人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【異次元】異世界について【異空間】 @ [民俗・神話学板]


【異次元】異世界について【異空間】 @ [民俗・神話学板]
1: Hiroya 2006/03/02 17:25:33
この世界とは全く違う未知の世界を語るスレ
オカルト的でなく板に沿うような内容で進行しましょう
2: 天之御名無主 2006/03/02 17:35:05
常世とかニライカナイとか?
ニライカナイ (Wikipedia) ニライカナイは、沖縄県や鹿児島県奄美群島の各地に伝わる他界概念のひとつ。理想郷の伝承。
遥か遠い東(辰巳の方角)の海の彼方、または海の底、地の底にあるとされる異界。
豊穣や生命の源であり、神界でもある。年初にはニライカナイから神がやってきて豊穣をもたらし、年末にまた帰るとされる。また、生者の魂もニライカナイより来て、死者の魂はニライカナイに去ると考えられている。琉球では死後7代して死者の魂は親族の守護神になるという考えが信仰されており、後生(ぐそー:あの世)であるニライカナイは、祖霊が守護神へと生まれ変わる場所、つまり祖霊神が生まれる場所でもあった。
上記のように、ニライカナイは複合的な観念を持った楽土であるが、この概念は本土の常世国の信仰と酷似しており、柳田國男は、ニライカナイを日本神話の根の国と同一のものとしている。
5: Hiroya 2006/03/02 20:23:46
>>2
そうです。それとか神隠しや他の国の異世界の話でもいいです。
余談だけど寝てる時に見る夢も異次元の世界なのでしょうかね~
15: 天之御名無主 2006/04/22 00:31:36
>>5
そういう文脈の夢の話は民俗学、神話学板じゃなくて心理学板でやりなさいよ。
4: 天之御名無主 2006/03/02 19:59:43
アニメの世界に行きたい
48: 天之御名無主 2008/09/15 20:58:33
>>4
同意
9: 天之御名無主 2006/03/21 18:49:17
夜の12時ちょうどに合わせ鏡をして13番目に映った自分を見ると異次元の世界に引きずり込まれるらしい
11: 天之御名無主 2006/03/22 20:58:36
アボリジニの世界観は独特だと思う。虹の蛇に守られた夢の世界(異次元)とこの世の間を人間は毎日行きかっているというのだ。
虹蛇 (Wikipedia) 虹蛇 虹蛇(にじへび)は、天候現象の虹に関連し、創造と雨を降らせる力があるとされる、神話・伝説上の巨大な蛇である。
虹蛇の神話・伝説は、世界各地、主に北アメリカ、オーストラリア、西アフリカで知られている。オーストラリアでは、様々な呼び名(カリア、ムイトなど)を持ち広く知られている。漢字の「虹」が虫偏であるのも、中国の伝説において虹が竜の一種とみなされていたからである。また主虹である「虹」を雄とし、副虹たる雌を「蜺」(ゲイ)と呼んだ。

管理人より:アボリジニの虹蛇はエインガナと呼ぶんだそうです。
12: 天之御名無主 2006/04/18 18:43:43
かまいたちの夜2の底虫村編にあった話だけど
なんとかって人が常世の国に行って不老不死の薬を持って帰ったという話は昔からあったんだよね?
13: 天之御名無主 2006/04/21 22:45:35
>>12
実を食べて怪物になるっていう部分は多分ゲームオリジナルなんじゃまいか?
まぁ俺はどこまでが本物の話か分からんがなー
管理人より:ストーリーを教えてもらうスレ暫定Wikiというのがありますので、興味のあるドクターはどうぞ。
14: 天之御名無主 2006/04/22 00:13:01
冥府は臨死時の脳内にて実行される人生決算プログラム]だと
チベット死者の書にて謳われてるな。

当然[異世界]もかかるスーパーシステムとしての脳内にあるのだろう。
…そして多分神仏すらも。
チベット死者の書 (Wikipedia) チベット死者の書は、チベット仏教ニンマ派の経典。
パドマサンバヴァが著し弟子が山中に埋めて隠したものを後代にテルトン・カルマ・リンパが発掘した埋蔵教法(テルマ)『サプチュウ・シト・ゴンパ・ランドル(寂静・憤怒百尊を瞑想することによる自ずからの解脱)(Tibetan:ཟབ་ཆོས་ཞི་ཁྲོ་དགོངས་པ་རང་གྲོལ)』に含まれている「バルド・トェ・ドル・チェンモ(中有において聴聞することによる解脱)(Tibetan:བར་དོ་ཐོས་གྲོལ་ཆེན་མོ་)」という詞章を指す。ウォルター・エヴァンス=ヴェンツ(en:Walter Evans-Wentz)により”Tibetan Book of the Dead” というタイトルで英訳され世界的なベストセラーとなり、日本でも一般的に『チベット死者の書』として知られている[1]。『サプチュウ・シト・ゴンパ・ランドル』はニンマ派ではマハーヨーガと分類される無上ヨーガタントラの生起次第の修行法体系であるが、この「バルド・トエ・ドル・チェンモ」と呼ばれる部分は、臨終に際してラマによって「枕経」として読まれる実用的な経典でもある。
16: 天之御名無主 2006/06/11 20:06:39
異世界にいきたい
17: 天之御名無主 2006/06/11 20:16:36
身近な異世界といえばねずみ浄土かな。
おむすびころりん (Wikipedia) おむすびころりんは、日本のお伽話の一。「鼠の餠つき」「鼠浄土」「団子浄土」などともいう。 (中略)
あらすじ
おじいさんが、いつものように山で木の枝を切っていた。昼になったので、昼食にしようとおじいさんは切り株に腰掛け、おばあさんの握ったおむすびの包みを開いた。すると、おむすびが一つ滑り落ちて、山の斜面を転がり落ちていく。おじいさんが追いかけると、おむすびが木の根元に空いた穴に落ちてしまった。おじいさんが穴を垣間見ると、何やら声が聞こえてくる。おじいさんが他にも何か落としてみようか辺りを見渡していると、誤って穴に落ちてしまう。穴の中にはたくさんの白いねずみがいて、おむすびのお礼にと、大きい葛篭と小さい葛篭を差し出し、おじいさんに選ばせた。おじいさんは小さい葛篭を選んで家に持ち帰った。 家で持ち帰った葛篭を開けてみると、たくさんの財宝が出てきた。これを聞きつけた隣りのおじいさんは、同じようにおむすびを蹴って穴に無理矢理入れた。おじいさんは自分から穴に入っていき、土産をよこせと怒鳴りつけた。ねずみが大きい葛篭と小さい葛篭を選ばせたが、欲張りなおじいさんは猫の鳴き真似をしてねずみを脅し、両方の葛篭を持って帰ろうとした。ところがねずみはおじいさんに噛み付いたので、おじいさんは降参した。
18: 天之御名無主 2006/06/14 00:47:10
身近な異世界はロンドン。
ロンドン ロンドン 楽しいロンドン 愉快なロンドン
19: 天之御名無主 2006/12/14 17:48:46
二次元の世界にいきたい
20: 天之御名無主 2006/12/14 18:28:51
どの方向に潰されたいんだ。
22: 天之御名無主 2007/03/22 14:06:07
2012年に世界が滅ぶとか次元が上昇するとかなんとかっていうのは?
いろんな人が言ってるよね。フォトンベルト、マヤ歴、惑星X、聖徳太子
24: 天之御名無主 2007/06/01 16:22:13
それよりこのスレが2012年まで残ってそうなのが怖い
26: 天之御名無主 2007/08/02 22:34:03
約1年半でやっと26か・・・
フォトンベルト (Wikipedia) フォトンベルト (フォトンバンド, フォトンリング, マナジックリング, or ゴールデン・ネブラとも)とは、ニューエイジ運動の一部と深く関りのある霊的主張である。フォトンベルト説は、フォトンのベルト(輪)が地球を覆い、天変地異を起こし、霊的な変化をもたらすと主張する("意識のシフト", "グレート・シフト," "シフト・オブ・ザ・エイジ", [1][2][3][4][5] "ゼロ・ポイント", "アセンション・ポイント"[6][7][8][9]などと呼ばれる)。また、フォトンベルトという発想は、地球外生命体や2012年人類滅亡説などの多くの主張と結びついている。
管理人より:もう2014年になっちゃったワケですが。笑
25: 天之御名無主 2007/08/02 17:35:40
サイレントヒルみたいな裏世界行ってみたい。
サイレントヒル サイレントヒル サイレントヒル
管理人より:サイレントヒルというゲームでは、主人公が現実世界と一部リンクした、裏世界との間を行ったり来たりして、エンディングへと導くわけです。例の有名なセクシー?ナースも裏世界の住人。
27: 天之御名無主 2007/08/24 23:08:13
多次元世界も元は根源的な単一体で構成されている。
最高次元では、単一体は1つで機能し、次元が低くなるに従い、私たちの3次元世界では膨大な数の単一体で素粒子が形成される。
そして私たちの世界では最小の単位が光である。
よって3次元の世界では光が最速となるも、高次元においては各次元の最小単位で速度の上限が決定される。
そして単一体は移動しないで、その中をその次元のルールで情報のみを流すことで各次元の世界を形成する。
ただつねに上位次からの関与が下の次元にはあり、私たちも世界へは精神(意識)という情報と重力(正確には場の特性)という情報が流れ込む形となる。
結果として重力は星々の運行を生み出し、精神は生命を生み出すことになる。
また重力で形成された星に生命が宿る点からも、さらに上位の次元からはその統一的な関与も予想されるが、ここでは触れない。
私たちは、時間の課題、空間の課題、エネルギーの課題に取り組む岐路に立っておりすでにいくつかの分野で、その解決の糸口が見つかり始めている。
エネルギーの課題は私たちの単一体が常に上位次元からのエネルギーの循環を受けている点の発見から、ただの空間から無尽蔵のエネルギーを取り出すことが可能となる。
その過程で、私たちの時空間お呼び構成物質の情報はこちらからでなく、上位次元からの視点で見れば簡単に識別できることが判明する。
28: 天之御名無主 2007/08/24 23:10:14
エネルギー創造と似た手順で、上位次元にアプローチすることで、この投影世界である三次元世界での時空間ジャンプは可能となるが、同時に時間の特性の発見は3次元世界もまた無限に存在し、各々の時間軸で進んでいることがわかる。
つまり単一体にわずかの時間差で情報を流すことで、いくつもの3次元世界が形成可能となる。
なんでこんなややこしい世界が作られたか・・・。
結局は、さらに上位の次元の意識と場の統合された存在に聞かないと分からないが、桁違いに違う情報をあつかう彼らにとっては、このなんともシンプルな構成の3次元世界に自らの意識を、そして場の力を飛ばすことで、無限の現実を作り出すことが自らの進化の機会そのものであるようである。
宇宙が実は個人の意識(認識)の中に存在し、私たちもまた同時に存在しながらも、その生きている世界は観察者の情報の中で再構築されることで、さも普遍的なような存在となるが、実は同じ存在ではない点が多次元世界ではさらに大規模に行われているということである。
場の力で単一体に私という情報を送り、私たちは歩いている。
これが正確には私という情報が単一体の間を流れていくだけである。
時空を越えて、私という情報を送ればその先で再構築も簡単であった。
ただ、その手法を学びコントロールすること、私たちの「集合無意識」の中の「集団のコンセンサス」を変えること、実は簡単ではない点をまだまだ私たちは知らない。
それは、「私たちの役割という名の限界」であるから。
ただ意識である「私たち」には、どうでも良いことかもしれない。
それは次のステージは時空間を越えて用意されているから・・・。
29: 天之御名無主 2007/12/04 14:49:49
>>27
下から二行目の

>>その過程で、私たちの時空間お呼び

だけなんとなくわかった。
149: 天之御名無主 2010/03/15 01:23:09
>>27,28
3年越しの亀さんですが、、、
”エネルギー創造と似た手順で、上位次元にアプローチすることで、この投影世界である
三次元世界での時空間ジャンプは可能となる”

これは非常にすぐれた解釈だと思う。問題はどーやってアプローチするかだが、、?
意識の枠を超えるためには、星を使うのが有効なんだと思う。
なぜなら、たとえばオリオン座、どの場所にいても、また1万年後も1万年前も変わらずオリオン座だろう。

きっと古代文明はそーいう点から天文の動きを重視して、時空の枠を超える手段を得てたんだな・・。

27、28さん、どーやって知識えたの?ヒント教えてくだしゃい。
管理人より:さぁー、とんでもないことになってきました。このスレはすでにオカ板住人の汚染が始まっています。それと、>>27氏はちゃんと日本語を勉強して、SF小説でもたくさん読めば、もうちょいマシな電波を出せると思う。
30: 天之御名無主 2007/12/05 23:32:37
この宇宙の外にはこの次元、宇宙よりもっともっと大きい次元、世界があると思う。
34: 1/2 2008/04/11 05:01:39
「この世界とは異なる世界」に対する我々ヒトの認識は昔と変わった。

神代~室町あたりまで(かな、よく知らないから間違ってるかも)の認識では人々が立ち入ることが出来ない「未知の場所」に対して、「この場所とは隔絶されている」という認識があったと思う。

それが現代では宇宙の遠く離れた場所ですら「我々のいるこの世界と地続きの空間」、時間さえあれば到達可能な場所という認識。
先に挙げた昔の認識では、時間がいくらあろうとその場所には行けないと考えられていたと思う。

実際の異世界はともかく、人が歴史上で考えてきた異世界に対しての認識は、人間原理に関係すると思う。

つまり、"ある場所"に干渉出来るほどの知識や技術がなかったなら、"ある場所"は干渉出来ない人々にとって「異世界」となる。
しかし現代人は地球や宇宙についての知識を少なからず持っているので、"ある場所"が何億光年か離れた場所だとしても、「異世界」には成り得ない。

>>30にある宇宙だが、現時点で人間が観測・認識出来ている最大規模の空間である「宇宙」よりも外側は、
"一応認識出来ない"し"観測不可能"なので、此処まで書き連ねてきた私論でいうなら、「異世界」と言えるかもしれない。

でも結局は「この場所」の「外」にある、つまり三次元空間的に移動可能な場所なわけで、やはり、途方も無い時間さえあるなら、地球からながーい紐を持って宇宙の外に出て、どうにかしてその紐を間で縄跳び出来るぐらい強く振動させたならば、振動は地球まで伝わると思う。
35: 2/2 2008/04/11 05:02:19
このように紐とかを使い「繋がり」を感じることが可能な場所は、異世界ではない。
という私論。


ここからは私論というよりは想像

四次元や五次元などの高次元も、結局は三次元と同じくその次元の人(いるとすれば)にとって自分の次元は「空間」なので、
それとはまた違う、空間を超えた超越的なモノの中に全ては在ると思う。
フィクションによく見られるような「異世界」は、こういった超空間内にある別の三次元世界。

この超空間内に存在する"ある三次元世界"と別の"ある三次元世界"で上記の長い紐実験が成功(※成立ではない)するかは、場合による。
間に一次元や零次元が挟まっているとき、これらの次元で物を振動させるこのは不可能なので、成功しない。
また、超空間そのものが三次元の常識とは違っていて振動を伝えることが不可能ならば、成功しない。可能なら成功するかも。

二つの世界が接触して尚かつ、双方の空間に構造の違いが無い場合、一方にとってもう一方は異世界と呼べるのかについては、まだ私の考えはない。

双方の空間に構造の違いがあるならば、接触した場所に何らかのゆがみが生じる。
飛躍すれば、我々が住む地球上で起こった神隠しや超常現象は、このような別の空間がこの世界に触れることにより起こった現象なのかもしれない。
42: 天之御名無主 2008/07/17 07:25:09
異世界って浦島太郎の竜宮みたいなのだろ?
時間が止まっていたり、戻ってきたら体が灰になったり。
シャングリラとかエルドラドとかも異世界に入るのかね?

>>34
間違っているよ。古来異世界と現世を隔絶されたものとは考えていない。
事実、イザナギは黄泉の世界に行き、黄泉平坂を超えて現世に帰還している。
宇宙の彼方はこの世界の延長線上に存在するのだから異世界ではないだろう。
43: 天之御名無主 2008/07/17 08:14:17
そうだよな
相互干渉し、密接な関わりをもっているとされるのが通常いわれる異世界だな
古代の人たちは異世界に対して豊富な世界観をもっているから
宇宙の外側とか、いくら考えても仕方のないような観測不可能な世界とは意味が違う
32: 天之御名無主 2007/12/07 02:43:24
民神話板なら、神隠しだろ
まあいいか、実質オカ板見たいなもんだし。


異次元については非常に興味深い。
イギリスの女博士が、5次元を証明させる実験「人工ブラックホール発生計画」を実施する模様。
また、ブラジルのある村では異次元人との接触が、ケータイのカメラで偶然撮られた。
41: 天之御名無主 2008/06/26 10:38:25
アキラのあれって、手の中に複数の重力発生させてビックバンを作るって事だよな?
じゃあもちょっと科学か進歩して人間が重力操れるようになったら宇宙やら異次元やらを作れるようになるんじゃないか?

最初の実験で暴走

人類滅亡

の可能性もあるが
UtPBleaB s0idIsCA swc8rVnY
管理人より:「アキラ」の最後のシーンのアレのことでしょうか?アニメを根拠として、宇宙だの異次元だの言われてもな…と思いつつ。
46: 天之御名無主 2008/08/11 12:49:24
神社とか山はよくこの世界と別世界とを結ぶ場所とか言われているけど水や鏡もそう言われているよね。
なんかの話で、深夜にトイレに行った時に洗面所で気配がしたから行ってみると、そこには電気も付けず真っ暗な中でただひたすら鏡をノックし続けてる人(家族かな?)の姿があったって話どっかで読んだ。
「なにか」を呼んでいたのだろうか?
他にも別世界とを繋ぐ場所や道具が知りたい。あるいは時も関係しているのかも
47: 天之御名無主 2008/08/23 16:20:24
オカルト繋がりで、黒神陀の術ってのがある。自分の戻りたい過去に戻れる方法。
あとは白い紙に飽きたと書いてそれを持って寝るとパラレルワールドにいけるという話もある。
49: 2008/09/30 22:07:43
良スレに会えたなあ。
ちなみに白い紙に飽きたってやつやったけど無理でした。
どんな世界でもいいから行く方法って無いですかね?
とりあえず永遠に死なない世界以外であるといいんですが・・・
この世界から自分を抹消したいです・・・
管理人より:元スレが転載禁止のようなので、リンクだけ。過去に戻ったせいで酷い目にあった話
50: 天之御名無主 2008/10/01 10:11:22
ブラックホールを生成することが海外でされてるみたいだけどその実験が成功したら異次元の存在が証明されるらしいね
ただその異次元がどういう世界なのかは永遠の謎だろうね
51: 天之御名無主 2008/10/03 12:26:50
ブラックホールと言っても、本当に穴が開いてるわけではない。
52: まりも 2008/10/04 23:51:35
異世界に行きたい
そう思う人がいたなら
やめたほうがいいとおもいます

すごくすごく危険だとおもうから・・・
59: 天之御名無主 2008/10/19 19:55:48
リサ・ランドールって、異次元は存在するって断言してるけど、もし穴があいたら、あり得ない者が続々表れたり、実際あり得るのかな?
リサ・ランドール (Wikipedia) リサ・ランドール リサ・ランドール(Lisa Randall、1962年6月18日 - )はアメリカ合衆国の理論物理学者。専門は、素粒子物理学、宇宙論。
管理人より:当サイトへもこのひと目当てでたどり着くドクターは多い…。こんなとこで名前出されてかわいそうに…。
53: 天之御名無主 2008/10/05 13:16:07
信じなくてもいい話です。
夕日が沈む頃に、神社の鳥居を、左足から跨いだら出る時も左足から出るようにして何度も行ったり来たりする。
やがて時間が粘ついたような感じになったら目を閉じ、心の声が開いてもいいというまで閉じている。

帰り道、こんな店あったっけとか、見たことない道があるなあと思ったら成功。

ただ家族、友人の性格も変わってるので注意が必要。
無数のパラレルワールドのどこに行きつくかはその時の心境によって変わる。
信じなくてもいい話でした。
管理人より:さぁ、ここからが本題です。
55: ぴさろにけ 2008/10/15 22:25:18
別の次元というか異世界…には連れていける。ただ各自多少の水銀とサングラスを持参してもらう事になるけど。
デメリットはこちらの価値観が無意味になる、無欲になる、年をとるのが早くなる、二度と今には戻れない、このくらいか?
メリットは重力が半分くらい、一生客人扱い、楽、かな。

次は来年の4月27日のおそらく夜です。
山梨の塩山ってとこから出れます。
もっと早く出たい人は10月26日の夜8時に東京都府中市の京王線府中駅のロータリー上の喫煙所(2階TSUTAYA前)に来て下さい。2時間説明して本気の人はそのまま山梨まで行きます。

本当に二度と今の時間(時代)には帰ってこれないので本気の人だけお願いします。
万が一戻りたくてもうんと先の未来か過去にしか行けない…というかその確率が高いだけ。
57: 谷口 2008/10/18 01:00:45
>>55
どもですm(__)m
質問なんですが兵庫県からなんですが大丈夫ですか?
一応検索してみて行けそうです。
あとサングラスはあるんですが水銀は具体的にどのくらい持っていけばいいですか?体温計ぐらいじゃダメですか?
60: 天之御名無主 2008/10/20 11:54:58
>>55
犯罪の匂いがするんだが
63: ぴさろにけ 2008/10/30 20:57:23
今回は各所で呼び掛けたせいか24人も来てしまった。
実際山梨まで行ったのは8名だが。今頃どーなってるのかな?

僕自身は仲介なのであちらには行った事がない。
何か聞きたい事があれば僕の知っている範囲なら答えられるよ。もうこっちの世界はあまり時間がないらしいが。
64: 天之御名無主 2008/10/31 13:47:43
>>63
質問なんだが、水銀は何に使うの?
異世界にはタイミングが合わなければいけないのか?


>万が一戻りたくてもうんと先の未来か過去にしか行けない…というかその確率が高いだけ。

↑逆に過去、未来にも行けるって事だよな?
65: 天之御名無主 2009/04/19 01:32:24
なぜレスがとまったのだ…

まさかみんな異次元に?
管理人より:ちょwwwww
69: 天之御名無主 2009/04/25 07:21:50
向こうの奴がこっちに出来ないことが出来そうなのが妬ましい
もちろんこっちも向こうに出来ないことが出来るんだろうが
それでも羨ましい
かといって今を捨てる気も無い、向こうに行ったら戻りたくなるに決まってる
だから都合よく真ん中あたりにいたい
75: 天之御名無主 2009/04/27 23:23:42
今日、これから、本当に塩山に行く人がいるのかしら。
ぴさろにけさんが来なくなってしまったので、
大変気になっております。
76: 天之御名無主 2009/04/28 23:57:39
塩山に行ってきました
六人集まりましたが
私ともう一人だけ失敗しました

なんでも水銀の純度が基準に達してなかったらしいです
意識が飛ぶ寸前に引き戻されたので詳しくはわかりませんが
気がついたら四人が身につけていた貴金属と小銭、銀歯?ボルト(おそらく骨と骨を繋ぐための医療用)が散乱してました
仲介人は水分を受け付けないものは
あちらには行けないと
おっしゃってました
目隠しをしてた為
詳しくはわかりませんが
ものすごい青光
包み込まれるような幸福感
鼻づまり、唾、尿意など全身の水分が三倍くらいに増えた様な感覚
がありました



尚 今書いたことは全て戯れ言です
詮索しないでください
79: 天之御名無主 2009/04/30 21:18:37
>>76って最近良くある「ネットで知り合って集団自殺」って奴?本物は初めて見たわ。んで>>76は死に切れなかったの?

24記念カキコ
80: 天之御名無主 2009/05/04 02:41:34
とても気になったので、塩山まで行きました。
しかし、どこが該当する場所なのかわかるわけもなく、
地図を見ても見当もつきませんでした。


オカルト板ではなく、この板に募ったのですから、
何かしら民俗学的な示唆があるのかと思ったのですが…。
82: 天之御名無主 2009/05/13 07:30:26
>>1
異世界はオカルトだ。

つまり科学的に異世界など存在したら、科学を否定しなくてはいけなくなるだぐらい考えろよボケ

実態世界として異世界があるのなら、それは現実であり。
異世界とはいわん。
83: 天之御名無主 2009/05/13 09:02:54
おいおい、ここは民俗・神話学板だぜ
84: 天之御名無主 2009/05/13 10:58:45
異世界とは違うが神隠しの話で精神・知的等障害の人が神隠しにあう話が結構多いのはやっぱり神に持ってかれたって事にして捨てたり殺したりなのかな
爺ちゃんも昔は障害児は生まれたその日に土の中とか当たり前にあったって言ってたな
89: ぴさろにけ 2009/05/24 02:53:12
久しぶりに。
僕がまだロスに住んでた頃、9.11のテロの時UFOが飛行してたって一時期すごく騒がれた事があったけど、今考えると僕らがやっている事はこれに近いかもしれない。
一つ、2013年の4月22日~5月8日
90: 天之御名無主 2009/05/24 12:07:46
日本語使ってくれ
91: 天之御名無主 2009/05/24 15:02:45
ロスに住んでたというから恐らくロサンゼルス語なんだろう。判らなくて当然。
92: 天之御名無主 2009/05/25 14:35:09
ロスじゃこのくらい日常茶飯事だったぜ
93: ぴさろにけ 2009/05/29 16:28:17
すまない。日本語に変換するのが難しくてな。
あと4年後には僕もこちらにはいない。

ノアの方舟とは僕らが世界中でやってきた事だ。
そのうちレレという男が同じような書き込みで希望者を集める。
この国ではここの掲示板が一番目につくらしい。
ただ僕らも彼らも救いにきたわけではない
94: 天之御名無主 2009/05/29 21:44:02
目立ちたいだけならこんな過疎板じゃなくN速+にでも行くんだ。
95: 温かい水 2009/05/30 10:20:43
頼む!俺も連れてってくれ!
毎日午後9時に府中駅の北口喫煙所で黒いスーツにペットボトル持って待ってる。

もしまだ見てたら来てくれ!もう時間がないんだ!
97: 天之御名無主 2009/05/30 11:06:22
毎日午後9時くらいになると府中駅の北口喫煙所に黒スーツの怪しい男が現れるんです

って通報しといた。
98: 天之御名無主 2009/06/03 16:12:45
ちょw 自分も府中駅なんだけどどうなったの?
99: 天之御名無主 2009/06/03 23:04:12
ばっか、それどう考えたってただのキャッチじゃねえかよwwww
100: 温かい水 2009/06/06 04:16:02
行ってきた!もう仕事辞めてきたよ。
なんか信じらんねーし信じたくねぇ!
101: 天之御名無主 2009/06/06 07:17:43
toLoveるが完結するまでその計画遅らせてくれよ
102: 温かい水 2009/06/06 12:43:12
いよいよ明日か…
どーなるんだろ?
もしホントなら二度とここに書き込む事はできないし行方不明扱いか…
103: 天之御名無主 2009/06/12 19:59:17
音沙汰なしかよ
132: 天之御名無主 2009/08/13 17:46:23
根の国もニライカナイもマヨヒガも異世界だろう。
山だって森だって境内だって異空間じゃないか。
民族板なのに変なスレの流れだよなぁ。
根の国 (Wikipedia) 根の国(ねのくに)は、日本神話に登場する異界である。『古事記』では「根之堅州國」(ねのかたすくに)・「底根國」(そこつねのくに)、『日本書紀』では根国(ねのくに)、祝詞では根の国底の国(ねのくにそこのくに)・底根の国(そこねのくに)と書かれる。
根の国は、その入口を黄泉の国と同じ黄泉平坂(よもつひらさか)としている記述が『古事記』にあり(大国主の神話)、一般には根の国と黄泉の国は同じものと考えられている。しかし六月晦の大祓の祝詞では根の国は地下ではなく海の彼方または海の底にある国としている。
迷い家 (Wikipedia) 迷い家 迷い家(まよいが、マヨイガ、マヨヒガ)とは、東北、関東地方に伝わる、訪れた者に富をもたらすとされる山中の幻の家、あるいはその家を訪れた者についての伝承の名である。この伝承は、民俗学者・柳田國男が現在の岩手県土淵村(現・遠野市)出身の佐々木喜善から聞き書きした話を『遠野物語』(1910)の「六三」「六四」で紹介したことにより広く知られるところとなった。
96: 天之御名無主 2009/05/30 10:34:49
スレタイが良くなかったんだなきっと
異次元とか異世界とか異空間じゃなくて
異郷とか異界みたいな民俗学っぽい名前にすればよかったんだ
134: 天之御名無主 2009/08/14 08:40:37
民俗板はスレによってはオカ板よりたちが悪いので

あーおもしろかった。
最初は大分ゲンナリしながらまとめてましたが、途中から俄然ネタスレの様相を呈してきたので、いつもよりボリューム増でお届けしました。
まぁ、民俗・神話学板は学問板の中で最もオカルトに近いので、たまにこゆのも悪くないです。
塩山から異世界へと旅立った4人が、金属を残していくあたり、スティーブン・キングの「ランゴリアーズ」のパクリぽいですが、釣りなら釣りで、もうちょっと頑張って欲しかったですね。
実際に行った人もいるようだし。かわいそうに。笑
スティーブン・キングのランゴリアーズ [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2008-10-24)
売り上げランキング: 28,791


元スレ:http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1141287933/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

  1. ドクターのコメントをお待ちしております!

  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*