人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

縄文時代の信仰ってどうなってたの? @ [考古学板]


縄文時代の信仰ってどうなってたの? @ [考古学板]
1: 出土地不明 2016/09/27(火) 21:37:59.75 ID:GJFOd5MB.net
教えてもらおう。
2: 出土地不明 2016/09/27(火) 23:56:57.14 ID:Qv+L/kMi.net
縄文時代の全国各地の遺跡から発掘されているヒスイの勾玉。これが一つのキーアイテムである。
少なくともBC5,000年から日本全国で作られておりこれほどまでに長く作られ続けた理由があるはずである。

ヒスイ加工工房も多く発見されている事から大きな価値があり加工技術を求めていた事が分かる。
3: 出土地不明 2016/09/28(水) 00:05:22.95 ID:BnP5EB/P.net
少し後の時代になるが、中国の後漢書や倭人伝によると、2つの青い大きな勾玉を取引したと記されている。
さらに後『隋書』 によると「新羅と百済は倭を文物の多い大国と崇め、倭へ使いを通わしている」と記しており、勾玉が交易品であ
4: 出土地不明 2016/09/28(水) 00:10:09.37 ID:BnP5EB/P.net
った事が分かる。

朝鮮の権力者の墓からも日本から伝わった勾玉が発見されているが、前方後円墳を含む古墳からの発掘が多い。
古墳自体は勾玉が製造されてから随分後になるが、前方後円墳の形と勾玉は関係があるかもしれない。

勾玉に関して調べた所、当時の信仰のヒントになる次のような
管理人より:»4までと»5以降はどうやら別のひと?文章がつながっていない。同じ日付でIDも文体も違う。
5: 出土地不明 2016/09/28(水) 00:30:52.89 ID:pdYrNXY2.net
もう1つ縄文時代のシンボルは「縄」です
縄文以前から日本に高い技術があった篭(農耕穀物を集めるために使用されていた)から来たものか、紐(穀物を束ねた)から来たものか、とにかく縄は縄文土器のシンボルであり、現代も神聖な物として継承されています
6: 出土地不明 2016/09/28(水) 00:45:49.33 ID:pdYrNXY2.net
縄文土器にもヒントがあります。
文様は、宇宙・世界のこと、ムラとムラとの関係、人と人のつながり、ヘビや鳥、狩りの様子、子供が生まれるときの姿など、具体的なものが表現されています。
こうした土器が広い地域に見られることは、次のように考えられます。?
7: 出土地不明 2016/09/28(水) 00:50:00.57 ID:pdYrNXY2.net
縄文は地域のシンボルマークも多かったが、なぜ縄紋ではなく縄文なのか。

東京人類学会会長の神田孝平は、明治21年『東京人類学会雑誌』の論文中で「縄文土器」の語を使った。
神田は漢学の知識から縄目文様は“紋”ではなく“文”の字が相応しいことに気付き、この文字を選択した。何に気付いたのか。それは
8: 出土地不明 2016/09/28(水) 01:19:01.97 ID:pdYrNXY2.net
ちょうど三内丸山遺跡が栄えた縄文時代中期の頃、世界では、最古かつ最大の文明メソポタミア文明が生まれました。
縄文文化は、非常に長い期間続きましたが、それは停滞でも未発達でもなく、優れた技術や豊かな精神世界を持ち、成熟した社会であったと考えられます。
狩猟採集文化が極限まで発達したものと言えるでしょう。


縄文文化とは | 北海道・北東北の縄文遺跡群
9: 出土地不明 2016/09/28(水) 01:38:42.59 ID:pdYrNXY2.net
さらにそこから1万年程遡ります。

1万6500年ほど前の遺跡である大平山元1遺跡の土器、そしてその後の遺跡から発掘された1万年前の剣や装飾品を見てみましょう。

まず土器ですが発掘された土器には模様が無いように見えます。
しかし石で囲った炉の跡、石蒸し料理に使った焼けた石なども見つかっていますので料理用でしょう。

約1万4500年前ごろには、粘土ひもをはりつけた「隆線文土器」が生まれ全国に広がっています。
11: 出土地不明 2016/09/28(水) 17:14:19.64 ID:xbczJMGl.net
三内丸山遺跡の6本の柱跡
あれって神社の柱に似てるよな
13: 出土地不明 2016/09/28(水) 21:33:30.38 ID:L3e+QOQE.net
>>11
あれを高床式倉庫跡だと言ってる馬鹿がいるけど、それは無い。
なぜなら後続の高床式倉庫が無いから。

次に高床式倉庫が青森に現れるのがその3000年くらい後だなんておかし過ぎるだろ。
三内丸山遺跡
管理人より:「三内丸山遺跡」は、青森県にある巨大な遺跡群。6本の柱云々は写真左の構造物ですが、柱の間隔は均等であり、建造にはそれなりに高い技術が必要だとか。なんの建物かはよくわからないようですね。
12: 出土地不明 2016/09/28(水) 17:26:11.51 ID:7QQuUzHf.net
土偶とかもロマンあるよな
管理人より:土偶や埴輪についてはコチラを!
14: 出土地不明 2016/10/01(土) 01:30:32.46 ID:weXoQRvN.net
2万年前
東アジアらへん(ロシア、中国、日本とか)で土器が発明される
日本でも1万6000年前の最古の土器・炉・石蒸し器が発見されている


→全てドングリと魚の料理用の土器
→当時、日本とロシアは陸続きであり、植物がある地域のうち最北である青森で最初に発見されている事から樺太から移動したと結論付けされる

1万年経過
メソポタミア文明が成長を続けシュメールとして文明開花
中東で土器発見(これまでにない高度なもの)
その後シュメール人は世界各国へ移動


しかし以降はシュメールを越える高度な文明は生まれず現在に至る
(せいぜいエジプト文明程度)
15: 出土地不明 2016/10/01(土) 01:57:48.24 ID:weXoQRvN.net
19万年前
?ホモ・サピエンスの出現

10万年前
ミトコンドリア・イブ(全人類の祖先)が誕生しアフリカからユーラシア大陸に拡大
※発掘調査ではないため7万年前との説もある(後述)

12万年前
島根県出雲市の砂原遺跡
その後日本全国に広がる

9万年前
岩手県の金取遺跡


7万年前※
トバ火山超大噴火

ヒトのDNAの解析によれば、7万年ほど前に人類の人口が僅か数千人に激減し、遺伝的な多様性の多くが失われ現在の人類につながる種族のみが残った

ヒトが衣服を着るようになり、ヒトの衣服に寄宿するコロモジラミが生まれる

4万年前
世界最古の磨製石器やナウマン像の剣やアクセサリーが製作されており、すでに日本では独自の文化が形成されていたことがうかがえる
信仰の痕跡あり


ロシアから南下したのか?
島根から北上したのか?
16: 出土地不明 2016/10/01(土) 10:09:26.24 ID:nsPfcagz.net
何の話してんだこの人
19: 出土地不明 2016/10/01(土) 11:36:21.76 ID:weXoQRvN.net
>>16
人類はホモサピエンスとネアンテール人の混血である。

日本人はネアンデルタール人由来のTLR1とTLR6、TLR10遺伝子を極端に多く持つ(日本人は約25%、世界平均は1~2%)

つまり縄文人は、ホモサピエンス以前の人類であるネアンデルタール人との混合なのである
40: 出土地不明 2016/11/21(月) 21:46:17.14 ID:/841780V.net
>>16
日本最古の衣服は葛の甘皮から拵えた繊維を紡ぎ原始的な機織り機(道具)で織られた布によります。
葛は信仰的には龍蛇神のトーテム。(西洋のジャックと豆(豆科)の樹と同根?)

材料が葛から白樺の甘皮に変わってはいますが、全く同じ手法手順で拵えた衣服を伝承するのが北海道のアイヌ民族。
麻布が入ってくる(大麻を携え渡来?)のはずーっと時代が下ってから。更に綿が入ってくるのはかなり後の事。

日本神話の神々は当初は葛布の衣服をお召しになっていたはず?
18: 出土地不明 2016/10/01(土) 11:15:59.34 ID:weXoQRvN.net
1万5000年前の暮らし

●社会

貝塚や住居跡を囲むように馬蹄形(U字型)や円形になっていることから集団に一定の規律の規律が存在したらしい。また、住居の大きさにはほとんど差がない事から、貧富の差や身分の差はなかったと考えられている。 

● 精神生活…自然に依存した生活の為自然現象を崇拝をしていた。
アニミズム…自然現象に霊威を認める。
呪術的習俗…超自然の力により、目的を達成使用とする。
土偶…女性をかたどった土人形。多産と豊かな収穫を願う。
石棒…男性を表現した石製品で生命力を祈る。
屈葬…手足を折り曲げて葬る。
抜歯…成人になると、犬歯・門歯を左右対称に抜き取る。


●交易
黒曜石・サヌカイト・ひすい(硬玉)が各地で発見されていることから、遠方の地域との交易が考えられる。
管理人より:古代日本の海洋交易についてはコチラも!
20: 出土地不明 2016/10/01(土) 11:40:10.51 ID:weXoQRvN.net
富士山信仰とか、諏訪信仰は縄文時代から始まった

縄文時代の土偶は、わざと壊されたた状態でみつかることが多いが、これは、土偶にも魂があるので壊した(魂を抜いた)
また儀式で実際に発生する災害や怪我等を防ぐために、土偶を身代わりに壊した
21: 出土地不明 2016/10/01(土) 12:36:08.63 ID:weXoQRvN.net
土偶といえば山形から初出展の「縄文の女神」である
このフィギュアはウエストのくびれの美しさ、ドレスから見える肌がポイントである
22: 出土地不明 2016/10/01(土) 12:37:45.19 ID:weXoQRvN.net
縄文の女神
23: 出土地不明 2016/10/01(土) 12:38:21.59 ID:weXoQRvN.net
縄文土偶
24: 出土地不明 2016/10/01(土) 12:49:26.00 ID:weXoQRvN.net
縄文土偶
25: 出土地不明 2016/10/01(土) 12:51:03.91 ID:weXoQRvN.net
縄文土偶
26: 出土地不明 2016/10/01(土) 19:48:00.39 ID:cd+YhObV.net
>>23
これ国宝の割にはショボい展示だったなあ
27: 出土地不明 2016/10/02(日) 15:47:37.68 ID:v0zKjKGq.net
それは美的センスの問題だろ
確かに結構しょぼいがあれはモダンだ
35: 出土地不明 2016/11/04(金) 21:35:03.85 ID:pLvjxtpW.net
勾玉ってヒスイだけじゃないんだけどな。。
29: 出土地不明 2016/10/05(水) 14:31:02.60 ID:96F1G8y2.net
最初の神様の末裔だから縄文人の人は誇ってもいいんだよ
34: 出土地不明 2016/11/04(金) 20:29:27.80 ID:qVK2hv7q.net
未開人の信仰は先祖崇拝だけだよ
36: 出土地不明 2016/11/08(火) 15:34:43.12 ID:SgV+jL7i.net
人食いだな
子供の煮物とか
37: 出土地不明 2016/11/08(火) 23:03:40.50 ID:i/ayRVvv.net
信仰なんてねーよ、あるのは原始的な呪術と簡単な占いだけ。
39: 出土地不明 2016/11/15(火) 07:04:37.43 ID:buREKKKR.net
>>37
信仰に原始も現代も関係ない
38: 出土地不明 2016/11/10(木) 06:31:12.15 ID:20Obzji1.net
自然崇拝
54: 出土地不明 2016/12/12(月) 03:42:34.21 ID:/h95HY5D.net
縄文人と言っても、マンモスを追ってやってきた北方系の人たちと、黒潮に乗ってやってきた南方系の人たちがいたわけであり、それぞれ信仰が異なっていたでしょうな
56: 出土地不明 2017/01/22(日) 06:29:24.41 ID:Cs7qB2Xs.net
北方経由と南方経由の両方有るのが縄文人
南方経由で稲作文化もってきたのが弥生人
朝貢や難民で朝鮮半島経由で来たのが渡来人
57: 出土地不明 2017/01/22(日) 23:05:33.26 ID:RfXIPHZo.net
>>56
で、その南方経由で稲作文化をもってきた証拠遺跡とその証拠農具は?
30: 出土地不明 2016/10/10(月) 22:34:09.90 ID:kza2tZvs.net
タイムマシンで覗きに行きたい…

残念ながら»56さんが何気なくポロッと呟いたレスから、稲作の起源の話で盛り上がりすぎて、宗教の話には戻りませんでしたので、ちょっと短いけどこれで打ち切り。
稲作の起源の話になると一向にまとまらなく考古学板ですよ、スレタイは良いテーマかと思ったんですけどねぇー。

というわけで、古代の信仰というのは、原始的な自然崇拝や先祖崇拝なのだろう…というのは日本に限らずどこの文明でも一緒でしょうか。
もっとも素朴な形での信仰ってわけですね。
次第にそれらが、具体的な形を取り始めて土器や彫刻に現れ→神々が誕生し→神々の人格(神格?)が定められ→神話が体系化され→祭祀が複雑化し→神官や巫女が生まれ→教義やイデオロギーが生まれ…
といった感じで順序は前後するかもしれないけど、そのように宗教は複雑になっていくわけですよね。ロマンだなー。

縄文時代というのは、我々がイメージする以上に豊かな社会だったらしく、縄文人は身体に入れ墨したり、染料を使ってカラフルに着飾ったり、ヒスイやメノウのアクセサリーをジャラジャラつけたり、なかなかのオシャレさんだったとか。
こういうオシャレに時間を割けるのは、生活に余裕のある証拠ですよね。

同様に、信仰や祭祀も生活に余裕がないと、なかなか複雑化はしないのではないかと思えるのですが、彼らの暮らしの実際はどーだったのでしょうか。
土偶が壊されて埋葬されている…というのがちょっと途中に出てますが、生贄を人形(ひとがた)で代用する云々は、なるほどなーと思えますね。
人の形のしたものには魂が宿る、という考え方はいまだに日本でも残ってますし、そんな昔からあったものでしょうか。
日本以外ではどうだろう…とか、考えるといろいろキリがないですねぇ。

Triple Raven
トップ絵はアメリカ在住の女性彫刻家、リサ・ラフィというひとの「Triple Raven」という作品。これは彫刻ではなくグリーティングカードとして、「Ninth Wave Designs」←コチラで販売してるようです。
模様がケルト風なんですね、これはステキ。ケルト風模様のギターとかもあってなかなか良いラインナップです。
6.14追記:当記事を「朝目新聞」さんでご紹介いただきました!
いいですよ、大正時代の和洋折衷な雰囲気。
百八十神坐す出雲‐古代社会を支えた神祭り‐
島根県立古代出雲歴史博物館
ハーベスト出版 (2015-10-13)
売り上げランキング: 341,017



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ななし
    • 2017.6.7 8:57
    シッコしたい。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.7 11:18
    アンテナ立ててたよ
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.10 6:10
    甕棺墓とか抱石葬すら出てこないのだな
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。