人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

古代核戦争の伝説を考古学的に検証するスレ @ [考古学板]


古代核戦争
1: 出土地不明 2006/07/05 22:55:22 ID:L1OSWu6Q
パキスタンのモヘンジョ・ダロ、トルコのカッパドキアなど世界各地に残る太古核爆発の痕跡。
核戦争のことを表現したとしか思えない、
神話伝説の存在。これらの謎を追及していくと4000年前に起きていた古代核戦争の真実が
いよいよ明らかになってきた!!
古代核戦争説 (Wikipedia) 古代核戦争説(こだいかくせんそうせつ)とは、有史以前の地球に近代人の知らない超古代文明が栄えていたが、核戦争により滅亡したとする説。または、四大文明および同時代の文明が核戦争により滅亡したという説。
常識的な歴史観に反するため正統派考古学者、歴史学者の間ではまともな論議の対象となっておらず、これまで学術的な分析でも成果は挙がっていない。成果がない以上、当然ながら科学的な根拠も存在しないので、現時点では単なる空想と見なされ、オカルトや疑似科学、SFの題材として扱われることが多い。また、この説が主張されたのは冷戦期、全面核戦争の脅威が真剣に論じられていたころであり、冷戦終了とともに核戦争の脅威が忘れられると、この説もまた忘れられていった。
2: 出土地不明 2006/07/05 23:21:02 ID:BTUBPA/Q
ほう、聞かせて聞かせて
削除される前に
3: 出土地不明 2006/07/06 00:01:06 ID:ZMs9UYet
また「ムー」ネタの繰り返しかよ。飽きた。
4: 出土地不明 2006/07/06 01:39:54 ID:hyO6LK1J
> いよいよ明らかになってきた!!

なんか書けよ
5: 出土地不明 2006/07/06 06:43:13 ID:pMy9KemV
では直ぐに土壌サンプルを採取して残留放射能を調べれば兵器の種類
まで特定できる。
ストロンチウム-90(半減期28.8年)を例にとれば、ストロンチウム90
は変身してイットリウム-90に変わる。イットリウム90は更に変身して
ジルコニウム90になり安定する。変身するときに放射線を出す。
半減期は放射能物質により異なり、クリプトン90で32.3秒、水素3で12
.3年、キセノン138で14.1分、ストロンチウム90で28.8年、フッ素18で
109.8分、 セシウム137で30.0年、ヨウ素131で8.04日、 ラジウム226
1600年、ポロニウム210は138.4日、 プルトニウム239は2.4万年である。
コバルト60で5.27年、ウラン238は45億年となる。
戦術核が使用されたとされば、土壌を分析すればすぐ判明である。使用
された時期、爆弾の種類まで特定できるのである。

まずは土をだしな。
26: 出土地不明 2006/12/16 19:51:40 ID:f0iW5ktv
>>5がすべて
78: 出土地不明 2007/04/01 20:21:34 ID:aCc2BWJZ
>>70
>>1にあるような「モヘンジョ・ダロ」の「ガラスになった町」についてはどう考えますか?

「モヘンジョダロ」の「ガラスになった町」に見られるような、広範な範囲の砂が溶けて
ガラス化するという現象は、これまで自然界では見つかっておらず同様の風景は今のところ
地表で核実験が行われた砂漠でしか見つかっていないそうですが。これは中々興味深いよね。

しかし>>5にあるように土調べりゃ分かるんだろう。なぜ調べないんだろうね。
自然界では こんな光景は大規模な火山活動の跡地でも見られず、インダス流域では大規模な火山活動
の痕跡すら確認されておらず、なおかつ現実に砂漠における核実験跡地にしか見られない光景が
「遺跡内にある」んだから これは検証に値しないこともないだろう。

なんで不可解な事象で、かつ調べれば分かることを調べないのか。これは考古学者の怠慢なのか?
84: 出土地不明 2007/04/01 21:44:27 ID:4em3j9s1
>>78
高熱→核に違いない
この発想への感想が>>70

条件が揃わないと出来ないものが出来てるから珍しいんだろう
一般世間の認識ではそれは自然界の風景
最近の人なんですかね?
大分前から出なくなってる話題のような
87: 出土地不明 2007/04/02 12:48:25 ID:rOfKCmr1
>>84
未知のものに一般世間の認識なんて無意味だろ?
珍しいから検証の必要があるんだろ?

私は別に古代に核兵器があった、と信じてるわけじゃないが

自然界では大規模火山の噴火跡ですら見られず、今のところ砂漠の核実験跡地でしか
見られない光景を前にして「珍しい自然の風景だなぁ」で終わり?w

それこそ学者からは程遠い姿勢ですな。
学者がそんなザマだから頭の悪いオカルト信者が幅を利かせるんだよ。
立証すれば良いだろうに。土持ってきたら分かるんだろう。
そんな簡単な事をしないから頭の悪いオカルトマニアが妄想を暴発させるんだよ。
ドえらい結果が出ているに違いない!、なんて喚き散らすんだろうが。
93: 出土地不明 2007/04/02 21:23:57 ID:eqMG5XaD
>>87>>89
しつこいよ。
関連の過去スレ見てから来い。
ネタ出しして論破されてしばらくして出てまた論破されて
また…ってループネタなんだよ。
まともにレス付かない理由考えてみ

春休みはどこもこういうの多くなるな
95: 出土地不明 2007/04/02 22:33:04 ID:YnzTRdOq
>>93に付け加えるなら
この板にもオーパーツスレがあるぞw

でも何言っても話を聞かないんだよね
97: 出土地不明 2007/04/03 20:00:09 ID:1+eWDhCS
>>93
くだらない回答だ。論破?過去スレで、土からどういう科学的な裏づけある検証がなされた?
言ってみろ。然るべき根拠ある書き込みは皆無。そんなザマで何が「論破」だ。
しかも私は論破される対象ではない。相手を履き違えるな。文脈も解せぬ者が、笑止。
>>96
まぁ良い。私は考古学の本分を貴方の指摘のように捉えてはいないしオカルトまがいの妄言にも興味はない。
しかし私はネットサーフィン程度で物申しているわけでもないけどね。
この件は まともに検証されていない事だけは事実。「調べれば」わかることです。
まぁそもそも古代の核戦争なる話に執着などないので>>93のようなガキにオカルトマニアと混同され
まして中傷されてまで こだわるつもりはない。単純に質問を試みただけ。
整合性のある回答は皆無だったが、ね。たった一言「わからない」と言えないのは何故なんだろうねぇ。
まして(過去スレ含めて)科学的根拠皆無で論破などとヌカしているバカまでいる。
時期がよくなかったか。誰かさんも言っている通り「春休み」だからね。では失礼します。
100: 出土地不明 2007/04/05 21:32:19 ID:M8Jpjcz3
>>97
まあ、もう居ないと思うが
>ガラスになった町
という言葉が見えてしまったから過去スレ見て来いと言ったわけなんだよ。
こんな言葉未だに堂々と使うのはトンデモ本信者しか居ないだろ。
土土言ってるがそれも過去スレで出た話から普通に考えられるだろ…

しかしキレ易い人だったね。
80: 出土地不明 2007/04/01 20:30:30 ID:aCc2BWJZ
ともかく、ちゃんとやらないからバカなオカルトマニアが「調べてヤバい事実が出たから情報を出せないんだろう」
などと騒ぎ出すんだ。昔、一度核戦争で滅びていたとして、それが何か問題あるのか?
米国の軍産複合体が困るのか?だから調べた学者が消されてんのか?wゴルゴじゃあるまいし私個人は
そんな想像力を豊かにするタイプでもないがオカルトマニアが何かイッパシ分かったような顔して風説を流布している様は
見るに耐えん。>>5にあるとおりだ。なぜこれだけの不可解な事象を調べて結果を出さないんだ?
誰か頭のよろしい方、教えてくれ、何故なんだろうか。自然界に見られない事象が遺跡内にあって
なぜ調べないんだ?
8: 出土地不明 2006/07/06 23:28:57 ID:9Z6gdWp+
もう終わりかいw

まあ、立てっぱなし、言いっぱなし、は
オカルトちゃん達はいつものことだから
どうでもいいけど。
9: 出土地不明 2006/07/07 03:39:46 ID:2HYrSrbK
考古学ヲタの意見が聞きたかったんじゃないのか?
10: 出土地不明 2006/07/07 11:44:09 ID:ceYVyc77
オカ板に立ったスレもあっという間に落ちたけどね。
最後の捨て台詞は「お前らにはロマンがない!」みたいなアレだった。
11: 出土地不明 2006/07/07 19:52:36 ID:/VhOFVJn
イギリスのオカルトオタは、雑誌が古い情報を伝えると、「なんでそんな解明された
問題をいまさら記事にするんだ?」なんて怒るようですが…。

そこまでディープなら逆に凄いが、日本のオカルトオタは「浪漫!」なんだろうな。
39: 出土地不明 2007/01/13 22:25:05 ID:6GuBHQxC
>>11
日本でもと学会の人なんかそうだな。
12: 出土地不明 2006/07/07 22:18:22 ID:ADYB5RV/
実はヤツらが言うのは「ロマン=金」でしかないんだけどなw
「お前らには俺に金を献上する(本を買う)ロマンもないのか!」
ってこと。
18: 星神 2006/10/27 22:03:44 ID:3iOOigCn
 「第三次世界戦争がどのような武器で戦われるかはわからないが、しかし、
第四次世界戦争は棍棒と石で戦われるであろう」。

 これは第三次および第四次世界戦争に関するアインシュタインの言葉で
あります。聖都エルサレムのイスラエル博物館に「相対性理論」の手書き
のオリジナル原稿とともに展示されています。
 具体的に下記のサイトをご参考ください。
 http://blogs.yahoo.co.jp/sinagawa50/13543115.html?p=1&pm=l 
22: 出土地不明 2006/12/10 13:38:58 ID:44VtnMDE
核戦争が起こせる技術があるのなら、それを作る工場や、その工場の従業員
用のトイレや上司の愚痴を言い合う酒場も見つからないとおかしい。
全部ないっていうのはおかしいね。
俺は火山の噴火だと思う。
23: 出土地不明 2006/12/15 20:56:43 ID:OlCOf20O
噴火の影響にしても、溶岩が流れた痕跡だのがないとな。
それに、文明都市一つが乙る程の噴火なら、溶岩以前にローマのポンペイみたいになると思うが。
24: 出土地不明 2006/12/16 09:41:48 ID:b70jVBz/
オカルトマニアは自分に都合の悪いことはスルーするので、溶岩が
流れた後があっても、関係ないと言って無視すると思う。
それと噴火だからといって、いつでも多量に溶岩が流れるわけではないぞ。
噴火で火山石が飛び交う様子が、神の戦争に思えたんだと思うが。
27: 出土地不明 2006/12/21 20:10:22 ID:VMQ2QnPY
オカルト板に同じようなスレがあって、そこで
「放射能なんてあてにならない。現に、広島や長崎にも人が住んでいる。1番の証拠は文献だよ文献w」
なんて、とんでもない持論を展開してる奴がいるが、どう反論すればいい?
さすがに広島を引き合いに出されるとこまる。
28: 出土地不明 2006/12/21 22:09:22 ID:8pQoyQgT
>>27
広島にも人が住んでるんだし、核戦争で人類が滅びる事はないんじゃね?
29: 出土地不明 2006/12/22 00:36:01 ID:Hq9JHRsz
>>27
今や、広島、長崎程度のミニチュア核なんか議論にならんと言ってやれ。
323: 出土地不明 2009/10/07 03:48:58 ID:CB8P1916
>>29
それは等加速直線運動と同じ
つまり、技術と知識は自乗に比例していく。

だから最後の1万年で急速に技術力が進化してもおかしくはない。

極端の話、10年後にタイムマシンもありえるわけだ。
32: 出土地不明 2006/12/25 09:00:37 ID:4RXQkSxA
オカルト板の古代スレがひどいことになってる。
33: 出土地不明 2006/12/25 23:34:10 ID:2DqQ7YWu
>>32
ひどいことになってるじゃねーよwww
誰だよ、オカルト板くんだりまで行って恥をさらしてるヴァカは。
俺らが同レベルだと思われるじゃねーかwwwwwwwwwwwww
35: 中田マルサス失地王 ◆C7EbSUQ44w 2007/01/13 13:58:48 ID:MZA6PZ29
古代に核戦争があったと主張する人々が、
その根拠としているのがインド古代叙事詩『マハーバーラタ』にあるこの記述
が核兵器炸裂の様子に似ているというものだね

「あらゆる武器を用いてもこれら3つの都市には効果がなかった。
そこで高速で強力なヴィマーナで飛んでいた電撃を操る者クルスは、
3つの都市に向けて、神々すら恐れを抱き、大きな痛みを感じる武器を投下した。
 太陽が1万個集まったほど明るい、煙と火が絡み合った光輝く柱がそそり立った。
それは未知の武器、鉄の石矢、死を告げる巨大な死者であった。
三つの都市の住民は、一人残らず灰と化すまで焼き尽くされた。
死骸は誰の物とも見分けがつかなかった。髪の毛や爪は抜け落ちていた。
鳥たちは白くなり、すべての食物は毒された。この武器自体は、細かな灰となり崩れた。
クルスの軍勢は恐怖にかられて、自らの命を救おうと戦場から逃げ出した。
あるものは自分の息子や父親、友や兄弟を戦車に乗せて、またあるものは鎧を脱ぎ捨てて
流れに飛び込み、体や装備を洗った」

俺にはインド言語の知識など全然無いのだが、素人目から見ると、「クルス」という言葉は
十字架やキリストを連想させる。
また、あらゆる武器を用いても効果がなく頑強に抵抗を続ける「3つの都市」とは
日独伊のこと、あるいは
広島、長崎、そしてポツダム宣言受託が無ければ投下されていた東京のことではないか?
とも思えてくる。
まあ、想像力の広がる話だね。
38: 出土地不明 2007/01/13 19:30:09 ID:w3s3tmKN
>>35

だから、その3つの町の土をだしな。話はそれからだ。
40: 出土地不明 2007/01/14 11:07:41 ID:T95HDVHp
>>35

>大きな痛みを感じる武器を投下した。
火山石飛来

>太陽が1万個集まったほど明るい、煙と火が絡み合った光輝く柱がそそり立った。
火山の噴火

>鳥たちは白くなり、すべての食物は毒された。この武器自体は、細かな灰となり崩れた。
火山灰と火山性の有毒ガス
41: 出土地不明 2007/01/15 12:44:51 ID:NLYpw1MW
>>40
インドのあたりに火山は無いらしい
46: 出土地不明 2007/01/16 22:50:48 ID:3Q76tMFe
インド人の性格を良く理解していれば、まあこんな説は飛び出さないだろうに、、、
自称神様が1万人くらいいる国だぞ。昔の物語にエラク大げさな事が書かれていても、
別に変じゃないだろうに、、
52: 出土地不明 2007/02/24 01:45:59 ID:ydM4FRf9
>>46
日本は自称神様が800万いる国だが
53: 出土地不明 2007/02/24 19:43:30 ID:LuTUYoLB
ガラスが溶けたような跡は隕石が落ちてきたんだよ
54: 出土地不明 2007/02/25 23:05:11 ID:N3UobNlL
隕石からも放射能って検出されるよな。
隕石落下による爆発じゃね?
55: 出土地不明 2007/02/27 11:53:49 ID:Dxhwcp3u
だったら、周辺から隕石特有の物質が見つかるんじゃね?
56: 出土地不明 2007/02/27 21:26:28 ID:7Cc+S9Yo
戦乱による焼き討ちの場合でもガラス化は起きますが。

彗星のような氷がほとんどの天体の場合は、残骸が残りません。
59: 出土地不明 2007/03/11 02:03:00 ID:CfFnmcYm
ともかく 現生人類が発生して少なくとも10万年、

それに対して今認知されている人類文明の歴史として
最古の文明の片鱗として認知された遺跡が紀元前7000年程前のものらしいね
つまり今の認識でも人類は1万年足らずで「毛皮と石器」から「核兵器」まで到達したんでしょ。

でも10万年前には今の人間と同じだったんだよね。
1万年で核兵器まで到達できる連中が その前の9万年はずっと毛皮と槍だけだった、
と考える方が不自然だよな

こりゃ人類は少なく見積もっても1回くらい、トンデモない事をしでかしてるよ
まぁ今回も核は確実に拡散し、全面核戦争のリスクを増大し続けているけどねぇ・・・
63: 出土地不明 2007/03/11 15:55:49 ID:35h1b7XJ
>>59
なにを抜かすか、この進化論者が。我々、創造論者の研究では
天地創造から今まで、たった1万年にすぎない。

恐竜も三葉虫も始祖鳥もエデンの園に住んでいたのだ。
64: 出土地不明 2007/03/16 01:02:35 ID:HbCGYXOt
>>59
文化は文化の蓄積を足がかりにするということを忘れてないか?
あほらし。
66: 出土地不明 2007/03/31 22:02:11 ID:HOqZGu2i
>>64
それにしてもアフリカ単一起源説や最新の発掘調査によれば
1万年で石器から核兵器に到達できる所謂今の現生人類が 16~20万年前には
もう既に存在したというんだからなぁ。
現世人類については、ミトコンドリア・イブとY染色体アダムの研究により
アフリカ単一起源説が有力とされているから「遅くとも」20万年前には
「今の脳みそを持った人間」がいた、とするのが一応定説みたいだしな。
それが19万年間もの間、石器も使うか使わないかの状態で獣を追い掛け回していた
というのも解せん。なにしろ現生人類は1万年で石器から核兵器まで行くんだよ。

如何に文化が文化の蓄積を足がかりにする、といっても
1万年で石器から核兵器まで到達する連中が、ゼロから石器までは19万年・・・
そんなにもかかるもんかねぇ・・・
一回ほぼ自滅してから再生してくるだけの時間はある、これは荒唐無稽な仮説だとは思わないけどね。
69: 出土地不明 2007/04/01 01:36:28 ID:OFZBRdfM
>>66
人類の長い長い進化をなめんなよ
70: 出土地不明 2007/04/01 02:29:22 ID:4em3j9s1
>>68
もっと科学が発展してて自滅したんなら可能かもね。
>>66はその時間は十分にあるって言いたいんだろうけど
何の証拠も痕跡もないのに古代核戦争があったと主張する意味がよく判らない。
隕石とか天変地異の可能性の方がまだありそうだが。
現に今は持ってるだけの核より自然の方が甚大な被害もたらしてるわけだし
こういうのに比べたら荒唐無稽に思える。
今の人類がここまで上手く行ってるだけで、>>66の言う石器に行くまでに
何回も災害で壊滅しかかってたりした可能性の方が高いんじゃないかと思うよ。
73: 出土地不明 2007/04/01 10:22:02 ID:vaXQ1AlY
>>66
現生人類が出アフリカしたのが10万年前。
で、7万年前から最終氷期(ヴュルム氷期)に入るから、チャンスは3万年。
気候も温暖、人口密度も低く狩猟技術も低いため、野生動物も多く、土器も無い様な状態では、農耕は起こらんだろう。
いくらホモ・サピエンスと言えども、そんな状態での文化の進歩はゆーっくりしたモンだと思われ。

ヴュルム氷期が終わる頃、メソポタミアの辺りで農耕が始まる条件が「やっと」整ったと思ふ。
76: 出土地不明 2007/04/01 18:12:27 ID:iO4iVC1H
>>73
文明や文化はなだらかにゆっくりと進歩していくのではないだろう。
ある条件がそろうと、一気に進展する。
たとえば1000年前と100年前の変化と100年前と現代の変化量は段違いだね。
ある時を境に短期間で駆け上がるところまで駆け上がっちゃうんだと思うよ。
進行だけじゃなくて退行もする。たとえばルネッサンス。
19万5000年間同じ状態だったとは考えにくいね。
74: 出土地不明 2007/04/01 13:46:06 ID:MEQwzYrQ
>>66にはスティーブン・ミズン『心の先史時代』第9章を読むことを勧める。
10万年前にホモ・サピエンスが登場するが、そこで進化が終わり、今の我々とまったく同じ
能力の人間が生まれたなどと思ってはいけない。彼ら「初期現代人類」と我々「現代人」では
体や脳の容積など形質的特徴は一緒でも、大きな違いがある。それは知能のあり方。
ここ10万年の間にも人類は変わり続けていたのだ。大きな転換は6万年前に…など
考古資料と対照させつつ筋道の通った進化のプロセスが説明されてるからぜひ読んで。
130: 出土地不明 2007/06/03 00:05:41 ID:RaFHfVaU
>>59
遺跡とかが出てこないのは環境保護が徹底されてたとか
60: 出土地不明 2007/03/11 02:55:38 ID:IT3AdN1a
可能性としてはあるよね。
大洪水の記録なんかも昔は単なる伝説だったけど
今はあったのかもって言われてるしね。
でも証拠がないから確かめようがないね。
タイムマシンでも出来て誰か見て来てくれればいいけど。
今の人類が地球で唯一、宇宙で唯一の知的生命体って言うのも
多元宇宙の理論なんか見ると傲慢だとも思えるから
可能性を言い出したらキリないけどここ考古学のスレみたいだね。
オカ板に移ればいいのに。
25: 出土地不明 2006/12/16 09:53:29 ID:nP92dJX8
無かったと言い切るには証拠がなさすぎる。
あったと言い切るには証拠がなさすぎる。
オカルトマニアは頭がなさすぎる。

ムーとか学研とかによくこういったネタが書いてあり、子供心にコーフンしたのを覚えています。
かつて栄えた超巨大文明というのはロマンですね。

元スレ:http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1152107722/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

  1. ドクターのコメントをお待ちしております!

  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*