人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

フランス王家の歴史を語ろう @ [世界史板]


フランス王家の歴史を語ろう @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 2009/02/18(水) 22:08:11 0
フランス王家の歴史を語れ。
2: 世界@名無史さん 2009/02/18(水) 22:11:57 0
夫婦仲がわるいのが多い。

アンリ2世カトリーヌ・ド・メディシス
アンリ2世-カトリーヌ・ド・メディシス

アンリ4世マルグリット・ド・ヴァロワマリー・ド・メディシス
アンリ4世-マルグリット・ド・ヴァロワ、マリー・ド・メディシス

ルイ13世アンヌ・ドートリッシュ
ルイ13世-アンヌ・ドートリッシュ

ルイ16世マリー・アントワネット
ルイ16世-マリ・アントワネット
5: 世界@名無史さん 2009/02/19(木) 09:26:00 O
イザボー・ド・バヴィエール>>2
イザボーとその旦那も。
8: 世界@名無史さん 2009/02/19(木) 19:12:45 0
シャルル6世>>5
シャルル6世か。
「フランスは女によって死に、女によって生き返った」
3: 世界@名無史さん 2009/02/19(木) 07:23:17 0
フランスには女王っていないの?
11: 世界@名無史さん 2009/02/20(金) 00:08:04 0
12: 世界@名無史さん 2009/02/20(金) 00:10:18 0
6: 世界@名無史さん 2009/02/19(木) 10:34:36 0
メロヴィング朝のスレ落ちちゃったんだね。残念。
7: 世界@名無史さん 2009/02/19(木) 11:27:00 O
>>6
自分も残念。
フランク王国統一スレ立てるのはどうだろう。
14: 世界@名無史さん 2009/02/20(金) 12:22:26 0
ルイ14世ルイ14世はルイ13世の実子ではない
15: 世界@名無史さん 2009/02/20(金) 14:24:06 O
ルイ15世ルイ15世はルイ14世の実子ではない。

ルイ14世ルイ16世はルイ15世の実子ではない。
16: 世界@名無史さん 2009/02/20(金) 19:37:33 O
ルイ17世ルイ17世が悲惨すぎる。
17: 世界@名無史さん 2009/02/20(金) 22:35:26 0
>>14
まさかバッキンガム公の?

>>15
15世は14世の曾孫(ひまご)だね、確か。
16世は15世の孫だったかな。
18: 世界@名無史さん 2009/02/20(金) 22:42:06 0
「三アンリの戦い」を詳しく描いた歴史本や小説あったら教えてください。
27: 世界@名無史さん 2009/02/21(土) 21:24:47 0
聖なる王権ブルボン家 (講談社選書メチエ) >>18
長谷川輝夫『聖なる王権ブルボン家』
アンリ・ド・ナヴァルが王位を獲得するまでの経緯の中で、三アンリの闘いについても言及されている。
49: 世界@名無史さん 2009/02/26(木) 21:59:26 0
王妃マルゴ >>18
『王妃マルゴ』
管理人より:「三アンリの戦い」というのは、16世紀後半のフランスで行われたカトリックと新教徒(ユグノー)たちの一連の内戦。フランス国王アンリ3世の暗殺によって途絶えたヴァロワ朝と、次いでユグノーの指導者であるブルボン家のナヴァール王アンリ、カトリックの急先鋒であるギーズ家のアンリ、この3名の闘争のこと。「ユグノー戦争」とも。
アンリ3世の妹マルグリットと結婚し、国王として即位しブルボン朝を開いたアンリ4世、結婚式に集まった有力なユグノー派の貴族たちを一網打尽にするため、母后カトリーヌ・ド・メディシスが画策した「サン・バルテルミの虐殺」により、結婚生活は冷え切ったものに。
一度はカトリックに宗旨変えを強制されたアンリ4世ですが、すぐにユグノーへ改宗。終生暗殺に怯え、自分で川の水を汲み卵を茹でて食べたとか。結局狂信的なカトリック教徒ラヴァイヤックに暗殺されてしまいます。
20: 世界@名無史さん 2009/02/21(土) 02:13:18 O
ルイ14世ルイ14世はある意味異常者じゃね?
21: 世界@名無史さん 2009/02/21(土) 17:50:20 0
ルイ14世は背が低かったというね
大きなカツラでごまかしていた
22: 世界@名無史さん 2009/02/21(土) 17:53:09 0
舞の海かよ
管理人より:元・人気力士の舞の海関は、新弟子検査の際に身長が足りなかったため、頭にシリコンを入れてこれを乗り切ったとか、なんとか。
23: 世界@名無史さん 2009/02/21(土) 18:44:25 0
ルイ13世ヨーロッパのかつらブームはルイ13世から始まるとか。
24: 世界@名無史さん 2009/02/21(土) 19:54:58 0
フランス人からしたらスウェーデン王家は裏切り者?
25: 世界@名無史さん 2009/02/21(土) 20:31:50 0
>>24
えーと、三十年戦争の話すか?
29: 世界@名無史さん 2009/02/22(日) 08:52:27 0
カール14世ヨハン>>25
スウェーデン王家と言うかベルナドットが
30: 世界@名無史さん 2009/02/22(日) 12:47:53 0
デジレ・クラリーベルナドットの奥さんがナポレオンの婚約者だったデジレ・クラリー。
今もつづいているんだね、スウェーデン王室。ちょっとビックリだな。
31: 世界@名無史さん 2009/02/22(日) 19:35:35 0
1990年代までに、凱旋門にベルナドットの名が刻まれました。
独仏でさえ仲良くする時代ですからね。
32: 世界@名無史さん 2009/02/22(日) 22:10:34 0
スウェーデン人からしたらどうなんだろうな?
王家がフランス出身ていうのはあんまり気にしてないかな?
35: 世界@名無史さん 2009/02/22(日) 22:23:17 0
>>32
国際結婚が常態なわけだからね、ヨーロッパは。
気にしてたらキリがないんじゃ。
36: 世界@名無史さん 2009/02/23(月) 12:32:53 0
>>35
でも日本人からしたら不思議なんだよね
41: 世界@名無史さん 2009/02/24(火) 00:27:58 0
>>36
国内に家柄の釣り合う相手がいないから、王室同士はいきおい国際結婚となる。
国際結婚が普通だから、お家騒動が即戦争になる。
「ナントカ継承戦争」というのは全部この類。百年戦争も同じ。
お家騒動から発した戦争に、宗教がからむから複雑になる。
そうやって主権国家体制を発展させてきたのが、ヨーロッパの歴史。
43: 世界@名無史さん 2009/02/24(火) 00:37:59 0
>>36
不思議でも何でもないよ。
ヨーロッパの諸王家は、日本でいえば、天皇中心血統単一ヒエラルキーの皇族よりも(比較的大きな領地を持っていた)旧諸大名家に例えるほうがよほど近い。

欧州の諸王家が通婚するのは、徳川、前田、島津、伊達などの大大名家が通婚してきたのと全く同じことで、不思議でも何とも無いよ。

欧州社交界は、全欧州で、日本全土と同じ意味での「ひとつの単位」と言える。
最近は、いろんな自由恋愛があるのでさすがに崩れてきたが、ヨーロッパの外側の連中と通婚することは滅多に無かった。
たとえば、欧州の王族が、ヨルダン王家やエチオピア王家と通婚しても、意味が無いから。
(ちなみに、植民地化のひとつの現われとして、逆は意味があり得る)
46: 世界@名無史さん 2009/02/25(水) 20:56:30 0
フィリップ2世オルレアン公フィリップ2世
美食と荒淫のためか、大層太っており、愛人と過ごしている時に卒中で急死したそうです。
背が低く肥満体のこの人を描く肖像画は、腰の周りにひらひらと布を巻きつけ、体型を誤魔化そうとしているようですが、腹が出ているのは隠せませんね

オルレアン公フィリップ2世
48: 世界@名無史さん 2009/02/26(木) 00:25:29 0
>>46
半ズボンでタイツっていうのが当時の貴族の正装でしたからね。
長ズボンは下層階級の服装でした。
ルイ14世は赤いハイヒールはいてます。いまその服装だったらほとんど変態ですよね。
50: 世界@名無史さん 2009/02/26(木) 22:23:31 O
>>48
当時は化粧もしてたんだっけ?
51: 世界@名無史さん 2009/02/26(木) 22:31:52 0
>>50
19世紀でさえ、男性がマニキュアしていたくらい
オルレアン大公フィリップ2世の肖像(ジャン=バプティスト・サンテーレ)
管理人より:リンク先のブログの元絵がコチラ。肖像画では甲冑姿のよく似合うイケメンに描かれてますね。フィリップ2世はルイ14世の弟フィリップ1世の息子。ルイ15世の摂政として宮廷で幅を利かせました。
52: 世界@名無史さん 2009/02/27(金) 06:58:22 0
ヴァロワ朝(Valois、1328年-1589年)はフランス王家。
カペー朝の断絶後、フィリップ6世が即位して王位を継承した。
百年戦争を経験し、ハプスブルク家と争った戦いの王朝であったが、ユグノー戦争の末期にアンリ3世が暗殺されて断絶し、アンリ4世のブルボン朝に交替した。

1.フィリップ6世(1328年 - 1350年)
2.ジャン2世(善王(le Bon) 1350年 - 1364年)
3.シャルル5世(賢明王(le Sage) 1364年 - 1380年)
4.シャルル6世(親愛王、狂気王(le Fol) 1380年 - 1422年)
5.シャルル7世(勝利王(le Victorieux) 1422年 - 1461年)
6.ルイ11世(商人王 1461年 - 1483年)
7.シャルル8世(1483年 - 1498年)
8.ルイ12世(1498年 - 1515年) ヴァロワ=オルレアン家
9.フランソワ1世(騎士王、1515年 - 1547年) 以下5代ヴァロワ=アングレーム家
10.アンリ2世(1547年 - 1559年)
11.フランソワ2世(1559年 - 1560年)
12.シャルル9世(1560年 - 1574年)
13.アンリ3世(1574年 - 1589年)
55: 世界@名無史さん 2009/02/27(金) 11:58:13 O
ルイ11世>>52
ルイ11世の(商人王)ってのが面白いな。
57: 世界@名無史さん 2009/02/28(土) 12:01:26 0
>>55
養蚕をさかんにし、鉱山開発をおこなったってことなんだが、詳しいことはわかんない。
59: 世界@名無史さん 2009/02/28(土) 23:36:45 0
リチャード1世>>58
リチャード獅子心王とかね。
ルイ15世=最愛王というのもおもしろいね。
謂われを知りたい。
53: 世界@名無史さん 2009/02/27(金) 07:01:07 0
ブルボン朝(Bourbon、1589年-1792年、1814年-1830年)は絶対主義時代のフランスの王家。
カペー朝の聖王ルイ9世の孫に始まりをもつ名門の血筋をうけつぎ、絶対王政を確立してフランスをヨーロッパの強国に押し上げた王朝。
ユグノー戦争の末期にアンリ3世が暗殺されてヴァロワ朝が断絶、王の妹を妃にむかえていたアンリ・ド・ナヴァル(アンリ4世)によってはじまり、ルイ14世の時代に絶頂期をむかえたが、フランス革命においてルイ16世が処刑されてとだえた。
ヴェルサイユ宮殿における華やかな宮廷文化で知られる。
ナポレオン失脚後、復活をはたしたが、七月革命によって最終的に王権から離れた。

1.アンリ4世(1589年 - 1610年)
2.ルイ13世(le Juste1610年 - 1643年)
3.ルイ14世(太陽王、le Grand1643年 - 1715年)
4.ルイ15世(最愛王、le Bien-Aim?1715年 - 1774年)
5.ルイ16世(1774年 - 1792年)
(復古王政)
6.ルイ18世(1814年 - 1824年)
7.シャルル10世(1824年 - 1830年)
54: 世界@名無史さん 2009/02/27(金) 07:32:29 0
あくなき政治性がフランスを大国にしている気がするね。
ものすごい中華思想もちながら、かなり臨機応変。計算がきっちりできている。
63: 世界@名無史さん 2009/03/04(水) 11:10:40 O
ルイ17世ルイ17世って結局どうなったの?
69: 世界@名無史さん 2009/03/10(火) 11:15:06 0
>>63
ルイ17世はヴァレンヌ逃亡事件のときにタンプル塔(だったかな?)に閉じこめられてしまったルイ16世とマリ・アントワネットの子。
名目上の君主だったが、そのうち共和政になってしまったので、忘れられた存在になってしまった。
自分自身も王であったことを忘れたそうだ。
革命独裁なんかのどさくさで世話する人もいなくなり、10歳のときに死亡が確認された。
64: 世界@名無史さん 2009/03/06(金) 00:27:08 O
フィリップ4世フィリップ4世(美男王)が嫌いだ。
テンプル騎士団を壊滅させやがって。
73: 世界@名無史さん 2009/03/11(水) 19:38:12 0
>>64
騎士団長は火刑の炎の中からフィリップ王を呪う。「てめー、子孫は根絶やしじゃ!」
→それから間もなくフィリップは不審な死を遂げる
→その後、息子達も次々死ぬ
→女系の孫のイングランド王がフランス王位を要求して百年戦争勃発。
国土が荒らされたのはフランスだけ。
→カペー王朝直系は断絶
→フランス革命時に王室が幽閉されたのが、騎士団のパリ本部だったタンプル塔。
やっぱり崇りじゃ…

あ、でも革命時の王家はフィリップとは直接関係ないブルボン家だから気の毒な気もする…

フィリップの血統は女系でイングランド王家に移って、その後こっちは薔薇戦争で荒れたことを考えると、これも崇りじゃ…
74: 世界@名無史さん 2009/03/12(木) 02:17:16 O
>>73
因果応報とはこのことか…。
管理人より:フィリップ美男王は、莫大な財産を抱え込んでいたといわれる「テンプル騎士団」の総長ジャック・ド・モレー含む幹部らをフランスへ呼び出し、一斉捕縛。拷問の末異端審問で処刑して財産を没収…したのですが、思ったほどにその財産は少なく、まだまだ隠されている財宝が眠っているのでは…というウワサ。
70: 世界@名無史さん 2009/03/11(水) 00:00:08 0
ルイ17世ルイ16世が斬首された後、ルイ17世がフランス国王に即位したんでしょうか?
幾冊か本を読んだのですが、その点については書いてなかったんです。
71: 世界@名無史さん 2009/03/11(水) 15:00:02 0
ルイ17世が名目的な君主とされたのは王政廃止宣言以後の共和政下のことですし、実際に即位もしていません。即位式もあげていません。
ルイ16世は裁判の結果、処刑が決まったわけですが、取り調べのなかで、王宮の隠し戸棚から、王が外国の使節と秘密にやりとりしていた文書がたくさん発見され、王がフランス政府と国民を裏切っていた証拠がたくさんでてきた。
結局、ルイ16世は賛成387、反対360で死刑と決定した。
ただし、賛成387のうち、26は条件付き賛成でしたからそれを除けば、361対360でした。


もちろん、ルイ17世は幼少でしたし責任能力もないので無罪です。
結局、父ルイ16世は革命広場で二万人の市民が見守るなかでギロチンで処刑されます。
最後の言葉は「私は無罪だ。私は敵を許そう」というものだったらしい。
ルイ17世がもう少し成長していたら、あるいは長生きして、みずから王であるということを意識して王として振る舞ったら、その後の展開は変わっていたかもしれませんね。
72: 世界@名無史さん 2009/03/11(水) 15:08:29 0
マリー・テレーズ・シャルロット・ド・フランスルイ16世とマリ・アントワネットの子としてタンプル塔に幽閉された王女にマリ・テレーズがいる。
ルイ17世からすると姉にあたる。
ルイ18世とシャルル10世はルイ16世の弟。
77: 世界@名無史さん 2009/03/15(日) 18:33:37 O
シャルルとかルイとかフィリップって何人いんのよw
81: 世界@名無史さん 2009/03/22(日) 12:33:58 0
>>77
ブルボン王朝は別名「ルイ王朝」でっす。w
87: 世界@名無史さん 2009/04/01(水) 10:16:03 0
自分もでルイ息子もルイで孫もルイ、しかも孫は長男も次男もルイだったら、めんどうだろうねぇ。w

長男が「ルイ」の場合は、さすがに弟は「フィリップ」「アンリ」「シャルル」「フランソワ」あたりが選ばれた模様。
というわけで、フランス王家を語るスレでした。肖像画多めに貼っております。
フランス王家つっても、ほとんどの話題がヴァロワ朝とブルボン朝に終始しており、カペー朝とかメロヴィング朝とかカロリング朝とかももっとやってほしかったけど、スレはまだまだ盛り上がってたので、興味のある方は元スレをどうぞ。

まぁー世界史選択者が一番困るのがこのフランス王家の「ルイ○世」の多さ!
なかなか数字とセットではその業績を覚えるのも困難なので、初学者からするとなかなかキツイ。しかも似たような名前ばっかり…。
「フィリップ」はスペインにいけば「フェリペ」になるし、「アンリ」は英語では「ヘンリー」、スペインでは「エンリケ」。フランスで「ジョルジュ」はイギリスで「ジョージ」、ドイツでは「ゲオルク」…と、国によって呼び名が微妙に変わってくるのもまた問題。
このへんがスムーズにこなれてくるには、メジャーなヨーロッパ言語の発音規則を大雑把に知る必要があるかもしれない。

「ルイ」シリーズでいうと、一番有名なのは「太陽王」と言われたルイ14世ではないでしょうか。
宰相のマザラン枢機卿の死後、親政を始めた彼なのですが、やはり年若いだけに外国からはナメられたらしく、オランダと通貨に刻む銘の件で揉めたこともあるとか。
オランダが新しく鋳造したコインには、なにやら意味ありげな銘区「我が前には太陽すらその歩みを止む」。そして当時のルイ14世の銘は「我に並ぶ太陽なし」。

ルイ14世なんやとゴルァー!!というわけで、若きルイ14世もだいぶんプライドが高かった模様。後にネーデルラント継承戦争や仏欄戦争で、激しく争い合うことになる両国の嵐の前の静けさ、なのでした。
1782年のフランス王家
トップ絵は作者不詳の、ヴェルサイユ宮殿でのひと場面を描いたとされる「1782年のフランス王家」より。
誰が誰やらよくわからんと思いますので解説すると、真ん中の赤いマントを着てるのがルイ16世、そして向かって右手に王妃のマリー・アントワネット。真ん中には王太子ルイ・ジョゼフ。王太子の足元の女の子は、長女のマリー・テレーズ・シャルロット。
王妃のすぐ後ろにいるのは、アルトワ伯爵夫人、その後ろの男性がアルトワ伯爵と、その隣にはルイ16世の妹エリザベート・フィリッピーヌ。
国王の後ろにはプロヴァンス伯爵夫妻、そのさらに後ろには、夫妻の子供ソフィー、シャルル10世の息子で幼いアングレーム公(ルイ・アントワーヌ)とその弟ベリー公(シャルル・フェルディナン)。

…というラインナップになっております。
2.6追記:当記事を「朝目新聞」さんでご紹介いただきました!
農民から成り上がった王様っていたかなー。さすがにそこまではいないのかな。
英仏百年戦争 (集英社新書)
集英社 (2015-09-04)
売り上げランキング: 24,036



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.3 8:20
    ルイ16世は容姿がまずく趣味が異様、口下手なせいもあって不当に低い評価のような気がする。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.13 10:52
    フランス王家はサリカ法に則り日本以外では珍しく男系の万世一系を維持していた

    だからルイ16世が処刑されたときの名前は「ルイ・カペー」
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*