人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

「ジェヴォーダンの獣」ってなんだったんだろね? @ [野生生物板]


「ジェヴォーダンの獣」ってなんだったんだろね? @ [野生生物板]
1: 名無虫さん 2016/05/09(月) 15:21:09.15 ID:
狼、シマハイエナ、狼犬?その正体は?
ジャン・シャステルは本当に主犯なのか?
管理人より:まぁオカルトの範疇?ってことで、野生生物板のまとめだし、内容的にも野生生物ぽいので非常に苦しいですが、強引に「民俗・神話学」カテゴリーでのまとめですよ!
「ジェヴォーダンの獣」については、スレ内でそこそこ詳細が語られるので、注釈は控えめにしておきます。
2: 名無虫さん 2016/05/09(月) 15:21:55.80 ID:aUzgvHJs.net
18世紀フランスの出来事
3: 名無虫さん 2016/05/09(月) 16:47:44.01 ID:Iv0JhEKs.net
100人以上が殺されたんだよな
4: 名無虫さん 2016/05/09(月) 17:15:55.86 ID:
外観
獣はウシと同じ大きさのオオカミに似た生物で、広い胸部をし、長く曲がりくねった尻尾はライオンのような毛皮の房で先端まで覆われていた、と記述されている。

そして、小さく真っ直ぐな耳と巨大な犬歯がはみ出ている、グレイハウンド犬のような頭部をしていたという。
獣は全身が赤い毛で覆われ、特筆すべきは黒いしまが背中の長さ分あったことだった。
5: 名無虫さん 2016/05/09(月) 17:27:37.26 ID:
映画にもなってたけど、その中ではアフリカから連れて来られたライオンだったな
13: 名無虫さん 2016/05/09(月) 20:08:37.58 ID:
>>5
その映画好きだった
25: 名無虫さん 2016/05/11(水) 10:55:09.11 ID:
>>13
何て映画?
26: 名無虫さん 2016/05/11(水) 14:43:07.42 ID:
ジェヴォーダンの獣【レンタル落ち】 >>25
ジェヴォーダンの獣
30: 名無虫さん 2016/05/12(木) 01:59:42.23 ID:pgwuhaEn.net
>>5
あれ目はライオンだけど製作者によると様々な生物のキメラで特定の動物ではないよ。
フランス限定の映画ジェヴォーダンの獣2003では狼犬を使って撮影してた
6: 名無虫さん 2016/05/09(月) 17:34:34.78 ID:aUzgvHJs.net
資料によるとジャンヌって名前の女性ばかり襲われてるから、黒幕はイギリスでジャンヌ・ダルクに対する見立てじゃないか
7: 名無虫さん 2016/05/09(月) 18:02:57.09 ID:
ジェヴォーダンの獣事件
ジェヴォーダンの獣(あるいはジェヴォーダンの野獣)は1764年から1767年にかけて、ラングドック=ルシヨン地方のロゼール県に出没したという怪物である。
この獣は1764年の6月、農作業中の少女に目撃されて以来、16歳以下の男性を39人、女性79人、性別不明12人を殺害したとされている(成人男性の犠牲者は報告されていない)。

目撃者たちの証言によると、牛ほどの大きさで俊敏に動き、全身が剛毛で覆われた狼のような外観で、鋭い鉤爪とライオンのような尾を持ち、口からは大きくはみ出た牙があり、面立ちはグレイハウンド犬のようであったとされる。

獣を仕留めるアントワーヌ・ド・ボーテルヌ
ルイ15世は何度か討伐隊を派遣し、1765年に派遣されたアントワーヌ・ドゥ・ヴォーテルヌが一匹の狼を仕留め、これこそがジェヴォーダンの獣とされたものの、その後も殺戮は止まなかった。
1767年6月19日、ジャン・シャステルという地元の猟師がジェヴォーダンの獣を射殺し、事件は収束したとされる。
しかし複雑な時代を背景に起きたこの怪事件の真相は未だに謎のままである。
ジェヴォーダンの獣と戦うマリー=ジャンヌ・ヴァレー
管理人より:実は一連の怪事件の最中、マリー=ジャンヌ・ヴァレーという女性が、ディジェ川の付近で妹一緒にいるときに襲われたのですが、傷を負いながらも杖の先についてた刃物で怪物を傷つけて撃退。その勇敢さを讃えられました。後に映画やドラマで、彼女は「稀代の女ビーストハンター」として描かれることになりますが、正体はメイドさんだったとか。
218: 名無虫さん 2018/01/05(金) 16:22:30.07 ID:8oLYmWog.net
>>7
>目撃者たちの証言によると、牛ほどの大きさで俊敏に動き、全身が剛毛で覆われた狼のような外観で、鋭い鉤爪とライオンのような尾を持ち、口からは大きくはみ出た牙があり、面立ちはグレイハウンド犬のようであったとされる。
誰かが連れて来たバイソンだったりして……?
遠くから見ると角が牙に見えるかも
幼体は全身が毛でおおわれてる。
尾っぽはライオンぽい。
カギヅメは、恐怖でヒヅメがそう見えた。


バイソングレイハウンドグレイハウンドに似てるか……って言うと怪しいけど、まあ、そう見えちゃったのかも

バイソンなんかあって人を襲うようになったつぉて、人が死ぬと其の後、狼が遺体をあさって肉食獣の仕業みたいになったりしないかな?
220: 名無虫さん 2018/01/07(日) 18:19:05.15 ID:LtZp0v3n.net
>>218
バイソンとかじゃなくて、転売目的で持ち込んだフクロオオカミに襲われてその後のオオカミ被害もフクロオオカミの被害と誤認した可能性はある
フクロオオカミ
管理人より:「フクロオオカミ」は、タスマニア島にのみ存在していた有袋類にしてオオカミという珍しい種類。入植者たちの家畜を荒らすため害獣として駆逐され、1936年に絶滅しました。
10: 名無虫さん 2016/05/09(月) 18:20:27.16 ID:
集団ヒステリーから生まれた幻覚みたいなもので話が大きくなったのだろう。
多分、正体はかなりでかい猟犬とかでしょうな。
子供や女性ばかり狙ってるのも、それらは成人男性より襲いやすいことを知ってたわけで、人間をよく知ってた=人間に飼われてた動物だったのが窺える。
11: 名無虫さん 2016/05/09(月) 19:20:44.03 ID:
獣の攻撃箇所は頭部と首に集中している。
普通のオオカミであれば、腕や足にも噛み傷が残るもの。
さらに、殺した人間を食べずに頭部を砕いたり食い千切っただけの遺体もあったという。
14: 名無虫さん 2016/05/09(月) 20:35:03.02 ID:
どさくさに紛れて獣の仕業に見せかけた殺人してる奴もいそう
15: 名無虫さん 2016/05/09(月) 20:42:03.06 ID:aUzgvHJs.net
ジャン・シャステルの一家息子4人娘5人がハイエナと狼犬を訓練して人間を襲わせてたらしい。
性的目的としたら息子が少女を、娘が少年を襲わせていたとすれば合点がいく。
ただ飼育してたなら動物の臭いと鳴き声をどうしてたのか不明。
18: 名無虫さん 2016/05/10(火) 19:44:43.02 ID:
多くの猟犬を引き連れた捜索や村人を動員しての山狩りでも見つからなかったから、獣は人間に飼育されていて普段は隠されていたんだろうな
28: 名無虫さん 2016/05/11(水) 18:04:43.46 ID:Ew5vZraz.net
>>18
質問なんだけど、飼育してたのなら獣の鳴き声はどうしてたんだろ。
猟犬使ったのなら臭いで飼育場所を特定されるだろうし
ハイエナ
管理人より:思いっきり邪悪な表情のハイエナさん参考画像。しかし「怪物」というのはいささか迫力不足は否めない。
19: 名無虫さん 2016/05/10(火) 20:52:27.19 ID:
最初に襲われた少女や事件の目撃者達は「狼ではなかった」と証言してる
29: 名無虫さん 2016/05/11(水) 23:04:17.88 ID:
人を襲うようになった狼・野犬がたまたま同時期に複数存在して、いくつかの地域で別個に活動していたのでは ?
この仮定の場合は捕殺された獣はその全てが概念としての「ジェヴォーダンの獣」を構成する一部という事になり得る
つまり、ある一頭の死体を以ってこれが正体だという事にはならない


それと、物的証拠を伴わないなら陰謀や黒幕の存在はいくら面白くても立証不能な、オカルト仮説の域を出ないと思う
フィクションの題材としてはアリだが…その場合は探偵の出番になるな
37: 名無虫さん 2016/05/14(土) 19:43:17.24 ID:czQoWSIZ.net
>>29
なるほど。それなら飼育による臭いと鳴き声の矛盾をクリアできるな。
だがそれだと背中の縞模様をどう説明する?
フランスの番組で出たハイエナの剥製は獣にそっくりだった。
31: 名無虫さん 2016/05/12(木) 07:09:13.82 ID:
シャステルは、火縄銃の名人アントワーヌの捜索を邪魔して投獄されていた時期がある。
投獄されていた期間は獣の襲撃は極端に少なくなっていた。
32: 名無虫さん 2016/05/12(木) 09:40:12.10 ID:
唱えられた説
・一匹の大きな狼説
・狼の群れによる犯行説
・ハイエナ説
・ハイブリッド狼説
・凶暴化したサル説
・クマ説
・大型のクズリ説
・ライガー説
・神に使わされた魔獣説
・狼の毛皮を被った人間説
・狼男説
・アフリカのヒョウ男説
・UFOから落とされた動物兵器説
35: 名無虫さん 2016/05/13(金) 20:31:02.21 ID:
実は全部別々の事件
36: 名無虫さん 2016/05/13(金) 20:59:19.04 ID:
法律や遺族感情、それと倫理面がクリアできるなら被害者の遺体を再調査するのがいちばん手っ取り早い
おそらく骨に歯型が残っているのではないか


プチ検索結果 : 英語と仏語サイトをうろついてみた。

・ 14世紀半ばから20世紀初頭にかけて、フランス国内では約7500人がオオカミにより死亡しているという調査例がある。なお、狂犬病による死者数はこの中には含まれない。

・ ジェヴォーダン事件の発生した18世紀のフランスではこの事件以外に約50件の人へのオオカミ襲撃記録が残っている。事件収束後に発生した襲撃については、新聞によって「獣、○○ にあらわる !」という具合にセンセーショナルに報じられる事が多かった。
そのため、知名度のまったく無いいくつもの「獣」伝説が誇張された噂となって流布される事になった。
そのうちの一部は時間と共に本家のジェヴォーダン事件に収斂していき、当初とは異なる獣の特徴を加味する事になったらしい。
実際、「獣」の外見的特徴の一部はジェヴォーダン事件がオカルト的に語られるようになる第二次大戦後のブームの際に初めて書き足されたものであり、当時の新聞報道は一貫してこの事件を人食いオオカミによるものとして取り扱っている。


シャストル黒幕説は、子孫を名乗る人が一時期大暴れして否定していたようだ。
黒幕派研究者のジャン・J・バルローは反論された際に自分の調査手段がほぼ新聞記事だけである事を認め、結論を導くために「想像力を働かせた」部分があったと後に書いている。
39: 名無虫さん 2016/05/15(日) 04:39:55.59 ID:ZTrLzheU.net
>>36
シャステルの子孫で血縁のハゲた男性は、謎のオオカミ男を追えって番組に出演してて、先祖が殺人鬼だったことに文句はないみたいだったから和解したみたいだね
46: 名無虫さん 2016/05/17(火) 15:35:07.84 ID:
陰謀とか正体とか…なんかこの事件にストーリーやドラマ性を求めすぎじゃないの
物的証拠を伴わない仮説は、少なくとも動物学ではトンデモ珍説の域を出ないよ

普通にジャン・シャステルさん頑張ったねでいいのに、皆なんでジャンを悪く言うんだよ
ジャンは命をかけてみんなを守ったんだぞ
47: 名無虫さん 2016/05/17(火) 20:58:47.42 ID:vp8AV5xp.net
>>46
それには根拠があって、シャステルの息子アントワーヌ・シャステルはアフリカ帰りでハイエナを飼っていた噂と実際にマスチフ犬を飼育してたから。
娘に少年を息子に少女を襲わせていた説もある
48: 46 2016/05/17(火) 22:45:37.23 ID:
>>47
マスチフ犬を飼っていた事は確定なのかな ? だったら

事実 1. シャステル家にはマスチフ犬がいた

という理論構成要素は認める

何頭飼育されていたのか、とかシャステルによる獣射殺の後に頭数が減少したかどうか、とかその辺りにも興味はあるけど今は保留

でも「ハイエナを飼っていた噂」「子供に子供を襲わせていた説」は仮説の材料として信憑性の面ではどうなんだろう
絡むつもりはまったく無いし気を悪くしないでもらいたいんだが、それらの話は物証とは言えないと思う
事実 2、事実 3 と裏付けが続いていってないんだよ


それと、黒幕説で特に理解できずどうにも違和感を覚えるのが動機だ
犬けしかけマニアのキチガイ一家だったのか ? 100人殺すって凄すぎない ?
56: 名無虫さん 2016/05/20(金) 14:28:26.93 ID:
>>48
ジェヴォーダンの獣と言われる被害の記録には、明らかに変装した人間の仕業と思われるものが一定数あったようなので便乗犯がいた可能性も高い
57: 名無虫さん 2016/05/21(土) 06:58:26.36 ID:uBH8OsVX.net
>>48
気を悪くはしてないし、知恵袋と違って真面目に考えてくれて嬉しい。
女性の遺体は下腹部と尻を食われてたらしいから、シャステルが強姦してそれはを隠す為に獣に食わせてた説がある。
被害者の15人は首を切断されてたからそれは模倣犯だろうね
55: 名無虫さん 2016/05/20(金) 14:25:07.24 ID:
>>46
そのシャステルが投獄されていた時期は、ジェヴォーダンの獣の襲撃事件が極端に少なくなったという不可解な現象が起きていたようだけどね
マスティフ
管理人より:「マスティフ」さんもでかいやつになるとこれくらいの大きさ。
チベタン・マスティフ
「チベタン・マスティフ」という超大型犬。もうこれは「犬」じゃないと思う。('A`)
50: 名無虫さん 2016/05/18(水) 14:38:37.42 ID:eL44MqOG.net
獣に似ている動物が赤毛で縞模様とかフクロオオカミそのものなんだよな
73: 名無虫さん 2016/05/29(日) 20:33:19.96 ID:U5LHJn1u.net
>>50
縞模様ってブリンドル(虎毛)ってことはないかな
マスチフ系の犬ってことは?耳を落としたドラえもん状態で正体をわかりにくくしてたとか
51: 名無虫さん 2016/05/18(水) 20:52:09.25 ID:
人が関与してたんなら毛色ぐらい変えてたんじゃね?
53: 名無虫さん 2016/05/20(金) 13:26:42.09 ID:
犯人が飼育動物に人を襲わせるときだけ毛色を変えたりして、別の動物だと誤認させていた可能性もあるわけか
54: 名無虫さん 2016/05/20(金) 14:23:42.76 ID:
ジェヴォーダンの獣はシャステルの自作自演で、正体はハイエナか狼犬という説が真相の可能性大だろうね
62: 名無虫さん 2016/05/24(火) 22:30:45.74 ID:
頭部が噛み砕かれていた被害者もいるみたいだけど犬って人間の頭蓋骨を噛み砕けるの?
64: 名無虫さん 2016/05/25(水) 23:45:33.01 ID:81H9KzEr.net
>>62
シャステル一家が犯人と仮定してだけど女性をレイプ後に殺害して、待機させておいたシマハイエナに後始末させてたとも言われてる
66: 名無虫さん 2016/05/26(木) 00:01:29.11 ID:
ハイエナは歯と顎が頑丈で噛む力が強いからな
他の動物が食べない骨も噛み砕くこともできる
67: 名無虫さん 2016/05/27(金) 23:22:51.39 ID:rJJGqbaR.net
ブチハイエナがヌーやシマウマ狩るシーン見たら一噛みで内蔵飛び出してるから、誰かが逃がしたにしろハイエナに襲われたら女子供じゃひとたまりもないだろうな
68: 名無虫さん 2016/05/28(土) 00:52:58.50 ID:
俺でもひとたまりもないかもしれんな
71: 名無虫さん 2016/05/28(土) 20:07:45.12 ID:32HCcnbU.net
別にシャステルが犯人と断定されてるわけじゃなく、他にも権威回復の為のルイ15世犯人説、地元の領主犯人説もある
75: 名無虫さん 2016/06/01(水) 15:17:53.42 ID:
飼いハイエナ飼いハイエナ飼いハイエナ飼いハイエナ
78: 名無虫さん 2016/06/01(水) 17:27:58.11 ID:
飼いハイエナ飼いハイエナ飼いハイエナ
ハイエナはちゃんと飼育されている個体なら餌付けすることもできるらしいが、凶暴であることに変わりはないので街中では安全のために口輪をするとのこと
76: 名無虫さん 2016/06/01(水) 15:45:47.81 ID:
いや、こんな場所でこんなワイルドな飼い主が口輪付けてるって時点で、ハイエナは言う事聞かないって事の証明のような気がするんだがw
88: 名無虫さん 2016/06/07(火) 01:58:32.10 ID:
オカルト要素無しなら複数のオオカミで決まりだと思う

シャステル犯人説だと証拠と動機、両方とも弱いのと、人物像が理解しがたい
100人以上殺すってスーパーシリアルキラーだけど、そういう人ってこの事件が収束した後は殺人の欲求抑えきれるもんなのかな
人生の一時期だけ殺しまくってその前後は普通の人だったというのは変じゃない ?
89: 名無虫さん 2016/06/07(火) 02:47:13.00 ID:
でも狼じゃないって目撃証言が多数あるんやで
92: 名無虫さん 2016/06/07(火) 19:09:15.37 ID:
ジェヴォーダン地方ではオオカミが家畜を襲うことが頻繁にあり、オオカミは住民によく知られていたにも関わらず、事件の目撃者や生存者は謎の獣の正体はオオカミだと断言していない。
つまり、その地域には生息していない見たこともない動物だったのではないか?
95: 名無虫さん 2016/06/07(火) 21:28:59.55 ID:eLzVFbp2.net
>>92
やっぱり息子のアントワーヌ・シャステルが逃がしちゃったハイエナやナマケグマ、リカオンにイボイノシシだろうね。
証言を元にした絵にはアフリカの動物らしきものがある
141: 名無虫さん 2016/07/08(金) 07:21:07.25 ID:
>>92
不思議なのは、家畜の番をしてる時に襲われるパターンが多いのに、家畜はスルーで人間だけ襲う点だね。
最初から家畜より人目当てで人の味を知ってるぽい
93: 名無虫さん 2016/06/07(火) 20:56:19.51 ID:
物証を重視したらそれこそオオカミ説はありえんよ
91: 88 2016/06/07(火) 18:51:15.34 ID:
>>89
証言内容に興味をひかれはする
オカルト板ならそこからどんどん話を盛っていくのもいいんだけど、ここが野生動物板だという事で証拠、特に物証を重視したいんだわ

一応言っておくけど俺はオオカミ説に固執するつもりはないよ
ただ、新事実でも出て来ない限りそれ以外の仮説を採る必要性を感じない
他の説に物語としての面白さがあるとは思うけど…


あと>>88の繰り返しになるがシャステル犯人説だと、シャステルは
・ 飼育している動物を用いた人殺しが大好き
・ 事件までは何もなし ( 殺したいけど我慢 )
・ 2、3年の間 殺しまくって幸せ絶頂
・ 事件の後は何もなし ( 殺したいけど我慢 )


という行動律で動いた人物だったという事になるのか ?
どうもキャラ設定や動機に無理があるような気がしてならない

黒幕説の人の見解を知りたい
94: 名無虫さん 2016/06/07(火) 21:22:45.00 ID:eLzVFbp2.net
>>91
シャステル一家がプロテスタント派のイギリスに唆されて報酬渡されて、神罰に見せかけてついでに少女を乱暴して性的暴行の痕跡を隠す為に動物に食わせてた。
騒ぎがデカくなっって自粛した説がある。
96: 名無虫さん 2016/06/07(火) 22:15:47.45 ID:eLzVFbp2.net
最初の牛飼いの女性が襲われた時に、爪で服を裂かれてるけど、これは外見が犬に似てるナマケグマの仕業だろう。
最初の被害者のジャンヌ・ブルさんを殺したのがこのナマケグマかはわからんけど
ナマケグマ
管理人より:インドやネパールなどに生息する小型の「ナマケグマ」さん参考画像。管理人の目には、どう贔屓目に見てもクマにしか見えません。しかし人間を多数襲った報告もアリ。
102: 名無虫さん 2016/06/10(金) 14:30:26.51 ID:x3hIizM+.net
あの時代だとカスピ海北岸にまだトラがいたな
ヨーロッパに取り寄せもできなくもないか
104: 名無虫さん 2016/06/11(土) 02:37:41.22 ID:9zKltJSI.net
>>102
カスピトラ。
背中の縞模様は説明できるが顔はイヌ科に似てないな
カスピトラ
管理人より:「カスピトラ」は、カスピ海沿岸からインド、アフガニスタンあたりに生息していたトラの一種。最後の目撃例は1958年で70年代には絶滅したと思われています。耳が小さいのが特徴で顔の下半分のヒゲが長い。
119: 名無虫さん 2016/06/21(火) 20:58:42.59 ID:
ケニア人の先生にハイエナの頭もぎ取り食いの事を聞いたら半笑いで否定されたぞ
「普通おなか食べてから足食べます」だってさ
顔を食うとか首もぎ取るとかがハイエナの特徴って話は嘘かも
122: 名無虫さん 2016/06/21(火) 21:32:53.30 ID:
>>119
そもそも首が綺麗に切断されて殺されるというのが、野生動物に殺し方としてはかなり不自然だしな
124: 名無虫さん 2016/06/22(水) 11:19:41.05 ID:OOcNO588.net
じゃあ、獣の正体は、数人で中に入って動かす大型の着ぐるみってことで
125: 名無虫さん 2016/06/22(水) 18:26:48.65 ID:OGEktOF7.net
>>124
ああなるほど、山賊が獅子舞で襲撃してたのかもしれないね
126: 名無虫さん 2016/06/22(水) 23:25:57.11 ID:
おっさん2人が入ってるように見える4脚ロボットの動画を思い出した

おもしろかったのでちょっと長めのまとめでした。

BigDog Beta (High Quality) - early Big Dog quadruped robot testing最後のオッサン4脚ロボの動画はコチラ。

BigDog Overview (Updated March 2010)元ネタのBoston Dynamics社が開発した「Big Dog」。コチラを先に見ると上の動画はよりいっそうおもしろいです。

というわけで、フランスの魔獣伝説「ジェヴォーダンの獣」の正体はいったいなんなのか!?野生生物板住人の考察でした。
いろんな説が出てますが、フランスには長らく「ルー・ガルー(Loup-Garou)」という狼男伝承がありました。
また、カトリックの聖人である聖パトリキウスは、アイルランドの村へ布教活動に赴いた際に、狼男に変身する者ばかりからなる村で、命からがら逃げ出したことがあるとか。
だから、この「ジェヴォーダンの獣」の正体には狼男説もあります。

村の家畜を襲うオオカミの存在というのは、当時の人々から見れば大変厄介なものであったに違いなく、オオカミの被害に悩んでいたジェヴォーダン地方で、そんな怪物伝説が生まれても、まぁ無理からぬことかもしれませんが、「あれは絶対オオカミじゃない」という目撃談も多く、真相は謎のままです。
スレの内容を総合するにつけ、その実態はどうも野生生物にしては異常で、最後に獣を仕留めたとされるジャン・シャステルこそが主犯なのではないか、はたまた山賊がオオカミの皮をかぶって悪さをしていたのではないか…という陰謀説が根強くあるみたいですね。
当時からこの点は議論の的になってたようですが、しかし結局よくわからない。モヤモヤします。

「赤ずきん」の挿絵(アーサー・ラッカム)
「おばあさんの口はどうしてそんなにおっきいの?」「それはね…」
というわけで、最後にアーサー・ラッカムの手による「赤ずきん」の挿絵でも貼っておきます。
以下、本題と関係ないお知らせ:
たびたびで申し訳ないのですが、明日(26日)の更新おやすみです。月末が月初もおそらく…。クッソ忙しくて毎日の更新の時間がなかなか取れんとです…。('A`)
2.6追記:当記事を「朝目新聞」さんでご紹介いただきました!
おっ、地下の謎空間いいですね。ニューヨークのめっちゃ古い地下鉄に住む人々とかもちょっと憧れがある。
ジェヴォーダンの獣 (ヴィレッジブックス)
ピエール ペロー
ソニーマガジンズ
売り上げランキング: 815,867



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.1.26 3:56
    正体はバスカビル家の犬なんだよなぁ
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.1.26 13:15
    ジェヴォーダンの獣事件とフェルテ=ベルナールの獣事件がいつもごっちゃになる
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.1.26 14:53
    俺だよ(・ω・)
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.1.26 21:17
    当時狼は害獣として狩られたけれど犬殺しは死罪だったとかで意外と逃げた犬の集団とかだったかもねえ。
    襲われて間違って何匹か殺しても「イヌ殺したわ」とは言えない時代だったから。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。