人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

なんで人類の「亜種」は居ないの? @ [未来技術板]


なんで人類の「亜種」は居ないの? @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 2006/11/30(木) 17:50:31 ID:mnOlwUyN
黄色人種とか黒人、白人いるじゃないなんてつまらん反応は要らない。
禁忌だとか、非人道的だとかのたまう奴等は下を読まず帰ってくれ。

ヒトはなぜ他生命の亜種を生み出すことはしても、自らの亜種を作ろうとしないのか?
例えばそう、何かに特化した人類・体の部位が特異な人類だ。
特異な人類を生み出せば争いが生まれるからだろうか?
他のヒトの意見を聞きたい。
管理人より:未来技術板のまとめですが「生物学」カテゴリーでの更新。スレでは「亜種」と「品種」がゴッチャになってる感があるので、以下に書いておきます。
亜種」とは、「種」の下位区分であり、「品種」は「亜種」のさらに下位区分。亜種同士は交配可能な場合も不可能な場合もあります。「品種」は基本的には植物のみ(一部犬の品種なども)。他の個体と識別ができ、(主に)人為的に選抜・改良された遺伝的特質が安定しているグループを差す言葉。どちらもハッキリした定義の線引きはないようです。
2: オーバーテクナナシー 2006/11/30(木) 18:05:17 ID:JrgmtTy+
ネアンデルタール人だっけか
現在の人類の祖先(クロマニョン人)とは系統の違う人類じゃなかったっけ?
3: オーバーテクナナシー 2006/11/30(木) 18:22:24 ID:2SNtn156
>>1が言ってるのはそういう天然の亜種じゃなくて、人工的な亜種の製造だな。

観賞用とか狩り用とかの目的で人為的に作られた犬たちや。
寒さに強い品種とか甘味の多い品種とかの意図でもって改良された植物たち。
同じように「走るのが速い人種」とか「頭の良い人種」とかはなぜ作られないのか、というのが>>1の設問。
これでいいんだよな?


おそらく人道的な意味と、多様性がなくなることへの考慮だと思う。
「走るのが速い人」ってのは逆にいうと、他の何かを犠牲にしてるんだ。
走るのが役に立つ場にずっと居続けられるのなら良いが。
他の場面に放り込むととたんに役立たずになる恐れがある。
5: オーバーテクナナシー 2006/11/30(木) 18:51:31 ID:mnOlwUyN
やはり多様面での問題か・・・。
人間は臆病だからな、制御できなくなる可能性がある自らより強い生命を人工的に作るのを避けてるのか。
弱いものは平気で作るくせになw
管理人より:なぜネアンデルさんたちはもういないのか?という意味では考古学板のこちらの記事を。
7: 電波君 2006/11/30(木) 22:29:16 ID:OBIEbxdr
いいですかぁ?

それは人類の寿命が長く、成長にかかるコストが高く、1世代で完遂できるような物ではない為何代にも渡る意思継承が必要だからです。
意思は何代目かでいずれ途絶えます。


人の結婚相手などをそれぞれの家庭、一族が選り好みしていた時期もあったろうし今でもあるでしょう。
あるいはそれが血統を操作する亜種作成作業です。

さらに人間は犬猫と違い自分の意思を持ち、権利を持ちます。
これを蹂躙する事は許されません。
そしてその人間は本能的に自分とDNAがかけ離れた相手を欲するのです。
8: オーバーテクナナシー 2006/12/01(金) 02:02:05 ID:ZLhYiufa
作れるのに作らない物って本当に必要ない物だよな
9: オーバーテクナナシー 2006/12/01(金) 03:20:01 ID:DMsGyGb1
製作者が意図した仕事をしているうちはいいが。
その仕事が無くなったり、本人が「他にやりたいことがあるんだ!」とか言うこともある。
産まれてすでに他の人には無い特技を持っているということは、逆にいうと職業選択の自由が無いということだ。
(産まれてすぐの特技ではないが、英才教育を受けた子供もこうなる)

犬や食べ物の品種改良が盛んなのは、それが人間の管理物だから。
初めからある目的をもって作られるロボットの種類が豊富なのは、それが人間の管理物だから。


もし亜種を作るとしたら、それは個人を捨てた「人間の道具」としてだろう。
しかし、だったら問題の多い人間を弄るより機械のほうがよっぽど安全でもあるのだ。

ただ、近年は障害者の社会進出が広がっている。
足りない部分を周囲がアシストする体制が出来上がりつつあるということだ。
「自分と違う能力の人」がそこらにごまんと存在する世界になったら、亜種も受け入れられるかもしれない。
10: オーバーテクナナシー 2006/12/01(金) 12:52:39 ID:OA4uaYxL
>>1
マジレス。理由は二つ考えられます。

1.「自分たちは特別だ」と人類が思い上がっている。まぁこれは
 悪いことではないかもしれない(理由は後述)。だが、キリスト教
 発想にまみれた「神に生み出された姿をいじるのは云々」は噴飯。
2.>>9のご意見に関連するが、偶然自分より優れた者を生み出してしまうことを恐れている。実は、次の理由で1.とも共通点がある。


そして、その理由。俺は進化論における適者生存の原理を妄信する者ではないが、それでも説得力はある。
そして、どこぞの本で読んだんだが、「その原理は種は保護しても、個は保護しない」。
自分自身の種をいじろうとしないのは、自分の種を滅ぼさないための自己保存本能なのかもしれない。
家畜程度なら制御下に置けるが、自らをいじったり、制圧が現時点で不能なウィルスを大幅にいじったりするのには抵抗があるのだろう。
11: オーバーテクナナシー 2006/12/01(金) 21:07:17 ID:CEjM3+ve
管理人より:「優生学」というのは、Wikipediaの定義によると、
応用科学に分類される学問の一種で、一般に「生物の遺伝構造を改良する事で人類の進歩を促そうとする科学的社会改良運動」と定義される[2]。
人類補完計画みたいですね。
12: オーバーテクナナシー 2006/12/01(金) 21:09:53 ID:nVh/nt4c
スレタイ関係ないな
単に奇形について語りたいだけのアホ
>>1
14: オーバーテクナナシー 2006/12/01(金) 22:23:53 ID:WIOsdNwp
指が6本なのが遺伝してる家系があったり、足先が二股に分かれてる種族が中国の奥地にいたりするよ。
異形への迫害は人間が一番激しいから、生存しにくいんだろうね。
15: オーバーテクナナシー 2006/12/02(土) 00:09:32 ID:o8bjTB6E
作る側の立場で考えても、作る理由が浮かばないしな。
一度作ったら後世まで残り取り返しのつかない亜種製造よりも、その時の個々の判断で対応する「個人の努力」で特定の能力を伸ばしていく方が都合がいい。

結局、人を改造したいなんて考えるのは、子供が管理物であるうちの親ぐらいのものだ。
16: オーバーテクナナシー 2006/12/02(土) 10:50:44 ID:2BJxj7WZ
あと1000年ぐらい北朝鮮が今の状態のまま続いたとすると、、
生き残った北朝鮮国民は、飢餓や寒さに強い種族になるような気がする。
17: オーバーテクナナシー 2006/12/02(土) 19:33:00 ID:WhzfFnrF
たかだか50世代程度で生物がそんな変化するとでも?
21: オーバーテクナナシー 2006/12/03(日) 15:25:56 ID:wsBImHKN
他生命の亜種ってのが先ず解らん。ポマトとかか?
22: オーバーテクナナシー 2006/12/03(日) 15:49:33 ID:zb0A8slr
たとえば犬(イエイヌ)は独立種説とオオカミの亜種説がある。
オオカミから変化して生まれた新種、という意味だ。

犬には様々な種類がいるが。その全ては人間の品種改良によって生み出された亜種である。
26: オーバーテクナナシー 2006/12/07(木) 05:39:39 ID:S8P1/IO5
ネアンデルタール人は3万年前ピレネー山脈の奥地で姿を消している。
以降、亜種の人類は存在しないことになっている。

ただし、ゴリラも人の仲間と考えるなら、今ゴリラは絶滅しかかっていると言えるかな。
39: 遊び人の玲さん 2006/12/07(木) 16:52:09 ID:S8P1/IO5
戦争を人道的な国際ルールを持った社会システムへと改良したものの一つは、オリンピックなどのスポーツの形ですでに実を結んでいるが、淘汰と子孫を残す社会システムの形成が不完全なため、人類種の改良にうまく結び付いていないことを残念に思う。

本気で人類の品種改良へとスポーツの祭典を結び付けようと思ったら、メダリストは、一夫多妻を認めるといった社会システムの改革が必要と思われる。
44: オーバーテクナナシー 2006/12/08(金) 15:18:50 ID:sm4ZkbFs
亜人類は類人猿と違って、現世人類の亜種ってことだよね。

人為的に遺伝子をデザインされ、組み替えられた子供達は、現生人類から枝分かれした亜種とみなされるようになると思います。
45: オーバーテクナナシー 2006/12/12(火) 02:43:18 ID:PI9Kf6KQ
分かる人にしか、分からないしスレ違いでもあるネタだけど

ファイブスター物語 (13) (100%コミックス) FSSのファティマのように、人間の処理速度(脳の性能UP)した人類とかは不可能なのだろうか。
単純に、頭が良い「亜種」を人工的につくることができれば、ひいては人類全体の科学技術や解析・研究に役立つと思うのだけど
46: オーバーテクナナシー 2006/12/12(火) 08:37:28 ID:7w/m4As1
ファティマは工場製で1体50億円、4大マイトの「銘入り」だと1体1000億円以上も珍しくない。
いくら史上最速の演算能力と超人級の身体能力を持つ人型有機アンドロイドでも量産品でこの価格は問題だな。
47: オーバーテクナナシー 2006/12/12(火) 09:14:39 ID:AzsJpqTu
>>45-46
それに人のDNAがあって、人為的に作っているなら、それは人であって、アンドロイドじゃないでしょ?
人と何かを掛け合わせてそれが人かどうかは正直解らんけど
ファティマ
管理人より:「ファイブスター物語」に出てくる「ファティマ」は、「GTM(ロボ)」を操る「騎士(パイロット)」を補佐するための、コンピューターと人間のハイブリッドみたいな人工生命体。このファティマは「ファティマ・マイト」と呼ばれる専門の技術者(?)によって1から創られます。画像はファティマ・クーン。
48: オーバーテクナナシー 2006/12/12(火) 13:05:34 ID:AZWlpALd
ハンマー投げの日本選手と外国の槍投げの選手が結婚して、オリンピックで銀メダルが取れるような優れた子が生まれた。
才能の豊な人同士が仲良くなれる環境があると日本に数多くの栄光をもたらすだろう。
一つの村に特異な才能を持った集団を作ればその才能に優れた亜種ができるだろう。
いつの間にか雑種どもに紛れ込んでしまうので、そういった亜種集団は消えてなくなってしまう。
60: 遊び人の玲さん 2006/12/14(木) 19:54:32 ID:erXdT0e2
>>48
そう、血が混ざって雑種化してしまうと、品種改良にならないのは、血統書付きの犬猫でも、人間でも同じことですね。

武士と農民が身分違いで結婚できない、階級制度が明確に発達した社会システムは、人類の品種改良上必須だったんだけど、こういう、生得的真理に基づいた社会システムのことをまるで理解出来ない、西洋科学を妄信する無知すぎる連中が、自由平等なんて怪しげな思想を持ち出してきて、悪しき風習として、見事に破壊してくれたんだよなぁ。


それまで何世紀にも渡って、御先祖様達が努力して積み上げてきた、血統書付きの血筋が全部パーになってしまった。
日本の水飲み百姓なんて、凄い能力を持った人達だから、武家と血が混じったりしたら絶対にいけないんだよね。
欧米人に比べて、基礎代謝の効率が3割もいいなんて、同じ人間とは思えない。
万が一、戦闘に明け暮れる、筋肉隆々の武家の人間の血がたくさん混ざってこの性能が落ちたら、飢饉で餓死者続出なんてことになりかねないから、身分違いの婚姻は、社会的に凄く迷惑なことだったと思う。
49: オーバーテクナナシー 2006/12/12(火) 20:03:46 ID:Y6Uq8+p+
自分達が頭の良い新人類1を造る
→新人類1が新人類1より頭の良い新人類2を造る
→新人類2が新人類2より頭の良い新人類3を造る
→新人類3が・・・・・

ってどんどん劣化コピーの反対をすれば良いじゃない。
ただそれだと将来がターミネーター化しそうだが・・・
素人意見でスマンネ
51: オーバーテクナナシー 2006/12/12(火) 20:37:20 ID:1/3vzEV+
>>1
猟師だったじいちゃんの知り合いの猟師から昔聞いたんだけど、若い頃メスザルを捕まえてヤッたんだって。
猟は害獣駆除だったんだけど、鎖に繋いでオスをおびき寄せる為に生かしておいたら、妊娠してたんだそうだ。
それで産まれたのが、どうも猿じゃない。明らかに猿とは違う生き物だったんだって。
メスザルは育児放棄でむしろ虐待したのですぐに死んでしまったと言っていた。

サルと人間が、同系だが遠い関係と思うのはエゴだと思った。
52: オーバーテクナナシー 2006/12/12(火) 20:59:52 ID:oYN6Oy5/
>>51
ニホンザルの染色体数と人間の染色体数をくらべてみれ
53: オーバーテクナナシー 2006/12/12(火) 21:04:17 ID:1/3vzEV+
>>52
ちっ!
早すぎだよ!
管理人より:数を比べてどうしようというのかわかりませんが、霊長類の染色体数は16~80本と種類によって全然違い、我々ヒトは46本、チンパンジーやゴリラは48本、ニホンザルなどは42本、最も多いのはメガネザルの一種でなんと80本!(参考
59: オーバーテクナナシー 2006/12/14(木) 02:22:17 ID:ASJUBpzz
今の科学的に対する、倫理的な禁忌
倫理的な禁忌がとっぱらわれたら、どれだけ人は、科学者は己が道を突き進むのだろうか
62: 遊び人の玲さん 2006/12/14(木) 20:07:00 ID:erXdT0e2
>>59
21世紀になって、科学者達は、20世紀の科学的視点が、真理に背く非常に稚拙なものだったと気付きはじめてる。

倫理的な禁忌の背後には、生得的真理がある。
これに反する行為が論理的に間違ったものだと気付いた人が増えてきているから、科学者達は、生得的真理に沿ったクリエイティブな行動を取る方向に進むことになる。


無知な20世紀のスーパーマッ●サイエンティスト達は、倫理的な禁忌に背くことが、より進歩的だと錯覚していたようだが、21世紀の本物のスーパー●ッドサイエンティスト達は、禁忌の背後にある生得的真理に気付いて、融和することが、より進歩的だと考えるようになっている。

自然調和したシステムの創出こそが、最先端をいく●ッドサイエンティスト達の希求するものになってきているから、スーパー●ッド=不自然なものを作るという発想そのものが、古くなってしまっているのが現実だね。
66: オーバーテクナナシー 2006/12/17(日) 13:47:29 ID:lX0EIKRc
確かに西洋科学は近視眼的だが、それゆえに"今"必要なことを実現してくれるのもまた事実。
残念だが身分制による人類改良計画はすでに破壊されてしまった。おそらく元には戻せない。
このまま西洋科学を武器に突き進んで、遺伝子を直接操作することを目指してもいいんじゃないか。
究極的には、品種改良では不可能なことも実現できるぞ。


だが、先進国の医療が弱い遺伝子を過剰に保護しているのは後々困ったことになるな。
67: オーバーテクナナシー 2006/12/18(月) 02:46:32 ID:mFLvsu28
漫画やSFで題材にされる、遺伝子の配合やらDNAの書き換えやら、実際に行うとしたら、どれだけの可能性があるのだろう
68: オーバーテクナナシー 2006/12/18(月) 06:10:52 ID:tzN6kYKJ
>>67
使われている遺伝子は、全体の数パーセントらしいね。
置換したり、組込んだりする前に、使われていないところを使えるようにしたらどうだろう?
どちらにしても、今の形状は保てないだろうけどw
71: オーバーテクナナシー 2006/12/26(火) 12:42:51 ID:6HjNCjNS
障害、奇形を亜種と考えるなら、国内でここ十数年で増えているらしい。
今後、その人達がこの時代に定着できるかは知らんけど…。
73: オーバーテクナナシー 2006/12/26(火) 17:50:43 ID:0aYjylDG
>>71
障害者も奇形児もれっきとした人間であって、当然人権も持つが、オマエは人間じゃないし、亜種でもない。
当然、人権なども無い。価値の無いゴミ。消え去れ。
72: オーバーテクナナシー 2006/12/26(火) 13:13:42 ID:EAIsCTut
イエティとかビックフットとか河童とか亜種の目撃情報はたくさんあるよ
83: オーバーテクナナシー 2006/12/31(日) 03:59:31 ID:OF1A9urS
>>1は自分が亜種ときずいて(ry
84: オーバーテクナナシー 2006/12/31(日) 07:26:14 ID:KfOuAe3W
君達、自分の腕の掌を内側に曲げるための筋肉が幾つ付いてるか調べてみよう。
少し力を入れて手首を曲げてやると、筋肉に付いている腱が見えるから、それを数えればいい。

じつは、ここの筋肉は2本でも必要十分なので、2本の人と、3本の人がいても、自然淘汰などの対象にはなっていないらしい。
どっちが真人類で、どっちが亜人類なのかなんて議論しても、たぶん無意味だけど、やりたい人はいるのかな?
85: オーバーテクナナシー 2006/12/31(日) 08:09:42 ID:Epg12yjL
使わない筋肉が進化するとは考え難いから、退化して数が減ってる方が新しいんじゃないの?
86: オーバーテクナナシー 2006/12/31(日) 08:23:14 ID:i2w+ftwg
どっちも亜種じゃないだろ。
87: オーバーテクナナシー 2006/12/31(日) 09:25:23 ID:tA6SixS3
じゃぁ、人種以外で亜種って何?
91: オーバーテクナナシー 2006/12/31(日) 13:37:37 ID:i2w+ftwg
類人猿を人類の亜種と言わないのなら、人間の亜種は存在しない。
95: オーバーテクナナシー 2007/01/02(火) 18:41:23 ID:tMr+aXo+
階級制度っていうのは一種の純粋種作りみたいなもんだろ。
だから必ずしも人類の種をいじるのを恐れているわけではない。
96: オーバーテクナナシー 2007/01/03(水) 00:17:30 ID:s+/yJc6u
主流の分類ではヒト科の動物にはゴリラやチンパンジー、ヒトといった属があり、ゴリラやチンパンジーの場合、ニシローランドゴリラやマウンテンゴリラのように、同種の中でさらに分類される亜種が現存するのに、人類の亜種は何故存在しないのか?

と質問されれば議論することもできるのだが、「どうして亜種を作らないのか?」とか「何かに特化した人類・体の部位が特異な人類」を「亜種」であると定義されてしまうと、話がしづらいなぁ。
97: オーバーテクナナシー 2007/01/03(水) 00:24:01 ID:tNcuAfJd
それは「亜種」と言うより「品種」だな……
98: オーバーテクナナシー 2007/01/03(水) 00:50:08 ID:5A/n14hI
>>96
亜種ってどれ位違うものなのか判らない。
ニシローランドゴリラやマウンテンゴリラが亜種の例で出てるけどどう違うの?
チワワとドーベルマンも亜種?
100: またまた90ですw 2007/01/03(水) 02:47:24 ID:bcnZRJw2
違っていても、叩かないでねw

>>96
亜種ができる利点から考えてみた。
種の中で、多様性を持つことで生き残る確率を上げる為。
何故なら、たとえば、ヒョウとライオンを強制的に交雑することによってレオポンと呼ばれる雑種が生まれるが、レオポンは繁殖力を持たない。
種が違うと、繁殖能力が低下?してしまう為。

そこで、ふっと思い出したのが、同じ人種でありながら任意?の病原菌に対して強い耐性の遺伝子を持つ人がいるそうだ。
これは、亜種じゃないのかな?


少し、調べてみましたw
違っていたら、訂正してくださいね。
101: オーバーテクナナシー 2007/01/03(水) 03:39:03 ID:ya/JRuRo
>>100
ああ、レオポンね。それはかなり有名な方。
似たようなのとして、ドブラってのがいますよ。ドンキーxゼブラ。

別に、今さらあれこれ言っても。遺伝もヘッタクレもない頃から人類は活用してきてるでしょうに、ラバって奴を。
馬とロバの混血で生殖能力ないでしょうが。何を今さら。笑わせるな。


最近の食品業界見てると笑っちゃいますね。
「この製品は遺伝子操作をしたxxxを使用していません」。だから何なの。
植物界では、本来交配不能な種の間でプロトウイルス経由で遺伝子断片のほぼランダムな交換が行われているというのは常識です。

無作為なら良くて、人為が入ると危険だと?これだから無知蒙昧の輩は。
こういう低能共は子孫を残さない方がいいですね。
102: オーバーテクナナシー 2007/01/03(水) 03:45:39 ID:H/EAuzs6
無作為だから危険といわれているわけではなくて、自然界で有り得ないことをやってることが問題なんだろ
ラバだって頻度は少ないにせよ、自然界に存在するからそれを見た人間が真似をしたにすぎない
自然界に存在するということは自然環境に適応することをゆるされた存在であって、それは人間と共存することを許可されたことに等しい
つまり人間には無害だということだ
105: オーバーテクナナシー 2007/01/04(木) 13:11:29 ID:1MjLtoDD
>>102
>それは人間と共存することを許可されたことに等しい
>つまり人間には無害だということだ
すげー考えだな。許可って誰が出すんだ?
人間にとって無害か有害かで分類できることなのか?
じゃあ、フグやら食中毒菌やらは許可されたことにはならないのか。
まだ101の話の方が納得できる(同意はしないけど)。
110: オーバーテクナナシー 2007/01/05(金) 02:12:17 ID:jqI9HQJN
人が人工的になにかを生み出すときは、例外なく「必要だったから」であるわけで。
>>1の言う「何かに特化した特殊な人類」なんて、今の所「必要ない」だけである。
一時的な個人の成長ではなく、その子孫にまで残る特化した成長なんて、邪魔でしかないよな。
114: オーバーテクナナシー 2007/01/07(日) 04:15:37 ID:lxJcBkws
イヌにも、柴犬とかチワワとかダックスとか、イヌって一言で言ってもいろいろいるじゃない

でもヒトはホモサピエンスしかいないのはどうしてなの?
115: オーバーテクナナシー 2007/01/07(日) 05:44:41 ID:ExMsiHxY
昔はいっぱい種類がいたけど、人は犬と違って長距離を移動することが出来たから、いろんな種類の人間がまざりあって区別できなくなったからだよ
でももしかしたら、人の入り込めないジャングルの奥地とか山岳部とか地下洞窟とかに、昔のままの姿で生き残った種族がいるかもね
56: オーバーテクナナシー 2006/12/13(水) 21:14:03 ID:jXRSftyO
>>1
>ヒトはなぜ他生命の亜種を生み出すことはしても、自らの亜種を作ろうとしないのか?
現人類よりも優秀な新人類が出現したら気ぃ悪いだろ。

ヒトという種を選択的に「育種」できないか?というスレですね、なるほどー。
スレはおおいに盛り上がっており激論になってるんですが、罵り合いが多いので大方削ってあります。興味のある方は元スレを。

こういう話ではいつも引き合いに出されるのが、「一流の専門家を多数輩出した家系」みたいなやつですよね。優れた音楽家を出したバッハの一族、優れた画家を出したブリューゲルの一族、優れた数学者を出したベルヌーイの一族、などなど。
こうした例は歴史上確かにあるわけで、その家特有の専門教育や婚姻によるすぐれた遺伝子の交配…といったことも、ひょっとしたらあるのかもしれませんが、しかし、その逆の例の方が圧倒的に多いという事実もまた忘れてはなりません。
天才が何代も続く…ということは非常にレアケースなのであり、人間のように社会的で複雑な進化を遂げた生命体は、そういった「品種改良」で亜種ができるというのは、あるいは難しいのかもしれない。

よろしい、ならば遺伝子改良ならばどうか?というところですが、現在エライ先生たちが一生懸命ヒトゲノムの研究を行っているので、やがては遺伝情報と特質の関係が明らかになるかもしれません。
スレでもちょっと出てますが、ゲノムの中には意味のある箇所と意味がよくわからない箇所があり、後者を「ジャンクDNA」と呼び、人間の場合はこれが98%を占めるんだそうです。

この一見よくわからない領域が、果たして本当に「ジャンク」なのかどうかは今もってミステリーなのですが、そうした部分も含めてすべて解明されるのは、ずっとずっと先のことかもしれないですねぇ…。

Huhhh?!!
トップ絵は、めちゃくちゃ高いデッサン力を持つ韓国のイラストレーター「Kyrie」というひとの作品「Huhhh?!!」より。管理人が背景を横に伸ばしております。
ファンタジーの世界を見れば、たくさんの亜人種の皆さんがいらっしゃるわけですが、現実にはなかなかいませんね。寂しい。
11.14追記:当記事を「朝目新聞」さんでご紹介いただきました!
毎年海の水が25億トン減ってるとかいう話は管理人も聞いたけど、消えた水がどこに消えるのか気になりますね。
ファンタジックヒューマン~幻想世界の亜人種大全~ (HOBBY JAPAN大全シリーズ)
密田 憲孝 TEAS事務所
ホビージャパン
売り上げランキング: 729,437



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 1:14
    室伏がそうじゃん
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 1:41
    優秀なのを作ろうとしたのはナチかな。
    金髪碧眼のアーリア人は他の人種と交配しては以下略
    劣化版になりかけたのはアメリカの黒人かな
    奴隷だった時代に子供は早くから親と引き離されて
    親の文化や教育を受け継ぐ権利を奪ったんだっけ?
    どっちも長続きしなかったが。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 3:38
    特化した能力に長ける者を作り続けようとした例なら歌舞伎役者なんか該当するんじゃないかな?
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 6:17
    犬や猫は種類によってかなり容姿に違いがあるのに
    人間には殆ど差がないのは昔絶滅しかけて遺伝的多様性が失われたせいだとか
    それさえなければ人種間の差はもっと大きなものになってたかもしれないね
      • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2017.11.2 13:30
      >※4
      犬の容姿が大きく違う理由は1塩基多型が原因らしいよ
      つまり、一見遺伝子が大きく異なるように見えるけど、実際はほんのちょっとの違いってことだな
      「イヌの身体の大きさに関与する遺伝子が特定される」を見てください
      ニュートンかなんかの別冊でも犬の遺伝子の特集されてたよ
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 7:09
    卓球や体操は同競技で結婚する例が多い
    福原愛の子供が三代目なので興味深い
    野球は女子アナやモデルとしか結婚しないからダメ
    • ※6 :  
    • 2017.11.2 8:17
    品種改良制では弱く生まれてしまった者は物として扱われるから、遠い未来に全てを自分で選べる可能性がある西洋論理の方が人道としてはまだ正しいと言える
    その前に西洋科学の推移は、生体の進化如きよりも簡単活高速に機械同士を学習させる禁忌を破る事で、人間の意図を超える存在の知識が生まれるのもそう遠く無い
    機械の進化は人間と違い作成者の躊躇いが無くなれば、無限に人の思惑が及ばない速さで賢く成り成り続けて、人が理解できない力を行使する可能性すら秘めている
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 11:45
    >>1の言う亜種を作るということがどういうことなのかわからん
    亜種になるヒト集団が現れない、じゃなく作るというからには人工物で
    かつ種と言う以上はサイボーグではなくアンドロイドや品種改良や組換え生物の話なのかな
    他生物ではやってる、弱い物は作ると言ってるからチワワか何かの話がしたかったのか?
    チワワだってかわいさ最強を目指して作られたハイブリッドだぞ
    人と共生することでしっかり増えてるし。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 12:40
    いや、でも実際、人類は他の生物と違って極端に遺伝子の多様性が乏しいらしいよ
    他の生き物は、同じ種でも大きさが10倍くらい違ったりなんてザラにあるし、交配可能な親縁種にまで拡大すれば、かなりの多様性があるけど、
    人間はせいぜい色が違う程度、交配可能な種も人間以外存在しない
    おそらく、今いる人類の全ては、2000人かそこらのごく少数の先祖から派生したと考えられている
    理由は不明
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 13:16
    特化した人類ってことだと、南アメリカに連れて行かれた西アフリカ出身の黒人なんかは短距離種目に特化してるよね
    ケニアらへんなんかの黒人は長距離種目に特化しているし
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 13:58
    ※8
    交配可能でも会話ができないおさるさんと子作りしようと思わなかったからじゃない?
    四つ足もイヤなので必然的に二足歩行や声帯の発達は人類の最低条件になる
    人類自体が差別の産物なんだよきっと
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 18:43
    まあ、色んな角度から色々な意見が出てるけど、個人的な意見を言えば、種をいじって能力固定するよりも、汎用のままで置いといた方が、コスト/パフォーマンスがいいからじゃないの
    例えば半魚人を作るよりも、今のスクーバやら潜水艇のシステムや技術を突き詰める方が、開発費やら運用費やら維持費やら諸々合算すると、圧倒的に後者の方が安くつく(はず)
    鳥人や土竜人を作るのも同様だと思うよ
    24時間稼働で死ぬまでトンネル堀りをさせるとができればいいけど、亜とは言え人ならば、さすがにそんな酷い扱いはできんだろうからね
    魚人だって、仕事してないときの待機場所のために、巨大水槽にマンションでもおっ建てる?

    専門化された能力ってのは、戦闘では一時的に有利になるだろうけど、補給や兵站まで考えたら、専門の機械使って普通の人が交代で操るっていう方が、どう考えても効率いいでしょ
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 19:16
    多少の違いはむしろ魅力的にみえて、そういう噂があれば
    海超え山超えアタックしに行くからだよ
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 19:19
    白人・黒人・黄色人種ってもう亜種だと思うんだが
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 19:58
    進化史的に言えば、ヒトの亜種は地球上に存在したが、ヒト以外は既に絶滅した。理由としては、そもそもヒトを特徴づける「脳」が多大なエネルギーを消費する器官であって、脳機能から得られる効用(現在に連なる文化的な社会)とエネルギー需給の絶妙な均衡が「ヒト」という生物種を実現したからだと考えられる。

    ヒトは脳容量の増大という極めてハイリスクの進化を選択したが、その脳機能は、ヒト自身を環境に適合させる通常の進化ではなく、環境を人間に適合するよう改変する「労働」の方法を確立し、脳のエネルギー消費を十分に支える生産力を獲得した。このハイリターンの実現において、ヒトの成功は決定づけられたと言える。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 20:26
    仮面ライダーで改造人間以外で人類の亜種が敵だったパターンって
    グロンギ、オルフェノク、ファンガイアくらいかな?
    イマジンと眼魔も人間だが
    イマジンの未来はどーなってるのかよく分からんし
    眼魔は異世界に移住した人の成れの果てと言えば亜種ぽいが世代交代してないので普通に弥生人らしいです
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.2 20:27
    トバ事変が因のボトルネック効果でしょ。
  1. blog.goo.ne.jp/booter/e/c6bd54d79b5200850ad596ab65b527e8

    1.あなたは死ぬことになった。生まれ変わるならどちらを選択するか? 

      A.上腕二頭筋が発達しており、いざとなったら人間を引き裂くことのできるチンパンジー。脳の消費エネルギーは省エネで全使用エネルギーの8%を使用する。
      B.上腕二頭筋が減衰し、代わりに大脳新皮質が発達したサピエンス(ヒト)。脳の燃費は悪く、全使用エネルギーの25%を使用する。

    って言う時に、現在の我々はBだけれども、B自身が更に有能だが鉛筆を折れないほど非力のCを作ったら、BがAを支配していたのと同様、CにB(我々)が支配されてしまうと言う恐怖心から選択していないだけじゃんよ。
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.3 14:17
    亜種を作ろうとしてもすぐに交雑して意味ね~からだろ
    隔離して作ろうとしてる人の性欲も抑えてw
    黒人奴隷相手でも持ち主がやりまくってハーフの子供作りまくりなんだから無理だわな
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.4 3:54
    中国で亜人兵士とか出てくんだろ
    生命倫理とか薄い国だから
    • ※21 :  
    • 2017.11.6 6:48
    >>1
    イッチがすでに発達障害という亜種だぞ?
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.6 12:57
    吉田ネキと室伏が結婚しないかなぁと若干期待してました
      • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2017.11.7 14:39
      >※22
      世界最強の乙女が狙ってるのは井端だから
    • ※24 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2017.11.13 1:06
    ある意味白・黒・黄色くらいの人種はあるわけで
    どれが正道と称し他種族を駆逐するような動きをしてる人もまたいるわけで
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*