人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

法学部生だが勉強の仕方がわからない @ [法学板]


法学部生だが勉強の仕方がわからない @ [法学板]
1: 1 ◆gPWtcYAlts 2015/07/24(金) 19:46:59.50 ID:bsUR9UO1.net
アドバイス下さい
MARCH・関関同立の法学部一年です。
今日法学入門のテストだったのですが全く出来ませんでした。
2: 1 ◆gPWtcYAlts 2015/07/24(金) 19:52:34.23 ID:bsUR9UO1.net
具体的には、レジュメを暗記するにもアウトプット出来ていないので、問題を解くとなるとわからなくなる(対応できない)

論述を書くにしても内容を思い出せない
→そもそも暗記出来てないのではないか?

勉強法が間違ってるのでしょうか?
3: 法の下の名無し 2015/07/24(金) 22:06:56.33 ID:fUpCnbrP.net
すまん。どういう勉強法をしているのかよくわからないが・・・。
「法学入門」は教える内容がいろいろだしな・・。

いちおう
ある程度の暗記は必要で、用語とその意味は頭に入れておくべき。
テキストを何度も読む、写経を繰り返すなどで自然に覚えるのではないか。
(ただし、テキストの丸暗記は必要ないし、思考のスペースを奪うので有害)

②法学では、覚えて吐き出すというのでは足りなくて、対立する利益は何かという分析や、それをどうやって調整するのかといった思考が必要。
勉強の段階で、そういう思考を何度か繰り返して練習する。


そんなもんかね~。
6: 1 ◆gPWtcYAlts 2015/07/27(月) 11:54:34.47 ID:F6vmLwCR.net
>>2
返信おくれました

そうですね、徹底的にやるべきでした(^_^;)
8: 法の下の名無し 2015/08/06(木) 10:42:39.43 ID:+M9hUb9o.net
俺が一年の時は、とりあえず答案の型みたいなものを覚えて答案速度を上げる為に、答案作成の本とか見ながら答案書いてみる(ここで本と同じ問題で答案を書くのではなく、他の問題を考えて書いてみる)


書けない所がある(何らかの解釈論の論証の所とか)

→そこを教科書を見ながら書き、横に星マークでもつけといて覚える


みたいな勉強をしてた
9: 法の下の名無し 2015/08/10(月) 00:08:51.09 ID:HGSu1tUj.net
何が難しいのかよくわからないな
社会科学全般の基礎知識不足?
11: 法の下の名無し 2015/09/01(火) 23:08:53.68 ID:BRrQLAFp.net
1年生の法学入門のテストに「社会科学全般の基礎知識不足?」とか>>9はどんな問題文を想像したんだろう
10: 法の下の名無し 2015/09/01(火) 01:55:27.13 ID:pwyTltgo.net
法学論文に独特の表現形式でしょ
社会科学の基礎知識とか関係ない
12: 法の下の名無し 2015/09/07(月) 08:29:29.66 ID:RzRNWo3W.net
近所にあるFラン大(スポーツではわりと全国的に有名かもだが)は経済系の学部があるんだが、この前立ち寄ったついでに空き教室に行ってみたら、なんと民法の担保物件の留置権とか先取特権とか、多数当事者の債権債務関係なんかのプリントが置いてあって驚愕したわ

担保物件とか都心の上位大法学部のほとんどの学生ですら履修すらせずに卒業していくというのに
13: 法の下の名無し 2016/03/05(土) 18:33:40.75 ID:AcHgoZGP.net
法を勉強するのなら先ず仏教哲学の本を読むといいよ
宮崎哲也さんの番組がYouTubeにあるからそれでもいい

法とは仏教からできてるから。頭に入らないのは社会の不義について答えだせてないからだよ
先ず根本を理解してその哲学から法を理解した方がいい
14: 法の下の名無し 2016/03/05(土) 23:00:37.81 ID:yE7cfOrn.net
「法とは仏教からできてるから」
???
15: 法の下の名無し 2016/03/06(日) 17:07:35.54 ID:kxRlTYJO.net
>>14
だよ。宗教的観念から罪は作られているからね
元々。例えば動物を食べてはいけないとか代表例かな
その他もろもろだけど経済的法律は近年に制定されたものだし
まだまだ不十分しかも判断基準は道義的だからね
何故を勉強した方がいい。そうすると判断をミスる事はない
16: 法の下の名無し 2016/03/06(日) 17:10:51.56 ID:kxRlTYJO.net
詰め込みしても中身がないと役に立たない
何故を勉強すると君は凄腕になれる
過去を学ぶことこそ勉強だからね
17: 法の下の名無し 2016/03/06(日) 20:09:05.16 ID:WC4JQEYI.net
法と宗教が全くの無関係とは言わないけど、その宗教が仏教である理由が弱いような。
日本は西洋から法の大部分を継受したからキリスト教を学べということならまだわからんでもないけど。

それはともかく、根本を理解する重要性には同意。
ただし、それは法を深く学びたい場合であって、>>1がそのような趣旨でこのスレを立てたかは別問題。
管理人より:罰則のことしか触れてないけど、法律=刑法、ではありませんけどもね…。
19: 法の下の名無し 2016/11/10(木) 19:13:21.80 ID:iesqcfg7.net
法学書院の「わかった」シリーズを読む、、そして大学入学式。
必修と司法試験関連の講義には出る、あとは、要領よく単位をとる。
旧試験時代にこれで、大学三年時に合格して、卒業と同時に母校の講師になった同期がいま、学長やってる
21: DJ学術  2018/03/11(日) 08:08:28.92 ID:4yL2m8XX.net
法学生なら、法律より外の事勉強しなさい。
22: 法の下の名無し 2018/04/29(日) 20:07:38.95 ID:rZVjq45j.net
難しく考えない。「簡単に言えば」どういうことか。「平たく言えば」どういうことか。
頭の中で翻訳してみる。法律のロジックなど算数ができれば誰でもできる程度の加減乗除レベル。
それと因数分解程度のロジック。あとは国語の問題。
なぜ、、私立文系専願の人が司法試験に合格できるか、を考えればわかる。


さて、実戦。

次の内容の政令を法律に基づかずに定めることができるかどうか。
1 憲法七条七号の「栄典の授与」を実施するために、栄典の内容や授与の手続を定める政令。
2 文部省の初等中等局を初等局と中等局に分離・改組する政令。
3 私立M大学の内部紛争を早期に解決するために、M大学理事会の任期および権限を制限する政令。
23: 法の下の名無し 2018/04/29(日) 20:21:54.36 ID:rZVjq45j.net
>>22は、何の問題か。もちろん憲法の問題である。
では、憲法の何についての問題か?ここで憲法41条の問題が出てくるのである。

教科書には、国会は「国の唯一の立法機関である」(41条)と書いてある。
そのうえで、「立法」の観念についてつらつら説明されている。
いわく、「立法」という観念は、19世紀を通じての議会と政府の対立・抗争という歴史を背景にして、議会と政府の権限分配の指標となったが、現在では、41条の「立法」が問題となることは多くない。
それは議会主義の進展とともに、政府の活動が広く議会のコントロールの下に置かれ、行政権による議会の「立法」権の侵害という事態が実際に生じにくくなっているからである。

また、19世紀のような議会と政府との対立という図式が崩れているという事情もある。

そんなことは、「ああ、そうか」という程度におさえておいて、試験で使うような技術に走ろう。
では、憲法41条にいう「立法」とは何か。教科書によく書かれている意味をしっかりと頭の中に叩き込む必要がある。
24: 法の下の名無し 2018/04/29(日) 20:30:59.03 ID:rZVjq45j.net
繰り返すが、憲法41条にいう「立法」とは何か
ここでは、次のようなことが説明されている。

つまり、憲法41条にいう「立法」が、単に「法律」という名称の国法(形式的意味の法律)の定立を意味するのではなく、特定の内容の法規範(実質的意味の法律)の定立を意味することについては異論がない。

憲法41条が国会を「唯一の立法機関」としている趣旨は、単に、法律という名前の国法を国会のみが制定できるという空虚な要請としてではなく、特定の内容の法規範は必ず国会が定めなければならないことを要求していると。まずはこのロジックを押さえる必要がある。
41条にいう「立法」の意味は、国会が制定した「〇〇に関する法律」「△△法」という名前の付いた法律のみを指すのではなく、それらの名前の付いた法律の中身のことなんだと。
「特定内容を有する法規範」とは、形式(衣装)が重要なのではなく、実質(身体や精神)が重要なのだと。これを押さえる。
25: 法の下の名無し 2018/04/29(日) 20:35:42.35 ID:rZVjq45j.net
問題は、そこにいう特定の内容の法、つまり、実質的意味の法律とは何かということである。

この問題について、かっては、「法規」=「国民の権利を制限し、義務を課する法規範」を意味すると説いていた。
この「法規」概念は、19世紀ドイツ立憲君主制の下で、議会が君主・政府の活動を抑制するにあたって、国民の「自由と財産」の規制には法律の根拠が必要であると説いた「法律の留保」の理論に由来するものである。
この理論は、結局、法律事項を限定し、行政権が議会の統制の範囲外で任意に活動できることを広く認める理論であった。

そこで、日本国憲法における「立法」の観念をめぐって、「法規」概念は批判にさらされることになった。
26: 法の下の名無し 2018/04/29(日) 20:38:39.90 ID:rZVjq45j.net
さて、日本国憲法41条にいう「立法」の意味については、

ア 国民の権利義務に直接関係のある法規範を意味するとする見解(伝統的法規説)
イ 一般的・抽象的法規範を意味するとする見解(一般的抽象的法規範説)
ウ 法規概念を拡張して次のように解する説(権利義務説)
Ⅰ 国民に新たな義務を課しまたはその権利を制限する法規範(田上)
Ⅱ 直接または間接に国民を拘束し,あるいは国民に負担を課するような新たな法規範(宮沢・戸波)
Ⅲ  直接に国民を拘束し,または少なくとも国家と国民との関係を規律する成文の一般的法規範(清宮)
Ⅳ 国民の権利義務を定める規範を主要な構成要素とするが,国家と機関との関係に関する法規範を含む(佐藤(幸)・中間説)


と分類できる。
27: 法の下の名無し 2018/04/29(日) 20:45:39.68 ID:rZVjq45j.net
ア説は,伝統的な「法規」の概念に沿った学説であり、これに対して批判が向けられたことは上述したところである。

イ説は,法規概念自体を否定し,一般的な法規範がすべて法律事項となるとする説であり(一般的抽象的法規範説ともいう),立法とは「一般的・抽象的な法規範(芦部)と説く。
この説では,法律事項を限定する「法規」概念それ自体が日本国憲法の法治主義の下では否定されるべきものとされるとともに,立法はあらゆる事項に及び,「実質的意味の立法は形式的意味の立法とその範囲をほぼ等しくする」と解している。

ウ説は,法規概念を拡張し,「国民の権利義務に関する法規範」ないし「国家と国民との関係を規律する法規範」と定義する説の系統に属する学説である(権利義務説ともいう)。
この説では,国民に利益を与える場合も法律に基づかなければならないことになる。

なお,Ⅳの佐藤(幸)説は,Ⅰ~Ⅲ説とは区別されて,狭義説(上記伝統的法規説)・広義説(一般的法規説)と分類する場合に,中間説と位置づけられることもある。
28: 法の下の名無し 2018/04/30(月) 23:34:51.09 ID:i8Eo5D0I.net
以上を簡単に整理すると、ポイントは、立法の観念は、19世紀を通じて議会と政府の権限分配の指標であったということ
そして憲法41条の「立法」が、現在では、特定の内容の法規範(実質的意味の法律)の定立を意味すること
実質的意味の立法とは何かということにつき学説が「法規」という概念にどこまでの意味合いを持たせるか、ということを中心にして争っていること、
にあります。
39: 法の下の名無し 2018/05/04(金) 09:55:20.57 ID:VN3lTmbT.net
例えば、小テスト問題を作ってみるのも実力を涵養するよい方法。

1 逮捕された被疑者を勾留するための要件は,罪を犯したことを疑うに足りる相当な理由がある場合で,刑事訴訟法60条1項各号に掲げる事由,すなわち,住居不定,( 1 )又は、逃亡のおそれのいずれかが存在し,勾留の必要性があることである。

2 起訴状には( 2 )を記載しなければならない。( 2 )( 3 )を明示して記載しなければならない。
( 3 )は,審判の対象を限定し,被告人の防御の範囲を明らかにする機能を有する。
検察官の請求があれば,裁判所は,( 4 )を害しない限度において( 3 )( 5 )を許さなければならない。

3 第一審の公判手続では,最初に裁判長による( 6 )が行われる。次に,検察官は( 7 )を行う。
その後,裁判長は,被告人に対し,( 8 )及び訴訟法上の権利について告知をする。
その上で,被告人及び弁護人に対し,( 9 )をする機会を与えなければならない。以上の手続を( 10 )という。

4 ( 10 )が終わった後,証拠調べが開始される。その冒頭に,検察官は( 11 )を行い,
証拠により証明すべき事実を明らかにする。

5 証拠調べの請求は,証拠と証明すべき事実との関係,すなわち( 12 )を具体的に明示して行わなければならない。( 12 )( 13 )があるかについては見解が分かれているが,( 13 )( 14 )とするのが多数説である。
40: 法の下の名無し 2018/05/04(金) 09:56:57.84 ID:VN3lTmbT.net
6 検察官による証拠調べの請求があった場合には,裁判所は,被告人・弁護人の意見を聞かなければならない。
被告人が証拠とすることに( 15 )した書面は,刑事訴訟法( 16 )により,その書面が作成された情況を考慮し,相当と認める限り,刑事訴訟法321条ないし325条の規定にかかわらず,これを証拠とすることができる。
被告人以外の者の検察官に対する供述を録取した書面について,被告人が証拠とすることに( 15 )しない場合には,刑事訴訟法( 17 )により,死亡等による供述不能の場合のほか,公判期日における供述について,前の供述との間に( 18 )があり,( 19 )が認められる場合には証拠能力が付与される。
被告人の自白調書の場合には,被告人・弁護人の意見が( 20 )であっても,( 21 )があると認められれば,証拠能力が付与される。

7 被告人,弁護人の( 15 )がなければ証拠とすることができない書面(供述書,供述録取書)について,( 15 )がない場合には,検察官は,請求を( 22 )するのが一般であり,必要に応じ,その書面の作成者,( 23 )を証人として尋問請求することになる。
41: 法の下の名無し 2018/05/04(金) 09:58:12.78 ID:VN3lTmbT.net
8 検察官,被告人又は弁護人は,証拠調べに関し異議を申し立てることができる。
この異議は,( 24 )があることや,( 25 )を理由としてでもすることができるが,証拠調べの決定に対する異議は( 25 )を理由としてすることはできない。
このほかに,当事者は,裁判長の処分に対しても異議を申し立てることができるが,この異議は( 24 )を理由とする場合に限られる。

9 証拠調べが終わった後,検察官は事実及び法律の適用について意見を述べなければならない。
これを( 26 )という。
その後,弁護人は,検察官の( 26 )に対応して意見を陳述することができる。これを( 27 )という。
管理人より:なげぇーよ!!刑事訴訟法に詳しくて、回答してみたい酔狂な方おられましたら、回答も追記しておきますよー。
42: 法の下の名無し 2018/05/05(土) 07:06:42.91 ID:d9FPJGAb.net
公共の福祉の意味

憲法で「公共の福祉」という文言が使用されている条文は、12条後段、13条後段、22条1項、29条2項の4カ条である。

このような「公共の福祉」という文言の意味は、すべて同じなのか違うのか、そもそも公共の福祉ということの意味内容はどのようなことなのか、ということが問題となる。
43: 法の下の名無し 2018/05/05(土) 19:51:53.24 ID:d9FPJGAb.net
学説上の通説的見解は、「公共の福祉」につき一元的内在制約説が有力である。
この立場は、12条、13条の「公共の福祉」は人権相互間に 生じる矛盾・衝突の調節をはかるために、すべての人権に論理必然的に内在する実質的公平の原理であるとする。

そして、この原理は自由権を各人に公平に保障するための制約を根拠づける場合は、「必要最小限度」の規制のみを認め(自由国家的公共の福祉)、社会権を実質的に保障するために自由権の制約を根拠づける場合には、「必要な限度」の規制を認めるもの(社会国家的公共の福祉)として働くとする。

もっとも、このような概念は抽象的であり、人権制約立法の 合憲性判定基準としては明確でない。
そこで、より具体的な 基準を定立し、判断過程を客観化する必要がある。
これが、合憲性判定基準である。
44: 法の下の名無し 2018/05/05(土) 22:04:23.99 ID:d9FPJGAb.net
物権的請求権には,①物権的返還請求権、②物権的妨害排除請求権、③物権的妨害予防請求権の三種類の請求権があると考えられている。

これは、占有訴権における①占有回収の訴え(民法200条)、②占有保持の訴え (民法198条),③占有保全の訴え(民法199条)に対応したものである。

しかし、この三類型は実定法に直接基づくものでもなければ、論理必然的なものでもなく、歴史的産物である。
また,現実の事案に照らすと,これらの三類型の請求権が対象としている侵害の態様は事実としては相連続していて,そのいずれに当てはめるかが疑問となるケーズも多い。
建物収去土地明渡しもその1つである。
45: 法の下の名無し 2018/05/06(日) 11:27:17.50 ID:WScfq0P8.net
項目・目次学習も有効。例えば条文の項目読み。
第2節 準備書面等
 第161条  準備書面
 第162条  準備書面等の提出期間
 第163条  当事者照会

第3節 争点及び証拠の整理手続
 第1款 準備的口頭弁論
 第164条  準備的口頭弁論の開始
 第165条  証明すべき事実の確認等
 第166条  当事者の不出頭等による終了
 第167条  準備的口頭弁論終了後の攻撃防御方法の提出
 第2款 弁論準備手続
 第168条  弁論準備手続の開始
 第169条  弁論準備手続の期日
 第170条  弁論準備手続における訴訟行為等
 第171条  受命裁判官による弁論準備手続
 第172条  弁論準備手続に付する裁判の取消し
 第173条  弁論準備手続の結果の陳述
 第174条  弁論準備手続終結後の攻撃防御方法の提出
 第3款 書面による準備手続
 第175条  書面による準備手続の開始
 第176条  書面による準備手続の方法等
 第177条  証明すべき事実の確認
 第178条  書面による準備手続終結後の攻撃防御方法の提出
46: 法の下の名無し 2018/05/06(日) 11:27:52.38 ID:WScfq0P8.net
第4章 証拠
第1節 総則
 第179条  証明することを要しない事実
 第180条  証拠の申出
 第181条  証拠調べを要しない場合
 第182条  集中証拠調べ
 第183条  当事者の不出頭の場合の取扱い
 第184条  外国における証拠調べ
 第185条  裁判所外における証拠調べ
 第186条  調査の嘱託
 第187条  参考人等の審尋
 第188条  疎明
 第189条  過料の裁判の執行
 
第2節 証人尋問
 第190条  証人義務
 第191条  公務員の尋問
 第192条  不出頭に対する過料等
 第193条  不出頭に対する罰金等
 第194条  勾引
 第195条  受命裁判官等による証人尋問
 第196条  証言拒絶権
 第198条  証言拒絶の理由の疎明
 第199条  証言拒絶についての裁判
 第200条  証言拒絶に対する制裁
 第201条  宣誓
 第202条  尋問の順序
 第203条  書類に基づく陳述の禁止
 第203条の2  付添い
 第203条の3  遮へいの措置
 第204条  映像等の送受信による通話の方法による尋問
 第205条  尋問に代わる書面の提出
 第206条  受命裁判官等の権限

第3節 当事者尋問
 第207条  当事者本人の尋問
 第208条  不出頭等の効果
 第209条  虚偽の陳述に対する過料
 第210条  証人尋問の規定の準用
 第211条  法定代理人の尋問
47: 法の下の名無し 2018/05/06(日) 11:28:12.23 ID:WScfq0P8.net
第4節 鑑定
 第212条  鑑定義務
 第213条  鑑定人の指定
 第214条  忌避
 第215条  鑑定人の陳述の方式等
 第215条の2  鑑定人質問
 第215条の3  映像等の送受信による通話の方法による陳述
 第215条の4  受命裁判官等の権限
 第216条  証人尋問の規定の準用
 第217条  鑑定証人
 第218条  鑑定の嘱託

第5節 書証
 第219条  書証の申出
 第220条  文書提出義務
 第221条  文書提出命令の申立て
 第222条  文書の特定のための手続
 第223条  文書提出命令等
 第224条  当事者が文書提出命令に従わない場合等の効果
 第225条  第三者が文書提出命令に従わない場合の過料
 第226条  文書送付の嘱託
 第227条  文書の留置
 第228条  文書の成立
 第229条  筆跡等の対照による証明
 第230条  文書の成立の真正を争った者に対する過料
 第231条  文書に準ずる物件への準用

第6節 検証
 第232条  検証の目的の提示等
 第233条  検証の際の鑑定

第7節 証拠保全
 第234条  証拠保全
 第235条  管轄裁判所等
 第236条  相手方の指定ができない場合の取扱い
 第237条  職権による証拠保全
 第238条  不服申立ての不許
 第239条  受命裁判官による証拠調べ
 第240条  期日の呼出し
 第241条  証拠保全の費用
 第242条  口頭弁論における再尋問
48: 法の下の名無し 2018/05/06(日) 13:57:28.99 ID:WScfq0P8.net
第2節 共同訴訟
 第38条  共同訴訟の要件
 第39条  共同訴訟人の地位
 第40条  必要的共同訴訟
 第41条  同時審判の申出がある共同訴訟

第3節 訴訟参加
 第42条  補助参加
 第43条  補助参加の申出
 第44条  補助参加についての異議等〔*弁論後は異議不可〕
 第45条  補助参加人の訴訟行為
 第46条  補助参加人に対する裁判の効力
 第47条  独立当事者参加〔*参加の申出は書面・書面を双方へ送達、40条1項から3項準用〕
 第48条  訴訟脱退
 第49条  権利承継人の訴訟参加の時効の中断等〔*訴訟係属の初めに遡って〕
 第50条  義務承継人の訴訟引受け〔*当事者の申立により決定、審尋が必要〕
 第51条  義務承継人の訴訟参加及び権利承継人の訴訟引受け
 第52条  共同訴訟参加
 第53条  訴訟告知
57: DJgensei artchive gemmar 2018/05/29(火) 12:28:38.71 ID:j3Yf7ajR.net
法学の勉強は専門書の方がいいよ。
六法読んでも教科書読んでも、判例、条文ぐらいしか身につけない違法クズ出しちゃうし。
面接より、膨大な論文提出しないさい。内禁も解けたらね。

法学というのは法学部に入ってみればわかりますが、全体を俯瞰するのがやたらとめんどくさい学問ですよ。スレ見ればわかるでしょ。
1年のころは、ひたすら法律の基本的な考え方とか、条文の読み方とか、難解な法律用語を頭に叩き込むことになります。これがじつにつまらない。
よくわからずにやらざるを得ないから、「なんのためにやるのか」もよくわからないです。

本当は総則と各則を同時進行でやるのが良いのですが、時間がいくらあっても足りないし、大学の制度ともそぐわない。
法律は横のつながりも強いから、憲法だけとか、刑法だけ、みたいな勉強もできない。全部を少しづつ進めていかなくてはいけません。
教えるほうも教わるほうも実に大変です。

そうやって何年かやって、ようやく「そういうもんか…」ってのがわかってくるわけですから、1年のうちの勉強方法で右往左往するのもやむをえないですよね。

テストではたいてい文章形式で答えさせられるから、「○○の○○について述べよ」みたいな問題が2問…とかそんなのばっかりでした。
途中で緑枠さんが出してる客観問題は、あくまでトレーニング用なのであって、そんな問題がテストで出ることはまずなかったですね。
ゆえに、問われている内容を理解して、自分の意見(あるいは他人の学説)の要旨を文章でまとめられる力もいります。覚えることの量もハンパないので、記憶力も当然必要。

だから、»1さんの問いに答えるなら、「授業をよく聞いてメモを取り、暗記すべきところは暗記し、教科書と六法をよく読み込む」という、ごく当たり前の回答しかできないのではありますまいか…。('A`)
いつだって絶対の正解というのがない学問なので、とにかく遠いところから俯瞰する必要があると思います。

ヌルいヌルいと言われる文系学科ですが、法学はとても特殊な世界だから、その中でもハードルは高いかも。
勉強がんばってくださいね!

高校生からの法学入門

中央大学出版部
売り上げランキング: 20,901



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.7.16 0:47
    なつかしいなー、俺も1年目は有斐閣の入門とかの本買わされて読んでたなあ
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.7.16 2:49
    伊藤真の初心者向けの入門書籍を短期間で読み通すといいのではなかろうか?弘文堂から出版されている。夏休みに、憲法、民法、刑法だけでも読むだけで全体像が見えてくる。できれば、先取りで、商法、民訴、刑訴、行政法までやるといいと思う。

    順番は、大事な民法から始めて、刑法憲法を済ませる。そして、商法、次に、刑訴民訴ラストに行政法がいいだろう。なお、公務員行政職希望者は、商法の前に、行政法をやっておいた方が試験対策となる。

    なお、書籍は、いわゆるシケタイと呼ばれる本ではない。ここは、注意してほしい。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.7.16 8:12
    現代法はイスラム法(イスラム契約法)が起源だし、仏教関係ないでしょ。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.7.16 16:13
    全然関係ない他学部生で独学したけど、参考書は1周目は黙ってシステマチックに暗記して、2周目からは載ってる判例と条文を見比べて、3周目以降は練習問題のみ って感じでやってたな。他教科やって時間空いたりモチベ下がったらまた1周目からパパッとおさらい。とりあえず困ったら判例読んでれば肥やしになると思う。
    最初は専門書から読むべき、と思って何冊か読んだけど初学者には取っ付きづらかった。個人差もあるだろうし、のちの習熟度にも影響するんだろうけど。。。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.7.17 3:11
    法律は実際の判例を調べてどんな争点があったかを辿るのが楽しいよね。素人でも法の思考に触れられるから。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.7.18 0:42
    金はかかるが、予備校の公務員や司法書士系を受ければ少なくとも教える気のない教授よりは理解できる。(公務員に関しては刑訴民訴除く)
    つまり資格を取るなら早いうちがいいぞ
    あーまたg原の授業受けてぇなぁ
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。