人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

宇宙戦艦による三次元艦隊戦・戦術議論スレ・前編 @ [SF・FT・ホラー板]


宇宙戦艦による三次元艦隊戦・戦術議論スレ・前編 @ [SF・FT・ホラー板]
1: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/29(土) 19:06:36
宇宙戦争を題材にしたSF小説の花ともいえる宇宙戦艦による艦隊戦。
もっぱらそれらは歴史上における地上戦や海戦をベースにして構築されていますが、よくよく考えれば部隊は宇宙――つまり三次元の真空無重力空間。
慣性の法則によって、(現実の海の上の)戦艦にはできないドリフトもできるし、そもそも左翼右翼を展開して包囲したところで上下に逃げられる点で地上や海上の戦いとは根本的に異なります。
そこで、このスレでは宇宙戦艦の艦隊戦について、その基本戦術について大真面目に議論していきたいと思います。


前提としては

1.宇宙船は障害物(デブリ群・惑星・恒星)がない限り自由に動ける。ただし特殊環境下における戦術に関する議論はちゃんと前置きすればOK。
2.ビーム・ミサイル・バリアー・艦載機はすべてアリ。ただし性能に関してはなるべく前置きしすること。
3.デスラー戦法的なワープの使い方はナシ。戦場の好きな地点に突然現れたりは不可能。

以上です。
取り合えずさしあたっての議題は

1.宇宙空間における包囲戦の仕方。
2.銀河英雄伝説に見られる紡錘形体の陣は果たして本当に有効なのか?


です。

荒らしはスルー。『ググれ』はなるべく控えて、あくまで丁寧に教えること。そこから生まれる発想や話題もあります。
特定作品の戦争について語るのはOKですが、その場合も、あくまで「その戦闘に使われた作戦」についての議論にとどめ、作品自体やキャラクター、ストーリーについての議論はなるべく避けること。
以上です。さて。まったり行きましょう。
2: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/29(土) 19:44:05
航空宇宙軍史・完全版 五: 終わりなき索敵 (ハヤカワ文庫JA) 谷甲州好きとしては、宇宙空間で包囲せにゃならん理由がピンとこないのですが‥‥
4: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/29(土) 20:02:16
>>1
> 1.宇宙空間における包囲戦の仕方。
時空連続体ごと切り取って、閉鎖空間に投げ込む。

> 2.銀河英雄伝説に見られる紡錘形体の陣は果たして本当に有効なのか?
なにそれ?
マンガ「銀河英雄伝説」より
管理人より:現在連載中の藤崎竜のマンガ「銀河英雄伝説」によると、こういう陣形。
7: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/29(土) 20:43:02
1.光線砲のような直進兵器が主力兵器で、戦闘艦が艦の上下左右に光線砲を装備している場合
2.「包囲してる側」は艦の片側の光線砲しか使えない
3.「包囲されてる側」は360度全方位射撃が可能
4.よって「包囲されてる側」が優位に立つ
5.率先して「包囲されるべく」相手の陣形に割って入ろうとする艦隊戦になる
10: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/29(土) 22:09:16
>>7
包囲してる側は集中放火できるぞ
23: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 02:14:09
>>7
包囲してる側は補給受け放題で、船が壊れたら修理するために後方に下がることも出来る。
被包囲側は補給なし・修理なしだぞ。
24: 1 2008/11/30(日) 02:55:24
寝る前に来たら結構伸びててびっくりです。
>>8.9,14,15
とりあえず、いろいろ条件設定が出てきたので、まずは一旦以下のような条件で話してみませんか?
1.イデオン(銀河破壊兵器)禁止、波動砲(惑星破壊兵器)自重
2.戦艦の砲塔は現実の戦艦と同じくらいの射角(前方から斜め後ろくらい)
3.慣性制御・重力制御で乗組員の安全は確保できる。
4.戦艦自体の機動は後背につくブースターメイン。姿勢制御用の慣性制御やサブブースターはあっても、メイン同様の機動は無理。


>>17
亜光速質量兵器の運動エネルギーもビームのエネルギーも、究極的には同じ戦艦のジェネレーターから出るので、とりあえずここでは威力は大体同じとみなしていただいていいでしょうか?

>>18
確かに人間は三次元的に動けるようにはできていないですよね。
ということは、やはり宇宙で戦闘するときは、便宜上の基準水面を決めて、そこから「高度××宇宙メートル」、「深度●●宇宙マイル」とか「仰角30宇宙度」とか決めているのかもしれませんね。


>>21
確かに銀英伝の戦艦は戦闘機の流れを汲んでいそうですね(攻撃が前方に固定)。
ただ戦闘機同士だと相手の位置を常に把握することが結構重要になりますが、戦艦艦隊戦だと、戦場にいる敵の位置は大体わかるでしょうから、そうなると戦闘機とはまた違ったことを考えなくてはならないかもしれません。

また、ドックファイトで高度が重要になるのは、翼によって速度を揚力に変換できるから、位置エネルギー=運動エネルギー  故に 高度=速度、という方程式が成立するからなので、揚力も稼げず速度も自力で止めなくてはならない戦艦戦では、また勝手が違うかもしれません。

>>7.23
確かに包囲されても、砲台が固定かつ全方位ならむしろ逆に短期的には有利かもしれませんね。
長期時に見れば補給急速なしで23の言うとおりつぶれるでしょうが。
28: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 10:21:00
>>24
理想は戦艦マゼランってところですか?
その場合艦載機とかは空母、輸送船便りってことになりそうだが…

個人的には艦載機はスパルタ、ワルキ、MS、ヴァルキリーであれ、戦艦1個につき一個中隊分くらいの艦載が欲しい。
何機で1個小隊とするかとか、戦艦の大きさによっても変わるけど。


艦隊戦だけど、3次元だったら包囲もUの字型というより、御椀型って表現じゃないとおかしいよな。

あと、球体に陣形組んだ時に層をあつくしたら遊兵作っちゃうし、だだっぴろいところでの基本陣形は縦方向の薄い板みたいになるんかな
そうすればアルキメデスの鏡よろしく局所的に攻撃を集中できるし
暗礁宙域とか小惑星軍とかがあると全く話変わるだろうけど
スパルタニアン
管理人より:スパルタニアン、ワルキューレは「銀河英雄伝説」の、MSはもちろん「ガンダム」の、ヴァルキリーは「マクロス」のそれぞれ艦載機(艦載ロボ)…ってワルキューレとヴァルキリーは一緒だな!
31: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 14:10:41
>>28
戦艦に艦載機を載せてたら、その発進用の出口が弱点になるから、思いっきり装甲で固めた戦艦と、それほど装甲を持たない空母を別にして、戦艦が前面で戦って、後ろから空母が艦載機で支援した方が良いと思う。
32: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 14:13:32
>>31
そこでガミラス戦闘空母ですよw
34: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 15:07:05
特に映像系で、巨大戦艦に弱点を用意するために、戦闘中に艦載機射出口を開けてるという、信じられないことをやらかす例があるから、そのあたりの話じゃねの?
36: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 15:26:38
>>34
それどころか、ハンガーデッキが前についていて、閉じられなかったりするよなw
ガミラス宇宙空母
管理人より:アニメ「ヤマト 2199」で描かれたガミラスの宇宙空母はこんな感じのデザイン。
33: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 14:38:10
>>31
> 戦艦に艦載機を載せてたら、その発進用の出口が弱点になるから、
なぜ?
35: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 15:11:20
>>31-33
多分

「ハッチオープン!」
「ミサイル飛び込んできましたうわああ」


な事態になるからでは?
もしくは敵機が飛び込んでくる可能性もあるとか
矢面に立つ戦艦に防御上の弱点が出来るってことだと思う


一つの艦船に出来るだけ多くの機能を組み込むか、逆に限定することで特化させるか…って問題だよね
8: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/29(土) 20:43:47
これ、科学技術はどこまでを想定するの?
慣性や重力制御が出来るかどうかで、艦船の運動の自由度が全く違うし。
11: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/29(土) 22:27:34
じゃあまず、トリプラネタリーの戦闘円錐について分析しようか。
12: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/29(土) 22:34:51
「無責任艦長タイラー」BD-BOX [Blu-ray] ラアルゴン・ギムレットっつーのもありました。
13: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/29(土) 22:38:07
ハリダンの紋章〈上〉 (ハヤカワ文庫SF) 三次元の艦隊機動なら『ハリダンの紋章』で魅力的に描いてあったなあ
トリプラネタリー
管理人より:「トリプラネタリー」というのはそういうボードゲームがあります。ルールの中に「宇宙での慣性飛行」という要素を組み込んでいて、なかなかおもしろそう。
15: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/29(土) 22:59:06
銀河英雄伝説 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 戦艦の武装によって話は大分変わるよな。
銀英伝はなんでビームとか前方固定なんだろ…
18: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 00:50:19
銀英伝の平面戦闘がよく疑問視されるが、

人間が戦闘をイメージするのなら、宇宙空間であれ基本的に平面の発想から逃れられない気がするなあ。



人間じゃない機械さんが実質的に戦闘を行う場合、三次元をフル活用したら少しでも多いほうが圧倒的に強いだけじゃないか。
19: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 00:58:59
>>18
> 平面の発想から逃れられない気がするなあ。
すでに逃れている件
25: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 03:06:30
>>18
> 平面の発想から逃れられない気がするなあ。
ふつうに逃れられるよ。
管理人より:銀英伝の描写には「天底方向から殺到し…」などといった3D的な描写がけっこうありますね。
21: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 01:04:51
宇宙戦闘についてリアリズムにこだわって書いたものは実は読んだことがない俺

妄想だけど、どっちかっていうと戦闘機同士のドッグファイトに近いんじゃないかな。
空中戦だと到達可能な高度が重要なものになってくるけど、(急降下して加速できる、そもそもパワーのない機体は上がってこれない)これは惑星の引力に影響を受ける宇宙船でも同じことじゃないか?
22: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 01:55:35
>>21
> 空中戦だと到達可能な高度が重要なものになってくるけど、
いや、別に。
44: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 20:05:45
アニメの話で恐縮だが、戦艦が全く動いてないように見えるのはいかがなものか
実際には物凄い速度で宇宙をカッ飛んでいるはずだよな
距離が縮まる描写はなかなか見かけないのでどんだけ遠くから撃ってるのかと
それともあれは射撃時には止まらないといけない第二次大戦時の戦車みたいなものなのだろうか
46: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 20:47:05
GALACTICA/ギャラクティカ シーズン1 ブルーレイ バリューパック [Blu-ray] >>44
〈バトルスターギャラクティカ〉で、ギャラクティカが、ちっこく見えるほどカメラから遠いところにジャンプアウト、そのあとピューッと飛んで行く絵があって、ああ、実際にはこんなに速いんだというのを表現していた。

それでもせいぜいマッハ3とかその程度だったろうけど。
67: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 00:22:33
>>63
だから宇宙戦闘でマッハ言うなと(ry
管理人より:「マッハ」は音速の単位なのですが、標準大気下であればマッハ1=1225km/hとなります。しかし媒質によって速さが変わる相対的な値。
48: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 21:05:11
スタジオぬえのスターシップライブラリ読んだ事あるか?>>1
63: 1 2008/12/01(月) 00:15:20
>>44
運動エネルギーが質量としてカウントされるような亜光速戦闘だとどうかは知りませんが、マッハで計測できる程度での戦闘なら、重要になってくるのは相対速度ではないでしょうか?
つまり相手がマッハ3でかっ飛んでて、自分も同じ方向にマッハ3でかっ飛べば、見た目上はお互いに静止している状態になります。
ですから止まる、ではなく、射撃をする時は自分から急な旋回や加速をせず慣性で動く、という状況になるのではないでしょうか?


>>48
いいえ、読んだことはありません。

>>50
そういう兵器への対策と技術の革新によって戦術とかも変わってくるかもしれませんね。
例としては

装甲が薄く当たったら終わりな宇宙船だらけであり、積載量も限られていて、互いに遠くから散弾のようなものを打ち合う戦争。
故に盲撃ちの面攻撃なため、いかにタイミングを合わせて敵の集まってることろに攻撃を打ち込むかが戦術における重要なポイントとなり、兵を薄く散らす戦術が有効になる。
 ↓
装甲の重層化、隔壁を増やすなどをして艦の巨大化が進行。
艦の巨大化、防御力の増大などによって散弾が効かなくなり、代わりに当たりやすくなったことから、一撃必殺のビーム兵器が使われるようになる。
散弾のような面制圧兵器がなくなる=艦一隻あたりが単位時間あたりに攻撃できる相手が減ることで、密集陣形を作って突撃し、薄く展開してる敵を蹂躙する戦法が有効になる。
 ↓
装甲素材の軽量化、質量を気にしなくていいバリアの開発によって、デブリ散弾のきかない小型艦、艦載機の登場。
戦術がまた変わる・・・


っていう感じに。
71: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 00:38:47
>>1自身が>>63で書いてるけどさ、技術の進歩に伴い戦術も変わってしまうんだから設定を詰めた方がいーんでない?
『銀英伝』なんか艦載機に戦艦も空母までゴタマゼで殴り合ってるがw
普通に考えて空母、宇宙で空母はヘンか?、は主戦場から離すだろうし。

>>1の考えてる軍の編成は第二次大戦の海軍みたいな、戦艦も空母もなんて過渡期的状況なの?それとも、それ以前の大艦巨砲主義なの?
72: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 00:40:07
>>63
そうか、読んだ事ないか…>スタジオぬえのスターシップライブラリ
その中のメイン企画が、宇宙戦艦の考察、でまさにこのスレと同じネタだったんだ。
こんなページ スターシップライブラリこれと、航空宇宙軍史シリーズに尽きるんじゃね?この手のネタは
54: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 23:30:13
こんだけ噛み合わないのに伸びてるのは凄いけどさ…w
条件設定が甘すぎて、何やりたいのか全然わかんないよ


>>1何とかしろよ
70: 1 2008/12/01(月) 00:27:28
>>54
条件が甘くて済みません。
とりあえず、このスレの趣旨は

「どのSF小説でも(とりあえず私の知る限りでは)あまり重要視されていない宇宙は3次元的な動きができる場所である、ということを踏まえた艦隊運用や戦術ってのはどういうのがあるだろう?」

ということです。
そう考えれば、艦載機や燃料用のスペース云々、カタパルトの有効性云々というのは若干外れているかもしれません。
まあ、個人的にはそれも興味深く、楽しく読まさせていただいているのですが・・・・。

ともあれ、このスレ的には、宇宙船技術のレベルは、現実の海戦で例えるなら第二次世界大戦前の「爆撃のみで戦艦を撃破することはできない」という、大艦巨砲主義的な、「宇宙空間戦の主体は戦艦の攻撃である」という前提で議論していただきたいと思います。

議論に参加していただいている方には申し訳ありませんが、なるべくそちらの方を念頭に置いてください。
後手後手の条件付けをして、申し訳ありません。
74: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 00:44:08
>>70
スマソ、入れ違いでカキコしてましたね。
戦艦同士の殴り合いが基本なわけですね、了解しました。
57: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 23:43:06
慣性制御できるならカタパルトは要らん気もする。
推進剤の絶対量が大型艦に比べて少なくなる艦載機の運用にメリットが有るのか?
格納庫を作るくらいならそのスペースを弾薬なり推進剤等に使うほうが有効だと思うが。
61: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 00:07:23
>>57
そこが、宇宙戦争ものを書く場合のネックなんだよw
ひとつのでっち上げとして、母艦の図体が大きいから、被弾しやすいから後方から艦載機を展開するよ、ってのが考えられるかな
58: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/11/30(日) 23:50:11
艦載機がいたら、偵察とか連絡に使える。
船が沈むときに脱出するのにも便利。
62: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 00:09:40
>>58
あぁ、それはわかる書き方がマズくてスマン。
戦闘に参加させるメリットが有るのか、と思ったんだ。
現代と同じ様な進化をして空母艦載機が主力になる戦場では、戦艦は無用の長物扱いだろうし、そこまで艦載機が高性能化してなければ、艦載機の出番は偵察なんかに限定される筈。
65: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 00:18:44
推進剤の量=最終速度或は機動力、だから超大型の巨大戦闘艦しかあり得ない様な気がする
68: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 00:24:38
> 2.銀河英雄伝説に見られる紡錘形体の陣は果たして本当に有効なのか?
包囲の話はしたけど、コッチはどうなったんだ?
とりあえず、突撃するときに、球形より紡錘形の方が有利な点ってある?
73: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 00:42:49
>>68
ぱっと思いつく紡錘形…というか長さのある縦長の陣形の有用な点は
1、火力の集中がとても簡単である
2、突貫力がある

という2点でしょうか


まず、これは銀英伝の戦艦に見られる、基本的に砲は前向きという設定にも絡みますが、全艦の攻撃が陣形を進行方向から見て輪切りにした半径に集中します。
さらには薄く展開した陣形の場合、1点が崩れれば即座に弾幕の空白域ができますが、縦長の陣ならば、すぐに後ろから補充が来きます。

つまり相手の一部を崩壊、壊走させることで、他の陣も乱すことができるのが、この陣形のメリットではないでしょうか?
82: 68 2008/12/01(月) 01:13:39
>>73
銀英伝のアニメだと砲は前向き固定だったけど、アレだと後ろの船は撃てないから逆に火力集中は難しくなると思う。

後ろから補充が来るのは、球形でもあんまり変わらないような気がするけど。

>>68でははっきり言わなかったけど、球の表面だけじゃなく中までびっちりつまった状態を想定してる。
83: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 01:19:20
>砲は前向き固定
姿勢変えれば、どの向きにも撃てないか?
84: 68 2008/12/01(月) 01:24:28
>>83
「突撃の陣形は紡錘形じゃなくても球形でも同じではないか」っていう突撃中を前提にした話なもんで。
前の船がやられたら、すばやく前に出ないと陣列に穴が開いちゃうから、あんまり他の方向向いてられないはず。
85: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 01:52:38
中までびっちり詰まった陣形だと、戦闘初期には中の艦が遊兵化しない?
「外側の味方がジャマで撃てねぇ」って。
棒錐というより中身をくりぬいた、例えるとコップを横にした様な形のほうが有効な気がする。
突破されたら艦の向きを内側に変えて包囲状態へ移行すると。
上記は反航戦で正面からぶつかった場合を想定ですが。


宇宙で正面から会敵ってのもアレだな…
陣形そのものより、お互い有利な位置を確保するための偵察と艦隊機動のほうが大事になるかな?
79: 1 2008/12/01(月) 00:58:22
機雷や、魚雷的なミサイル――つまり駆逐艦的な船の存在はありで考えましょう。
潜水艦に関しては、宇宙戦艦ヤマトに出てくるガルマンウルフ的な「異次元空間に引っ込み、攻撃のときだけ出てくる」といったのはナシ。
ステルス機能に特化して、伏兵としていきなり現れるというのは、アリで行きましょう。


それと艦の数については、とりあえずは、宇宙戦艦ヤマトや現実の海戦のようなぱっと見で数えきれるような艦数ではなく、複数の艦隊を集団として扱うような、銀英伝や、古代ローマの歩兵による陣形戦のようなのを想定しましょう。

少数艦隊同士の戦術の議論も面白そうですが、私としては最初はそちらを考えていましたので。
個人的な嗜好でもうしわけありませんが、そういう方向でお願いします。
81: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 01:09:20
って云うか、そもそもベースがヤマトと銀英伝じゃSFにはならない様な気がする('A`)
87: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 03:52:36
艦隊を構成する艦の種類はどうなるのかな?
機動性重視で小回りの利くフリゲイトやコルヴェットが戦闘艦の主流になると見たが、少なくとも、遅く鈍い大きさの艦は後方での使用になると思う
88: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 05:11:57
>>87
おっと、戦闘機も超弩級戦艦も加速力も機動性能も変わらない太陽系艦隊の悪口はそこまでだ。
管理人より:「戦闘機も超弩級戦艦も加速力も機動性能も変わらない太陽系艦隊」の元ネタわかる方いらっしゃいます?
90: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 07:57:06
逆に考えるんだ
銀英伝みたいなのが最高の戦術になる戦艦の条件を議論するんだ
97: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 17:38:06
【条件設定】
・数千隻単位の宇宙艦隊同士の戦闘
・双方相対速度なしの状態で布陣
・武装は光線兵器、実弾兵器あり(但し質量攻撃は考慮しない)
・艦載機運用可
・個艦の性能、及び戦場の特性などの設定は、その時々に決定


>>1さん、こんな感じで桶?
良ければ、最初の戦場を誰か決めておくれ
 ↓
98: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 18:05:00
じゃあ、まずは冥王星沖会戦。

太陽系の果ての果て、矮惑星公転軌道上。
障壁となるデブリなく通信状態極めて良好。
冥王星前進基地とその衛星カロンは遥かに遠い。
では地球防衛艦隊出動!↓
99: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 18:24:25
ちょっと待ってw
ついでに単位とかも決めときませんか?

よく分からんけど「宇宙ノット」って語感は大好き
100: 名無しは無慈悲な夜の女王 2008/12/01(月) 18:37:16
では、1ドル=105宇宙円で

まぁあの、鍋奉行タイプの»1さんの立てたスレというのは、そこそこ盛り上がりはするんですが、たいていの場合「定義をどうするのか」「お前の定義が気に入らない」「ちゃんと仕切れ」という話題に終始しがち。
今回もようやく、「1ドル=105宇宙円」というおおまかな単位と設定が決まって、さて宇宙艦隊出撃!ってところで、通常記事の規定量に達してしまいましたw
というわけで、1回ではまとまらないので、需要あるかどうかわかんないけど、前後編にわけて投下します。
»1さんマルチ安価多数でまとめづらく、安価先がない場合もありますが、どうぞよしなに。

過去に当サイトでも、宇宙戦闘に関する妄想スレはいくつかまとめてますが、これらは比較的現在の技術の延長上というか、現実に即した(?)内容であるのに対し、今回のスレはそういうアレを全部すっ飛ばして、SFにぐっと寄せた場合の艦隊戦術を語るスレですね。
まぁ確かに、宇宙では重力もないし、地平線ももないし、いかなる戦闘が繰り広げられるのかは気になるところですよ。
敵味方でお互いの想定する基準面が食い違って、こう…はすかいに向かい合う両艦隊というのも絵的に情けなく、やはり銀河の公転面=基準面というような、国際的な決まりごとがあるのではないかと予想します。

さて、第一次大戦前後の地球上における海上艦隊戦だと、相手の距離、自分の砲の威力・特性・射程、たがいの相対速度、波の上下による誤差、重力と弾道計算…などなどがあるわけですから、なかなか弾が当たらない。だからこそ、それを少しでもマシにする戦術が生まれるわけですよね。

ところがSF的な宇宙の場合はどうですか。
全方向に超遠くまで直線的に攻撃できる亜光速ビーム兵器と、やはり全方向に攻撃できるミサイル的なものが主兵装なわけでしょ。それら強力な兵器を持った装甲の分厚い戦艦を数揃えるだけの、大味な戦闘になってしまう。
アニメや映画的な、目で追えるほどノロノロと飛び交うビーム兵器はあり得ないわけですよ、宇宙の距離感を考えるとですね。

「バリアで」とひとことに言ってもそれはビーム兵器のみならず、ミサイルみたいな物理攻撃も防ぎうるのか、ビーム兵器が当たると艦が後ろに引き戻される(=移動が阻害される)のか、艦隊の真ん中を集中して狙って爆発が起きると艦列は乱れるのか、エンジンふかしてるときは出力が減ってバリアなりビームの威力が弱まるのか、であれば移動はせずにその場にとどまって撃つのが有利なのか、銀英伝にあるような「主砲三点斉射!」みたいな一時的な攻撃ブーストはアリにすんのか、艦載機をOKにするならそれはどのような特性を持つのか…などなどと言った条件をもうちょい細かく考えてスレ立てないと。

だから銀英伝の「基本前しか攻撃できない」という縛りは、そこに「宇宙ならではの戦術」を生み出すための方便だとも言えますね。
「艦の方向」という重要な要素が生まれることで、どの方向に誘導してウラをかくのか…というわけですよ。田中芳樹は勢い重視の作家だけど、そのへんはなんだかんだでよく考えてると思う。

»1さんも同様に、宇宙の艦隊戦闘においては、宇宙ならではのどういう縛りを加えるのか、をもっと考えないといけないわけです。そうやって初めて、艦隊をどう配置するのか、予備兵力をどう扱うのか、艦隊をどう機動させるのが有効なのか、という具体的な話になると思いますね。
まだスレの後半読んでないから、そのことに»1さんが気づくのかどうかわかりませんが、この想い、スレの»1さんへ届け!…と願いつつ、

後半へ続く!

★ Mod Library - Sins of the Prophets (Halo Mod for Sins of the Solar Empire: Rebellion)トップ絵は、洋ゲーの「Sins of a Solar Empire」のHalo(という別ゲーの)トータルコンバージョンMod、「Sins Of The Prophets Ad Infinum」より。
いわゆる「4xゲー」というタイプのストラテジーゲームで、自動生成の惑星マップがラインで繋がってて、その間しかワープできない仕様。
中立惑星に入植し、資源を確保しつつ艦隊を強化→敵勢力と戦闘したり外交したりして勝利を目指します。

このゲームではあんまり3D戦闘という部分は活かされておらず、基本的にはテクノロジー鍛えて、数揃えてタコ殴りにするやり方ですね。
あまり宇宙艦隊ゲームで、戦術が活かされるというのは少ないもので、さらに3Dを有効活用したゲームともなると、ないとは言いませんが、実際に画面で見ると位置関係が実にわかりづらく、めっちゃやりづらい。
結局ゲームになると、ビームでもミサイルでも100発100中なわけで、消耗戦になってしまうんですよね。あまりこのへんが活かされるゲームって多くないと思う。
9.23追記:当記事を「駄文にゅうす」さんでご紹介いただきました!
「HPに社内行事や飲み会の写真が貼られている会社」ていうのが今ちょっと話題になってるけど、公式サイトに技術情報を載せたら載せたで、逆効果だたとも思うんですけどねーw
Sins of a Solar Empire: Rebellion (PC DVD) (輸入版)
Kalypso Media
売り上げランキング: 19,644



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.14 21:41
    後半があるなら、コメントは後半にまとめるか
    週末は3連休で、そのうち一日半は台風で潰れそうだし
    • ※2 : ドクタ-・ノオ・ネーム
    • 2017.9.14 22:25
    正面以外の攻撃手段が必要になるのは重力圏内の小競り合い程度であって
    恒星間移動ができるようなレベルの艦隊戦なら側面に回り込む余地なんてないですよ。
    戦闘速度に対して交戦距離が途方もなく遠い。

    これぐらいのスケールだと天文単位の距離にある質量でも影響を受け、亜光速で飛び交う砲撃はカオスな軌道を描く。着弾確認もタイムラグがあるし割と悠長な戦闘になりそう。

    あとは作劇上の都合に合わせて技術的な制限をどうつけるかしだい。艦クラスだと超光速移動できない戦域でも、ミサイルのサイズなら敵の手前まで跳躍できるとか
    戦速を出すためには固まって移動する必要が出るけど、質量に制限があって小規模艦隊しかできないとか。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.15 0:59
    「どのSF小説でもあまり重要視されていない」とか言ってるけど
    紡錘陣形とか円錐陣形とかレンズマンみたいな古典にだって登場するくらいさんざん語りつくされてるだろ…
    • ※4 :    
    • 2017.9.15 2:38
    設定を限定してしまえばよかったのにね。
    銀英伝の設定を丸パクリしたとして、宇宙空間での戦闘ドクトリンを思考したい。とでもしとけば話が早かった。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.15 7:01
    銀英伝って前面シールドの描写あった気がするけど。
    宇宙空間での超長距離での打ち合いが前提なら、防御用のシールドは前面が厚くなるし
    粒子砲やレーザー砲相手なら、鏡面装甲で偏向させて威力の減衰ができるけど
    受け流した先に味方が居たら二次被害も出るでしょ。
    この場合、紡錘陣形での突撃にも意味があるんじゃない?
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.15 10:28
    確か富野のガンダムの小説って、連邦軍の艦隊って月と同じ規模の広さに展開したようなな気がするが。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.15 13:26
    ヤマトがSFなら ◯ペはハード と言われるくらいにビジュアル面にステ振りやから
    しゃーないわ
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.15 14:56
    後半へ続く cvキャゼルヌ

    そういや惑星間の輸送コストってどのくらいかかってるんだろ
  1. >後半があるなら、コメントは後半にまとめるか
    後半は確かにあるんですけど、当サイトで「次回」っていう時は、「次回の同カテゴリーの更新時」っていう意味なので、2、3週間ほど後ですよ。
    ------------------
    >銀英伝の設定を丸パクリしたとして、宇宙空間での戦闘ドクトリンを思考したい
    1さんの意図としてはそのへんだったんですよね。
    ------------------
    >後半へ続く cvキャゼルヌ
    ワロタw
    同じ声優さんですもんね。キートン山田
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.15 19:25
    銀英伝で考えてしまうと、「艦載機」の存在意義が難しくなってしまうんだよな
    まず最低限、艦艇より速く飛べなきゃならないけど
    あの世界、艦艇が光速の何割って速度で動くからなあ「互いの艦隊は60万kmの距離をおいて相対した」なんて描写があるし

    それより速く飛ぶことにすると、秒速数万キロで飛び交う「空中戦」……うん、人間の搭乗員のせたらとても無理だわ
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.15 22:34
    まあ、「銀英伝」よろしく艦隊を面構成にして、面対面で会戦するのが一番それらしいんでしょうね。
    とは言え、「ヤマト2199」でコスモファルコンの無双を見て思ったのは、こいつに「ガンダム0083」に登場するデンドロビウムのオーキスみたいなコンテナ付けたらそもそも地球戦艦要らないジャンでしたから、実際のところAI機動兵器のばらまき合いのみが主流になる気がしますがw
    「シドニアの騎士」の衛人がやる掌位は宇宙機動兵器描写の大発明だと思うのですけど、あんなイメージで戦場にその機動兵器塊を飛ばせば、その際は、I have controlな「ゆきかぜ」が勝手に戦果を上げてくれる筈ですとも(宇宙駆逐艦とは言っていない)。

    しかしそれでは粋じゃないと無理矢理有人艦船を主力にするとしても、一括した情報収集とフィードバックをリアルタイムで行う「MJP」のパープル2的な戦場空域把握専門の機材必須でしょうから、ロマン溢れる艦隊戦の影で「敵は海賊」のラジェンドラの様な電子破壊を主な任務にする機材どうしのつぶし合いが勝敗を決する感じでしょうか。

    あれ?、やっぱり、艦隊が要らない結論にw
  2. >「艦載機」の存在意義が難しくなってしまう
    なんか接近戦で出す!って感じでしたよね。
    でも主砲の極太レーザーで撃ったほうが早そう…っていつも思ってましたw
    -----------
    >「シドニアの騎士」の衛人がやる掌位は宇宙機動兵器描写の大発明
    シドニアは、慣性飛行っていう部分を強めにフィーチャーして、いかにも宇宙ぽいとこが良かったですよ。なれない萌え要素まで投入して…w
    雪風とか、ラジェンドラとか懐かしいなー。「敵は海賊」のEMP兵器とか有効そうなんだけど、フィクションでは絵的につまんないせいかあんまりないですよね。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.16 23:21
    主砲を熱のレーザーとして、打てば熱によって冷却が必要だろうし、
    陣形によって前衛が機能する面積は変わってくるし、何連射か打てば、
    後方と陣形を入れ替えて冷却や熱消耗した部分の交換とかが必要だろうし、
    敵のレーザーなどによって前面の厚い装甲も熱で耐えられる限度があるだろうから、
    その冷却を超えるような複数のレーザーで溶かされて破壊されてしまうのだろう、
    でもミサイルとかの実弾もあるから、前面の装甲はホイップチョコレートみたいに
    多少の爆発の破片くらいなら少し軟性があって耐えられるようになっているのかな?
    前衛が一部やられたままになると、陣形の攻撃面積が減って攻撃力が落ちる、
    そうすると艦隊をいったん下げて陣形の再編成でびっちりと並べ替えて、
    攻撃面積を均一にして、最大攻撃力を回復させるんだろうね、
    ラインハルトがレーザー撃っていたのは艦隊的には前衛の方だったんだろうね
    でも実弾系はその周辺の星の重力に乗って攻撃的なスピードで放浪し続けるんだろうな、
    民間船なんて宇宙に出られなくなるだろwww
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.17 15:08
    包囲されても上下に逃げられるとは言うけど
    追撃されるだろうから逃げ切るのは難しそう
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.18 0:34
    宇宙空間だと艦載機も艦艇も全く同じ条件で航行するわけだから、航行性能にそこまで差はない気がする。魚雷艇と戦艦のような関係かも
    惑星軌道上で迎撃に用いる状況は予想できるけど、だだっ広い空間で出撃させても回収がめんどい
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.9.19 19:19
    全力で後退する宇宙戦艦にザクとかの艦載機は追いつけるもんなのかな?
    そういう根本的な知識が無いから宇宙戦闘はよくわからない
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*