人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

12日~16日まで、管理人多忙のため更新お休みです!ゴメンネ!

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

急増する人身売買被害「ヒューマン・トラッフィッキング」の恐怖 @ [社会学系まとめ]


急増する人身売買被害「ヒューマン・トラッフィッキング」の恐怖 @ [社会学系まとめ]
管理人 @ 博士ちゃんねる
今回の社会学カテゴリーでは、趣向を変えてこの「ヒューマン・トラッフィッキング」を取り上げます。
現在、世界ではけっこうな問題になってるにもかかわらず、日本人の大半が、その実態をあまりご存じないであろう人身売買問題。

他人事だと思ってるでしょ?日本は関係ない?
でも、アナタの身近なひとが明日にも被害にあうかも…しれませんよ!


というわけで、この記事は別にエロくはないのですが、胸クソの悪い内容でして、そういう意味では閲覧注意です。
まずはその概要を知ろう!
わかりやすい解説動画がありますので、以下をドウゾ。 SHOCKING Facts About Modern Slavery(現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実)

動画を見るのがめんどうなドクター向けに、以下キャプ画と翻訳もつけておきます。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
毎年、多数の男女、そして子供たちが人権を侵害されています。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
「現代の奴隷制!」
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
人身売買の供給元、経由地、供給先かどうかにかかわらず、世界中のすべての国々がこれに関わっています。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
しかし、時としてこのみっつをすべて兼ねている場合もあるのです。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
人身売買(ヒューマン・トラッフィッキング)は、世界でも最も急成長している犯罪産業です。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
2000年以降、人身売買の被害者は増えていますが、売買のコストは減っています。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
今や、様々な手段でこの奴隷制の罠にかかる人々は、およそ3600万人と見積もられており、
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
30秒にひとりの人間が、犠牲になっています。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
そして、この犠牲者たちが救出されて自由になる可能性は非常に低く、その割合は1.1%以下なのです。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
1850年代、奴隷の値段は現在の価格になおして約4万ドルほど。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
今日では、たったの100ドル以下であり、その価格は下がる一方。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
投資効率をギリギリまで高めるためです。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
人身売買犯罪者は、これを年間320億ドルの市場にまで拡大しました。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
毎年の利益のほとんどは、風俗産業によってもたらされ、
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
犠牲者は平均して、1日15回以上のセックスを強要されています。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
しかし、「人身売買」は「売春宿」を言い換えた言葉というわけではありません。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
高い収益率にもかかわらず、セックスを強制されている犠牲者はわずか22%。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
現代の奴隷制における大半の犠牲者は、労働者として働かされます。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
売買された人々の70%は単純労働を強制されており、
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
全体としては、26%以上が子供の被害者、
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
そのうち80%が女の子です。
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
そして、アメリカだけで見ても、毎年10万人以上の子供が性産業の人身売買を通して犠牲になっており、
現代の奴隷制にまつわるショッキングな事実
国境を超える必要さえありません。
さて日本の場合は…?
ね、怖いでしょ。1日15回とか穴が擦り切れちまうヨォ~。
そこで気になるのは、麗しの我らが祖国、日本の場合ですよ。
人身売買の供給元&供給先マップ
かつて戦前・戦中などは「からゆきさん(唐行きさん)」つって、農村の貧乏な家庭に生まれた女性が、中国や東南アジアに渡って娼婦として働いたり(あるいは働かされたり)したものですが、現在、日本はこの人身売買のメジャーな供給元、そして供給先のひとつになっています。
上記の図では売買被害者の「供給先人数」として「Very High」のランク付け。

供給元は、主に東アジア、東南アジア、ロシアだと言われています。まったく他人事ではないんですねぇ。
Human trafficking in Japan
アメリカ国務省の定める人身売買の取り組み基準では「Tier2」に相当し、これは「基準は満たしていないが、満たすべく努力中」を意味します。
2004年には刑法に新たに「人身売買罪(226条の2)」が加わり、それ以降は誘拐被害自体は(元から数は多くなかったけど)減少傾向に…まぁ少なくとも警察発表ではそうなっています。
日本もがんばってるじゃん…などと誤解してはいけません。
この「人身売買罪」が制定されたのは、アメリカから人身売買への取り組みについて、厳しく非難されてようやく重い腰を上げたのであって、G8(主要国首脳会議)の中でいまだ「Tier2」の段階にあるのは日本のみ。
他は全部「Tier1(基準を満たしている)」です。お隣の台湾や韓国にも負けてますよ、ネェー、もうはがゆい。
アメリカ国務省がまとめた2014年のレポートでは、
The Government of Japan does not fully comply with the minimum standards for the elimination of trafficking; however, it is making significant efforts to do so.
日本政府は、人身売買防止のための最低限の基準さえ遵守していない。しかしながら、それらに膨大な労力を費やしている。
と報告されています。

そらそーですよね。
メディアもぜんぜん報道しないし、日本人の大半が無関心だというのに、政治家の先生がまじめに取り組むわけないんだなー。
5.3追記:コメ欄でご指摘を受け、誤訳修正!どうもです~。
実際どのようにして誘拐→売買されるのか?
ヒューマン・トラフィック [DVD] 「ヒューマン・トラフィック」という映画つうか、事実を元に制作されたテレビのミニシリーズを映画風に再編集したDVDがありますから、興味のある方はぜひどうぞ。前後編合わせて3時間ほどあります。
ミラ・ソルヴィーノ&ドナルド・サザーランド主演、人身売買ネットワークの元締めにはロバート・カーライル!となかなかの豪華共演で、映画も緊迫感のある展開でよくできています。
内容はものっそい生々しいので、ちょっと気合い入れて見なくてはなりません。
以下のようなストーリー。
ヒューマン・トラフィック
ニューヨーク市警の刑事であるケイト(ミラ・ソルヴィーノ)は、市内でおこった身元不明な東欧系移民の娼婦死亡事件を調査中に、これは人身売買の被害ではないか…と疑問を持ち、国土安全保障省(DHS)の下部組織・移民帰化局(ICE)へ報告に行く。
自身もロシア系移民の子でこれは他人事ではない、事件を捜査させてほしい、と主張するケイトの熱弁を受けて、ICEの局長ミーハン(ドナルド・サザーランド)に、ICEの特別捜査官としてスカウトされることに。

巨大な国際犯罪組織に対して終わりのない戦いを挑むのだが…。
この作品では、以下の3つのケースで誘拐される女の子たちがメインとなって、ストーリーが展開します。


ヒューマン・トラフィックケース1:エレナ
チェコのプラハで、シングルマザーとして苦しい生活を送るエレナは、仕事先のバーでハンサムな男性に口説かれる。
知的で優しい彼に夢中のエレナは、誘われるままにパスポートを用意し、ウィーンの彼の別荘に招待されるのだが、そこには屈強な男たちと、床に座って怯える少女たちが。
彼女のパスポートを男に渡し、代わりにお金を受け取り黙って去っていく彼氏…。

ヒューマン・トラフィックケース2:ナディア
ウクライナのキエフで高校に通うナディアは、華やかモデルに憧れる16歳の女の子。父親に内緒で、アメリカのモデルエージェンシーのオーディションを受け見事合格する。
なんとしてもパスポートが必要な彼女は、父親に外国に行かせて欲しいと頼むが、にべもなく断られる。
モデルエージェンシー(実は犯罪組織)の協力でパスポートを取得した彼女は、内緒で家出をし、ニューヨークへと到着する。車の中で浮かない顔の若い女性(エレナ)と出会い、真実を告げられて驚愕するのだった…。
ヒューマン・トラフィックケース3:アニー
フィリピンのマニラで旅行中のアメリカの3人家族。マニラの雑踏でショッピング中に、母親がちょっと目を離したスキに12歳の娘アニーが、あっという間に誘拐されてしまう。
地元の人身売買業者のもとに連れていかれて、監禁されるアニー。マニラ警察はまったく頼りにならず、イライラする母親のもとに、NGOの人間が助力を申し出る。

ストーリーはこの後、運良くICEのガサ入れで保護されるエレナ、その証言から浮かび上がってきた巧妙な国際人身売買ネットワークとセルゲイ(ロバート・カーライル)と名乗る男の存在、一方ナディアを救おうと、人身売買業者に潜入する父親の奮闘…。
監禁されたアニーは、薬で朦朧となりながらも業者が置きっぱなしにしている携帯から母親に連絡し…、と、銃撃戦などほとんどないのに、息をもつかせぬ展開ですよ。

単純にクライム・サスペンスものとしてもよくできています。
映画館で上映されてないから、レンタル屋で見つけるのは、今となっては困難かもしれない…。
で、この手口のあくどいところは、女の子たちに言うことを聞かせるために、家族の情報も全部把握して脅しに使うということですね。
しかもパスポートは本人に用意させるのだから、パスポート偽造も必要ない。
供給ラインが複数の国にまたがっているから、1国が足を引っ張るとそこで捜査の線が途切れてしまう。アメリカが必死なのは、現在これが大問題になってるからです。
なんかこの作品の最初のほうでドナルド・サザーランドが記者会見開くんですよ、アニーの誘拐事件の件で。
そこで、コカインは30グラムで1200ドル、1度きりの販売なのに対し、女性や子供は50~1000ドルと価格は安いものの、

ヒューマン・トラフィック
But you can sell them each day, every day, over and over and over again. The markup is immeasurable. Human trafficking, ladies'n gentlemen, is the business of the future for crime organizations.
しかし、毎日毎日…何度も何度も何度も…売られていくのです。その利益は計り知れません。人身売買とは、みなさん、犯罪組織にとっては夢のビジネスなのです。

相変わらず社会学はまったく関係ないまとめ。

こないだ、なんか労働問題かなんかのスレまとめるときにトップ絵探してて、偶然冒頭の動画を見つけたのでした。
管理人だって、何年か前に途中で出してる「ヒューマン・トラフィック」という作品を見るまで、この問題についてはまーったく知らなかったんだし、ドクターの皆様に同様の方もいらっしゃるかもしれない…と思って記事にしてみました。

「人身売買」というと今の日本からはまるで遠い漠然とした言葉で、せいぜい中東とかアフリカとかの話でしょ?というイメージありますよね。
しかし、「日本の女性は中国では大変な高値で売れる」という事実を聞くと、また違う感想もあろうかと思います。
なにしろ、中国では日本のAVが大人気です。だから日本人というだけでそれはブランド力を持ち、向こうのお金持ちは日本人女性は一番高く買うのです。

こうした被害者は、肉体的にも精神的にも過酷な環境におかれ、あまり長生きできません。
不衛生なタコ部屋での生活、精神的ストレス、暴力、性病…などなど、数年で死亡すると言われています。

こうしたむき出しの現実に対して、皆さんがどうお考えか管理人は知りませんが、とにかく無関心のままでいるよりは良いだろうと思う次第です。
5.4追記:当記事を「朝目新聞」さんにてご紹介いただきました!
ココ・デ・メールの花と実がいろいろすげえ!!
ヒューマン・トラフィック [DVD]
ニューセレクト (2007-04-06)
売り上げランキング: 114,226


元スレ:----

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 :
    • 2017.4.23 21:55
    この様な一般人が把握していない危機が他にもたくさん有るので無いだろうか?
    正直今回の様な事実を初めて知るのが
    こういったまとめサイトで有る事が異常な事だと
    思う。
    政治家は票が取れる仕事をする。
    マスコミは視聴率を取れる仕事をする。

    これでは構造的に全てに置いてケアが行き届かない。
    一般国民が専門化し、きちんと知り、勉強し理解した上で
    声を上げなければいけないのだと改めて思った。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.23 22:30
    軽く調べてみたが、
    法律は作ったが、有効な手立てが無い状況の様だ。
    日本だけで無く、各国ととの連携が不可欠。
    現状、違法滞在が常態化して居り、それに紛れてしまっている。
    個人的には税関が正しく機能出来ない状況を改善し、風俗産業をきちんと行政で管理する他無いと考える。
    どこかで働かせられ、一般の日本人と接点を持ち、知らずとはいえ、当然金銭のやりとりが発生するから彼らもそういった行いをする。
    散発的な取り締まりでは無く、日本国全体を通した施策が必要だ。
    一般人はやはり無認可の風俗店を利用しない事が一番。もしかしたら睡眠薬で寝かされ無理矢理連れて来られ、殴られ恫喝され無理矢理従事させられている女性を抱く事になるかも知れない。
    近年だとネット発信がきっかけで話題となり、後追いでTVや雑誌で取り上げられる事も多い。
    一般人がこういった話題にし辛い、いわゆるタブー視されている事にどんどん切り込んで行かないと、何年経ってもこういった事は無くならない。
    こういった話題をしにくい空気をまず失くす事が大事だと思う。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.23 22:35
    何て事なのかと。国内の行方不明者の中にもこういう事例があるのかも知れない。海外の犯罪グループには日本は弱腰ですしね。怖い事です。
    • ※4 :
    • 2017.4.23 23:20
    1.2です。
    色々考えてみたのだが、
    様々な諸犯罪に置いて言えるのが、
    「実効力の無さ」これに尽きると思う。
    法律は作っても取り締まれない。かといって急に
    警察官を大量増員は出来ない。全ての犯罪が氷山の一角で
    実態すら把握出来ていない。
    ならばここは文明の利器を活用するしかない。
    ①行政が認可済み風俗店マップを作り、一般人に公開。
    もしそれ以外の店舗を利用した場合は、利用者も
    逮捕。通報による不法店の洗い出しにも繋がる。
    ②風俗店利用者の遵法意識の啓蒙。コンプライアンスの
    重要性を各風俗HP、誌面に掲載し、回り回って
    自分達にどう帰って来るのか?という考えを浸透させる。
    アングラな世界だから、たったひととき関わるだけだから、
    と無関係だという意識を無くして行く。
    ③データベース化し、店舗の裏口を封鎖し、入り口で必ずビザが有り、認可された人物だと認証を受けてから入店出来る様にする。
    この人物は定期的に行政の役人と面談し、脅迫などが無いか、
    確認を取る。
    オートロックにし、動画像、指紋、網膜等様々な確認方法が
    有ると思う。一人ずつしか通れない、二重ドアにすればすり抜けは防げる。壁に穴空けたりは建築用の非破壊検査用の機器で確認すれば防げる。

    ①、②はそこまでコストが掛からず、技術的な難度も低いと思う。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.23 23:29
    デリへルとかはどうしよう?認可ホテルを設定して、マップ作って利用者に確認してもらうしかないかな?
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.23 23:50
    ん?でこれはどういう人を奴隷だといってるんだ?
    それとも明確に組織化された集団が国際的に奴隷売買をしてるのか?
    • ※7 :
    • 2017.4.24 0:04
    ↑複数の国にまたがった組織的な犯罪だそうです。
    脅され自分でパスポートを取り、ビザを申請し、
    あたかも自発的に行っている様に見せかけている場合も有るそうです。
    日本は供給先としてかなり多くの人数が働かされている様です。
    また、供給元としても被害に有っている様です。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.24 1:23
    すみませんが日本がTier2になった経緯とか、資料はありますか?
    この辺に今回のヒューマントラフィッキングの本質が見えてくると
    思うのですが、おいちゃんスマホ扱い慣れてなくて見つからない…
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.24 1:27
    ふと思ったんだけど、
    もし規制や方策が上手くいって、日本で働かされている人がいなくなって、皆解放、帰国が実現したとしても、次に囚われた人達は、他国で更に多い客を取らされるのではないか?
    日本人が払う額と、他国で支払われる金額はかなり変わってくる。
    最終的には、捕まる段階、騙される段階で阻止しないと、根本的解決にはならない。
    かといって何もしない訳にはいかない。
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.24 1:56
    ウィキペディアですが、

    年度によって理由に違いが有ります。米国の報告書2011年版[27]では、日本を「Tier2: 人身売買撲滅のための最低基準を十分に満たしていないが、満たすべく著しく努力している国」として挙げている。
    2014年版でも日本は目的国、供給国、通過国であることが指摘されており[28]、年次報告書によれば、日本企業の実施する「外国人研修・技能実習制度」が、賃金不払い、長時間労働、パスポートを取り上げるなどの不正行為によって移動の制限を行うなどにより、中国、東南アジア出身者の人権政府による対応の不備を指摘した。Tier2の分類は7年連続となった。2015年版では、日本について女子高生による援助交際などを問題視し、JKビジネスが売春を容易にしていると指摘した他、外国人技能実習制度で入国した研修生の一部が強制労働の状況に置かれていることを挙げて改善を求め、「強制労働や売春に関わる人身売買の送り先であり発信地でもある」として、主要7か国で唯一、上から2番目(4段階評価、後述)に据え置かれている[29
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.24 2:02
    記事で書かれている内容以外にも、いわゆる援交的な風俗よりのJKリフレや、農家の留学生搾取等もTier2の要因になっている様です。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.24 8:43
    日本人も日本で奴隷やってるじゃん
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.24 12:04
    間違いない
    管理人はキングダム読んでる
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.24 18:04
    そら、安倍ちゃんの地元いってごらんなさい。
    研修生の中国人だらけ、地元の人は安倍さん安倍さんと感謝してる。
    給料安くて労働時間も規定がない、中国内陸部の人間が大勢来てくれるからね。
    緩和、拡大し続けてるよね、今。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.24 21:11
    これを紹介してくれてありがとう。ありがとう。本当に。
    自分の中の新しい概念というか、新しい何かがはじけた。

    本当にあってはいけないことだよ。
    • ※18 : ※8のおいちゃん
    • 2017.4.25 1:16
    ※10※11の方、Tier2の情報ありがとうございます。
    この問題の一翼を担っていた技能研修制度ですが
    新制度が今年11月からスタートするそうです。
    厚労省HPに資料が載っていますのでご興味があれば。
    (外枠は諸外国との取り組みや管轄機関の変更ですが
     個人の感想としてはミスマッチ解消が目玉かと)
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.25 20:15
    日本の人身売買って宗教関連かヤ○ザの世界であっちの国に関連したものがほとんどだぞ
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.26 11:29
    こんな問題全然認識して無かった テレビで取り合げないこういう情報を送受信できるのはネットメディアが存在することの大きな意義の一つですね 記事タイトルで自分がぱっと浮かんだのは農業実習生の強制労働でしたが上のコメの人情報だとそれも含んだ問題なんですね ただ労働改革も絡めた問題となると改善するのに非常に時間がかかりそう 日本人の労働改善ですら腰が重いですもんね・・・
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.26 16:06
    東南アジアの女性達を嫁にする時にオークションにかける韓国がTier1とかなんのジョークだよw
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.27 0:46
    「人」を資源とする意味では臓器売買という文脈もあろうかと思います。
    アメリカだと数十年前からある「子供の失踪」が、日本だと年次の失踪者の数とか関連しそうな「とっかかり」は幾らもありましたね。

    古代と今の状況としての「近代」をひき比べて、果たして個人はどちらが仕合せなんだろうかと雑駁な感傷に浸りつつ、「奴隷」の人権をボトムアップしていくべきなのか奴隷は「奴隷は認めない」「奴隷は居ない」と人権から取り締まるの、か価値とか見方が問われているのかなという気もします。

    こういう議論は「解決の方途を探る」ために為されるものだと思うのでそれに沿うように
    (沿うつもりで)作文してみました。
    • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.27 12:12
    おそらく記事の元になってるのは
    Office To Monitor and Combat Trafficking in Personsの日本についての項目なのだろうと思いますが
    日本人の被害者に関する調査や統計資料を見つけられませんでした
    唯一まともな資料は警察白書の「平成28年中における人身取引事犯の検挙状況等について」でしたが
    他に何か参考にされた資料がありましたら、教えていただけませんか?

    関連ワードで検索しても収支報告すらないNGO団体ばかりがヒットして埒が明きません
    あ、でもすいません、面倒だったらいいです
    • >※23
      >日本人の被害者に関する調査や統計資料

      これ、管理人もまとめたときいろいろ探してみたんですけど、確かに資料が全然見つからないですよね。
      日本国内の数字(警察発表)のは、国内の留学生とか外国人の被害も含むので、実数はもっと少ない…ように見えます。
      管理人はWikipedia英語版の「Human Trafficking in Japan」の記事などから要約してますが、そこにはグラフとかの具体的な数字はなかったです。
      いろいろ勘案すると、(非日本人)被害者の供給先としては、トップクラスなのはどうやら事実なので、日本人の被害自体はそんな多くはないんかなとは思います。

      よっしゃ出張いってきます!
    • ※25 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.27 15:03
    共謀罪を作る理由になっている国際条約って、もともとはこういう犯罪を行う組織を対象にしてるんだよ
    テロ組織にすり替えられて、もともとのターゲットだったヤクザはスルーする法律になっちゃってるけど
    • ※26 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.4.28 2:25
    外国人研修制度やら社畜やらが許容されてるからね
    日本がTier2だからって驚かないよ
    • ※27 : ななし
    • 2017.4.28 19:48
    まとめてくれるのは嬉しいんだが間違いや拡大解釈や矛盾点がいっぱいあるな…これ資料古くない?
    ↑でも書かれてるけど朝鮮はこんな良心的な人権状況じゃないぞ。カナダにいたっては俺が滞在してた短期の間だけでも似たようなニュースあったし聖職者の性犯罪とかもゴロゴロしてる。

    管理人を非難してるわけじゃないから気にしないでな~
    • >※27
      >朝鮮はこんな良心的な人権状況じゃないぞ
      韓国は、アメリカが定めてる「人身売買についての取り組み基準」が「Tier1」なのであって、「人権状況が良心的な国」という意味じゃないですよぉ。
      被害の大きさは日本よりずっと大きいんではないでしょーか。だから法整備や捜査体制が進むのであって、そこに不思議はないように思います。
      なんか、ちゃんと法整備などがされてるか以外にも、被害数の改善などが見られないと、「Tier1」にはならんぽいですね。

      資料は多少(2、3年くらいは)古いかもしれないです!
    • ※28 :
    • 2017.4.29 3:18
    結局完全な黒の世界なのでなかなか表に数字として
    表れてこないのではないのでしょうか?
    今現在わかっている数字も氷山の一角ではっきりと把握
    出来ている訳ではない。
    まずこれを炙り出す方策を見出さなければいけない。
    • ※30 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.5.3 4:57
    あのう、アメリカ国務省の2014年のレポート、
    訳が少し変じゃないですか?
    it is making significant efforts to do so.のとこ、
    しかしながら日本は「そうするために目覚ましい努力をしている」
    では?
    • ※32 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.5.25 17:24
    駄文長文スマソ
    昔から関心があった内容で大学時に専攻したけど
    結論として女性の危機意識向上、情報社会の怖さなど
    女性の貞操教育が最も重用であると学んだ
    基本的に女性の被害理由は恋愛関連、
    2番目の女性の様にメディアへの憧れも被害率が高い
    金銭関係のように半ば仕方ないものと違い自分から檻の中に入る

    メディアを疑う、見た目や甘い言葉の男に注意する、
    自分の身の丈にあった金銭感覚、何より自立意識を持つ
    そろそろお気づきかと思うが全部多くの女性が嫌う話題なんだよ

    いくら事後機関(警察)が努力しても自分から死ぬ奴は救えない
    悪い男はいくらでもいる、女性達が意識改革をするしかない
    日本の場合メディアは最近特に女性の価値を落とすよう
    仕向けているから、情報のベクトルを考えような
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*