人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【水分蒸発禁止】塩水から塩を取り出す方法 @ [化学板]


【水分蒸発禁止】塩水から塩を取り出す方法 @ [化学板]
1: あるケミストさん 2011/05/20(金) 21:52:57.69 .net
津波被災地域の水田で、塩分濃度が高くて困ってる、って話を聞いたんだ。
スレ主は割と化学に疎いんだが、なんとか塩分を抜きとるいい方法ってないもんだろうか?
 

ただし、水田ということもあるので、加熱による水分蒸発以外の方法でお願いします。
2: あるケミストさん 2011/05/20(金) 23:00:29.44 .net
ヒント:干拓
3: あるケミストさん 2011/05/21(土) 01:01:04.69 .net
イオン交換膜法で電気分解
イオン交換膜法
管理人より:「イオン交換膜法」は、イオン交換膜と電気分解によって、塩水から水酸化ナトリウムを合成する方法。同時に塩素と水素ができます。
4: あるケミストさん 2011/05/22(日) 20:30:16.15 .net
土の入れ替え
7: あるケミストさん 2011/05/23(月) 04:18:14.84 .net
手でつまんでとればよいです!
8: あるケミストさん 2011/05/23(月) 05:24:13.60 .net
>>1
マジレスすると水分蒸発だと塩分濃くなるだけで無意味。
塩は揮発性じゃないから。
ただ貞観津波でもその後何とか稲作できてるわけで、数年立てば雨で流れると思われる。

空中にヨウ化銀撒けば雨が降るらしいが、そこまでする費用対効果はあるのかな。
用水路で水をためて流しの繰り返し、つまりすすぎをやった方が効率的かも。
冬の間にやれば作付けに支障ないし。
9: あるケミストさん 2011/05/23(月) 14:58:56.04 .net
南インドに塩に耐性をもつ米があるそうですよ。
salt-resistant rice

それかエビの養殖場にするかだな。

田んぼは長年水を供給されている影響で、一度多量の海水が入ってくるとすぐに地中深くまでミネラルが浸透する。
ナトリウムはイオン化傾向が大きいから、残念ながらすぐに塩分を除くことは難しい。
10: あるケミストさん 2011/05/23(月) 19:35:40.72 .net
>>9
>ナトリウムはイオン化傾向が大きいから、残念ながらすぐに塩分を除くことは難しい。
逆に除きやすいんではなくて?解説plz
11: あるケミストさん 2011/05/23(月) 20:37:18.82 .net
水に溶けたイオンと溶けずに残った個体はどっちが分離しやすいと思う?
12: あるケミストさん 2011/05/31(火) 10:33:48.88 .net
なんで化学屋っていちいち癇に障る言い方しかできないのかな
普通に教えてやれよ
13: あるケミストさん 2011/06/01(水) 04:31:45.84 .net
×化学屋
○ちゃねらー
14: あるケミストさん 2011/06/04(土) 16:32:22.30 .net
癇に障る=わからない
15: あるケミストさん 2011/06/04(土) 20:48:01.92 .net
>>12はいっとくけど化学専門だからね。だからわかってるよ君らが言ってることくらいは。
ただ化学専門のやつって質問に的確に答えられないからね。就職活動うまくいかないやつも化学科のやつが極端におおいだろ?
そのせいだよ。苦労するぞお前ら。
これだけ言ってもわからんならもう知らん。勝手にしろ
18: あるケミストさん 2011/06/05(日) 01:35:52.15 .net
>>15
お前もなんだかんだ言って化学屋の端くれだな
39: あるケミストさん 2011/10/14(金) 10:33:24.85 .net
>>9
米の種類が違うからマズイ
イオン交換膜いいんじゃないと思ったけど問題いっぱいだから、植物で塩を抜くしかない
20: あるケミストさん 2011/06/05(日) 20:23:16.68 .net
田んぼに水を流せばナトリウム分は>>8の言うとおりに除去できるだろ。
>>10がナトリウム分が除去しやすいって言ってるのはその意味で正しい。

なにも化学反応を使った手法で塩分除去しなくてもいいわけだから。
21: あるケミストさん 2011/06/22(水) 13:57:48.48 .net
こんなのはどうでしょうか?

塩水をチャンバーに入れて高温高圧にして塩の融点以上の状態にして、気化した水(超臨界状態)をベントで分離する。
あまりにも速すぎるベントは断熱膨張による温度低下でマズいので注意。

分離した水を外部からの冷水の還流て液体にする。それでも水は多少は蒸発するが。
22: あるケミストさん 2011/06/22(水) 22:17:16.23 .net
>>21
普通に塩水を加熱するのと何が違うんだ?
23: あるケミストさん 2011/06/23(木) 00:31:53.22 .net
>>22
水も閉鎖された系の中で回収する。ベントした先でも逃がさない努力をする。
24: あるケミストさん 2011/06/23(木) 02:16:32.73 .net
べつに普通の方法でも回収できると思うけど、それはともかくとして、なんか放射性物質の入った水みたいな話になってない?

あと超臨界水で大規模プラントとか無理だぞ。オーバースペック。
25: あるケミストさん 2011/07/10(日) 22:16:46.62 .net
真空にして水分を蒸発させる
28: あるケミストさん 2011/07/13(水) 22:14:36.74 .net
>>25>>26
>加熱による水分蒸発以外の方法でお願いします。
減圧による水分蒸発いいよね、と揚げ足をとってみる
29: あるケミストさん 2011/07/14(木) 21:22:23.41 .net
水田で実施可能な方法を。
30: あるケミストさん 2011/07/15(金) 12:02:46.38 .net
真水入れて塩水を抜く循環をするしかないだろうな
蒸留法やイオン交換にしても結局は田んぼから塩水を抜いてからの話だから。
31: あるケミストさん 2011/09/16(金) 10:34:33.30 .net
大量にナトリウムを吸収する甜菜を栽培するのはどうよ?
32: あるケミストさん 2011/09/17(土) 20:03:05.00 .net
あるじゃんほら
塩分吸う植物(野菜?)
あれを一回うえるんだよ
33: あるケミストさん 2011/09/17(土) 21:43:11.92 .net
アイスプラント?
34: あるケミストさん 2011/09/19(月) 00:47:11.96 .net
それそれ
アイスプラント
管理人より:「アイスプラント」は、乾燥と塩分耐性の強いハマミズナ科の植物。表皮に塩を結晶化して隔離する機能があり、これのために霜が降りてるように見えるので、こう呼ばれます。カドミウムなどの有害な重金属もモリモリ吸収。スゴイねー。
35: あるケミストさん 2011/09/19(月) 01:03:03.82 .net
真水で薄めるのが最善に思えるけど、塩分と一緒に他のミネラルとか窒素分も薄くなるからその辺の調整も必要荘だな
40: あるケミストさん 2011/10/22(土) 00:41:35.88 .net
地中に電極差し込んで高電圧で塩を塩素とナトリウムに分解
41: あるケミストさん 2011/10/22(土) 08:30:53.01 .net
>>40
ナトリウムどうやって回収するのん?
43: あるケミストさん 2011/10/22(土) 13:59:10.78 .net
>>41
塩素は蒸発、ナトリウムはアンモニアと合成すればそのまま有機肥料になる
45: あるケミストさん 2011/10/29(土) 23:49:40.39 .net
>>43
ちょっと何言ってるかわからない
54: あるケミストさん 2012/04/24(火) 23:45:13.33 .net
>>43
塩素をそのまんま蒸発させて危険は無いのかな?
67: あるケミストさん 2013/03/24(日) 22:52:26.15 .net
>>40
電気分解しても次亜塩素酸ナトリウムになるだけじゃね?
陽極隔離しても水酸化ナトリウム オワタ
44: あるケミストさん 2011/10/29(土) 15:41:59.16 .net
管理人より:例の3.11大震災の時、津波の塩害にあった田畑は、やはり充分な量の真水を流して3年かけて復旧を目指す!としてたのですが、以下一部引用。
これに対し、マイファームが開発した改良材は、数種類の微生物と有機堆肥(たいひ)を混ぜたもので、微生物が土に残った塩分を分解する。「約1カ月で作付けができる土壌になり、3カ月でほぼ元通りの土壌になる」という。6月から宮城県岩沼市の被災農地で使ってみたところ、2.9%だった塩分濃度が2カ月間で0.8%まで下がり、8月末にはトマトを収穫できた。
へえー、すごい。
47: あるケミストさん 2012/01/22(日) 14:35:29.06 .net
津波の潮は土に浮く(表面に固まる)って爺様に言われて嘘だろと思ったが、2~3週間して見に行ったら本当に塩が表土に結晶化してた。大量に。
もちろん土中にもかなり浸透しているはずだが、ちょっとショックだった。
粘土質が浸透を妨げたんだろうか・・・
52: あるケミストさん 2012/03/12(月) 00:10:34.33 .net
>>47
霜柱とおんなじ原理で、一旦土に染み込んだ海水が毛細管現象で表面まで出てきて乾燥するからじゃないか?
49: あるケミストさん 2012/02/20(月) 22:33:08.43 .net
電気以外の方法が考えられないんだけど
50: あるケミストさん 2012/03/09(金) 20:01:01.87 .net
イタチだが生物代謝で…
51: あるケミストさん 2012/03/11(日) 22:38:33.51 .net
あさり しじみを入れて潮干狩りしろ
53: あるケミストさん 2012/03/12(月) 23:24:41.94 .net
科学に疎いくせに、「水分蒸発以外で」とかいう変な制限をかけた挙句、スレタイにもそれを載せたのが元凶。
58: あるケミストさん 2012/07/07(土) 09:48:23.25 .net
電気分解だとNaCl→NaOH+Clで土壌アルカリ性になっちゃうよ。
59: あるケミストさん 2012/08/05(日) 19:31:49.02 .net
メンブレンフィルターで濾過だ。
64: 土素人です 2012/08/11(土) 18:36:51.64 .net
逆浸透圧?
61: あるケミストさん 2012/08/08(水) 20:38:00.89 .net
流水で洗い流す。
冬の間にやっておく。(流せる水があればの話しだが・・ないか)
62: あるケミストさん 2012/08/09(木) 21:34:02.35 .net
放射線でNaとClを別の元素に変換する。
65: あるケミストさん 2012/08/30(木) 23:23:51.32 .net
またまた非現実なのばっか(笑
米国企業がイネのゲノムを押さえ、種子ができなくて自社の農薬にだけ強い品種を作るくらいだから、遺伝子組み替えで塩害は何とかならないか?
それよりも生物濃縮で放射性物質が体に入ることを心配すべきじゃないか
66: あるケミストさん 2012/09/01(土) 21:13:33.39 .net
だからボンプで循環させて、樹脂か膜交換で淡水化できるって言ってんじゃねーかよ
72: あるケミストさん 2015/04/19(日) 04:32:22.12 ID:RR4CCA/0L
逆に今、海水から真水を分離する安上がりな技術を開発すれば
また補助的に大気中の湿度から水を回収する技術
73: あるケミストさん 2015/11/23(月) 22:58:09.03 .net
海水淡水化の分野だと逆浸透膜か多重効用缶を使う方法が一般的だな。

ただ、土壌へのイオンの吸着力って思ったより強いから、水を何度も入れ替えても、ある一定濃度以下にはならないと思う。
だから、土を入れ替えるしかないんじゃないか。

スキピオ・アフリカヌスかつてローマとカルタゴは3度に渡り戦争を行い、カルタゴは3回ともローマに敗れてます。
3回目にはさすがのローマも激怒し、カルタゴの街は道路の石ひとつにいたるまでバラバラに破壊され、田畑には作物が作れなくなるように大量に塩を撒いたんだとか。
この最後の戦いで、名前の最後に「アフリカの征服者」を意味する「アフリカヌス」を追加するにいたった、ローマの名将スキピオは、廃墟になったカルタゴの街を見てなにを思ったのでしょうか…。

…というわけで、いろんな案が出てて、なかなかおもしろいですね。
津波でダメになった田畑から、塩分を速やかに手っ取り早く取り除くのはどうするのか?というスレ。

真水を流して塩分を薄めていくというオーソドックスな方法から、イオン交換膜とポンプを使って徐々に塩分を分離する方法とか、超臨界状態の水をベントで隔離するとか、放射線でナトリウムと塩素に分解するなんていう、ドラスティックな方法まで。
一番いいのは、最後に出てる土壌を入れ替えるっていうことなんでしょうけど、まぁなかなか難しいですよね。
実際の3.11後では、やはり時間はかかるけど比較的安価な「真水を流して薄める」という方法が、主に取られたようです。

水に溶けて土に染み込んじゃってるんで、こういうのをサクッと分離するのは難しいんですねぇ。
もう震災から6年以上たつわけなんですが、津波にやられた田畑はどうなったんでしょうか。無事に作れるようになってんですかね?
瀬戸内の花藻塩 500g
瀬戸内の花藻塩 500g
posted with amazlet at 17.06.22
白松
売り上げランキング: 919



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.22 21:41
    ネギかなんかでわざと塩の強い土地に植えて(あるいは塩水を撒いて?)美味しいネギを作ってるのとか見たなぁ
    塩分でストレスを与えるだとかなんとか……徹頭徹尾うろ覚えだがw
    塩気が抜けるまではそういう作物育てるのでは駄目なのかね
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.22 22:08
    綿花栽培で克服!とかいう記事あったよ
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.22 22:10
    「真水を流す」は効率が悪い。
    まず水田に真水を溜めて塩分を十分に溶かし込んだ後で、水を抜く。これを繰り返せば良い
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.22 23:02
    ※1
    江戸期の干拓地(元海)なんかでは、最初は綿花から始めて今では水稲も作れますって所が実際あるので、
    歴史的には実績のある方法と言えるんではないでしょうか。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.23 0:11
    これは簡単
    さらに食塩を加えていけば溶けずに残るものが出てくる
    それをろ紙で濾すだけ
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.23 2:55
    昔からよくあるのが、綿花を植える方法
    綿花は塩害に強くしかも塩を吸収するので干拓地で塩抜きの為に栽培されることで知られる。
    • ※7 : a
    • 2017.6.23 3:08
    ※5
    ネタだよね?

    ※3
    洗浄は流すのが一番効率がいいんやで
    この場合はポンプとかで大量の水を送れるのが前提だけど

    まあ水で流すか土入れ替えか吸収する植物かだよね
    ただ他種の植物って土の組成が変わっちゃうから品質に影響出ちゃうんだよね
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.23 8:51
    砂糖入れろ
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.23 9:06
    普通に何度も水で流せば解決する
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.23 10:39
    水を大量に入れ替えするのは、土の中の有益な成分も一緒に抜けるからねぇ。
    やっぱし、この辺はちゃんとした知識と実践のある所にお願いするのが一番でしょ。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.24 2:11
    スレタイが間違えてる
    田んぼの再生が目的なら「津波被害による塩害を受けた田んぼの再生方法」とするべきだ
    このスレタイでは塩さえ取り出せるなら田んぼはどうなっても構わないと受け取れる
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.6.28 14:34
    更に塩を投入して代わりに析出した塩を取ればいいと思ったのは内緒だ
    それとアイスプラントは糞不味い
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.7.3 3:11
    アグレッティとか塩に強いしおいしい野菜だよ
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*