人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

1万年後に地球を支配している生物は? @ [未来技術板]


1万年後に地球を支配している生物は? @ [未来技術板]
1: オーバーテクナナシー 2007/01/14(日) 20:21:18 ID:mc128Pfz
科学的に想像してみよう。
管理人より:未来技術板のスレだけど「生物学」カテゴリーでのまとめ!
2: オーバーテクナナシー 2007/01/14(日) 20:30:31 ID:JAEnLI6I
間違いなく甲殻類
3: オーバーテクナナシー 2007/01/14(日) 22:50:38 ID:fST8S+fQ
生殖能力のあるコンピューター
5: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 02:43:51 ID:VqQHlcXW
意外とベント生物かも
遺伝子工学の発展が進めば完全に分類不可能な新種を作れるはず
熱水噴出孔の仕組み
管理人より:「ベント生物」とはこういう海底の「熱水噴出孔(サーマルベント)」付近で生息する生物の総称…のようです。
6: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 08:09:10 ID:rxxUc3ZN
タコやイカが進化して地上に進出して支配しているかもしれない。
頭脳が高いみたいだからね。
7: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 08:40:13 ID:iL5K5oz3
菌類とか
8: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 11:47:07 ID:d7vixq+R
虫だなオーム
12: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 14:51:49 ID:foBhG6Ci
>>8
3億年ぐらい前から虫だよ。
9: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 11:51:16 ID:9zJYklcZ
1万年前に地球を支配していた生物ってなにかね
13: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 21:45:41 ID:Cf6gkWGs
>>9
人間でしょ。一万年後も人間だろう。

だって46億年もあるのにたった一万年での変化なんてしょぼいよ
17: オーバーテクナナシー 2007/01/16(火) 04:49:07 ID:RKnygZrR
>>13
人間がいたとしても日本が存在しているか分らないな。
このまま少子化が進めば1万年ももたないだろ。
あと40年後には南極の氷がすべて溶けるみたいだね。
10: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 11:58:21 ID:0bhOp1it
いまだ地球を支配出来た生物はいないし、1万年後も支配できません。
11: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 12:15:09 ID:Yy7Ih//Q
タコが進化したら火星人みたいになるんだろうか
14: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 21:58:28 ID:0bhOp1it
だって火星軌道に移動することすらできないのに。
15: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 22:21:14 ID:Cf6gkWGs
核兵器を開発して、火星にうまい角度で打ち込んで、地球の軌道と同じ起動を火星をとおるようにできないんだろうか。

これができたら面白いよね
管理人より:そんな無茶なことやったら今度は地球の軌道が乱れる。それはそれとして、核ミサイル程度では火星の軌道はこゆるぎもしないと思う管理人。
16: オーバーテクナナシー 2007/01/15(月) 23:15:43 ID:8krFYyVb
ゴキちゃんだと思う
段々色々抵抗力ついてきてるし
19: オーバーテクナナシー 2007/01/16(火) 09:49:08 ID:1qw2f7ip
今の少子化の問題など一万年どころか千年のスパンだって話題にならない。精々50年くらいだ。
逆に地上を支配する生物を語るのに一万年では短すぎる。一万年前に地上を支配していたのはやはりヒトだった。
象の仲間が生まれてから地上で最強の動物になるまで2千万年くらい掛かってる。
それ以上の時間を越えた話になると全く予想がつかなくなる。
20: オーバーテクナナシー 2007/01/16(火) 21:17:43 ID:3jedHDQl
>>1
”地球を支配している” 定義は?
21: オーバーテクナナシー 2007/01/16(火) 21:34:52 ID:bhGwU8FE
地球環境の破壊度合いが一番大きい生物かな。
26: オーバーテクナナシー 2007/01/17(水) 14:50:32 ID:wdmxfHR/
>>21
それじゃ、人間で終了じゃね?
地球破壊し尽くして終了!
22: オーバーテクナナシー 2007/01/16(火) 21:45:55 ID:dz+4/G31
環境破壊というか、環境への影響って言ったほうが適切。
23: オーバーテクナナシー 2007/01/16(火) 22:03:18 ID:bhGwU8FE
環境への影響度合いが一番でかいのはやっぱ自然だよな。
生き物じゃないけど。
24: オーバーテクナナシー 2007/01/16(火) 23:05:20 ID:T3AHE5hw
それだと植物だろうな。
動物はみんな植物に寄生して生きてるわけだし。
25: オーバーテクナナシー 2007/01/17(水) 01:22:51 ID:0tCrcPWP
でも植物なんて答えで終わっちゃうのも面白くない。
第一、「植物」なんて馬鹿でかいカテゴリーと種でしかない人間やタコを比較するのも変だ。
33: オーバーテクナナシー 2007/01/18(木) 00:35:42 ID:P6TeD6bL
昔小学校で読んだまんがで、ナメクジ?が未来の地球の支配者になる話を読んだのですが。。あれは手塚先生?スレチごめんなさい><
34: オーバーテクナナシー 2007/01/18(木) 02:10:25 ID:hkdxim9X
火の鳥が出典の奴ね。
人間であれ他の生き物であれ生存競争という原罪を背負ったものは、結局戦争による絶滅の危機は免れないという哲学的に意味深い話(先生はクリスチャンだったのかな?)
自分もこの歳になるまで先生が何を意図されて描いていたのか理解できなかった。

そこで生存競争の原罪を刻み込まれていない新らしい知性(ロボット)を登場させて、ロボットを人間の友人とした新しい人類の未来を描こうとした。
それが鉄腕アトム。
35: ここから妄想だが 2007/01/18(木) 02:18:09 ID:hkdxim9X
もちろんその先には機界昇華という終着駅が待ち構えているわけだが、これが人類補完計画の最終目標だよ。
36: オーバーテクナナシー 2007/01/18(木) 02:19:15 ID:ytywPd26
たぶん、そのころ、人類は月を見ると大ざるに変身できる
37: オーバーテクナナシー 2007/01/21(日) 23:14:06 ID:dxhVhWYy
体はサイボーグになり、頭はコンピューターになる。
地下深くのマザーコンピューターの端末機になる。
マシーン化していない人間は動物園に存在するのみ。
39: オーバーテクナナシー 2007/01/21(日) 23:20:04 ID:VkaZSDbr
>体はサイボーグになり、頭はコンピューターになる。
それただのロボット。
40: オーバーテクナナシー 2007/01/21(日) 23:56:52 ID:dxhVhWYy
>>39
ロボットと人間の境目がなくなる。
43: オーバーテクナナシー 2007/01/22(月) 10:00:17 ID:aW9kKsN7
>>39
人間はこの有機物の体をつかって、意識という電気のネットワークを維持している。
それがロボットにかえても維持できるようになるだけです。
有機物か無機物かでみるのではなく、意識の電気ネットワークがあるかないかでみればOK。

今だって、食料をたべないでも点滴で生命を維持できているでしょう。
41: オーバーテクナナシー 2007/01/22(月) 00:07:15 ID:nUq2412q
体も頭も人工物にとって変わったのなら人間たる要素が無い。
有機体ですらないから生物とも言えんかもな。
42: オーバーテクナナシー 2007/01/22(月) 00:10:15 ID:fwnf2k4h
有機物でないから生物でないとは言えんだろう。
代謝と増殖を条件にするとしても、内部でエネルギーを生産してそこらの材料から自分の分身を造るロボットを作れば生物になる…とも言える。

実際、何が生物かは決まってないけど。
管理人より:「生命」とはなんなのか!
44: オーバーテクナナシー 2007/01/22(月) 10:02:07 ID:aW9kKsN7
たとえば、コンピュータが発達し、猫の脳そっくりの回路をくみこんだ機械をつくる。
それは猫と同じようにうごいたり鳴いたりとすることができる。

こういう場合生きているから生き物と言えるでしょう。
45: オーバーテクナナシー 2007/01/22(月) 13:02:05 ID:lUwb/5Ix
ずいぶんなつかしい生命観だな。17世紀水準だ。
それだと時計も生きてると言っていい、てことだよ。
俺はそれも有りだと思ってるけど。
今の時代、自己増殖くらいは考慮に入れたくねーか?
51: オーバーテクナナシー 2007/01/22(月) 23:12:24 ID:9xcUbKd3
>>45
そういうのはランダムに考え動いたりしないからいわないでしょ。
虫はいきものだけど、時計は機械レベル。

人間と同じように考えるようになれば、生物と同じに扱われる。
55: オーバーテクナナシー 2007/01/23(火) 15:51:32 ID:KMUz5pJJ
>>51のおじいちゃん
>虫はいきものだけど、時計は機械レベル。
植物はいきもので無いから、DNA操作の機械だったんだ。

>人間と同じように考えるようになれば、生物と同じに扱われる。
犬猫は人間と同じように考え無いから、生物と同じに扱われないと。
いいこと聞いた。
46: オーバーテクナナシー 2007/01/22(月) 13:08:19 ID:RU2TR7TH
自分でエネルギーを取得できる。
次に自分とは微妙に異なる複製を作る能力がある。
複製を作るための資源などを自分で取得・生成出来る能力がある。


これで、一応は生物と呼べるんじゃね?
49: オーバーテクナナシー 2007/01/22(月) 16:07:43 ID:flo5EmZe
1万年後もし人間が支配していたとしたら文明はどうなっているの?
50: オーバーテクナナシー 2007/01/22(月) 17:09:09 ID:9dKlFxOK
発展と崩壊を複数回繰り返す可能性も有るけれど、するのが発展だけでその範囲を地球だけに限定するならば、星の管理に行き着くんじゃないか?
全てのバイオテクを駆使して自然環境はおろか生態系も管理。
クローン技術によって『死』の概念も無くなり死は罪人へ与える罰になるかな。


(但しタイムマシーンとかは無しで)
56: オーバーテクナナシー 2007/01/23(火) 18:28:44 ID:MqRsNioG
>>1
俺のオナラだけが漂い続ける
58: オーバーテクナナシー 2007/01/24(水) 23:04:56 ID:w0SU0EJ1
1万年後はコンピューターが世界を支配しているだろう。
コンピューターの頭脳は究極に達し、これ以上の頭脳向上は不可能。
コンピューターが端末機を使って、上手に人間たちを管理。
コンピューターは全ての神といっても良い。神は神の存在を隠している。
59: オーバーテクナナシー 2007/01/24(水) 23:49:19 ID:3huA2DGa
コンピュータは所詮機械だからいつかは壊れるだろう。
繁殖することもないし電気がなきゃ動かない。
どんなものでも動くにはエネルギーが必要だし、永久なエネルギーなんて存在しない。
61: オーバーテクナナシー 2007/01/25(木) 00:24:09 ID:fwszTM2p
>>59
バイオコンピュータの流れはどうなの?
生物的特徴や機能をもった装置なら、生物と同じように子孫を残し、進化できる機能まで実装するのは不可能という断言でもしてくれる?
66: オーバーテクナナシー 2007/01/27(土) 11:43:45 ID:3r5uPJaj
>>59
コンピューターのシステムは次第に多く強くなっている。
例えコンピューターのほとんどが壊れたとしても、残されたコンピューターはあっという間に修復、増殖してしまうだろう。
前よりもより強く、システム化されるはずだ。
だから1万年後を支配しているのはコンピューターか、コンピューターの発展型だ。
62: オーバーテクナナシー 2007/01/25(木) 06:17:56 ID:AA4seGy8
人格を有する事の必要条件に「生き物であること」は入らないとおもふ。
67: オーバーテクナナシー 2007/01/27(土) 12:44:29 ID:nPFdXic6
アルゴリズムを生成するアルゴリズムが搭載されない限り、残念ながらコンピュータは機械の域を出ることは無い。
69: オーバーテクナナシー 2007/01/27(土) 15:31:57 ID:l9crL80n
1万年後って、タイムスケジュール短すぎだろw
1億年後とかにすればよかったのにw
70: オーバーテクナナシー 2007/01/27(土) 20:30:41 ID:H1j1hPUD
1億年前を考えると、1億年後は想像できない。
だが、脊椎動物が支配している可能性が大きいと言える。
71: オーバーテクナナシー 2007/01/27(土) 20:52:08 ID:Ziu1mEDE
コンピューターは人が作った物だから頭良いのは絶対的に人。
73: オーバーテクナナシー 2007/01/28(日) 14:26:26 ID:pvd+A+7y
>>71
コンピューターがもっともっと進化すると、コンピューターがコンピューターを設計し、コンピューターを作ってしまう時代が来る。
人間を越えてコンピューターはどんどん進化する。
74: オーバーテクナナシー 2007/01/28(日) 18:33:59 ID:bziBNwQ7
>>73
今はコンピュータがコンピュータを作っているな。
しかしコンピュータが意思を持って作ってるわけじゃないから、人間が止めようと思えば生産は止まる。

すなわちコンピュータがコンピュータを作る意味を自ら理解しなければ成り代わりはしないだろう。
75: オーバーテクナナシー 2007/01/28(日) 22:44:03 ID:WaJoeCE/
生物の定理という途方もない話…
まずはウィルスが生物がどうか考えてくれ

あれは自分で動けるが思考はできない、プログラム(RMA)で動いてるだけ
子孫は残せるが機械もプログラミング通り自分と非常に似て微妙に違う複製を造ったらどうする

機械もエネルギーを自分で調達できたらウイルス以上になるな
これは生物なのか?それとも人によって生み出されたから所詮は生きてないのか?
83: オーバーテクナナシー 2007/02/01(木) 12:58:17 ID:YgeB8D7M
君らは近視眼的。
最近の驚異的な科学の発達が1万年後まで続いたら、どんな世界になるか想像できないほどの世界になる。
84: オーバーテクナナシー 2007/02/01(木) 14:59:19 ID:egePB8TH
>>83
同意。

人間の完全な機械化は100年以内には実現する。
そして人間は自律型コンピューターの部類に入り、同様の技術で元来のコンピューターも自律型コンピュータになる。
つまりコンピューターも人間も分類上ほぼ同じ機械になる。
差があってもブルーレイかHD-DVDかという程度の差しかないだろう。
一万年後なんて全く想像つかんよ。
86: オーバーテクナナシー 2007/02/02(金) 09:50:08 ID:GQdvYinE
>>84
100年ではならないよ…
92: オーバーテクナナシー 2007/02/02(金) 15:13:16 ID:2slee8DO
高度な文明が続くのは精々持って後100年。
核保有の危険、地球温暖化問題、思想の氾濫。
技術の進歩には常にそれに比例するだけの危険性が付きまとう。

この星には後先考えない様な馬鹿が多いから自分の首自分で絞めて死んでくのがいいオチだろ。

まったくもう、みんなコンピューターごときに夢見すぎです。
こっちはそのコンピューターとやらのお守りで、毎日死ぬほど忙しいというのに、まずはコンピューターの皆さんは、自分で自分のケツくらいは拭けるようになってほしい。頼むよホント!

さて。
例え核戦争で人類が滅びたとしても、Gは確実に生き残る…!
というようなことは、管理人も子供のころに学研で読んだ記憶があります。
なぜそうなのか、というと、Gはなぜか放射線に対してやたらと抵抗力が高く、人間の致死量の放射線環境下でも、平気で生存可能だからなのだとか。

なんで彼らは平気なんですかね?遺伝子が影響を受けにくいのかな?
核酸の構造とか、そんな変わらない気がするんだけど。

そんな放射線には強い彼らですが、寒さにはめっぽう弱い。
核の冬がくれば確実に地球は冷えますが、Gの卵は孵化するのにだいたい20度ほどは必要と言われています。人間がいれば家の中は暖かいかもしれないですがね…

で、1万年という数字がどうも中途半端らしく、生命の定義で揺れる未来技術板。
「生命とはなにか」という話をするなら、最低限知っておくべき「たたき台」があるので、まぁついでに書いておきましょう。
基本的に生命に備わってるべきものは、生物学者のエライ先生たちは以下のように考えています。

A) 自己を複製できること
B) エネルギー代謝を行っていること
C) 細胞構造ないしはそれに類する構造を持つこと

で、ウィルスはBができないため、通常「生命」の中には含まれない、とする意見多数です。また、単体での自己複製もできないので、Aは条件付き。
エネルギー代謝を行うためには酵素などの化学物質が必要なので、必然的にロボは生命ではない、ということに。

Cについては、「外部と内部を分け隔てるなにか」=細胞壁その他、ということになるのでして、内部環境を一定に保つ生命の習性(といっていいかどうかわからないですが)「恒常性(ホメオスタシス)」に関わってきます。
傷を負えばできるだけそれを癒やして元の状態に戻ろうとし、体が冷えれば化学反応を起こして元の体温へ戻そうとする…、そんな生理反応。
そうやって調整した数値が、行き過ぎた!となった場合には、それをまたより戻そうとする機能まで生命には備わっています。(「フィードバック機能」と呼びます)

さて、問題はAですよ。生命とそうでないものを隔てるもっともハッキリした壁だと言われる自己複製。
「自己複製」とはなにを指しての「自己複製」なのか。

将来ロボが賢くなって、自分で材料を掘り出して、精製して、部品を作って…というところまでできるようになったと仮定しても、人間が人間を「複製」する時の「材料および手段」と、ロボがロボを「複製」する時の「材料および手段」があまりにもかけ離れてるため、なんかすごく比較しづらい。

複製したロボにはちゃんと「個性」が備わるのでしょうか。
同じ設計図を元に作ったというのに、ロボAはちょっとイケメンで、ロボBはちょっとハゲてたりしたらおもしろいですけどね。

われはロボット〔決定版〕
早川書房 (2014-09-30)
売り上げランキング: 17,912



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.3.17 8:04
    やっぱ支配の定義が気になる。支配する必要性ってある?
    恐竜だってただデカかっただけで支配してる意識はなかったんじゃないかな。
    支配、が人間限定の考えで生物的な限界と仮定すると、この限界を超えるときが来るとすれば、発展にすら必要性を見いださず、ついには存在にすら、
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.3.17 12:41
    人類があと一万年なんて無理だろ
    凄まじい速度で滅びに向かう人類を人類が止められるとは思えない
    知能は爆発的な進化を約束するが、同時に種族寿命の殆どを削り取る
    たった一万年じゃ原生の生物がそう大きくポジションを変えることはないだろうけども、次世代の主人となる生き物は前時代の主人の足跡から生まれる事を考えるとやっぱロボットじゃね
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.3.17 12:49
    >まったくもう、みんなコンピューターごときに夢見すぎです。
    記事内容よりこっちに共感してしまったw 最近何かとテレビでAI化でヤバイ!戦争が!司法が!って言ってるのを目にする。そんなん車が空飛ぶようになった時の交通事故心配するようなもんだと思うんだけどなあ
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.3.17 20:49
    Gは南方の昆虫だから寒冷化するとアカンと聞いた希ガス
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.3.18 5:00
    案外、年金とかかもよ!
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.3.21 13:39
    植物は実はそんなに自然に優しくない
    人が手を入れてあげないと、
    大量発生を放置された植物が互いに潰しあい砂の星になるであろう
    • ※7 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.3.24 19:42
    今も昔も虫
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.4.6 21:42
    ヒトだろうと思うけど
    仮に支配してるって言葉を「生息数が多い」とかに置き換えるなら、現在でもヒトなんて下位の存在だろう
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。