人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日~28日まで、管理人多忙のため更新お休みです!

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

[閲覧注意] 死刑・拷問・刑罰の歴史 Part6 @ [世界史板]


[閲覧注意] 死刑・拷問・刑罰の歴史 Part6 @ [世界史板]
403: MILU 2011/05/03(火) 18:48:04.43 0
気持ちの悪い話が続いたので、ここらで気分転換

拷問でも肉体的苦痛以外に精神的苦痛があるの知ってますか?
どっちかというと精神的苦痛の方がターゲットを自白に導きやすいです。
ターゲットの目の前でその親族or配偶者or交際相手に暴行を加える。
特に男性の場合はその配偶者や姉妹や愛娘を○○すると一発で自白に導くことができるそうです。
女性の場合は配偶者の陰部を○○して使用不可能にしようとすると泣いて自白に導けるそうです。


あと断食断水も効果的ですが、エスカレートすると取り返しのつかない結果になるので注意が必要です。
管理人より:どのへんが気分転換かよくわからない当スレは閲覧注意でおながいします。
408: 世界@名無史さん 2011/05/30(月) 00:51:19.69 0
ちょっと聞きたいんだけど、

・被害者を台(床)に拘束。その上を鎌が振り子のように動き、時間経過と共に段々下がってくる
・巨大な歯車に巻き込ませ手や足を潰す拷問
・刃(針)が剣山のように生えている大きな鉄板の上に被害者を立たせる。力尽きて倒れれば全身を貫かれて死んでしまう
・複数の刃(針)が生えている円柱が回転し、それに被害者を近づけることで身体を切り裂く


この4つの拷問具、拷問術(もしくは刑罰?)について知ってる人いる?
ゲームや漫画なんかだとわりとありがちだと思うけど(特に振り子なんかは)、似たようなものが実在したのか、完全にイマジネーションからのものなのかとか。
それか、似たものがあるならそれの詳細か名称を教えて欲しい。
409: 世界@名無史さん 2011/05/30(月) 06:04:41.34 0
>>408
最初のはポー「陥穽と振り子」が元ネタだと思うけど。
(乱歩の「大暗室」にも同じネタが使われている)
実在かどうかは知らん。
412: 世界@名無史さん 2011/05/31(火) 21:30:48.56 0
モンティ・バイソンのスペイン宗教裁判コントで振り子ネタやってた記憶が
413: 世界@名無史さん 2011/06/01(水) 00:47:09.04 0
>>409>>412
ありがとう
大掛かりすぎる、実際に使ったら肉で止まってしまう、などの理由で実在してたとは考えにくいっぽいのかな
414: 世界@名無史さん 2011/06/01(水) 04:43:37.45 0
いかに恐怖感を与えるかがキモな場合もあるし、大掛かりな見世物でも用は成したんちゃうかな
416: 世界@名無史さん 2011/06/01(水) 05:43:01.73 0
>>413
>・被害者を台(床)に拘束。その上を鎌が振り子のように動き、時間経過と共に段々下がってくる
実際には鎌が摩擦や空気抵抗ですぐ止まるだろうねえ…大時計の振り子でも使えば別だけど。

>・巨大な歯車に巻き込ませ手や足を潰す拷問
これは風車とか水車使えばできそうだけど。
ちょっと違うが車輪にくくりつけておいて転がすというのがあるね(聖カタリナ)


>・刃(針)が剣山のように生えている大きな鉄板の上に被害者を立たせる。力尽きて倒れれば全身を貫かれて死んでしまう
釘ベッドに寝るっていう見世物があるように、剣山くらい密度があれば倒れても刺さらない。
刃か針がスカスカだと倒れれば刺さるが、その前に刺さらないように座り込めそう。


>・複数の刃(針)が生えている円柱が回転し、それに被害者を近づけることで身体を切り裂く
切り裂くような高速回転を得るのはモーターか蒸気機関の登場までは難しかったんじゃない?
418: 世界@名無史さん 2011/06/01(水) 10:38:21.50 0
聖カタリナ>>416
聖カタリナは、刃物や釘などを取り付けた巨大な歯車で死刑にされるはずだったが、神の栄光と民衆の改心の為にその歯車が壊れるよう祈ったら、本当に壊れてしまい、怖くなった皇帝は結局カタリナを斬首刑に処した。
421: 408 2011/06/02(木) 22:47:51.00 0
>>416
ありがとう。参考になった
アレクサンドリアの聖カタリナ(ラファエロ・サンティ)
管理人より:「アレクサンドリアのカタリナ」はカトリックの聖人。日本語版Wikipediaには「アルメニアの女王」と書いてて、英語版の方には「エジプトのアレクサンドリアの執政官の娘」と書いてあり、どっちがホントかよくわかりませんが、エエとこのお嬢さんであったと言われ、殉教した時はわずか18歳でした。彼女の象徴は「壊れた車輪」。祈りに応えて、神様が天使を送り込み車輪を壊すのですが、飛び散った破片で4000人の野次馬が死んだとか、神様もたいがいです。
「落とし穴と振り子」の挿絵(ハリー・クラーク)
ついでに、ポーの「落とし穴と振り子」の挿絵もつけておきます。ある男がスペインの悪名高い宗教裁判で有罪になり、恐ろしい刑にかけられる話。男は必死の思いで、肉汁を革紐にかけ、ネズミにかじらせて難を逃れようとするのだが…。超怖いですよ。
'Spanish Inquisition' Compilation - Monty Python's Flying Circusそしてモンティ・パイソンといえば「まさかの時のスペイン宗教裁判!(Nobody expects the Spanish Inquisition!)」。武器の数がいつも合わない。セリフを間違えると登場からやり直し。
410: 世界@名無史さん 2011/05/31(火) 16:46:58.61 0
死刑の執行人ってどうやってなるんだろ?
411: 世界@名無史さん 2011/05/31(火) 17:25:40.68 0
日本の場合職業としての執行人はいなくて、刑務官が臨時にやってるんじゃなかったっけ?
415: 世界@名無史さん 2011/06/01(水) 05:23:17.92 O
凌遅刑に処された人で、4日間切り刻まれたが2日目には死んでたって人がいたみたいなんだが、死んだ後も切り刻む必要があったんだろうか。
執行人の労力の無駄って気がするけど。
417: 世界@名無史さん 2011/06/01(水) 08:24:32.53 0
>>415
本人への罰と同時に見せしめっていう役目もあるからねえ
死体であっても、切り刻む必要があったのでは?

ヨーロッパの車輪刑(車輪を囚人に落として骨を砕いて殺すらしい)も、量刑によっては、先に殺してから、刑を執行する場合もあったらしいし
425: 世界@名無史さん 2011/06/09(木) 16:08:09.28 0
チンギス・カンチンギス・ハンの溶けた銀を耳に流しこんむ処刑法
寒気がした
426: 世界@名無史さん 2011/06/09(木) 20:02:24.24 0
>>425
いや、それは、チンギス・ハンの考えた死刑ではなく、モンゴルに伝わる二番目に名誉ある死刑
彼らは、大地に血を流すことは行けないと思ったんだそうだ

一番目に名誉ある死は、美しい絨毯にくるめられて、馬に踏み潰される死刑
427: 世界@名無史さん 2011/06/11(土) 01:32:29.23 0
チンギス・ハンの時代にも釜ゆでってあったらしいね。日本にもあったし。
人間って同じようなこと考えるんだな。
428: 世界@名無史さん 2011/06/11(土) 20:05:21.66 0
絨毯踏みは盟友ジャムカにやったことだから名誉ある死だけど、銀流しはホラズム戦第一戦犯のイナルジュクにやった処刑だから名誉ある処刑法じゃないだろ
429: 世界@名無史さん 2011/06/11(土) 20:56:42.65 0
>>428
勇気ある敵に対して敬意を評したとか
430: 世界@名無史さん 2011/06/14(火) 20:38:50.19 0
>>429
レスする前に少しは調べろよ
使節団を殺して財貨をネコババしたやつのどこが勇気ある敵だよw
管理人より:地面に血を流しちゃいけなくて、絨毯にくるんで云々は、管理人も聞いたことあります。現在では、溶けた銀を…というのは信憑性が定かではない、ということなんだそうです。
449: 世界@名無史さん 2011/07/22(金) 01:43:31.96 0
ナチの映画のイルザって実話だっていってるけど、あれだけのサド女ほんとに実在の人物なの?
450: 世界@名無史さん 2011/07/22(金) 15:32:05.03 0
イルザ、捕虜のち○ぽこズバ切りしてたなw
451: 世界@名無史さん 2011/07/22(金) 20:41:18.13 0
イルゼ・コッホイルゼ・コッホだな
実物は美人の収容所長なんぞではなくヒラ看守でデブのブス
453: 世界@名無史さん 2011/07/25(月) 01:41:59.62 0
>>451
ボスニア紛争だか そのあたりの内戦で モニカなんとかという実在の若い女が チンポ切りしたとか聞いた
454: 世界@名無史さん 2011/07/25(月) 04:01:20.26 0
イルゼ・コッホってなんて映画に出てくるの?
でもあの人のやった残虐行為は、全部事実ではないというか、話に尾ひれがついて広まったような面もあるみたいだね。
457: 世界@名無史さん 2011/07/27(水) 20:42:54.70 0
イルマ・グレーゼナチスの残虐な女看守と言えば、イルマ・グレーゼもいるな。かなりのサドだったらしい。
19歳の若さで看守になり、イギリス軍に捕らえられて、22歳で死刑になってる。
マーティン・シーン天使のように美しい、と言われてて、その美しさでも有名だったらしいんだが、俺が写真を見た限りではマーティン・シーンに似てると思った。

まあマーティン・シーンもハンサムだが。
459: 世界@名無史さん 2011/07/28(木) 01:30:16.93 0
映画のイルザ、多分イルマ・グレーゼの方だろう、美人だ
男女とも性器への拷問する趣味があったと書いてた
映画「パサジェルカ」より
管理人より:ちなみに1963年のポーランド映画「パサジェルカ(Pasażerka/乗客)」で描かれたイルマはこんな感じ。演じるのはどこかローレン・バコールを連想させる美貌の女優、アレクサンドラ・シュラースカ。イルゼ・コッホも看守時代はやや太ってたようですが、若い頃はけっこう美人ですね。
460: 世界@名無史さん 2011/08/09(火) 00:17:30.38 0
釜茹での刑だけど煮えたぎった熱湯のなかに入れられたらどんなふうになるん?
もうグニャグニャ?
461: 世界@名無史さん 2011/08/09(火) 01:55:10.74 0
>>460
グニャグニャになる前に火傷で絶命するんじゃない?
462: 世界@名無史さん 2011/08/09(火) 10:51:08.96 0
>>461
絶命するだろうけど人の様子がどうなるんかなと
ゆでダコみたいに真っ赤になってフニャフニャになるんかな
また臓器とか骨もどうなるのか
464: 世界@名無史さん 2011/08/09(火) 22:47:51.93 0
>>462
皮がベロベロになって湯でダコみたいになるんじゃないの?
466: 世界@名無史さん 2011/08/10(水) 00:42:24.44 0
石川五右衛門>>464
ゆでたってすぐには死ねないからその間の激痛は想像を絶するな
五右衛門が釜茹での刑でやられたんだよな
熱関係の処刑は絶対いやだ
468: 世界@名無史さん 2011/08/10(水) 10:29:14.20 0
煮たお椀を持つだけでヒーヒーすんのに高熱を全身あびるとかごめんだわ
469: 世界@名無史さん 2011/08/10(水) 16:57:46.45 0
釜茹でつってもお湯じゃなくて油らしいな
素揚げ?
472: 世界@名無史さん 2011/08/10(水) 22:29:21.82 0
>>469
水と油両方あるよ
火力が高い場合なら油の方が短時間に温度高くなるからまだしも早く死ねる
水だとお湯と蒸気のダブル責めで悲惨
491: 世界@名無史さん 2011/08/13(土) 13:16:27.05 0
石川五右衛門の釜茹で
ウィキに載っていた、五右衛門釜茹での画像は怖かったなぁ。
493: 世界@名無史さん 2011/08/14(日) 09:50:42.00 0
五右衛門の処刑って、油をつかったらしいから、釜茹でではなく、釜炒り、唐揚げかね
すぐ死ねたと思いたいがな
463: 世界@名無史さん 2011/08/09(火) 18:17:18.98 0
タール羽の刑を最近知ったんですが、なぜ鳥に擬態させることが深い侮辱の意味を持つのでしょうか
詳しい本とかがみつかんない
465: 世界@名無史さん 2011/08/09(火) 22:56:36.10 0
タール羽は意図としては単なる恥辱刑だけど、実際にはタールを塗られそれを吸い込むことで皮膚癌や咽頭癌、肺癌を誘発する
タール羽の刑
管理人より:「タール羽の刑」というのは、植民地時代のアメリカなんかで行われた軽犯罪に対する刑罰だそうです。タールを身体に塗って羽をまぶす、どこかコミカルな刑。しかし、タールは熱しないとこんなにドロドロにならないですよね?なる?
3.20追記:コールタールピッチの融点は30~180度ということで、お風呂ぐらいの温度ならいけそうですね。コメ欄にて補足どうも~!
482: 世界@名無史さん 2011/08/12(金) 18:45:59.92 0
死刑執行する人間も気持ち悪くならんのかね?
498: 世界@名無史さん 2011/08/17(水) 20:52:24.91 0
>>482
罪人なんか人間と思ってないんじゃない?
現代の死刑だと執行人もいやな気持ちになるんじゃないかなあ、と思うけど。
いつも残虐な刑を執行してたら、少しサディストっぽくなるかも…
504: 世界@名無史さん 2011/08/19(金) 11:02:16.09 0
>>498
フランス革命時に死刑廃止論議が起こって、議会で否決になった
このあと、あのロベスピエールの恐怖政治が起こるわけで、このとき、死刑存続派議員の中には、結果的に自分の死刑執行書に投票してしまった人もいたわけだ

シャルル=アンリ・サンソンで、このとき、死刑廃止に賛成していたのは、他ならぬ死刑執行人の、ムッシュ・ドゥ・パリこと、アンリ・サンソンだったそうだ
505: 世界@名無史さん 2011/08/19(金) 11:03:59.21 0
>現代の死刑だと執行人もいやな気持ちになるんじゃないかなあ、と思うけど。
刑務官についての本を読むと、刑務官にとっても精神的負担らしい
管理人より:サンソンの良い画像が見つかりませんので、マンガの「イノサン」より拝借しております。
479: 世界@名無史さん 2011/08/12(金) 00:50:56.29 0
生きたまま焼かれたりゆでられたりは絶対イヤ
タコやカニの気持ちがわかる
483: 世界@名無史さん 2011/08/13(土) 03:41:42.15 0
>>479
ロブスターは焼いたり茹でたりする際に、どっかを切る?かなんかして、極力苦痛を与えないようにしなければならない、って決まりがあるよね?テレビで見たんだけど。
485: 世界@名無史さん 2011/08/13(土) 10:10:30.04 0
そもそも痛点だっけ?がないのに
阿呆だよな>オージー
486: 世界@名無史さん 2011/08/13(土) 10:59:13.00 0
昆虫とか魚は痛覚ないといわれるけど実際あるだろ?
いためつけるとジバタバするやん
あれ痛がってる証拠だよ

そもそも痛覚がないということは触られても感覚がないことになる
でも触ると反応するのだから痛覚もないとおかしい
487: 世界@名無史さん 2011/08/13(土) 12:29:35.94 0
生命危機反応であって苦痛とは違う
苦痛を感じるのは脊椎動物から
489: 世界@名無史さん 2011/08/13(土) 13:08:30.47 O
>>487
じゃあ魚の生け造りは実は残酷じゃないのか?
490: 世界@名無史さん 2011/08/13(土) 13:15:30.61 0
>>489
中学の理科からやり直せ
管理人より:魚に痛覚があるのかないのか!?
509: 世界@名無史さん 2011/08/22(月) 16:04:50.47 0
もっとも酷くて痛くて時間のかかる、中々死ねない処刑といえば、中国の凌遅かヨーロッパのぁ串刺し放置かな
515: 世界@名無史さん 2011/08/23(火) 22:59:42.92 0
>>509
陵遅は運が良ければ失血性ショックですぐ死ねる

それより大西の皮剥ぎの方が残酷
何しろ間違って切り過ぎて受刑者が即死したら、執行人が皮剥ぎにされるから、慎重に死なないように皮を剥がされる

ナンテコッタ、それは大変。ただでさえ精神的負担の大きそうな処刑人なのに、楽ではありませんねぇ。
というわけで、人気シリーズ第6回。今回はけっこう華やかな(?)内容になったかも。
途中でタール羽の刑が出てますが、おもしろ半分にこれをやって以後病気になってしまった奇特なひともいます。

ポール・スカロン17世紀フランスの作家、ポール・スカロンの若い頃はヤンチャであり、いつもバカをやってたそうですが、謝肉祭の時に、全裸にハチミツを塗って鳥の羽をつけて、凍った湖に飛び込んだとか。それが原因でリウマチに罹り、生涯不自由な身体になってしまいます。
しかし、持ち前の才気は衰えず、パリでの彼のサロンは大人気に。ルイ13世王妃のアンヌ・ドートリッシュからは「王妃の患者」という称号と年金をちゃっかりせしめる…というわけで、ちょっとおもしろい人物。世の中にはいろんなひとがいるものです。

ユダの揺りかご
トップ絵は「ユダの揺りかご」とか「ユダの椅子」とか呼ばれる拷問器具。裏切り者を処罰するために使ったものでしょうか。
このようにしてケツの穴にぶっ刺すわけですが、なにしろケツの穴だけで全体重を支えなければならず、かなり長時間苦しい思いをしたそうです。とにかく受刑者は苦痛もさることながら、まったく眠ることができないため、フランスでは「夜警」とも呼ばれました。
この拷問器具は絵的にもわかりやすく、拷問してることが一目瞭然ですから、フィクションでもけっこうよく見ますね。

でも、この図を見てると、設置するのがめっちゃ大変そうに思える。
ロープを引っ張ったり緩めたりして、受刑者のケツの位置をこの「揺りかご」の頂点にアジャストせねばならず、拷問室には、

「もうちょい…、もうちょい引っ張れ!…引っ張りすぎだ、このアホ!」
「ちょ!これムズいっすよ、先輩www」

のような怒号が飛び交い、設置には熟練の技を要するのだとか…。(という和やかな妄想)
3.23追記:当記事を「朝目新聞」様でご紹介いただきました!
なんで住宅地から大王様の像が…。ちょっとミステリアスで気になる。
異世界拷問姫<異世界拷問姫> (MF文庫J)
KADOKAWA / メディアファクトリー (2016-05-25)
売り上げランキング: 6,153



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日~28日まで、管理人多忙のため更新お休みです!
    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.3.20 22:01
    >タールは熱しないとこんなにドロドロにならないですよね?なる?

    http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1415c.html
    >・融点:30~180℃

    大やけどしない程度でしょうか。
    • >※1
      けっこう融点低いんですね。
      工事中のアスファルトのアツアツっていうイメージがあったから、なかなか溶けないのかと思ってました。
      記事に追記いたしました!
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.3.21 12:58
    手足の腱を歯車式の機械で伸ばして使えなくする拷問が中国にあったっけな
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.3.22 0:02
    台の位置を調整すれば……
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.3.23 21:21
    どうでもいいけど、魚の痛覚の話で2年前の記事をパパッと出せる管理人さんすごいと思う。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.3.23 23:16
    でも、こういう中世のピンポイントな吊り下げ技術の積み上げが、時を経てルネサンス建築の礎になったと思うと胸が熱くなりますね。
  1. >魚の痛覚の話で2年前の記事をパパッと
    1日1回しか更新しないから、案外覚えてるもんですよぉ~。
    ---------
    >時を経てルネサンス建築の礎になったと思うと
    ね、やっぱ拷問室で職人が育成された説でしょ。今度学会に発表しなきゃ。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*