人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

最近スプラッターが全然別のジャンル化している @ [映画一般・8mm板]


最近スプラッターが全然別のジャンル化している @ [映画一般・8mm板]
1: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 18:06:42.70 .net
今スプラッタっていうと、体を切り刻んだり、血液表現をただ流すだけのもの、って事になってるけど

もともと昔は『スプラッター』っていうジャンルは、不死身の殺人鬼がいて、主人公たち一行の中に犠牲者が出て次々と殺されたり、惨殺された死体が見つかったりするというような筋立ての作品群の事じゃなかったかな?
VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured
管理人より:そんなの初めて聞いたなぁ?「splatter」という単語は「splash」と同様、液体が弾ける・ぶつかる様を表した動詞なのですが、前者はどちらかというと、粘度の高いドロッと重々しい液体、後者は小川の水のせせらぎみたいにさわやかなニュアンスです。
2: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 18:09:49.12 .net
どっちかというと今の言うスプラッタっていうのは、単にグロ描写を見たいってだけの作品になっているような気がする
単に残酷な描写で苦しめられる人間を見たいって

苦しみ
痛み
残酷さ
3: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 18:14:58.36 .net
もともとの『スプラッター』っていうジャンルはどっちかというと正反対で、主人公側の目線でものを見て、いつ何が起こるんだろうってドキドキして恐怖を感じるための映画だったはず

ベッドが不自然に盛り上がっている
不安に駆られて登場人物が近付きシーツをどかすと、中には犬がいて「何だ…」よかった

収納の蓋の隙間から何かぽたぽた垂れている…
不安に駆られた登場人物が恐る恐るその収納に近付き、そっとそこを開ける
すると、中には同僚の惨殺体が!キャ~

みたいな展開
後半になると、盛り上がりでどんどん惨殺される
4: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 21:50:49.09 .net
映画の中で起こる惨殺事件より、現実に起こる事件の方がよっぽどスプラッターしてますので、虚構でしかないスプラッター映画の役割は終わりました
5: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:14:52.11 .net
その現実に起こる事件っていうのも、今のスプラッタも昔でいうスプラッター映画と全然ジャンルが違うよね
全然もともと言ってたスプラッターしてない

今いうスプラッタはただ残酷なだけ
何かサイコパスの好き好みそうな内容
6: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:17:49.47 .net
だから、あんたの言う「昔でいうスプラッター映画」は、映画のトレンドからも世の中の流れからも置き去りにされて、完全に時代遅れになったんだよ
あんた本人も十分に時代遅れになってないか?
7: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:22:06.47 .net
今はやってるかどうかは置いといて、それとそれが好まれるかどうかも置いといて、同じ分類名なのに、指すものが全然正反対になってる
8: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:23:28.21 .net
今どきマンガ原作の映画は絶対見ないとか、色付きの映画は腐ってるとか言い出す基地外どもと、あんまり遠くない場所にいると思うな、あんたは
もうネットの接続切って手持ちのDVDだけ見てる方がいい
11: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:26:34.06 .net
>>8
様々に弊害が出てる

スプラッターっていうのをさしていおうとすると、二つのものを指して、今のスプラッタを指す単語もスプラッタって単語を使って、昔のようなスプラッターを表す時もスプラッターで困る
13: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:28:10.18 .net
弊害があると主張する者は少数派だ
だからこそ、あんたの言う弊害が世の中でまかり通っている
少しは周りを見て客観的に考えろ
15: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:35:07.90 .net
>>13
グロ映画は嫌がられるけど、要するに今のスプラッタ好きという層は少数派

でもそういう事は今は置いといて、別にグロ映画を否定してる訳じゃないです
ただ別ジャンルにしないのは何故って聞いてるだけ
怖いの好きな層たちに「吃驚と、スプラッタはいらね」って完全に否定用語になってるからで、その層たちの求めてるものって、実は昔でいうところのスプラッター何だよね
本当はスプラッターを求めてるのに、スプラッタいらないっていってて
17: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:40:23.32 .net
スプラッターが受けることがわかって、作られる作品がより過激に下品になった
競争がひどくなって、見る側も作る側も感覚のインフレが起こったんだよ
そして飽きられた、はたから見れば自業自得だ

スプラッター映画自体がインフレの産物と言える。
モノクロのホラー映画の方がよっぽど怖いことがある
19: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:47:16.88 .net
>>17
グロ受けてないと思うけど
グロと恐怖は違うっていう人が増えてる

今のスプラッターはもともとのスプラッターの延長上にはないよね?
どう見ても映画を見る人も単に過激な描写を見たいだけ
昔のスプラッターを見たい人ていうのは、どっちかというと過激な描写を見ないようにするためにしていたんだから、客層が正反対

大体スプラッターって言葉は水が跳ね飛ぶ事を意味する”Splatter”から、血しぶきが飛び散るような作品の事
だけど今のグロ映画って別に血液飛び散ってないよね?
単に切断したり首がグロだとか
24: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:53:02.02 .net
>>19
最近の映画で血が飛び散らないのは、単に表現が規制を受けるようになったせいだ
やれる状況なら現場スタッフはすぐにでも血液ドバドバの画を撮る

あんたは同じ主張を繰り返してる
話が通じないことが分かったんで、もう打ち切る 悪く思うな
26: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 23:00:21.14 .net
>>24
規制?今の方がずっとグロいのに?
今のはどっちかというと切断描写を観る鑑賞するためのような構成で
ただグロいだけ残酷なだけな

昔のスプラッターはグロい訳ではないけど
血液っていうのはどっちかというと記号的な役割
避ける記号
見るな!の

だから残酷表現見たいだけの今のスプラッターと趣旨が正反対
20: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:47:54.96 .net
もともと昔は『スプラッター』っていうジャンルは、不死身の殺人鬼がいて、主人公たち一行の中に犠牲者が出て次々と殺されたり、惨殺された死体が見つかったりするというような筋立ての作品群の事じゃなかったかな?
違いますw
21: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:49:38.30 .net
だけど今のグロ映画って別に血液飛び散ってないよね?
あなたが最近の血が飛び散るグロ映画を知らないだけですw
25: 名無シネマさん 2018/03/20(火) 22:55:01.64 .net
どーしても分けたいならゴア映画とか切り株映画かな
でも>>1のいっている昔の映画も今の映画とやらも広義の意味ではスプラッター映画で問題ない
不死身の男が出ようが出まいが血湧き肉踊る映画はスプラッター映画だから
27: 名無シネマさん 2018/03/21(水) 00:09:12.29 .net
>>25
昔はスプラッター映画ってジャンルはスラッシャー映画とほとんど同じ意味として利用されてる
グロって意味は含まれていない
ハロウィンは殆ど血出ないけどスプラッター映画の代表例みたいな感じですよね

そういう言葉としてもう成り立ってるんだから、そうでないものを同じ呼び方するのはどうかと

そもそも今スプラッター映画といってるのは血は出ないけど切断描写や解体描写メインですよ?
爆発に巻き込まれてとかも、ただグロ見たいだけに見えるけど
28: 名無シネマさん 2018/03/21(水) 07:09:39.66 .net
ゾンビ映画だって、内臓出たりグロだけどスプラッター映画って呼ばないよね?
ゾンビ映画って呼ぶ
30: 名無シネマさん 2018/03/23(金) 21:35:09.48 .net
スプラッター表現とスラッシャー映画を使い分けろ
34: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 14:01:40.77 .net
>>30>>31>>32
1ジャンルとして定着した段階で同じ意味じゃないと言葉を運用するに当たって困る

スプラッター表現=過剰な血のりの表現だけど、スプラッター映画というと殺人鬼が出てきて登場人物を次々と殺害する映画を指す言葉

今『スプラッタ(ーがない)』という単語の意味はグロ映画を指すけど、過剰な血のり表現は無いに等しいから、語源の意味としてもおかしい
頭や手足を簡単に切断するけど必要以上には血液は出ない
生々しい死体等の表現

スプラッター映画っていうともともと恐怖映画の一ジャンルだけれど、今いうスプラッタは恐怖映画ではない状態
グロで生々しいだけで怖い訳ではない

恐怖映画のスプラッターは怖い
主人公視点でいつ何が起こるのかドキドキしながら見るもの
36: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 17:20:43.73 .net
昔から血まみれグロがスプラッターだよ。
殺人鬼が出ても精神的に怖いだけならスリラーとかサスペンス。
超常ならホラー。
37: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 19:12:41.87 .net
>>36
もともとは水のびちゃびちゃするような血の映画の事
どばどば現実ではないようなドバっとする表現の事
現実より誇張した

でもその後ブームを経てから、主人公の狭い視野の目線で描かれる殺人鬼の映画の事を一般的に指す言葉として利用されてる
主人公の狭い目線ってところが要点
要するに視野の狭い映画を指すのがいかにもなスプラッター
38: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 19:16:06.13 .net
単にグロいだけだったらグロ映画とか言ってればいいでしょけど
ポイントは、恐怖のための描写の仕方の分類ってところ

グロでも恐怖にならなきゃスプラッター的じゃない
ただグロいだけなのとスプラッターとの違い
というかただグロいだけな内容をスプラッタといった事に感じる違和感
39: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 20:13:38.01 .net
映画を過激なグロあり・過激なグロ無しの2種類に分類する場合は、グロありをスプラッター映画と呼ぶ

オカルト、モンスター、ソンビ、拷問系など様々なジャンルの中から、殺人鬼が登場人物を順番に殺していく形式の作品を指す場合はスラッシャー映画と呼ぶ
41: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 20:35:48.92 .net
スラッシャー映画は殺人鬼が登場人物を順番に殺す必要はない
殺人鬼さえいればスラッシャー映画
42: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 21:41:29.89 .net
とりあえず良いスプラッターと駄目なスプラッターの作品名を教えてくれよ
44: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 21:58:41.63 .net
良いスプラッター
ハロウィン
13金
チャイルドプレー
エルム
ラストサマー

駄目なスプラッター
Hostel
motel
Wrong Turn
ソウ
ファイナル・デスティネーション
51: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 23:02:55.57 .net
ゴードンルイスやフルチの作品が所謂スプラッターと呼ばれる映画で>>44に挙がってる良い作品は個人的には全部スラッシャー映画だなぁ
ハロウィンや13金、エルム街がスプラッター映画ならスラッシャー映画って言葉いらないよね
45: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 22:26:17.62 .net
要はスラッシャー映画が好きなのか
46: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 22:36:30.88 .net
>>45
好きかどうかじゃない
ジャンルとしてそう分けられていたってだけです
スラッシャーっていうのはスプラッターよりちょっと衝撃が少ない感じ

スラッシャーものの中で特に衝撃的なのがスプラッターっていうのかな
管理人より:( ゚д゚)???
49: 名無シネマさん 2018/03/25(日) 22:47:46.92 .net
こてこてのスプラッターっていうと
・まず殺人鬼がいて
・殺人鬼の起こすことがとても衝撃的に描写
・主人公目線で主人公の視野が狭い

スラッシャーの中のジャンルって感じ
53: 名無シネマさん 2018/03/26(月) 03:07:38.07 .net
個人的な分類と云う方が正確じゃないのか
54: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 07:50:48.05 .net
>>53
個人的じゃないインターネットとかでみんなの使ってる分類から感じるイメージ

ここに書いたイメージ的な分類っていうのは、全体像的な分類って意味
「イメージしやすい」のイメージって単語
63: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 19:34:15.18 .net
>>54
「みんな」という幼稚な言葉を持ち出すようでは問題にならないな
あんたの言う「全体像的な分類」はあんた個人の主観でしかないんだから「個人的な分類」ってことになるわけだ。

ここまで説明しないとわからんか?
言葉かデータでビシッと定義しろよ
それができないなら駄々こねる赤ん坊と同じだ
65: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 19:40:29.87 .net
>>63
古い映画やサイトでスプラッターという言葉で刺す作品の数と、掲示板とかで最近のスプラッタという言葉で刺される作品の数の違い?
統計をとったらいいと思う
66: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 19:43:50.52 .net
>>63
要するに、恐怖映画か、そうでないかの違い
怖さを題材にしているか、その題材がないからグロそのものが題材になっているか
怖さを出すための手段にグロを使うのが昔でいうスプラッター
そこから帆ラー要素が抜け落ちたのが今のスプラッタ
67: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 20:05:51.28 .net
>>65
あんたが統計を取ればいいじゃないか
だが、「言葉で刺す」「帆ラー要素」とか書く人間が、説得力のある正確な統計を取るのは無理かとも思う
>要するに、恐怖映画か、そうでないかの違い
要するに、とか言ってごまかしてんじゃない
恐怖映画とは何か、明確な定義を書けよ
思ってたよりずっと頭悪いようだな
68: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 20:11:07.85 .net
>>67
恐怖映画とは受け手が恐怖を感じる事をテーマとした映画
57: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 17:08:23.63 .net
一般大衆になじんだ言葉こそ一般的な言葉じゃないかな
一般大衆の普段使ってる言葉は、どんなイメージ?でコミュニケーションでイメージの一致する言葉

それに、グロと恐怖は別物だって最近はみんないってる
ラー作品に分類されないような、ただ残酷なだけ
グロいだけで恐怖感のないものを、同列に扱うのは違和感
58: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 18:10:15.75 .net
ホステル、SAW、ファイナルデスティネーションはグロいだけでホラーじゃない!ポルノだ!てことか?
59: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 18:59:34.06 .net
ポルノではないけど怖い訳でもないし、そもそも恐怖を題材にしてすらいない感じ

恐怖を題材にしてるけどグロいだけ恐怖を与えるのに失敗しているようなのも、最近はスプラッター的な怖さ&気持ちよさってそういうのからは感じない
61: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 19:27:34.17 .net
海外ではトーチャーポルノ(拷問ポルノ)と呼ぶ人もいるらしいけど、それでいいんでないの
64: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 19:34:53.80 .net
>>61
SAWはスリラー
ファイナル・デスティネーションは笑いをとってるとしか
Hostelはなんだろ
69: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 20:15:20.18 .net
ばかだな
俺も受け手の一人だが、一般的にホラー物に分類されない映画を観て恐怖を感じることがある
例えば「日本のいちばん長い日」も「復活の日」も「日本沈没」も「モスラ」も怖い
この4本をホラー映画に分類する定義がどこにある?

おまえさ、この問題を論じるタマじゃねえよ
72: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 20:24:18.30 .net
>>69
根本的に異なってる
受け手が恐怖を受けたいから見る映画と、恐怖を受けるという目的で見ていないけど恐怖を感じる映画

それと恐怖の種類の違いも
物質的な恐怖と精神的な恐怖
71: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 20:20:46.39 .net
「見たい人間の求めるもの」を一般化できるか?
映画の観客が何千万人いると思ってんだ。そいつらが一人残らず同じこと考えて映画を観てるのか?
冬に観てスーッと涼しさを感じるホラー映画はホラーじゃないのか?

おまえホラー映画ばっかり観ててろくに本読んでないだろ
そういう人間が文章を使って他人を説得できると思うなよ
俺に言わせればな、おまえみたいな考えの持ち主がいること自体が立派なホラーだよ
76: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 21:08:53.20 .net
>>71
観客の求めるものが残酷な描写を見ただけのい人と、怖いものを見に来た人とは層が全然別

下の層たちはグロを避けたがったり嫌がる人で、上の層たちはグロこそが見たいもので、残酷描写が見れないと怒り出す人

下の層たちのグロに対する認識は安全の確保
テーブルの下をのぞき込んだら惨殺体がっていうのは、不安を取り除いて安全な気持ちになりたいから
75: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 21:01:06.27 .net
恐怖を感じたい人とグロを見たい人の求めるものは別だと思う
作品側の構成内容も演出も

グロ映画はプロットの流れをただ順に追ってるだけに見える
恐怖映画は「~したら」⇒「こうなる」って部分を作る印象
77: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 21:20:14.04 .net
両方を楽しめるのが真のホラーマニアやで
78: 名無シネマさん 2018/03/27(火) 21:24:53.19 .net
>>77
でも全然別物だから分けたい…
グロ見たいって人は別に怖がってないよね
81: 名無シネマさん 2018/04/02(月) 20:08:09.42 .net
スプラッターって元々そういう意味だったの?マジ初めて知った…
言葉の意味が時間経過と共に変わるというのはまぁ珍しくないが、1が観たいスプラッター映画すらも無くなってきた(んだよね?)のは悲しいね
82: 名無シネマさん 2018/04/24(火) 18:46:11.78 .net
印象だけど昔のスプラッターって、主人公の仲間がいっぱいいて主人公以外の人物は次々殺害される

今のスプラッターは、主人公は一人か二人だけで仲間はそんなに殺されない印象
なんかただグロいだけ
83: 名無シネマさん 2018/04/25(水) 00:05:28.44 .net
これスラッシャー映画と間違えてない?
84: 名無シネマさん 2018/04/26(木) 13:00:52.67 .net
>>83
スラッシャーがスプラッターに近いと思う
血しぶきが舞うって表現だからもうちょっと、血みどろだけどね

最近のあの手ので、スプラッターという表現自体使わないでしょ
普通にグロ、監禁もの、血みどろって感じでいいと思う
スプラッターしゃないよ
昔風でいうと、ゴアムービーってのが一番ぴったりくるんだけどね
85: 名無シネマさん 2018/04/26(木) 14:16:13.90 .net
>>84
80年代からスプラッターって血と臓物が出てくる残酷描写のある映画を指してたよ。
スプラッター映画の代表的な監督でハーシェル・ゴードン・ルイスが紹介されてたし、ギニーピッグもスプラッター映画として紹介されてた。
悪魔のはらわたなんかもそうだったし、13日の金曜日なんかはともかく、スラッシャー映画の代表みたいなハロウィンなんかはスプラッターとは言われてなかったと思うけど
86: 名無シネマさん 2018/04/30(月) 00:03:13.97 .net
>>85
みんなハロウィンはスプラッターの代表みたいに言ってるけど、むしろハロウィンをスラッシャーと呼ぶの見た事ない
スラッシャー映画ってもっと淡白な感じ
87: 名無シネマさん 2018/04/30(月) 00:10:30.72 .net
>>84
今のスプラッターっていってるものと、昔スプラッターっていってる表現って違うよね

今はとっちかというと痛みや苦しみを題材にしてる
生きてる人間を拷問してグロはグロだけど向きが違って、そんなに血は出ないけど、欠損と顔の苦痛の歪みみたいな

昔のは殺される人間に痛みの描写はない感じ
死体をどう衝撃的に見えるか
『きゃ~』ってお客さまの声を狙ってる
箱を開けた時、バスルームのカーテンを捲った時
95: 名無シネマさん 2018/05/05(土) 17:25:33.38 .net
そう、視点が違うんだよね
血まみれになるのは第三者で、キャーキャーいう(怖がる)のは主人公(感情移入対象)

今のスプラッタは血まみれになる(痛がる)のが主人公(感情移入対象)

昔のは怖いけど、今のは痛い
96: 名無シネマさん 2018/05/05(土) 19:33:38.38 .net
それは単なる思い出補正
104: 名無シネマさん 2018/08/12(日) 03:38:26.80 .net
>>1が熱中症で意識不明の重体になってるスレ

「殺人鬼がバッサバサ殺すけどグロではない」「グロだけど恐怖ではない」「切断はするけど血は出ない」「血は出るけど怖くはない」「スプラッターはスラッシャーより衝撃が少ない」「スラッシャーの中でも特に衝撃が強いのがスプラッター」「怖いのと痛いのは違う」「スプラッター表現とスプラッター映画は違う」

»1さんのいう「今の/昔のスプラッター」マイ定義は難易度高くてよくわからんすぎる。「スプラッター」は今も昔も別段変わってないと思いますよ。
単に血がドバドバ出るような残酷な描写のあるホラー映画を「スプラッター」と呼んでる(呼んでた)わけで、主人公か第三者かとか関係ないし、別に殺人鬼ものとセットであっても問題ないでしょ。どっちがメイン要素か?ていうほどの違いしかないです。
時代を経るほどにゴア表現にも変化があって当たり前だし、ましてや最後の長音があるかどうか、とかなーに言ってんの??という感じではあります。

冷静に»1さんの書き込みを読んでると、スプラッターの定義なんか実は関係なくて、「昔のホラー映画は怖かったけど、今のは怖くない」て言ってるだけですね。
「昔のホラー映画」要するに、»1さんが多感な子供のころに見たホラー映画ってことなんでしょ。そんなの怖くて当たり前ですよ。

で、»1さんのスプラッターにかけるアツい思いはさておき、怖がらせる手段としてのスプラッターやゴア表現、ビックリドッキリ演出は稚拙だ!という主張ならよくわかります。管理人も同感です。
でも、それは今に限った話じゃなくて、昔からそーだったんです。シモネタで笑いを取る芸人はつまらんと言うのと同じです。お手軽な効果が得られるので多用されるし、多用されるからチープになるし、チープだから批判されるのは、いつの時代も同じだと思う。

そうはいっても、そんなたくさんのゴミホラーの中に混じってキラリと輝くスプラッターがあるわけですから。
そんな代表作はなんでしょうね?管理人はまっさきに「ヘル・レイザー」が思い浮かびましたが、最近の作品だとなんになるでしょうかねぇ。けっこうヒットした「ソウ」シリーズってことになりそう?
管理人1と2しか見てないですが、正直言って、あーいうシチュエーションスリラーはもうさすがに飽きましたねぇ…。('A`)

Lord of Illusions (1995) [Trailer]トップ絵はクライヴ・バーカー監督95年の作品「ロード・オブ・イリュージョン」より。
だいぶん昔に見たのでスプラッターシーンがあったかあんま覚えてないけど、まぁこの監督はスプラッター得意だからもういいや。
同監督原作「血の本」シリーズの何番目かのやつです。なんかカルト宗教ぽい感じの内容でけっこうおもしろかった記憶がある。
作家としてのクライヴ・バーカーは、ラヴクラフトやスティーヴン・キングと並んでモダンホラーの巨匠なんですが、日本では前者ふたりに比べていまひとつ人気&知名度がない。悲しい…。きちんと独自の神話や世界観を作り込む、という点では非常にうまいひとなんすけどね。

で、まぁ以下あんま関係ないけど、ヒロインでファムケ・ヤンセンという女優が出てるんですが、彼女を最初に見たのがこの映画だったんですね。
目鼻立ちのくっきりしたのっぽの美女で、この数年後「お次はなんだ?」の「グリード」にも出てたし、こんな美女がホラー映画に出てくると映えるよなー、がんばってほしいなーと思ってたんです。
しかしその後、彼女はヒット作となった「X-MEN」シリーズのジーン役などを経て、ホラーからは離れてしまった、残念。映画ジャンルヒエラルキー的に、ホラーとコメディは地位が低いんで仕方ないんだけどさ…。('A`)

ロード・オブ・イリュージョン ディレクターズ・カット版 [DVD]
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント (2004-04-23)
売り上げランキング: 209,972



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.12.1 8:05
    スプリッターになっちゃってんだよね
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.12.1 11:53
    管理人さんの指摘通りで、前提を間違えてる上で論議しても、砂の上に楼閣作るようなもんです(どっかの国の国会でも、似たようなことやってましたけど)

    閑話休題、管理人さんご推薦のクライヴ・パーカー原作・監督の「ヘルレイザー」は、小説で火がついたパーカー作品を、映像化しても成功したっていう稀有な例
    「ヘルレイザー」の原作の「魔導士」も素晴らしいし、映画版「ヘルレイザー」をパーカー自身がノベライスした(とされてるが真偽不明の上、ややこしい!)小説も、映像に劣らず、ページをめくる手が震えそうになりますし、これも管理人さん推薦の「血の本」シリーズは、大きめの図書館とかで探せば今でも読めるはずです
    まあ、パーカー作品については、管理人さんの口車に乗る価値はありますよ

    で、映像でのスプラッターの原点となる、やっぱりトビー・フーパー版「悪魔のいけにえ」を出さないわけにいかないでしょ
    今でいうスプラッターほどのスプラッシュは少ないものの、その分凄みは後の「ワーキャー」スプラッターの比ではないですね
    テレビの特番でチラっと予告編的なものが映ったんですが、子供心にトラウマで以降トビー・フーバー作品はまあまあ避け続けて今に至ります
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.12.1 13:12
    それってスラッシャー映画のことじゃねえの。
  1. >スプリッターになっちゃってんだよね

    ウフフ、※1さんがうまいこと言ったw
    ---------------
    >映像化しても成功したっていう稀有な例

    バーカーファンさらにGET!
    たぶんホラー業界では屈指の怖さだし、ベルセルクの使徒なんてゼノバイトのパクリなんだし、もっと知名度あがれー!そして小説復刊&再販してくれー!
    「イマジカ」は結局3巻しか手に入らなくて前後が気になってますw
    バーカーはファンタジー系もいいですよね。

    >テレビの特番でチラっと予告編的なものが映ったんですが、
    昔のテレビ放送ホラーって夏に放送されること多かったから、親戚の子らと必要以上に怖がりながら見た経緯があって、「悪魔の棲む家」とか「ポルターガイスト」とか深く記憶に残ってます。
    「悪魔のいけにえ」見てない気がするから、トビー・フーパーもチェックしてみますよ!
    ---------------
    >スラッシャー映画のことじゃねえの。

    殺人鬼ものは血が出てナンボ…て気がするし、殺人鬼もおらんのにドバドバ血が出ることもあんまない気がしますよねー
    • ※5 :  
    • 2018.12.2 17:49
    ダメな子がダメな主張を続けるだけのスレは、まとめない方が良いのでは。
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.12.4 11:58
    ゲームなんかホラーで一括りで、何にも区別されてねぇのに贅沢な悩みなことで。
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2018.12.5 12:52
    スプラッターて血の出る様を描いてるんだから不死身とか関係ない
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。