人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

次世代のエネルギー源:マグネシウム @ [化学板]


次世代のエネルギー源:マグネシウム @ [化学板]
1: あるケミストさん 2011/11/20(日) 07:11:04.91 .net
埋蔵量は 無限に 10万年ほど
熱カロリーは石炭と同等か わずかに落ちる。
今の、火力発電所でも燃焼できる。
燃焼させても、2酸化炭素も出さない。
生成過程で、真水もできる。

ただ、問題なのが、酸化MgからMgにするときエネルギーがいること・・・・
今は太陽光を検討中
東工大 東北大 がまだまだの段階
そこで化学屋は、この酸化MgからMgを容易にする触媒かなにかを、考えて
3: あるケミストさん 2011/11/20(日) 15:35:44.39 .net
ひどい釣りスレだな
4: あるケミストさん 2011/11/20(日) 17:14:56.98 .net
>>1の馬鹿さ加減をエネルギー源とすれば、無限のエネルギーを取り出せるのではないか。
管理人より:「マグネシウム」は、原子番号12番で非常に有用な金属元素。語源は主な産地であるギリシャのマグネシア県より。非常に酸化しやすいため還元剤として使われることもあります。マグネシウムは水と反応し、水素と水酸化マグネシウムを生成しますが、マグネシウムはあまり安くはなく、水を電気分解した方が効率は良い…んだそうです。
5: あるケミストさん 2011/11/20(日) 18:46:58.51 .net
金属マグネシウムが鉱物として大量にあるのかと思っちまったよw
7: あるケミストさん 2011/11/21(月) 16:32:20.39 .net
>>5
海水に死ぬほど含まれてるじゃん
にがりの主成分は塩化マグネシウム
8: あるケミストさん 2011/11/21(月) 17:24:30.54 .net
いやだから金属マグネシウムじゃないじゃんw
9: あるケミストさん 2011/11/21(月) 17:42:34.89 .net
>>7
>>8の言うとおり金属マグネシウムじゃないだろうが!
化学0点だな!!
10: hell poemer 2011/11/21(月) 18:08:49.58 .net
電気分解して生成すればいいじゃん
11: あるケミストさん 2011/11/21(月) 18:15:24.29 .net
それはCO2熱分解して炭素取り出せばいいじゃん!っていうのと同レベルの発想
13: あるケミストさん 2011/11/21(月) 19:14:17.77 .net
CO2を炭素源として再利用の方がまだ現実味がありそうだな
15: あるケミストさん 2011/11/21(月) 21:49:37.47 .net
>>13
三菱化学あたりがなんかやってた気がする
17: あるケミストさん 2011/11/22(火) 22:55:06.45 .net
まあまあ、水を水素と酸素に分解する触媒をだな

なんかあったよな
18: あるケミストさん 2011/11/22(火) 22:56:28.75 .net
酸化チタンのことかー
19: あるケミストさん 2011/11/22(火) 22:58:55.00 .net
いっても光エネルギー使ってるからな
熱力学上当然ながらエネルギー投入しないと無理
20: あるケミストさん 2011/11/23(水) 15:33:16.78 .net
越えられない熱力学法則の壁
太陽電池はある意味正解
管理人より:光エネルギー云々は、もうちょい下の»35さんの解説を参照してください。
21: あるケミストさん 2011/12/06(火) 14:26:04.46 .net
新潮45の12月号に乗ってた。
夢のエネルギーですね。
お役所は積極的だけど、有識者(←笑)がOK出さないらしいね。
トルコにプラント作って効率上げてる段階らしいね。
22: あるケミストさん 2011/12/06(火) 19:12:38.90 .net
僕もみた。
本当ならすごいんだろうけどマスコミが騒がないということは、やっぱり、なにかあるんだろうね
25: あるケミストさん 2011/12/07(水) 13:18:10.62 .net
>>1
海水のマグネシウムを低コストで取り出す上手い方法が新潮に書かれてあるね

>酸化MgからMgにするときエネルギーがいること・・・・ 今は太陽光を検討中
それはあくまでも使用したマグネシウムを再利用する場合
自動車会社は充電式のマグネシウム電池に興味ある
しかし中国や韓国は技術を売ってくれとアタックかけてる
26: あるケミストさん 2011/12/07(水) 14:06:01.82 .net
日本に売るほどのマグネシウムイオン電池の技術なんてねーよ
27: あるケミストさん 2011/12/07(水) 15:23:07.59 .net
>>26
そういう意味ではなく海水のマグネシウムを低コストで取り出す方法に韓国中国が感心を持ってるという事
後は記事読め
30: あるケミストさん 2012/02/20(月) 20:50:35.03 .net
酸化Mgを次世代?
33: 【35.2m】 電脳プリオン ◆GDSZsj1GHk 2012/03/18(日) 14:56:00.72
埋蔵量10万年ってどういう計算?
35: あるケミストさん 2012/04/26(木) 21:30:35.35 .net
熱化学方程式ぽく翻訳すると、

MgO + 太陽エネルギー → Mg + (1/2)O2
+) Mg   + (1/2)O2     → MgO + 電気エネルギー
────────────────────────
太陽エネルギー → 電気エネルギー ということなのではなかろうか


次世代エネルギーかどうかは、知らんが、エネルギー源がMgというのは、一見、ユニークな解釈見える。
エネルギー源は太陽光でMgなんかではないからだ。だがしかし、・・・

さて、マグネシウムがどんな金属か知らんが、とにかく、金属なのに燃える金属を活用すればよさそうだ。
酸化皮膜とかつくってもいけない。いや、ちょっとまてよ 酸化皮膜つくっても燃えればOKか
もしかすると、それがMgなのかも知れない。

金属マグネシウム生成、備蓄すれば、太陽エネルギーを何と備蓄できそうだ。
太陽エネルギー発電で金属マグネシウムを備蓄する、そんな時代になる知れない。
ワクワクするぜ。

100年後、我が地球は、石油、石炭、揚力発電は消滅
太陽光エネルギー、原子力、水力発電のいずれかより、金属マグネシウム生成
金属マグネシウムによる火力発電が主流となるだろう。
もしそうなれば、地球知的生命体は、ほぼ永久に文明を維持するができよう。
36: あるケミストさん 2012/05/06(日) 11:53:15.21 .net
これってさー、結局太陽光エネルギーをマグネシウムって媒体に貯めてるだけでしょ?
太陽光発電とバッテリーに貯めるのとか、太陽光で藻を培養するのと何が違うの?って話じゃね

太陽光を高い効率でマグネシウム還元に使えるとか言うならまだしも、太陽光パネルとか藻とか既存のインフラ使えるのと比べて意味無くね?


車だってバッテリーの性能上がれば急速充電出来るバッテリー開発されてきてるし、要するに燃料電池にマグネシウムはどうかって話しでしょ?

だったらバイオ燃料の方が既存のインフラとか自動車殆どそのまま使えるし良くね?って話じゃね
37: あるケミストさん 2012/05/06(日) 12:01:26.13 .net
金属資源を日本が自給出来るって意味では良いと思うけどね
この技術はエネルギーとしては、藻とかの方が良いと思うけど


今世代のガソリンエンジンと次世代の燃料電池両方で使えてシームレスに移行出来るし、LEDとかで低コストで培養出来る様に成れば夜間の電力で培養して蓄電の意味も有るし

太陽光レーザーでマグネシウムなら、太陽光パネルで電力起こして藻を培養でも良い筈だし、送電には超電導ケーブル使えて、電気で藻を培養出来るなら場所の融通も、夜間の融通も、余った電力の融通も効くけど

このマグネシウム完全に日中の決まった場所だけでしょ?しかも個体だから輸送にコストがずっと掛かる
エネルギーの蓄電と言う意味では、意味があんまり無いなぁ。マグネシウムを自給出来るって意味は有るけど
38: あるケミストさん 2012/05/16(水) 09:23:15.03 .net
Mgは二酸化炭素の雰囲気中でも燃える
39: あるケミストさん 2012/05/17(木) 20:49:23.88 .net
Mg + CO2 → MgO + CO
2Mg + CO2 → 2MgO + C
40: あるケミストさん 2012/05/17(木) 23:51:24.09 .net
ほー
42: あるケミストさん 2012/06/09(土) 12:00:53.06 .net
マグネシウム循環社会の利点

○二酸化炭素を出さない

○原料は無尽蔵、原価はタダ→エネルギーの奪い合いは起きないが産油国は没落

○太陽Eのエネルギー効率が電気に変換するより数倍いい

○ヨーロッパのように大陸全体でエネルギーを利用するのは無理、危険
 →Eキャリアが個体ならエネルギーの安全保障が担保できる

○備蓄できる(電気は、二次電池を使えばできるが高価だしロスが大きい)

○一社独占できない→東電のようなことにならない 競争原理で価格革命 

○インフラ分散→集中損失回避

○フラット社会→石油メジャーのような世界支配階級が没落

○電線が不要→有効な土地利用、電線設置管理コストいらない
       美観、インフラおくれた地域や国も平等

○自然災害に強い→集中方式でないので復旧も容易

○エネルギー面での集約(都市化)から解放
43: あるケミストさん 2012/06/09(土) 12:03:35.71 .net
マグネシウム循環社会の課題

○世界(中韓)との競争→日本の先進技術をまねすると金になると学習

○特許権の独占(製錬技術、マグネシウム合金、空気電池等)

○電池規格を日本式に(政治力)→東京オリンピックを行いその場で「マグネシウム社会」を世界に披露せよ

○先行して圧倒的インフラ整備をする→他国が気付いたときには後の祭り、スパイ防止
 
○有能な太陽Eの獲れる砂漠を買い占める(オーストラリア北西部等)日本からそう遠くない友好国

○砂漠インフラ(マグネシウム電池製造工場)を分散

○地政学的に日本との友好国で囲い込み(インフラ後進国インド)インドは向いてる あの人口密度
 でガソリン自動車の本格普及は中国以上に環境負担
45: あるケミストさん 2012/06/23(土) 13:45:19.98 .net
炭素源である二酸化炭素も腐るほど有るわけだが。
46: あるケミストさん 2012/09/19(水) 15:04:39.03 .net
で どうするの?
47: あるケミストさん 2012/09/23(日) 13:23:41.71 .net
自分で考えろ
48: あるケミストさん 2012/09/24(月) 22:33:44.02 .net
水素でいくか、マグネシウムでいくか。悩ましい。
50: あるケミストさん 2012/09/29(土) 19:05:16.55 .net
ここではマグネシウムサイクルについて議論中なんだね。
そのマグネシウムサイクルってのはマグネシウムが燃えやすい事に由来するんだけど、燃えないマグネシウム、クマダイ不燃マグネシウム合金ってのが出来たんだよね。
管理人より:次世代Mg合金で何ができるか | MECT2015 国内最大級の設備機械や技術の専門展
「Mg合金は燃えやすく割れやすい。だから切削加工は危険で、成形加工をすると割れてしまう」。そういったイメージや性質があるため、さまざまな産業で軽量化の研究が進められながらも、実用金属で最も軽いMgは広がることがなかった。しかし、そうした弱点を解消した合金が誕生したら、さまざまな部品の軽量化に大きく貢献できるのではないだろうか。その合金こそが、1000度以上に熱しても“燃えない”「KUMADAIマグネシウム合金」とプレスしても“割れない”住友電気工業の「AZ91板材」だ。
なんかスゴイぽい。
53: あるケミストさん 2012/12/16(日) 18:35:56.36 .net
今からTBSであるよ
東北大の小濱教授が出てる
海水にマグネシウムプレートを入れて発電してる
マグネシウム1gで単3電池一本分
発火の恐れあるがそれも解決
54: あるケミストさん 2012/12/16(日) 18:53:12.48 .net
燃えたマグネシウムと触媒を鏡で集めた太陽光に当てて、マグネシウムだけをリサイクル出来る
太陽光豊富な砂漠の国、バーレーンでリサイクル施設を作れないか模索中

化学音痴なんで見たまんまですみません
58: あるケミストさん 2012/12/18(火) 06:28:13.56 .net
テレビで見たけど電力会社が潰しにくるほど効率良くなる可能性はあるの?
オーランチオキトリウムとかトリウム溶融塩炉とかと比べて。
60: あるケミストさん 2012/12/19(水) 19:45:58.11 .net
>>58
今はつぶしに掛りにくい状況らしいよ
59: あるケミストさん 2012/12/18(火) 09:53:08.75 .net
61: 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:8) 2012/12/20(木) 11:53:49.95 .net
夢の扉でやってたMg合金は古河電工が作ってるよーだな
62: あるケミストさん 2012/12/22(土) 13:37:44.04 .net
夢の扉の飛行機タイプの列車開発者が、燃えないMg合金を別に使えないかと思い付いたそうだ。
69: あるケミストさん 2013/02/13(水) 05:04:59.84 .net
>>62
燃えないのはすごいが、腐食(塩化)は相変わらずか・・・・・・

常温/常湿/常塩気での対腐食処理のアイデアないかな?
64: あるケミストさん 2012/12/22(土) 23:28:34.62 .net
ベルギーのニノフにあるケッシュ財団は、財団が開発した宇宙技術と重力及び磁力(Magravs)システムの第一段階の成果を、世界中の全ての科学者に同時に、生産と複製のため開示するとの発表を行った。

財団が言うには、この技術によれば、イランから、ニューヨークまでの所要時間は10分になり、世界中の市民のためのフリーエネルギーの供給源になる。

このエネルギーと宇宙に関する技術の開示に次いで、財団は、プラズマに基づいた技術の開示によって、世界的な水と食料不足の問題解決への糸口がつかめると言っている。

ケッシュ財団についてもっと知りたければ、ウエブサイトを見てほしい、とのことです。

[リンク切れ]http://www.keshefoundation.org/en/media-a-papers/keshe-news/316-the-world-peace-invitation-and-release-of-technology
66: あるケミストさん 2012/12/31(月) 16:59:39.55 .net
古河電池の株は買いか

マグホイール安くなったり自動車の車体がMgになったり、燃料電池車になる要素って勉強されてる方から見て如何なもん
71: あるケミストさん 2013/03/12(火) 10:52:45.06 .net
サイエンスzeroみて来ました
80: あるケミストさん 2013/03/16(土) 16:07:57.41 .net
>>71
私も見ました。
疑問。
マグネシウム+カルシウム=不燃性?熊本大学のはマグネシウム+亜鉛+イットリウム=で1000度近くまで燃えず、溶けるだけ。
カルシウムでは200~300度で燃えるらしい。
一応は、不燃だけど大丈夫か?
72: あるケミストさん 2013/03/12(火) 17:44:52.66 .net
車を500km走らせるとしたら何kgのマグネシウムがいるのだろう?
マグネシウムは軽いから、容積が必要って問題が出てきそう。

「新リチウムイオン電池は10倍長持ちで10倍早くチャージが可能」
「容量3倍、充電時間10分のリチウムイオン電池、2016年までに登場か」
「」内でぐぐると出てくる奴は、順調に進展しているのだろうか?
75: あるケミストさん 2013/03/13(水) 03:18:28.49 .net
ああ、ぐぐったら出てきた。マグネシウム1gあたり1.55Whか。
日産リーフがバッテリー容量24kWhで航続距離は228km。
後続距離500kmとすると52.6kWh。
必要マグネシウムは34kg。体積的には水の6割くらいかな。
食塩水がどのくらい必要で、効率良く反応させる構造がどのくらい幅を取るかわからんけどなんとかなりそうな容積で済むかな。
つーかEVならエンジンのスペースが空くからな。


で、500kmをリッター15kmのガソリン車で走ると33リットル。
xガソリン150円として5000円くらい。
5000円÷34kgでマグネシウム150円/kg以下じゃないとコスト的なメリット無し。
こっちの方が問題か。
76: あるケミストさん 2013/03/13(水) 21:17:32.16 .net
コスト的なメリットどころか何のメリットも思いつかないんですがそれは・・・
せいぜいリチウム一次電池の代替品としてどうかぐらいにしかみれません

東工大の研究を拝見するに、単にMgOにレーザーを当てても即時再酸化され金属Mgが得られない為、特殊雰囲気や減圧下、もしくは還元剤の添加や高電圧をかけた特殊条件が必要となるようです

このような過酷な条件で優れたエネルギー効率が得られるとは到底考えられませんから、太陽光をエネルギー源として利用するなら太陽電池や藻の培養のほうが現実的だと思います

ああ、逃れられない!(熱力学第二法則)
77: あるケミストさん 2013/03/14(木) 17:53:55.29 .net
マグネシウムだけだと明らかなメリットが見えない割に、大きなインフラが必要なので無理臭いんだけど、この教授、海水から淡水とマグネシウムを作ると考えているんだよな。
水戦争リスクが懸念される将来、水と電気を同時に作れるのならもしや、と思った。
海水から淡水とマグネシウムを作るのあたりが詳細不明で懐疑的ではあるが。
81: あるケミストさん 2013/04/06(土) 13:39:54.69 .net
でもどうせタービン回すだけなんでしょ?
88: あるケミストさん 2013/09/29(日) 04:24:06.54 .net
移動体燃料としては熱量に対して重量が大きかったり(水素吸蔵合金)、脆性があったり(高圧ボンベ)してなまの状態で運ぶのが苦しい
だったらメタンとかDMEで運用した方がよくない?となり消滅する流れ

地球温暖化対策という点でも、スチームリホーミングで製造している(=生産時にCO2発生)以上意味はない
そもそも水はCO2以上の温暖化物資なわけだけど
90: あるケミストさん 2013/10/02(水) 14:13:45.96 .net
過酸化水素を燃料にする方が現実的
大阪大学の福住教授の受け売りですが・・・

世間ではどうやら3連休らしいのですが、どうも管理人の周りの世間ではそうではないらしいんですよね。ナンテコッタ。
まとめをやる時間が全然足りず、今日はいつもの21時ではなく22時の更新となっており、ちょっと定時に間に合いませんでした。('A`)

というわけで、現状では自然に埋蔵されてる酸化マグネシウムや塩化マグネシウムを精製するのにコストがかかるため、この精製方法がクリアできるなら、マグネシウムはなかなか有望な次世代エネルギー源になりそう…に見えるところがミソだと言えるんですかね。
反応熱量は石炭にやや劣る程度なので、そこまで効率は良くないですが、燃焼中に二酸化炭素を出さないという最大のメリットがあります。
また「空気マグネシウム電池」つって、マグネシウムを電池の陰極に使って電気エネルギーを技術もあります。

現在充電池によく使用されるリチウムは、1kgの海水中にたったの0.1mg、各国でリチウム争奪戦が繰り広げられており、なかなか頼りづらいというもの。
一方で、マグネシウムの埋蔵量というのは非常に多く、地球の海水中に約1800兆トンほど(1kgの海水中に3.3gもある)。また、ゴビ砂漠やアリゾナ砂漠にも大量のマグネシウムが含まれています。

大量にあるんだからなんとか有効活用したいものですが、酸化マグネシウムを還元するのにコストがかかるのが問題です。
現在マグネシウムの7割は、ピジョン法という方法で精製されていますが、これはマグネシウム1トンあたりコークス10トンを使用するため、コークスをそのまま使用した方がエネルギー効率は良い。

そこで、太陽光励起レーザーを使用して高温を発生させ、マグネシウムを還元する技術が考案され、技術的な課題はまだまだありそうな感じですが、これが実用化されればマグネシウムを循環させ、言ってみれば自然エネルギーを貯蔵することが可能に。これが「マグネシウム循環社会構想」と呼ばれる未来のクリーンエネルギーだそうです。
(このへんの記事を適当に要約→マグネシウム文明の夜明け −石油に代わる新しいエネルギー−

これがテレビや雑誌で取り上げられたころのスレでの、賛否両論。
スレは2011年ですが、この研究は現在でも続いており、2017年現在、そろそろリチウムイオン電池に取って代わるほどのポテンシャルを発揮しつつあるんだそうです。
なかなか夢のある話でおおいにけっこうではないでしょうか。
なんかあと1歩のところまでは来ているようなので、日本の技術で世界をアッ!と驚かせてほしいですね!
10.23追記:当記事を「朝目新聞」さんでご紹介いただきました!
自動運転はいつごろ庶民の手に届きますかなー。
LIFE STYLE マグネシウム
LIFE STYLE マグネシウム
posted with amazlet at 17.10.08
エープライム (2003-05-19)
売り上げランキング: 1,441



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : 名無し
    • 2017.10.9 5:40
    原発の必要が無くなるクリーンエネルギーが出て来てくれればとは思うけど仮に
    それが出て来ても核兵器に転用する為日本が原発を手放す事はないんだろうなあとも思う
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.10.9 11:30
    昆布からアルコールだか油だかを抽出するとかっていう話もどうなったかだし、
    一部の人間があれだけ騒いでいたメタンハイドレードも実用化は厳しそうだし、
    シェールガスのメドが着いた時も「これで人類はエネルギー問題から解放される」だったし、
    この手の話は、実際に身近にトルクルダウンしてこない限り信用してない
    だから、アベノミクスも、あれは空想科学小説・並行世界のことだと思ってる
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.10.9 12:11
    この手の話しで本当に効果的で実用できそうなやつって、自動車や電力プラントとかの高効率、低コストなものを仕事で追い求めてる人たちが嗅ぎつけないはずがないから、そっち方面で検討されてたらやっと信用できるもんだと思ってる メディアとかで散発的に取り上げられてる段階だとコストや実用の面でブレイクスルーがまだまだ必要なものという認識
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.10.10 5:40
    途中の奴、まて。
    マグネシウムを燃やしたら酸化マグねシムが出来上がるが其れはどうするんだw
    ガソリンのようにガス化して放出できるシロモノじゃないから、燃焼灰を持ち歩かなきゃならんのだぞ
    発電に使った場合もそう、投入したマグネシウムがより一層重くなって残るわけで、其れを運搬するだけでも相当なエネルギーを要するのでは・・・
      • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2017.10.10 10:52
      >※4
      発電後に生じた酸化マグネシウムを取り出して、それを太陽光集光装置で高温化させた収束光をあてて、分解してマグネシウムに還元するってのを、東工大の教授が提案してるって話
      燃料発電ではなくて、太陽エネルギーを一次的にマグネシウムに移行・蓄積するってことで、「それは発電じゃなくて蓄電」っていうツッコミを各方面から受けてて、かなり胡散臭いってことで、支持してる人間は少ないっす
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.10.11 21:57
    太陽光で還元するなら太陽光発電に効率で優るはずもないし、
    結局は蓄電媒体=電池としてマグネシウムはどうか?って話でしょ?
    なんで一見わかりにくくて勘違いさせる言い方するんだろう
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.10.12 2:09
    単に電子を溜めておく媒体ってことか、太陽光で水を酸素と水素に分け
    水素は水素自動車、酸素は医療・工業用にというのが既に一部稼動してるよなあ
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.10.12 19:03
    しばらくはリチウム全固体で良いよ。東工大が安く作る技術開発したし。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.10.14 6:24
    この頃はちょっとでも疑問を呈したり批判的な意見書き込んだらすぐ
    「電力会社の手先!隠蔽捏造改竄!御用学者の収賄野郎!!」って
    喚かれて、諸手を上げて喝采し誉めそやしいいねいいねしない者は
    今すぐ福島に行ってなにもかもすべてなかったことにして来いよとか
    言われていた印象。
    あとタービン回す以外のどんな発電方法があるってんだ、MHDとか夢語るには百年早いぞ。そしてガスタービンは思い出しもしないのかお湯とか言ってる奴らは。

    Mgよりまだ溶融塩太陽熱発電のほうが有望株に思える。
    • ※10 : マグの
    • 2017.10.14 12:11
    あの白いのね
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.10.15 22:15
    お湯でタービン回すのがつまらないというのをよく見るのだが、
    過酸化二水素が広範囲にわたる波長の放射エネルギーを粒子の運動エネルギーに変換し、エネルギーを取り出すといえば素晴らしいようなきがするぜ
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*