人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

ヨーロッパの巨人神話っていうのは要するに @ [民俗・神話学板]


ヨーロッパの巨人神話っていうのは要するに @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 2013/03/09(土) 19:37:53.72 .net
巨人は世界中で語られるが、多くは巨大な個人にすぎない
巨人族として民族集団登場するのは稀である。
しかし、欧州の三大神話ギリシアゲルマンケルトには全て巨人族が登場し、神話では非常に大きな存在である
リトアニア神話なドも同様である

欧州の巨人族の共通点として

・かつては大地を支配していたが、新しい神に敗北し追いやられた
・そのため、地下や寒冷地、孤島などの僻地に住んでいる
・その後も、神と敵対し争っている
・神とは巨人の子孫、または混血である


これらは、欧州に存在したネアンデルタール人のことである
彼らは、当時の人類に比べて体躯が大きく、がっしりと頑強であった
欧州で起こったネアンデルタール人との戦いと混血が神話として語り継がれているのである
2: 天之御名無主 2013/03/09(土) 22:05:19.97 .net
リトアニア神話の巨人族って初耳なんだが、なんていう名前?
3: 天之御名無主 2013/03/10(日) 01:49:07.27 .net
いや、巨人って先史文明なりの事だろうに。聖書で言うなら蛇
インダスなりなんなりのシュメールの前の騎馬民族が荒らしたようなの
4: 天之御名無主 2013/03/10(日) 01:57:03.90 .net
これって今ではインド・ヨーロッパ語族の神話という観点から考えられてる問題ではないの?
コーカサス神話も含めて。
だからネアンデルタールなんて古すぎて問題外。
5: 天之御名無主 2013/03/10(日) 02:11:59.48 .net
インドやペルシャには巨人族の神話がない。
ギリシア神話に影響を与えたとされるエジプトにもない。
しかし、欧州には民族や言語を超えて存在する。

ヨーロッパには打倒された巨人族として、語られるべき何か存在したんだよ!
AA:MMR なんだってー管理人より:…と言いたいところですが、ちゃんとインドにも巨人伝説はあります。インド神話における「ダイティヤ」という一族は、そんな神々の敵対者としての巨人族(神格)。偶然ながら英語で「神格」を意味する「deity」と似てなくもない。
6: 天之御名無主 2013/03/10(日) 03:53:14.44 .net
とりあえずリトアニア神話の巨人について詳細を(文献を含めて)教えてくれないか。
11: 天之御名無主 2013/03/27(水) 22:51:47.92 .net
>>1
素直に面白い(いんたれすてぃんぐな)説だと思うよ。
12: 天之御名無主 2013/04/09(火) 18:33:34.64 .net
ジャックと豆の木
13: 天之御名無主 2013/05/25(土) 22:47:08.73 .net
普段の生活圏には居ない象を見たことがない欧州人が、マンモスの化石を見て、1つ目(鼻んとこ)で牙を持った巨人や巨人族を想像して、化石だから地中から骨が出てくるところから、巨人族は地下に封じられたと設定した神話を作った…という説に一票w
14: 天之御名無主 2013/06/09(日) 02:57:47.30 .net
じゃぁ逆に小人神話はあるのかな。北海道のコロボックルみたいな
あ、そうか。北欧にはノームがあるか
地中海まわりに小人の話はあるのだろうか。
むしろ地中海周りには背の低い人がけっこういるのだけれども
19: 天之御名無主 2013/12/21(土) 19:02:58.96 .net
>>13
ぶっちゃけ、マンモスを狩ってた頃にも巨人や小人の説話はあっただろうよ。

>>14
ノームと言うのは錬金術師のパラケルススが創作した精霊だから北欧由来じゃないよ。
つーか、巨人も小人もすぐれて原印欧神話的な存在なんじゃねーかと思う。
エッダ詩篇なども詳しく見ると、実は小人と巨人は同根のふしがあるし。
インド神話の、ヴィシュヌが小人から巨人に変化して世界を三歩でまたいだ話も、たぶん原印欧的な小人=巨人観の残存と思われ。
ノーム
管理人より:「ノーム」はパラケルススが提唱した四大精霊の「土」を司る精霊。ラテン語の「gēnomos(地中に住まうもの)」からの造語の模様。
16: 天之御名無主 2013/07/21(日) NY
ウルリクムミ ユミル メタトロン
17: 天之御名無主 2013/07/22(月) NY
とりあえずリトアニア神話の巨人について詳細を(文献を含めて)教えてくれないか。
管理人より:「ウルリクムミ」はヒッタイト神話に出てくる巨人、「ユミル」は北欧神話に出てくる巨人かつ始原の神、「メタトロン」は旧約聖書に出てくる天使ですが、やたらとデカイ!と描写されます。
3回に渡って書き込まれたリトアニアの巨人伝説とやらが気になって調べてみたけど、いまひとつヒットしない。代わりにリトアニアの有名な伝承をひとつ、巻末欄につけておきます。巨人伝説じゃないけど»17さんに届け!
21: 中露共同開発の潜水艦計画発覚 2014/01/14(火) 08:58:47.31 .net
>>1
そういやケルト神話の太陽神ルーもフォルモールという巨人族とのハーフだったな
23: 止まらない高齢者の万引き 高度成長を支えたというプライドがあり 2014/02/28(金) 16:35:15.69 .net
ディアンケト Dianceht
太陽神ルーの祖父にあたる、島のケルトにおける治癒の神。
ディアンケトは非常に優秀な医者で、彼は主神ルーとその妻モリガンとの間に生まれた息子が、アイルランドに災いをもたらすと予感し、その子供の胸を切り裂いた。
すると心臓から三匹の蛇が飛び出してきたので、ディアンケトはその蛇を殺し焼いた灰を河に流した。放っておけばこの蛇はアイルランドを滅ぼしたであろうと言われ、ディアンケトは救国の英雄ともてはやされた。
またあるとき彼は戦で右腕を失ったヌァザに銀製の義手を取り付ける手術を行っている。
ヌァザはこれ以降、「銀の腕のヌァザ」と呼ばれるようになる。

ディアンケトはダヌの一族と巨人族との戦いにも参加し、その治癒の力で多くの戦士達の命を救ったばかりか、戦場で倒れた死者をも甦らせ、ダヌの一族の勝利に大きく貢献した。
ディアンケトはこのように神々の力を維持する為に働いたが、その性格は無慈悲で、嫉妬深かったとも言われている。
善と悪の闘い
35: 天之御名無主 2015/02/20(金) 13:08:30.33 .net
巨人に生殖器がない設定とか不自然過ぎw
皮膚がなくて筋肉露出してる奴がいることにも激しく違和感w
57: 天之御名無主 2016/08/16(火) 03:12:51.62 .net
「進撃のなんたら」・・って、お話をしてるのか?

ところで、ブラジルかどこかで直径2mはある「頭蓋骨」や「骨」が発掘されて、かつて "人類 " には、たくさんの種類があって「巨大人類」も本当に存在していた可能性がある
なんて、ニュースをやっていた。

ところで、巨人もいいが、べつに、ピグミー族のことではないが=「小人」も存在していたかも知れない。
日本でいうなら、沖縄のキジムナーや東北地方の座敷わらしや北海道アイヌのコロポックルなどが、そうだ。
25: 天之御名無主 2014/04/10(木) 20:44:45.63 .net
この巨人ってのが、単に体格とか大きさだけを示しているのかそれがちょっと疑問が残るのだが、北欧神話などでは、巨人族の娘が神と結婚したりしているし、ギリシャ神話でもそんなのがある
神も巨人の一グループで、巨人同様の体格があったと考える事も出来るが

もう一つ巨人ってのは、単に体格を示すのではなく、巨大な力をもった存在って意味で用いられていたのではないかとも思うが
58: 天之御名無主 2016/08/16(火) 03:40:16.82 .net
>>25
巨人=巨大な権力と言うのはあり得るかもしれない。
ケチュア語のコカパク=アプは巨人だが、コカパクで巨大=権力の意でアプは人。
転じて権力者と言う意味にもなる。

あと、巨人じゃないけどシュメールの大蛇(ドラゴン)とされるウシュム=ガルもウシュムで独裁・権力、ガルは人・王。
こっちも権力者又は独裁者の意味になる。
中国の黄帝・禹王伝説も同じ様な感じなんだろう。


>>57
その巨大な骨というのは合成で嘘らしい。
ただ、最近では港川原人や中国の?県人など新原人が発見され、古代に数多の原人が居たというのは事実。
小人も巨人同様小さい人に対し、畏敬の念を抱きそこから信仰・伝承が生まれたのかもしれない。
そもそも進撃は様々な地域の巨人及び巨人伝承寄せ集め漫画だからなw
28: 天之御名無主 2014/11/16(日) 16:39:46.23 .net
シュメール神話のアサグも巨人の一種?
29: 天之御名無主 2015/01/03(土) 20:47:44.92 .net
スレチかもしれんが、欧州の石器時代洞窟の岩絵にある人間の絵がやたら大きい物も有るけど、どうもそれが巨人に見えてしまうんだが関係有るのか?
37: 天之御名無主 2015/04/01(水) 01:33:13.98 .net
ネアンデルタール人との混血児が、これまでのホモサピエンスより優れた能力や知能を発揮し、死後に神として語られつつも、ネアンデルタール人の絶滅によって、その遺伝子が薄まり、神々の様な突出した力をもつものは生まれなくなった
39: 天之御名無主 2015/04/04(土) 13:43:27.01 .net
ネアンデルタールの遺伝子はアフリカ出の人類すべてが1%~4%持っている
東アジア人はヨーロッパ人よりネアンデルタール遺伝子を濃くもつ

昔の説ではヨーロッパでネアンデルタールの人骨が見つかるから、欧米人の金髪碧眼はネアンデルタールから受け継いだと考えられていたが、それらはこの点から否定される

欧米人に一番近い形質はインド人だから6000年~10000年前にインド系のコーカソイドが突然変異で誕生したのが白人
紫外線と差別から逃れるためにヨーロッパに移動

この時ネアンデルタール人はすでに現人類に吸収されている
40: 天之御名無主 2015/04/05(日) 15:59:51.92 .net
ネアンデルタール混血説に一票
でも声帯が未発達なのはどの辺で解決したんだろ
43: 天之御名無主 2015/04/06(月) 23:23:47.46 .net
最親説では

・ネアンデルタールは喋れたらしい
・ネアンデルタールは金髪碧眼白肌の人たちだけではなかった
(まあメラニンを作る機能が正常に機能していればそうだわな
金髪碧眼白肌のネアンデルタールは後から出てきたらしい
46: 天之御名無主 2015/05/19(火) 19:53:27.50 .net
ビッグフットなんかはアメリカより南米とかアフリカかな
管理人より:原始人さんのリアルについてはこちらなどをどーぞ。
49: 天之御名無主 2015/06/03(水) 18:35:11.01 .net
オリンポスの神々以前にはティターン信仰が存在し…
なんて論考が昔はあったんですかね
54: 天之御名無主 2016/07/30(土) 22:02:52.94 .net
日本にも巨人の話はあるね

八束水臣津野命
ダイダラボッチの元ネタ
55: 天之御名無主 2016/07/30(土) 22:18:16.81 .net
元ネタなのかな?
まあ淵源は古い神話伝説にあるとしても太々法師という名称は「法師」という単語が入ってきた後のものだからなあ。
59: 天之御名無主 2016/08/16(火) 11:40:57.07 .net
コロポックルは海を渡って北海等へ土器用の粘土を採集にきていた樺太アイヌのこと。
言葉も習俗も違うので交流もなく隠れて行動していた。
語り継がれる間にどういうわけか小人扱いされるようになった。
62: 天之御名無主 2017/09/06(水) 13:58:42.27 .net
筋骨自体が強大ならば三メートル半くらいまでの巨人は生存可能かな
63: 天之御名無主 2017/09/19(火) 14:53:32.29 .net
過去に巨人が存在していたとしても、せいぜえその位までだらう
64: 天之御名無主 2017/09/19(火) 16:24:41.50 .net
巨大動物の骨から想像しただけだと思うよ
65: 天之御名無主 2017/09/25(月) 23:00:31.13 .net
ティターン族が先史ヨーロッパの神々とwikiには書かれているが、蛇神や女神が怪物=巨人扱いされたんだろう

>>64
先史時代の蛇や女神を象った遺物は見つかっているが、巨人を象った遺物はない
恐らく、恐竜の骨=ドラゴン同様に大男の骨(ネアンデルタール人)の骨を見て巨人を連想したんだろう
66: 天之御名無主 2017/09/26(火) 00:07:11.92 .net
自転の影響で極部に近いほど巨大化し、磁気圏と宇宙線の影響で極部に近いほど色白になり、毛の色も抜け、目の色も抜ける
67: 天之御名無主 2017/09/26(火) 00:08:52.22 .net
逆に赤道に近いほど自転の影響で小人化し、日光に適応するために色黒になり黒髪になり黒目になる
68: 天之御名無主 2017/09/26(火) 00:12:26.81 .net
トールホワイトのエイリアンというのは、北極圏の巨体で色白で金髪で青目の人が、氷河期になり南下してきたことを指している
エイリアン(異邦人)を宇宙人とわざと変えてネタにしているだけ
69: 天之御名無主 2017/10/21(土) 21:39:13.98 .net
なーるへそ。
トールホワイト
管理人より:「トールホワイト」というのは、アメリカの軍事基地に滞在して技術供与している白人そっくりのエイリアンの都市伝説より。「alien」というのはもともとは「異邦人」という意味ですが、映画の「エイリアン」以降もっぱら「宇宙人」という意味で使われるようになりました。
30: 天之御名無主 2015/01/21(水) 16:33:55.12 .net
日本にもダイダラボッチやコロボックル。
なぜ世界には巨人や小人の伝説があるのか。
31: 天之御名無主 2015/02/10(火) 00:30:49.77 .net
何を象徴している話なんだろな
32: 天之御名無主 2015/02/17(火) 17:52:36.93 .net
人類考える事は皆同じ
33: 天之御名無主 2015/02/17(火) 22:48:43.40 .net
人類で括っちゃうか この際

なるほど、巨人伝説の元ネタはネアンデルさんである!とはなかなかおもしろい説かと思いますが、なんかイメージ的にネアンデルさんはガッチリタイプの背がちっちゃいひとたちのような気がする。
進化して器用になったから道具やらなんだかんだ作れるようになって、食料事情がよくなってでかくなる…、というイメージがある管理人。ネアンデルさんが雲をつくような巨人のようなイメージがないですが、実際どうだったんだろう。

そもそも、実はルーツはそんなに古くなくて、ギリシャ人やローマ人(ちっこい)から見た、ケルト人やゲルマン人(でかい)じゃないんですかね?
地中海沿岸のひとびとは、小麦や魚介が主食であまり背が高くなかったとか。神々に敵対する…ていう位置づけも、やっぱり時々南下して略奪しにくる北方の野蛮人というのと対応してると思うし…。あれ、その場合、当のケルト神話や北欧神話の巨人たちはどうなるのか…。

でも、マンモスの骨とかを見て、こんな巨大なのを狩るくらいだから…というのはあり得るかも。

以前こういうスレやりましたが、類似スレ。
ここでも書いたかもしれないけど、巨大だというのは、問答無用でひとに感慨を与えるものだし、神々やそれに敵対する巨人も、やっぱり問答無用ででっかく描かれるのは当然のような気がしますよね。
王様だって権力を誇示しようとでっかい建造物作るんだし、巨大さ=偉大さというのに、理由とかたいしてないように思うんですが、どうかな。

海蛇の女王エグレ
以下、巨人関係ないけど、途中の注釈で書いたリトアニアの神話伝承について。
リトアニアにキリスト教が浸透したのは14~15世紀ごろ。それ以前の神話伝承については、バルト海沿岸の断片的な伝承をヘロドトスやタキトゥスが書き残しており、それが最古ということになってます。

あちらではけっこう有名らしい、リトアニアの伝承「海蛇の女王エグレ」についてあらすじを書いておきましょう。
ある日、姉妹と水浴をしていたエグレは、海底に住む蛇族の王子にすっかり見初められてしまい、衣服の上にとぐろを巻き「服を返してほしければ結婚しろ」と無理難題をふっかけられる。
3日後、部下の蛇たちがエグレを婚礼に迎えにくるが、毎回エグレの親戚にガチョウや羊などを掴まされて騙されてしまう。しかし最後には結局海中神殿に連れて行かれるエグレ。

ところが待っていたのは蛇ではなく、人間の姿をしたハンサムな蛇族の王子ジルビナス。4人の子供もでき、神殿で幸せに暮らすふたり。
やがてエグレは久しぶりに故郷に帰って親族の顔を見てみたくなる。王子はそれを渋ってエグレに3つの無理難題(終わりのない絹糸をつむぐ、重たい鉄のクツを履く、道具なしでパイを焼く)を出すのだが、魔女の助言を得て無事達成、子共たちを連れて帰郷します。
エグレを海中神殿に返したくない親族は、ジルビナスを召喚する呪文を、子供たちを脅してたくみに聞き出し、彼を呼び出してカマで殺してしまう。

そうとは知らないエグレ、迎えに来てもらおうと思って呪文を唱えるが、代わりに呼び出されたのは愛する夫の血しぶきと死体のみ。真相を知ったエグレは子供たちに呪いをかけ、それぞれ息子たちをナラ、トネリコ、シラカバに、娘をヤマナラシに変えてしまう。
自分も悲しみのあまりトウヒの木になってしまう…(エグレというのは「トウヒの木」の意味)
というわけで、どこかで聞いたことのあるような伝説を細切れにして寄せ集めたようなカオスさがあり、なかなかおもしろい。ギリシャ人が書き残していることもあって、多分にギリシャ神話的でもありますね。
水浴中に美女を見初めて…というのはアポロンとダフネのエピソードみたいだし、人間の美女を強奪してヨメに…というのは、ペルセフォネのエピソードぽい。
強奪されては見たものの、相手は実はイケメンで…というのはプシケのエピソードに似てるし、神々の無理難題を若干ズルしながら解決するのは、ヘラクレスの冒険はじめ無数にある。
とてつもない裏切りや、身内殺しの大どんでん返しがあるのも、テーセウスとかオイディプス王の悲劇に近いし、悲しみのあまり別のものに変わってしまうというのも、ナルキッソスはじめ無数にあります。

いずれにしても、ギリシャ的であるなら地理的にも近いことだし、巨人伝説だって混ざっても良さそうなものですが、リトアニアのそれは案外見つからない。
なんでだ、悔しい…('A`)

TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 PV第2弾トップ絵はアニメの「進撃の巨人」より。
これ途中までは謎が謎を呼ぶ展開でおもしろかったけど、途中からなんか「なぁ~んだ!」という展開になってきて飽きてしまった。
マンガ版はおもしろいんでしょうか。そのうち読む。

DVD付き 進撃の巨人(26)限定版 (講談社キャラクターズライツ)
諫山 創
講談社 (2018-08-09)
売り上げランキング: 20,123



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.12 9:43
    インド「あります」
    ペルシア「ありますえー」
    エジプト「ありまんがな」
    って並べてみたが、古代中国の物語とかには巨人モノの描写は少ないように思う
    スレで指摘されてる通り、族ではなく個体だとか古代表現とかでは散見するけど
    なのに、「巨人村の遺跡発見」とかの報道が出てくるとこは、さすが中国四千年
      • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2018.11.12 17:48
      >※1
      間違えた
      ×古代表現→〇誇大表現
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.13 2:08
    神話はぶっちゃけそこまで考えて作られてないでしょ
    偶然にも歴史と符合するような部分があるというだけで
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.14 3:37
    意外と詰まらなかった(スマン

    巨人といえば北欧神話ってくらいしか知らん(苦笑
    ヨーロッパ全域に巨人神話があるってことになると、「いやぁそれはナイでしょー」って思うよ
    リトアニアだと北欧からの移住者や征服者が多いかも知れないけれどロシアに近い三カ国はどこも同じ事情、成り立ちだろうし、なんでことさらリトアニア神話で巨人の話をするのか正直よく分かりません
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.16 21:55
    アメリカ人とかロシア人とかアジア人から見たら普通に巨人だ
    体重300kgのデブとか2m超える身長の人がちょくちょくいるから、巨人てのは北極周辺で進化した白人の事かもな

    文化的には巨石文明作った連中が巨人扱いされてた
    巨大な石を運ぶ技術を知らない人からしたら、巨石文明作った人間はさぞ力持ちの巨人に違いない→巨石ぶっ壊すぜ=巨人や巨人の文化を破壊するぜって事で巨石文明の破壊=巨人退治の話になった

    コロポックルはフキの葉っぱに隠れる先住民て話が伝わったので小人と思われてたけど、北海道には2mもの大きさのフキの葉があるので、普通の身長のアイヌの事だったでござる

    聖書には巨人ゴリアテの話があるけど、巨人の化石なんてガセネタやオカルト以外に存在しないから聖書の記述に書かれてるような巨人は実際には存在しなかったのだろう
    聖書も含めて昔の神話も誇張とかガセ話を纏めた物でしかない

    種明かしすればこんな物だろう
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.22 1:43
    マンモスの頭蓋骨の化石が原因って話があるよ

    人骨同様に鼻のとこは大きく穴が開いてるわけで
    それが巨大な一つ目の眼孔に見えてサイクロップスが生まれたと
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.11.23 8:05
    マンモスの頭の骨は牙を外して真正面から見ると結構ヒトの頭蓋骨っぽい
    考古学の概念すらない時代、マンモスが絶滅して忘れら去られた土地で、
    頭部の化石を偶然見つけた昔の人たちがそれを巨人の骨だと勘違いしても不思議ではない
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。