人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

ライトノベルは文学なんじゃろか? @ [ライトノベル板]


ライトノベルは文学なんじゃろか? @ [ライトノベル板]
1: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:16:01.95 ID:XeR48IIL.net
ライトノベルは文学なのか?
それとも単なる流行りの娯楽作品なのか


ここはそれについて考えるスレ
2: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:39:09.21 ID:pw53QgBD.net
文学っちゃ文学なんじゃないかな
3: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:41:32.70 ID:mkgo2+4i.net
文学じゃないっちゃ文学じゃないかもしらんな

【終了】
4: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:43:28.21 ID:XeR48IIL.net
いやまだまだ続く
5: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:52:18.99 ID:mclzmTAB.net
俺たちの議論はこれからだ!
6: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 23:56:19.24 ID:mkgo2+4i.net
>>1先生の次回作にご期待下さい
7: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 01:27:34.21 ID:AhEHOZJP.net
文学といえば文学だな
個人的には悪い意味ではなく一緒にするなと思うけど、お互い線引きして違うものとして置いた方がいい
流行りの娯楽作品の何が悪いのか
8: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 02:17:17.34 ID:ci4j0tt5.net
でもラノベっぽい小説も結構多いんだよな
9: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 15:25:29.61 ID:Kf1ABmiW.net
サラリーマンが電車の中で、イラストが恥ずかしいから読めないものを文学とよべない
10: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 17:57:59.31 ID:28A6yk83.net
娯楽小説の1ジャンルっていうのがしっくりくる
文学とはちょっとねえ
11: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 19:03:33.47 ID:4fn+FabR.net
みんな、よく考えるんだ
今まで学校の教科書や学力テストとかの文章問題にラノベが出てきたと思うか?
そういう事だ
12: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 19:22:35.33 ID:9N+bGA1K.net
ホレ教科書のラノベ
13: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 19:51:21.87 ID:4fn+FabR.net
>>12
ら、ラノベではないはずだからセーフ
14: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 19:55:19.02 ID:zW3e2RsC.net
SAOの原作がどこかの学校の教科書になったような(ry
15: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/25(水) 23:37:51.40 ID:pxcPnUXw.net
>>14
そうなのか
まあ活字に慣れるのにはもってこいなのかも知れないな
俺も本を読む取っかかりとして
19: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/27(金) 09:01:15.73 ID:Ep6DST3l.net
広く扱えば文学の一種なのは間違いないし、これは文学のメインじゃないんで文学として扱いません、ってのも別に間違ってるわけじゃないからなあ

むしろ、ナニを疑問に思う余地があるのかが逆によく分らん
21: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/27(金) 21:12:33.02 ID:vZwT4BeI.net
>>19
確かにな、俺の学校だと図書室に普通に「キノの旅」とか置いてあるからな、そこまで疑問には思わない
ただ、何故かバカテス(バカとテストと召喚獣)が置いてある(しかもおそらく全巻)のだけは謎
20: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/27(金) 18:18:26.41 ID:85nBWNeA.net
まあ、流石に漫画を文学と言うのは微妙に感じる人が多いとしても、小説の形式を大きく外れてないライトノベルは、大きいくくりだと文学に含まれるのは、そんなに異論はでねぇだろうなぁ

ライトノベルは文学なのか?って設問それ自体が、文脈によって文学に含まれることも、含まれないことも両方の場合がありえるから成立してるともいえるわけで
23: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/05/27(金) 22:17:19.57 ID:c2lEhUzE.net
ライトノベル、はほかの「ジャンル」とはちょいと違うけど、ジャンル小説、ミステリやらSFやらが場合によって文学扱いされたりされなかったりするのと同じ消息よなー
25: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 10:13:06.63 ID:sCT+wYug.net
100年もすればその時の人間から見れば、ラノベも大江健三郎も全く同じ「古い物語」
26: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 20:57:26.04 ID:tpLG1H0K.net
>>25
なんか100年後の国語とか歴史とかの教科書に、
「1900年代の後半からは、アニメ調のイラストや、若者が好むようなストーリーで書かれた『ライトノベル』という新しい文学が生まれ、多くのライトノベル作家が生まれた」
みたいな説明とか、代表的なライトノベル作家とかが写真付きで紹介されてるのが頭に浮かんだ
27: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/02(木) 21:00:44.87 ID:83ANAH0R.net
大衆文学でいいだろ
28: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/03(金) 09:54:16.52 ID:fYdF+UZs.net
文学って言われると純文学をイメージしちゃうからのう
30: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 11:11:09.41 ID:+R47vmvd.net
萌えヒロインとテンプレな萌え会話と萌えシナリオ
文学なわけねーだろw
31: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 13:04:41.71 ID:727TBvFP.net
森鴎外お前、森鴎外disってんの?
管理人より:純文学と大衆文学についてはこちらをどうぞ。
32: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 21:05:00.37 ID:JhqU1eZ+.net
教科書で扱われるには社会に影響を与えたかどうかも基準になると思う。
漫画ならそんな作品はいっぱいあるけどライトノベルにはほとんどないと思う。
よくて西尾維新作品か。
33: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/12(日) 21:08:05.73 ID:JhqU1eZ+.net
もしライトノベルが教科書で扱われるとしたら作品ではなく、コンテンツビジネスの文脈で扱われるはず。
角川商法は20世紀の日本文学史を語る上では外せないだろうし。
34: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 11:50:53.87 ID:TC1tkwvb.net
とりあえず教科書に載るかどうかって判断基準はアホすぎる
教科書に載らない文学がどれだけあるのか知らないのかな
35: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 12:07:29.83 ID:TC1tkwvb.net
文学の定義を調べると「言語表現による芸術作品」と書いてある
その中には小説を含むとも
この時点でラノベは挿絵があるとはいえ(挿絵のある小説なんてそこらじゅうにあるし)小説の形態とった作品であるので文学と言える


元の意味に立ち返って、ここでの芸術の意味も定義戦争になったり無駄にハードル上げて語られそうだけど、これはまあ作品ってくらいの意味だと思う
なぜなら人によって捉え方が違うものとして定義に書かれていると考える方が不自然な気がするから
言語だったり、音だったり、絵だったりそういう手段で作られたもの、くらい

ラノベが作品かどうかについてだけど普通に作品だろと思う
コンテンツビジネスにしろなんにしろ小説の形であり人が楽しむように「作者」「作家」によって作られたものは作品と言っていいだろう

たまに文学は学がついてるから学問なのでラノベを語る学問が存在しないからラノベは文学ではないっていう人がいるんだけど、それは文学の幾つかある定義の一つでしかないからな


自分が気に入らないとか、社会的に質が悪いと思われていたり商業主義かどうかというところは、本当の意味で文学を定義するときには加味されてはいけない部分だろう
人の思想によって変わるものを定義とするのは定義の定義に沿わないと思う
36: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 16:43:23.18 ID:l3fVvoR+.net
>>35
「商業主義かどうか」っておかしいぞ。
商業主義じゃないものということは流通が完成する前からあるものということだから、聖書とか古事記、源氏物語、アラビアンナイトとかになってくる。
今売ってるものだったら全部商売でやってるんだし


「商業主義かどうか」の間違いだ。
そもそも、そんなことをとやかくいうなんて変だわな。
売れた方がいいのは当たり前なんだから。
どんな昔の作品でも、小説に限らず映画なんかでも、みんな売るために作ってるんだから商業主義に乗っかってやってる。同じことだ。

それと、「定義の定義に沿わない」って何?日本語で書いてほしい。
37: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/13(月) 19:00:44.65 ID:D6xKslmJ.net
>>36
「定義」という言葉の定義に沿わないって事だよ
明確に限定されていない
38: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/17(金) 16:38:42.80 ID:Pm32kdsg.net
ライトノベルが一般小説、SF小説、児童小説などとは違う独自性を発揮するのを感じられるようになったのはいつごろだろう。
個人的には2010年がライトノベルが独立したジャンルとして完成した年だと思っているが。
39: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 11:16:00.85 ID:ZM1eRdH6.net
テーギテーギじゃねえよ
ラノベは可愛いヒロインが出る萌えオタク漫画小説
それだけ
41: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 18:38:50.09 ID:0x5rOmYP.net
>>39
典型的なキモウヨバカオタだなぁ・・・・・・
40: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/18(土) 16:52:12.55 ID:e6OcCpDG.net
無知な俺にラノベの定義を教えてくれ
新世界より十二国記とか最近だと阿部さんの烏シリーズとかファンタジー好きなんだがラノベなのか?
42: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/06/19(日) 12:02:26.86 ID:Gk4DRNIp.net
>>40
定義の話なんかしたって無駄
一つでも例外があればその定義は間違いって反論の余地を生むだけ
音楽のジャンルと同じでボーダーレスなんだから傾向の話をしよう
48: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/07(水) 15:05:20.88 ID:Olz88gOd.net
そもそも文学ってなんぞや?
49: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/07(水) 15:57:38.97 ID:gymFL6fx.net
まあだいたいこの手のスレは文学の定義がまとまらずに終わる
50: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/08(木) 16:32:42.73 ID:i901xIB4.net
文学読んでここに書き込む奴は、小説を読んだぐらいで自分を頭がいいと勘違いしてんだろ。
ラノベが文学かは知らないけど、読んでて良かったと思うことはある。
ニコ生でラノベの話題になって鼻血が出そうになった
51: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/11(日) 06:17:16.85 ID:6MEgEBay.net
ラノベより漫画や小説の方がすこ
52: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/11(日) 18:02:28.02 ID:8hvbY9To.net
ラノベも小説です。
53: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/13(火) 18:18:34.45 ID:kRKO9/FG.net
文学とは、「作者の心情や哲学など読者に向けた明確なメッセージが含まれる読み物である」と考える。
54: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/14(水) 00:04:39.86 ID:0G5RxLUr.net
デジタル大辞泉では
1 思想や感情を、言語で表現した芸術作品。詩歌・小説・戯曲・随筆・評論など。文芸。「日記―」「外国―」
だからラノべだろうが感想文だろうが日記だろうが、そこに少しでも思想や感情が入れば文学の範疇に入るんじゃない
定義を独りよがりで考えてもそれは妄想に過ぎない
56: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 16:33:31.09 ID:H9gV33zu.net
>>54
でもなんかただの「この主人公の武勇伝だぜ!かっこいいだろ??」って感じのはエンターテイメントに入ると思ふ。
作者の妄想は確かに思想だが、それを文学と言うと「んん?」てなる
59: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 22:55:04.47 ID:tpjL5xe6.net
>>56の思っている文学って、夏目漱石や芥川龍之介あたりの純文学のことじゃね
>>54と同じ辞書でも、
日本の近代文学および文壇における独特の用語。読者の娯楽的興味に媚 (こ) びるのではなく,作者の純粋な芸術意識によって書かれた文学というほどの意味
とある
ローカルルールには
★「ライトノベルの定義」。あなたがそうだと思うものがライトノベルです。ただし、他人の同意を得られるとは限りません。
とあるから文学の定義というよりはラノベの定義があいまいすぎて水掛け論になると思う
55: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/14(水) 11:11:15.70 ID:Gsexk+tz.net
ラノベにも作家によっては文学的だと感じる作品はある。
あかほりさとるを文学と言ったら、んん?と、なることはあるかな。
別にラノベが文学でも文学じゃなくてもいい。

ただ、文学を読んでる奴がここでふんぞり返って書き込んだら叩き潰してやりたくなる。
文学板レベルが低すぎて通いたくねーんだよ。
57: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 21:59:22.79 ID:OtJ+wNN7.net
今時ラノベとかダサくて根暗で気持ち悪い。
今時はスマホやゲーム機をやる。
本出すなんて森林破壊してるだけの根暗ラノベの本で森林破壊
58: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/09/15(木) 22:44:44.72 ID:/KydDL5p.net
そのはずなのに、なんで俺は会社でラノベ読んでるあいつに勝てないんだ・・・・・・
60: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 12:39:51.33 ID:1fa1Qcdt.net
ニートにライトノベルの説明って難しいんだよね。
ライトノベルは学生にマーケットを絞った小説。書き方を学生に読めるように合わせて書く。
オレみたいなオタクも読むけど対象はあくまで若い子。


この話をしたら、村上春樹だって学生は読むって返されたことがあるけど、村上春樹はマーケットを学生に絞っていないので。
まともに稼いでない奴にマーケティングの話をしてもわからないだろうけど。ライトノベルは定義はこうだと思います。
それと読者に媚び売ったら文学じゃなくなるのでしょうか?
62: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 16:47:23.06 ID:SM2A7S7v.net
>>60
それヤング・アダルトじゃね?
63: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/08(土) 17:42:35.02 ID:ygA5PTMV.net
>>62
反論できないなら黙ってろ。

文学を読んでる奴はオタクよりレベルより低いんじゃないですかね。
鈍くて仕事ができずボッチのキモい廃人が多すぎます。
マーケティングができればラノベを差別化できますよ。
61: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/05(水) 19:32:23.66 ID:M8a47ZWe.net
ライトノベルの定義なんて簡単
ライトノベルレーベルから発刊されているかどうかだ!
69: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 12:25:04.30 ID:uMAiGhvL.net
ラノベは娯楽以外の何物でもない
ただ、そもそも娯楽<文学じゃないと思う
あれこれ難しいこと言ってないで単純に人を楽しませることが出来るという、ラノベにしかない良いところがある


同様に一般書籍にも、みんなが言うように色々なことを考えさせてくれるという長所がある
だからラノベは文学ではないと思うが、それは悪いことではない。
ラノベはラノベの個性を持っているということ。
70: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 00:52:43.14 ID:L6kg4VeC.net
ラノベは普通の文学だと思うけど、昔より明らかに質落ちたような気がする
今の作家って昔みたいに小説家目指してるけどなれなかったから、ラノベ作家やってるというよりも、最初からラノベばっかり読んで書いてる人が多い
それじゃあ話のネタも読んだラノベから来るし文だって稚拙になる
視野が狭くなってテンプレしか書けなくなってしまう


それに編集側も月出すラノベの本数下げないといけないと想う
現状、本数ばっかりあって内容のレベルが下がってる
作家のレベルが下がってるのに本数増やしたって無駄

作家もただ書くだけじゃなく普通の人間には持っていない教養とかでもいいから個性を出してほしい
テンプレの中にある少しの違いを一語一句汲み取れとかちょっと無理があると思う
71: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 12:12:50.65 ID:W9LkyKk1.net
22世紀までライトノベルが残れば文学じゃないの
72: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/09(水) 07:52:27.74 ID:UBDbls9y.net
残り方にもよる
76: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 02:50:55.38 ID:9SvoSYuF.net
カエサルやチャーチルが書いた本はマジで人類史に残す価値がある。
人間社会に対する深い洞察を垣間見ることができる。必ず読むべき。

ドストエフスキーやカミュは文学作品としては奥深く面白いけれど、まあ物語だから読んでも読まなくても良いだろう。

チャーチルのような実務家が書いた回顧録が文学なのかという話はあるが、ノーベル文学賞を受賞してるから文学なんだろう。

だから文学も価値あるものと言えんこともない。
77: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 03:53:12.71 ID:YBdU31jb.net
文学や物語に優劣なんてないよ
その物語を必要としてる人が読むから感動するだけ

幼児の時に読んだ物語を大人になっても感動するとは限らないし、老人になってから必要になる物語を若い時に慌てて読む必要も無いんだよ
79: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 12:49:46.18 ID:CxQ7uk88.net
ライトノベルに否定的な意見も多いけど、昔は娯楽がなかったから、ダラダラ続いて、展開がゆっくりでも作品として成立した、
今はそれじゃ通用しないから進歩してる、ってことはないの?

やりすぎてせかせかしてて、壮大な構想もなく、薄っぺらくなってるのは事実だが
80: イラストに騙された名無しさん@\(^o^)/ 2016/11/17(木) 13:55:28.24 ID:Y30BMezG.net
昔の作品で覚えてるのって傑作ばっかりだからなぁ
昔も今も大衆娯楽のほとんどは結局どうでもいいクズばっかりな訳で

このスレもそうだけど、他分野とラノベの比較とかも、厳選された純文学の一握りの傑作と、身近ゆえに詳しく目に入るたくさんの駄作ラノベとの比較とかになっちゃってる可能性が高いからなー


まあ、ラノベに限らず、自分が親しい分野と(何か高尚だと考えられやすい)他分野と比較しようとする時に陥りがちな話だけども
87: イラストに騙された名無しさん 2017/07/10(月) 12:01:46.57 ID:6XAU3vqzH
ラノベ=ライトノベル=内容のかるい「小説」、小説=文学で文学に含むじゃだめなの?
自分バカだからこれで簡単に納得できる
88: イラストに騙された名無しさん 2017/11/11(土) 15:06:32.48 ID:iRPlkZfyz
ライトノベルって言っても、書いてる人が多すぎて範囲が広すぎる。
ライトノベルって一口に言っても、ハーレムやら復讐やら異世界やらなんやらで、web見てると「それラノベちゃうわ」みたいな文体の人までいるから、もうわけわからん。
結局はラノベなんて作者がラノベのつもりで書いたかどうかなんじゃない?

「文学」「ラノベ」それぞれの定義が不明なまま、この世の終わりまで暇つぶしできそうなスレ。

読みながら思いましたが、「ラノベ」っていうのはもうジャンルとしては広くなりすぎて、ひとつの表現体系になっちゃってる感はたしかにありますね。
「ラノベ」の中に「異世界ファンタジー」とか「学園コメディ」とか「ラッキースケベ的ハーレム」とか「ゆるい日常系」とか「美少女萌え」とか、それらの混合なわけですからねぇ。

若いひとにターゲット絞ったのがラノベ…とスレでちょっと出てますが、個人的にはそれは違うと感じる。
昔のラノベはさておき、今のラノベは2chのSSとか、携帯小説から派生した、(良く言えば)従来の文章表現の枠、ないしは構成にとらわれない、もっと「気さくな」「堅苦しくない」表現の一形態…と言えるのではないか、と思います。表現が気さくであることは、別に若い方の専売特許ではないでしょ?

ここは、もうちょっと単純化して考えてみたいところですよ。

「文学」とはなんぞや…ということを考える時、ラノベはさておき、「絵本」とかどうでしょう?絵本は文学でしょうか?
「絵本」というからには「絵」+「文章(またはストーリー)」でなくてはならないですが、「文学」が最低限要請するものは、表現方法はともかくとして「文章」だけであって「挿絵」は必須要件ではない。
これは「マンガ」でも同様ですね。「絵だけのマンガ」はあるかもしれないけど「文章だけのマンガ」というのはないです。(ブリッグズの「さむがりやのサンタ」はどっち(絵本 or マンガ)に含まれるのかな?)

さてここで、「文学」を「その表現が文章のみで構成される作品」と仮に定義した場合、「ラノベは挿絵なしに成立し得るのか?」というひとつの命題が生まれると思う。
商業作品のラノベには、ほぼ必ず挿絵が入ってるものと思いますが、「小説家になろう」みたいなところには挿絵がない作品がほとんど。
だから、大半のラノベは「文学」に含めても、別に差し支えはないのではないか…というのが管理人の意見ですが、「挿絵なしにその表現が成立し得ないラノベ」がもしあるとしたら(あるのかどうか知りませんが)、それは「文学」でも「絵本」でも「マンガ」でもない、別のなにか、ということになりそう。例えば挿絵の絵師は、絶対に固定(同じ絵師)でなければならないのか、とか。

皆さんはどう思われます?

オイレンシュピーゲル
トップ絵は冲方丁のライトノベル、「オイレンシュピーゲル」より。レーベルをまたいで発売された「シュピーゲルシリーズ」のひとつ。
「オイレンシュピーゲル」とはまた意味深なタイトルですが、ビジュアルはアニメ寄りでラノベぽい。管理人は未読なので内容よくわからん。ゴメンネ!
冲方丁って人気あるからちょっと興味はあるんですが、初心者は「マルドゥック・スクランブル」あたりでおkですかね?
以下お知らせ: 明日(13日)の更新はおやすみです!ワオ!



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.12 21:39
    挿絵の有無、重要性は文学であるかどうかとは無関係なんじゃないかな
    たとえば草双紙なんかはむしろ挿絵の方がメインであるわけだし
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.12 22:14
    白鳥士郎の「のうりん」は挿絵が内容に組み込まれていて、挿絵無しでは読みづらい

    普通のラノベは文章と挿し絵で同じことを表現してるけど、のうりんだと挿し絵で表現してるところは文章では省略している

    挿し絵の位置がずれると意味が通じなくなるので、文章のどこでページめくりが配置されるか確認しながら書いてる
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 0:35
    「学」ってほどのもんではないだろう。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 1:47
    スレタイみて「そもそも文学とはなんぞや?」と思ったからまとめの中で触れられててちょっとスッキリw
    ラノベの定義もあやふやですけど巷では「なろう系」なる言葉もできてますな こっちも定義が曖昧で水掛け論になってる光景を非常によく見ますがw こういう言葉って後世でもの好きな学者さんとかが分類や定義化したりするのだろうか…
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 10:43
    どう扱いどう分類するかは後世の連中が決める事だろ
    そのうち純文学が作られたみたいに軽文学とかが出来るんじゃね
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 11:02
    大学で文学専攻してたけど、その時にはライトノベルレーベルから出版されているのがライトノベルって定義づけてたな
    暫定的な定義だったのかもしれないけど、読み手の判断に左右されないという点で個人的には腑に落ちてる
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 12:04
    レーベルで定義づけるのは面倒がないからいいんだけど、夏目漱石の「こころ」を角川スニーカー文庫がイラストにカントクを起用して出版したら、その瞬間にラノベになるのかと言われるとそれは否だし
    最初に出版したレーベルとか、限定条件がたくさん必要になりそう
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 12:48
    9割がゴミな文学であるところのSFが文学として成立してるんだから、
    同様に、ほとんどゴミであるところのラノベも文学くくりでいいと思う。

    文学が学問の道っていうのは、たんに読む側のことであって、
    書く側からしたら単なる表現芸術にすぎない。
    芸術である以上、何をどのように表現してもそれは自由であるべきだ、
    ゴミを量産しているジャンルだからといって、文学として成立しないわけじゃない。

    例えば、現代社会に生きる若者の鬱屈とした無力感ともいうべき心情を反映して...
    とかなんとか、学問的にラノベを解釈分析することはいかようにも可能でしょう。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 13:01
    ライトノベルの定義や他の小説等との境界が曖昧な以上、一括りにして文学と呼ぶほかないと思う。ならばもし明確な定義付けが行われればどうか、と考えたけど、その場合既存の文学とされるものの中からもライトノベルが生まれそうだしな…
    • ※10 : ドクター・ノオ・マネー
    • 2018.4.13 15:18
    作者が何かを思って書いたのであれば、文学と言えるのではないでしょうか。
    • ※11 : ドクター・ノオ・マネー
    • 2018.4.13 15:42
    すいません、連投になってしまいますが追記させていただきます。
    個人的な考えですが、ライトノベルって、戯曲風に書かれている作品と似ているような気がします。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 17:12
    文学というには違和感あるなあ。
    娯楽作品はしっくりくる。
    ラノベの中にも文学という言葉がしっくりくる作品はあるかも知れない。
    まあだからといってどちらが上とか下とかは思わない。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 17:14
    ラノベという媒体がすでに生活に浸透して他の娯楽媒体や広告などの文化に影響してるんだから、文学の一形態であると十分に言えるでしょ。
    文章のレベルとか挿絵とかで語ってるのは正直考え方が浅い、それって君の感想でしょとしか言えない
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 19:29
    帯のアオリ分だってチラシの宣伝文句だって文学
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 19:52
    文学という言葉は文芸を論ずる学問の意で用いられるべきで、あらゆる著作行為はただ文芸と呼ばれるべきだと考える。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 20:57
    英語だといっしょくたにliteratureってだけだよね
    日本人の言語が表意文字だからひっかかることになるわけで
    ラノベも同じくくりになるのがどうしてもイヤなら新たに単語を作るのが妥当かもね

    おそらくほぼ全てのラノベ作家は
    「あなたも文学者ですよね?」
    って言われたら困るだろうけどな
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.13 21:05
    ハリーポッターとかも似たようなもんだろw
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.14 4:00
    図書館で使用されている日本十進分類法では、「小説・物語」は「文学」に分類されています。
    ……だから、図書館的には、ラノベは文学(という分類の範疇)。
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.14 10:44
    現代の黄表紙
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.16 14:06
    あんなのが文学なら2chのssだって文学だろ
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.17 15:19
    スレッドの話と関係なくて恐縮ですが。
    冲方丁を初めて読むならハヤカワから出てる「微睡みのセフィロト」あたりをお勧めします。
    マルドゥックスクランブルも良いけれど、文庫で三巻分は趣味が合わない場合結構重いので、ページ数少なめでエッセンス濃い目のセフィロトあたりが試金石には良いかと考えます。
    • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.4.18 7:22
    ボブ・ディランが少し前にノベール文学賞を受賞したことを考えると文学の定義は「作品に言語が用いられているもの」っていうのが個人的にしっくり来ると思った
    だから挿絵なしに表現が成立しない作品についてもその他の部分で言語が使われていれば文学の範疇に含まれるんじゃないかな
    この話題は文学っていう定義されていないものに対してすでに高尚なものであるって価値観が形成されていることが関係してそう
    個人の思う高尚なものから外れた作品群を認めるか認めないかっていう話にすり替わってしまうことが多いみたいだね
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。