人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

哲学初心者が読むべきおすすめの書籍を教えて! @ [哲学板]


哲学初心者が読むべきおすすめの書籍を教えて! @ [哲学板]
1: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 13:19:55.81 0.net
可能な限りいくらでも書き込んでください
2: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 13:25:54.75 0.net
ジークムント・フロイトカール・グスタフ・ユング
先ずはフロイトとユングの深層心理学から
3: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 13:27:47.87 0.net
方法序説 (岩波文庫) デカルトの『方法序説』
4: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 13:30:25.16 0.net
釈迦仏陀から
5: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 13:31:23.26 0.net
僕はキリスト教哲学からがオススメ
7: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 15:51:52.73 0.net
>>5
聖書からやな
6: DJ学術  2017/03/11(土) 15:46:09.37 0.net
哲学とは何か (河出文庫) まず哲学とは何か。ジル ドゥルーズ。
8: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 15:55:48.77 0.net
ゼロの焦点 (新潮文庫) わしは松本清張のゼロの集点からや
11: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 17:35:19.72 0.net
ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学 (中公文庫) フッサールの『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』
12: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 17:53:05.73 0.net
本当に初心者ならまず哲学史から入った方がいいんじゃない?
13: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 17:56:23.11 0.net
語りえぬものを語る 野矢茂樹の「語りえぬものを語る」は面白いからオススメ
あと、いきなりガチの西洋のやつから入ると難しくてすぐ飽きるだろうし哲学嫌いになるから、最初は馬鹿みたいだけど「よく分かる○○」みたいな簡単なやつがいいと思う
14: 考える名無しさん 2017/03/11(土) 18:31:22.78 0.net
カーマ・スートラ―完訳 (東洋文庫 (628)) インド哲学の「カーマスートラ」かな。
実践できるし、
16: 美魔女 2017/03/12(日) 03:51:30.02 0.net
哲学板は大学生が多いのですか
本より恋をしたり失恋したり悩んだり、人間関係で苦しんだり、家族の悩みや金銭問題や、人の死等いろいろ人生考えて、世界や人生や自分や人に疑問符を持ち自分の哲学が育つのに、人生から逃げて本に逃げてないかなぁ君達は。

だから本読んでも全然ダメな人が多いのよ
糖質って言われたもん
19: 考える名無しさん 2017/03/12(日) 13:57:41.47 0.net
哲学を学ばなくても哲学はできますもんね
20: 考える名無しさん 2017/03/12(日) 13:59:55.25 0.net
哲学を学ばなくても哲学はできますもんね
22: 美魔女 2017/03/12(日) 18:42:43.24 0.net
>>20
二回も言うてる?
27: 考える名無しさん 2017/03/12(日) 23:37:39.16 0.net
ガルガンチュア―ガルガンチュアとパンタグリュエル〈1〉 (ちくま文庫) とりあえず、『ガルガンチュアとパンタグリュエル』でも読んどけば
28: 考える名無しさん 2017/03/15(水) 08:10:06.29 0.net
ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫) まずプラトンの対話篇から
管理人より:探し方が悪いのか、プラトンの「対話篇」の翻訳がどうしても見つからない。Amazonアフィは「対話篇」の研究書で代用しておりますので、ご了承ください。
8.1追記:「対話篇」とはそういう書籍があるんじゃないよ、複数の書籍の総称だよ、と教えていただきアフィ差し替えておきました。補足どうも~。
29: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 06:34:37.54 0.net
思想史は絶対先にやっとけ
ある哲学を知っても、それが歴史的にどの位置にあるか知らないと意味ない
32: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 08:25:00.84 0.net
新哲学入門 (岩波新書) 廣松渉「新哲学入門」(岩波新書)
は、およそ「入門」に値しない難解奇怪な文章で、これでどれだけの哲学入門者が哲学から離れたかと思うと、本当に罪深いと思う

哲学入門 これが早々に絶版となる一方で、100年前の三木清「哲学入門」(岩波新書)はいまだに版を重ねている、という現実をみれば、やはり世の読者は馬鹿ではないと判る
66: 考える名無しさん 2017/03/18(土) 18:53:00.42 O.net
存在と意味―事的世界観の定礎 (第1巻) >>32
あれは新書版で文字数が全然足りないから、わかりにくいかもしれない
全く哲学を読んだことがない人には『存在と意味』第一巻がダントツおすすめ
西洋哲学全部読んだ人が問題を整理して各説のダメなところを示してくれてるから、あんな至れり尽くせりの入門書はないと思う
34: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 08:41:35.25 0.net
哲学通論 (岩波全書セレクション[I]) 三木清ってそんなにいいかなあ
田辺元の『哲学通論』の方がいいと思う。
でも入手しづらいんだよな。
45: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 23:19:58.85 0.net
三木清「哲学入門」は、青空文庫で無料、というのが良い
35: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 10:50:36.66 0.net
マジレスすると論理学と語学やっとけ
上級者になる前にそれやってないと詰むから
36: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 11:17:38.23 0.net
マジレスすると哲学はやる価値があるかを考えろ

イマヌエル・カントエトムント・フッサール
脳科学専攻の学生からカントとかフッサールが馬鹿にされているという現実を直視しろ
37: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 11:44:19.78 0.net
省察 (ちくま学芸文庫) カントを乗り越えようとしたフッサールの『デカルト的省察』を読むためにも、デカルトの『省察』は重要だな。
38: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 12:30:03.52 0.net
立花隆、という有名な評論家が
「最新の認知科学によれば「純粋理性」など存在しない」
「「純粋理性批判」など読む価値は全く無い」
と力説していて、氏が昔の国立大学の哲学科を出ているだけにどうも自虐的な説得力を感じてしまう。

じっさい、このスレで入門書の紹介に命を賭けているような者が、「お前の、3歳から現在までの行為の全部が意味無い」と宣告されたら・・・
43: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 21:42:18.07 0.net
>>36
> 脳科学専攻の学生からカントとかフッサールが馬鹿にされているという現実を直視しろ

>>38
>立花隆の「「純粋理性批判」など読む価値は全く無い」

量子論から見た西洋哲学史 これらは一理あって無視できることではない。
これに果敢に立ち向かっているのは、石川史郎の「量子論から見た西洋哲学史」だけだろう。
プラトン・デカルト・カントを現代に蘇らせている。
これ以外の哲学書は、認知科学・脳科学にすり寄ったり、その逆に無関心なふりをして逃げている。
41: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 20:21:48.44 0.net
純粋理性批判 上 (岩波文庫 青 625-3) 言語哲学は読む価値ないと思うけど、純理は取り組む価値あると思うわぁ
そこは立花隆さんと私は意見が違うわ
44: 考える名無しさん 2017/03/16(木) 21:58:55.87 0.net
ソフィーの世界 哲学者からの不思議な手紙 勧められないのは「ソフィーの世界」
49: 考える名無しさん 2017/03/17(金) 03:20:20.84 0.net
なんで分析哲学って偉そうな割に読むとしょぼいの?教えて
53: 考える名無しさん 2017/03/17(金) 17:59:39.52 0.net
>>49
こけおどしの部分がないから、哲学にそういうのを期待してる奴は肩透かしを食らう
55: 考える名無しさん 2017/03/17(金) 18:05:41.39 0.net
>>49
馬鹿には冷たい哲学だから
頭良くないとポイントがわかんない仕掛けになってる
62: 考える名無しさん 2017/03/18(土) 10:39:01.18 0.net
>>55
いや、ミステリ小説のパズラーみたいなもので、ちっとも頭良くないじゃない
63: 考える名無しさん 2017/03/18(土) 14:02:10.34 0.net
>>62
だからそういうふうにポイントがわかんない仕掛けに、何重にもなってる
54: 考える名無しさん 2017/03/17(金) 18:02:22.89 0.net
>なんで分析哲学って偉そうな割に読むとしょぼいの?教えて
偉そうなポーズをとることだけで成立している似非哲学だからだよ
はっきり言わせるなよ、恥ずかしい
56: 考える名無しさん 2017/03/17(金) 18:35:55.26 0.net
分析哲学ってホントしょぼいよな
読んでて、でそれで何?って感じになる

やっぱり大陸系の哲学の方が数段上だよ
デリダとサールの論争があるけど、マジでデリダの圧勝だし
58: 考える名無しさん 2017/03/17(金) 21:18:40.72 0.net
>>56
お前わざと頭悪そうに書いてるだろww
50: 考える名無しさん 2017/03/17(金) 06:04:03.19 0.net
今は20~30代の自称哲学者が書いた良い哲学史入門書がけっこう出ているでしょ(適菜収を除く)
その中から適当に買えば良い
59: 考える名無しさん 2017/03/17(金) 23:21:20.93 0.net
人生に生きる価値はない (新潮文庫) >>1
中島義道 「人生に生きる価値はない」
65: 考える名無しさん 2017/03/18(土) 18:05:06.80 0.net
高校で使った倫理の教科書と資料集をまず読もうな
その中で興味のある思想家の本を岩波文庫で買って読もうな
70: 考える名無しさん 2017/03/19(日) 15:22:07.90 0.net
世の中の大半の人は人間とは何かや、私とはどうなってできているんだろうとかの答えを、考えている暇もなく死んでいくんだろうか?
高校では哲学習った記憶ないし、専門学校に進んだから知らないんだけど、一般の大学は哲学って必修科目なの?
大学率52%ぐらいだから、必修科目なら半分の人はなんらかの知的解答にたどり着いている、と見ていいのかな?
71: 美魔女 2017/03/19(日) 15:31:55.98 0.net
>>70
無いだろうね?
年々墜落していってるでしょうね。
82: 考える名無しさん 2017/03/20(月) 22:02:38.17 0.net
>>70
哲学教育を受けたところでそう簡単に「人間とは何かや」「私とはどうなってできているんだろうとか」の「なんらかの知的解答にたどり着いている」わけない
哲学教育が教えられるのはせいぜい「問いの立て方」と「議論の深め方」、およびそのサンプルとしての「なんらかの答えへとたどりついた哲学者たちの学説」くらい

あと、そもそも必修じゃない
84: 考える名無しさん 2017/03/20(月) 22:12:28.47 0.net
>>82
必修ではないんだね。
大卒で順調に人生歩んでれば、哲学的な事より現実的な問題に忙しく考えなくなり、逆に社会に出て大変な思いをしがちな労働者の方が、哲学的な思想に耽る機会がありそうな気もする。
86: 考える名無しさん 2017/03/20(月) 22:59:38.25 0.net
現代は暇さえあれば情報はネットでも本でも拾えるから、ある程度は「私とは」とか「世界とは」の筋道を得やすいですね。
学校で習わないからこそ、我流で広げる自由な発想に嵌れば娯楽としてかなり面白いし。
87: 考える名無しさん 2017/03/20(月) 23:10:54.04 0.net
現代で「学校で習わないからこそ、我流で広げる自由な発想」で哲学した成功例がほぼ皆無なんだが
79: 考える名無しさん 2017/03/20(月) 18:15:29.88 0.net
物語 哲学の歴史 - 自分と世界を考えるために (中公新書) 伊藤邦武『物語 哲学の歴史』(中公新書、2012年)
92: 考える名無しさん 2017/03/21(火) 08:24:46.60 0.net
史上最強の哲学入門 (河出文庫) 史上最強の哲学入門読んできた
これだけ読んでも微妙なんだろうけど入門書としてはオススメだな
93: 考える名無しさん 2017/03/21(火) 10:10:58.48 0.net
>>92
どんなん
95: 考える名無しさん 2017/03/21(火) 10:37:44.53 0.net
>>93
初心者でもわかりやすく、がコンセプトでソクラテス~マルクスまでをざっくり説明した本
表紙が刃牙の人の絵なんだけど、中身もそんな感じでどの哲学が最強なのか、みたいな感じで話が進むから読みやすいんだわ
97: 考える名無しさん 2017/03/21(火) 19:35:09.84 0.net
>>95
池沼向けかよ
104: 考える名無しさん 2017/03/22(水) 14:42:14.81 0.net
いつもこんな会話になってしまう・・・・直そうと思ってても気がついたらいつもそう・・・・
どうすればいいんだこれ・・・・


「今日は暑いねー、もうビール飲みたいわ」
俺「あんた車乗ってきたしダメでしょ、飲酒運転になるし。俺送っていかないよ」

「まぁ、そうだけどさ」
俺「だろ、社会のルールぐらい守れよ、子供じゃないんだから」

「冗談で言っただけだよw」
俺「それ冗談になってるか?まったく面白くなかったぞ、そんなんで誰が笑うんだよ」

「いや、別に笑わそうって訳で言ったんじゃないけどさー」
俺「だったらなんの目的で言ったんだ?」

「そう言われたら困るわー」
俺「困るってなんでお前が被害者ぶってんだよ、お前がまいた種だろ」

「じゃあ、用事あるからそろそろ帰るわ」
俺「用事あるんだからそりゃ帰るだろ」
105: 考える名無しさん 2017/03/22(水) 15:43:29.88 0.net
>>104
ネタだろうけど「そうっすねー」でええやん
106: 考える名無しさん 2017/03/22(水) 15:45:43.85 0.net
>>105
だよね
107: 考える名無しさん 2017/03/22(水) 17:27:44.90 0.net
>>106
俺もにたような事やるからな
経験値貯めるしかないわ

何ヶ月か前の話ですけどね、Twitterで当サイトのURLで検索してたら、なんと!
高校生の方がですよ、ウチのサイトに哲学のまとめがあって、おもしろいよ!と友達に言ってるんです。哲学のまとめってあんまないもんな!てね。哲学に興味があるんだそうです。
管理人が高校生のころなんて、女の子のおっぱいのことしか頭になかったですよ。今の高校生すげえー!と思って。

何回も書いてますが、当サイトはお若いドクターが多く、中学生・高校生・大学生の方もけっこういらっしゃいます。
そのうち、ウチのサイトがきっかけで、名無しのドクターからリアルドクターが誕生するかもしれない。そう考えるとあんまこの欄にくだらないことも書けませんね。いっつもくだらないことしか書いてないけど。
ひょっとしたら、ピッチピチのミニスカJKも見てるかもしれませんから、年配のドクターは若者の範たるべくエリを正していただきたい。笑

というわけで、そんな哲学に興味はあるんだけど、どっから手をつけていいかわかんない、そんな哲学初心者にスレの先輩方がすすめる哲学入門書のコーナー。
スレでは出てないこの本もいいよ!あるいは、スレでオススメされてるけど、こういう理由でちょっと初心者にはキツいと思うよー、などなど、ご意見がありましたらコメント欄にて補足していただけると、よりいっそう初心者に優しい記事になるのではないでしょうか。
参考になると良いですね。

スレの途中で、「思想史や哲学史から先にやれ!」という声があり、これには管理人も同感。
哲学に興味があるからって、哲学「だけ」というのは難しいですよね。総合学問だから、歴史・宗教・文化・慣習・法律・論理・言語・思想・政治などなどが複雑に絡み合ってると思いますので、それを紐解くのはとても大変だと思います。
大変だからこそ、やりがいがあるのでしょう。がんばって!
哲学用語図鑑
哲学用語図鑑
posted with amazlet at 17.07.31
田中正人
プレジデント社
売り上げランキング: 1,555



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.7.31 21:21
    人の哲学見て何が面白いのかわからん
    『主体性がないから人の言ってる結論だけを見たがる』って哲学の方がまだためになるぞ。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.7.31 22:18
    最強の哲学入門の著者ってなんかのサイトやってる人だよね
    「哲学に興味持つ」が目的なら一番いいんじゃあないかな
    でも入門書としてはどうかなぁ
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.1 1:22
    リアル高校生なら思想史は倫理の教科書でやるからあえて勧める必要無いかね
    ただ、岩波は訳が古くさくて読みづらい場合があったりするから慎重に……

    個人的には塩野七生の『マキャベリ語録』で
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.1 2:35
    「対話篇」というのはプラトンの一つの著書ではなく、登場人物の対話形式で進められる作品群のことです。具体的には、プラトンでは『ソクラテスの弁明』、『パイドロス』、『パイドン』、『饗宴』などがあります。
    • >※4
      ッ!?
      そーだったんですか。管理人は無知ゆえに知りませんでした。「無知の知」とか言ってみる…。
      アフィは「ソクラテスの弁明」に差し替えてきます~。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.1 2:57
    ワイはアリストテレスのニコマコス倫理学から入ったけど
    やっぱりプラトンの「国家」をお勧めするで。
    ソクラテスとトラシュマコスとの議論で
    目から鱗が落ちてからが哲学スタートやろ。

    こういう言い方は卑怯やけど米国の大学課題図書ランキングで
    一位が文法本、二位がプラトンの「国家」やから
    信頼性もあるやで。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.1 6:59
    哲学史の入門書だなぁ
    できるだけ最近書かれた網羅的で優しい奴がいいと思うけど
    各哲学者がどの時代にどんな本書いて、どんなこと言ったのか
    またそれはどういう位置付けなのかって事を先に学ばないと効率がものすごく悪くなると思う
    いきなりカントやフッサールやポストモダン勧めてる奴は何考えてるんだろ
    とは思うけど、わからないなりに自分がピンときた本意地で読み通すくらいの無駄な努力する熱意無いと哲学なんてやっていけない気がしないでもない
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.1 14:52
    前原昭二「記号論理入門」とあとは哲学史の本を適当に探して読めば次に読むのも見つかるかと

    フロイトとかユングとかの古くさい肥やしにもならない本、人生哲学を語るようなくだらない本や難しい言葉を使いたいだけの衒学趣味の本をよむ必要はない
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.1 16:26
    自分になにかしらの問題意識があるなら、そこから辿れば良いんだけども
    その見通しを立てる意味でも哲学史から入ったほうがやりやすいかな

    やっぱり入門書から順に追っていくのが定石なんだろうか
    一番最初に時代の文脈を離れて個々の本を読んでも挫折しかねないよなあ・・・
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.1 18:53
    全く読んだ事ない人なら、『90分でわかる』シリーズがオススメ
    主だった哲学者が1冊『90分でわかる』ってコンセプトで、プラトン・デカルト・サルトル・アリストテレスetcと出版されてるで

    私事で恐縮やけど、このシリーズ+哲学用語集で勉強しただけで、日大レベルの哲学科編入試験の専門科目通ったで。面接で教官に「これだけ専門用語理解してたら、授業ついてこれる」って言われたけど、いいんだか悪いんだか…
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.2 1:03
    私が高校生の時哲学にハマったのは「最強の哲学入門」の著者が運営されてる「哲学的な何か、後科学とか」というサイトのコラムがきっかけでした。常識を揺さぶられるような哲学の議論って、どことなく厭世的になる高校生の心の琴線に触れるんですよねぇ。

    まとめにもでてる野矢先生の本は読みやすいものが多いと思います。数学と哲学が好きだった私は「無限論の教室」が好きで何回も繰り返し読んでました。
    • >※11
      >どことなく厭世的になる高校生の心の琴線に触れる
      あーなるほど、それでかぁ…。
      高校生だったのってえらい昔なんでそんな心境忘れちゃってましたw
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.2 23:59
    『哲学の教科書』(中島義道/講談社学術文庫)
    『哲学的思考 フッサール現象学の核心』(西研/ちくま学芸文庫)
    あと、野矢茂樹の著作『語りえぬものを語る』『心と他者』『哲学・航海日誌』あたり。

    個人的にメルロ・ポンティが好きなんだけ初心者にはお薦めはできないからなぁ。
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.3 0:44
    本当に初心者なら、倫理のセンター用の資料集は入門としてあり。
    高校生がサッと理解するためのものだから全く深くはないけど、
    過去の思想家にどんな人がいてどんな人の思想が現代まで受け継がれているのかを
    知った上で深く入っていくべきだと思う。
    少なくとも、何となく聞いたことがあるからとかで新書をいきなり買うのはおすすめしない。
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.8 2:08
    ヒュームの『人間本性論(人性論)』を読みなさい。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.8.10 21:07
    哲学はまったく触れたことが無いのですが
    テセウスの船とかスワンプマンとかクオリアといったような概念が纏まっているような本ってないんですかね?
    この手のネタに興味があるんですが
    • ※17 : ドクタ-・ノオ・ネーム
    • 2017.8.12 13:53
    初心者が思想史や哲学史をなぞっても小難しいだけで得るものは少ない気がする、退屈なばかりですぐ飽きるんじゃないかと。
    哲学というのは科学と一緒で『考え方の方法』の話、絵を描くのに美術史は必要条件じゃない。

    野矢茂樹だったら「論理トレーニング」もよい。
    科学的・理性的に解決できない部分が哲学の領域なんで逆説的に、論理・統計・心理の本が入門者向けと言えるかもしれない。

    ※16
    三浦俊彦 著「論理パラドクス」がこの手のネタ集なんでオススメ。
  1. セネカ 人生の短さについて。

    退屈する人生じゃないことはたしか。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*