人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

管理人からのお知らせ

6/22くらいまで不定期更新となります。更新できたらします。(「行けたら行く」みたいなアレで)

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

世界史におけるナショナリズムとその影響を語ろう @ [世界史板]


世界史におけるナショナリズムとその影響を語ろう @ [世界史板]
1: 世界@名無史さん 2014/02/16(日) 19:36:45.91 0.net
歴史的には悪い影響を与えてきたように思えるが
管理人より:元スレタイは「ナショナリズムは良いものなのか悪いものなのか」でしたが、ちょっと改変。
2: 世界@名無史さん 2014/02/16(日) 19:41:05.71 0.net
いい悪いはともかく、フランス革命以降の主権国家の在り方に大きく影響与えたね

そして現在は経済重視および多国籍企業化、移民とインターネットによる情報の共有によって、ナショナリズムに大きく変革の時が来てる
一時期はリベラル=正義、ナショナリズム=悪の風潮だったけど、まるでその反動のようにナショナリズムが再燃してる
燃えカスなのかそれとも再び炎上するのか楽しみ
3: 世界@名無史さん 2014/02/16(日) 19:50:49.69 0.net
ナショナリズムのない軍隊なんて
4: 世界@名無史さん 2014/02/17(月) 00:16:21.36 0.net
ケースバイケース

排外が有効な状況や国民の団結が必要なときには役に立つ
全体の利益のために、一部にに不利益を堂々と押し付けることも出来るので無茶も出来る

一方、思考が硬直化し、多様性や応変が失われるので長期的に見るととても弱い
一部の利益のために、全体に不利益を押し付ける方便に成り下がることもままある
5: 世界@名無史さん 2014/02/17(月) 00:24:29.81 0.net
ナショナリズムのせいで死人が増えたことは確かだろう、19世紀からこちらの世界史をみれば。
そうは思わんか皆の衆?
8: 世界@名無史さん 2014/02/17(月) 04:56:10.21 0.net
近代社会における原罪のようなものだな(-_-)
9: 世界@名無史さん 2014/02/17(月) 13:37:59.42 0.net
ナショナリズムが糞なのは、ナショナリズムによってナショナリズムの中に内包されている人々が、半強制に均質化されうる事じゃね
均質化された社会は、その社会に属する当人にとっても制約がある点で生きづらいだろうし、長期的に見て社会の利益にも成り得ないやろ・・・
10: 世界@名無史さん 2014/02/17(月) 19:54:59.72 0.net
自国の内政のまずさから目を逸らさせる為にナショナリズムを利用するのは本末転倒
14: 世界@名無史さん 2014/02/18(火) 00:34:25.14 0.net
>>10
それはナショナリズムではなく外敵の存在の利用だよ
近代以前から使われてる手法
11: 世界@名無史さん 2014/02/17(月) 19:59:44.00 0.net
そういう時勢では国民の方から進んでナショナリズムの餌に食い付く罠。
12: 世界@名無史さん 2014/02/17(月) 23:55:10.82 0.net
過ぎたるは猶及ばざるが如しってやつだろ
ないと困るが、度が過ぎても困る
16: 世界@名無史さん 2014/02/18(火) 10:16:46.62 0.net
まあ、ナショナリズムと言ってもいわゆる18~19世紀の西欧世界でのナショナリズムと、ベネディクト・アンダーソンが言うところの公定ナショナリズムとにもよるよね
前者の場合は、個人の思想的産物な訳で、ある意味で流行り風邪のようなものだけど、後者の場合は、幼少期から概念的に叩き込まれる訳だからその思想に従属することになることが多いよね
18: 世界@名無史さん 2014/02/22(土) 08:20:41.76 0.net
一部の特権階級の批判封じの為に、愛国とか公共の為という美辞麗句を使う事がある
特権階級の腐敗を批判した者に対して売国奴とレッテルを貼るという
20: 世界@名無史さん 2014/02/24(月) 13:28:59.65 0.net
>>18
逆にその特権階級を批判してる風を装った共産主義者が本当に売国奴であることは少なくないし、実態として特権階級でもなんでもないのに批判してたりすることもあるからなー

まあケースバイケースだよね
あと共産主義者は死ぬべきだね
21: 世界@名無史さん 2014/02/24(月) 18:47:16.09 0.net
俺が別スレに書いたものだけど、スレ趣旨に合ってるかなと思うんで

韓国でキム・ヨナのメダル獲得の時の演技をつかったテレビ宣伝をガス会社がしたらめちゃくちゃ叩かれたらしい。

キム・ヨナを使うなってことじゃなくて煽り文句が不快だと。
「あなたはキムヨナであってキムヨナではない。大韓民国そのものだ」
って礼賛する宣伝が「ナショナリズムをこんな形で煽るな」と。


正直に言って韓国人は今の日本人以上のナショナリストだと思ってたから意外も意外だった。
「我国最高!我国万歳!(ウリナラチェゴ!ウリナラマンセー!)」一色になるとばかり思ってた。
韓国人は格差社会の広がりで実は相当「国」ってものに醒めてるらしい。

じゃあ俺が2chでイメージしてしまう「反日ナショナリズムに狂った韓国像」って何なのかと思う。
25: 世界@名無史さん 2014/02/25(火) 05:24:44.81 P.net
>>21
多分、世界企業に脱皮した会社の社員らにとっては”反日ナショナリズムに狂った韓国像”が心底邪魔だろうね
24: 世界@名無史さん 2014/02/24(月) 22:22:56.39 0.net
中国の場合は愛国心があって愛党心が無い人は多い
30: 世界@名無史さん 2014/02/26(水) 02:33:16.77 P.net
>>24
中華人民共和国は共産党の国なんだから、共産党好きでない人に愛国心などあるわけないだろ
28: 世界@名無史さん 2014/02/25(火) 20:46:27.83 0.net
最近の日本の保守派は、左翼みたいに美辞麗句ばかり言ったり現実無視した理想論ばかり言う奴が多い気がする
29: 世界@名無史さん 2014/02/25(火) 20:48:09.27 0.net
論壇において野党化してたから、どうしても理念先行にならざるを得なかったしな
なんていうか保守だろうと革新だろうと与党に居ない限り、現実と向き合う必要がないからどうしてもそうなる
31: 世界@名無史さん 2014/02/26(水) 15:07:05.34 0.net
>>1
まあ、官僚制と同じだよ
みんな口を開けば官僚制はけしからん、お役所はけしからんとと言うけど、官僚制がなければ、官僚がいなければ国家なんて1秒たりとももたないだろう?

それと同じでナショナリズムは戦争になるから廃止しようと言って廃止したら、国家は1秒も持たない。
34: 世界@名無史さん 2014/02/27(木) 07:17:13.82 i.net
>>31
そもそもどちらも皆がけしからんと言ってるから、ナショナリズムと官僚制が同じだと言うのはまったく意味を成してない
皆が殺人がだめだと言ったからといって、殺人と官僚制が同じだということにはならない

ちなみに言っておくと官僚制はけしからん、お役所はけしからんと言ってるからといって、それを官僚制の廃止と解釈するのは論理の飛躍がある
さらに言えば近代国家の要素として官僚制とナショナリズムは別物で、混同すべきでない
35: 世界@名無史さん 2014/02/27(木) 09:58:38.90 0.net
>>34
いや近代国民国家とナショナリズムは密接に結びついている。
フランス革命のときに、革命政権側が押し寄せてくる他国の封建領主の軍隊をナシオン(フランス語でナショナル)万歳と言って打ち破った時からの宿命だ
36: 世界@名無史さん 2014/02/27(木) 11:21:03.64 i.net
>>35
いや国民国家は近代国家の一種の下部カテゴリーであって、別物
つまり近代国家の全てが国民国家的要素を有する物ではない。
45: 世界@名無史さん 2014/03/02(日) 14:20:07.50 0.net
ナションはもともと国家ではなく国民。しかも貴族でなく平民。

国家主義、民族主義は本来のナショナリズムではなく、国民主義、平民主義が本来のナショナリズム。
民族が同じでも平民をバカにする貴族は敵というのがフランスのナショナリズム。

ナション万歳=フランス国民万歳であって、フランス民族万歳ではない。
だから国民主義の外国への普及という発想にもなる。
37: 世界@名無史さん 2014/02/27(木) 15:07:30.98 O.net
ナショナリズムってのはコスモポリタニズムの対極だ。
国連が国ごとに議決権をもっているのを人口ごとに配分するなら、ナショナリズムはなくなる
そうしないでいくらナショナリズムを否定しても無理
40: 世界@名無史さん 2014/02/27(木) 18:23:39.52 0.net
平和で自由で安寧とした国ほどナショナリズムを不要とする
ナショナリズムが盛り上がってきたら、それらが失われてる時期だと考えて良い


つまり、ナショナリズムとは安寧でぬるい社会を、危機対応モードに移行するためのツールである
悪い結果を生むのは、危機対応モードの方向性や使い所を誤ることであり、そもそも危機対応せざるを得なくなったそれまでの経緯の不手際のせいであって、ナショナリズムそのものを否定すれば、危機対応モードに移行できず、国家その存続があやうくなる


みなが、危機を正確に把握し、自己や所属する国家のために自主的に行動できるならナショナリズムを不要となるが、そんなものはドリームにすぎない
ナショナリズムで洗脳しておけば、国家を裏切ったほうが自己利益が高い場合でも、国のために個人的不利益を強制、あるいは自主的に選択させることができる
41: 世界@名無史さん 2014/02/27(木) 19:37:25.61 0.net
>>40
いや平和で自由で安寧としてナショナリズムを必要としなかった国の実例出してみろ
そんな国はねぇよ

逆に平和で自由で安寧な欧州の小国は恐ろしい程ナショナリズムが強いぞ
44: 世界@名無史さん 2014/02/28(金) 10:50:33.45 O.net
ウィーン体制の時代のヨーロッパ各国は、正統主義であってナショナリズムではないけど、議会制も発達していった時代だ

所属する最大サイズの統治機構が国家なのであって、国家の基準が民族になくても国家が成立する。
ただ王権が弱くなると共有できる基準が民族になっていくだけだ。


基準が民族にするとガイジンとユダヤ人が目立ちはじめる。
だからウィーン体制崩壊とともに東欧側は民族問題、とくにユダヤ人問題と対峙せざるをえなくなった
これが18世紀の「再発見されたユダヤ人」と呼ばれる現象
47: 世界@名無史さん 2014/03/02(日) 19:17:19.85 0.net
日本の保守派は自国民どころか自国の領土さえ良くしようとする気概を持ってなかった
48: 世界@名無史さん 2014/03/03(月) 04:10:24.78 0.net
「必要な時に煽る」じゃいかんのか?
政策の一つとして見れば結構便利なもんだと思うけど
毒にも薬にもなるなら後は政治家の手腕
49: 世界@名無史さん 2014/03/03(月) 09:55:17.68 0.net
盲目的な愛国心煽動は制御がきかない諸刃の剣。
日本の陸海軍も制御できなかった。
50: 世界@名無史さん 2014/03/03(月) 22:01:37.81 0.net
日本の陸海軍は別に盲目的な愛国心で制御できなくなったわけじゃねーから
53: 世界@名無史さん 2014/03/04(火) 19:49:56.41 0.net
つまりだね、日本民族最強!日本民族無敵!って国民や青年将校を民族主義的に煽れば煽るほど、政治的に妥協したり戦略的に退却する理由を国民や青年将校に説明できなくなる。

それでチャンドラボースもマジでインド侵攻夢見たし、連合艦隊は南太平洋での艦隊決戦に固執した。
57: 世界@名無史さん 2014/03/04(火) 23:27:18.17 0.net
>>53
たぶんそれはナショナリズムが原因ではない
55: 世界@名無史さん 2014/03/04(火) 20:12:41.20 0.net
>>53
今の中国は江沢民時代の行き過ぎた愛国教育によってナショナリズムを抑えられなくなってる
58: 世界@名無史さん 2014/03/05(水) 00:25:24.07 0.net
>>55
愛国とナショナリズムは違うぞ

愛国=国家主義=パトリオティズム
愛民族=民族主義=ナショナリズム


愛国心とか愛国者という日本語はよく目にするし、それを自称してる人も多い
愛民族心とか愛民族者という日本語は聞いたことがないし、それ自称する人も少ない
せいぜい右翼の一部が「民族派」と称してるくらいか

そう考えると日本人にはパトリオティズム(愛国心)はあっても、ナショナリズム(愛民族心)は無いのだろうか
59: 世界@名無史さん 2014/03/05(水) 00:31:05.56 0.net
>>58
ナショナリズムは民族主義「でも」あるが民族主義「だけ」ではない
61: 世界@名無史さん 2014/03/05(水) 08:09:09.62 O.net
国家主義も国民主義も民族主義も愛国主義も、基本的に所属する統治機構を大事にしろってので一緒だが、
62: 世界@名無史さん 2014/03/05(水) 19:09:24.75 P.net
>>61
んなわけない
例えばクルド人のナショナリストにとって自国政権(トルコ、イラク、イラン、シリアなどの各政権)は純然たる敵だろう

クルド人の愛国者(パトリオット)なんて居るとは思えないが、もし居たら愛民族者(ナショナリスト)にとっては許し難い裏切り者のはずだ
63: 世界@名無史さん 2014/03/05(水) 22:03:08.54 0.net
愛国を声高に叫ぶ奴に限って自分に甘い奴が多い傾向にある
64: 世界@名無史さん 2014/03/05(水) 22:23:57.76 0.net
日清戦争後の三国干渉のときの日本人は、日本民族が世界最強であるなどと思っていなかったので、臥薪嘗胆といってガマンした。

日露戦争のときの日本人も自国の限界を知っていたので、賠償金ゼロでもガマンした。

継続戦争のときのフィンランド人もソ連に勝てるなどと考えていなかったので、妥協して領土割譲して停戦した。
しかし児玉源太郎やグスタフ・マンネルハイムが、自国の限界を自覚していたからといって愛国者でなかったとはいえない。
67: 世界@名無史さん 2014/03/06(木) 16:51:28.55 0.net
ガマンなどしていない。ガマンができない幼児のような国家
68: 世界@名無史さん 2014/03/06(木) 17:26:11.12 0.net
それじゃ、世界のほとんどの国は胎児レベル
69: 世界@名無史さん 2014/03/06(木) 23:14:36.24 0.net
弱小国相手ならまだしも国力が同格か格上の国に対してナショナリズムを煽ると、太平洋戦争みたいに痛い目に遭う
70: 世界@名無史さん 2014/03/07(金) 02:49:54.66 0.net
太平洋戦争はナショナリズムを煽って起こったものではない
71: 世界@名無史さん 2014/03/07(金) 09:03:57.34 0.net
他国に対してナショナリズムを煽るっておかしくね?
74: 世界@名無史さん 2014/03/08(土) 00:06:32.40 0.net
要は使いどころって事だろ
無きゃ困るし
75: 世界@名無史さん 2014/03/14(金) 00:35:15.37 0.net
ネットの普及により世界中でネトウヨが台頭している
76: 世界@名無史さん 2014/03/14(金) 03:20:44.10 0.net
ネトウヨの場合はグローバル資本主義の台頭とも関連があるのでないの?
何故かグローバル資本主義派・新自由主義派は左翼系の社民主義者びいきだし
77: 世界@名無史さん 2014/03/14(金) 03:39:16.49 0.net
左翼から新自由主義に転向する人が多いのは不思議だな
社会主義と新自由主義は正反対と言ってもいいくら相容れないものなのに
80: 世界@名無史さん 2014/03/14(金) 23:43:49.56 0.net
まあ、フランスの国民戦線の主張は国民国家の復活をかなり意識しているところがあるからな
国民国家の復活を目指す勢力からすると、グローバル資本主義のEU官僚は敵だろうな
81: 世界@名無史さん 2014/03/15(土) 09:44:39.37 0.net
EUはEUで反米が目的の所がある。
ドルに対抗してユーロを作ったのも脱アメリカのため。
82: 世界@名無史さん 2014/03/15(土) 09:46:03.74 0.net
つまりEUはグローバリズムというよりはユーロイズム、欧州資本主義である。
83: 世界@名無史さん 2014/03/18(火) 21:07:55.87 0.net
自国民に対して酷い仕打ちをする国だと愛国心が無い人間が多くなる可能性がある
冷戦末期の東欧や今の中国は自国から逃げ出す奴が多数出てる
84: 世界@名無史さん 2014/03/19(水) 23:48:58.17 i.net
日本はここ30年一貫して海外移住者数が増加してるな
85: 世界@名無史さん 2014/03/22(土) 12:01:09.65 0.net
>>84
でも、そいつ等なんだかんだと言ってはマメに日本に帰ってくるのだよな
虚泉とか鴈屋哲とかww

どうせなら、そのまま海外の土になってくれたら良いのに

主義主張に関して「良いか悪いか」っていう話をしてもねえ?「好きか嫌いか」「受け入れられるか受け入れられないか」というレベルのことならわかりますが。
というわけで、ここ10年ほど盛り返してきたナショナリズムの動向を、歴史に照らし合わせて考察(?)するスレ。

「ナショナリズム」と「愛国心(パトリオシズム)」は違うよ!という話が出てますね。
Wikipediaによればそれぞれ、
ナショナリズム(英: nationalism)とは、国家という統一、独立した共同体を一般的には自己の所属する民族のもと形成する政治思想や運動を指す用語[1]。
愛国心(あいこくしん)または愛国主義(あいこくしゅぎ、パトリオティズム、英: patriotism)は、自分の国家に対し、愛着や忠誠を抱く心情[1]。
似て非なるものなのか、だいたいかぶってるのかよくわからないですが、「民族」という要素のあるなしという違いしかなさそう。
ということは多民族国家のアメリカなどはナショナリズムは育たちにくく、もっぱらパトリオシズムの方が優先されるわけでしょうか。
国民が「ほぼ」単一民族で構成される我らが日本では、このふたつはまぁ渾然一体となっているのでしょう。「日本という国への帰属意識」は、ほぼイコールで「日本人という民族への帰属意識」ってことなんでしょうからな。

以前まとめたコチラのスレでも思ったことですが、日本に生まれ育ち、日本人であるからには、「日本が好きだ」という感情はごく素直なものだと思います。
「愛国心」というとなんだか気恥ずかしいし、そんなたいそうなものじゃないけど、初めてそういう感情を抱いた時のことはボンヤリ覚えてますよ。

時は94年、リレハンメルオリンピック(冬季)をテレビで見てたんですが、誰だったか忘れたし、なんの競技かも忘れたけど、日本人が金メダルとったんですよね。
1番のひとは国歌が流れ国旗が掲揚されるわけですが、その時日の丸が徐々にあがってきて、壇上で君が代を歌うその競技者の姿みながら、「なんか日本って考えてみるといい国だな!(゚∀゚)」というのが、なぜか頭にピコーンとひらめいたものです。
別に管理人が金メダルをとったわけではないし、全然関係ないんですけどね。考えてみれば不思議なものですよ。

ま、国にせよ民族にせよ帰属意識が強すぎて、他に帰属する人々を排斥するような極端なアレは避けたいものです。結局はバランスなのかな。

ゲルニカ
トップ絵はピカソの有名な「ゲルニカ」より。1937年のスペイン内戦でドイツ空軍の行った無差別爆撃の惨劇を描いたものだと言われています。「ゲルニカ」はその町の名前です。
愛国心を持つのは当然だ!: 科学で解き明かす愛国心
(2016-07-21)
売り上げランキング: 249,927



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.24 0:01
    権力者側が愛国叫ぶと胡散臭いんよね
    強制する物じゃなく自然に持つ物であるべき
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.24 0:22
    ダルビッシュみたいなハーフはパトリオシズム的にはセーフだけどナショナリズム的にはギリギリアウトなのかな?

    今回の平壌オリンピックの女子フィギュアで日本民族のアメリカ国籍持ちの選手がいたけど、あれも本人はともかく応援する側は複雑そう
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.24 12:10
    最後のまとめにもあるように、グロ-バリスムの対義語としてのナショナリズムと、パトリオシズムとか、ましてや孤立主義とか鎖国派とか排他主義は違うというのは、全くその通りだと思う
    ハインラインが「ホーム(故郷)とは心のあるところだ」と述べてるように、その心の拠り所が、地勢の場合もあるし種族民族の場合もあるし宗教の場合や政体の場合、または主義主張を同じくする仲間との紐帯っていうこともある
    近代の国家の成り立ちが、いかんともし難い事情によるものも多いってことを考えると、ナショナル=ホームとは言い切れない部分もあるんだよ
    歴史的経過を見ても、地方民権からある程度の塊に向かって統一という流れは必然なんだけど、近年ではその逆の流れとか、その逆の逆の流れも出てくるって言うのは、「いかんともし難い事情」っていうことだと思う

    いずれにしても、「イズム」という錦の御旗の下に、個人が持つべき自由を侵害されるのは個人的にはゴメン被りたいと思う、ナショナルやパトリオットなイズムの人からは、アナーキストだと罵られるような人間の思いを吐露しとく
    かといって、グローバルとかリベラルな人に、無遠慮に擦り寄って来られるの迷惑だと思ってる、インローの王道を歩む至って善良な小市民より
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.25 11:13
    ナショナリズムは国家主義ではなく国民主義(国民国家主義)
    なぜなら国民国家体制において国家と国民は不可分だから
    あとナショナリズムと民族主義も別
    国民はその国の市民権を持つ市民以上の意味は持たない
    故に多民族国家のアメリカでもナショナリズムは成立する
    というか、どのような国家も大なり小なり他民族国家だし
    様々な価値観を持つ集団が「国家(国体)」というアイデンティティで結束するのが国民でありナショナリズム
    愛国主義(パトリオティズム)はイデオロギーに関係なく単純に国を愛する心
    故に世界革命でも目指していない限りナショナリズムや愛国主義は社会主義国でも成り立つ
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.26 16:43
    これはバランスの問題であって、ナショナリズムやリベラリズムそれそのものがいい悪いと考えるのは、そもそもがおかしい。
    ナショナリズムとは、よく言えば公共心が高いということだし、リベラリズムは行きすぎれば「自分達だけ良ければいい=無政府主義的な思想」になる。

    例えば、外交官にスパイが取り引きを持ちかけたとする。ガチのリベラリストなら、国の利益なんて無視して、個人の利益を取る、つまり取り引きに応じるってことになる。南米の事例では、政治家が海外の企業に石油の利権を横流ししたせいで、国民が貧困に陥るといったケースもあり、その政治家は国民の怒りに触れて殺されたり、貧困のせいで社会が不安定化したりと、行きすぎた個人主義のせいで皆が損をするような事態にもなった。

    つまり、囚人のジレンマがそのまま当てはまってるということだよ。仲間を信じて情報を売らないのがナショナリストで、自己利益を計り情報を売るのがリベラリスト。その場合は社会全体でみたとき、ナショナリストの方が得することになる。

    ナショナリズムは全体主義という悪しき面もあるが、公共心の高さという良い面もあるわけで、特に社会が不安定化しつつあるとき、ナショナリズムを再評価する動きはでて当然かと。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.26 16:57
    ※2
    ひとくちにナショナリズムといっても、グラデーション的な強度があるわけで、少なくとも健全な範囲ならばダルビッシュはありでしょう。極端な思想の人は知らんけど。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.27 16:08
    自国を愛することと、政権与党を愛する事を、イコールだと考えるナショナリストが害悪なのだろう
    自国イコール政権与党を成し遂げた中華人民共和国を見ればよく分かる
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.28 10:39
    主義主張を持つのはいいけど、それを他人に押し付けちゃいけないし、ましてや強要したり、反対する人を排斥攻撃したりするなんてのは言語道断
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.3.28 16:14
    世界の環境問題や人道問題を解決したい人はナショナリズムに共感できなかったりするかもだが、国民の税金を給料としてもらって政策を論じる人はナショナリストでないといけないと思う。
    なぜなら政策とは日本の国益を守る手段だから。
    世界市民は政治家にはなれない。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。
*