人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

人体を構成する物質は数年で全て入れ替わっている @ [哲学板]


人体を構成する物質は数年で全て入れ替わっている
1: 考える名無しさん 2011/11/01 20:24:54
となると「自己」を規定する要素とは一体何になるのか
2: 考える名無しさん 2011/11/01 20:50:59
DNA
45: 考える名無しさん 2011/12/12 00:21:18
>>2で終わっとる
3: 犬丸 ◆MRCYWQz4rc 2011/11/01 20:55:38
なるほど、転向はDNAがからんでたのか~
4: 考える名無しさん 2011/11/01 21:18:31
7年ごと。
5: 考える名無しさん 2011/11/01 21:23:08
動物だとどれくらい?
6: 犬丸 ◆MRCYWQz4rc 2011/11/01 21:33:03
細胞毎で違うんだよ、30日ぐらいで入れ替わる細胞もある、って見たことある。
遅い細胞でも90日ぐらいじゃないの?
7: 考える名無しさん 2011/11/02 01:31:46
でも脳細胞は入れ替わってないよ
9: 考える名無しさん 2011/11/02 02:04:25
>>7
分子、原子といったミクロなレベルでは脳細胞や神経細胞も例外ではないみたいだよ
ただし神経細胞のDNAだけは入れ替わりが起こらないみたいだ
95: 考える名無しさん 2013/01/22 02:19:40
>>9
やはり、よく引き合いに出されるこの動的平衡論なるものには例外があったのだな!
となれば、他にも穴がありそうであるな。
10: 考える名無しさん 2011/11/02 13:42:00
同一性の問題はむずかしいね
テセウスの船とかあるけど
テセウスの船 (Wikipedia) テセウスの船(テセウスのふね、英: Ship of Theseus)はパラドックスの1つであり、テセウスのパラドックスとも呼ばれる。ある物体(オブジェクト)の全ての構成要素(部品)が置き換えられたとき、基本的に同じであると言えるのか、という問題である。
11: 考える名無しさん 2011/11/02 22:25:02
細胞が入れ替わっても情報は保存される。つまり、同じ情報を持った組織が作られるから自分が別人になったとは感じないということかな。
12: 第四の波平 2011/11/02 23:22:12
とにかくですね僕は思うのですよ物事はもっと複雑だって
15: 考える名無しさん 2011/11/04 00:28:01
スレタイ'全て'はいいすぎ。
吸収、分解されない物質は事実存在しているからね。まあ、これはどうでもいい。

腕は腕。骨は骨。
それは事実。

東京タワーは東京タワーでないか?

確かに今の東京タワーは数年前と比べ、錆など多少の差異はあるかもしれない。
でも、大きくは同一。
というか、どちらもどう考えたって東京タワー。明らか。


力不足でうまく表現できないけど、
こういう問いは根本的におかしいなと思うよ。
16: 考える名無しさん 2011/11/04 01:25:49
>>15
吸収、分解されない物質って具体的にどれですか?
17: 考える名無しさん 2011/11/04 02:07:41
>>15
素人にありがちな見解でわろた
19: 考える名無しさん 2011/11/04 10:50:22
記憶が保存されていても、
スワンプマンは同一人物とはおもえない

スワンプマン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%B9%E3%AF%E3%B3%E3%97%E3%9E%E3%B3
スワンプマン (Wikipedia) スワンプマン(Swampman)とは、1987年にアメリカの哲学者ドナルド・デイヴィッドソンが考案した思考実験。「私とは何か」といった同一性やアイデンティティーの問題を考えるのに使われる。スワンプマンとは沼 (Swamp) の男 (man) という意味の英語。
思考実験の詳細
ある男がハイキングに出かける。道中、この男は不運にも沼のそばで、突然 雷に打たれて死んでしまう。その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばの沼へと落ちた。なんという偶然か、この落雷は沼の汚泥と化学反応を引き起こし、死んだ男と全く同一、同質形状の生成物を生み出してしまう。
この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマン(沼男)と言う。スワンプマンは原子レベルで、死ぬ直前の男と全く同一の構造を呈しており、見かけも全く同一である。もちろん脳の状態(落雷によって死んだ男の生前の脳の状態)も完全なるコピーであることから、記憶も知識も全く同一であるように見える[1]。沼を後にしたスワンプマンは、死ぬ直前の男の姿でスタスタと街に帰っていく。そして死んだ男がかつて住んでいた部屋のドアを開け、死んだ男の家族に電話をし、死んだ男が読んでいた本の続きを読みふけりながら、眠りにつく。そして翌朝、死んだ男が通っていた職場へと出勤していく。
20: 15 2011/11/04 13:00:05
素人にありがちといいました。
実は、僕が言いたいのはその逆でありまして
こういう問いは
凝り固まった哲学的思考からくる馬鹿馬鹿かしい問い(問いとしても不十分)なのではないか?という事です。


変わらない物質
多くの結晶は分子的にも変わりません。
大分前ですが母は手術でガラスを抜き取りました。
22: 考える名無しさん 2011/11/04 17:22:30
ガラスとは何かな?
それを考えてみようw
25: 考える名無しさん 2011/11/04 22:13:14
>>1
脳も全部入れ替わってるの?
自分を自分だと考えてるのは脳なんだろうから
脳が入れ替わらない限り自分は自分なんじゃない?
27: 考える名無しさん 2011/11/06 05:21:24
>>25
脳細胞自体はそのままだがそれを構成する分子・原子は常に入れ替わっている
30: 考える名無しさん 2011/11/06 21:38:54
>>27
>>1
脳も体も全部入れ替わってるのなら、
自分を決めてるのは自分じゃなくて、自分以外、
つまり周りって事なんじゃない?
28: ラプラスの天使 ◆daemontaDA 2011/11/06 18:24:17
>>1
哲学スレでなに言ってるんだwそんなもん瞬殺だろw

記憶だろ記憶、記憶と思想・主義だな

まぁ思想・主義は記憶と生理現象がベースになってるだろう

古い話えいえば、あとはミームかww
39: 考える名無しさん 2011/12/04 12:38:08
俺クラスになると人間を見て人間を大きく4種類、
細かく26種類の性格にわけ、さらにその人間に関して3125通りのうちの一つに分類する

この話をした時のドン引き度は異常なので絶対しないようにしてる
普段接する上では感覚で4分のみ、その人と深く関わる際には3125までやる
参考程度にやって後はしっかり話してみないとわかんない
40: 考える名無しさん 2011/12/04 12:38:42
就職とかのときに性格検査するじゃん
あれを二つほど細かく知ってるだけ
結果を見れば大体4分割に出来るんだよ
簡単にいうと
1行動力あるわがままカリスマ 10%
2熟考の理屈屋ひとりぼっち 15%
3温和協調の無害 15
4引っ込み思案の大衆 60
って感じ 日本人はほぼ4
俺は3番
ほんとはちゃんと名前あるだろうけど覚えてない
細かく分けると25だか26に別れる
所詮俺の妄想なわけだし相手のことちゃんと知らないと意味ないけど
先入観は持たずにすることに務めてる
心理学者とかなら分析の種類ももっと分けれるんじゃないかな
48: 考える名無しさん 2011/12/13 18:20:18
「自己」を規定する要素は定義じゃないか。

http://www.astem.or.jp/kyo-nano/memo/no201.htm
自己組織化する「力」は何かってことと自己とする組織をどこで区切るかってことと。
皮膚の内とか外とかの中で自己とは何なのか…皮膚の外にある体から分離されたDNAは自己なのか…
記憶自体は自己なのか…そもそも「自己」とは言葉なのか概念なのか物質なのか…
55: 考える名無しさん 2011/12/13 20:00:51
全身を構成する物質が全て無機物だとしても心はあるのか?魂は?
59: 考える名無しさん 2011/12/16 18:48:51
人間の肉体を構成する物は有機物だろうが無機物だろうが物でしかない。

物事の即物的能力はその肉体でのみ決定するため、人間を定義するのは生物学的分類でしかない。

さらに、人間が他の動物より優れている肉体的な能力など何も無いために、人間は他の動物と何ら変わらない。


しかし、その上で人間を人間たらしめるのは「常に我々は観測主体である」と言うことである。

人間の文化の上で人間を定義するならば、それは即ち自分本位の考えにすがるしかないのである。


つまり俺らが「人間」という括りに固執する限り、俺らはプロタゴラスを馬鹿に出来ないのである。
68: 考える名無しさん 2012/01/30 01:15:51
すれちだと思うが気になったこと
あり得ない話だと言われるとそれまでなんだが
もし、今この瞬間で自分を構成するDNAの物質や位置までスキャンして、違う場所でまったく同じものを作ると記憶や性格まで同じやつになるのだろうか
70: 考える名無しさん 2012/01/31 15:57:29
>>68
場所が違ったらダメなんじゃね?
73: 考える名無しさん 2012/03/17 15:28:53
>>70
時間も違ったらダメだな
69: 考える名無しさん 2012/01/30 05:25:28
DNAだけじゃ駄目だけど、量子全てを再現したらそうなるんじゃないですかね。
現実には無理ですけど(不確定性原理)
不確定性原理 (哲学的な何か、あと科学とか) 量子力学には、一見すると奇異な「観測至上主義」的な見方がある。
「いいですか?電子のようなミクロの物質は、観測されて初めて、位置や運動量が決定されるのです!観測されないときに、電子が、どの位置にあるかとか、どういう運動しているかなんて、言ってはいけないのです。観測していないとき、電子の位置と運動量は、本当に『不確定』で決まっていないのです!」
これが量子力学の考え方だ。ようは「だって、観測してねぇんだから、位置も運動量もへったくれもねぇんだよ!決まってねぇんだよ!」という話だ。
74: 考える名無しさん 2012/04/08 03:11:31
量子ではなく場の方が自己の意識が投影されている。
自己の意識とは物ではない心でもない、自身で感じてはいるが他者からは決して感じられないものだ。
79: 考える名無しさん 2012/04/28 23:23:59
>>1
自我が自己と認識出来る事

先に自己があるからそこに自我が発生するのではない
自我があるからこそ自己を規定できるのである

早い話がただの錯覚に過ぎない
例えば、あるロボットからある人間へ五感の全てを転送したならば
その人間はロボットの体を自己と認識するに違いない
80: 考える名無しさん 2012/04/28 23:40:09
肉体と精神で考えれば精神は後発的なもんだろ
人間が「吾」を認識するのは立ち歩きする頃からだろう
81: 考える名無しさん 2012/04/28 23:55:04
無論そうだが、論点がズレている
精神=自我ではない
例えば、五感が全て閉ざされた人間には精神はあっても自我は無い
周りの世界を感知する手段が無いのだから、世界と自分を切り分けることが出来ない
よって、自己を規定することも出来ない
82: 考える名無しさん 2012/04/29 00:04:07
五感が全て閉ざされたら精神も自我も現われないのではないのかな
植物人間と脳死は厳然と違う
83: 考える名無しさん 2012/04/29 00:46:28
ふむ、俺が余計な事言ったせいで更に論点がズレてしまったな。すまない

無論、肉体が無ければ精神は発生しないが
その精神が発生源の肉体を「自己」と認識するとは限らない
この説明で分かるだろうか?
つまり、人体を構成する物質と自己の規定は基本的に関係無い
85: 考える名無しさん 2012/04/29 22:41:53
>>83
そこまで言い切れるモンかな
自己の存続に肉体は不可欠である以上、「自己」の規定に肉体の在り様が不可分と思う
少なくとも肉体の在り様は、自己の規定に制約ないし前提を課すだろう
86: 考える名無しさん 2012/04/30 09:33:22
記憶は情報
魂は関係性
106: 考える名無しさん 2013/04/21 06:20:30
精神は常に変化しているが、物質ではないので入れ替わっているという表現を使わないだけである。

元スレ:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/philo/1320146694/

人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.15 15:23
    他のスレみ見たらこのスレの案内が出ていてついつい書いちゃいました。
    このブログ面白いですねー!
    細胞レベルでは3ヶ月で総入れ替えって聞きました。
    • あらあら、こんな初期の穴埋め記事までわざわざようこそ。
      他スレで出てたんですか?なんにせよ、お暇な時でもまたどうぞ~
      それにしても3ヶ月とはなかなかのハイペースですね…
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2015.7.20 21:05
    ※1の続き
    癌が数ヶ月で消えてお医者さんもビックリなんて話も
    3ヶ月で総入れ替えなら納得出来るんだよね。
    余命3ヶ月でも希望が持てる。
    新薬の臨床試験ってそういうサイクルに基づいているんだろうか?
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。