人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

金属生命体って可能なの? @ [未来技術板]


金属生命体って可能なの? @ [未来技術板]
1: 初心者 2007/05/20(日) 14:58:01 ID:eqlmJc9r
最近目覚しいナノテクの進歩で、何れは金属で出来た細胞をもつ生命が生まれそうなようだが…
意外と自分達炭素生命の素材が様々な物に適している事もハッキリしてきた。
金属で出来た生命は本当に良いものなのだろうか?
意見を求む!!!!!
管理人より:未来技術板のまとめだけど、生物学+SFカテゴリーでの更新!
2: オーバーテクナナシー 2007/05/20(日) 16:24:50 ID:JEDaJ1D9
とりあえず生命の定義をkwsk
4: オーバーテクナナシー 2007/05/22(火) 00:27:29 ID:3OtctW8y
>>2
1が「細胞」って言ってるから、「極小の構造体(細胞)を最小単位として集団で一つの身体や知性を構築し自己の修復・複製が可能な金属製の細胞群」でいいんでない?
ターミネーターならシュワちゃんタイプではなく液体金属の方かと。
5: オーバーテクナナシー 2007/05/22(火) 00:46:24 ID:nnLrh67I
>>4
でもそれは生命活動に類似した反応を見せる機械であって生命じゃないからな。
だからこそ最初にちゃんとした生命の定義づけをしないとロボット=生命ってところで論議が巻き起こる。
突き詰めていくと、ロボットは生命と成りうるか?と言うスレになってしまう。

まぁT-1000は分裂・合体は出来るけど、増殖は出来ないから定義としては生命に当てはまらないかもしれないけど。
6: オーバーテクナナシー 2007/05/23(水) 08:51:52 ID:gDVuqTXY
8: オーバーテクナナシー 2007/05/23(水) 17:54:34 ID:CIMNraA+
>>6
あくまで貝殻の補完だからな。根幹のたんぱく質の代替になるほどの物でもない。
7: オーバーテクナナシー 2007/05/23(水) 12:10:09 ID:WspYYHI7
金属結合でイオン結合みたいな事が出来るのかな
9: 初心者 2007/05/23(水) 20:02:32 ID:ZFTboUtw
コメント2の生命の定義は形状は何でも可!
自己で(仲間同士でも)増殖可能で他の生命のとのハイブリットも出来る。
知能もある事、寿命は不老不死でもOK。
10: 初心者 2007/05/23(水) 20:08:51 ID:ZFTboUtw
やっぱり生命としたら、ある程度の増殖と環境への即応性も考慮しないといけないのかなぁ…。
金属が主成分だと、多少環境が変動しても、形状が変化しないかなぁ…
11: オーバーテクナナシー 2007/05/23(水) 21:02:50 ID:WspYYHI7
金属で複製して増殖するのは難しいかなと…
たんぱく質に限らず有機系の分子は、分子内に電荷の揺らぎがあって、他の分子が水素結合やファンデルワールス力等で相互作用するけどねえ

金属結合の金属では原子の並びが問題になるけど、原子の種類や場所の選択性が難しい。
15: オーバーテクナナシー 2007/05/24(木) 23:51:37 ID:IuSyH1Hr
>>14
アラン・チューリングが生命の根本の遺伝子なる規則を予測したときに、数学モデルで生命が形を作る為の基本的なアルゴリズムが実際にどのようなパラメータがあれば具現化できるかを数学モデルで証明した
この基本構造があれば生命であるといってよいのではない?


アラン・チューリング※チューリングとは前世紀最高の数学者でもあり、大戦でドイツに勝利する原因(暗号解読器)を作った人でもある
またコンピュータの根本、ノイマン式のノイマンの学友でもあり、そのノイマン式はチューリングが発想したチューリングマシン(仮想)を具現化したものにすぎない。
さらに人工知能研究では最古の人でもありチューリングテストという名前は有名すぎる。
学問界のチューリング賞は、ノーベル賞に次ぎ有名な栄誉でもある。

遠まわしだが、具体的にいえば細胞構造と遺伝子が存在する固体を生命として、それは生まれたての卵のようなもの。
16: オーバーテクナナシー 2007/05/25(金) 01:19:07 ID:/byR2+x9
>>15
細胞構造や遺伝子というものが、自由電子に満ちた金属結合の世界では成立しないのではないかと思うんだよね。(俺自身は金属生命体は否定はしないが、冶金屋なので懐疑的かな)

何か大きなプラント施設を誰かが造って、自己修復や拡大していくのは有りだと思うが、それでも現状のコンピューターは、半導体という半金属に判断を機能を任せている。


ひとつの生命の中で、情報伝達をメカニカルに行うの良いのか、自由電子で行うのが良いのか…。
今の電子機器は、自由電子で情報伝達をすることが多いが、そういうものが、ある構造を目指して複製していく過程が思いつかん。
17: オーバーテクナナシー 2007/05/25(金) 01:40:45 ID:5zNY4pBK
細胞それ自体が新しい細胞を作るプラントであり、細胞の設計図(遺伝子)を持っている。
設計図の内容はランダムまたは外因によって変化する。

ここまで書いて気づいたが。金属生命を作ろうという流れの中では細胞は大きくてもいいと思う。
それこそでっかい工場を細胞にしてもいいような。
別に小さな細胞の集合体であることが生物の定義ではないし。


それと、人体に潜むミトコンドリアは生命の維持に重要な「細胞の一機関」と認識されているが、こいつらは人とは違う独自の遺伝子を持っていたりする。
これを踏まえると、本体とは遺伝的に異なる存在を機関の一部として取り込むことも認められるかもしれない。
18: 初心者 2007/05/25(金) 19:53:53 ID:nebgaI0t
こうなると生命の定義をしっかりしないとはっきりしないなぁ…。
例えば、太古の昔の生命の元型とされる物質は隕石等の隕鉄に水分が付着し、そこに宇宙空間に存在する化学物質が付着して膜のような状態を形成していたなんて説もあるし、これも考えた次第では金属生命ようなモノだろうし。
まあ、半金属生命かもしれないね…
22: 15 2007/05/25(金) 22:26:04 ID:jciwehL+
>>18
最小単位の細胞構造のある何かがあるだけではなく、それが集団で複雑なマクロ構造を実現できるかという話になる。
遺伝子はこのマクロ構造を実現するために存在するという話だろう。
マクロ構造は単なる基本モデルを拡大したものではなく、フラクタルのように基本モデルから派生した性質が必要だろう。
これは遺伝子が何か意味を生み出す元という根元になりえる。

生命は生まれ、命となる。生まれるのは卵から、それは単細胞から
そこから自己複製を行い多様性を富むマクロ的な形を生み出せるもの。
それが生命という定義でよいのではないか?


つまり細胞分裂前の卵は生まれる前の生命、細胞分裂中は生まれる
過程これは進化の過程を過ぎる変形を伴い、最終的に目的の生命の形へ成形する。これこそ命という概念じゃないだろうか?
23: オーバーテクナナシー 2007/05/26(土) 01:13:00 ID:9AHCl8gf
>>22
金属の場合、マクロ構造というのがあまり無いし、構造を変える要因も元素種類と温度と歪位かな(磁性が含まれr場合もある)。
フラクタルでは凝固組織でデンドライト(樹枝状晶)とかは有るのだけど…
生命を生み出すには、金属ってシンプルすぎると思う。
24: オーバーテクナナシー 2007/05/26(土) 02:45:36 ID:J+86osnX
生物が細胞で構成されなきゃいけないと決まったわけでも無し
フラクタル図形
管理人より:緑枠さんすっ飛ばしてますね。全体と細部が延々と似通ってる式の図形または構造のことを「フラクタル」と呼びます。
25: オーバーテクナナシー 2007/05/26(土) 20:16:15 ID:tQfc9NZ2
虫や貝の外骨格は基本カルシウムだから、カルシウムの代りに鉄やアルミの殻もっててもいいと思うんだが…これって金属生命体じゃない?
26: オーバーテクナナシー 2007/05/26(土) 20:23:59 ID:J+86osnX
外骨格は分泌物であって本体じゃねーしな
27: オーバーテクナナシー 2007/05/26(土) 20:26:27 ID:WJWbqgtJ
チトクロームには鉄、クロロフィルにはマグネシウムなど酵素や蛋白質にも金属が使われてるが、こういう話ではない?
28: オーバーテクナナシー 2007/05/26(土) 20:51:26 ID:9AHCl8gf
厳密に言うとカルシウム(Ca)は、金属元素。
酸素と反応しやすいから金属カルシウムは油の中に入れて保存する。
Ca原子同士は金属結合で結合している。

貝殻などは炭酸カルシウム(CaCO3)が主成分。
Caはイオン結合で炭酸イオンに結びついている。


カルシウムといっても、炭酸カルシウムの事だったりと色々業界で違ったりする。
29: オーバーテクナナシー 2007/05/26(土) 20:54:26 ID:Eu8rHgAW
「金属元素」を使う例なら幾らでもあるんで、スレ的にはせめて「金属」を使って欲しいところかと。
31: オーバーテクナナシー 2007/05/27(日) 11:25:16 ID:7LlzrTw/
地球の核なんかの金属の海の中で超高温超高圧下の化学反応で生きる生物とかもいるんだろうけど、まだ完全に妄想の産物だしなあ。
33: オーバーテクナナシー 2007/05/28(月) 01:07:42 ID:M60eL8sO
純粋に金属だけの金属生命体ならば、液体状の金属で循環するものでないと構造や仕組みができる可能性は少ないだろう
しかし金属のみという条件は>>1の主旨とは思えない。
体の主になる部分が金属となしていると考えるのが妥当ではないか?
35: 初心者 2007/05/28(月) 19:35:11 ID:ONtmpl2L
いやああ…コメントをくれる皆様のレベルが高くて面白よ。スゲ…。
もしかしてもしかしてだけど、電子サイズのナノマシンが集合して、金属の性質を持つ原子サイズの集合体が集合出来た生命も金属生命体とは…言えないか…
それじゃあ、機械だもんね。
38: オーバーテクナナシー 2007/05/28(月) 20:40:15 ID:F1qZJ0fF
>>35
ちょっと突っ込んでみると、電子サイズのナノマシンは有り得ない。
電子はナノサイズではないし、電子だけで何かを造る事も出来ない。
その後の文も少し問題があるが…(気にさわったらすまん)

細胞が生命の要件かどうかは判らないが、フラクタルな構造やマクロな構造を金属結合(金属元素)で自然に造る条件が難しい。
自己複製が出来そうな機構・現象が無いかなと…。

金属生命を想像するには、なにかひと工夫欲しい。
42: オーバーテクナナシー 2007/05/29(火) 07:16:27 ID:K/xMMgFF
セントラル・ドグマとパシフィック・ドグマ?
金属原子で炭素のような多様な化合物が作れないと成長や生殖って難しいと思う。


>>38
2年くらい前だったかなぁ…日経サイエンスに生命体は永存可能かとかって記事が載っていて、宇宙論的未来にはエネルギーとして利用可能な恒星はおろかブラックホールですら蒸発してしまうから、電子だけで生命や情報と言ったものを構成しないといけないだろう、てな予想というか提言が載っていたよ。
一体どうすればいいのか想像すら出来ないけどね。
セントラルドグマの概念図
管理人より:「ドグマ」というのは宗教の「教義」という意味なのですが、生物学でいう「セントラルドグマ」とは、DNAがポリメラーゼによって複製され、それがRNAによって転写され、それがリボゾームに結合してタンパク質ができ…といった一連の流れが、全ての生物に共通する基本原理だ、という考え方。
「パシフィックドグマ」は、セントラルドグマに相当する自己複製を無機物で行う場合の(架空の)概念。
43: オーバーテクナナシー 2007/05/29(火) 10:21:40 ID:5Y1L6yT3
>>42
金属状態でと金属原子では意味が違い、このスレでは金属状態での生命と考えているものが多い。
金属原始の化合物で生命を作れてもおかしくないだろ?
これは「作る」ということであり、生まれ育つの意味ではない。
また「生命」の定義も誇張や思い込みの範囲になる。
金属状態であるのであれば、成長とは結晶の成長のような原理が多様性を生むかという話になるのではないだろうか?


地球にいる現状生物が体内に金属原子を多く含む状態で(7割とか)で現存できる可能性は否定できないと思う。
しかしこれは金属ではなく、化合物=骨のような状態であって金属状態とはいえない。代謝後に金属状態になる可能性はあるが。
49: オーバーテクナナシー 2007/05/29(火) 22:26:04 ID:txlWwfXq
>>42
金属で炭素の様な多様な化合物は難しいし、生物として考えるとあまり意味が無いかな…
化合物というか色々な金属元素を混ぜて多種の金属(合金)を作ることは出来る。
しかし、共有結合の炭素化合物やイオン結合の物質と違って、金属結合の金属は、自由電子が全体に均一に分布していて電荷に揺らぎが無いから、生命活動の様な、多様性とある構造を保ったままの成長や複製を難しくしてるんだよなあ。


ロボットやナノマシンというのも有りだとは思うけど、それには創造主が要るんだよな…
37: オーバーテクナナシー 2007/05/28(月) 20:11:46 ID:mY8y+dFR
自己を複製できる化合物が生命体なら、極端な話、ターミネーターが自分の体の材料を集めてきて、自分と同じタイプのターミネーターを作ればもうりっぱな生命体なんじゃないか?

ターミネーターというロボットが一つの巨大な単細胞生物と見るのもありじゃないか?
39: オーバーテクナナシー 2007/05/29(火) 02:21:51 ID:nJVZ/3gT
>>37
それでも金属生命体と認めてくれるなら実現はぐっと楽になるがな
41: オーバーテクナナシー 2007/05/29(火) 07:08:39 ID:5Y1L6yT3
スタートレックのボーグ技術はナノロボットが同化した生命体の金属部分を自動的に作り出す技術です。
ボーグ
管理人より:「ボーグ」はスタートレックシリーズに出てくる機械化生命体で、ナノテクを駆使してありとあらゆる有機生命体を自分たちの統合意識へと「同化」しちゃう種族。有機体は本体じゃなくて、「目につけるやつ」とかが本体!
44: オーバーテクナナシー 2007/05/29(火) 13:05:35 ID:nJVZ/3gT
工場のラインをリボソーム、所属する採集ロボットや保守ロボットを酵素、ロボットやラインの設計図を持つコンピュータを核と見なしても良いなら簡単
更に、大型化することによって環境に合わせてロボットの設計を目的論的に変更できるメリットもつくぞ
45: オーバーテクナナシー 2007/05/29(火) 19:35:41 ID:rToZjZxW
金属で化学反応の連続になる自然な生物は無理だろ。
自己増殖機能を持ったロボットじゃないの?
46: オーバーテクナナシー 2007/05/29(火) 20:04:20 ID:8S8KAqkR
生物の定義は難しいな。
生理代謝をして自己増殖をし、長い時間を掛けないと変化に乏しい恒常性がある反面、たまに急激な変異性を持つ脆弱性を持つ。


個人的にはこんな感じでどうですかね。意識の定義はもっと難しいけど。
48: 初心者 2007/05/29(火) 20:55:24 ID:x8Hh/Ls6
なるほどなぁ…38のコメ
全然OK。そういう意見が聞きたかったありがとう。
42のコメは少しだけ小耳の挟んだ事がある。
そもそも生命と定義される存在はあやふやな事が多いか。
44のコメでは惑星サイズになっても生命といえるなぁ
じゃあ、中間、つまりハイブリットの位置からではどうなりますか?
50: オーバーテクナナシー 2007/05/29(火) 22:32:04 ID:5Y1L6yT3
>惑星サイズになっても生命といえるなぁ
惑星単位でコピーして、コピーだと結晶の成長と大差ないね。
人間もクローンで完全なコピーができたとして、人間は生命だろうが、完全なクローンだけの社会は生命の社会とはいえないようにみえるが。

命には多様性を示す力があるはず。

このポイントが重要だとおもわれ。
なぜなら作られたものは環境の変化に対応できず滅亡するだけ。
神が作った命とは、どのような環境にでも適応できる柔軟性と無限の進化の可能性を含んでいる命だとおもう。
51: オーバーテクナナシー 2007/05/29(火) 23:15:42 ID:nJVZ/3gT
生命は無限の進化の可能性なんて備えていないし、概ね全ての種は絶滅するんだが
54: オーバーテクナナシー 2007/05/30(水) 00:08:40 ID:ym7ZLC0g
>>51
種の絶滅であって、生命全体の絶滅ではないでしょう。
種が分かれるのも多様性の1つ。
「可能性」はそれが不可能と証明できなければ可能性があるといえるのでは?
59: オーバーテクナナシー 2007/05/30(水) 17:40:53 ID:352skjzg
現代人も見方によっては「社会という生物を構成する細胞」になっているからなぁ。
もし生命の定義についてまったく異なる文化を持つ宇宙人が人類を見たら、こんなふうな線引きをするかもしれない。
とりあえず定義を明確にしないと話にならないぜ。


ぱっと思いつくキーワードは
・自然発生は可能か
・多様性を持つか(自然淘汰による進化が可能か)
・自己の修復は可能か
60: オーバーテクナナシー 2007/05/30(水) 18:16:39 ID:bcNTGTao
>>59
それほど高度に完成された社会は脊椎動物は作ったことがないけどね。
社会を個体と言えるほどに完成された社会を持つのはシロアリくらいだ
62: オーバーテクナナシー 2007/06/01(金) 09:18:50 ID:gO7ET0h4
金属原子が常に金属ではなく、金属の特徴をもつものが金属ですね。
木星の核の層では液体水素が金属となって存在している。
スレ的には、普通の金属じゃない金属でできた生命というのが妥当な方向ですな。
63: 初心者 2007/06/02(土) 10:14:10 ID:eaT2qMoA
いやはや。皆様凄いです。
勉強になります。
単一の金属では金属が安定化して生命の部材としては適していないか…。

62の考えは斬新で面白いです。
じゃあ、自分達の世界に生命がその形状と構造、使用を備えたまま、構築している物質が金属類に変換される事は可能なのでしょうか?
64: オーバーテクナナシー 2007/06/02(土) 12:01:42 ID:DBEoeDJ6
それは自動車のエンジンが機能や形状を保ったまま木製の物に置き換えられるかどうか、と同じくらい答えがはっきりした質問だな
69: オーバーテクナナシー 2007/06/02(土) 18:05:06 ID:RrCsATn1
>>63
金属が”安定化”して生命の部材として適していないのではなく、金属結合という原子の結合が、均一的過ぎて生命の様な複雑な構造を持つには向いていないという方が良いかな
70: オーバーテクナナシー 2007/06/02(土) 21:16:42 ID:oXgIBXfR
>>63
物資によって性質が違う以上そのままって事はない。

ただの構造物なら、例えば木材の柱を鉄骨に置き変えるのは造作も無いが、ガソリンの代わりに水銀を入れた車は動かない。
67: オーバーテクナナシー 2007/06/02(土) 17:48:55 ID:Eq9c8p/N
金属生命じゃないが、鉄の鱗と殻を持つ貝みたいな深海生物がこの前発見されてたな。
68: オーバーテクナナシー 2007/06/02(土) 18:00:44 ID:DBEoeDJ6
それをいうなら我々だってカルシウムの骨格を持つ生物だし
72: オーバーテクナナシー 2007/06/02(土) 23:39:09 ID:RrCsATn1
人体の骨のカルシウムは、主成分がリン酸カルシウムで、金属元素であるカルシウムがイオン化してリン酸とイオン結合している。
このような場合、カルシウムは、金属元素ではあるけれど、金属結合して自由電子を持っている訳ではないので金属とは言えない。
73: オーバーテクナナシー 2007/06/03(日) 00:21:23 ID:dWEec/CA
それは今度発見された貝にしても同じ事だわさ
74: オーバーテクナナシー 2007/06/03(日) 00:42:26 ID:UGnLqLFa
人間の身体も一部が金属元素を持ってたり、部位によってアルカリだったり酸性だったりするのだから、金属生命体も構造体の中に非金属を使った仕組みを持っていてもいいんでないか?

エンジンは金属でもガソリンは金属ではない。
79: オーバーテクナナシー 2007/06/05(火) 20:14:46 ID:xI5vO1Ae
やっぱり電気じゃないかな。内燃機関だと周囲に有機生命がいないと燃料得られないしw

何者かに作られた工場がその付属施設やロボットも含めて一つの個体として活動するのが一番想像しやすいんだけどなぁ…
蟻塚=工場
生産ライン=王蟻と女王蟻
採掘や工場の建設用のロボット=働き蟻
防衛用のロボット=兵蟻

といった形での分業。
81: オーバーテクナナシー 2007/06/08(金) 13:24:24 ID:uixKGBwa
宇宙が今より高温だった頃なら金属を多く体に含む生物も発生したのではないかな。
82: オーバーテクナナシー 2007/06/08(金) 14:30:18 ID:izWVJVfg
>>81
常温で液体の金属は水銀(Hg)だけだからね。
常温だとイオンの形で取り込んで電気化学的に酸化還元するのが普通かな
84: オーバーテクナナシー 2007/06/08(金) 19:34:10 ID:DDc//3PF
我々が言う「常温」「室温」は中緯度地域の地球の常温だがw
87: オーバーテクナナシー 2007/06/08(金) 20:19:12 ID:cRHkB5ac
現時点での宇宙論や恒星の進化に関する理論を信じればだけど、鉄より重い原子は恒星が超新星爆発した際の超高温超高圧状態で作られたって事になってますな、確かに。
88: オーバーテクナナシー 2007/06/08(金) 20:58:26 ID:DDc//3PF
寿命が数千万年程度の恒星が、出来ては爆発できては爆発を繰り返して重い元素が多くなった、という理論だから
89: 初心者 2007/06/10(日) 19:10:45 ID:TLPThlJN
では、もしもしのレベルですが…。
金属生命は今の人型サイズではなく。超超が付くほど、曖昧ですが、地球や太陽といったモノが金属生命ではないでしょうか?
もろに間違っているような気がビンビンにしますが…
どうぞ、ご意見をお願い致します
90: オーバーテクナナシー 2007/06/10(日) 19:26:51 ID:HQlh4v5L
地球も太陽も我々の身体程度しか金属原子を含んでいませんが

案の定「生命」の定義で右往左往する未来技術板。類似スレはこちらなど。
「生命とはなんぞや?」というテーマは専門家の間でも意見の揺れるところで、前世紀から続く難しい議論があるわけですから、まぁなかなかね。

バクテリオファージ
こういうバクテリオファージみたいに、自己複製はするが単体では複製しないウイルスをどう扱うのか?これは生命なのか、そうではないのか?という点がなんか一番意見が割れるぽいのですが、»1さんは「なんでもオッケー!」ってことにしちゃったので、工場でも生命!惑星でも生命!社会だって生命!…ってことになりかねないし、やっぱりそうなった当該スレ。残念。

金属生命体というと、なんだか頑丈そうだし、永続性も高そうに感じますよね。ひょっとしたら不老不死かも。それに引き換え我々人類の脆弱さよ…。
人間をはじめ、高等生物はだいたい硬い芯(骨)を持ち、柔らかい臓器や皮膚や筋肉でもってこれを覆っているわけですが、なぜこのような構造になっちゃったのか?という点をまず考えなくてはならないですね。

よく言われる点は、柔らかい=脆弱ではない!…という点。
硬いと頑丈そうですが、同時に割れやすく、砕けやすいというのがあります。砕けた硬い外骨格というのは、修復も難しそう…。

硬いというのは「安定している」と言えるのですが、同時に「柔軟性がない」とも言える。
人間のように複雑かつ柔軟な関節構造は、硬い外骨格を持っていたら実現できないため、昆虫が大きくなれなかった理由のひとつとされてますね。
昆虫のような細い足&外骨格だと、大きくなると自重に耐えきれない。
外骨格が金属だと、スターウォーズのC-3POみたいにぎこちない動きになってしまうかも。だからわたくし申し上げましたのに!

管理人は、もし金属生命体がいるとすると、ガラスみたいに粘性の高い、常温で液体の金属でできてんじゃないかなぁ?と思うんですよ。
新陳代謝がどうなってるか知りませんが、自己複製はするんだけど、そのタイムスパンが超ながあ~い!!…とかね?
なるだけ手足とかはないほうが修復も簡単そうだし…と考えると、傍目には全然動いてるように見えなくても、何百年単位でゆ~っくり動くメタルスライムみたいな、そんな感じになるのではないかと思います。そんな彼らがあいさつをしようものなら、なんと3千年もかかってしまう!…ということならおもしろいですけどね、ンフフフフ。

リチャード・スタインホープトップ絵はリチャード・スタインホープというひとのメタル・ワイヤー・アート(?)より。(画像こちら
「コブラ」に出てくるアンドロイドの「レディ」みたいで非常にイカす。「トップ絵が美女」にしておきました。

ジル・ブルーヴェルもう1個いいのがあって、どっちにしようか迷いました。これはジル・ブルーヴェルというひとのメタル風彫刻作品。
これもイカす!(画像こちら

いつものやつ!:ちょと明日更新できないかもしれません…。できたらやります!
Newton 生命とは何か
Newton 生命とは何か
posted with amazlet at 18.08.27
株式会社ニュートンプレス (2015-11-27)
売り上げランキング: 131,483



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.8.28 21:32
    トランスフォーマーAとトランスフォーマーBが精子的な何かと卵子的な何かを合わせる事で、トランスフォーマAの設計図とトランスフォーマーBの設計図を融合してバランスをとったトランスフォーマーCが生まれ
    このトランスフォーマーCも自分で考える知能と精子的な何かまたは、卵子的な何かを所持していて、人類のように繁殖ができるのであれば
    普通に金属でできた生命体なのでは?
    ロボットだからオスメス無く、一人で子供うめるだろうけどさ
    自立した人口知能もった子供をつくれたらもう生命体じゃね?
    人間の脳ってさ、生体でできたコンピューターじゃね?
    1ペタバイトの容量のハードディスクと何が違うんだ?
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.8.28 22:45
    人形使い「その質問は滑稽だ。きみたち人間は、生命とは何かを定義できていない」
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.8.29 7:45
    RNAウイルスは生命じゃないでしょ?
    DNAとRNAの両方を持ってないと生命じゃないんじゃない?

    DNAとRNAを金属で作れるか、というとできなくは無い気がするけど。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.8.29 21:43
    資源採掘から輸送製造研究開発全てオートメーション化した持続可能システムは生命といえるのかどうか。未来の二つの顔のスパルタクスの構築したシステムは生命といえるか。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.8.30 1:25
    CPUの中にある情報を生命と定義出来ないか?
    コピーも出来るしウイルスに感染して変化現れるし
    遺伝子情報が生命の定義ならプログラムも生命とみなしても良さそうだけど

    まぁ人間が滅びてもAI搭載のロボットが宇宙を目指すだろ
    • ※6 : ワイルドブラスト
    • 2018.8.30 3:41
    ゾイドだな!
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.8.30 10:16
    今は架空時代小説一辺倒になったけど、生粋のSF屋だった横田順也の発想
    「機械生命体の進化って、原始の世界ではネジとか蝶番とかゼンマイとかの部品単体みたいなのが海の中で泳いでたのが、だんだんと合体したり組み合わさったりして恐竜並みに大きくなったり、全体に光ファイバーが走る巨大な樹木の森みたいになって、それが進んでそのうちゼビウスみたいに機械でできたピラミッドの周りを、戦闘機とか戦車がウロウロする世界ができるたら面白いな」って
    原始の海を機械部品がウヨウヨ泳いでる姿ってのは、ぜひ昔風の挿絵で再現して欲しいな
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.8.30 12:53
    んもう、管理人ったらすっかり勤続生命体なんだから♥

    2週間位まとめて有休取って、海外美術館巡りすればいいのに…
    • >※8
      んふふ、勤続生命体w
      管理人の会社はブラックですから、「有給」とか「残業手当」とかそういうハイカラは言葉はよくわからん!てことだそうです。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.8.30 18:13
    自律修復増殖学習機能を持つ完成度MAXアンドロイドが完成したのであれば、それは金属珪素生物と呼べるのではないかと。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.9.1 12:43
    惑星サイズで超長時間の運動性と考えると実現できそう
    単為生殖とか分裂みたく遺伝的多様性に乏しいのも多いから多様性はそこまで拘らなくていいかもしれない
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.9.5 20:34
    >こういうバクテリオファージみたいに、自己複製はするが単体では複製しないウイルスをどう扱うのか?これは生命なのか、そうではないのか?という点がなんか一番意見が割れるぽいのです
    気になるところですが、それを言えば地球に住む我々も太陽、地球が無かったら
    やがて生存は難しいことになると思うので気にしないほうが良いかと思います
    生命であるとは虚数を扱うことなんだろうと個人的に思います
    • ※13 : ※12
    • 2018.9.5 20:36
    >こういうバクテリオファージみたいに、自己複製はするが単体では複製しないウイルスをどう扱
    >うのか?これは生命なのか、そうではないのか?という点がなんか一番意見が割れるぽいのです

    気になるところですが、それを言えば地球に住む我々も太陽、地球が無かったら
    やがて生存は難しいことになると思うので気にしないほうが良いかと思います
    生命であるとは虚数を扱うことなんだろうと個人的に思います

    分りにくくて修正しました
    • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.9.18 14:12
    アストロガンガー
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。