人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

基礎知識の習得や技術向上の方法 @ [創作文芸板]


基礎知識の習得や技術向上の方法 @ [創作文芸板]
1: 名無し物書き@推敲中? 2013/01/22(火) 18:19:22.41
初心者の僕に皆さんが普段やっていること、初心者だった頃効果のあったことを教えろください
4: 名無し物書き@推敲中? 2013/01/24(木) 13:44:36.19
俺も初心者なのであげ
5: 名無し物書き@推敲中? 2013/01/28(月) 00:15:13.84
俺は辞典を読んでる
6: 名無し物書き@推敲中? 2013/01/28(月) 13:28:06.70
たとえば、時代劇を学園設定に置き換えるとか、漫画の一挿話を小説に書き起こすとか

暇なときやってみると頭の体操にもなる
ゲームやパチンコで時間潰すよりはおすすめな
7: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/01(金) 17:53:14.59
とりあえず春樹全読み
管理人より:ハルキさんのスレはコチラより!
8: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/01(金) 19:47:23.43
「小説の書き方」的な本で良いやつ教えて
18: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/10(日) 21:32:52.13
ハリウッド脚本術―プロになるためのワークショップ101 >>8
ハリウッド脚本術
ニール・D・ヒックス
色んな作家が進めてるけど、やっぱり良書だと思う
まぁ、小説の書き方というよりも、シナリオの作り方って内容だけど
19: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/10(日) 23:27:15.82
小説家という職業 (集英社新書) >>8
森博嗣の「小説家という職業」
22: 突然だが愚痴を交えて一つ 2013/02/11(月) 15:33:51.40
最後まで書けないのは、飽きるからだと誰かが言っていた・・・
一つは資料やプロットを過剰に用意しすぎ精神的に満足して飽きる。
もう一つは資料やプロットが中途半端で書けなくなり飽きる。

俺の場合、作品の悪い部分ばかり目について、途中でイヤになる。
平凡かつ駄文で内容の無いストーリーでも、書き上げてしまえる自信家が羨ましいわ。
少なくともスタートラインには立ってるもんな。
24: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/18(月) 01:44:32.87
>>8
「物語」のつくり方入門 7つのレッスン ワインバーグの文章読本 明快な文章 超簡単!売れるストーリー&キャラクターの作り方 魂の文章術―書くことから始めよう 文章王 (プロ編集者による文章上達〈秘伝〉スクール 2) ローレンス・ブロックのベストセラー作家入門 シナリオの基礎技術 映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術 SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術
「『物語』のつくり方入門 7つのレッスン」「ワインバーグの文章読本」「明快な文章」「超簡単! 売れるストーリー&キャラクターの作り方」「魂の文章術」「文章王」「ローレンス・ブロックのベストセラー作家入門」「シナリオの基礎技術」「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと」「Save the cat」

このくらい挙げたら、どれか一発は当たるだろう。


>>22
「検閲の中でもっとも強力なものは自己検閲です」だっけな。スーザン・ソンタグだと思うが。
書くことそのものが楽しめなくなっているように見えた。
応募するかどうかは別にして、書くことそのものを楽しむ方法を探すのがいいのかもしれない。
25: 22 2013/02/22(金) 03:53:38.97
>>24
スーザン・ソンタグは聞いたことがあったが、気にしていなかった。
「検閲の中で・・・」が気になって、「良心の領界」に行き着いた。
なかなかエキセントリックだが、鋭く、示唆に富む人のようだね。


注意力か・・・。他者とのつながりであり、取り込むことであり、確かに、生命力だ。
読んで打たれるものがあった。忘れていたものを思い出した気分だったわ。
良いものをありがとう。感謝する。
27: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/04(月) 11:05:34.37
ベストセラー小説の書き方 (朝日文庫) >>8
クーンツの本は必読だろ
ベストセラーの作り方みたいなタイトルのやつ
9: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/01(金) 20:38:47.13
小説読本 (中公文庫) [小説読本] 三島 由紀夫
仮にあなたが目指してるのがラノベ作家だとしてもコレ一推し
売れない作家が書いた「あなたも簡単になれます」系なハウトゥ本読に騙される前に
10: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/03(日) 15:58:11.45
黒魔女さんの小説教室 チョコといっしょに作家修行! (青い鳥おもしろランド) 多すぎるよなー小説の書き方本
「黒魔女さんの小説教室」がおすすめ
12: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/04(月) 13:39:47.59
>>10
何か題名からして面白そうだな
11: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/03(日) 21:50:58.67
小説の方法 (1978年) (岩波現代選書〈1〉) 初心者だけど大江健三郎の「小説の方法」っての読んでみたら全然意味がわからなかった
13: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/04(月) 17:29:24.34
俺はサイト見ただけだな
ラノベの書き方みたいな所だけど作法とか大体の書き方は載ってるよ
あとは古本のプロ小説みたりしてる
15: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/07(木) 02:48:27.16
書き込み内容はつまらんが、スレの主旨は良いな。
まあ、頑張ってくれ給え。
16: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/07(木) 13:02:23.24
>>1
立て逃げではない証明として、>>1が実践しようとしている方法を稚拙でもいいから説明してみよ。
20: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/11(月) 02:33:53.08
反面教師として、向上心のない永遠の初心者のおれの悪い慣習
手前ェで読み返してうざいと思ったところを治すor削る
これは必ず誰かに喧嘩を売る文章になる。これとか。個人差はあるだろう

おれが性格悪くて知識なくて技術無いだけって筈ではある
21: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/11(月) 02:34:30.16
慣習じゃなくて習慣だろうしなあ
23: 名無し物書き@推敲中? 2013/02/13(水) 06:45:32.53
マンガ アニメ の キャラ×キャラ
で エロ 小説 を 書いて み る
26: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/03(日) 19:08:09.52
やっぱりとにかく書きまくってから色々考えたほうがいいのかな
28: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/13(水) 10:49:22.38
まず何が書きたいかをまとめることが大切でしょうね
種書が必要です
企画書のような物があると便利ですよ
29: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/14(木) 10:25:49.95
プロットは4パターンあります

1、徹底的に細かく作る
2、一切作らない
3、だいたい作る
4、最初に細かく作り執筆中にどんどん変えていく


キャラクタが"動く"ことを無視するなら細かいほうがいかも
でも書いてるうちに新しいアイデアやヒントが出るのも、無視しなければいけないです
なので人によっては、プロットその物を否定する人もいます(変化するので無駄)

3、はTRPGなどで使われます
ゲームの場合アドリブやプレイヤーの行動など、変動するので細かいプロットは実用に耐えません
でもプロットがないと誘導(プレイヤー達を結末に向かって進ませる)などができません
だからだいたいで作り、自由と秩序を両立させます


4,は細かく作るメリットと(あくまでも最初のみ完成)
自由に書けるメリットを両立させようとした方法です
(執筆を始めたらプロットを建設的に壊していく)
でもこの方法は実用に耐えるかどうかはわかりません
おすすめできません

(ちなみに自分は執筆経験は0ですので、まだ一作も書けてないです)
管理人より:ちょw
32: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/17(日) 15:59:51.68
書き始める前に、プロットやあらすじでもいいので一通り読むこと
これはちょっとしたコツ
34: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/18(月) 12:10:46.83
小説に書き方はある
でもそれだけではおもしろい小説は書けない
だれが技術だけで書かれた手抜き作品を読むだろうか?
35: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/18(月) 12:29:13.05
たしかに書き方だけではおもしろくならない。

しかし、

おもしろい小説はすべからく書き方をマスターしている。
37: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/18(月) 13:44:06.86
それも書き方の一つのテクニック。書き方を知っているから応用が利く。
元ネタは、

鴨川会長努力した者が全て報われるとは限らん。
しかし、
成功した者は皆すべからく努力しておる!
(森川ジョージ「はじめの一歩」)
38: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/21(木) 16:14:43.95
これ、すべからくの誤用じゃないのかなw
「すべからく」は「すべて」の高級語じゃなくて、「須く」であって「~べし」で「是非とも○○すべし」という意味になる。


大江健三郎なんかも誤用しているんだけど、評論家の呉智英いわく
「日本語は私も間違える。それはいい。
しかし、よく知りもしないのに、すべからくをすべての高級語だと間違って使用するのは、皇室と縁組したがる成金のようで、その心根が卑しい」
とか、手厳しいことを言っている。
39: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/21(木) 16:53:25.32
マンガだからおk

的を得る、足元をすくわれる、役不足、敷居が高い、にやける、確信犯、煮詰まる、……

作家ならこれくらいぱっと出てくるだろう。
誤用の認識はもとより、一般庶民が間違って使っていることを理解しておくこと、だな。


2ちゃんねるなら、

w、おk、氏ね、ks、wktk、ググれ、禿同、字下げなし、句読点なし、……

こういった言葉の使用があるはず。感覚としてはそれらとまったく同じ。
むろん誤用の指摘をするのはかまわないが、基礎知識として頭に入っているのが当たり前だな。
40: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/22(金) 03:07:44.20
言葉の誤用に拘る人ってだいたい馬鹿だよね
言葉の意味なんて時代時代で変わっていくから誤用も一般的に使われてるなら、もう誤用ではないんだよね。
創作に最も向いてない人種なのは間違いないね
42: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/22(金) 18:12:53.88
>>40
間違った日本語だと自覚して、それでプロフェッショナルの登竜門に応募する勇気ある?
プロデビューしたとして、校閲さんも拒否するとか?
44: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/22(金) 19:53:22.61
作家の95%以上が辞書を引きながら書く。
だから作家は言葉をよく知っている。

プロが誤用することはない。(ラノベ作家は除く)
45: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/26(火) 17:35:50.64
誤用を世に出してしまう出版社の沽券にも関わるからなぁ
そう易々と認めるわけにはいかないんじゃないか
46: 名無し物書き@推敲中? 2013/03/27(水) 17:07:08.01
誤用への疑問や悩みは持ち続けた方がいいよ。
本当に日本語を愛してる人は、誤用を歴史の必然だと受け入れる心と、誤用によって失われていく言葉や意味を嘆く心の、両方を持ち合わせてるものだから。

日本語に愛着のない人ほどどちらか一方を振りかざしたがる。
48: 名無し物書き@推敲中? 2013/04/04(木) 21:10:29.38
誤用を誤用だと知った上で使うのはいいと思うよ。
「誤用を指摘する奴は知識を自慢したいだけ」とか「誤用を気にする方がおかしい」とか言わない限りは。

実際にそれを守っている人がどのくらいいるのか知らないけど。
57: 名無し物書き@推敲中? 2013/05/12(日) 23:03:34.78
>>48
棹差すとか役不足とか、もう誤用について話しているときにしか出てこない単語じゃん。

たとえば確信犯について云々するやつって、結果無価値とか不能犯って言葉まで理解してから言っているか?
法律家が変な訳語を作ったから間違いが頻発しているという可能性まで考えれば、おいそれと揚げ足を取れるもんじゃない。
58: 名無し物書き@推敲中? 2013/05/13(月) 09:09:24.96
>>57
「棹差す」も「役不足」もテレビ見ていれば、大勢が間違って使いまくっているよ。
管理人より:日本語の誤用についてはコチラをどぞー。
54: 名無し物書き@推敲中? 2013/05/06(月) 21:47:58.78
まず意味が通る文を書くのが難しい
変に修飾語いれたり、先に書いた文の接続詞が後ろの文と合わなくて、調整すると頓珍漢な具合に仕上がってしまい、どう修正すればいいかがわからない
55: 名無し物書き@推敲中? 2013/05/07(火) 02:11:44.17
推敲するしかないんだなあ
56: 名無し物書き@推敲中? 2013/05/07(火) 11:52:51.59
言葉だけ調整して上手くいかないなら二つに分割すればいいじゃない
短く表現した方が良いこともあるよ
59: 名無し物書き@推敲中? 2013/05/13(月) 20:56:44.33
言葉は変わっていくものだから、自分をどこに置くかっていう問題がでてくるよね
62: 名無し物書き@推敲中? 2013/06/01(土) 18:56:44.50
「とにかく書くこと」ってよく言われるけどさ
何を書いていいのかわからないから書きようがないんだよね
63: 名無し物書き@推敲中? 2013/06/02(日) 02:16:30.86
何を書いていいかわからなかったら、まず気に入ったものを書写。
その上で書写したものに文句があったら書くという感じで。
書写しても文句がなかったら文句が出るまで任意の文章を書写。
65: 名無し物書き@推敲中? 2013/06/03(月) 08:41:32.76
>>63
どこの宗派の経文だよ
66: 名無し物書き@推敲中? 2013/06/03(月) 22:43:57.17
>>65
白樺派から自然主義派までたくさんあるから好きなのを選べ。

世間では、どうやらゴールデンウィークとかいう大型連休中でキャッキャウフフしてるそうじゃないですか。
管理人クソ忙しくてもう死にそうです。

というわけで、小説作法についてのスレ。
参考文献なんかもたくさん挙がってるので、小説家を志すドクターがおられたら参考にしてください。
でも、そういう基礎知識とかってのは、最低限勉強は必要だろうと思うんだけど、「アイデアの出し方」「売れるキャラの作り方」みたいなヤツはどうなんでしょうね。
そういう部分こそ、作家の個性が活かされるのであって、ひとから教えてもらうようなものでもないように思うんですが…。

なんか途中で誤用の話で盛り上がってます。
「すべからく」の話になると必ず出てくる鴨川会長ですが、作者の森川ジョージもだいぶん頭を痛めてることでしょう。
やっぱり文章のプロだから、そのまさに文章の部分で、親の仇のように延々とツッコまれるのは避けたいところです。

作家と編集の2段構えで校正してたら、そうそう出ないと思うんですが、それぞれの教養が試されます。
作家にとって、良い編集さんと出会えるかどうかも、運の分かれ目でしょうか。
脳が読みたくなるストーリーの書き方
リサ・クロン
フィルムアート社 (2016-09-23)
売り上げランキング: 100,016



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.5.2 23:22
    スティーヴン・キングの「書くことについて」もええで
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.5.3 0:07
    早見慎司先生のブログに
    校閲の方が折角誤植(誤用?)を見つけてくれたのに
    「合唱曲にそういう歌詞がある」と押し通してしまい
    2年後その曲を聞き直して初めて間違いに気付いた、という
    話がありました。誤植を減らすのは大変でしょうね。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.5.3 3:29
    小説家志望だったけど挫折、今は漫画原作とドラマシナリオをチョボチョボ書いていて、たまに初心者向けのセミナー講師やってるんだけど(一応、飯は食えてる)、まずは「日本語を小中学生レベルで正しく遣える」が絶対に必要な能力。
    その最低限の国語力の次に必要なのは「構成力(structure)」。
    日本の国語教育では構成を教えなさすぎ。
    文章読本など書籍で勉強する場合は、この構成をしっかりと教えてくれているものを読むといいよ。
      • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2017.5.4 10:07
      >※3
      夏休みの読書感想文とか「書け!」ってだけで書き方の指導は全くしてもらえなあった記憶 センター試験とかで読解力はそこそこついたけど文章書くのは未だに苦手・・・ 論文書くときにめっちゃ苦労した
      もっと「書き方」を教える教育はやって欲しいね それとも今はやるようになったのかな
        • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2017.5.8 5:45
        >※7
        去年か一昨年だったか、「夏休みの宿題の読書感想文がフォーマット化している」というのが話題になってたでしょう? 「構成を意識して書く」という初歩としては有効な手段でした。
        「生活綴り方」や「自由作文」しか知らない世代からすると、システマティック過ぎて理解できなかったようで……
        マスコミの識者や文化人からは「味気ない」とか「風情がない」とネガティブな評価を受けていましたねえ。

        国語教育で大事なことは、
        99%の作文嫌いの上に成り立つ1%の天才よりも、
        80%が作文を苦に思わない教育だと考えます。
    • ※4 :
    • 2017.5.3 4:42
    ①まず基礎を他の人よりやりこむ。
    但しその過程で自分らしさをスポイルされない事。
    これはこう有るべきだ、などの固定観念を植え付けられない事。
    ②様々な成功者を見て学ぶ。ここまでに応用が出来る実力を手に入れておく事。
    ③自身で一から作り上げ、完成させ、きちんとした場所で発表する事。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.5.3 8:46
    校閲もラノベレーベルとかだと意外なほど重視されないからなぁ。この分野は感情移入とキャラクター性が良いかどうかで決まる
    その辺、いわゆる一般文芸とはまた雰囲気が違う。そう考えると何の作家を目指すのかによっても違ってくるなぁ
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.5.3 12:09
    主語+述語の短文に、ゴテゴテと装飾を付けていって長い文章にする
    「僕は食べた」という文に、「何を」とか「いつ」とかを加えていき、さらにその単語に装飾を付け加える
    単なる「朝に」とか「さわやかに晴れ渡った朝」とかにとどまらず、「鬱陶しい長雨が明けた久しぶりの朝の空は、抜けるような青に高い雲がチラホラと浮かんでいた」とかすると、どんどんと文章になる
    逆に、大筋を把握したうえで、決めの文章から、どんどん装飾をはぎ取っていき、それこそ「僕は食べた」くらいの文章にまとめながらも。それでも筋を崩さないっていう訓練も有効だぞ
  1. >日本の国語教育では構成を教えなさすぎ。
    >「書け!」ってだけで書き方の指導は全くしてもらえなあった

    これホントそうですよね。確かに「書け!」としか言われませんでしたが、そんなんで書かされるのは苦痛以外のなにものでもないですよ。
    だから作文嫌いの子供を量産するんですねぇ。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*