人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

日本の兜・甲冑について語ろう @ [日本史板]


日本の兜・甲冑について語ろう @ [日本史板]
1: 日本@名無史さん 2006/01/20(金) 01:36:38
鎧ヲタ集え。
3: 日本@名無史さん 2006/01/20(金) 06:20:29
甲冑スレ久しいな
他板の鎧やらのスレはどの程度生き残ってるのだろうか・・
6: 日本@名無史さん 2006/01/20(金) 17:03:44
大鎧のかっこよさは神
7: 日本@名無史さん 2006/01/20(金) 20:32:43
大袖は神
8: 日本@名無史さん 2006/01/20(金) 21:18:36
筋兜は神 星兜はもっと神
沢瀉縅大鎧
筋兜
小星兜
管理人より:日本の甲冑とかまるでわからんので、画像間違ってたらすんません。「大鎧」は平安~室町時代のころまでの甲冑。その後西洋式の甲冑の影響を受け徐々に姿を消していきます。「大袖」というのは、大鎧の肩部分のヒラヒラ。
筋兜」は鉄板をつなぎ合わせたような、鎌倉~室町時代の兜、「星兜」は鉄板を鉄の鋲で止めたもので、平安時代~江戸時代ごろまで長らく使われました。
9: 日本@名無史さん 2006/01/20(金) 22:18:01
大鎧は昔の絵巻に描かれているのを見ると異様にカッコイイのだが、大河の義経などで実際に大鎧を着用している映像を見るとなんか微妙。
11: 日本@名無史さん 2006/01/21(土) 00:17:58
>>9
確かに。
大鎧は腰が窄まってないから立つとあんまりかっこ良くないよね。
12: 日本@名無史さん 2006/01/21(土) 00:34:19
西洋の鎧はどーしてああも単一素材で作ろうとするのだろうか?
日本の鎧は金属、繊維、皮、紙と多種用いているのに
17: 日本@名無史さん 2006/01/21(土) 00:59:11
大鎧でも時代によって変化が出てくる訳ですが、専門書とか読むと、腰の部分に関しては、南北朝時代には僅かに裾窄まりに、室町時代には完全に裾窄まりになって、腰の部分に重量を受けて苦痛を少なくするという方法が採られたとの事ですね。(「甲冑のすべて」著:笹間良彦 より)

ただ、実際のところ大河なんかで、そこまで正確に考証した甲冑とか出すような事なんて、そうそう無いでしょうしねぇ…


ところで江戸時代の錦絵の武者絵って、各時代の甲冑の特徴がごっちゃになってて、考証的には思いっきり間違ってるにもかかわらず、なんかそこに萌えるんですが…
もしや自分だけですか?(;´Д`)

川中島合戦 謙信侯信玄侯の旗本に入給ふ(歌川国芳)
←こういうのとか
18: 日本@名無史さん 2006/01/21(土) 01:08:26
日本画は多視点画だからどうしてもゴチャゴチャになってしまうと思う。
24: 日本@名無史さん 2006/01/21(土) 16:47:51
>>17-18
絵だけじゃなしに江戸時代の鎧の現物も、いろんな時代の要素がごちゃ混ぜになってて派手。
見栄え良くするためでしょうかね。
26: 日本@名無史さん 2006/01/21(土) 17:25:02
>>24
合戦の無い時代だから、甲冑も権威の象徴みたいな感じで、見栄えの良い復古調の物が多く作られたんじゃないかな。
管理人より:武者姿の浮世絵は、元画像がなかったので管理人が勝手に差し込んでおります。
19: 日本@名無史さん 2006/01/21(土) 05:12:07
我が家にも甲冑一揃えあるんだけど、部品がバラバラなんだよね
部分的に壊れるとその部分だけ買うからそうなるらしいけど、色まで違うんだよ…
働き者の御先祖様だったのかもしれないが、ちとセンスに問題有りだな
22: 日本@名無史さん 2006/01/21(土) 14:14:23
>>19
他にも博打の形に取られちゃって、仕方なしに鎧なし兜なしで戦う羽目になった人もいたとか。
(適当な鎧兜を戦場で現地調達する奴もきっといたでしょうね。)
 でも戦場で高名を立てるのはむしろそういう連中に多いと「塵塚物語」には書いてあります。
23: 日本@名無史さん 2006/01/21(土) 16:38:21
>>22
元寇で有名な竹崎李長は戦場で兜がなくなったんで、脛当を頭にかぶって戦ったなんて話もあるしね。
33: 日本@名無史さん 2006/01/23(月) 00:44:37
>>19
それ、かえって貴重じゃないのかと思う。

おさむらいのよろい=上から下までワンセットであるもの

という一般の常識が崩れるじゃん。
博物館に寄贈希望。
27: 日本@名無史さん 2006/01/21(土) 23:38:53
大河ドラマと言えば、去年義経ちょっと見たが、みんな乱髪にして兜かぶってた。
あの時代は、まだ烏帽子の上にかぶってたんじゃないの?
だから当時の兜の天辺穴は大きくなってるんでしょ。
28: 日本@名無史さん 2006/01/22(日) 19:50:47
赤糸威大鎧畠山重忠の赤糸威大鎧にはうっとりする。
31: 日本@名無史さん 2006/01/23(月) 00:17:15
映画とかドラマでは鎧を装備した人が一発でやられちゃうけど、実際そんなに防げないのかな……………
(。・ω・)
32: 日本@名無史さん 2006/01/23(月) 00:19:24
007で、北朝鮮の飛行機のなかに日本の甲冑を見つけたとき、なんか絶望的な気持ちになった。
43: 日本@名無史さん 2006/01/25(水) 22:30:22
しかし、世間に戦国ファンとか多い割には鎧マニアってあんまりいないな~。
日本刀好きも多いのに、なんで鎧兜は人気薄なんだろ?
44: 日本@名無史さん 2006/01/26(木) 00:20:10
刀なんて別格なのとセットでものを考えるから少なく感じるのさ・・・
45: 日本@名無史さん 2006/01/26(木) 06:15:54
マニアまではいかないけど、買うのが夢。
今、作られてるのは10万ぐらいで買えるしね。
頭形兜萌え。
46: 日本@名無史さん 2006/01/26(木) 13:01:02
少なくとも頭形は10万じゃ買えない
52: 日本@名無史さん 2006/01/27(金) 22:23:41
某所だと頭形兜と二枚胴で約17万・・・
欲しい・・・
前立のないシンプルさがかっこいい・・・
56: 日本@名無史さん 2006/01/29(日) 03:39:49
ある博物館で見た甲冑は遠目では鉄に見えるが、近くによって見ると布製。

年寄りの殿様着用の品だそうな。
58: 30 2006/01/30(月) 00:24:23
>>56
もう10年近く前の話ですが、箱根の仙石原にある「武士の里美術館」で、大阪の陣で使用されたという古文書が一緒に付属している、張り子のように、紙を何重にも貼り重ねた上から漆を塗って堅固に補強した具足一式を見たことがあります。(兜から脛当てまで揃った完品でした)
…ただ、紙製って言われても、パっと見は鉄製にしか見えませんでしたが…

そういや、伝小西行長と言われてる仏胴の胴丸って、本体は革だそうですね。
57: 日本@名無史さん 2006/01/29(日) 08:16:38
鉄の上から布を張りつけたのでは?
59: 日本@名無史さん 2006/01/30(月) 00:31:00
あるだろうな
紙で造った大筒もあるのだから
62: 日本@名無史さん 2006/01/30(月) 02:43:42
兜鉢以外全て革製の甲冑も確かあったはず。
対鉄砲の耐弾性能は落ちるけど、槍や矢が相手ならそれなりに使えたらしい。
むしろ軽い分、機動力が上がったんじゃないかな。
63: 2006/01/30(月) 08:29:25
「漆で固めた和紙」って、かなり丈夫ですよ。
刀や槍の一突きぐらいならは、軽く守れるでしょうね。
ましてや布+漆だったりしたら・・・

安土桃山の頃の派手な飾り兜って、
・木製(それも中空)
・紙もしくは布の上から漆塗り
とか多いんですよね。

簡単に言えば、「仏像作りの技術」。
ブーム以前からノウハウがあったので転用、ということですね。
なんせ首の上の話ですからねぇ。重いと辛いでしょうし。


合戦の後半には
「あーもうせっかくの俺の飾り、折れちゃった・・・」
「あとでご飯粒で貼っとけよ」
「いやーでも、さっき倒した敵のこの飾り、かっこよくね?」
「おーいいね」
「ここだけもいでって、交換しーようっと」

こんな感じもあったかと。
64: 日本@名無史さん 2006/01/30(月) 09:05:13
と言うより武器・武具は消耗品。使い捨て
66: 日本@名無史さん 2006/01/30(月) 12:46:18
小田原城に紙でできた甲冑が展示してたような気がする。
72: 日本@名無史さん 2006/02/03(金) 23:38:46
鉄革一枚混ぜとか革包みとかはよく聞くけど、全部革や紙製、布製なんてのもあるのか。
ほとんどが江戸時代のものかな?
81: 日本@名無史さん 2006/02/07(火) 12:50:04
>>72
足軽とか身分の低い人用にはあったんじゃない?
和紙を重ねて漆で固めればそれなりの強度は出るはず。
変わり兜なんかも紙で作られてるのが多いし。
82: 日本@名無史さん 2006/02/10(金) 21:59:31
鎧重いの?
>本物の鎧を着た事のある人
83: 日本@名無史さん 2006/02/11(土) 05:20:47
変わり兜は全て鉄で出来たやつとかベースとなるの兜に和紙をかぶせたやつとかも多いよね

鎧は重いですよ!
帯を絞めると軽くなるケド
兜は重い!クビが痛くなる!

自作鎧を作る予定です。
兜は実形鉢に日根野シコロ胴は桶川二枚胴
草ずりは五段
小具足・喉輪・櫃も製作する
袖は製作しようかしまいか考え中。
漆塗りにしたいけど予算の問題が有るのでペンキで我慢するつもりです
85: 日本@名無史さん 2006/02/11(土) 11:30:37
>>83
袖がないなら陣羽織もあったほうが映えますよ
86: 日本@名無史さん 2006/02/12(日) 22:46:06
>>83
材料は何で作るの?厚紙?アルミ?
面頬作るの難しそうだなー。
・・越中頬なら比較的簡単かな?
84: 日本@名無史さん 2006/02/11(土) 10:51:41
日常生活でフルフェイスを被り続けて首を鍛えればいいんじゃね?
96: 日本@名無史さん 2006/02/16(木) 01:25:37
真田幸村の兜に鹿の角
あれは、戦で標的になるW
97: 日本@名無史さん 2006/02/16(木) 01:32:38
兜に変な飾りが付いてると組討ちになったとき、てこの原理を応用して首を逆さ(背中)の方にねじって殺すのもはやっていたらしい
98: 日本@名無史さん 2006/02/16(木) 10:46:24
柔術なんかじゃ今も残っているからね。
兜を被っている相手を、てこの原理で殺す奴。
まあ、練習とかしないけどさ。鎧着た相手を失神させる技もある。
真田幸村の鹿の角兜
管理人より:五月人形のレプリカだけどこんな感じ。本物はリアル鹿の角らしいです。
91: 日本@名無史さん 2006/02/15(水) 12:23:37
日本の鎧って、鉄板の厚さどのぐらいあるのかな?
世界的にみたら厚いのかな?

鉄砲相手のため、軽量で動きやすいとは聞いてるけど
92: 日本@名無史さん 2006/02/15(水) 13:03:55
1~2ミリじゃね?
93: 日本@名無史さん 2006/02/15(水) 19:57:41
薄過ぎだな。
そのぐらいなら日本刀で真っ二つじゃん。
94: 日本@名無史さん 2006/02/16(木) 01:02:13
小札は、鉄製は1~1.5ミリ、革製は4~5ミリで平安時代~江戸時代までほぼ変わらないそうだ。
当世具足の板札はだいたい2ミリ前後らしい。
火縄銃で実際に当世具足の胴を撃って実験したサイトを見たら、50メートルから撃って完全に貫通したって書いてあった、と思う。
南蛮胴は普通の具足より重かったそうだから、もっと厚かったのかな?
99: 日本@名無史さん 2006/02/17(金) 22:26:08
>>93
あまり厚いと重くて動きが鈍くなるから結構薄いらしいよ。
100: 日本@名無史さん 2006/02/18(土) 00:46:18
>>99
なら着なきゃいいじゃんwそんな薄くちゃ役に立たないっしょ。
むしろベトナム風の装備にすりゃいいのに
101: 日本@名無史さん 2006/02/20(月) 01:05:42
>>100
一枚は1ミリでも威す時に重ねるから2倍の厚さになるんだよ。
それを薄いと思うか厚いと思うかはともかく、ほんとに役に立たないのなら誰も着なかっただろうな。
102: 日本@名無史さん 2006/02/20(月) 08:40:14
重ね厚、チョバムアーマー的発想か。

M1エイブラムス
最後の「チョバム・アーマー」ていうのは、戦車の装甲などに利用されるセラミック複合装甲で、セラミックの板を樹脂で挟んで何層にも重ねたものだそうです。

というわけで、日本の甲冑・具足について語る、なんとも地味なスレ。
西洋の甲冑が鋼鉄で作られたものが多かったのに対して、日本では木・皮・鉄・はたまた紙まで駆使していて、その材質は多彩ですね。
現代ではなかなか本物にお目にかかる機会は少なく、博物館でちょっと見るくらい。
全部鋼鉄製よりも軽そうだし、通気性も機動性も着心地も良さげに見えるけど、実際はどうだったんでしょうね?

スレでは色のことがあまり出てなかったけど、染料のあまり多くない時代だから、大河ドラマ的に見ると黒・赤・白って感じでしょうか。
オレンジとか緑とか青とかピンクとか、そゆのはあんまり見ないですよね?武士たるもの、質実剛健が尊ばれたのかもしれない。
馬鹿を申せ!ファンシーなピンクの鎧など着て戦に行けるわけがなかろう!!

なんか昔見た大河ドラマの「武田信玄(中井貴一のやつ)」で、出陣の際になんか鎧を前にしてみんなで大合唱するシーンがあったんですよ。
「御旗・楯無も照覧あれ!」「御旗・楯無も照覧あれ!」
っていうやつ。アレ気合い入ってて良かったですが、管理人のオヤジに「ミハタタテナシってなんなん?」って聞いてもよく知らなかったようでした。

今それ思い出して調べてみたわけですが、「御旗」というのは源義光から受け継いだ日章旗、「盾無」というのは、武田家に伝わる家宝の大鎧で、やはり義光直伝のものだそうです。
「盾無」なんてまたえらいカッコイイ名前だし、どんな鎧なのかなーとワクワクしながら画像検索したところ…。





「盾無」の画像検索結果
またかよ、チックショー!!('A`)

ちなみにトップ絵は直江兼続の有名な「愛」の兜のレプリカ。別に「Love」ということではなく、愛染明王信仰か愛宕信仰のどちらかであろう…ということだそうです。
以下本題と関係ないお知らせ:
明日!更新!おやすみ!ゴメンネ!('A`)



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

  1. ドクターのコメントをお待ちしております!

  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*