人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

6/22くらいまで不定期更新となります。更新できたらします。(「行けたら行く」みたいなアレで)

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

死んだら自我意識はなくなるのか、意識は続くのか @ [哲学板]


死んだら自我意識はなくなるのか、意識は続くのか @ [哲学板]
1: 考える名無しさん 2017/02/19(日) 20:25:22.71 0.net
普通は死んだら意識はなくなるよね
2: >>1 ◆wJW9M9gRjc 2017/02/19(日) 20:27:01.37 0.net
違うスレで意識は続くと言われたので疑問に思いスレを立てた
4: 考える名無しさん 2017/02/20(月) 01:39:39.16 0.net
順列都市〔上〕 順列都市読め
一度発生した意識はどうあっても塵宇宙のどこかで継続し続ける
5: 考える名無しさん 2017/02/20(月) 02:35:44.68 0.net
>>1
普通は死んだ後のことは死んだ人しか分からないのではないのでしょうか?
6: 考える名無しさん 2017/02/20(月) 05:42:56.24 0.net
>>5
死んだ人が理解する仕組みをもっているのかが重要とは思わないの?
1が言うには人間が昏睡状態でも、脳が分かるか分からないというような思考ができるはずだと思っているだけでしょう。
7: 学術 ディジタル アーカイヴ@相対皇帝司馬氷 芦原 2017/02/20(月) 07:45:17.06 0.net
なにもなくなるわけじゃないけど、意識レベルのものではないかも。
11: 考える名無しさん 2017/02/20(月) 22:10:50.19 0.net
>>6
宗教では答えが出てるし、共通の臨死体験してる人も腐るほどいるし、なんだかんだで納得してない人は死ぬまで納得しないのだから、死んだ後のことは死んだ人にしかわからない、でFA
18: 考える名無しさん 2017/02/24(金) 16:30:36.24 0.net
>>11
他人とのコミュニケーションは相互理解前提となる。
死者との対話ができないのだから、そこにコミュケーションは無く嘘を言っていると断言出来る。


うだうだ言ってると殺して埋めるぞ!!!!!!
20: 学術 ディジタル アーカイヴ@院 2017/02/24(金) 17:46:28.20 0.net
死者との対話はアプリオリに可能。
アポステリオリに霊的次元に移行。
21: 美魔女 2017/02/24(金) 18:55:52.70 0.net
>>20
( ; ゜Д゜)
13: 美魔女 2017/02/20(月) 22:49:36.76 0.net
生き返ったらさ
ゾンビになるよね
管理人より:「アプリオリ」とは、
経験的認識に先立つ先天的、自明的な認識や概念。カントおよび新カント学派の用法。ラテン語のa prioriに由来する。日本語では、「先験的」「先天的」「超越的」などと訳される。

アポステリオリ」とは、
いわゆる「経験則」の事であり、「経験を通じて得る(または得た)」というような意味を持つ。
と、まぁわかったようなわからんような説明で満足してください。
ゾンビとなって生き返ったらどのような生命反応が行われるのか!当サイトのドクターたちの考察オススメ記事。
14: 考える名無しさん 2017/02/23(木) 22:09:57.95 0.net
意識は脳の領野を超えてある意識なのです。
ですから、亡くなった後も生前と似た意識にもなるし、より高次な霊的な意識にもなれる可能性はあると思います。
15: 考える名無しさん 2017/02/24(金) 10:44:51.78 0.net
>>14
それ本当?
16: 考える名無しさん 2017/02/24(金) 13:25:19.34 0.net
死んだ後のことなんていうのは死んだ人間にしかわからない。
17: 考える名無しさん 2017/02/24(金) 13:28:08.95 0.net
じゃあ、死んだ人間にわかるって、どうやってわかるの?
22: 考える名無しさん 2017/02/25(土) 19:05:47.59 0.net
>>17
どうやってもわからない。
なぜなら、死んだ人間との対話が成立しないからだ。

そして死んだ本人にすらわからないというのもまた事実だ。
従って、訂正しようじゃないか、死んだ後のことは「誰にも」わからないと。
24: 考える名無しさん 2017/02/26(日) 02:06:14.65 0.net
痛みって言うのは腕を切断して、切断した腕を燃やせば、切り離された腕が焼た痛みが遠隔で伝わってくる仕組みだ
つまり死んでも魂に痛みが伝わるというオカルト

死後の意識は神経ではなく霊的につながる
26: 考える名無しさん 2017/02/26(日) 10:39:04.93 0.net
意識研究の統合情報理論も、宇宙の外部と繋がっちゃうような所で意識の実在を得ようとしてる意図を感じちゃう。
でも外部は分からないのだからやっぱりオカルトになっちゃってるものだと思う。

個々の人の今の自己意識とかそのリアリティにはその人の脳的な統合が必要とされ、それが正しいんならそれがバラバラになれば、それとしては無くなるだろうとの予想は出来るんじゃない?(今の自分と同じものはなくなる)
似たような他人の自己意識とリアリティがあるとしてもそれは自分のそれとはやっぱり違うものだろうし。
管理人より:
切り離された腕が焼た痛みが遠隔で伝わってくる仕組み
エッ!
31: 考える名無しさん 2017/03/01(水) 18:14:24.76 0.net
私は永遠に生き続けることができる。

1死は無であり、私が死を経験したとき、無を経験するということになる。
2しかし、無を経験するということは、私にとって無の自覚があるということになる
3私にとって無の自覚がある以上、私は無ではない。
4従って、死んでいくのは他人であり、私はずっと生き続ける。
32: 美魔女 2017/03/01(水) 20:02:04.95 0.net
>>31
否。
経験は関係ありません。
死と永遠なんですよ♪
37: 考える名無しさん 2017/03/02(木) 14:04:46.79 0.net
この世は地獄だぞ、苦労して無になるだけ
俺も含めてお前らは生きてる時に悪さをしたんだなぁ
42: 考える名無しさん 2017/03/02(木) 19:04:24.75 0.net
とりあえず自我も意識も死もものじゃないから、なくなるかなくならないかじゃないよと釘をさしてみる
50: 考える名無しさん 2017/03/02(木) 21:26:46.87 0.net
死ぬまで死ぬかどうかわからないよ
73: 考える名無しさん 2017/03/23(木) 00:50:51.60 0.net
死んだら、何もナッシング 
76: 考える名無しさん 2017/03/24(金) 13:31:09.01 0.net
死んでも脳は活きているし、意識はあるんだよ。
死んだあと復活した俺が言うんだから間違いない、

死後の世界での意識はすごかったニダ
80: 考える名無しさん 2017/03/24(金) 22:27:36.26 0.net
虚しい期待を持たないように。
自己を偽らず、限られた生を命の限り生きるように。
84: 考える名無しさん 2017/03/26(日) 13:11:27.40 0.net
自我意識も含め、あらゆるものがが解消されるのが死
85: 美魔女 2017/03/26(日) 13:21:12.28 0.net
>>76
脳は…?
92: 考える名無しさん 2017/03/27(月) 03:36:18.35 0.net
>>85
死んでも腐っても、溶鉱炉に落ちて気化しても意識はあるんだよ
だって脳は分子まで分解されてもまだ脳なんだから

それ否定したらこのスレ意味ないじゃん
93: 美魔女 2017/03/27(月) 04:11:45.31 0.net
>>92
ほんま?スゴいなぁ?
管理人より:「ハゲ頭のパラドックス」的なことでしょうか。ハゲに1本髪の毛を足してもやっぱりハゲである、2本足してもやっぱり…→…ハゲとフサの境目などないのだ!
86: 考える名無しさん 2017/03/26(日) 13:38:47.02 0.net
>死んだら自我意識はなくなるのか、意識は続くのか
自我意識があり、意識が続く状態を死と呼べるのか考えたほうがよくね?
89: 考える名無しさん 2017/03/27(月) 00:31:26.45 0.net
死ななくても眠ってる間は意識がないけど。
90: 考える名無しさん 2017/03/27(月) 00:41:55.69 0.net
尿意は意識じゃないの?
91: 考える名無しさん 2017/03/27(月) 00:43:37.15 0.net
意識がないなら地震でも目を覚まさないだろ?
94: 考える名無しさん 2017/03/27(月) 08:22:23.18 0.net
NOってこと
95: 学術 2017/03/27(月) 10:41:11.82 0.net
十分に運動している日は寝ている時にも内職活動しているけど、やはり徹夜三昧の日々がいいわけじゃないの。FMでもつけて。
96: 考える名無しさん 2017/03/27(月) 12:51:03.37 0.net
意味ないことを確認するスレだから
97: 考える名無しさん 2017/03/27(月) 13:55:20.50 0.net
オイルショックの頃に、死後の世界の存在証明をしようとした高校生がいた
それは自殺をして後霊能者に口寄せを依頼、死ぬ前に隠したあるモノを霊能者の口を借りて、指摘することによって本人確認をしたのち、あの世から向こう側の情報を送るというものだった
毎日新聞に事情を説明した手紙を提出した後少年は自殺、新聞社の取り計らいによって少年の遺言通り降霊術が執り行われることになった
98: 美魔女 2017/03/27(月) 15:05:11.21 0.net
>>97
(>_<)や
Voices from the Beyond - Sir Arthur Conan Doyle 1934 - Seance recording管理人より:この少年がどうなったか知りませんが、似たような話は他にもあります。奇術師のハリー・フーディーニが死んだ後、奥さんは彼と話がしたくて毎年ラジオの特番で彼の霊と交信しようと試みましたが、彼は生前アンチ・オカルトだったせいか、1度も答えが来たことはなかったとか。
また、後年超常現象の信奉者となった作家のコナン・ドイルは、死後に行われた交霊会に現れ、その時の音声も残っています。こちらなどに詳しく書いてあるかと思いますよ~。→『シャーロック・ホームズ』シリーズの著者、コナン・ドイルの生前と死後?の肉声(1934年)
99: 考える名無しさん 2017/03/27(月) 17:22:17.32 0.net
>>1
普通ってなに
104: 思い込み 2017/03/28(火) 17:56:49.07 0.net
死んだら、生きているときの様な自我意識はなくなると思います。
しかし生きているときでも、自我意識は一定していないと思います。
冴えているときもあれば、ボーっとしてるときも有るでしょうし、年齢と共に変化するものだと思います。(特に幼児期は特別だと思います)

また寝ている時は自我意識がどこにあるのか疑問です。
多分自我意識(自我の覚醒状態)を作り出すために脳は休息をとる必要が有るのだと思います。

死後自分がどうなるのかわからないから怖い感じを懐きますが、個人的には死とは、生まれる以前に帰るだけなのでは?と考えています。
脳が睡眠という休息を取って、明日の覚醒に備えるように人も死という休息を取って、新生に備えるのではないかと勝手に考えています。


※超偏重意見ですスルーしてくだされば幸いです。m(_ _)m
107: 考える名無しさん 2017/03/29(水) 12:23:05.08 0.net
意識は実在です
世界は意識の中にあります
肉体が死んでも意識は在りつづけます
136: 科学信者 2017/05/23(火) 10:00:20.11 0.net
一度生まれた意識は無くなることはない、たとえ肉体が滅びても
知らないの?
科学的に証明されてるよ
148: 考える名無しさん 2017/05/25(木) 01:59:07.28 0.net
完全に人間を複製する技術があったとして、その複製した人は同じ意識をもつのか?
一卵性双生児は卵の段階では2つは同一から始まるが、2つが育つ過程で類似しても同じではなくなるのは何故か?

死んだあと、バックアップした情報を元に完全に再現した人間は死んだ人が蘇生したことになるのか?
または死んだ人は死んだままで、そこから突然生まれた酷似した現象が続くだけなのか?
よく考えてみるべきな。
149: 考える名無しさん 2017/05/25(木) 09:03:34.01 0.net
散々語り尽くされたものを今更このスレでやる必要ないな
150: 学術 2017/05/25(木) 09:05:18.85 0.net
人はいずれ死ぬ という思い込みがアホ。
151: 考える名無しさん 2017/05/25(木) 09:11:47.64 0.net
死ぬまで死ぬかわからないしな
152: 考える名無しさん 2017/05/25(木) 10:09:20.72 0.net
>>150
生きているという思い込みが大前提だからw

これを書いている管理人は生きているのか、それとも死んでいることに気づいてないだけか…。
昨日更新をおやすみしたのは、たぶん一時的に死んでいたのかもしれないし、そうではないかもしれない。管理人にもよくわからないんだ…。(村上春樹風)

このテの話は、死んだらそれっきりだよ派と死んでも意識は残るよ派に、大きくわかれるのではないかと思いますが、死んだらどうなるのか、死んでみないとわからないわけで、人類最大のミステリーである「死後の世界」について。

管理人は個人的に、そういう感じのことはどっちに転がってもいいように考えておくのが好きですよ。
死んであの世で楽しくやれるならそれに越したことはないし、死んでそれっきりなら、死んだ後の心配なんかしなくていいわけですから、要するに心配すべきなのは、生前に悪いことして地獄の業火で延々と焼かれ続ける…みたいなアレが一番まずいわけですよ。それ以外は別にね?

したがってこの問題は、死んで万が一にも地獄に放り込まれないような清く正しい生き方をするのか、そんな地獄でも楽しくやってくコツを生前から探しておくのか、この2択になるのではないかと思います。
聖人のような生き方が求められる前者はなかなか難しそうだから、管理人が注力しているのは主に後者のパターンですよ。

死んで地獄に行っても耐えられそうな生き方とはなんなのか!?
そんなことマジメに考えてるひとが、管理人以外に何人くらいいるのかわかりませんが、管理人はけっこう真剣に考えています。
人間生きてればうっかり悪事を働くことは、ままあるものです。ちょっとポイ捨てしたりとかの小さなことから、明らかな犯罪まで様々。でも人殺しみたいなことでもしない限り、エンマ大王様も手心を加えてくれるであろうことを見越しつつ、管理人程度なら地獄に行ってもどうせたいした地獄ではあるまい…、という予想がたちます。

おそらく管理人はそんな程度の地獄なら、行ってもなんとかなるだろうと思っていますが。



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.21 21:27
    肉体が死んでも1時間は脳が働いている。
    その1時間が意識として半永久的な時間を体感できる。
    それが死後の世界。

    その走馬燈→あの世体感後は認識できなくなるため、そこで世界が終わる。
    子供がいようが、善行、悪行をしようが認識できなくなる。
    輪廻もないし、ループも来世もない。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.21 23:39
    キリスト教で地獄に行ってからキリストを信じ始めてもそこから天国に行けるって話聞いたことあるけど、それなら地獄が実際ある事を確認してから信仰すればよくないか?と思うわけだが…
      • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.2.22 2:19
      >※2
      いわゆるキリスト以前の死者の救済問題の一解釈だと思われる
      中間状態における改信について定説なんてないけど一般に信仰機会があったらそれが最後の審判の材料になると思われてるんじゃないだろうか
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.21 23:46
    仮に死後の世界があるとしたら、どれだけの死者がいるんだろう。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.22 0:57
    意識というのは脳の働きによって生じるものであって、死んで脳機能が止まれば意識も消えると思うし、そう信じたいですね。じゃないと自殺した人が浮かばれないですし。ただ、いちオカルト好きとしては死後に魂(意識)があの世へ向かうだとか、強い生前の意識から幽霊になるみたいな事も実際にあってほしいかなと思ったり。
    もしかしたら、(完全にではないけど)脳が機能を停止しているノンレム睡眠の時みたいな夢をずーっと見ているのかも。だとしたら、自分にはまさしく極楽(笑)。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.22 1:26
    死んだ後も意識があって(眠りながら死んだ人は死後の世界で目を覚ますのだろうか?)不滅だとしたら過去の死人たりでごったがえしててさぞかしウザイだろうなあ。しかもそれが未来永劫続くわけだろ?発狂する奴が現れるんじゃねえの?
    生者との交信も不可能だから遺した人が老いて死ぬのをただ見守るしか無いというのも切ない話しし、早くコッチへ来る事を望んでしまうだろう。
    死んでも記憶が増え蓄積される一方だとしたら、実現はおろか検証すら叶わないアイデアを満載して現をうらやむ死者も・・・・想像するだに恐ろし気なんだが
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.22 1:53
    意識なんて物自体いまいち科学的じゃない
    意識があると思うこと自体錯覚みたいなもん
    ましてや生きてる時にはあって死んだらなくなるとか魂の存在と一緒でオカルトの領域
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.22 10:49
    パソコンで言えば意識はデータ部分。そのパソコンが物理的になくなったときデータだけ存在することはできない。
    人間の意識はデータと異なるものなのか?
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.22 15:39
    とりあえず記憶する場所がないと自分であることすら認識できないし、言葉も理解できないと思うけどねえ。仮に脳以外のどっかに意識があっても。
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.22 16:28
    視点をどこに置くかの問題だと思う
    意識自体は自身の死を認識できないから生き続けると捉えることもできるし
    外から見れば脳が死んだ時点で意識という現象が消滅するのを観測できるから無くなると判断できる
    こういう話はどこに区切りをつけるのかが問題になってあやふやになる傾向が強い気がする
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.22 20:49
    意識や記憶は失ってしまうかもしれないが、クオリアは残っていそうな予感がする。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.22 21:35
    そりゃ自我も意識も比較的高度な脳の活動として定義しちゃえば死ぬと無くなると言えるけど
    脳が死ねば無くなるものを自我や意識と定義するトートーロジーみたいなもんだね
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.23 11:42
    時の体感はその人の状態により変化する
    生きている時の1秒は死ぬ瞬間の永遠となる
    アキレスと亀のように永遠に終わることはない

    だから自殺なんかしたら永遠に痛sgr
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.23 11:54
    前世からの記憶持った子供の話があったよね。

    で、それ辿ったら事実と一致してたというのか。

    前世の私のかわいい子供とか言うて幼い子がオサーーンを「大きくなったね」て抱きしめる話とか、現世で生まれるとき母のマ○コが臭かったとか。

    あれは何なん?
      • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.2.25 6:06
      >※14
      あれは何なん?と問われれば創作話と答える他にないな
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.23 22:17
    ※1にあるように脳がどう時間を認識しているのかってことだと思う。
    夢のなかでも時間経過を感じることはある気がする。

    ってことは今感じている時間経過はどうなんかって話になって
    それが入れ子構造だとすると…
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.25 20:17
    俺は、弱い意識は消えちゃうし、強い意識は「残る」んじゃないかなぁと思ったり。
    まあ意識っていうより感情かなぁ。怨念とか無念とか執念とか、そういう強烈な感情の波。
    電磁波みたいに見えないけど、人間が人間に向けて「ぶつけたかった」今わの際の感情の波が、
    この世にわだかまってても不思議はないかもって。
    逆に未練なく世を去った人の意識が、死後も残るわけないと思うんだ。
    俺も向後の憂いなく、自我を手放して行けたらいいなと思うなぁ。
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.26 1:44
    脳の機能として とても重要な機能、妄想力。
    いいかえれば周囲の環境を過去の情報などを利用してシミュレーションする機能がとても優秀。
    だって想像でいつでも結構正確に妄想ーー物理シミュレーションをできるししてるだろう。
    これこそが意識と思っているものと密接に関係しているのではないのでしょうか。
    そもそも日常動作のほとんどは意識に上がることもなく自動で手足が動いてるけど、何か複合的な動作をするために自分がいると思わない?
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.2.26 22:38
    >>6
    それを知ってどうするの?思春期?
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.5 0:02
    生きてる間は絶対に分からないことだけどね。
    でももし脳が意識を形成してる一要因ににすぎず、「精神生命体」的な意識が死んだ後も続いてたとしたら・・・戦慄で気が狂うかもしれんな(汗)。

    消滅できず生まれ変われず、ただ意識があるだけでなにも行動できない、永遠に。
    こんなんなら、5億年ボタンよりもこえーよ(泣)。
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.6 23:41
    ミジンコが死んだ時、いや別に人間が定義しただけに過ぎない生物の括りに縛られる必要もない 炎が消えた時、氷が溶けた時、テレビの電源が落ちた時、何故誰も死後の世界を連想せず、人間の脳が映し出す“意識”という物だけが特別な扱いを受けているんだ?
    生も死も人間がそう定義しただけ、ただの状態変化だろ
    • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.14 23:10
    意識関連の話ってパラドクス多いし3次元宇宙のこの世界で説明するには材料が足りない気がする
    オカルトじみてるがそれこそ4次元だの5次元だのって話になってきそう
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*