人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

6/22くらいまで不定期更新となります。更新できたらします。(「行けたら行く」みたいなアレで)

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

変えようのない表現ってあるでしょ? @ [創作文芸板]


変えようのない表現ってあるでしょ? @ [創作文芸板]
1: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/14(水) 13:39:51.64
小説新人賞の評で「手垢のついた表現はダメ」と言われますが皆さんどうしていますか?
「男は顔をくしゃくしゃにして笑った」なんて書きかたは変えようにないと思うのですがどうでしょう?
2: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/14(水) 13:49:41.45
男は貌をしわくちゃにして笑った。
3: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/14(水) 14:05:45.40
男の顔はしわくちゃ。笑ったw
4: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/14(水) 14:10:44.24
くしゃおじさん
5: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/14(水) 16:25:55.92
しわくちゃっていう単語のチョイスが問題なんでしょ
6: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/14(水) 17:31:42.82
男はティッシュをくしゃくしゃにして笑った。
7: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/25(日) 22:42:50.93
常にシェークスピアの精神を持つことが大切
今ある表現を変えるんじゃなくて全く新しい物の見方をする
vanish into thin air
薄い空気の中に消えていったが直訳
この表現シェークスピアが使うまで存在してなかったが、当時の人間には何が言いたいのかを理解できた
跡形もなく消えるというイメージをね


以上大学の講義の受け売り
9: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/25(日) 23:50:57.37
シェイクスピアの詩人としての能力はすごいが、作劇は陳腐。
10: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/25(日) 23:57:59.32
シェイクスピアから始まったんだぞ。
この意味がわかるか?
管理人より:ちなみに「vanish into air」が最初に使われたのは、シェイクスピアの「オセロー」第3幕第1場の道化のセリフ
Then put up your pipes in your bag, for I'll away. Go; vanish into air; away!
じゃあ、止してくれ。わしは行くぞ、さあ、去った去った、消えろ。
似たようなアレで有名なのは、「テンペスト」第4幕第1場、プロスペローのセリフ
These our actors, as I foretold you, were all spirits, and are melted into air, into thin air:
今の役者たちは、さっきも言ったようにみな妖精だ、そしてもう空気に溶けてしまった、希薄な空気に。
など。これ以降、ミルトンやブレイクなどの著作で使用されていくんだそうです。
12: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 01:08:45.89
「過去の記憶が彼の脳裏に走馬燈のように去来した」
こりゃ、もはや陳腐すぎるな。
初めて「走馬燈」が使われたときは斬新だったんだろうが。
13: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 03:11:27.88
変えようがないと思うのは先人の表現にとらわれてるから
紙の皺に使う形容詞を顔の皺にも使おうという発想を、当たり前と思ってたら新しいものを生み出せない
14: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 08:56:15.82
「男は顔をくしゃくしゃにして笑った」を変えようと思うからダメなんだよ
読んだ瞬間に、おまえらの心の中の「くしゃくしゃにして笑った」シーンが動き出すから
もう他の表現なんかないもの
なんか別なこと書いても、微妙に「くしゃくしゃにして笑った」に負けるでしょ
なぜなら、出発点がくしゃくしゃにして笑った、の別な書き方を探すだからだ
同義語探しが、オリジナル表現の追及じゃないよ

つまりさ以下は>>1にしか意味のないレスだけど、はじめに>>1が思い浮かんだ映像があるわけじゃん、それを何と表現すべきかを考えるべきであって
(そうすれば。くしゃくしゃにして笑った、より的確なものが見つかるかもしれない)

話書いてて、ここらで、登場人物を顔をくしゃくしゃにして笑わそう、えーと、それを何て書けばいいかな、じゃだめなんだよ


長文で何言ってるかわからんかったらごめん
管理人より:言わんとすることはわかりますw
15: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 21:24:04.46
そのしわくちゃは男の顔だった。笑っていた。
16: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 21:26:08.13
しわくちゃだ。その男の顔は笑っているのだ。
17: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 21:26:59.69
しわくちゃが笑う。男の顔として。
18: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 21:29:00.31
しわくちゃにした顔の男は笑っていた。
20: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 21:30:19.54
男は顔をしわくちゃくちゃにして笑っちゃった。
22: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 21:31:45.37
「死はくちゃくちゃ」といって男の顔は笑っちゃった。
23: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 21:34:00.39
笑っちゃってた。
24: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 21:34:27.88
変えようのない男の顔……
25: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 21:35:15.77
しわくちゃくちゃ
26: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/26(月) 23:20:17.89
エンタメ作家の小説にレトリックなんてほとんどないわ。
宮部みゆきだの東野圭吾だの読んでみな?
手垢にまみれた文章表現。比喩も陳腐。
27: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 16:01:08.48
金玉袋みたいな顔の男が笑った。
28: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 17:12:17.38
長年着古したカッターシャツみたいな顔の男が笑った。
30: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:18:32.86
>>27>>28は顔をくしゃくしゃにして笑っているのではなく、くしゃくしゃな顔の男が笑っているようにとれる

しかも金玉袋は伸びることもあるし、古いカッターシャツだってぼろいけどアイロンがかかっている場合もある
やりなおしだな
29: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:11:45.66
男はわらった。私は嫌な気分がした。ほとんど干柿のような顔であった。
31: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:40:14.23
男は顔に硝酸をぶっかけられたみたいに笑った。
32: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:41:19.09
男は玉手箱を開けた浦島太郎のような顔で笑った。
33: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:42:12.27
男は産まれたての赤ん坊のような顔で笑った。
34: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:43:12.72
男は猿にモーフィングする寸前で一時停止したかのように笑った。
35: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:44:25.99
男は放射能を浴びたかのようにふんわりした焼けただれた顔で笑った。
36: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:45:20.16
男は寝起きの嫁みたいな顔で笑った。
37: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:46:06.75
男は脳漿のような顔で笑った。
38: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:47:29.59
男は暴発を必死で抑えている俺の肛門のような顔で笑った。
39: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:48:21.76
それを見て俺は黄門様みたいに笑った。
40: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:48:43.04
「みたい」とか「ような」を入れる奴はセンスがないと編集長が言ってた。
42: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 18:52:54.83
>>40
その編集者さんは村上春樹に面と向かってそれを言えるかな?
43: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 19:00:49.00
村上もここぞというときはネズミだのカンガルーだのそのまんま。
45: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 19:19:30.48
>>43
では全部「ような」「みたいな」を省いて修正した文章をお手本として見せてくれ。
ここにあげた文章全部できるはず。
44: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 19:14:50.52
東京の豚肉は旨いっていうやつとか、手の指は中指のほうが長いのに足の指は人差し指が長いのはなぜだ、とか比喩の意味がわかったときは、おもわず声をあげたけどな

あと、ねじと金属板がつめ切りなるやつとか、最初何が言いたいんだがさっぱりわからんかった
(余談だが、本当にそういうつめきりが売っててワロタ 村上春樹のつめ切りでぐぐると出てくる)
46: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 19:23:17.25
そもそも、笑ったことを表現するのに「笑った」って言葉をそのまま使うことがいかに野暮ったいかに気づけよ
47: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 19:26:05.84
ワロタw
48: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/27(火) 19:26:58.94
>>46
じゃあ「笑った」も省いた完全修正版をぜひ披露してくれw
49: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/28(水) 00:26:21.34
比喩なんて高尚なもんは、文学だけでいい。
ミステリーふくむエンタメ風情はこのスレからも消えてください。
50: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/28(水) 10:35:31.29
ミステリーだって
突然、頭の中に電球がともった、ピカーン。
「わかった、犯人はお前だ!!」


くらいは使おうぜ
51: 名無し物書き@推敲中? 2011/12/28(水) 16:03:56.86
>>50
手塚治虫のランプさんのパクリ
52: 名無し物書き@推敲中? 2012/01/02(月) 00:18:18.37
新人賞の批評を見てると「好きだ」とか「落ちた」とか同じ言葉を何度も使ってはいけないなどと書かれていますが。
薄学なのでわからないのですが、「好き」とか「落ちた」とか「走る」等の言葉は変えようがないと思います。
無理やり変えたら不自然になってしまうと思うのですがどうでしょうか?
53: 名無し物書き@推敲中? 2012/01/02(月) 00:48:56.36
その批評がどういうものかわかれば解説できると思います
54: 名無し物書き@推敲中? 2012/01/02(月) 03:04:26.04
薄学なんて言葉ありません
博学の間違いで意味は真逆です気をつけてね
顔を綻ばせるとか駆け出すとか色々あるんじゃないですか?
55: 名無し物書き@推敲中? 2012/01/02(月) 06:22:49.25
それを言うなら浅学の間違いだろ
57: 名無し物書き@推敲中? 2012/01/02(月) 14:53:37.38
薄学、これ新表現じゃん。
文学賞とるには、そんな新表現を造れる才能がひつようなんだよ。
君、新人賞とれる才能ありそうだな。
54は、ワナビなら、純文学作家になるのはあきらめたほうがいい。
56: 名無し物書き@推敲中? 2012/01/02(月) 08:08:52.52
ヴェイダー卿ダースベイダーは顔をくしゃくしゃにして告白した。
「ルーク、わしはおまえの父だ」
59: 名無し物書き@推敲中? 2012/01/02(月) 20:52:39.24
多分、三年後の一太郎が解決してくれるよ。
64: 名無し物書き@推敲中? 2012/01/21(土) 19:16:51.54
あんまり伸びないし、いっそのこと新しい表現を作るスレにしたらどうか
65: 名無し物書き@推敲中? 2012/03/10(土) 23:29:15.24
・男は満面の笑みを浮かべた。
・男は勝利を確信し、雄たけびを上げた。
・男は感涙して、その表情をほころばせた。
・必死に笑顔を作る男の瞳から涙があふれた。


自分なら状況に合わせて上記のように使い分けるけど、>>1の表現だと男の心理状態がよく分からない。
文学的かどうかは別にして、同じ長さの文章でより的確に状況を伝えることに腐心する派の意見です。
66: 名無し物書き@推敲中? 2012/03/21(水) 02:18:36.50
男は顔がくしゃくしゃになるまで笑い続けた
「ヒヒヒ、誰か俺の笑いを止めてくれー、ひゃーひゃっひゃひゃっひゃ」
68: 名無し物書き@推敲中? 2013/01/09(水) 14:26:44.56
男の顔のしわがくちゃくちゃ笑っていた。
74: 名無し物書き@推敲中? 2014/02/27(木) 14:55:50.36
>>1
男は紙のように白い顔をくしゃくしゃにして笑った。

男は笑った。くしゃくしゃという音が聞こえるような笑顔だった。

男は笑った。いたずら者の妹が男に聞こえないよう小声で、くしゃくしゃとささやき、俺は吹き出しそうになった。

余裕綽々の男は、顔をくしゃくしゃにして笑った。

男は大きなくしゃみをすると、ごまかすように、顔をくしゃくしゃにして笑った。

棺の蓋が閉ざされると、男は顔をくしゃくしゃにして笑った。

水泳での金メダル。ゴールすると、男は顔をくしゃくしゃにして笑った。顔中にたくさんの水滴が輝いた。
69: 名無し物書き@推敲中? 2013/01/16(水) 08:34:05.66
男は笑った、でいい。
散文は詩と違い、退屈との大いなる戦い。
一行ごとに凝った表現してたら、読むほうがつらい

管理人これ仕事中に仕事してるフリしながらまとめてるんですが、ニヤニヤしながらスレ見てたら、部下に「管理人さん、なんで笑ってんすか?」とか言われる始末。仕事中の2chまとめも楽ではありません。
というわけで、創作板住人が「顔をくしゃくしゃにして笑った」の、いろんな表現を模索するスレでした。

「笑う」という表現がそもそもね、他になんて言えばいーんですか。「破顔した」とかですか。「くしゃくしゃにして」はただの副詞ですから、そのくしゃくしゃ具合をいろんな表現してもねぇ。
すべての文章で真新しい表現をつけるのもまた大変そうですが、ここで「手垢のついた」と評されるのは、なんか特殊な言い回しで、最近よく使われるから、そのような言われ方をするわけですよね?
であってみれば、昔はよく使われたけど、今は使われてない言葉を使うとか…。

拙者、これから厠(かわや)にまかりこして、糞尿を垂れてくるでござる!ニンニン!
レトリックと詭弁 禁断の議論術講座 (ちくま文庫 こ 37-1)
香西 秀信
筑摩書房
売り上げランキング: 12,811



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.14 6:52
    男の笑い方といったら浮かんだ皺で元の顔が分からなくなる程だった。
    くらいには変えられるんじゃないだろうか。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.14 8:59
    管理人のコメントの最後で不覚にも笑った
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.14 11:09
    「男は顔をくしゃくしゃにして笑った」
    の前後の状況次第で文章が変わる要素もあるだろうけどな。
    要は何行もかけて説明している文章を、この一言で表現するのはどうするかが問われているのじゃないの?
    それ込みで”手垢のついた表現はダメ”じゃないの?
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.14 11:11
    気取った文章のが冷めるし、陳腐でもストレートで分かりやすい方がいいよ。
    格闘ゲームと一緒でどんどんマニアのための難しいものになってる事に気付いてほしい。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.14 14:26
    仕事中に何してん
    と、仕事中に書き込むる
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.14 15:03
    斬新な表現を求めるあまり、肝心のお話が拙いんじゃ話にならない。
    手垢のついた手法でやれるとこまでやらなきゃいけないんだよ
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.15 3:29
    食物の消化と同時に厠競争の激甚となるは数の免れざる処なれども円熟なる遁辞に端を発する管理人の厠占有問題は紛糾に紛糾を重ね肛門の緊張に著しく遜色ある読者の中には路上脱糞に随する者少なからず一面は濫糞地獄の有様であるこの大弊根は管理人の拙劣なる排泄術にある事は何人も異議なき明々白々の事であっても未だ進んで弊害の除去を策する者なし
    • >※7
      ナンテコッタ、管理人の長グソのせいで、大乱の世の中になろうとは、いまだ誰も知るよしはなかりせば云々…。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.16 6:03
    手垢のついた表現で表せるのなら態々表現せずに
    読者に想像させるようにすれば良いじゃない
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.16 20:16
    手あかのついた表現って、短文や慣用句の語彙のことじゃなくて
    情景の表現についてじゃないのん?

    長グソをひりだすって言葉が手あかがついているわけじゃなく、
    長グソをひりだすときの、あるいは我慢してるときの心理描写とか
    脂汗をかいて顔を真っ赤にする情景は手あかがついてたとしても
    我慢するさまを、詩吟を歌いながらクソ出すシーンにしたら新しい表現になるじゃん?
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.17 22:37
    手垢まみれの表現と垢まみれの管理人のケツ

    男は笑った、みたいな鷗外っぽく一切の装飾がない文章ほんとかっこいい。
    でも三島の…仮面の告白だったかなぁ、水滴が落ちて行く様を「光の粒が投身自殺していく」みたいに新しい表現するのも好き。記憶曖昧だから実際はもっとかっこいいと思うけどw
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.18 15:49
    定番になる比喩と古くさくなるものの違いはなんだろう?
    ひねった比喩でも、さらっと読めるの、疎ましいのとあるし。
    人気作家でも、そこが合わないと読みづらい。
    逆にネットで一般人の文でも読ませる面白いのがあって感心する。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.19 13:47
    砂浜にきれいな石か貝殻あるような感じの
    至極当然につながってるのが読みやすい
    いきなり磨かれた宝石が落ちてても、つながりがわかりにくい気がする
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.21 12:00
    「くしゃくしゃにして笑った」じゃシックリこない人が、違う表現を生み出すんじゃないかな。
    既にある言葉が自分の筆に馴染んでいるのなら、それでいいと思うんだ。
    「手垢のついてない表現」を作るって、こういう言葉じゃ満足できない人の、
    霧中であろうと探らずにはいられない因果な道じゃなかろうか。
    そういう人にとっては「変えようのない表現」ではなく、
    「変えたい表現」として言葉が見えているのかもしれないなぁ。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*