人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

【激論】進化論のいい加減さには失笑せざるをえない @ [物理学板]


【激論】進化論のいい加減さには失笑せざるをえない @ [物理学板]
1: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/25(火) 05:06:52.75 ID:
環境の変化(激変)によって進化がもたらされるならば、何故、これ程までに文明が発展しているにも関わらず、全く以て人類は進化(退化)していないのか?

生物学者に聞くとゴマカシ論のすり替えに終始し、答えが得られないのだが藁
嘘はいかんよ嘘は
進化論は全くもってデタラメである
真実なら上の問いに答えてもらいたい
まさか今の人間には適用されないとでも言うのかね?藁
管理人より:物理板のまとめだけど生物学カテゴリーでの更新!
2: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/25(火) 05:15:03.81 ID:
奇形児なら世界中で生まれてるだろ
大半の当然変異は生存に役立たないから淘汰されるだけ
3: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/25(火) 06:37:56.82 ID:
でも役に立つ突然変異がいきなり生まれることもあり得ない
役に立つ突然変異だけを濃縮する仕組みが必要
その仕組みの一つが性選択
5: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/25(火) 07:50:24.01 ID:
知らんけど生存可能な突然変異はいきなりは誕生しないだろということ
放射線で放射能に強いという変異が生まれても、当然それには腕がない眼がないなどの生存不能な変異がついてくる。
その中で放射線に強いという変異だけを選択濃縮しないといけない。
生存可能な微小な変異の濃縮が進化だと思うのです
7: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/25(火) 10:27:16.41 ID:
そうだよね
創造論だよね
9: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/25(火) 12:45:13.70 ID:
進化論を知らん奴が進化論を否定する
管理人より:「創造論」とは、神様がこの世を作った…という聖書の記述に基づいて、それを科学的に考察しようという考え方。神様をぼやかして「大いなる知性」とする「インテリジェント・デザイン(ID)」というのもこれの一種。
11: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/25(火) 20:18:09.60 ID:
昔と比べて顎の力とか弱い子供が多いそうですよ
食べ物が柔らかくなって強い力がいらなくなったので退化したわけですね
14: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/27(木) 16:14:00.19 ID:
>>11
遺伝子が書き換わったわけではないから、退化じゃないよ。
環境が変わったことによる変化で、遺伝子の発現の可塑性の範囲内。
12: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/25(火) 23:50:31.65 ID:
進化においては感覚は二の次
クジャクの羽が綺麗なのは、生殖を促すため
感覚を疑えという合理主義ですな
16: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/28(金) 03:03:50.23 ID:zqYUZ4hh.net
>>1.
まさか 「初めニンゲン」 は、アダムとイブではなく、古事記のイザナミノミコトとイザナミノミコトや神武天皇だと、でも??
17: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/28(金) 03:32:30.63 ID:
今の時代、進化が~っていう科学者はいないな。
遺伝子の変異は一定率で起こっていて、中立だ。
遺伝子を運ぶベクターはウイルスなどいろいろある。
良くなるという意味での進化は、統計学的な結果でしかない。

ぐらいだろ。
18: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/28(金) 04:53:16.78 ID:
生物学における進化は良くなるという意味ではない
22: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/28(金) 17:44:10.13 ID:1WApe75Q.net
そもそも生命はどう誕生したのか全く分からないのに、どう進化するか語ってもなあ。
片手落ちどころか両手落ちでも足りない。
28: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/29(土) 17:38:31.56 ID:NO+3OXBt.net
>>22
たとえば、防犯カメラの映像やら目撃証言やら指紋やらで、ある犯罪者の犯行が立証されたとしよう
ちなみにこの犯罪者に戸籍はなく、出生は謎に包まれている

裁判で弁護士がこう言いだしたんだ
「彼がいつどこでどう誕生したのか分からないのに、彼が何をしたか語ってもなあ。片手落ちどころか両手落ちでも足りない。」

キミが言ってるのはこの弁護士の論と一緒だねw
31: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/30(日) 01:52:29.64 ID:ftpxifcv.net
>>22
生命というのは自己複製のシステムだよ。
自己複製できるものが数を増やしていくってこと。
複製のミスが進化の源泉、複製と進化は本当は矛盾している。
23: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/28(金) 19:39:51.91 ID:
文明の発祥を知らなくても、文明の発展ぐらいわかるでしょう
そもそも論は論に非ず
26: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/29(土) 02:32:01.73 ID:
自然界で起こるerror & selectionを頭の中でできるようになってしまったので、時間的変化が短い時間で起こるのようになってしまったのが人間。
それがいいことなのか悪いことなのかは別として。
29: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/29(土) 23:04:48.83 ID:
でも生命体もどきは実験室でできたとかの噂は聞いたことが。
まあもどきのはすぐに生理化学反応が停止するんだろうけど
30: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/07/29(土) 23:57:48.75 ID:
夢があって良いよな
49: スパコン持ち財閥様のメリルリンチ銀行がこの世は仮想現実可能性50% 2017/08/03(木) 01:08:31.21 ID:D78rc5qU.net
触ると高熱のガスを噴射する虫、カメレオン、葉っぱに擬態する虫、枝に擬態するナナフシ、赤外線で獲物を捕らえる毒蛇、超音波で夜間に障害物を避けるコウモリ、液晶みたいに表面の模様を変えるイカ、etc

単純な原始生命から突然変異した個体がたまたま生き残って子孫を残しいき、地球の現存するこれらの種に分岐するって、突然変異→適者生存、は確率的にありえないよね


進化論に疑問を持ち二重スリット実験観測などの超自然に興味を持つ者が、フリーメイソンなどに入会するんだろうな~
55: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 03:40:12.75 ID:9QlTbLwM.net
>>49
>触ると高熱のガスを噴射する虫、・・・
例えば。あらかじめに樹から葉っぱの落ちる地点を「予知」するアリ、電気ウナギなど大電力を発生させる生物なども。
彼らの=「全世界」では→適者生存しているのかも知れない

「キリンの首はなぜ長い?」 って本があったけど。
これは…例えば。 "キリンという、首の長い動物が誕生するまでには。
それ以前から=だんだんに徐々に首が長くなっていく動物たちが発見されていても不思議は無いのに。
実際の地層からの発見では=キリンという、首の長い動物がある時期に 「突然!出現した!」 よーに、見える " という…疑問から始まっている。

進化論が正しいとしても、進化は=直線的にゆっくりと同じように変わっていく…のではなくて、ある時期に、急激に変化する!ようだ。
( 進化論的に、言うと=「 それは、周囲の自然環境が劇的に急に変ったから 」 と、ゆーコトになるが )
62: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 10:04:11.94 ID:D78rc5qU.net
>>55
>>49で一部上げたこれらの種の様に、ある個体の突然変異から適者生存でこの様な能力を備えた種に変化していくのは、単に確率的にありえないのでは?と思う

例えば毒蛇やコウモリの最初に種の分岐の祖先にあたる突然変異の個体が、今まで備わってなかったのに少しだけ赤外線や超音波を出す能力があったり、カメレオンだったら皮膚の色を周りに合わせられたりとか、それが適者生存有利の淘汰や偶然をえて生き残り代をえて、ここまでの変化に辿りつくかという問題。


貴方の支持している説は?
58: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 04:10:35.11 ID:9QlTbLwM.net
自己構築する物質は作ることは可能か?
65: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 10:31:04.96 ID:D78rc5qU.net
ビックバン仮説の無から有。
ガスが徐々に冷えっていき星になる宇宙形成
引力で自転公転しているの星で生命が淘汰をえての進化論
宇宙人創造主論
創造主論
ID理論
シミュレーション仮説
パラレル宇宙説

色々有るね~
管理人より:「シミュレーション仮説」というのは↓こういうやつです。
68: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 11:12:54.99 ID:
サイコロが1000個全て1の目を示しているのを目の当たりにすると、こんなの確率的にあり得ないと思ってしまうかもしれない。

確かに、サイコロを1000個投げていきなり1の目だけになることは確率的にほとんどあり得ない。
だけど1以外の目になったものを選んで投げ続けていれば1の目だけが1000個になることは、確率的に必然となる。
生物の進化とは後者に近いのではないかと
78: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 12:25:38.84 ID:D78rc5qU.net
◆偶然によって機能を持つタンパク質(アミノ酸)ができる確率
◆物を見ることのできない完成前の目にどんな存在価値があった?中途半端な羽、足、肺はどうだろう。そんな不要な器官を備えた生物は自然淘汰によって除去されてしまう。
進化

宇宙300億年の中で(アミノ酸)生命の誕生の確率と、生命が誕生して以降種内で突然変異が起こる確率10~100万分の一で、その内圧倒的に不利奇形の突然変異が多い中、有利の個体が発生し他の変異無し群を押しのけ分岐し何万世代えていくには計算が合わない
81: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 13:23:50.17 ID:
>>78
>現在の進化論では、
>1.突然変異が起こる
>2.突然変異の発生が、進化の唯一の源である
>3.この突然変異を持つ個体が生存有利に働く
>4.突然変異を持つ個体が突然変異を持たない個体を淘汰する
>というたった1つの理由(ダーウィニズム)でのみ説明されています。
中立進化
89: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 16:27:37.00 ID:
まず確率的にありえないという結果を導いた計算式を出してくれ
90: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 16:29:02.03 ID:
ID説って反証不能だから科学的議論の対象にならないのよ。
哲学板にでも行ってくれ
92: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 16:57:49.82 ID:D78rc5qU.net
>>89
>>78のurl内に(Jean S. Morton, Impact, Dec. 1980)ソース出てるじゃん。まずそれを上回る計算式を貴方が上げる方が話が早いよ。
相変わらず短文レスで自分だけ楽しようとするよな~


>>90
自分が支持するシミュレーション仮説含め、ID理論が反証不可能ってどの科学者が決めたの?
進化論で説明できない事柄なんて昔から知られてるし、だから納得いく理論を目指して科学者は様々説を研究しているのでは?
進化論で説明つかないことが存在する以上、私が上げたレス一つ一つを否定する材料の根拠を書けなかったら、ID理論含めは反証できない!とは言えないのでは?


短文煽りを入れるテクニックは昔から2ch有るが、貴方がレス一個一個を否定出来るトータルでの物知りを披露してもらわないと、煽る意味以外にはレスにアンカー付けてやり取りする意味ないよね?
管理人より:「中立進化説」とは、
分子レベルでの遺伝子の変化は大部分が自然淘汰に対して有利でも不利でもなく(中立的)、突然変異と遺伝的浮動が進化の主因であるとする説。
91: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 16:39:15.70 ID:
95: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 17:50:48.76 ID:
CA100 "Argument from incredulity"(疑いからの論)
CA100_1 進化論は多くのものを説明していない
>移行的な化石の欠如
CC200 中間形態の化石が存在しない
>育種と品種改良
CB910 新しい種は観察されたことはない
>偶然によって機能を持つタンパク質ができる確率
CB010 生命が形成される確率は信じられないくらい小さい
CB010_2 最初の細胞は偶然には生じない
>突然変異
CB101 大半の突然変異は有害である
CB921 完全に進化するまで新しい構造は役に立たない
>眼
CB301 眼は複雑すぎて進化できない
CB340 器官と器官系はすべての部品がそろうまで役に立たない
CB921_1 半分の目にどんな用途があるのか?
>ヘッピリムシ
CB310 ホソクビゴミムシは複雑すぎて進化できない
CB310.1 ホソクビゴミムシのガスは反応抑制剤なしに混合すると爆発する
>インテリジェントデザインと「単純化できない複雑さ」
CB200 幾つかの生物システムは還元不可能に複雑さを持つ
CB200_1 細菌の鞭毛は還元不可能な複雑さを持つ
忘却からの帰還 創造論とインテリジェントデザイン論

>>91より
94: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 17:28:40.37 ID:
>>92
その計算式に自然選択の要素が含まれていない
98: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 18:29:02.18 ID:D78rc5qU.net
>>95
生命が誕生してからの自然選択の事なら>>78のurl内で書かれている文章を読めば生命が誕生する前の段階の、生命の素となりタンパク質アミノ酸ができる確率が、300億年では足らないと言っているのだが?

何の説を支持して何が言いたいの?
100: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 18:56:08.79 ID:
>>98
進化論は原初の生命がどのように誕生したかを説明する理論じゃないぞ
ガラパゴス島のフィンチ
管理人より:「新しい種は観察されたことはない」とのことですが、こないだTwitterにもちょっと書いたBBCニュースの記事を貼っておきます。→Galapagos finches caught in act of becoming new species
ガラパゴス島のフィンチは短いとわずか2世代で「進化」を起こすんですねぇ~。
この後スレでは「進化論が原初の生命の起源を説明するものなのか?」という定義の話題で盛り上がりますが、追いかけるのがややこしいのでカット。
93: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 17:24:06.34 ID:
進化論で説明がつかないことがあるとして、それは単に進化論が間違っているかどうかの話であり、ID説が進化論に代わるものであるということは意味しない。

進化論で説明がつかないことの存在と、ID説が反証可能であるかどうかは関係がないし、進化論で説明のつかないことをいくら挙げても、ID説の成否に関しては何も言えない。
ID説の科学的正当性なり反証可能性を示すのはID説を唱えている側の責任で、それは進化論の不備を唱えているだけでは決して達成されない。
せいぜい頑張ってね。
113: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 22:11:20.04 ID:w/cASDEQ.net
多分、進化論よりもシミュレーション仮説の話がしたいんだろうな

世界シミュレーション仮説について
この世界が神のシミュレーションプログラムなら
進化論のスレにはシミュレーション仮説に興味がある人は集まらないから、こういうスレに行った方がいい
118: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/03(木) 22:39:51.31 ID:
>>113
探究した結果がスマホアプリレベルって世も末だな
127: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/04(金) 00:11:09.61 ID:
60年にわたる暗黒バエの実験とか
大腸菌を4万世代以上も培養させ続けた実験とか
旧人類やゴリラのゲノム解読とか
ここ10年以内にも色々あった気がするけど、進化論に関する新たな発表がないってことは気のせいか
135: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/05(土) 05:39:56.96 ID:zLuuEyOe.net
>>127
なにか、最近?の研究では 「 恐竜のティラノサウルスは=案外、人間よりも走るのが遅くて、ダチョウなどの鳥のように "羽毛" が、体中に生えていた 」 なんて、説が世界中で一般的になりつつある。

織田信長や徳川家康や坂本竜馬やナポレオンやジュリアスシーザーのような歴史学や、バクテリアや恐竜やピテカントロプスのような考古学は。=「すでに、終わっている出来事」なのに。。。
なんで、これからも『新説?』や『新種の恐竜?や新種の人類?』が発表されるワケ?
128: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/04(金) 00:31:35.01 ID:
個別の事例をあげつらうしか出来ないよな
129: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/04(金) 00:37:53.58 ID:
個別じゃない事例ってなんやねん
130: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/04(金) 00:40:59.04 ID:
トンデモは芸能記者並みの低俗だわ
個別の事例を何度もあげつらい、説明を求め、失言を待つ
ただのゴシップ好き
142: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/05(土) 10:56:11.54 ID:TKbRCE6l.net
>>1
産業文明はマルサスの法則を緩和したかもしれないです。
ダーウィンの進化理論はマルサスの人口論を前提にしているんですね。
人口の増加に対して食料の増加が追いついていかないので、そこで競争が起こってその競争に有利な遺伝的形質をもった個体がより多くの子孫を残し、そうでない個体は子孫を残せず滅んでいくと。

文明はマルサスの人口論を緩和した面があるので、ダーウィンのその説は文明の中ではむしろ通用しにくくなっているのでは?
160: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/06(日) 15:27:55.02 ID:gua1WGBr.net
1. ダーウィンの自然選択モデルがマルサスの経済学に依拠していたこと。
2. ダーウィンの従兄弟フランシス・ゴルトンが優生学の創始者であったこと。
3. DNAの構造を発見して有名な生物学者のジェームズ・ワトソンも優生学の熱烈な支持者で、たびたび人種差別的発言を繰り返してきたこと。

これらのことが倫理的な意味でダーウィンの理論への不信感を養ってきたことも確か。
189: ご冗談でしょう?名無しさん 2017/08/16(水) 16:36:55.92 ID:NH/tJbPw.net
進化論の前に、物質、生命、DNAなどまだまだ分からないことが多いのでは?
190: nanshiki 2017/08/16(水) 16:37:45.70 ID:rrrzQe0f.net
>>189
これからわかってくるよ
面白い時代だねー

昨日の記事と若干かぶってますが、なんか中途半端なところで終わり。
進化論に関しては当サイトでは手を変え品を変え、何度もやってますので、以下の記事なども参照してください。

途中で出てたけど、進化の現象について「確率が低すぎる」という批判はけっこう前からあるのです。
例えば、ミミズみたいに明暗を感じることのできる「目」から、カラーの立体映像でクリアな映像を脳に信号で送ることのできる「目」まで偶然に進化する確率などを計算したひとがいるのですが、80億年くらいかかる!という結論でした。
これは感覚的に云々という話ではないのですが、一応それを求める計算式つっても、わりとその内容は大雑把なので、パラメーターひとついじっただけで大きく変わりそうだし、一概にどうとも言えないわけですけどね。

この進化論をめぐる議論の大きな焦点になっているのは以下のふたつだと感じます。

A) 進化は必然に導かれて行われるのか、偶然の産物なのか
B) 進化は少しづつ行われるのか、一気に大きく進むのか

Aについては、仮に必然に導かれると仮定すると「誰によって?」ということになるので、科学的にはほぼ考慮されないわけです。
だいたいそもそも、氷河期になったから、そろそろ寒冷化対応の進化始めっか…では遅い!という道理でもある。
氷河期が訪れた際に、「たまたま」寒冷化対応の進化をやってた種が生き残る!でなくてはなりません。

問題はBがどうなのか?ですよ。
ダーウィンは進化過程にある化石が今後多数見つかるだろうと予言してこの世を去ったし、実際にいくつか、例えばクジラなどはその陸にあがった連中が海に戻っていく過程の化石が見つかってます。クジラに関してはミッシング・リンクはほぼ埋まったとみなされているようです。
その調子で全部見つかればいいですが、化石に残りにくい器官もあるから、よくはわからんわけですね。

しかし一気に進むなら、リアル「鳶が鷹を生む」みたいなアレになるわけで、やっぱり無理があるのかな。ミステリーですねぇ。

以下、トップ絵候補に漏れたやつ。

人間の進化スマホやタブレットをいじってる様子は、傍から見るとこう見える…。姿勢がだんだんあがっていって、最後はまた落ちてしまうのがいいですね。

人間の進化なんというリサイクル!「歴史は繰り返す」のでしょうか!

バットマンの進化バットマンのロゴマークの進化。こんなにバリエーションがあったんですねー。これだけ壁紙サイズ。

面白くて眠れなくなる進化論
長谷川 英祐
PHP研究所
売り上げランキング: 235,795



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.18 21:56
    環境から来る強烈なストレスが突然変異に影響してるんじゃないかな
    そして環境を改善する様に発展し続ける人類文明の中にあっては
    生物的な進化が起こる確率は減り続けるものなんじゃないだろうか
    よしんば今の社会で特徴的な進化と呼べるレベルの変化が起きたとしても、
    それが後の世代に継承される可能性は極々少ないような気がする
    それは社会通念の問題であったり、人口の増加によるものであったりする
    今の社会だと明らかに異なる形質を有した個体は子孫を残すのが難しいが、
    極端に人口の減った状況なら、そんな個体が子孫を残す確率も上がりそう
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.18 23:31
    科学に宗教を持ち出すのは卑怯
    悪魔の証明そのものだろ
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.18 23:36
    きっと潜在的には進化しているのだけれど、それが特徴として発揮できていないだけ
    つまり、ハゲだけが生き残れるような世の中になる可能性も微レ存
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.18 23:39
    獲得形質は遺伝するかもしれないって言われてきてるし
    能動的な肉体改造が遺伝にも反映されるんじゃないのかなぁ
    なりたい自分になってるんだよ
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.18 23:54
    単純に中間形態は数が少なすぎるから化石にならない見つからないってだけだろ
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.18 23:59
    禿げてる、耳を動かせない、親知らずがない
    、足の小指が第二関節までの人は進化した新しい人類
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.19 0:07
    遺伝子の突然変異を進化の理由とするならば、レトロウイルスによる外部遺伝子の挿入だって同じ効果を生むと思うよ。実際内在性のレトロウイルスは発見されているし、偶然、生殖細胞にレトロウイルスが感染して、それがエキソンとして働くなら、一代でも大きな変異を起こせるはずだ。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.19 0:12
    背骨のS字カーブは二足歩行に適した形質だけれども遺伝的な形質ではなく常習的二足歩行によって得られる獲得形質。猿回しのサルにすら現れる形質。真猿類の背骨は二足歩行に対する適応性を二足歩行を始める1000万年も前から持っていた。進化にはそういう所がある。
    • ※9 :  
    • 2018.6.19 0:14
    もう前提の時点でめちゃくちゃやん

    進化論って「環境によって変化する」じゃなくて「環境に合った個体が結果として残った」だろ。なぜか途中でタンパク質云々の話になってるけど300億年で作られない根拠がまったくねーし観測宇宙だけで数百兆(銀河の数)x数千億(その銀河内の恒星の数)x300億年(秒単位で言えば試行回数どんだけになるねん)むしろタンパク質程度できないほうがおかしいだろ
    • ※10 : てすと
    • 2018.6.19 0:43
    ※8それも二足に適したほうがモテるとか有利だったとかで、より人に近い骨格以外が淘汰され続けたとすれば説明はできちゃうでしょ。しかしスレの人が言うように、何かに特化するような形でひたすらピンポイントに突然変異の方向性が合致し続け、その上でこんなにも多様性が生まれるってのは、そりゃありえなくはないんだけど、まさしく奇跡の連続としか思えないような。それこそ神の知性とか、生物の獲得形質でもいいだけど、能動的な働きがあるとした方がスムーズな感じはある。これを言うと長い年月をイメージする力がないとか小バカにされるだけど、そのうち裏づけされそな説だと思うんだよな。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.19 2:40
    突然変異で腕が増えたりしても切っちゃうしな。
    派生しても受け入れられないから定着しない。
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.19 3:09
    世界の人種が外見的にも体質的にもこれだけ多様なのは正に進化の結果なんだが。
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.19 8:39
    すでに人類全体の平均的な知能の低下が話題になったよね
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.19 9:32
    「進化論」って、ダーウィンの進化論(これを原理主義とする)のことなのか、それをベースに発展した、現在の趨勢を占める生物論全般(これを実存主義とする)なのか、どっちなんだろうかね
    環境適応は進化論原理主義の根幹をなす部分ではあるけど、別にそれが全てというわけでもなくて、原理主義の中にもそれを重視しない一派もいるしね
    で、進化論実存主義という、現代の主流においては、環境適応や突然変異というのは、進化過程においてそんなに重要な課題ではなくなってるしね

    と、ここまで書いて本スレを見直してみたら、みんなそれなりに反証してるのね
    スレ主が命題として提起してる、「人類の文明発達と進化過程における因果関係について」ってことについても触れられてたから、やっぱりスレ主が賢いフリしてダダこねるとか、バカのフリしてカマッてチャンするとかの、その手のスレだったわけですね
    「遺伝子レベルでの変性が起きないと、それは進化ではない」っていう信条を堅持する辺りで、もう主義を論じるレベルにないってことは明白なんだけどね
    夏休みを暇で持て余した中二か、受験勉強に挫折した浪人生あたりが立てたんだろうなと推察
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.19 10:12
    遺伝の勉強をすると全く変化(進化・退化)しない方が
    逆に不自然(奇蹟)に思えてくる。
    奇形の発生を防ぐ為に多くの機能があるのだそうだ。
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.19 11:38
    環境を変える能力や医療、農業があるため淘汰されにくく進化スピードが遅い上に、人間が誕生してまだ一瞬しかたってない
    • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.19 12:28
    進化論わかってない人って大抵進化を魚からカエル、爬虫類から鳥ってレベルの大きな変化としか捉えてないのがね
    戦犯ポケモン
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.19 16:51
    進化論だけで全てを説明できるとは思っていないけど、
    それでも、人間が進化(退化)していないのは、単に時間が足りないからやろ。
    文明と呼べるものが誕生してから、多く見積もっても6千年くらい。
    進化のスピードから考えると少なくとも、数十万年単位くらいは必要でしょう。
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.20 2:35
    78に「ものを見ることの出来ない不完全な目は淘汰されるはず」ってあるけど、ウニは明暗がわかる原始的な目を持ってて、近づくものの影に反応してトゲの向きを変える
    それより少し高機能な例としてはオウムガイのピンホール的な仕組みの目もある
    明暗がわかる機能がある細胞ができれば生存に十分に役に立つわけだから、そこから進化で高機能化が起これば目なんてできるんじゃない?
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.20 2:41
    現代の人間はこれ以上進化するのか?って話だと、社会的なスタイルによる子供の数の制限は人間の進化を抑制していると思う
    日本では(社会の中で)優秀な人も駄目な人も結婚すれば伴侶は一般的には一人だし、子供も多くて3人までくらいが一般的
    優秀な人間が当たり前のように子供をたくさん作る社会の仕組みになれば人間も進化しそう
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.20 9:40
    進化って言葉の定義から始めるべき。
    対義語は退化ではない。
      • ※26 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.6.21 11:08
      >※21
      進化が『発展』とか『改良』とかと同列に扱われてるのが誤解の最大の原因だよな。
      1000年単位であれば種の断続の危機となる『環境の変化』は頻繁にあり『子孫の多様性』により種の生存確立を増やすというのが進化の肝なのに。
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.20 21:42
    時間経過のスパン間違ってる。
    100年とかで進化すると思ってるやつが多い。
    • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.21 0:08
    インフルエンザウイルスは一年二年単位で変異してるじゃねーか
    目の前で起きてる現実すら受け入れられないゴミクズにつける薬はそれこそ宗教だけだろね
      • ※25 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.6.21 4:51
      ※23
      横からすまんがどう見ても生物の進化の話をしてるのに基本的な遺伝子修復経路すらもたない非生物のウイルスを出してきて論破した気になってるのはおかしい
    • ※24 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.21 0:21
    キリスト教福音派のバカさ加減はほんとにどうしようもねえ。
    聖書の記述から計算する通りの時間に宇宙が始まったのだとしたら、進化論だけじゃなく物理学も天文学も地質学もまるごと否定することになる。アホでマヌケなファンダメンタリストどもはそんな事実にすら気づかず進化論だけを目の敵にする。
    原子の半減期による年代測定がウソだというのなら、放射性廃棄物は全く危険ではないことになる。連中の住む場所に全部投棄してほしいぜ。
    • ※27 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.21 13:57
    スレ内容はなんだか意味わからないものが多かったんだけど、コメント読んで色々納得。ドクター諸氏さすが。
    • ※28 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.21 15:13
    キリスト教の神様ってみみっちいね
    しょせん特定の人間中心にしか考えてない
    • ※29 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.21 17:08
    いつも疑問に思う。
    突然変異で生き残った個体数がどれぐらいいれば種としての「進化」となるのだろう?
    一匹や二匹じゃダメだよね?100匹以上?それも同時期にじゃないと難しいよね?
      • ※33 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.6.22 10:10
      >※29
      突然変異個体が生き残って、その子孫が環境適応して繁栄していったっていう考えは古い
      今の主流は、色んな集団が居て、環境の激変なんかがあった場合に、それに適した集団が生き残ったと考えてる
      人類発祥の頃で言うと、アフリカ大地溝帯の発生であり、ホモ・エレクツスの時代で言うと氷期時代
      ネアン人やジャワ人達が生息域の地勢上大きな影響を受けなかった氷期も、アフリカに居たサピエンス人にとっては大打撃で、なんやかんやで1万人規模の集団にまで激減したけど、そこをなんとか切り抜けたんで今のワシらが居る
    • ※30 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.21 19:08
    ダーウィンの種の起源では進化に言及してない定期。
    変化を伴った由来(descent with modification)としての自然選択説だぞ。
    しかもスレに出てるような話への反論は既に種の起源に書いてあるぞ。
    • ※31 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.21 22:25
    物理板の連中は用不用説を進化論と勘違いしてんのかね?
    だとしたらお笑いだわ。
    • ※32 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.21 23:27
    柔らかいものばかり食べてる現代人は100年前の人間と比べると顎が細くなってる
    これは明確な進化じゃね?
    • ※34 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.23 3:38
    ※1
    ストレスっていうのはその環境が生存に適してるかどうかの指標だからね
    確かに進化に関係してはいる
    対応を促し、出来ないならその席を空けるようにと
    • ※35 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.23 13:25
    証明しろと言っても信じろとしか言わないから宗教だろID論とかいうのは。
    • ※36 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.23 13:47
    ここのまとめ好きだわ 読みごたえあるし
    管理人がスカしてないし
    思想としてもバランス感覚がある印象
    キャプチャコードはちょっとわずらわしいけども
    もっと広告入れていいぞ
      • ※40 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.6.23 21:13
      >※36
      この管理人がバカなのが分からないお前もバカなんだよ?w
    • ※37 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.23 14:12
    成りたい姿への欲求が強まると
    遺伝子を書き換えるスイッチを押せるんじゃないかな
    • ※38 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.23 20:41
    いや、わりと変化してるんだけど
    突然腕が四本になったりしないと「進化」とは認定されないのかな。
    • ※39 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.23 21:10
    「何故、これ程までに文明が発展しているにも関わらず、全く以て人類は進化(退化)していないのか?」←たった数千年でどんな進化するのよ?バカなの?
    • ※41 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.24 14:41
    >>78の計算式は
    「現在の人間がもつタンパク質(10万種)と全く同一の組成でなる生物が生まれる」確率
    なんだから、
    「別なタンパク質の組み合わせでも生命が発生する」場合
    を考えれば全く無意味な計算式だよ。

    78の計算式って「機能性タンパク質は極めてまれである」というだけで、
    実際にタンパク質(というかポリペプチド)を調べてみると
    タンパク質の機能性なんて割といい加減であることが分かる。
    • ※42 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.24 15:25
    白人が減ってるのが進化じゃないの?
    • ※43 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.25 19:38
    >*40 さては熱烈なファンだなテメー

    進化論を否定してる人で「種の起源」を読みこなした人は果たし何人いるのだろうか。
    反論や反証の内容を見るに簡単な理論生物学の本の一冊すら読んだことがないように見える。
    • ※44 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.26 7:12
    この前確か、親の経験が子に遺伝するとかいう驚きの研究結果がでとったけど、もしこれが今後学術的なコンセンサスを得た場合、遺伝子というか遺伝上の変異は従来考えられていた以上にダイナミックに起こってるということにならないかな。
    • ※45 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.6.29 19:10
    「新しい種」でフィンチの例を持ち出すのはミスリード狙いに見えて良くないような
    ここで言ってる「新しい種」は「秋田犬と柴犬」ではなく「犬と猫」
    ガラパゴスフィンチの中で種類が増えるのとは違う
    自分がミスリードしただけなら失礼しました
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。