人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

友達いないヤツが本書くな @ [創作文芸板]


友達いないヤツが本書くな @ [創作文芸板]
1: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/24(木) 20:50:20.66
この作者友達とか彼女とかいないだろ
現実でのそういった経験がないと想像力がいくらあってもどこか違和感のある描写しかできないだろ
そういう経験が少ない作者の作品は本人の願望か知らんが、ヒロインや友人キャラが主人公に対して変に優しかったりするし
3: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/24(木) 20:52:11.38
1は友達がいないな。
4: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/24(木) 20:53:33.82
そう思うなら、あんたの周りにいるのは、友達じゃないんだよ
5: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/24(木) 20:55:45.59
1が友達と思っていたが、相手は友達と思ってなかったから、1に対してイジメとかしていたんじゃね?
6: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/24(木) 21:06:12.70
はしれメロスでも読んだんじゃね?
11: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/25(金) 00:57:34.58
普段は友人として普通に接している連中相手でも、みんなで飯を食いに行く時とか特に壁を感じる

俺が「そろそろ行こうぜ」って言っても、みんな「うんそうだねー」って感じで全然動き出さないけど、他の誰かが「行くか」って言うと動き出す
俺がいなくても何事も無いかのように進むけど、他の誰かが欠けてると、そいつに連絡取ったり待ったりする

俺以外の奴が財布を取りに行ったり便所行ったりするとみんなそれを待つけど、俺が靴ひも結んでたりしてても完全無視でみんな先に行く
どの食堂に行くかという話で俺の案は採用されない
食べ始めるのはみんなが席につくまで待つのが基本だけど、俺が最後のときはみんな既に食べ始めている

食後、普通は食器を全員が片付けるのを待ってから食堂を出るのだが、俺が最後のときはみんな先に帰り始めている
横に並んで歩いている時、俺の両隣りが徐々に迫ってきて遂には俺は後ろへ追いやられて、みんなの後ろをトボトボ歩く羽目になる

誰かが購買に寄るとみんなついていくが、俺が行くときは誰もついてこない

これらの行為は作為的なものではなく、無意識なものだと思う
みんなが特に俺への接し方に差をつけてるのではなく、ただ俺の存在や影響力が薄すぎるだけなのだろう
たぶん、俺だけこんな空気な扱いになってることにも気付いてない気がする
みんなのことは憎くないけど、自分の不甲斐無さが憎い

こういうことが続くと、一人が楽だなーって思う

12: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/25(金) 07:50:30.99
そうか
管理人より:(´;ω;`)ガンバレ
14: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/25(金) 08:20:01.10
スレ主は作家に向かないんじゃないの……
感覚がどこにでもいる普通の子供すぎてダサイのよ。
田中慎弥は芥川賞受賞会見で、友達はおられるのでしょうか?と問われて、きっぱりと、友達はいません、と答えてるじゃん。
凄くかっこ良かったし、テレビでもその部分が強調されてた。

決まってたね。
15: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/25(金) 08:29:40.59
むしろ友達がいない奴こそ本を書くべきだよ。
18: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/25(金) 23:27:34.52
不細工だろ、顔面偏差値も少なめだった
20: 名無し物書き@推敲中? 2012/05/28(月) 20:30:32.97
>>1
だとすると、逆に友達がいる奴には、友達のいない人間の孤独感は書けないし、書いてはいけないことになる。
こういう体験至上主義をつきつめると、宇宙にいかなければスペースオペラなんか書けなくなるが、実際は地球から出たことない作家たちによって書かれている。

もちろん、経験したことのほうが文章にしたときリアリティがあるのは間違いない。
だが、想像力と筆力でリアリティを付加することは、可能。
まあ結局、力をつけろって結論にはなるけど。
21: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/01(金) 01:32:37.74
小説を書くということは身もふたもない言い方をすれば、自分に向かって自分でしゃべっていることを原稿用紙なりパソコンの画面なりに文字として書く行為だからな。
内省的な性格の人種の方が向いている作業だろうな。
22: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/01(金) 02:00:39.82
>>1は西村賢太が友達はいないって言ってることも知らないんだな
23: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/01(金) 11:25:33.15
はがないスレはここか
24: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/01(金) 12:00:24.95
友達がいる事に満足する心が物凄く月並みなんだよ。
作家に向かないよ
25: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/01(金) 15:40:14.11
今いるかいないかが問題じゃないんだ。
友達いない歴=年齢だと無理だという話。
26: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/01(金) 16:59:36.70
そんなやつおれへんやろ
27: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/01(金) 23:47:34.86
そんなの、なかなかいないよ。
いたらいたで、かえって貴重な経験。
28: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/02(土) 18:28:19.29
>>1は、自分が友達だと思ってる相手に、友達だと思われてなさそう。
こんな独善的なこと言ってて、五分の友達が作れるとは思えない。
29: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/02(土) 20:07:06.74
それでもいいんだよ。自分が友達と思っていれば。

友達だと思うから許せることもあるし、友達が犯罪に手を染めても友達の立場になってものを考えることができる。
多かれ少なかれそんなたぐいの友達がいないと犯罪者の気持ちを理解しようとは思わないし、犯罪とはいわないまでも、他人の特異な趣味趣向を、たんにあざ笑うだけの人間になる。

要するに、作家はマイノリティーの気持ちも本気になって理解できるのは、そんな友達がいるから。
理屈でマイノリティーを理解しようとしても上っ面をなでるだけ。
だから、友達が必要なんだよ。
33: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/03(日) 01:33:22.34
>>29
ホント独善的だな…ぜったい友達いないだろ。
自分が友達だと思ってるだけなら、友達じゃないだろう。
それがアリなら、自分が彼女だと思ってるけどあっちは付き合ってるつもりはなく、実際そういう実態が存在しない場合だって「彼女」と呼べてしまうぞ。

それに、それじゃ「友達いない歴=年齢」のヤツなんて、ますますいなくなるぞ。
それでいいんなら、>>1の定義を書き換えてくれよ。

正確には「自分は友達だと思ってるけど、あっちは思ってないかも知れない程度の知人がいない奴は小説書くな」
じゃないか。
32: 弧高の鬼才 2012/06/02(土) 23:21:37.13
禅機の心映えに酔えるようになると、友達などただの塵芥同然になり、世を達観できるという
34: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/03(日) 02:08:06.16
お前は、俺達は友達だよなと確認するのか?
で相手が友達だと答えたら安心するのか?
はっきりいえばお前に今まで本当の友達はいないよ?
お前が友達と思っていただけだ
そうだろ?
だから宗教にのめり込んだ
36: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/03(日) 04:36:05.63
おそらく>>1はずっと孤独だったけれど、最近やっと友達だと思える人ができたのだとおもう。
いまはそれを自慢したくしてしょうがなく、こんなスレを建ててしまった。

けれど、俺が思うにそれは勘違いで、すぐ自分が孤立した人間だと気づくと思う^^
37: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/03(日) 05:16:48.30
なんかかわいそうだな…>>1
叩かれて、後から付け加えるいいわけが、惨めさを加速させる。
なんだかいじめてるような気になってきちゃったよ…
38: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/03(日) 07:28:28.95
スレ主は、なんか低俗な学園ものドラマに感動してるタイプじゃないの?
青春っていいな、とかさ。
内省的な事を書かないといけない作家には向いてない。
46: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/06(水) 06:24:23.35
>>38
友達いない奴がそういう話書いてるから問題
39: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/03(日) 07:31:20.39
むしろ友達は執筆する上で害ですよ。
話を聞いてると現実に戻されて、当たり前の事ばかりを書いてしまう。
40: 弧高の鬼才 2012/06/04(月) 15:31:07.64
ともだちを増やせとか、地を子で満たせ、子孫を繁栄させよなんてのは、聖書的傲慢にすぎない
43: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/04(月) 18:29:22.69
聖書的傲慢っていうか生物の基本じゃね?
植物も動物も菌も、なんでもかんでも、それやってる
お互いに捕食したりじゃまするやつもいたりしてバランスができてるけど
49: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/20(水) 22:02:00.80
友達は無駄である

by 佐野洋子
61: 名無し物書き@推敲中? 2012/08/06(月) 15:11:54.28
>>49
馬鹿?タイトルだけ鵜呑みにしてんの丸わかり

本読んでみろよ
友達づきあいってのは無駄でできてて、その無駄がいいんだってことを話してる内容だから
50: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/20(水) 22:03:24.42
大人になったら、世界中のみんなが友達になるからな。
無駄といえば無駄。
51: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/24(日) 21:37:43.91
友達がいません、ひきこもりです
思うに友達が適当にいて、彼女とかいて、生活に不満がない人は書けないと思います

ひきこもりを2、30年続けて或る日思いついて小説家志望を目指せば書けます
だって芽が双葉を出して、たまりたまったものが大木となってなって枝葉を茂らせていますから
56: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/24(日) 22:32:05.72
>>51
>たまりたまったものが大木となってなって
52: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/24(日) 21:43:14.36
何がたまってるって?
53: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/24(日) 21:52:18.95
だから結構生活に追われてその合間でコツコツためた妄想かな、
結構忙しく生きてきたし、家族中心で影薄かったよな、今もだけど…
54: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/24(日) 22:02:07.27
コツコツためた妄想が優れたものだという保証はないよ。
55: 名無し物書き@推敲中? 2012/06/24(日) 22:28:27.44
誰も優れたなんて言ってない。
なんだろ息抜きかな、まだぎゃあぎゃあ妻子に叫ばれてさ地味で影薄いし、いるかいないかわからないとか会社でも言われてさ
59: 名無し物書き@推敲中? 2012/08/04(土) 18:10:37.92
そもそも作家なんて友達もいなけりゃ恋人も居ないような欠陥人間がやる職業に一番相応しいしなぁ。
大作家と言われる奴が何人自殺したことか
62: 名無し物書き@推敲中? 2012/12/09(日) 22:57:53.88
>>59
ちゃんとした人間に書かせるべきだな
教育に悪い
70: 名無し物書き@推敲中? 2013/01/07(月) 19:18:49.65
むしろ友達のいない人間が描く話が面白いといこともあろう
孤独の絶望だって立派な文学のテーマじゃないか
71: 名無し物書き@推敲中? 2014/02/04(火) 11:26:02.07
背が高いからってバスケで活躍できるわけではないし、手足が長いからって、バレリーナとして成功するとは限らない。

「友達いない」ということが執筆する上でマイナスになるとしても、そのハンデを抱えてもなお、「執筆の実力」で補って描ける奴もいる。
「友達いる」という執筆する上でプラスになることをもっていても、その有利なゲタを履いていても、「執筆の実力」が足りず駄作オンリーの奴もいる。

世の中、結果が全てだよ。
有利な点があっても負ければ負け、不利な点があっても勝てれば勝ちだ。


あと、
>>1本人の願望か知らんが

よほどの売れっ子でない限り、十中八九「担当の命令」だね。そういうのを描け、と。
萌えハーレムを描いてる小説家や漫画家が、みんな萌えハーレム好きで、自分の願望で描いてると思ったら大間違いだよ。
世の中には、担当の命令で泣きながらエロコメを描き、少しずつ実績を上げて、長い長い年月をかけてようやく、念願の時代劇モノを描かせてもらった、という漫画家もいる。
今、萌えハーレム描いてる人たちが、そうでない保証はどこにもない。
言うまでもないが、後書きなんかは担当の検閲入ってるからな?
72: 名無し物書き@推敲中? 2014/02/06(木) 20:42:56.14
売れないのは担当のせいだよな
73: 名無し物書き@推敲中? 2014/02/17(月) 15:11:58.81
近距離恋愛でも遠距離恋愛でも質が異なるだけで「恋愛」であることとおなじように、友人がいる状態も友人がいない状態もかならず濃密な対人関係がそこに存在する
前者を経験した者にしか書けない関係も後者を経験した者にしか書けない関係もある

「小説家は云々を経験しなければならない」なんて安直なことはない
悪事を犯しても怠惰を繰返したとしても、作家独自の経験や人間観が最後小説に昇華されてさえいればすべての経験は無駄にはならない
74: 名無し物書き@推敲中? 2014/02/22(土) 07:10:03.22
基本同意だけど、そこでものを言うのは洞察眼とそれを形にする表現力のほうだわな。
76: 名無し物書き@推敲中? 2014/03/04(火) 16:32:59.00
友達、友達って小学生のガキかよ
ダセー
79: 名無し物書き@推敲中? 2015/01/25(日) 18:12:14.14
人間が描ければそれでいいんじゃー!
作者の人間性なんて読者には知る由もない…
まあ、友達がいない奴に人間に対する観察力や洞察眼がなさそう、っていうイメージは分からないこともないな
80: 名無し物書き@推敲中? 2015/01/25(日) 19:32:58.74
文は人なりといってだな、作者の人間性が文章ににじみ出るんやで、どんなに隠そうとしてもな

なんでか理由は知りませんが、創作文芸板は「友達がいない」というスレがいーっぱい立ってますね。 以前にこういうのやりましたが、友達の場合はどーでしょうか。
友達のいない孤独な鬱屈をエネルギーに変えて創作するのか、はたまたリアル友達を参考にして創作のネタにするのか。自身が体験してないことは創作のリアリティにどう影響するのか!

自分の体験云々みたいなこと言い始めると、SF小説やホラー小説なんて書けないんだけど、しかしどんな種類の小説であれ、主人公ひとりが延々と独白を続けるような作品は希少でしょうから、他の登場人物とのなんらかのつながりがあるわけです。
そういった細かなやりとりを加味すると、友達はともかくとして、人間関係はなんかしら問題なくこなせる程度のコミュ力は欲しいかもしれません。
想像力さえあれば、そんな体験すらいらないものでしょうか。管理人にはわからない。

しかしこの「友達」という言葉の漠然としてることといったら。一体全体、どっからが「友達」になるのかわかりゃしない。
知人の結婚式に出れば「友達」と称して大量の人間がやってくるのですが、ホントに「友達」なのかねー。

人付き合いがあまり好きではなく、ひとりで放っておいてほしいタイプの管理人からすると、そんなに友達が多いと気苦労もハンパなさそうに思えてならないです。
しかし、いくらイヤだからつって赤の他人に仏頂面をするなど、そんな失礼なことはできないから、仕事などで人前に出るときは無理してスイッチONすることになります。

オレのそばに近寄るなああーッ初対面のひとに会うときの管理人の心境はだいたいこんな感じで、わかるひとにはわかるはず。これもお給料のうちですからやむを得ない。
これを(少なくとも表面上は)精神力でねじ伏せるまでには、生まれてから18年ほどかかりました。コミュ障には生きづらい世の中だと言えましょうかネェ。('A`)

【PV】『僕は友達が少ないNEXT』プロモーション映像第2弾!トップ絵はラノベ原作アニメの「僕は友達が少ない」より。通称「はがない」…とか言いつつ主人公の男の子、友達いっぱいおるやん!それも美少女ばっかり!




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.22 22:19
    実体験至上主義だとそのうちプライバシーの問題に行き着く
    宴のあと裁判とか石に泳ぐ魚裁判とか
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.22 22:25
    >>11って自分が死んでるのに気づいてない幽霊なんじゃね。
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.23 0:57
    友だちがいるかどうかよりも、そんな自分を見つめる方が大事なんじゃないかな。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.23 10:47
    孤独は辛いけど時間は余るからな
    内省と自己研鑽、創作の友だよ
    満たされた人はどこにもいかない
    がむしゃらに努力してた昔を思い返すと
    あの頃の自分は孤独に恵まれてたんだなと感じる
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.23 12:50
    「知識には限界があるが、人間の想像力には限界が無い。」とは、かのアインシュタインの言葉であるが、その限界の壁を自分で作っていたら、決して相対性理論は生まれていなかったであろう。
    仮に自分に友達がいなくとも、自分の脳内でどんな友達を作ろうが、それはその人の限界の壁を示してるだけの話
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.23 16:05
    友人がおらず孤独と向き合って書くのが、なろう小説ってやつは俺が友人になるからその後に書いて欲しいとは思うわ
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.24 3:32
    言語能力って会話で培われる部分あるから無関係じゃないだろうね。
    当時めっちゃ売れてた某有名エロゲで同じようなこと感じたし。
    友達とか彼女がいないから距離感とかわかんないんだろうなって。

    でもやっぱり作家は想像力だと思う。もっと言うと地頭。
    孤独でも頭の良い奴はいる。
    ただ孤独じゃない奴はおそらく例外なく頭が良いはず。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.24 5:13
    ※7
    自レス訂正
    ☓当時めっちゃ売れてた~
    ○昔めっちゃ売れてた~
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.24 15:57
    >>20
    > だとすると、逆に友達がいる奴には、友達のいない人間の孤独感は書けないし、
    > 書いてはいけないことになる。
    今あるものがないことを想像するのはわりと簡単なんじゃないかな。
    一方、経験ゼロ知識ゼロから想像のみで作り上げるのはだいぶ難しい。
    たとえばチン○がない生活は割と誰でも想像できるかもしれんが、
    未知の生殖器をもった男の生活をリアリティ持って書くのはかなりの実力が必要だと思う。

    > こういう体験至上主義をつきつめると、宇宙にいかなければスペースオペラ
    > なんか書けなくなるが、実際は地球から出たことない作家たちによって書かれている。
    SFにはキャンベルっていうスープみたいな名前の編集者がおってね...
    無いものをリアルに書くときの心得を書いてるから読んでみると面白いかも
    「嘘は最小限にせよ、調べろ、調べられなければ外挿せよ」みたいな話なんですけどね。
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.26 23:39
    とある文豪「少なくとも 女の貸し借りができる程度の間柄じゃないと友達とはいえんね」
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.27 0:32
    書きたいが体験が足りない
    体験できるならその分書くほうが疎かになる
    そして書くことに専念すればその分体験の時間や機会も減る
    そういうジレンマはあるだろうな

    中島みゆきが1つの恋愛経験から1万の詩が書けるみたいなこと言ってた
    何よりも着眼点と観察力と想像力でないの
    そして書くことで上手に嘘を作る力みたいなものもできてくる
    調査力も大事だけどまずそれだよね
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.1.27 20:14
    友達はいなくていいと思うけど
    国語力に関しては
    偏差値65以上(大学入試レベルの試験などで)は必要だと思う…
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.1 9:34
    いろんな友人関係があると思うぞ
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。