構成を考えてるんですが、なかなか難しくてゾンビほどうまくはいきません。気長にお待ちください。
ゾンビサバイバルガイド
マックス・ブルックス
エンターブレイン
売り上げランキング: 10,659



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.1 13:15
    SFで昔からよくある人間そっくりのアンドロイドとか
    記憶とか性格までトレースする変身生物とか
    そういうやつのほうがわかりやすいような気がする
    哲学的ゾンビってどうやって生まれたものか想像しにくい
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.1 16:42
    正直、俺は自分も哲学的ゾンビだと思ってるし、
    みんなも哲学的ゾンビだと思ってる
    そういう実感がある
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.1 19:06
    おっ、管理人さんが偏愛するゾンビネタですな
    元ネタは、「水槽実験の中の脳」なんでしょうが、ゾンビで応用するのは、ちょっとムリがある感じが・・・
    節分も近いから、西洋ゾンビと東洋(特に日本の)鬼との比較考察なんか、ここにふさわしい話題かと思いますがどうでしょう?
    • >※3
      鬼とゾンビは対応しますかねぇ?
      日本の鬼と対応するのは、西洋の「オーガー(Ogre)」かなぁ。
        • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2017.2.2 13:04
        >※4
        日本の鬼は中国由来で、隠(おん)と呼んでたもので、元々は霊魂とかの素体を指してたそうです
        その後道教や仏教と習合されて、魂を持つものが実体を無くすと全部「鬼」と呼ばれました
        「鬼籍に入る」とかはここから来てますね
        さらに時代が下って、魂を無くした実体の方までもが「鬼」に含まれるようになり、これがゾンビっぽいかなと個人的には思ってます
        キョンシーも原語では、「鬼」に当たる言葉で説明されてますしね
        現代の「角を生やして虎皮の腰巻」というスタイルは、鬼(魂とかの方ね)が侵入するとされる鬼門の方角である、丑寅の方角からの類推で、牛の角と虎のパンツとなった次第
        さらに時代が下って、「鬼に金棒」ってのは、地獄の獄卒である、牛頭馬頭とごっちゃにされるようになったからですね
        とまあ、西洋のオーガーが、精神錯乱者を合法的に始末する術としてオーガーにさせられたのとは、ちょっと趣を異にしてるかなと、個人的には思ってます
        • >※7
          へええ、そーなんですね。
          たしかに鬼籍に入るって言いますねぇ。そういうの民俗神話学カテゴリーでまとめたいなぁ
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.1 21:14
    哲学的ゾンビと唯我論の違いがよくわからない。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.1 23:03
    こういうのが好きならダニエル・C・デネットの思考の技法なんか読んでみたらいいと思うね
    哲学的ゾンビだけでなく、いろんな思考実験を扱ってる
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.2 17:23
    「意識」や「クオリア」が、共有不可能であるという前提において成り立つ話。いま現在は不可能だということが、恒久的に不可能であるということの証明にはならないので、前提を踏まえた思考実験に過ぎない。このような仮定の話を真面目に論じることは、個人的には無意味であると感じている。
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.2 23:18
    客観的には差が見られないという定義なのだから、
    哲学的ゾンビと普通の人は区別できないのに区別しちゃってるところが間違い。
    科学的に扱えないものはオカルト扱いにしておくとよいと思うよ。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.2 23:20
    自我が運命として決定づけられていたら、それは自我なのかな?と考える時がある
    その運命は誰が位置づけたのか?とか

    意に反した言動を行なってみようと一瞬考える、運命に逆らってるつもり
    でも逆らわずにはじめのインスピレーションで行動する事がある
    これする人けっこう存在すると思うんだが
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.2 23:52
    テレビで昔見たんだが、奇形で産まれて頭蓋骨がくっついて姉の右脳と妹の左脳がくっついたまま生活している双子の番組を見たことがある。
    うろ覚えだが「お互いに今何を感じ、考えているか分かる」と言っていた気がする。
    彼女らは哲学的ゾンビの命題を突破できていないか?
    将来、生理電流を操る技術ができて、人の脳と脳を直接つなぐことができたら科学はこの命題を突破できると言えるだろうか?

    独我論はおそらく突破不可能だが。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.3 0:10
    クオリアの理解はゾンビよりも「コウモリはどのようにしてコウモリであるのか」の方がはるかに分かりやすいと思う。
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.3 9:11
    科学的には全く意味がない仮定だよなw
    古代から有るであろう、肉体とそれに属する霊体みたいなものが人間であると仮定しているんだろう。
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.3 15:04
    「本来は」他人が哲学的ソンビであってもいいはずなのに、実際はそうじゃないと感じているところに不思議がある
    みたいなことを言ってる人がいた気がする。永井均だったかな

    意識とか自我とかの、こういう実用性皆無な問題が不人気なのは仕方ない。本当に役に立たないから(考えている当人にとっては意味があることだとしても)
    それでも哲学的テーマがこのサイトで「そこそこ人気」だとすれば、それはこういう議論をする機会が限られてるからだと思う
    現実的な問題は、目的もはっきりしていて議論できる場がそれなりにあるけど、哲学的議論は……

    あと、カテゴリーが「英語学習・文化」になってますよー
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.4 17:10
    意識受動態仮説
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.9 7:50
    証明不能問題は考えてもどうしようもない
    意識あることの物理的証明を検出する機械が出来ても…うん、無理だな
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*