人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

ちょっとベトナム行ってきたけど質問ある? @ [海外事情まとめ]


ちょっとベトナム行ってきたけど質問ある? @ [海外事情まとめ]
管理人@博士ちゃんねる
えー長らく出張で更新おやすみして申し訳ない。
ベトナムのハノイ市に行ってまいりましたので、ちょっとしたベトナムレポート。
写真をあんまり撮っておりませんので、よそから適当に拝借してきたやつもあります。
なぜベトナムなのか
空港からハノイ市にかけての車の中から
なぜベトナムなのか?という点からいきましょう。現在ベトナムでは近代化がモーレツな勢いで進んでおり、特にIT系企業については、政府が強力に援助しております。
なので、そのへんの話をしに行ってきたわけです。

オフショア開発というと、安かろう悪かろう…というのがひとつにあるわけですが、ベトナムに関してはちょっと事情が異なる。
安いとこも確かにあるんですが、ちゃんと日本レベルでちゃんとお金を払えば、勤勉な彼らのこと、日本よりは速く良いものができる!…ともっぱらの噂。

果たして本当なのか…
一抹の不安を胸にハノイ市へと向かう。


以下、IT事情についてはここで長々書きませんが、思った以上に皆勤勉で、技術力も極めて高く、ちゃんとしている、ということを書いておけば事足りるかと思います。(会社によってえらい差がありそうですが)
ハノイ市ってどんなとこ?
ハノイ市の全景ハノイはホー・チ・ミンに次ぐ、ベトナム第2の都市、人口約750万人とかなりの大都市です。この写真は地上50階付近で撮ったやつ。なかなかの発展ぶりでびっくりしました。
物価はもうめちゃくちゃなことになっており、基本日本よりはずっと安いのですが、車などは日本の数倍の値段だそうです。買えるのかなー?

ハノイ市の全景下を向いた様子。朝早いのであんまり道路にバイクがないですが、とにかくバイクだらけです。まぁそのへんは後ほど。

50万ドン札ちなみにベトナムの通貨は「ドン」といって、インフレが加速してんのか桁数がやたらと多い。だいたい1万ドン=50円くらいです。
「ケツからゼロを3つ削って5を掛ける」でだいたいおkです。
まぁしかし、両替所でもらった札がですね、同じ20万ドン札なのに、デザインが違うんですよ。旧札と新札が混じってたんでしょうか。非常にわかりづらく混乱注意。
しかし現地のひとはこれでなれてるので、デノミが行われることはないだろう…てことらしいです。
暑い!!!!
ハノイ市の暑さ赤道に近いですから、当然めっちゃ暑い!
日本だって暑いというこの時期に、ベトナムに行くとか自殺行為…と思ってましたが、日差しは強いけど、湿度は50~60%ほど。日本よりは若干カラッとしてます。
都市部だったら、屋内はだいたい旧式のエアコンがついてるので、そこまで心配しなくても良さげ。

ちなみにしょっちゅう雨が降るから傘は必須だ!と聞いてましたが、まったく雨は降りませんでした。スコールがくるのは8月からだそうです。
交通ルールはあってなきがごとし!
交通ルールは存在しないこれは旧市街の写真かなぁ…。ベトナム人はかつてチャリンコを愛用してたようですが、現在ではバイクがかなり多い!
誰も交通ルールは守らないので、交差点とかカオスなのですが、あまり速度を出さないので、けっこうスムーズに流れてる模様。

交通ルールは存在しない車だろうがバイクだろうが、みんなクラクションを連打するのですが、あれは「さっさとどけ!」の意味ではなく、「危ないよー」とか「横から追い越すよー」という合図。クラクションの意味が異なります。
みんな連打するせいかクラクションの音も、なんだかマイルドになっており、心なしか優しげなベトナム交通事情。

しかし、横断歩道に関しては、断固たる決意を持って渡らなければいつまで経っても渡れない!
信号とか一応あるのですが、誰も守らないし、歩行者優先みたいなこともないです。車線もあってなきがごとし!
向こうのひとのアドバイスによると「渡る時は、バイクをキッと睨んで、これから渡るのだ!という決意を伝えてくれ」「断固としてバイクを避けつつ渡るのだが、決して走ってはならない」と言ってました。(笑いながら

なんで走っちゃいけないのかよくわからないですが、ちょっと交通量が途切れたらすかさず渡る!これでなんとかなります。向こうのバイク乗りも心得てるからちゃんと避けてはくれます。
信号待ちとかしなくていいので、慣れればこっちのが楽かもわかりません。(白目)

THE MOST INSANE TRAFFIC EVER IN HANOI, VIETNAM!動画で見るほうがわかりやすい。これは管理人が見た光景にかなり近いですが、都市部はこんなもんじゃなかったつうか、もっと命がけで渡りましたw
ベトナム料理は案外イケる
ベトナム料理料理の写真全然撮らなかったので、適当に拝借してきました。管理人が食ったやつとちょっと違うけど、これはお米の生春巻きみたいなやつ。(名前忘れた)
ベトナム料理は全般的にアッサリ目で野菜がたくさん出てきます。お味の方は…日本とは全然違うけど、なかなかイケる!
ベトナム人は基本的に油っこいものがあまり好きではないらしく、お肉とかも蒸したやつがけっこう出てましたね。
なんだろ…これまた名前忘れたけど、子牛肉の蒸したやつとか、まるで鳥もも肉のような柔らかい食感。なかなかおいしかったです。

ベトナム料理こっちは揚げた春巻きみたいなやつ。春雨のように見える麺は、やっぱりお米で作った麺。向こうではあんまり小麦粉の麺は食べないそうです。
でね、注意してほしいのが、この真中のタレです。
これはナンプラーつって甘ぁ~い超薄口醤油みたいなやつですが、この中に浮かんでる唐辛子はクッソ辛い!ということです。一切れ食べようものなら悶絶して5分くらい味がわからなくなります。
向こうの生唐辛子なんですが、色がマイルドだからつい食ってみたくなる。なんという罠…。

ベトナム料理管理人が食ったのとこれまたちょと違うけど、杏仁豆腐っぽいデザート。冷たくてめっちゃくちゃ甘い!
中に入ってるのは、ライチとかタピオカとか、謎の甘い鼻水みたいな汁?とか、あと珍しいのは蓮の実が入ってることも。サラダなどにも。不思議な食感ですが、食べ過ぎると「眠くなる」そうです。他にも日本ではみかけない緑野菜多数。

ベトナムのひとは、なんでも尖った味を好むそうで、めっちゃ辛い、めっちゃ甘い、めっちゃ苦い…のどれかじゃないとダメだとか。
だから日本に旅行すると最初のうちは料理の味がいかにもマイルドなのと、油っこいので最初はいまひとつ…なんだそうです。あと日本で食えるベトナム料理はパクチー大量で本場のそれとはまるで違う。日本のベトナム料理店は完全に別物!とのこと。
ベトナムコーヒーの濃さ
ベトナムコーヒー管理人が飲んだのはこんな上等なやつじゃなくて、テイクアウトするような気軽なやつ。下に沈殿してんのはなんと練乳です。ミルクは使わない。
ベトナムはコーヒーの生産量が多くて、普通のブレンドコーヒーの質はかなり高い。
で、ベトナム式は深く炒った豆を使ってエスプレッソみたいな濃さで入れるので、とても苦いです。同僚などはコーヒー好きにはたまらない旨さだと大絶賛でしたが、管理人はブラックだめですから、とてもじゃないが苦くて飲めない。だから向こうでは練乳でマイルドにして飲むのが一般的。
これがねー!コーヒーに練乳なんか初めてですが、かなりウマいんですよ。ベトナムに行ったらゼヒ試してみてください。あの濃さじゃないと合わないから日本では飲めないと思う。

ベトナムコーヒー珍しいところではアボガドのシェイクなんてのも。想像つかない味だと思いますがちょうど抹茶アイスっぽいかなぁ。これも練乳入ってるんで甘いです。おいしかった!
水があまりキレイではないので、生水や氷はお腹を壊す…と散々脅されましたが、あの暑さで氷なしとかいろいろ無理!氷もガンガン入れましたが今のところ大丈夫です。(同僚はお腹壊したそうですw)
繁華街の様子
ハノイ旧市街ハノイ旧市街で唯一まともに撮れた写真。あんまりひといないですが、実際はすんごい盛り上がりでした。
旧市街はいろいろな意味で、「ベトナム感」というのが味わえるカオスな場所。今はオフシーズンだから日本人は皆無でしたが、他の外国人観光客がいーっぱいいます。
日本人は色が白いので、同じアジアンでもすぐバレる。片言の日本語で話しかけてくるフレンドリーなベトナム人です。足マッサージのお店行ったけど、女の子は愛嬌があって可愛かったですね。男性はやや無愛想。

ハノイ旧市街写真撮るの下手だからブレブレです。混雑ぶりが伝わるでしょうか。
男性ドクターはきっとベトナムの女の子事情が気になるでしょうが、管理人はそういうお店に行かないのでよくわからない。見た感じでいうならば…。

顔だちは日本人とはやはりかなり違うのですが、中国人みたいに目尻がキッとしたキツイ顔立ちではなくて、愛嬌があります。わりかし化粧っ気のない可愛い子が多いような印象。
なんといっても、不思議なことにデブってる子はほとんどいない。みんなウェストがキュッと引き締まってスタイル良いです。

野菜の多いベトナム料理の功績ではありますまいか…。

なんかバイクに一家でまるごと乗ってるひとが多かったのが、とても印象に残ってます。中には乳飲み子を乗せて5人乗り(!)してる家族も。
あとバイクの後ろにショートパンツ美脚の女の子を乗せてデートするのが、ベトナムのトレンドのようでした。ていうか美脚でない子を探すほうが難しい。
ベトナム人の日本観
ベトナム人が日本をどう見ているのか、という点について気になる方もおられましょう。なので少し書いておきます。
向こうの会社の営業さん(日本語ペラペラ)と話してみたところでは、アジア最大の成功例として、日本を尊敬しており、日本が好きなベトナム人はとても多いとのこと。

しかし、管理人たちは、日本の客向けのそんなおためごかしが聞きたいのではない。
ベトナム人の本音はどのへんにあるのか…という点を同僚と3人であれやこれや質問攻めにしてみました。

彼の本音を解釈したところ:
日本人はなんでもかんでも謙遜しすぎて、いまひとつ本音がわかりづらい。だが、それが日本人の良い点でもある。
また日本では規制が多すぎて、あれでは自由な発想で仕事ができなさそうに思う。ルールは必要だが、緩めるところは緩める必要があるのではないか。
だが、日本で暮らして日本人と仕事してみて、約束をきちんと守る点と、「根性」とか「気合」のような自分に厳しいストイックな精神論を学んだ。ベトナム人はもっと日本のそういう部分を学ばなければならない。


…などなど。
あと、「日本人の女の子はみ~んな優しくて可愛くて最高!その点ベトナムの子は気が強すぎるぅ~」とデレデレしてました。

今まさに急成長の過程にあるベトナム。
アジアでももっともホットな国のひとつでしょうかねぇ。社会主義国家だから硬いイメージあったけど、みんな親切で愛想良かったです。(こっちが日本人だということもあるかもしれないですが…)

というわけで、規則でがんがらじめになって閉塞感あふれる日本と比べ、なにもかもフリーダムなベトナムはなかなか新鮮でした。
よくありがちな、物売りにボラれるとか、お腹壊すとか、ものをスられるとか、そゆことはまったくなかったですね。ハノイはベトナムの中ではまぁまぁ治安が良いそうです。

物価はまだまだ安いけど、絶賛インフレ中なので、そろそろお得感も薄まってくると思うので、近い将来、安いから気軽にってわけにはいかなくなるのかな。

今回ベトナム出張での唯一の嫌な思い出は、ベトナム国内ではなく、帰りの空港での話。
どこの国とは書かないけど、某国の男性がガヤガヤと喫煙ルームに入ってきて、タバコ吸いながら灰皿にめっちゃツバ吐くんですよ。灰皿がツバだらけで汚いのなんの。あれには驚きました…。加えてそのツバでタバコの火を消そうとする…。オエッ!
ベトナム人もタイ人もその他アジアンだってそんなことしないですけどね。

で、福岡に帰ってきて空港の喫煙ルームでタバコ吸いながら、「あーここでは灰皿にツバ吐くひともいない。涼しいし、やはり日本はいい…」と思ってたら、そこへ入ってきたふたり組。
見た感じ某国の男性のようですが、まさか日本ではやるまい…、と思ったら、管理人の目の前の灰皿にペッ!と吐いてました。
ウヘェ…と思いつつふと隣を見ると、眉間に思いっきりシワ寄せて嫌悪感むき出しの日本人男性。そうなるよね…。('A`)

これ気になってあとで調べたら、某国ではところかまわずツバをはくひとがすごい多いらしいですね。もうそういう文化なのであって、女の子だってカー!ペッ!!とやるんだそうです。
だから、灰皿の前に来るまでガマンしてたんだろうし、彼らなりの配慮なのかなぁ…とは思います。いろんな習慣があるもんです。




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.7.8 2:47
    画像から街のホットな感じが伝わって来ますね。デザートなど食べ物がすごく気になります。辛いの以外も多々料理があるなら行ってみたいな。
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.7.8 9:22
    文化面では、フランス統治下の影響が色濃く残ってると聞いてます
    濃いコーヒーにミルクをたっぷり入れたカフェオレを飲みたかったけど、
    フレッシュなミルクよりも缶詰の練乳の方が手に入りやすい土地柄だったとか
    暑い土地柄なので、昔は周りの国々のように香辛料やら油をたっぷり使ってたのが、
    酢や醤を使って、素材を生かしたあっさりさっぱりの料理に仕上げるようになったのも、
    フランス人の好みに合わしてたのが、文化として根付いたんだろうなと勝手に推察
    まあ、行ったことないんですけど
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.7.8 9:23
    自分は20年前、1998年にベトナムを訪問しました

    当時は、ベトナム戦争でも使われていたという紙製だけど強度ある緑色のヘルメットをかぶっている軍人や一般人がまだけっこういました。自分もそれをひとつ求めておみやげにしたものです。今でも実家に飾ってあります。
    それをかぶっている人、まだいましたか?

    学校では女子は民族衣装のアオザイを制服としている所が多く、登校してゆく純白のアオザイの少女たちは魅力的でしたが……
    下着が透けるということで、外国人特に日本人が写真撮りに群がるというのがあって廃止する学校が多いというのをホーチミンシティで日本人旅行者から聞いて恥ずかしく思ったものでしたが
    現地の学生の服装は、今はどんな感じでしょう?
  1. >デザートなど食べ物がすごく気になります
    すごく甘いので、そこがだいじょうぶなら!
    --------------
    >フランス人の好みに合わしてたのが、文化として根付いたんだろう
    あ、なるほど!フランス人の好みですかね~
    --------------
    >それをかぶっている人、まだいましたか?
    軍人さんは見ませんでしたが、緑の制服を来たお巡りさんならけっこういます。スタンガンばしばしならして、職務質問ですよ。怖かった…w

    >現地の学生の服装は、今はどんな感じでしょう?
    学生はどうやらもう着てないぽいですが、フォーマルな場ではだいたい着てる感じでした。空港のグランドホステス、CA、ホテルの受付嬢など。
    今のはカラフルなアオザイで透けないようになってたようですよ。セクシーでした…(*´Д`)
    • ※5 : 名無し
    • 2018.7.8 23:01
    ベトナムの女の子達、日本人が透けてるアオザイの写真撮ってた事知ってるからね。マジで日本の恥だと思ってる。東南アジアでやらかす奴全般に言える事だけど。あと自分的には美脚が多いはう~ん?って感じだなぁ。ホットパンツはいてるとどの娘もまあまあ脚綺麗に見えるもんだから。一時日本でギャルが流行った時にホットパンツブームあったけど、欧米人の友達が日本人スタイル良いし、可愛いって言ってたから隣の芝生の話かも知れんけど。あと、ハノイ行ったんなら次はニャチャンかダナンオススメ。ホーチミンはやめておいた方がいいw
      • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.7.15 13:37
      >※5
      3ですが、管理人さん、お返事ありがとうございます。

      >学生はどうやらもう着てないぽいですが
      日本の着物と同じ道を歩みそうですね……

      >>5
      >ベトナムの女の子達、日本人が透けてるアオザイの写真撮ってた事知ってるからね。マジで日本の恥だと思ってる。

      3では書きませんでしたが、当時自分が他の日本人から聞いたのは「校門前にカメラかまえた日本人が群がってて、下校してくる女子をバシャバシャ撮影しまくってる」というものでしたから……ほんと、日本人として恥ずかしくてつらかったです
      改善されているといいんですけどね……
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。