人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【進化論】虫の幼虫時代はなぜ存在するのか? @ [昆虫・節足動物板]


【進化論】虫の幼虫時代はなぜ存在するのか? @ [昆虫・節足動物板]
1: :||‐ ~ さん 2012/09/05 06:12:50 ID:AGccG1uG
イモムシ時代のある虫、チョウ、甲虫、ハエ、蚊、などがいる。
そういう幼虫時代があることが、生存競争で有利に働いていると考えられるが

そういった幼虫は、骨格がなく動きものろく、武器も(一部を除いて)無い
なので外敵に食われるばかりである


しかしそういう特徴をもつ虫の多くが自然淘汰によって生き残ってきたことは
揺るぎない事実である

そういった幼虫時代があることのメリットとは何か?考えよう
2: :||‐ ~ さん 2012/09/05 08:56:53 ID:PyjiKV5i
えっ!
そんなことも知らねーのw
44: :||‐ ~ さん 2013/01/30 13:52:11 ID:zYNlY7AJ
>>2
ワロタwwww
4: :||‐ ~ さん 2012/09/07 00:06:17 ID:TrpllFGj
>>1は変態
35: :||‐ ~ さん 2013/01/24 15:40:14 ID:jxYKXbgW
>>4
変態ワロタwwww
5: :||‐ ~ さん 2012/09/19 10:49:55 ID:37qxIADP
キチガイ
6: :||‐ ~ さん 2012/10/02 13:02:50 ID:oKL5geNk
VIPでやれ
7: :||‐ ~ さん 2012/10/03 14:52:53 ID:DFyrevRq
約13日おきに保守ってるの丸わかりだな
他人のふりしてまで書き込む惨めな>>1
変態 (Wikipedia) 変態 変態(へんたい、metamorphosis)とは、動物の正常な生育過程において形態を変えることを表す。昆虫類や甲殻類などの節足動物に典型的なものが見られる。
(中略)
特に、栄養の摂取に特化し、生き残りと成長に最適化された幼生と、次世代を生み出すための生殖機能を備えた成体の間で、形態が大きく変わることが多い。それに伴い、生活様式や場所が変化する場合もある。海産無脊椎動物ではよくあるが、成体が底性生活で、幼生がプランクトンの生活をするものは、全て変態を行う。 なお、哺乳類や鳥類、爬虫類のように、基本的な体の構成は変わらず、各部分の発達によってその比が変化する程度で、連続的に形態が変化して成体になる場合には変態とは呼ばない。また、「卵から生まれる」場合には、見かけ上の形態の変化は大きいが、その個体の形は、卵の中であらかじめ形成されており、変態には当たらない。つまり、変態とは、動物が孵化して幼生の形になった後の変化のみに対して用いる言葉である。
12: :||‐ ~ さん 2012/11/16 21:41:55 ID:ukqCj5na
このテーマは逆で、
むしろそれらの昆虫は、幼虫の状態に本来の価値がある。
それらは自然界での分解者としての存在が大きいからだ。


ではなぜ彼らに成虫の姿があるか。
13: :||‐ ~ さん 2012/11/21 21:46:16 ID:/9bHZX6Z
それ、常々思うんだよな。
セミのように幼虫で何年も生活している連中にとっては、幼虫時代こそ生涯の主要期間であり、末期に繁殖のためだけにリスクを冒して羽化、交尾するもので、成虫時代はオマケのようではないかと。
生命サイクルが短い奴らは別だけどね。
15: :||‐ ~ さん 2012/12/02 17:45:00 ID:YqwPBFZE
なぜ成虫時代があるのかというスレならまともに議論出来ただろうにな
16: :||‐ ~ さん 2012/12/02 22:55:24 ID:1mmyKKeA
もしも虫に感情があるなら、長年幼虫で生きてきたセミなんか、羽化するとき相当ツラいだろうな。
うわ、マジか。俺もう終わりかよ
みたいな。
17: :||‐ ~ さん 2012/12/03 16:11:04 ID:uX8IJeSe
土中にそのような情報は入って来ない
18: :||‐ ~ さん 2012/12/03 22:43:35 ID:uQHnZ5i3
植物で例えるなら
セミは竹 開花は54年だったかに一度。
モンシロチョウはたんぽぽ 年に何度も開花。
アブラムシはヨモギ 地下茎でクローン増殖。有性生殖も併用。
ギフチョウはカタクリ 言わずと知れたスプリングエフェメラル。

花のない季節は栄養分をため込むための文字通り充実期間てことだろ。
19: :||‐ ~ さん 2012/12/06 23:31:59 ID:SGXuKSgC
成虫は繁殖のための形態、幼虫は>>18のように養分をとる形態と考えられる。

>>1が挙げたグループは蛹がある完全変態だね。
蛹というクッションを置くことで、幼虫と成虫の姿を大幅に変えることが可能になった。
それにより幼虫の養分摂取の効率を上げることもできる。
確かに無防備になるデメリットもあるが、それをカバーする戦略もいろいろ編み出した。
蛹がない不完全変態は幼虫と成虫の形が似ている。

どっちが優れているということは無いが、完全変態の出現で可能性が広がった。
蜂とか不完全変態では不可能な姿だと思う。
スプリング・エフェメラル (Wikipedia) スプリング・エフェメラル スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)は、春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす一連の草花の総称。春植物(はるしょくぶつ)ともいう。直訳すると「春の儚いもの」「春の短い命」というような意味で、「春の妖精」とも呼ばれる[1][2]。

管理人より:画像はカタクリの花です。
20: :||‐ ~ さん 2012/12/18 11:18:41 ID:TY6elmq3
カエルもおたまとカエル両方あるけどああいうのも完全変態なの?
管理人より:完全、不完全というのはサナギになるかどうか、の違いだそうで、両生類には当てはまらないのですが、強いて言えばカエルはサナギにならないので不完全変態の模様。
21: :||‐ ~ さん 2012/12/31 16:25:50 ID:jO7CoTgq
元々宇宙人のペットだったんじゃないかな?
幼虫か可愛いから可愛がるけど成虫になったら
地球にポイ捨てしてたとか?
22: :||‐ ~ さん 2013/01/01 12:57:08 ID:dZrWQLni
幼虫はかわいい
それに無限大の可能性を感じさせてくれるではないか
もちろん成虫もいいけど幼虫が最高!!
25: :||‐ ~ さん 2013/01/14 19:35:49 ID:DXR9X0ap
幼虫には愛おしさを感じる

成虫には、そんなものは感じない

孵化したばかりの幼虫をみると愛おしさも
ひとしお
39: aaaa 2013/01/26 16:36:41 ID:9DmpzvC8
1匹の個体に沢山卵を入れて、沢山生んで少しでも数を多くする為では?
小さい幼虫じゃないと沢山体に入らないだろうし・・・・・・。

どうせ虫なんて幼虫も成虫も食べられる側だしね・・・。
いや、別に虫を馬鹿にしているわけではないけども
47: :||‐ ~ さん 2013/02/01 21:26:41 ID:vIHODBCO
虫「今日は蒸し蒸しするね~」
48: :||‐ ~ さん 2013/02/01 22:05:10 ID:zfyKISbJ
幼虫の時期に大きくなるためやろな、かなぶんサイズのカブトやったら強くない
50: :||‐ ~ さん 2013/02/03 16:23:22 ID:6MzO/9po
青虫食べると栄養バランスがいいらしい
51: :||‐ ~ さん 2013/02/04 20:23:20 ID:0sWPOpE8
>>50
食物繊維とタンパク質が同時に摂取できるのは青虫だけ!
63: :||‐ ~ さん 2013/02/23 09:14:05 ID:Hl0MdSmD
ネットで調べたんだけど
節足動物は脱皮動物門に含まれていて
細胞の運動機関である繊毛や鞭毛運動をいっさい使わないのが特徴なんだってさ
64: :||‐ ~ さん 2013/02/24 10:53:17 ID:OPd7IiQs
昆虫の存在意義は幼虫にあって、幼虫が本来の姿んだよ。
地球の自然体系維持に役立ってるのは幼虫であって、成虫は自然体系の維持には役に立ってない。
例えば、クワガタ虫を例に例えると、幼虫は朽木を食べて、森の中の掃除に役に立ってる。
地球環境を整えるためには不要な物を排除し、新しものを常に維持しなければならない。
じゃあ成虫は何なのか言うと、子孫を残す為に化身した仮の姿。
むしろ>>1は、成虫がなぜ必要なのかに疑問を持たなければならない。
65: :||‐ ~ さん 2013/02/26 22:09:23 ID:R1+GNGYk
>成虫は自然体系の維持には役に立ってない。

すごい短絡的な考え。
例えば肉食の蜂類は、草食昆虫を狩って個体数を抑え、植物が食べられすぎるのを抑えてバランスを保っている。

無意味なものはない。
66: :||‐ ~ さん 2013/02/27 20:05:49 ID:6QzYOTRP
成虫は小動物の餌としてかけがえのないな資源だわね
67: :||‐ ~ さん 2013/03/03 12:49:40 ID:L0MAgeGG
外国産カブトムシの代表種でヘラクレスがいるけど、成虫の寿命はだいたい一年。
幼虫期間が一年未満の早期羽化でも二年以上かけて成虫になっても、成虫寿命はだいたい一年。
成虫からの寿命って、命が誕生(孵化)してからではなく、羽化してから初めてカウントダウンが始まるってこと?
逆に、まれにセミ化して二年も三年も幼虫でいる事もあるけど、幼虫には寿命が無いの?
うまくセミ化を維持できれば、何年でも生きられるのかな?
69: :||‐ ~ さん 2013/10/19 20:32:34 ID:hUjypRCH
合理的に見える説明も可能だが、それでもどこかに矛盾点が残ってしまうのは
生物界の多様性というか不思議なところだな。

メリット、デメリットという効率性の追求だけではないものも進化に影響を与えている。
70: :||‐ ~ さん 2013/10/20 11:38:33 ID:FBrGN1mq
虫の幼虫時代は無視できない
75: :||‐ ~ さん 2013/10/23 19:40:26 ID:gvEdYk63
幼虫→栄養蓄積
成虫→生殖、拡散

伊勢エビの幼生とかレプトケファルスとかは、拡散体型。
レプトケファルス (Wikipedia) レプトケファルス レプトケファルス(Leptocephalus、「レプトセファルス」とも)は、ウナギ目、カライワシ目、ソコギス目など、カライワシ上目の魚類に見られる平たく細長く透明な幼生で、大きさは5 cm前後かそれ以下から1 mを超す場合もある。ウナギやアナゴ、ハモなどのウナギ目のものが有名でウナギは成長後にはレプトケファルス期の約18倍、アナゴは約30倍の大きさになる。
76: :||‐ ~ さん 2013/10/23 23:22:46 ID:tSt971VS
アゲハの幼虫でなくとm、
最終齢になると擬糞型から威嚇型に変りそれなりに、美しくなる。
(尾角をもつスズメガの幼虫全般に関して…)とある…
ガ(スズメガ科)
83: :||‐ ~ さん 2013/11/19 23:20:31 ID:/76eq2UA
幼虫ならウスバカゲロウとかクサカゲロウ、あと水棲の
トビケラとかカワゲラ、ヘビトンボの幼虫が好き。


蛍とか蝉もなかなか切ないけどカゲロウだかの成虫も何日しか生きなくて、その間朝露しか口にしないんだとか。
口が物を摂取する程の機能無くて成虫は子孫繁栄だけの数日間
ってことだよね。虫も動物と同じく小さければ小さい程時間を長く感じてるなら幸いだけどね。
アリジゴク ウスバカゲロウ クサカゲロウ
管理人より:昆虫愛に溢れていますね。左からウスバカゲロウの幼虫アリジゴク、ウスバカゲロウ、クサカゲロウ、です。
85: :||‐ ~ さん 2013/11/29 22:10:51 ID:vujbbmnL
周期ゼミって一番極端だよネエ…
周期ゼミ
「周期年数が素数であることから素数ゼミともいう」
…ここに隠された意味(理由)とはナニ??

…しかも米国東部、北東部にしかいない。

イリノイで昨年発生したんだ!
赤い目の蝉が
87: :||‐ ~ さん 2013/11/29 22:14:44 ID:vujbbmnL
↑このWikipediaの、
「周期発生の理由[編集]」ところがおもしろい、
Dybas,1966,1974)である。彼らは素数年での同時発生は、捕食者が同期して発生する可能性を抑えられるためではないかと指摘した。
13年と17年の最小公倍数は221年であり、同時発生は例えば4年と8年に比べて頻度が小さくなる。

それぞれの大量発生についてはいわゆる希釈効果で説明できる。まとまって発生することで個体が捕食される可能性を低下させることができる。かつては種の保存のためと説明されたが、現在では個体の生存に有利であるためと考えるのが一般的である
89: :||‐ ~ さん 2013/11/29 22:21:50 ID:vujbbmnL
17年周期の「セミ」大発生が間近に、米国
周期ゼミには15の年次集団があり、ローマ数字で分類されている。
年次集団の大半が17年周期だが、13年ごとに繁殖する年次集団が3つあり、周期が重ならないようにずれているので、毎年最低1つの年次集団がふ化することになる
…なあんだ(でも虫の寿命としては最長なのかな
88: :||‐ ~ さん 2013/11/29 22:17:22 ID:vujbbmnL
素数ゼミといっても学習塾ではない…
80: :||‐ ~ さん 2013/11/03 00:22:14 ID:Pc8RL8Mc
以前モスバーガーにいたら、子供の頃の昆虫話で盛り上がる女子高生2名がいて
この板でも見当たらない位おかしい話盛りだくさんで爆発していた

…テントウ虫の幼虫を集めて飼った、とかいってたし

そういえばこの頃、テントウ虫ははやらないねぇ~
81: :||‐ ~ さん 2013/11/03 00:24:33 ID:Pc8RL8Mc
…面白いので何となくこっちが聴いているのに気付いて
ますますどんどん盛りあがって延々終わらなかったんだよねぇ
84: :||‐ ~ さん 2013/11/24 10:35:49 ID:O9VY9g6f
昆虫だけでなく全ての存在が不思議なものに思える。

何を隠そう、管理人は小学生のときに、アゲハチョウの羽化を6回試みて、2回成功したことがあります。
マンションの花壇にサンショウ植えてるひとがいたので、卵を分けてもらってですね。確率低いように見えますが、あれはけっこう難しいんですよ、小学生にとっては。

あの幼虫が葉っぱを一生懸命モリモリ食べて、モリモリうんこしてるのを見てると、なんというか、すごい可愛いくてですね。
さなぎの時のドキドキ感…、サナギになる前に死んじゃうのもいれば、サナギになっても真っ黒になって変態に失敗するのもいるんですが。
そして見事羽化に成功して、虫かごから野に解き放つとき、なにかこう…結婚していく娘を送り出す親のようなね…まぁ小学生なんですが。
小学生のドクターがいらしたら、一度はそういうことをやってみられたほうがいいですね!

さて、今回は昆虫板からのまとめでした。
幼虫時代がある理由…上のほうで誰かが書いてましたけど、たくさん卵を産む必要があるから、ではないでしょうかね?
昆虫は食物連鎖の下の方にいるから、種を残していこうと思うと、たくさん産む必要があるし、そうなると成長のために時間をかける必要があると。
しかし考えてみると、栄養摂取用と、子孫繁栄用にボディをふたつ用意するなど、これはなかなか不思議な現象だと言えますね。生命の神秘です。

トップ絵は「Diablo2」というゲームに出てきたAct2の中ボス、「Maggot Queen」のアートワーク。
こいつが住んでる「Maggot Lair」というダンジョンは何しろ狭くて、Necromancerで手下引き連れてると、渋滞起こして大変。
仕方ないから前に出ると、ビリビリカブトムシの猛攻撃受けてシボンヌ。
そんでMaggot Queenのとこに辿りついたら、巣の中に大量のMaggotがいて卵産みまくり、手下のタゲが分散して本体シボンヌ。
やっとの思いでQueenを倒すと、死に際に毒を大量にまき散らしてこっちもシボンヌ。
どうすりゃいいんだ的なおもしろいゲームでした。

実はトップ絵選定のため「maggot」で画像検索したら、いろいろとヤバイのがヒットして心が折れそうになったのは内緒。(やっちゃダメですよ)
完訳 ファーブル昆虫記 第1巻 上
ジャン=アンリ・ファーブル
集英社
売り上げランキング: 159,259


元スレ:http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/insect/1346793170/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.2.4 14:31
    小さい頃紋白蝶をよく育てたなあ・・・

    今では気持ち悪く思えるようになってしまった。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2014.2.4 16:02
    「幼虫が本来の姿である」とか、しれっと適当なこと言ってる人がいるけど
    不完全変態の昆虫見てみて。だいたい成虫に似た姿の幼虫だよ

    クワガタなんかだと、幼虫は脱皮するたびにものすごくでかくなる。頭の大きさが
    長さで二倍ぐらいはデカくなる(容積だと8倍?)食物摂取と成長に特化した姿だということが
    よくわかる。

    不完全変態でもトンボみたいに幼虫は水中生活、移動は水流ジェット、てのから
    羽化すると空中飛行形態、だなんて相当高度な頭脳があってもややこしい生活だと思うけど
    それを単純な昆虫があっさりとやってしまうのはどういう構造になっているのかすごく面白い
    ですね
    • ※3 : weaponshouwa
    • 2014.2.4 22:45
    卵→成虫で数十~百倍以上に増すサイズを短期間に稼ぐには、たくさん食べて柔らかい水風船式に膨らむのが最適。
    硬い甲殻をまとうにはそれを形成するコストが掛かるし、少し成長したらせっかく造った鎧を脱ぎ捨ててさらに作り直さなくてはならない。
    幼虫期間にひたすらサイズを稼ぎ、逃げ切ったら最後に金型としての蛹になって、身を守る甲殻や飛ぶための羽根を造るのが高効率。
    成虫の設計図と型に流す材料を積んだ生けるカプセルが幼虫、と言うか。
     
    こうした小さくたくさん産む昆虫の基本スタイルに対して、卵から既に大きなマイマイカブリや、母が胎内で育てた蛹を産んでしまうハエなどもいるので戦略も好きずき…。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。