人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

怒りという感情はどこから湧いてくるのか @ [心理学板]


怒りという感情はどこから湧いてくるのか @ [心理学板]
1: 没個性化されたレス↓ 2013/06/04(火) 10:58:38.22 .net
理不尽な被害を排除しようとする願望が根底にあると思いますが、他にもあったらお願いします。
3: 没個性化されたレス↓ 2013/06/05(水) 07:31:31.21 .net
怒り(Wikipedia)
どうやら「危険にさらされた」という感情がメインみたいです。
242: 没個性化されたレス↓ 2014/11/28(金) 23:29:09.58 .net
>>3のWikipediaを読んでるんだが

助手の話があるよな。二通りほど。
その中の後者で被験者はAを許した、という下りがあるけど、今の日本人感覚からして余計叩くよな
悪人の理由なんか聞きたくない、みたいな感じで
むしろもっと叩かれろとか平気で言っちゃうじゃん、みんな
管理人より:「助手の話」というのはもう書いてませんでした。
4: 没個性化されたレス↓ 2013/06/06(木) 01:52:02.47 .net
当人が持っている世界観を誰かに崩されたと感じた時に、崩された世界観を立て直すために、世界観を崩したと当人が思っている相手に対して向ける攻撃の衝動と言えそうです。
ただ、これは当人の主観からの見方ですが・・・。

実は、当人の怒りの対象は、第一義的には、当人の内部にあります。
当人の内部の問題を、外部の或る対象へ投影した結果、外部の対象に怒りが向きます。
5: 没個性化されたレス↓ 2013/06/06(木) 12:10:42.06 .net
>>4
それだと、お金を取られて怒りを覚えることを説明できないのでは?
7: 没個性化されたレス↓ 2013/06/06(木) 20:08:31.90 .net
>>5
その人は、他人のお金を盗んではいけない、だまし取ってはいけないという世界観を持っています。
そして、みんながそれを守ることで世界の秩序は保たれていると思っています。
だから、その秩序を尊重して、その人は、目の前に他人の金があっても盗んだりはしないと思っています。
それが正しい事だと思っています。


だから、自分の中の「他人の金を盗みたい」という衝動を強く抑えています。
自分の中にそんな衝動はないし、持ってはいけないと思っています。

ところが、誰かが自分の金を盗んでいったとなると、その人の世界観が壊れます。
その世界観を維持するためにその人が払ってきた努力が無駄になります。
8: 没個性化されたレス↓ 2013/06/06(木) 20:43:31.95 .net
>>7
なるほど、納得しました!
「世界観の崩壊」で見事に説明できるのがすごいですね。
9: 没個性化されたレス↓ 2013/06/06(木) 22:04:13.33 .net
そんな事が許されるのなら、今までその人が強く押さえつけていた衝動・・・「他人の金を盗みたい」という衝動・・を抑えつけている理由がなくなります。

「他人の金を盗みたい」という衝動が暴れ出し、自我に侵入して来ようとします。
しかし、その人の自我はその衝動を排除することによって秩序が保たれていたのですから
今まで信じてきた秩序を守ろうとするならば、その衝動を自我に入れる訳にはいきません。

その衝動を自我に入れるという事は、その衝動が自我の衝動=自分自身の衝動になってしまうという事です。
ということは、「他人の金を盗みたい」という衝動を自分が持っているのだという事を認めなければならなくなります。
それは断じてできません。
ですから、自我に侵入しようとするその衝動を是が非でも排除し、今まで信じてきた世界観を守らなければなりません。

自我は、その衝動の侵入を防ぐために攻撃しなければなりません。この攻撃衝動が怒りの衝動となります。
11: 没個性化されたレス↓ 2013/06/06(木) 22:12:01.38 .net
>>9
自我に発するこの攻撃衝動は、自分の内部に対する攻撃衝動なので、自分の内部で深刻な葛藤が起こります。

その状態が辛いので、攻撃の対象を外部に求めます。「投影」です。
「投影」によって攻撃衝動は外部の対象に向かいます。
それが「怒り」です。
55: 没個性化されたレス↓ 2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN .net
>>9
人はその人なりの世界観を持って生きています。
その世界観に照らして正しいと思う行動をとっているつもりです。

個人の世界観は、「自分が住んでいるこの世界の秩序はどのように成り立っているか」という事についての個人の見解です。
ですから、この世界に住む他の人々も自分の世界観に従って生きていってもらえないと困ります。
そうでないと、自分の信じる「世界の秩序」が壊れてしまうからです。

ですから、自分の世界観に抵触するような出来事や他人の行動は許すことができません。
13: 没個性化されたレス↓ 2013/06/12(水) 23:01:04.04 .net
また、何の検証も不可能な言葉の羅列か
14: 没個性化されたレス↓ 2013/06/24(月) 21:45:49.42 .net
例えば、「真面目に働かなければならない。」と思って一生懸命働いているAさんがいるとします。
そして、Aさんには、実は心のどこかでは「サボりたい」「楽したい」という気持ちがあるとします。
「でも、それ(=サボること)は、社会のルールが許さないから、道徳的に許される事ではないから、ちゃんと真面目に働かなければならない。」と思ってがんばって真面目に働いているとします。


そこに、Bさんという同僚がいて、上司の目を盗んで、よくサボっているとします。
15: 没個性化されたレス↓ 2013/06/24(月) 21:54:18.78 .net
Bさんはサボっているのに咎められない・・・そうなると、Aさんが「サボりたい」欲望を押さえつけている理由がなくなります。
Aさんの中の「サボりたい」欲望が暴れ出します。

Aさんの「人は真面目に働くべきである」という世界観が揺らぎます。


そのとき、その世界観を断固として守ろうする場合、Aさんは自分の中の暴れている「サボりたい欲望」を攻撃します。
この攻撃が「怒り」となります。
17: 没個性化されたレス↓ 2013/06/25(火) 23:53:34.71 .net
>>15
そのとき、Aさんが「人は真面目に働くべきである」という世界観を捨てるなら、すなわち、Bさんのように、自分もサボるようになれば、Aさんの中の「サボりたい」欲望は表現され充足されるので、「怒り」は湧いてこないでしょう。
18: 没個性化されたレス↓ 2013/06/25(火) 23:59:49.63 .net
また、元々、Aさんがすごく仕事が好きで、サボりたいという欲望をまったく持っていなければ、Bさんがサボるのを見ても、「怒り」は湧かないでしょう。
きっと、「不思議な奴だ。」と思うだけでしょう。

同じ欲望を持っていて、それを抑圧しているのでなければ、その欲望を抑圧することによって、自分の或る世界観を守ろうとしているのでなければ、「怒り」は感じないでしょう。
16: 没個性化されたレス↓ 2013/06/24(月) 22:22:02.14 .net
くだらない比喩表現はいいから
19: 没個性化されたレス↓ 2013/06/26(水) 13:05:01.28 .net
おまえの脳内キャラクターはどうでもいいって。
勝手に絵本にでもしてろよバーカ
82: 没個性化されたレス↓ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN .net
例えば、私が、あるルールを破った人に対して怒りを感じたとすれば、私はそのルールを我慢して守っています。

自分が我慢してルールを守って世界の秩序を守ろうとしているのに、誰かが非道にもルールを破った・・・だから、その破った人に腹が立ちます。

つまり、私の中にもそのルールを破りたいという欲望が存在するという事です。
83: 没個性化されたレス↓ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN .net
>>82
自分の世界観ではそのルールを守ることは正しい事です。
でも、自分の中にそのルールを破りたいという欲望が存在する。

自分の世界観を守るためには、自分の中にその欲望は邪魔です。
その欲望を認めれば、自分の世界観が壊れます。

ですから、私は断固としてその欲望を排除しようとします。
この「欲望の存在を否定して排除しよう」とする攻撃衝動が怒りです。
84: 没個性化されたレス↓ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN .net
>>83
ルールを守ることが正しいと信じていながら、そのルールを破りたい、という欲望を持つ事ができるのはなぜか。
それは、人が、自分の中に存在している欲望や観念などを、見ないようにすることができるからです。

自分から見えないようにしていた自分の欲望が見えそうになるのを防ぐために、その欲望を排除しようとして「怒る」のです。
85: 没個性化されたレス↓ 2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN .net
自分が損したら怒る。つまり金銭トラブルが大方やろな。
自分の仲間がピンチでリベンジなんかしないやろ。
するとしたらその仲間のなんぞがアテなんやろ。
兵隊が1人倒されたらその分戦力が減る。から相手を減らす。
簡単な理論だ。
92: 没個性化されたレス↓ 2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN .net
>>85
>自分が損したら怒る。つまり金銭トラブルが大方やろな。
ここでは、なぜ「損したら怒る」のかが問題だと思います。
実際は損をしても怒らない場合もあります。

例えば、誰かのためにどうしてもしてあげたいことがあって、自分が損をすることが分かっててもそれでもしてあげたくて、何かをした場合など・・・この場合は怒りは感じないでしょう。
なおかつ、相手から感謝されれば、すごく嬉しいかも知れません。
87: 没個性化されたレス↓ 2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN .net
熟読してないからよくわからないけど、自分の世界に土足で立ち入ってこようとする人にたいしての怒りについてはどういう説明がつくの?
自分が他人のプライバシーに興味深々で、本当は立ち入りたくて仕方がないのに出来ないから?

んなアホな。他人なんて興味ないよ。
94: 没個性化されたレス↓ 2013/09/01(日) 19:59:45.97 .net
>>87
>自分の世界に土足で立ち入ってこようとする人にたいしての怒りについてはどういう説明がつくの?
他者の世界に土足で立ち入ってはいけないという世界観を持っているのでしょう。
それが社会のルールだ、みんなが守るべき規範だと思っているのでしょう。

あなたは、その世界観は正しいと信じていますから、その世界観を守るために努力をしています。
他人の世界に土足で入るようなことをしないように努力をしています。

自分がそうやって努力をしてその世界観を守ろうとしているのに、簡単に他人の世界に土足で入ってくる奴がいるから腹が立つのです。
そんなことが許されるなら、世界の秩序が壊れてしまうと思うから腹が立ちます。
95: 没個性化されたレス↓ 2013/09/01(日) 20:06:14.23 .net
>>94
意識的に「他人なんて興味ないよ。 」と思っているのは、他人の世界に土足で立ち入ってはいけないという世界観を持っている人間が、他人の世界に興味を持っているとなれば自分自身が、その世界観に違反してしまう可能性を持っていることになりますから、そんなこと全く思っていない事にしておいた方が都合がいいからです。

実際には、自分の世界観を守るために努力をしているから、それに違反した人に怒りを感じるのですから、同じ欲望を自分も持っていることは間違いありません。

努力しているという事は、その世界観に反する欲望・・・すなわち、他者の世界に土足で立ち入りたいという欲望・・・を一生懸命抑圧しているという事です。
自分が抑圧しているのに、それを抑圧していない人がいるから腹が立つのです。
93: 没個性化されたレス↓ 2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN .net
かもしれません。ばっかりだな
106: 没個性化されたレス↓ 2013/09/08(日) 19:43:55.53 .net
あーあ、まだデタラメな妄想たれながしてんのかよ
108: 没個性化されたレス↓ 2013/09/13(金) 00:21:12.94 .net
なんで自分にレスしてんの?
101: 没個性化されたレス↓ 2013/09/02(月) 22:41:45.85 .net
自分の頭でしか考えれないな。
雨が降って空に怒る人もいるだろう。
はたまた小説の主人公になりきり架空の敵に燃える場合もある。
RPGで泣く人もいるし。

つまり定義でいえば、屋台の「うずら」が死んで儚さを知る場合もある。
109: 没個性化されたレス↓ 2013/09/13(金) 00:25:13.99 .net
怒りの心理を研究してる人は、決して自分が怒る事は無いのですか?
111: 没個性化されたレス↓ 2013/09/13(金) 03:32:01.03 .net
「原子核物理学を研究してる人は、決して自分が核分裂反応することは無いのですか?」
みたいな?

意味わかんねーぞオラ
112: 没個性化されたレス↓ 2013/09/13(金) 09:31:53.53 .net
>>111
いや。そうじゃなくって、心理学に限らず人間や社会を日頃から客観的に分析してるような人って、普通の人間や社会よりもっと高い位置にいて、感情や主観的な感覚なんて物からは卒業してるんじゃないかなって。

ちょっと変わってる友人が「人文学者は、人間以上神未満的な存在なんだよ」って言ってたし。
124: 没個性化されたレス↓ 2013/09/16(月) 09:58:21.85 .net
カール・マンハイム>>112
カール・マンハイムの言う「浮遊するインテリゲンチャ」みたいなことかな。
まぁ個人的には「卒業」なんかあり得なくて、どれだけ客観的で居られるかという問題も結局「程度」の問題にすぎないと思う。
管理人より:「インテリゲンチャ」とはロシア語で「知識人」「理解力のある人」とかいう意味。いわゆる「インテリ」です。
どんな思想もその立場や時間に拘束されているという思想の存在被拘束性を指摘し、知識社会学を構想した。思想の存在被拘束性を乗り越え真理に近づくためには、全体的視野から相関や歴史を見ようと立場を自由に浮動する知識人(自由に浮動するインテリゲンチャ(ドイツ語版))になるべきだとした。
116: 没個性化されたレス↓ 2013/09/14(土) 01:21:56.04 .net
おもしろいスレ。
人間は本来、衝動のまま人を殺すものだろう?
よく、絶滅しないでここまで来たね。それは言語の力なのか?
121: 没個性化されたレス↓ 2013/09/14(土) 21:55:33.20 .net
言われないよw
118: 没個性化されたレス↓ 2013/09/14(土) 11:54:29.54 .net
>>116
衝動的に他人を殺してたら自分も殺されるんだが。
166: 没個性化されたレス↓ 2013/10/14(月) 18:33:08.30 .net
話逸れるけども、人は各々の世界観を持つ、人は理解し合えないという事を、自身の世界観に組み込めば怒りの発生を抑制する事が出来る。
この考え方はダメかね?怒りとは必要なもの?
168: 没個性化されたレス↓ 2013/10/15(火) 17:45:01.97 .net
>>166
もしそんな事が出来ればね。

でも、そうなるということは、順番を待って並んでいる所に横入りされても、足元に小便を掛けられても、いきなりぶん殴られても、「その人にはその人なりの世界観があるんだな。」と思って許せるという事になりますからねえ。

すべての不道徳な事、犯罪を「世界観が違うから」と納得して、相手のした事を認める・・・ってことですからね。
道徳は人それぞれだから、自分の道徳を強要してはいけない・・・相手も自分なりの道徳があって、やっている事なのだから、すべて認めなければならない・・・そう信じる事って出来るのかなあ。


そう信じることができたとして、そういう場合、当人の精神は安定するのかなあ。
169: 没個性化されたレス↓ 2013/10/16(水) 00:17:58.06 .net
「世界観」?「道徳」?
なんか言葉の使い方がおかしいけど、要は悟りだろ
仏教ですかぁ
171: 没個性化されたレス↓ 2013/10/16(水) 21:20:06.07 .net
>>168
程度の差はあるだろうけれど、正直小便を掛けられた程度では自分は動じないと思う。
自身に生命に関わるような害を加えられた時はどんな行動をとるかわからないけれど。


>>169
使う言葉がおかしいのは容赦してもらいたい。頭が悪いのは自覚しているし考えを文章に起こすのが苦手なものですから。
170: 没個性化されたレス↓ 2013/10/16(水) 18:16:05.84 .net
変化を求められたら感情がそれを抑制しようとして、理性がそのバランスを整える(感情を抑制)と考えればOk
理性での処理は手間がかかるけど、何度も使えば普通になってって、感情による振幅は小さくなる。
これはこれで苦悩ってやつだけど、とにかく人間慣れが全てってことだ
172: 没個性化されたレス↓ 2013/10/16(水) 21:30:28.20 .net
書いていて思ったけど、許せる度合いは自身の世界観の広さ、殻の硬さによる?自身を護る硬い殻を持っていれば動じないよね?
174: 没個性化されたレス↓ 2013/10/17(木) 00:26:18.76 .net
>>172
自信を護る硬い殻というよりも、節操のなさではないでしょうか。
信念のない人、ルールなんて守っても守らなくてもどっちでもいいでしょ・・・って思える人。

そういうは、違う世界観をあまり気にしないんじゃないかと思います。
無節操な人は、あんまり他者に対して良かったりしないかもしれません。


ただ、そういう人は周りの人間から嫌われるでしょうけどね。

自分は自分の信念があって、確固とした道徳を守っていながら、自分とは全然違う世界観を容認するってことは出来るんでしょうか。
「自分はあくまでも自分の道徳を守る。でも、ちがう道徳観を持っている人を認める。」なんて人はいるんでしょうかねえ。
177: 174 2013/10/17(木) 21:05:43.76 .net
>>174
>自分は自分の信念があって、確固とした道徳を守っていながら、自分とは全然違う世界観を容認するってことは出来るんでしょうか。
これは無理ではないかと思います。

個人がある道徳を信じているとき、その道徳は当人が住む世界の秩序を支えるモノです。
この世界のルールです。少なくとも当人はそう信じています。

個人が信じるルールがバラバラでは、みんなでそのゲームができないのと同じで、みんなが同じ道徳を持っていなければ、みんなでこの世界で暮らせません。
そうでないと、と安心して生きていけません。

そんな世界では、自我が安定しません。
だから、当人は「その道徳は普遍的である。」と信じています。

そうでなければ、道徳としての意味がありません。

ですから、自分はこの道徳を守るが、他者はどうでもいいとは決して思えないと思います。
179: 没個性化されたレス↓ 2013/10/17(木) 21:38:47.91 .net
>>172
それから、よく「違いを認め合おう」なんて言う人がいますが、そんな事が簡単にできるのでしょうか。

キリスト教徒とイスラム教徒が互いに違いを認め合って仲良くしたでしょうか。
「違いを認める」というのは、互いに同じ何かを信仰している者同士でないとダメなのだと思います。
176: 没個性化されたレス↓ 2013/10/17(木) 03:45:12.75 .net
どうしてこの人は心理学とかけ離れた駄文を垂れ流すんでしょうか・・・。
でしょうか。でしょうか・・・w
185: 没個性化されたレス↓ 2013/10/25(金) 17:24:38.54 .net
「お前みたいなキチガイでも掌のうえで転がせる俺かっけw」
「こんな荒れてても感情的にならず高みの見物に徹するプロ2chねらーの俺かっけw」


こういうゴミクズが一番癪に障るわ
中途半端に「~ですよ」とか敬語入れてきたり余裕の第三者ぶりをアピールしつつ、ガチンコ勝負は避けてんの
姑息な虚栄心に満ちた世渡りだけ達者な使える駒タイプ
189: 没個性化されたレス↓ 2013/10/28(月) 14:35:40.74 .net
>>185
こういう人の存在はとても不思議だけど話が逸れるから参ったね。せめて誰に宛てたものか書いてもらわないと。

青枠さんの世界観説の連投がうっとおしくて、他のひとの意見も聞きたいのに、何回も同じ内容を連投すんじゃねえ、チックショー!!!

…という感情は、どこから来るのか?というスレ。
まぁなんていうか「世界観」ってそんな意味の言葉じゃないと思うんだけど、どーですか。ここで青枠さんが使うべき言葉は「(個人の)価値観」とか「(個人の)常識」とかだと思う。
それに加えて、

*なぜ自分の欲望を「見えない」ようにしたいのか
*なぜ自分の「世界観」を壊されることを断固拒否するのか

などにも因果関係が説明されておらず、いささかワキが甘い。しかしスレは半分以上、このひとの連投が絡んでしまっており、避けて通るのが難しい。なので、途中途中がゴソッとカットされています。

例えば、ピアノを練習してるひとが、思う通りにうまく弾けなくてヌオオオー!と腹を立てる場合などは、青枠さんの説では説明できないのです。

また、清廉潔白な高い理想を持つ政治家がいたとして、賄賂を受け取る同僚をけしからん!と腹を立てた場合、その政治家は内心「おれだって賄賂欲しいのに!」という欲望を実は抑えている…、とは管理人には思えない。世の中はそんなに下賤な人間ばっかりで構成されてないのです。
これは逆の場合(悪徳政治家が、清廉潔白な政治家に対して「このエエカッコしいめ!」と腹を立てる例)のがわかりやすいかな。

さてそこで「怒り」という感情を冷静に考えると、「自己に起因する怒り」と「他者に起因する怒り」の2種類に大別されるように思います。(管理人はね)
どちらの場合も、対象に対する「関心」がトリガーになって、時間がたって対象への「関心」が増していくと、対象との関係性が「こうありたい」から「こうあるべき」に、より強い方向へとジョジョに変わっていく。あるいは変わっていきやすい。
そして「こうあるべき」の条件が満たされない時に、「怒り」が発動するのだ!

……と考えれば一般化できないですかねぇ~。
何事につけ無関心なひとは、あまり腹が立たないのであり、また「こうあるべき」という強い感覚を持ちにくい(穏やかな)性格のひともまた腹が立ちにくい。
この一般化に当てはまらない例はあるでしょうか。管理人は今パッと思いつかないですが、「関心」さえなければその対象に腹を立てる理由もない気がします。
それは「関心ある対象に対する、ある種の意思の発露」に他ならないのであるからして、その対象への好印象も根は同じ、…なのではないかと思う管理人です。

Best Horror Kills - Scanners - Head Explosionトップ絵はデイヴィッド・クローネンバーグ監督の傑作SFホラー「スキャナーズ」より、悪役ボスのマイケル・アイアンサイド。(81年)
妊婦の陣痛抑制剤として作られた「エフェメロル」には、産まれてきた子供が他人と精神感応できるようになるという、とんでもない副作用があった!…というプロット。
この副作用にやられた子供は、普段から他人の考えが頭に流れ込んできて、頭おかしなってしまうんですね。そして精神を集中させると、他人に苦痛を与えて、↑の動画みたいに頭ボーン!ってできちゃう。
これらの能力を持つ者は「スキャナー」と呼ばれ社会からは蔑まれているのですが、この「スキャナー」たちの超能力バトルを描いた作品です。

この作品の特徴的なところは、「超能力を音で表現する」という演出なんですよ。これは実に斬新でしたね。スター・ウォーズのフォースも「見えない超能力」ですが、それにひと捻り加えた感じ。
続編もいくつか作られましたが、なんか途中から機械に対してもこの能力が効くようになったので、スキャナーがキレると、周りの電子機器が火花を散らして爆発するわ、頭は吹っ飛ぶわでもう大変。
心は平静に保ちましょう~。
スキャナーズ リストア版 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014-12-10)
売り上げランキング: 16,988



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.10 0:59
    アプローチの仕方が逆ですね
    複雑に感情が進化したヒトから怒りのメカニズムを類推しても難しいでしょう
    今は動物の感情の研究が進められていますので、動物の原始的な怒りの機構を解明してから
    ヒトに応用したほうが早いし正解に近いと思います
    脳科学も進んでいるので近い将来の可能性もありますね

    類推するのも動物を基本にしたほうがいいような
    素人考えだと、動物の怒りで思いつくのは攻撃された時、縄張り争いなので
    防御本能あたりが根源なのかな?と予想します
      • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2017.2.10 15:15
      >※1
      アプローチの方向性には同意するけど
      人間の感情が「複雑」だというのには不同意
      感情が複雑なのではなく、記憶力の発達と記憶を言語で紐付けることにより
      様々な対象に単独または組み合わせて感情を発露するようになったことが
      人間以外の動物との違いではないだろうか?

      もし人間の感情が複雑だとすると、脳内で分泌される感情に関わる物質自体も
      人間だけが有するものが多数存在するということになる
      その当たりの解明はどのくらい進んでいるのだろうか?
        • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2017.2.10 23:37
        >※5
        指摘の通り人間の感情が複雑と言うのは早計ですね
        これも素人考えですが感情も学習している部分が大きいかと思います

        脳内物質に関しては種類よりも組み合わせのだと思います
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.10 2:29
    根本にあるのは、自分に危害が加えられた時に起動するカンフル剤だと思う
    生物として敵が来た!逃げなきゃ!戦わなきゃ!という時に瞬間的に行動力をアップするための装置
    自己防衛の機能であり、生存権拡大のための機能でもあり、生物として最も基本的な能力だと思う

    ただこれを本能のまま起動してると万人の万人に対する闘争になってしまうので、怒りを抑えるための機能も発達した
    それが社会性というもので、味方には怒りが向かないようにした
    その反動が裏切者に対する怒り
    ネットで他人を叩く心理もそうだが、人は裏切り者を最も叩く
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.10 14:25
    すごく単純に「上手くいかない時に怒りが発生する」でいいんじゃないの?
    ピアノが弾けないとき、他者が自分の価値観どおりに動いていないとき、
    危険にさらされたとき等、
    自分が予測した理想のとおりには上手くいかない時に、発生する感情なのでは?
    驚きや悲しみが発生する場合もあるだろうけど。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.10 15:04
    珍しく管理人の意見に同意だな。

    ととの間のギャップ(または、そのギャップを生み出す原因)に対する強い否定的感(拒否感)が怒りだと思う。

    余裕があれば、ギャップの受容力は高いが、余裕がなくなるとギャップの受容力が低くなる。理想が高いくて、余裕がない人は、要注意。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.10 15:22
    「腹立たしさ」「苛立ち」と「怒り」は果たして同じなのだろうか?
    もしかすると全く異なる脳内物質が分泌されているけど
    似た様な感覚をもたらすものなのかもしれない
    ちょうど砂糖と人口甘味料が同じような感覚をもたらすのに似ている

    或いは分泌物の量の多寡によるのかもしれない
    野生動物の「怒り」の典型例は縄張りの侵害だろう
    「苛立ち」の典型例は侵害の可能性
    とすると侵害の可能性の時点で
    怒りと苛立ちを司る脳内物質が少量分泌され、戦闘モードを起動する
    実際の侵害と攻撃の段階で分泌量が増大し、戦闘力を高める
    こうしたメカニズムが考えられる
      • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2017.2.10 17:47
      青枠さんの言う怒りと世界観の因果関係は、
      ※6さんの言っている縄張りの侵害と関係がありそう。
      世界観=自分の縄張りって形で一応の説明にはなるだろうし。

      ピアノが上手く弾けない時に湧いてくる怒りは、
      理想の自分と現実の自分の差からくるものかな。
      努力すれば上手く弾けるようになる筈だという世界観が、
      どれだけ練習しても上手くいかないという現実に侵害されて、
      現実を受け入れ諦めるという選択が出来ない場合に怒りとなるとか。
      その後に、現実を受け入れる=敗北になり沈静の為の悲しみが訪れる。
      怒りによって戦いを継続するなら発奮という形でさらなる努力が行われる。

      政治家の例えは青枠さんに言わせれば、
      本当は賄賂を欲しいと思ってるんです、で終わっちゃいそうな話だな。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.10 21:47
    「思ってたんと違う」時じゃないかな

    自己でも他者との関連性でも社会とのかかわりでも
    卵悪の失敗しちゃっても

    予測を立てたことと現実との齟齬がおきると
    驚きとともに湧き出る強弱の差のある感情

    コントロール
    も場数と性質でみにつくしね
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.13 15:32
    怒りは単純に「損をした」って感情だろ。

    「病気の女の子がいて、3000万円あれば助かるんです」って詐欺師に
    3000万円を渡した後に「あいつは詐欺師ですよ!」って言われて
    ある人は「なんだって!チクショー騙された!!」って思って怒る。
    ある人は「じゃあ病気で死にそうな女の子なんていなかったんだ!よかった」と喜ぶ。
    同じ事象でも「損をした」と感じなければ怒りは生まれない。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.13 15:54
    怒りの理由として自分の思い通りにいかないっていうのはあると思う。
    そういった時必ず怒りが湧いてくるかっていうと時と場合、状況や人によって変わってくるだろうけど。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.2.13 21:59
    自分へはもちろんのこと、それに加えて社会に対して、故意に行われる侵害に対して起こる感情が怒りだろうね。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*