人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

欧米の植民地支配は本当に残酷だったのか @ [日本近代史板]


欧米の植民地支配は本当に残酷だったのか @ [日本近代史板]
1: スクールキラー激励委員会 2011/08/18(木) 12:01:51.53 ID:DhXMb4U20
実際豊かで人道的だったんですよ
2: スクールキラー激励委員会 2011/08/18(木) 12:03:10.46 ID:DhXMb4U20
例えばマレーやフィリピンなど、豊かだったので日本からどんどん移民してましたしね…
3: スクールキラー激励委員会 2011/08/18(木) 12:08:47.74 ID:DhXMb4U20
せっかくアジアの人たちが植民地下で豊かに生活しているのに、侵略していった日本は平和を乱す殺人集団ですよね。
とんでもない悪だと僕は思うのです


そもそも、インドネシアだって370年間もオランダの植民地だったわけです
ってことは、日本軍がやったことは370年前の国に戻せってことでしょう
これって頭おかしいと想いませんか?今更、370年前に戻せとか、、、
じゃぁ沖縄や北海道を戻せよって感じ。
っていうか当時から370年前は日本は室町時代なんだから、足利家に領土戻せって感じですよ…

もう植民地侵略も終わり、平和なアジアを脅かした日本は絶対に悪だよ
植民地侵略は1500年から1800年代くらいで終了。そっから欧米は侵略戦争もせず、アジアの民も平和に成り立っていた。
それを日本が、1940年代から150年、200年、300年前の国に戻せとか戦争しかけるとか頭おかしい…
じゃぁ日本も1600年代に戻せよって…北海道や沖縄も戻せよ
19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/23(火) 04:35:59.58 ID:L0AIcR69i
>>3
26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/23(火) 15:29:44.66 ID:Y1ZUqkUnO
>>3
もうどこをどうつっこんでいいのか…
5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/19(金) 15:47:22.43 ID:yhYsK3dP0
香港やシンガポールは先進都市
6: スクールキラー激励委員会 2011/08/19(金) 16:07:49.64 ID:Rnzc0O3N0
欧米の植民地政策によりアジアはインフラ、教育を施して豊かになった
7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/20(土) 12:51:25.75 ID:toGGTqdK0
西洋的な石造りの街並みは美しい
8: スクールキラー激励委員会 2011/08/20(土) 15:48:37.82 ID:7mQQlf1a0
>>7
インドとかも都市部以外は明らかに50年前のほうがよかったりする
9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/21(日) 13:30:21.63 ID:fiBKAMM00
地域によってはかなり豊かだったのは確かっぽいね
蘭印に視察に行った日本人(誰か忘れた)がインフラは日本と同等・あるいはそれ以上との報告をしてる
ただ、現地人は被差別意識は感じていたようだ
10: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/21(日) 21:34:03.29 ID:0QCkINfs0
アフリカはどこもダメ
11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/22(月) 10:12:39.94 ID:iOykB9Uj0
まあ欧米にしろ日本にしろ、植民地支配は当該地の住民にとってメリット、デメリットはあったわけだ。
さかのぼればローマや漢の植民地もそうだろ
植民地になったおかげで、中央の優れた文明、文化が流入する。

アジア解放、大東亜共栄圏など本当は大きなお世話だったかもしれないね。
当然、アイデンティティは抑圧されるわけで、メリットよりも堪えがたいものがあったろうけど・・
12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/22(月) 10:22:24.63 ID:06sAvg3G0
日本は植民地支配をしなかったよ。
13: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/22(月) 15:34:43.27 ID:VGZ9ney00
>>12
くだらないお為ごかしは結構です。
管理人より:このへんから朝鮮半島の政略はマヌケだった云々の話。
16: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/22(月) 18:09:07.70 ID:4zNpNIWJ0
間抜けなのは太平洋戦争に突っ込んで負けたことだろ
朝鮮のインフラ整備や民生向上は必要なことだった
17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/22(月) 19:04:16.56 ID:06sAvg3G0
大東亜戦争はアジアを欧米の植民地支配から解放する戦争だった。
やらなければよかった戦争ではない。
この戦争の結果、日本は敗北したがアジアの解放は果たされた。
18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/22(月) 19:05:20.40 ID:4zNpNIWJ0
その慈善事業は自国民300万人を犠牲にしてまでやるものなのかね
20: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/23(火) 06:03:13.97 ID:cWTlhKnY0
日本の朝鮮統治は欧米の植民地支配と全然違って、朝鮮人民のために行われたことを世界にもっと発信しよう。
先に文明化した日本が朝鮮人の福祉のために統治を引き受けてやったのだ。
現地の資源と労働力をひたすら搾取略奪する欧米の植民地支配とは根本的に異なる。
真実を世界に広めてチョンコのデマを打ち破ろう!!
21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/23(火) 09:52:56.27 ID:eMmoKOZn0
植民地支配の潮流は資源や生産物の搾取地から本国の市場化へ。
日本もその流れに乗ってただけで、別に特別でも何でもないよ。
22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/23(火) 10:25:36.84 ID:4KST2eC60
植民地じゃないだろww朝鮮半島は日本の領土。台湾も日本の領土。
満州は独立国だし中国、ベトナム、フィリピン等は戦時占領地にすぎん。
まったく合法。
24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/23(火) 11:42:39.80 ID:cWTlhKnY0
日本は植民地支配のような非人道的行為はやらなかった。
一視同仁、内鮮融和が日本の朝鮮統治の根本精神。
これが八紘一宇に発展していくんだよ。
25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/23(火) 12:11:10.00 ID:kt4Favc20
高潔だった日本人は指導者層の一部と将校くらいじゃね?
一般庶民は朝鮮人を蔑視してたよ
政治は決して朝鮮人を蔑視しないよう教育はしてたけど、残念ながら国民はDQNだった
32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/24(水) 08:11:20.60 ID:7H5qFDF40
>>25
祖母に聞いたところによると、戦時中に近所に住んでいた朝鮮人とは仲良しだったそうだよ。
35: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/24(水) 12:24:25.66 ID:RhF/B0370
>>32
うちの死んだ婆さんは、タッパがあったのでそれがために苛められていた。しかし、たいてい同級生の朝鮮人が庇ってくれたので朝鮮人が大好き。

死んだ爺さんは、病気がちで小さかったので同級生の朝鮮人によく苛められていた。だから勉強して偉くなっていつか見返してやると思っていた。で、朝鮮人嫌い。

性格が強情だと言うのが二人の朝鮮人像。
この事例は地方都市の一例だが、言うほどに差別はされていなかったのではないかと言うのが俺の見解。
ただ、政府主導で差別が行われたというのは聞かないね。
選挙権がなくて徴兵制がなかったくらい。
37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/24(水) 13:27:27.48 ID:wF+3j4gc0
日本に居住している朝鮮人はちゃんと寄留届けをだしていれば選挙権あったよ。
むろんそもそも制限選挙だから税金納めてる男性だけだけどね。
衆院選挙に立候補も投票もできた。あたりまえ。帝国臣民なんだから。

若い連中はとくにちゃんと調べもしないでイメージだけで勘違いしてる。
逆に朝鮮半島は領域全体が総督府の管轄だったから、日本の国会には代表が設定されなかった。
だから内地戸籍のものでも朝鮮では投票も立候補も(とうぜん)出来なかった。
38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/24(水) 13:32:47.80 ID:wF+3j4gc0
なお、朝鮮の地方行政単位(道)には地方議会があって、投票された地方議員が議会を形成していた。
投票権は納税額により制限されていたから日本人議員が人口構成に対して大かったという特徴はあるが、朝鮮人議員はおおむね半分はいた。
45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/25(木) 09:17:24.59 ID:hX9qytWI0
アジアで先に文明化した日本が台湾や朝鮮の住民のために、統治の責任を引き受けてやったってことだ。
有色人種を蔑視して差別と搾取に徹した欧米の植民地支配と同一視するべきものは何も無い。
46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/25(木) 09:23:44.19 ID:8yjn/zaE0
>>45
>有色人種を蔑視して差別と搾取に徹した欧米の植民地支配
だからその具体的事例を示してくれって言ってるんだが
日本語わかりますか?
55: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/25(木) 22:23:18.89 ID:nVet8Sr/0
欧米は愚民化政策やったから日本と逆
アメリカ大陸やオーストラリアなんて今や立派に移民の国になってるがもともと原住民の国があった
朝鮮や清の場合いやいや植民地にして基礎を作ってあげた
本来日本にとって植民地化なんて一文の得にもならない事
56: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/26(金) 14:45:42.74 ID:C+wtYFra0
朝鮮が関税自主権と領事裁判権の撤廃ができたのは、日本帝国に併合してもらえた体ということを知らないやつが多すぎる。
57: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/26(金) 20:01:56.61 ID:5hPK119j0
>>56
>朝鮮が関税自主権と領事裁判権の撤廃ができたのは日本帝国に併合してもらえた
ってか、そもそも朝鮮に不平等条約を結ばさせたのは、どこのどいつだって話だよなw
60: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/27(土) 12:02:41.25 ID:ymP2APpd0
>本来日本にとって植民地化なんて一文の得にもならない事
御先祖様はそんな一文の得にもならぬような馬鹿なことはしていない。十分得した。
現にうちの先祖がそうだw
朝鮮の米を商ってたから、昭和初期の不作のときは相当材をなしたw

御先祖様は君らが考えるほど馬鹿じゃないよ。
大人として大変賢かった。
61: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/28(日) 05:59:03.30 ID:IslEWVJl0
個々人の利益は余禄的なものかもしれないですが、資源としての土地が確保できた事は利益になるかと思います。
侵略は当然の権利だったような時代かと思うので、日本の本土(内地?)の緩衝地帯としても有効だったのではないでしょうか。
64: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/29(月) 17:37:02.91 ID:6c/h9L8E0
日本との併合派の朝鮮人自身が欧米人は朝鮮人を人間と見ず動物扱いするが、日本人ならとにかく人間として扱ってくれるから併合してもらおうと言っていたな。
65: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/29(月) 19:59:11.25 ID:47PChrNY0
>>64
両班優遇という朝鮮文化の破壊など、幾らかの朝鮮固有の文化の破壊はおこなった。
聞く限り、イギリスのインド支配でカーストの否定は行っていない。
文化破壊という意味では、日本のやりようがうまくなかったかもしれんとも言える。
ただ、地域差はあれど日本族とある程度は同じ、というふうにしないと国力を強くするという目的は達成できんしなあ。
管理人より:「両班」とは、李氏朝鮮などの宮廷における官僚などを指す特権階級。文官を「文班」、武官を「武班」と呼んでおり、それらの総称です。
72: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/30(火) 12:54:13.74 ID:LGJlyJxh0
おまえがちゃんと調べろw
朝鮮戸籍は日本が併合するずっと前に、李朝が日本の戸籍制度を参考に、それまでの地籍簿をあらため独自に編纂したものだ。
日本帝国は併合のさいにそれを受け継いだだけ。

それによって朝鮮人が差別されたというなら、むしろ優遇されたというべきである。
朝鮮戸籍にいるかぎり徴兵の義務は無いし、租税も大幅に減免されていた。
しかも朝鮮戸籍であっても参政権はあり、国籍上は帝国臣民なのだから。
どんだけ優遇されてんだよ。
77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/31(水) 12:28:52.49 ID:c8xjbEJ70
アメリカ人がインディアンにとった政策を勉強すれば、いかに日本人が朝鮮族に温情的であったか身にしみて分かるはずだ。

アンドリュー・ジャクソン第7代アメリカ合衆国大統領の事跡
アンドリュー・ジャクソン(Wikipedia)
78: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/31(水) 13:58:03.94 ID:cvLmCKj30
18-19世紀初頭と、19-20世紀の帝国主義の時代とを、なぜか同じ土俵で考える没時代性ってのもネトウヨの特徴だよな
82: スクールキラー激励委員会 2011/09/03(土) 17:15:49.10 ID:tanrMyHY0
>>78
同意。基本的に侵略戦争とか、奴隷とか、差別とか19世紀で終わり
84: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/09/03(土) 20:59:38.50 ID:HGF0Z44e0
植民地化が終わったのは日露戦争と大東亜戦争後の独立戦争が原因
ハルノートも日本の利権は認めないが他国の利権は認めるって案
92: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/21(金) 13:09:34.29 ID:N6ZxAdjP0
現地人のエリートを留学させてあげたりして懐柔するのは欧米の方が上手だった。
スーチー女史とかその手だ。
日本軍はイスラム教徒に皇宮遙拝させたりして、現地人のプライドをずたずたにした。
95: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/21(金) 15:53:32.78 ID:6mPHOCsR0
オランダのインドネシア支配のあいだは、インドネシア人は政府内でそれなりの指導的役職、中間的な地位につくことは全然不可能だったし、民衆が軍事訓練うけることもできなかった。

日本軍の支配下ではじめてそれらが可能になったのだな。
インドネシアで国旗の使用が可能になったのも、日本軍の軍政下のもとであるわけね。
そのおかげで、インドネシアのプライドが高まったね。


宮城遙拝やらビンタやら労務問題やら慰安婦問題やらでインドネシアのプライドは傷ついたかもしらんが、プライドが高まった部分もあるわけだからねえ。
相殺したらどうなるだろうねえ。
96: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/22(土) 04:48:06.99 ID:VL3Y/2cT0
東南アジアじゃ織物職人が植民地の支配の邪魔になるってんで、腕まで切り落としてたよな
これが残酷でなくてなんなんだ
まだ殺してやったほうがましだわ
98: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/22(土) 13:18:45.80 ID:G15cSxUR0
アフリカ見りゃ一目瞭然だろ
99: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/23(日) 20:19:20.23 ID:ANIeMwS70
日本の支配が過酷だったら今頃朝鮮人も台湾人も日本語をしゃべっていただろう。
中南米のインディオ、黒人がスペイン語、ポルトガル語をしゃべっているように。
101: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/25(火) 06:05:48.18 ID:6je6DAZe0
>>99
同じ大航海時代に日本の植民地支配を受けた蝦夷地や琉球の土着民族は日本語をしゃべってるな
103: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/09/25(火) 17:31:53.94 ID:YijZJDk0O
日本も現在のようにアメリカの植民地になった方が良かっただろ。
憲法改正、安保解約したら日本なんてまたまた焼け野原になるだけだよ。
日本人のスケールじゃ国家の運営なんてとても出来ない。今の大臣や官僚らを視たらわかるだろ
109: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/01(月) 22:28:27.82 ID:26ffL9Ny0
>>103
アメリカも軍事力で目先の敵バンバンやっつけてきただけで
ベトナムの様戦略で失敗しても軍事で取り返せるってだけで
104: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/01(月) 14:31:02.05 ID:Vws4rIwA0
欧米植民地で発展したってのは既に華僑による経済が根を下ろしていた国じゃないか?
それ以外はかなり酷いことになってる気がするけど
111: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/05(金) 02:45:29.27 ID:HPqeCCq80
殖民地支配においては、支配した側と支配された側で、見方が正反対であるね。

支配した側はすすんだ文明の恩恵が殖民地にもたらされたというし、支配された側は支配者によって奴隷化され搾取されたという。

殖民地は欧米の支配のもと平和に暮らしており、原住民の地位もそれなりに認められていたから、余計な外国のおせっかいがなければ、当然支配はずっと続いていたはずであるわけだ。

かつて80年台ごろの話だったと思いますが、ジャイアンツにクロマティという黒人選手がいました。
今では外人選手は珍しくないでしょうが当時としてはまだまだ珍しく、けっこう人気のある選手だったような記憶があります。

公民権運動まだ冷めやらぬ時代。黒人差別問題は、90年台の後半になるまではけっこう根強く残っていました。(ちなみにロス暴動は92年)
そんな中日本にやってきたクロマティ選手、練習後みんなで銭湯にいくことになり、ハタと迷ってしまう。
当時のアメリカでは白人選手と黒人選手が一緒にサウナやお風呂にいくなどありえないことでしたが、はたして日本人相手の場合はどちらに分類すれば良いのか、という点にです。

アジア人だし、一応同じ有色人種ってことでいーんだよな?いやでも日本人案外色白いしな…と思ったかどうか、クロマティ選手はどうすべきかわからず脱衣所でモジモジしてると「なにしてんだよクロ(彼のあだ名)!早く来いよ!」と湯船の方から声がかかり、日本人選手たちは暖かく迎えてくれたのだとか…。

…と、このような話だけをかいつまんで読めば、いかにも日本人には差別感情などないように思えるし、実際に白人のそれとはまただいぶん違うでしょうが、戦前・戦中における欧米の植民地政策と、ついでに日本のそれをあげつらうスレ。
いろいろな話も聞くし、なかには心にもないリップサービス、根も葉もない中傷も含まれているであろうことを加味すると、結局のところ、良い面もあったし悪い面もあった、みたいな無難な結論に落ち着きそうです。
我々のご先祖は欧米の連中に比べて多少はマシだった…と信じたい気持ちはわかりますが、そういう程度の問題について、管理人が思うところは少ない。

まとめながらスレそっちのけで考えてたのは、仮に今もって日本がどっかの国の植民地であったとしたら、当の我々はどのようにそれを受け止めただろうか、という点です。
どのような政策を敷かれたかで、その心情は変わってくるでしょうか、それとも独立していないということ自体が、我々のナショナリズムを激しく刺激し、過激な独立運動に駆り立てたでしょうか…。

北東ヨーロッパや小アジア半島あたりでは特に強かった「民族自決」という考え方は、どうもいまひとつ日本人にはピンと来ないと思うから、そのアイデンティティが侵されたと感じるのは、どの程度のレベルの同化政策なんですかね。想像つかないなぁ。
差別に関しても、管理人は日本人だという理由で親切にしてもらったことはあるけど、嫌がらせを受けた経験がないから、どんだけ腹が立つものかよくわからない。

なんか以前Gacktがブログに書いてたらしいですが、フランスのカフェで窓際の席に座ろうとすると、アジア人は奥の席に案内されると。彼はフランス語ができるからクレームをつけたら、慌ててちゃんと案内してくれた…ってことです。
こゆのを実際にされたら腹が立つんでしょうか。管理人は小心者だから「あっ、スイヤセーン…('A`)」つって、したがってしまいそうですよ。

でも、実際に植民地化されていた国は、長く苦しい戦いの末、独立を勝ち取るという経緯が多いです。
日本もやっぱりそうなったかも…。皆さんどう思われます?

岩波講座 近代日本と植民地〈1〉植民地帝国日本

岩波書店
売り上げランキング: 444,001



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.10.31 21:56
    ネットには時々植民地に対して教育やインフラ整備やったのは日本のみだと思い込んでる人がいるのが不思議
    フランスにとってのアルジェリアなんかは日本にとっての朝鮮みたいに第2の本土扱いだったし
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.1 3:19
    インフラ投資をするから短期の植民地経営はほぼ赤字ではあるけど
    投資分は長ければ回収できるよね。そのための投資なんだし。

    当然、投資側もそれなりのメリットを得るから投資するわけだし、
    それを投資してやった、というのはちょっと話が違うんじゃない?
    投資は昔から自己責任だよ。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.1 8:02
    敗北者は地面にでこ擦りつけて生きていくしかない。
    日本は平和な世界に突如として現れた悪魔であり
    我々はその末裔として罪を背負って謝罪と懺悔を繰り返すんだ。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.1 12:21
    ※2
    最初は儲かりそうな場所を取っていったが途中からは他国にとられるよりはと採算のとれない地域も植民地化していったからね
    インフラは作ってはい終わりではなく維持費用がかかるし反乱鎮圧用の軍隊にも金はかかる
    だから慢性的に赤字だった地域は多い
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.1 13:45
    植民地って言葉にネガティブな印象あるけど

    ハワイは現在進行形でアメリカの植民地です
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.1 14:17
    「諸外国におけるインドネシア経済史研究: 植民地社会の成立と構造」とか「1820年代ジャワ島プリアンガン地方における開拓社会」とか読んでみたが、例えば強制栽培法とか一部で奴隷制度的な圧政の代表のように捉えられているが、そんな白か黒か判断できるかような単純なものではないことは分かる。例えば蘭印で灌漑設備の建設と原住民の人口増加は一貫して起きている。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.1 14:30
    植民地支配がない世界の色々な文化や建造物が見たかったと思う
    欧米がやりたかった事も分かるけど、善悪というよりもつまんないんだよね
    そういう意味での豊かさは犠牲になったと言える
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.1 23:02
    宗主国が居なくなってから荒れていない国
    これは宗主国がまともに植民地として処理した国
    国民がある程度は教育を受けてまともに維持できているということ

    宗主国が居なくなってから大荒れの国
    これは日本人が良く思い浮かべる過酷な植民地支配を受けてしまった国
    白人を追い出したは良いものの、その後のやり方が何一つわからないから国が荒れる

    まあ、アフリカの大半はまともな植民地支配を受けてないな
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.1 23:42
    日本の統治はイギリスとかフランスまんまなんだけどな。
    日本が温情あって大成功っていうなら、英仏の統治も温情あって大成功だぞ。

    ところが、結局日本統治時代から排日運動激化して維持できたのは
    東ティモールとか一部だけやん。かわらんよ。
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.2 11:06
    欧米で帝国主義というブームがオワコンになった頃に、そのブームに乗ろうとした田舎者が大日本帝国

    インフラ投資だ何だと言ってるが、財閥が国家予算を使って国外で公共事業をやって儲けたにすぎない
      • ※14 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.11.2 18:30
      >※10
      オワコンてフランスとかまだやってるだろ。原爆開発(アルジェリア戦争中のアレは核戦争に数える者もいるが)も宇宙開発も植民地でやってるしベトナム戦争だって宗主国で「オワコンだから手放そう」って行動は(フランス国内でそういった主張をするグループがありはしたが国家レベルでは)してないだろ。
      右の主張もあれだが〇〇に過ぎない、で一面の真実だけで済ます左もどっちもどっちだ。功罪有って定量的に見てどうよ?ってのがあるけど、学者はともかく政治レベルじゃお互いの面子とかあるから功罪相半ばするで両面を併記でお茶を濁すのが落とし所だろ。
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.2 17:05
    アフリカが未だに発展できないのは欧米の植民地支配のせいではなく、アフリカ人の知能がアレだからだよ。
    現実を見ろよ。
      • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.11.2 20:32
      >※11
      植民地支配にも利はあったという立場に立ってる自分からしても聞き捨てならない意見だな
      アフリカが地理的に他地域と比べて交流が難しく農業に適した土地も少なくまともな穀物が入ってきた時期も遅かったという事実を無視するだけじゃなく
      人種差別をすることで自分を優れてる側に置いてプライドを満たすような奴には歴史を語らないでほしい
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.2 17:59
    こういう※11みたいな思考の人間が、「ワシらが教育したるさかいにな」っていう大義名分を振りかざして、何かと理屈つけて赤の他人の家に土足で乗り込み、「お前らのため思うて、やったっとんねん」とか言いながら、尼崎とか北九州で起きた一家取り込み事件的なことをやるわけだ

    まともな思考の人間からすれば、「なんであんな悲惨なことになるまで気付かないんだ」とか思うけど、徐々に洗脳して最終的に支配するっていう、そこが植民地政策のキボなんだな
    根本に、支配する相手を人と思わないっていう、選民とか差別とかで表現しきれないような、ある種サイコパス的なモノがないと到底できないようなことを平気でやる
    幕末の日本でも、あそこでまともな思考のできる人間がいたからこそ植民地にならずに済んだのに、そこを乗り切ったら今度は自分らがそれをする側に回るってのは、何か魔が差したとしか言えん

    「個人がやれば犯罪でも、国家がやればそれは英雄となる」
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.2 18:17
    琉球と蝦夷も色々ややこしいから欧米の植民地支配より絶対に全面的に良いなんてことはもちろん無いんだが、今、沖縄やアイヌが言ってることも無茶苦茶だろ。
      • ※17 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.11.2 21:44
      >※13
      そりゃ中身はKの国のヒトモドキだからね
      自称アイヌを見りゃわかるが思いっきりエラ張り吊目
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.2 19:22
    自分は好き勝手に印象だけで断言
    意見に対しては「具体的に言え」で一切取り合わない
    • ※18 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.2 22:03
    黒人の奴隷船やコンキスタドールがやった行為、イギリスが中国に行った行為、東インド会社の搾取といった前例があるから人道的だったと言っても信じてもらえなくね?イギリス領インド帝国って何だよと。王国の下に帝国って何やねん。大体本当に平和で豊かなら独立後にまた呼び寄せて欧米領になればいいだけなのになってねーじゃん。答えでてんじゃん
    • ※19 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.2 22:26
    経済的豊かさより優先される民族主義ってのもあるからな
    アフリカの一部地域は植民地時代の方がマシだと思う
    • ※20 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.3 2:07
    字面だけみると、自国民を入植させてこその「植民地」って気がするんだけど
    (独立前の南北アメリカ大陸のカリブ海以外とかオーストラリアとか)
    実際は地元民を使役してあがりを奪うって印象だよねえ ナンデソウナッタ

    近代だと信託統治ってのもあってコレが植民地か否かは統治によって経済的利益が絡むか否かなんでしょうかねえ
    (今の信託統治は委託された国が信託統治領を経済的に支援するところがほとんどみたいだから「植民地」的旨味はなさそう)
    • ※21 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.3 8:59
    ピンと来ないのは日本人だからじゃなくて見方の問題な気がします
    全く同じとは言えないけれど、日本でも米軍の制空権や政界の帰化人程度で反発ありますし、現代でも中国がアフリカ等で進化バージョンやってますよ
    • ※22 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.3 10:44
    「君臨すれども統治せず」っていう古代ローマや祖蒙古みたいなやり方と、覇権主義的な搾取型領土政策ってのがあるからね
    ご指摘の通り、現代ではそのハイブリッド型で、より巧妙なやり方にはなってるけど
    各種の国際紛争を見ても、民族自決主義が正答とは決して言えないし、かといってガチガチの統合主義は自壊するっていう解はでてるしね
    SFでみられる、「世界政府樹立」とかは、夢のまた夢ですね
    • ※23 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.3 13:49
    この手のは感情入りまくってろくな議論にならないね
      • ※26 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.11.4 19:33
      >※23
      同じこと思ったw せめて議論する際には感情的な部分は除さないと各々の感想文書いてるだけになっちゃうね まあタイトルが「残酷だったか?」って曖昧だし仕方ないんだけど… 皆が思う残酷の定義について話したりすると多少は面白そう
    • ※24 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.4 10:36
    すべては欧米の侵略戦争なのに、ファシストとの戦いだのテロとの戦いだのと誤魔化してるだけやしなぁ
    • ※25 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.4 12:21
    植民って一括りにいっても、外来種が在来種を駆逐するってことになると、駆逐される方にとってはタマらん話だからね
    共存とか共生とか言う形でWinWinでの成果が上がるなんて、自然界ですらなかなかない
    「これは自然淘汰であって、淘汰されるのは淘汰さえる方が悪い」っていう一派の主張って、「騙される方が悪いとか「イジメられる方にも非がある」理論と同様、そこに意思が介在する限りは「自然なことではない」と思うぞ
    感情論じゃなくてね、
    • ※27 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.5 20:12
    琉球の言語は元々日本語に近かったんじゃね?
    元々日本語は南方の影響が強いって話だし
    • ※28 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.6 9:20
    そんなの当時の人に感想聞かなきゃ分からんだろうに
    • ※29 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.7 5:02
    ※27
    平安時代頃の日本語の影響を色濃く残していると云われている。
    • ※30 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.13 19:08
    韓国人のおじいさん「日本統治時代はよかった」
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。