人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日と27日は、管理人多忙のため更新お休みです!

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【オーパーツ】え?この時代からあるの?という技術・発明 @ [世界史板]


【オーパーツ】え?この時代からあるの?という技術・発明 @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 2015/01/01(木) 17:51:01.03 0.net
例 十七世紀後半の圧力鍋
ドニ・パパンが発明した圧力鍋(17世紀)
管理人より:1679年、ドニ・パパンというフランスの物理学者は、気圧と沸騰の研究の最中に「steam digester」という蒸気圧を利用した↑上図のような巨大な調理器具を発明。しかし以後、1938年になるまで小型化は成功しませんでした。
2: 世界@名無史さん 2015/01/01(木) 18:10:13.31 0.net
3: 世界@名無史さん 2015/01/01(木) 23:08:10.81 0.net
はいはい ローマローマ
6: 世界@名無史さん 2015/01/01(木) 23:16:16.95 0.net
スケート靴
紀元前3000年頃にはフィンランドやスイスで使われていた
188: 世界@名無史さん 2015/02/27(金) 18:19:21.77 0.net
>>6
まじか
材質と形状はどんな感じなんだ
8: 世界@名無史さん 2015/01/01(木) 23:54:56.17 0.net
パーマ
古代エジプトBC3000
アルカリ粘土を髪に浸し木の枝をロットにして天日で加熱。
9: 世界@名無史さん 2015/01/02(金) 00:01:55.71 0.net
バグダード電池
10: 世界@名無史さん 2015/01/02(金) 00:49:28.64 0.net
>>9
バグダット電池は、反論説の方が妥当だと思う。
大体、メッキされた製品が見つかっているのか?
バグダッド電池
管理人より:「バグダッド電池」とは、イラクで出土した土器の壺と、その中にアスファルトで固定されていた銅の筒、および鉄の棒。底にはなんらかの液体の痕跡が残っており、原始的な電池ではないかという説「も」あります。
11: 世界@名無史さん 2015/01/02(金) 01:01:30.81 0.net
オーパーツありか。

じゃアンティキティラの歯車
天体計算機が紀元前2世紀
13: 世界@名無史さん 2015/01/02(金) 01:29:56.26 0.net
>>11
アンティキティラの機械はオーパーツじゃなくて、本当に古代の大技術。
203: 世界@名無史さん 2015/03/01(日) 13:56:07.79 0.net
>>11
シュメールのテキストがパソコンで入力されたようだ シュメール人のパソコン
214: 世界@名無史さん 2015/03/02(月) 00:07:30.21 0.net
>>203
平和のスタンダードを切り貼りしたのかと思ったけど、そういったレベルじゃないね、これはww
821: ウムウル ◆w9gVwCWkR8GP 2015/04/15(水) 23:13:34.97 0.net
>>203>>204
これもホラです。
ちなみに、これは結構由緒正しいホラでして、シュメール語のテキストを翻訳してネット上にアーカイブするという、かなり壮大な計画のもと推進されているプロジェクト
それを主導するオックスフォード大学のサイトに置いてあったものです。


ネット上でこの話を見かけたときは、トップページに表示されてると見かけたんですが、探してみたところそこにはなく奥の方に隠してありました。

たぶん色んな方面から問い合わせがあった、そのせいなんじゃないかと思いますww
アンティキティラ島の機械
アンティキティラ島の機械(復元図)
管理人より:「アンティキティラ島の機械」は、紀元前150~100年ほど前に作られたとされる最古の機械じかけの装置。当時としてはなかなか精巧に作られており、天体運行を計算するためのものだよ説がどうやら有力です。
14: 世界@名無史さん 2015/01/02(金) 01:31:24.98 0.net
もう少しあれだな
科学技術史の基礎知識を持ってるやつなら常識ってレベルを超えたレスが欲しいな
20: 15 2015/01/02(金) 01:41:51.44 0.net
コンビニで売っていた、ムー系の世界のオーパーツって500円程度の本があったけど、これでもかってくらい凄いオーパーツが載っているんだよなw

まあ、その中でまっとうなのはアンティキティラの機械ぐらいだけど…でも面白い。突っ込み入れて読んでいる。
21: 15 2015/01/02(金) 01:47:10.26 0.net
おっと、古代の天文盤のネブラ・ディスクも本物ぽいよね。
青銅器時代にイギリスで作られた天体盤だ。
189: 世界@名無史さん 2015/02/27(金) 18:22:41.90 0.net
>>21
おっとそしてイギリス説キター
ネブラ・ディスク
管理人より:「ネブラ・ディスク」は、ドイツで発掘された約3600年前の人類最古の天文盤と言われるもの。盤上には月と太陽、星々が描かれ、太陽暦と太陰暦を組み合わせた天文時計のようなものだそうです。左は同じ場所で発掘された青銅の刃物とタガネ。
22: 世界@名無史さん 2015/01/02(金) 02:00:48.35 0.net
こんなのがいいんだろ

ガムテープ
紀元1世紀頃ロシア白海沿岸ではネネツ人が針葉樹のセルロースを蒸留し、カラマツのコルク形成層を薄く伸ばしたものに塗布し、家の本棚を床に貼り付けてる為に使っていた。
スネ毛の残った化石があり剥して痛がる遊びをしていたと思われる。
24: 世界@名無史さん 2015/01/02(金) 07:24:08.35 0.net
>>22
2000年経ってないものが化石になってる方が衝撃だよ!
190: 世界@名無史さん 2015/02/27(金) 18:24:59.83 0.net
>>22
紀元前のネネツ人が本棚もってるのもスゲー
羊皮紙なのか?
23: 世界@名無史さん 2015/01/02(金) 07:22:16.31 0.net
インプラント
紀元前550年ごろのトルコの古墳で発見されている。
紀元後600年ごろのマヤではちゃんと機能するものになってたらしい


感染症で死ぬやつ多かっただろうな
28: 世界@名無史さん 2015/01/02(金) 13:17:54.27 0.net
世界初のカラー写真は1861年に作られているからな
(最も実験室のレベルだけど)
29: 世界@名無史さん 2015/01/03(土) 13:32:35.06 0.net
知られている世界最古の義眼は、イランの古代都市Shahr-e Sukhtehで発掘された、紀元前2900~2800年のもので、装用していたのは女性だという。
The Burnt City - Ancient Mysteries & Alternative History - Unexplained Mysteries Discussion Forums
31: 世界@名無史さん 2015/01/03(土) 23:49:48.17 0.net
知られている世界最古のマニキュアは、エジプト第五王朝時代の、紀元前2500~2400年ごろに生きていた高官の墓に描かれていた。
召使にマニキュアしてもらっている墓の主Ptahhotepは男性である。


古代エジプトのマニキュアAncient Egypt Society: Massage in Ancient Egypt
32: 世界@名無史さん 2015/01/03(土) 23:53:11.70 0.net
氷上を滑走するアイスヨットの起源が唐代って本当?
夏場に渡し船をやっていた船頭が、冬は凍った川で客から運賃取って滑走していたとかなんとか。
管理人より:英語版Wikipediaの「Land sailing」によると、南朝梁の元帝が、まだ皇太子だったころにそんな記述を残してる云々と書いてますね。6世紀ごろの話。彼は学者肌の皇帝だったようで、著書多数です。
33: 世界@名無史さん 2015/01/04(日) 00:05:36.39 0.net
自動車
1769年にフランスのキュニョーが初めて蒸気自動車を作った
最初は大砲を運搬するために用いられた
210: 世界@名無史さん 2015/03/01(日) 16:27:28.14 0.net
>>33
つまり蒸気車は1672年ぐらいから中国で開発された

フェルビーストの蒸気車(Wikipedia)
フェルビーストの蒸気車とは、イエズス会の宣教師として清代中国で活動したフェルディナント・フェルビーストが製作した蒸気の力を利用して走行した車両である。人は乗れなかった。

概要
全長60センチメートルで人は乗れずそのため操縦もできなかったが、蒸気による動力を載せ自力で推進(自走)しており、その点で自動車(蒸気自動車)に該当し、自動車という考えがまだなかった時代の最も初期の試みの一つとして、自動車の歴史の冒頭に名を連ねている。
1665年から1680年の間(特に1670年頃)におこなわれたと考えられている。蒸気車が勝手に動くのを見て驚く中国人を見てフェルビーストは喜んでいたといわれる。

1687年、フェルビーストの著作が中国語からラテン語に翻訳され『アストロノミア・エウロペア』として紹介され、この事実が欧州でも知られるようになった。
34: 世界@名無史さん 2015/01/04(日) 02:24:41.83 0.net
電気自動車
1832~1839年の間にスコットランドのロバート・アンダーソンが初めて電気自動車を作った
電池の再充電はできないという些細な短所があった
35: 世界@名無史さん 2015/01/04(日) 02:33:12.27 0.net
風力自動車
1599年にベルギーのシモン・ステヴィンが初めて風力自動車を作った
風が吹けば馬より早く進んだが、風が無い時は人が押す必要があった。
37: 世界@名無史さん 2015/01/04(日) 08:07:04.83 0.net
ライト兄弟の10年くらい前に飛行機を飛ばした日本人がいたってのは聞いたことある人多いと思うが
(操縦桿を発明できたわけではないのでライトフライヤーとは別物であることに注意)
実はその更に20年くらい前にフランス人が似たようなもん作ってた
38: 世界@名無史さん 2015/01/04(日) 08:21:47.46 0.net
そこまでくるともうグライダーと変わらなくないか?
39: 世界@名無史さん 2015/01/04(日) 11:30:46.25 0.net
無動力じゃ飛行機というよりグライダーでしかないな。

アルキタス動力つき飛行機の初めが紀元前4世紀のアルキタスが作った「鳩」だってことは、歴史板の住人なら常識だよな?
アルキタスの機械じかけの鳩
管理人より:「アルキタス」は、ピタゴラス教団の数学者のひとり。
5世紀後の著作家アウルス・ゲッリウスの本だけに書かれてあることだが、アルキタスは鳥の形をした、おそらく蒸気ジェットで推進する、最初の人造自走式飛行機械を設計・製作し、その機械は約200m飛んだという噂があったという[3][4]。
真相は定かではないですが、上の図のようなものであったとか、なんとか。残念ながら彼の著作は現存していません。
飛行機の歴史についてはコチラにまとまってるのでドゾー。このスレおもしろいと思うんだけど、全然アクセスなかったな!ル・ブリの人造アホウドリ、二宮忠八のグライダー?のようなものもイラストあり。
42: 世界@名無史さん 2015/01/05(月) 22:16:10.67 0.net
自動販売機
紀元前3世紀のエジプトにはお金を入れると水の出る器械があった


歩道・車道・横断歩道
紀元1世紀のポンペイ
ポンペイの歩道
44: 世界@名無史さん 2015/01/14(水) 19:05:37.22 0.net
>>42
その「横断歩道」、車の通る邪魔にならんの?
その「車道」の通行が想定されている車って何やねん?
荷車?大八車?チャリオット?
47: 世界@名無史さん 2015/01/14(水) 19:33:15.14 0.net
技術の領分になるのかな?オスマントルコのピリー・レイスの地図はどうかな
48: 世界@名無史さん 2015/01/14(水) 19:42:17.19 0.net
何が技術なのかわからないし、新大陸発見からあれだけ時間が経過すればオスマン帝国にも情報が知れ渡るのは当然なんだなあ
ピーリー・レイースの地図
管理人より:「ピーリー・レイースの地図」とは、オスマントルコの軍人ピーリー・レイースによって16世紀頭に作成されたと言われる地図。当時まだ未発見のはずの南極大陸が描かれている!ということで一時はオーパーツ業界で盛り上がったものですが、現在では南米の海岸線ではないか…という説が有力になりつつあり、盛り下がっております。
52: 世界@名無史さん 2015/01/15(木) 10:19:57.84 0.net
古代エジプトにはパンとビールがあったんだよな
53: 世界@名無史さん 2015/01/15(木) 14:25:34.11 0.net
現在工場で大量生産されてコンビニやスーパーで売られてるパンとビールとは味も見た目も全然違うものだがな
56: 世界@名無史さん 2015/01/15(木) 18:48:48.55 0.net
ほい
古代エジプト、ビールは食べ物の象徴だった | 世界のビールの歴史

ていうか小麦の原産地は西アジアだから、西アジアの方が古い
57: 世界@名無史さん 2015/01/15(木) 18:56:08.85 0.net
ちゃんと薬草で麦汁の悪臭を消してたんだな。
ビールやワインは生水より腐りにくいので、暑いところでは衛生的だったみたいね。
58: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2015/01/15(木) 23:35:15.64 0.net
釣具のリール:南宋にはすでにあった。

ブランコ:古代ギリシャ。中国では六朝時代に北方から伝来。日本でも江戸時代以前から知られていた。
氷のレンズによる発火:西晋ではすでに知られていた。

磁石による砂鉄吸引・琥珀による静電気の埃吸引:唐代までには知られており、日本でも知られた。

伝書鳩:古代エジプトやローマで使用され、中国では唐以降利用。日本でも江戸時代にはあった。

古代ギリシャと東洋の出会い:『ミリンダ王の問い』が漢訳され、日本にも平安時代には知られていた。

パロディとしての擬人化小説
室町時代に成立した平家物語のパロディ『精進魚類物語』。
米の将軍に越後国住人である鮭の息子の筋子が奉公に行くが、大豆の息子の納豆に席次で負ける。
八幡宮の祭礼の日であり、「ご飯のお供」に生臭物はふさわしくなかったのだ。
怒った鮭は魚介類と鳥獣類で魚鱗・鶴翼の陣を敷いて穀物・野菜・海草・果物の軍勢と戦うが、敗北。
魚鳥元年九月三日、鍋の城で釜茹での刑に処せられたのであった。
この後、十二支と十二支に選ばれなかった鳥獣が戦う『十二類合戦絵巻』や白黒で戦う『烏鷺合戦物語』なども製作されている。
60: 世界@名無史さん 2015/01/16(金) 01:13:57.15 0.net
>>58
琥珀と磁石はもっと古い
64: 世界@名無史さん 2015/01/16(金) 08:24:46.48 0.net
ギリシャ語で琥珀をエレクトロンと言うらしいが、なぜかそれが電気を指す言葉に転用されている。
65: 世界@名無史さん 2015/01/16(金) 09:28:54.21 0.net
「電」という字だって当然だが転用だし
66: 世界@名無史さん 2015/01/16(金) 09:40:37.12 0.net
擦った琥珀がボタンを引きつける力にギリシャのタレスが気付いて…という話は、学級文庫の「発明発見物語」で読んだな。
よく知られた話だと思ってた。
管理人より:ついこないだ、管理人が巻末に書いてしまいました。
83: 世界@名無史さん 2015/01/17(土) 23:28:56.98 0.net
潜水艦
試作品は1620年代、実戦使用はアメリカ独立戦争の時代から
南北戦争ではじめて敵艦を撃沈したのだからな
101: 世界@名無史さん 2015/01/21(水) 16:14:12.24 0.net
漆細工
1万2600年前にはあったようだ
6000年前には赤色漆塗り櫛を頭に差していた
102: 世界@名無史さん 2015/01/21(水) 16:18:30.39 0.net
兵馬俑のクロムメッキの武器
119: 世界@名無史さん 2015/01/27(火) 03:35:05.02 0.net
土木技術による山崩し(人工的斜面崩壊)
1世紀のローマ帝国のころから

ラス・メドゥラス(Wikipedia)
プリニウスが記録してたんだけど、長年の間「話盛ってんだろwww」と信じてもらえなかった
125: 山野野衾 ◆qDubHAi3S/a/ 2015/02/06(金) 18:47:59.39 0.net
熱気球
モンゴルフェ兄弟が生物を飛ばしたのは1783年ながら、無人飛行は1709年にポルトガル人グスマンが実現させている。


秋田県仙北市の一部で小正月に行われる紙風船(灯油にひたして着火した布玉が熱源)上げの起源は、口承では秋田に蘭画を伝えたとされる平賀源内が安永2年(1773)に伝えたものというが、少なくとも江戸時代からあった行事。

中国南部や台湾の「天灯」も現在でも行われており、諸葛亮考案というのは眉唾にしても古いものらしいので、あるいは欧州ではなくこちらの知識が伝来したものかもしれない(長崎には清人も来航していた)。

余談ながら、田沼意次の地元であった遠州相良の相良凧成立にも源内が関与したと伝えられている。
弘法大師伝説のようなものであろう。
126: 世界@名無史さん 2015/02/11(水) 18:57:14.84 0.net
古代ナスカ人は熱気球に乗っていたんだ!な、なんだってー説も捨てるには惜しい
127: 世界@名無史さん 2015/02/11(水) 22:55:35.70 0.net
ナスカの地上絵は、多分雨乞いの儀式。砂漠地帯だからな。

掘られた道に沿って、大勢で楽器を鳴らしながら歩く。だから図が皆一筆書きになっている。
歩いている様子は、土器に描かれている。

また、道を作るための縮図や、拡大するための道具も発掘されている模様。
133: 世界@名無史さん 2015/02/18(水) 22:28:57.09 0.net
繰り返しを表す記号「〃」は古代メソポタミアの新アッシリア王国のころから使われているらしい。
〃(Wikipedia)

疑問符や感嘆符よりもずっと先輩。記号界の超古株。
74: 世界@名無史さん 2015/01/17(土) 03:39:13.04 0.net
コンクリートが出てない
カラカラ浴場、コロッセオもコンクリートで出来ている
75: 世界@名無史さん 2015/01/17(土) 03:41:59.71 0.net
アスファルト

バベルの塔の時代から、創世記11章3節
彼らは、「れんがを作り、それをよく焼こう」と話し合った。 石の代わりにれんがを、しっくいの代わりにアスファルトを用いた。
76: 世界@名無史さん 2015/01/17(土) 05:14:21.78 0.net
天然アスファルトは接着剤として先史時代から使われてるな
鏃の接着剤とかにつかってたはず
77: 世界@名無史さん 2015/01/17(土) 05:23:18.58 0.net
アスファルトといえば現代の舗装道路を連想するし、コンクリートといえば鉄筋コンクリートを連想するから、えっ?こんな時代に! と思ってしまうが、アスファルトもコンクリートも特にそんなに凄いものでも無い。

古代にアスファルトの自動車道があったわけではないし、鉄筋コンクリートがあったわけでもない
94: 世界@名無史さん 2015/01/18(日) 14:30:09.15 0.net
コンクリートはローマ時代のもののほうが、現代より優秀だろ。

現代のコンクリートは数十年しか持たないが、ジオポリマーのローマン・コンクリートは何千年も持つし
96: 世界@名無史さん 2015/01/18(日) 19:37:32.56 0.net
>>94
>現代のコンクリートは数十年しか持たないが
それは明白に間違ってる
管理すれば100年は持つことは確定


ただローマコンクリより一般的にはもたないと推定されてる
97: 世界@名無史さん 2015/01/18(日) 19:48:24.94 ID:JIHuG13b0.net
台湾開発を手掛けた八田與一が、戦前にジオポリマー式でダム建設して、そいつが現在でも稼働してるみたいな話を見たような
80: 世界@名無史さん 2015/01/17(土) 14:00:10.61 0.net
製鉄もノアと同世代のトバルカインの時からあったと聖書にあるが、一応ヒッタイト以前の原ハッティが前25世紀には製鉄してたから時代的には合うな
隕鉄の利用はさらに1000年以上は遡るし、酸化鉄(ベンガラ)を顔料にするのは10万年前に遡るが
81: 世界@名無史さん 2015/01/17(土) 18:40:08.72 0.net
ベンガラ使ったから鉄利用、はさすがに…
金属利用は、精錬して単体を得ることが重要なわけで。
82: 世界@名無史さん 2015/01/17(土) 19:37:55.38 0.net
人類はその誕生のずっと前から、血液などに鉄分を利用してます!
98: 世界@名無史さん 2015/01/18(日) 23:09:05.78 ID:mhOr/smp0.net
>>82
貝・イカ・タコ:青銅器時代
魚類の誕生:鉄器時代の始まり ですね
100: 世界@名無史さん 2015/01/19(月) 01:13:00.40 0.net
>>98
文系の方々向けに余計な解説をすると、魚類以上の脊椎動物の血は酸素運搬に鉄(ヘモグロビン)を使うが、貝、イカ、タコなど無脊椎動物は銅(ヘモシアニン)を使うのである。

とゆわけで、純粋にテクノロジー以外のものも出てますが、こういうのおもしろいですね。人間の創意工夫とは素晴らしいものです。

でもこうしてみると、やっぱり古代ギリシャ・ローマの連中の発想力というのは抜きん出てますね。
この頃にはすでに蒸気機関の原型を発明していたといいますから、やはりたいしたもんです。

そんな創意工夫に富んだギリシャ人・ローマ人も馬の「鐙(あぶみ)」は発明できませんでした。
当時は、軍隊では騎兵を率いる必要があるため、貴族の子弟であれば乗馬は必須教育のひとつだったし、あまり長時間乗り続けると足がうっ血してよくないよ!ということも知っていたのにです。
これなど、ほんのちょっとした発明には違いないけど、馬の胴体を足で挟んで固定することなく、しっかりと踏ん張れるわけですから、騎馬戦闘での便利度が段違いですよ。
偉大な発見は、ほんのちょっとしたことに隠されてるんですねぇ~。

鐙はその後、4世紀ごろの中国で発明され、インド人やアラブ人たちを通じてヨーロッパに伝わるのは7世紀頃になります。

ロードス島の巨像
トップ絵は「ロードス島の巨像」の絵。古代のいろんな歴史家が「世界七不思議」のひとつにあげている、太陽の運行を司る神様ヘリオスの巨像です。
紀元前3世紀ごろ、エーゲ海に浮かぶ海運国家のロードス島にあり、34メートルもの巨像であったのはどうやら確実。
しかし紀元前226年のエーゲ海で起きた地震により、ヒザがボリッと折れて倒壊。神様が怒った…ということで、以後再建されることなく、7世紀になって残骸も商人に売り払われたとか。

よく言われるのは、港に突き出た2本の「はしけ」をまたぐように立っており、船はこの巨像の股の下を通って港に入ったというやつ。これは現代ではどうやら否定されてるようですが、なんとも壮大なスケールで、子供の頃にこの伝説を本で読んだ管理人は、いたく感動したものです。
後世のひとはウワサのみで現物を見てませんが、800年の間放置されたその残骸の巨大さたるや一目瞭然で、次第に話に尾ひれがついて、掲げ持ってる壺から煮えたぎる油を垂らして侵略者を撃退するとか、まぁいろいろ言われたそうです。

そんな伝説の数々は、当時子供だった管理人の想像力を刺激し、歴史に興味を持つきっかけを与えてくれました。
「世界七不思議」と言うからには、たぶん人が乗って動かすんやろ…という根拠のない説が管理人の中に芽生え、今もって「元祖巨大ロボ」だと信じています。
5.4追記:当記事を「朝目新聞」さんにてご紹介いただきました!
彗星で文明誕生…若干根拠が弱いきがする。
「世界の七不思議」日本語版
ホビージャパン (2011-07-16)
売り上げランキング: 9,634



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

26日と27日は、管理人多忙のため更新お休みです!
    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.23 1:37
    眼鏡
    今の形に近い物は13世紀に作られたが、原型と言える水晶を磨いたものが紀元前7世紀から存在していた。
    ギリシア神話に出てくるグライアイの目玉というのも、磨いた水晶球のことだったのではという説もある。

    つまり、グライアイは記録に残る限り世界最古の眼鏡っ婆。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.23 5:11
    ※1
    キミは老眼矯正が得意な凸レンズなんだね!すごーい!
    …しかし眼鏡に使える程の水晶研磨技術が当時あったのでしょうか?
    当時の水晶ってそこまで正確に研磨されたものはないような…
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.23 5:45
    ※2
    ※1が言ってるのがアッシリア(ニネヴェ)のレンズのことだとすると
    メガネではなく太陽熱を集める為の物のようなのでメガネにするほど正確な研磨は必要ないでしょう
    とはいえ当時にしては破格の出来なのは画像検索をしてもらえばわかると思います
    あとできれば関係ない所でのけもフレ語録は控えた方がいいかと
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.23 14:48
    オーパーツじゃなくて蘊蓄話になっててワラタw
    まあその方が面白いけどね。

    >なぜかそれが電気を指す言葉に転用されている。
    って、静電気に由来する。って、常識だと思ってた。詳細はググれ

    ローマンセメントは、施工性とか経済性の問題があってね、一概にどっちが良いとは・・・。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.23 19:16
    瞬間湯沸かし器は古代ローマからあった。
    なんでもらせん状にした細い銅管を金属を内側に貼った木箱の中に入れて、
    そこに炭だったか石炭だったかを入れたんだとか(原理的は現代のものと全く同じ)
    ただ、かなり高価なものだったらしく、お金持ちのステータスだったらしいですけど。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.24 0:02
    紀元前期のコンドームとか真面目にドキュメンタリー作ってほしい
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.28 16:37
    なろうの中世風世界での知識チートのほとんどのネタは
    紀元前には実現されていたものばかりなんだよな。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*