人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

引きこもりは社会現象 @ [心理学板]


引きこもりは社会現象 @ [心理学板]
1: 没個性化されたレス↓ 2013/04/14(日) 04:54:55.18 .net
引きこもりは社会現象(リンク切れ)
最近、国会のテレビ中継が多い。
だが、何を言っているのかさっぱりわからない。
やたら、「しっかりと」、「重く受け止めて」を連発する。
一方、選挙区には国会議員の姿はない。
選挙期間中さえ東京から戻らない議員も多い。
よほど東京が好きだと思っていたが、どうもそうではないようだ。
議員たちは、やばいことが多すぎて、有権者から逃げ回っている。
つまり、「国会議事堂」に「引きこもり」だった。
政治家自ら「引きこもり」のお手本を示す国で、引きこもりの問題が解決するはずがない。
(http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0102/6/198.html(リンク切れ))
2: 没個性化されたレス↓ 2013/04/14(日) 07:21:30.30 .net
そういう引きこもりと、いわゆる社会問題化しているヒキコモリは根源的に全くの別物だが。。
3: 没個性化されたレス↓ 2013/04/14(日) 12:22:14.43 .net
ネットの普及と都市化が進んだため。
必然的に起こった現象。

以上

5: 没個性化されたレス↓ 2013/04/14(日) 14:21:51.03 .net
日本から地の利がなくなって職業も学校自体もドンドンなくなっていくが、とじこもった若いのをともかく日に干しておけばなんとかなるっていう文部省的かんがえかた
6: 没個性化されたレス↓ 2013/04/14(日) 21:57:15.47 .net
横浜市は昨年8、9月のアンケートを基に、市内に住む15~39歳の男女のうち、少なくとも約8千人が引きこもりの状態にあると推計した結果をまとめた。
市の推計は初めてで、現在の支援体制では十分に対応できない人数と判明した。


放送大の宮本みち子教授(青年社会学)は「引きこもりの把握は難しい。推計でも対象者数の明示は体制構築の目安となる」と指摘。家に閉じ籠もりたい願望を持つ引きこもりの予備軍も、約5万2千人に上るとされた。



各割合は東京都の「若年者自立支援調査研究」(平成19年度)とほぼ一致したが、内閣府が地方都市も含めて全国で行った「若者の意識に関する調査」(21年度)は、引きこもりの割合が横浜市の推計の2倍以上だった。
引きこもり「市内に8000人」 横浜市が初推計
7: 没個性化されたレス↓ 2013/04/15(月) 01:38:53.85 .net
誰か主導者がいるわけでもないのに、同時多発で発生したっていうのが不思議。
15: 没個性化されたレス↓ 2013/04/18(木) 15:48:54.05 .net
教育からの落ちこぼれを100%なくすボクメーツは無理なんだけど、表面上は取り繕っちゃっているんだよ
16: 没個性化されたレス↓ 2013/04/21(日) 19:16:36.59 .net
殆どは学生時代活躍出来なかった人がコミュニケーションを自己流に、自尊心だけ高くなってしまったケースが多いですね。
ガールフレンドとかはまず居ない。それを社会では怠けという扱いで排除される。
もしくは心配されるんだが、プライドだけは知らぬ間に高くなる。
不良になれない人間が今引きこもっているのです。
17: 没個性化されたレス↓ 2013/04/22(月) 18:36:23.45 .net
学者にもそういうタイプ多い
運よく社会的ポストを得られたからいいが、学者崩れの非常勤とか悲惨だよ…
18: 没個性化されたレス↓ 2013/04/23(火) 19:29:39.96 .net
コミュニケーションについて。
小さな村から始まる訳だが考え方が二通りある。
1つはそれが世界の縮図であり全体と考える事。
もう一つは全く風習が違うから多文化を拒否しているくせに、サービスは受けている。

ならば引きこもりも 同じならば 何故 引きこもりは苦しむ必要はあるのか。
つまり何ら問題ないはずだ。
22: 没個性化されたレス↓ 2013/05/03(金) 22:19:44.15 .net
学校の勉強より遊ぶ事しか考えない人間の数よ。
遊ぶための勉強ならしないほうが良いぜ。
理由は最期は馬脚をあらわすから
25: 没個性化されたレス↓ 2013/05/18(土) 10:12:17.16 .net
ああ、またバカが糞スレ立てたのか
心理学ってそういうのじゃねーから
26: 没個性化されたレス↓ 2013/05/18(土) 22:40:12.02 .net
心理学板って、ヒトラー真っ青の言論統制社会だな…
27: 没個性化されたレス↓ 2013/05/19(日) 00:19:33.53 .net
引きこもりほどに働いたら性格が変わってしまい素晴らしい
昨日の自分を否定し 新しい敵と仲良くして価値観が統一されるのが何となくわかる。だから働けない。
金とかじゃない人間の直感ですね
33: 没個性化されたレス↓ 2013/06/07(金) 01:23:15.19 .net
>>27
引きこもっている自分を「素晴らしい自分」と思っている所がやばい感じがする…。
28: 没個性化されたレス↓ 2013/05/19(日) 19:42:59.29 .net
価値観が変わるけどそれを受け入れないとそうなるでしょ 
34: 御子柴.A 宗光 ◆WalkyrieuQ 2013/06/07(金) 03:17:57.06 .net
違うな
引きこもりっつーのはウイルス性のもので、まだそのウイルスが解明されていないから、社会現象だと勘違いされるんだよ

医療技術が進めば引きこもりウイルスがそのうち明らかになるだろう
35: 没個性化されたレス↓ 2013/06/07(金) 21:34:25.85 .net
>>34
ウイルスってことは、感染するの?
かつて、引きこもりウイルスの感染が疑われたような例はあるの?
37: 没個性化されたレス↓ 2013/06/08(土) 20:32:30.28 .net
全ては 良い人が増えているのだ。
心を鬼にさえすれば何でも手に入る学問が施されているからだ。
つまり能力に違いはない。
煩悩が多い人間が生き地獄。という名の成功を収め表道を肩で風きります。
41: 没個性化されたレス↓ 2013/07/02(火) NY
社会現象というか、古来からの日本のお家芸でしょ?
昔は合理社会じゃなかったからニート体質でも働かざるをえなかっただけ。

やたらと外向的になって見落とすことも多くあるし、一概に悪いとは言えない。
44: 没個性化されたレス↓ 2013/07/10(水) NY
引きこもりといえども労働力を提供していないだけで、社会的効能はゼロとは言えますまい。
理由は実際に引きこもりを中傷することにより仕事をしている人もいるから、いわゆる 士農なんたら なんたら 引きこもり。
47: 没個性化されたレス↓ 2013/07/29(月) NY
歴史認識などをめぐり、ぎくしゃくした関係が続く日本と韓国。
そんな中、韓国での人気を確立した日本の漫画やアニメがいま“社会現象”にもなっている。
49: 没個性化されたレス↓ 2013/08/10(土) NY
なんかオレたち無職って、例えば運動会の昼からやって来て、参加したくても出来ない。みたいな感じじゃん。
50: 没個性化されたレス↓ 2013/08/19(月) NY
高齢者20億人時代がやってくる
51: 没個性化されたレス↓ 2013/08/22(木) NY
単なる人口増加ですね。
若い時の仕事のイメージと、それになるための過程が違うだけ。
例えば給与が高い時代は物価も高い。
しかし明細で凹んでしまう。値下がりを喜ばない。

現代では頭脳がアップし過ぎないようにマークシートやワープロの予測変換システムで国語力が落ちてます。
読めるが書けない人多し。
でも小説の読解は出来るから偏る。

今の車はカッコいいし揺れないけどミゼットのような車震感がないから危機感もない。
56: 没個性化されたレス↓ 2013/10/11(金) 23:31:53.29 .net
変革の可能性を感じて、古い悪い社会が、自分に正直な人間を排除して弱めようとする。
社会的影響力を弱めようとする。
だからサイレントマジョリティーとして恐れてもいる。


そうはいっても社会は変革する。間違っても悪くはならない。すべての人が幸福になるような

社会を引きこもりたちが願っているように。静かに、打ちのめされながらもしぶとく、社会を変えていく力を蓄えている。

「その時」にみんなが集まっていく。古い権力者とそれに従っていた者たちは、どうなるのだろう。その時にはもうなかまになっているだろうか
そうねがう
57: 没個性化されたレス↓ 2013/10/14(月) 13:38:27.90 .net
「議論」、「議論」と毎日のように言っている。
つまり、「口」ばっかりで、仕事をしないことが、彼らの仕事のようだ。
58: 没個性化されたレス↓ 2013/10/15(火) 10:04:51.11 .net
内容は関係せず人間が生きる中で、何らの快楽神経について超越すれば引きこもりは余儀なくされる。
例えば女性にモテたり金を儲けなくとも小説の読解、人権をテーマとした思考、信仰をすれば 働いたりするのは二度手間になる。
60: 没個性化されたレス↓ 2013/10/25(金) 23:51:14.17 .net
引きこもりは必然である。最近は攻撃する社会はくだらなく、それを満喫しているのは誰が見ても腹立たしいチンピラ社会。
しかし触らぬ神に祟りなしだね。

彼らは一定数残る
しかし問題はお金だ。争いや色情を好まないなら死ねという事なのか。
64: 没個性化されたレス↓ 2013/11/06(水) 13:01:54.92 .net
成長して離乳したチンパンジーでも、大人になるまでに母親と死別すると早死にする傾向があるとの研究結果を、京都大と神戸学院大、鎌倉女子大のチームがアフリカ・タンザニアに生息する群れの観察データの分析から明らかにし、6日までに米専門紙電子版で発表した。

チンパンジーの母親が離乳後も何らかの形で子供の世話をしていることを示す結果で、京大の中村美知夫准教授(人類学)は「チンパンジーの母子の絆が長く続くのは人間と共通性がある。人間の親子関係の進化を解明する手掛かりになるのでは」としている。

チームはタンザニア西部の熱帯の森林で暮らすチンパンジーの群れを観察した1972~2012年のデータを分析。
離乳する5歳から大人になる15歳までに母親が死んだ雄29頭のうち、年齢ごとに算出した群れの平均的な余命を超えて生きられたのは7頭だけだったことが分かった。

中村准教授は「哺乳類の中で離乳後も子供の世話をするのは人間だけだと思われてきた。
チンパンジーは、子供が大けがをしたときなど重要な局面でサポートするのではないか」と話した。
66: 没個性化されたレス↓ 2013/11/19(火) 05:08:05.06 .net
>>64
詭弁。

学者にはこのような子供じみた詭弁を、まことしやかに言い放つ者が多い。
要するに、原因と結果が逆転している。
母親が生存できない生活環境で子供が生き延びられるはずがない。

そのような確率を引き合いに出して、母と子の関係を論ずること自体、詭弁と言われても仕方がない。
実際、このような論法が経済、法律、社会、歴史、生物などの学問にはあふれている。
70: 没個性化されたレス↓ 2013/12/15(日) 14:25:51.05 .net
>>66
そのあたりの可能性はちゃんと検定されているんじゃないか?
人間の場合だって検証可能。
両親が生きていて何かを子供の経済的支援を行っていれば
それが両親もおらず自分の力だけに依拠している場合に比べて
なにかと有利な条件になるというのは十分に予想できること。
67: 没個性化されたレス↓ 2013/11/20(水) 23:40:15.43 .net
まともな学力持ってたら、ITでコミュしてた方が100倍効率性が高いことが分かる。
時間かけて金もかけて下らんパーティー行っても入ってくる情報の質と量は、時間当たりに算出したらパソコンの比ではない。
引きこもりを問題にするのは集客を生命線とする業界だけ。
ディズニーランドだけが好調なのはバカを集めているから。
69: 没個性化されたレス↓ 2013/12/14(土) 22:30:16.18 .net
引きこもりを「悪」と決めつけるのは、別に理由がある。
72: 没個性化されたレス↓ 2013/12/15(日) 15:24:14.90 .net
引きこもりは洗脳に弱いので、ネトウヨが大量発生してさらに引きこもるという負のスパイラル
75: 没個性化されたレス↓ 2013/12/28(土) 21:04:07.75 .net
人間は本能的に日和見を恐れるDNAを備えた人間がいる。
それが増えているだけ。
77: 没個性化されたレス↓ 2014/01/09(木) 21:24:54.52 .net
>>75
日和見を恐れるのではないだろう?
日和見を軽蔑し、忌み嫌うのだろう?
78: 没個性化されたレス↓ 2014/01/11(土) 05:37:41.39 .net
鎖国してたから日本が引きこもり体質とか言えると思ったでしょ!?

>>76
逆かな、気の毒なことに絡んだ方が怪我しちゃう
なんでって一日中2chやってる奴らはプロ(爆笑)だから
暇と復讐で引っ掛ける方法をいくらでも見て考えて体験して知ってる
多くの名無しは大体同じことしか書かないからそれがわかればスレ一つ潰したり流れ変えたり簡単にできますよ?
それくらい暇なんです。


実際は事実間違ったことが野次馬含めて騒がれてるので、それを俺の場合は学歴と思考を盾にして変えていくだけです

>>75
ちょっとググるとラットの実験で親世代の体験が遺伝子に刻まれて継承されるという実験結果の記事が読める
76: 没個性化されたレス↓ 2014/01/04(土) 16:44:21.23 .net
自分にとって都合のいい理屈や権威みたいな物に
すがりつきたくなる気持ちは分かる

一番気の毒なのは、2ちゃんみたいな場に入り浸り、ピント外れな啓蒙活動(社会で働くつもりになって)に生き甲斐を見出してる奴
80: 没個性化されたレス↓ 2014/02/04(火) 09:21:14.15 .net
日本で「ひきこもり」が成立した5つの理由

反論は基本的に「日本は階級社会ではない」ということから始まる。
続けて、「一部では正社員の道も保証されているから階級社会は言い過ぎ」という反論、また、「階級社会の歴史が長くある他国からすると、日本の現状はまだまだ階級社会とはいえず、むしろ恵まれている」という反論等、さまざまだ。

僕の事務所で展開している大阪府の「高校中退・不登校フォローアップ事業」のなかで出会う大阪の困難校の生徒やその家族にとって、「ひきこもり」は多々ある問題の中のひとつの事象にすぎない。
81: 没個性化されたレス↓ 2014/02/06(木) 13:57:50.91 .net
もともと日本は「神経症的登校拒否」というもの、いわゆる「行きたくても行けない型不登校」が欧米に比べて異常に多かったということは、稲村博氏が指摘していたことだ。
83: 没個性化されたレス↓ 2014/02/17(月) 01:48:23.97 .net
そもそも、「ひきこもり児童」は、「人間性」の象徴。人類の「誉れ」だ。

義務教育が洗脳教育であり、それを本能的に感じて登校拒否する児童。
実は、「神童たち」なのだよ。

なんかこのスレ前にまとめたかもしれんすね…。
ちょっと忙しすぎて更新ができずに申し訳ない。今日も無理そうだったけど、無理やりねじ込みましたんで、若干意味不明なまとめに。

「引きこもり」と「ニート」という言葉の出現時期がいつごろかなぁーと思いながらまとめてたんですが、「ニート」のほうが早かったような記憶ありますがどうですかね?2005年ごろくらいでしょうか。
いずれにしてもそんな古い言葉ではないというか、だから、社会問題として認識されたのもここ十数年来ってことになります。
まー昔に比べればインターネットもあるし、娯楽には事欠かないし、いながらにしていくらでもヒマを潰せるようになったと言えるわけで、より一層「引きこもりやすく」はなってるでしょうね?

ただし、不登校児の問題については、割り合いについてはさておき、かなり昔からあったわけですよ。
管理人の中学の時のクラスメイトがひとり不登校児でした。アダ名が「タテポン」と言いましたが、クラスはけっこうみんな仲が良くて、なんで不登校だったのか全然わからない。病気ではなかったし、学業についていけてないような感じもなかったらしく、ましてや彼がいじめられてるというこもまったくありませんでした。
んだから、タテポンにも登校してもらおうぜ!つって、友達と何回か家まで行ったし、行けば本人もまんざらでもなさそうでしたが、やっぱり登校はほとんどしなかったですね。
「行きたくても行けない」という心理だったんでしょうか。

その後の時代にいう「引きこもり」っていうのは単なる不登校児だけでなくて、家に出ることもかなわない大人も含む言葉になってます。定義としては
仕事や学校に行けず家に籠り、家族以外とほとんど交流がない人の状況を指す。現時点では、日本の厚生労働省はこうした状態が6か月以上続いた場合を定義としている[3]。
んだそうであり、その心境たるや案外複雑なのではないかと思うし、引きこもってる限り、焦りや不安などから逃れられないでしょうから、精神衛生上もよくはなさそう。

スレで出てた「潜在的引きこもり」というのはなかなかおもしろいですね。
そら、生活の不安がなければ好きなだけ引きこもりたいひとは案外多いかもしれない。管理人だって引きこもりたいですよ。

そゆのは「引きこもっても差し支えない」あるいは「引きこもらせてもらえる」環境があって初めて成り立つわけですねぇ。
だから案外「恵まれてる」と言えるんですよ、引きこもりが許される家庭というのは。
あんまりこじらせないうちに、早期に外に出られるようになれればいいですが。




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.15 21:40
    ひきこもりはデモ
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.15 22:51
    階級社会が根強く残るイギリスで、その階級の出身者でありながら、その階級に包摂されない人たちが各階級に現れた。主に中流上流階級にではあるがイギリスはその分け方が細かい。neetとは幅広くまばらに存在する、そんな彼らを指す仮称であった。
    インドのカルカッタなど歩いてみると真っ昼間なのにぶらぶらしている人がやたら目につく。実は彼らは仕事がなくやること無しにふらついているのだ。インドの場合カースト制度があって表向き無職は存在しない。そして日本とは違い引きこもっていなくてはならない理由も無いからね。家にクーラーないし。
    翻って日本はneetが家に引きこもっていただかなければならない切実な理由がいくつも存在する。それを考えてみると結構面白い。
    一般にリア充は実名でFacebook、負け組は匿名で2ちゃんねるを好む傾向があると言われている。なぜならばそう棲み分けなくては困る人たちが大勢いるからではあるが、どんな人たちが困るのかを考えてみると意外と面白い。
    面白い発見だが、引きこもりと2ちゃんねるはセット商品になっているなw
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.15 23:36
    高齢化した引きこもりはネットの中ですら人と交流しないから、その実態を把握するのは極めて困難みたいなことをどっかで見た
    60歳位の引きこもりとかいるんだろうか?
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.16 1:31
    私は最長連続は16年目に成る引き篭もりですが、ココにもしょっ中書き込みしている程
    何処の版にも最低週1書きくらいはしてますよ。
    因みに1971年生まれです。
    • >※4
      16年!すごい…
      どーやって生活してるのか気になります
        • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2019.2.16 16:08
        >※5
        そこら辺でも良く書いてますが置いてくれる場所があって正味只単に生きてネット見てるだけなら、年間最底辺のパート収入の4~5分の1以下のお金があれば、ネットがあるだけの食事意外一切支給されない監禁生活みたいな事は可能なのです。
        ※無論一人で可能な生活では無いですし、部屋の中では誰の干渉も受けず何をするのも自由な変わりにそれ以外は本当に何年経過しても、壁とPCの明かりだけを見つめる一切何の変化も無い生活ですよ。
        • >※9
          住める家とネットさえあれば!ってとこですかー
          お小遣い程度ならPCさえあれば在宅ワークでもなんとかなりますね
      • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
      • 2019.2.16 3:41
      >※4
      私は32ですが
      1度も働いたことありません
        • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
        • 2019.2.16 13:08
        >※7
        親死んだらどうすんの?煽りじゃなくマジで
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.16 3:39
    ロシアや明治日本でも
    金持ちの子息は、高等遊民といって
    働かず、本を読んでインテルを気取ってた

    漱石の「それから」もニート論
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.16 18:22
    単純な「人口としてカウントしない、労働生産性のない者」ってのは、昔から一定数居たけどね
    村同士での諍いの際の人質要員として、村の総意で抱えるとか、神への人柱用として、片足や片目を潰されて逃げないようにされた人間のことを、一本足入道や一つ目小僧として語られてたりしてる
    時代を下って社会が比較的裕福になると、そういう目的を持ったモノでなくても、蛭子流しとかせずに、座敷牢詰めとかで生かすっていうこともできるようになるし、さらに社会が豊かになると、例え石潰しと後ろ指さされても、部屋住み居候とかという身分が認知されるようになるし、さらに時代が下ると、条件次第で遊民とかモラトリアムが許されるようになる
    「人口=労働力」とかいう、単純な図式に押し込めるには無理が来てるのは確かだが、現代の引き籠りってのが、「健全な状態でない人間」っていうのを指して、なおかつそれらが存在することで、歪みとか特定の人間に強い負担が掛ってるというのは困った問題
    • ※12 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.18 21:42
    鳥山明ですらニート期間があったという事実
    労働力はAIや機械が担う時代が来るのは明白だし
    「人間の仕事」というのは芸術などが当たり前になるのかも知れない
    結論:引きこもりは芸術に打ち込むべし
    • ※13 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.20 20:21
    土木作業員日記で検索やで
    • ※14 :  
    • 2019.2.21 1:38
    そりゃ労働に見合った収入が得られなけりゃ働かないでしょ。
    • ※15 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.21 21:10
    <゜)))彡
    • ※16 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.2.22 19:46
    すべての引きこもり論が事象の網羅に明け暮れてそこからはなんの示唆も結論も得られないまま。突然思い出したように語られ、疲労を起こさせ、また忘却される。その繰り返しこそがこの問題への絶望を生み出しているようにも思える。
    現状、なにも解決策が得られない以上、せめてもの救いを見出す方がこの場合は建設的に思われる。

    おそらく集団社会的な観点から引きこもりを語ることは今までのように何の糸筋も見つけられない。集団社会に参加する能力のない者をも、もし参加できる能力があったら(培えたら)と夢想している状態にすぎないからである。

    通常引きこもりを語る時、いくつかの異なる視点で同時に語っていることに気づきます。
    社会保障的な問題、集団社会的なべき視点、この二つの態度は相いれますが、
    個人の幸福を中心に考えるとき社会的な突き放した視点とは矛盾する難しさがあるように思えます。

    すべてを同時に語るから救いのない論理に終始するわけです。
    そこで取れるべき態度としては、とりあえずこの問題を社会的に解決するのは難しい。という態度しかないように思えます。
    そして当事者が少しでも世間の責めから楽になり、自分の人生に幸福を見出せるようになるような発想のコペルニクス的転換が必要です。
    それがこの問題への建設的な態度だと考えます。
    集団的な論理で個人を救うことは到底できませんし、その当事者を救えなければこの問題は解決しないのです。
    世間の人は頭が悪いから理解できないと思いますけども。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。