人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

死とはいったい何なのか… @ [哲学板]


死とはいったい何なのか… @ [哲学板]
1: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 01:04:25.50 0.net
さっき他の板でもこのスレ立てたけど、死について考えると寝れない
2: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 01:11:42.24 0.net
寝れないから何?寝たいの?考えたいの?
心配してほしいの?馬鹿にされたいの?
オ○ニーしたいの?ち○ぽしゃぶられたいの?
どっち?
4: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 01:15:02.81 0.net
>>2
死んだらどうなるかかんがえてくれ…
7: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 01:23:56.99 0.net
>>4
死んだら恐ろしい世界が待ってるよ
死は究極の恐ろしさなのだから
君の本能が叫んでいるよ
あの無限に恐ろしい世界に行きたくないと
6: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 01:21:08.29 0.net
>>1
ならば他の板にも立てなさい
右の頬を殴られたら左の頬を差し出しなさい

スレを立てる事
それが貴方の人生の業なのですから
スレを立てればスレを立てたという貴方の罪は許されるでしょう

さあ他の板にスレを立て続けなさい
立てた数だけ貴方の人生に花が咲くでしょう


悪夢の花が
10: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 05:21:59.38 0.net
無に帰す
12: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 10:04:27.86 0.net
>>1
生まれてくる前のことをお前は覚えているか?
死も同じ事だ


お前にコントロールできないし死ねば全て忘れる
死を考えても無駄だから生きているうちにできる事を考えたら?

世の中の考えてもどうにもならない事の一つとして死もあるだけだ
好きなだけ考えても何にもならないと気づいてまた日常に戻るだけだよ
21: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 23:58:15.61 0.net
>>12
え?覚えてないの?記憶喪失か?
14: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 16:55:47.13 O.net
知らないことを考える。これ妄想。
15: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 16:58:53.97 0.net
死んだあとのことを考慮するのはなんでだろうな
17: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 19:02:27.81 O.net
>>1
肉体か精神の修復不能な状態だと思っています
18: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 19:06:55.11 0.net
死んだ状態と生きた状態は、何が違うの?
19: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 19:21:37.79 O.net
>>18
意識して体が動かせるかどうかじゃない?

あまり考えたくは無いのだけれど…
現状、脳死は意識して体が動かせないから臓器移植待ちの人の為に延命してるのかも…
20: 考える名無しさん 2016/02/02(火) 19:28:43.99 0.net
植物人間は死んでないよ
27: 考える名無しさん 2016/02/03(水) 23:51:33.14 O.net
>>20
知っていますよ?
哲学的に言えば生命を維持している『状態』と言った感じでしょうか?
23: 考える名無しさん 2016/02/03(水) 09:29:07.57 0.net
もうわけわかんねぇよ…
死んだら天国とかほんとにあんのかな?
25: 考える名無しさん 2016/02/03(水) 09:35:22.03 0.net
不幸な人生を信じるというのもある
悲惨な人生を信じるというのもある
信じると真実は違うから
信じるってのは、そうしないと頭崩壊するから信じてるだけだろ
28: 考える名無しさん 2016/02/04(木) 00:04:48.26 0.net
脳死は死んでる
植物人間は死んでない
29: 考える名無しさん 2016/02/04(木) 02:56:36.10 O.net
>>28
それはハッキリと証明されているので>>1の回答には不十分かと…
36: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 18:18:30.98 0.net
「死」というものを、量子力学で考えた場合に、同じ素粒子で作られているのに一方は、生命の無い“物質”として、他方では生命体としての“細胞”として認識されている。
生命の死と生が、単に細胞の死に留まらず、物質(=無機物)と細胞(=有機物)の差異化を生じている“原因は何か”ということが、量子力学の世界で求められている。
38: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 20:44:58.49 0.net
>>36
有機物とは、炭素を含む化合物の中で、炭素と酸素からなる一酸化炭素や二酸化炭素以外の物質を指します。
有機物とは物質の一部を指します。
有機物とは物質の一部を指します。
細胞とは物質の一部を指します。
細胞とは物質の一部を指します。
37: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 18:55:08.52 0.net
生物は何か
を定義するのも難しいよね
39: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 21:21:04.67 O.net
>>37
DNAの有無?
40: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 21:39:23.11 0.net
>>37
動物・菌類・植物・古細菌・真正細菌を総称して、生物と呼ぶ。
41: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 21:50:19.56 O.net
>>40
核があれば生物って事?
42: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 22:30:14.89 0.net
>>40
それは定義じゃないよね
43: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 22:40:42.76 0.net
>>42
定義の1つだ
44: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 22:49:15.55 0.net
車の定義はトラックとスポーツカーとワゴンからなるといってるようなものでしょ
45: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 22:58:06.26 0.net
>>44
全く違う
車の定義を車輪を取り付けて、荷物や人を運べるようにした道具と言っているようなものだ
48: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 23:12:46.13 0.net
死は主体にとっての死と客観的な死があって、主体としての死は常に予感としてある。
客観的な死は実在し、実在するものについて如何に規定するのかという問題ではあるが、逆に言えばその程度の問題でしかない。
主体的な死の予感は個人の行動、一生、社会行動、文明にまで決定的な影響をあたえる
それは常に予感であり死を体験した人間は通常あり得ない。
49: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 23:17:56.66 O.net
>>48
要は『永眠』って事だよね?
他人が見たら生きてるけどさ~自分中心なら死んでるのと同じじゃない?

他人が確認して全く動いてない状態であって…
本人はいつも通り寝るつもりで目を閉じて死んでる事にすら気付いてすらない
まさかねwww
50: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 23:28:37.29 0.net
俺はアル中で入院したことがあるが、病院のベットで目覚めるまでの間、断片的にしか記憶に残ってない。苦しかったのかどうかもよくわからない。
たぶん死ぬときはそんな感じでよくわからないまま死んでしまうのだろう。
実際死ぬ時に意識が明瞭なまま死ぬ人間なんて15%もいないそうだ。
死は思うよりはあっけなく来るかもしれないがその予感は実際よりも大きな姿で人の前に現れる
51: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 23:33:18.45 O.net
>>50
なるほど
負傷からの死は苦痛を味わったまま死んでいくと言うことか…
52: 考える名無しさん 2016/02/05(金) 23:38:43.50 0.net
先月、アナフィラキシーショックで死にかけた時、気を失う寸前は気持ちよかったな
57: 考える名無しさん 2016/02/06(土) 00:11:40.07 0.net
人は自分の生は自分でコントロールしたいと思うから、死は常にその願望を妨げる脅威として存在する
自殺志願者ですら自分の予期せぬ死は望まないだろう。
58: 考える名無しさん 2016/02/06(土) 00:23:45.15 0.net
でも死ぬ時は予期せず眠ってる最中に死にたいよ
59: 考える名無しさん 2016/02/06(土) 00:37:31.08 0.net
美少女の処女の膣内に射精した後に胸の中で眠るように死にたい
60: 考える名無しさん 2016/02/06(土) 00:47:29.00 O.net
以前B級映画を観ていて人を一撃で抹消出来る強力な銃が出てきて友人と話した。
「こんな銃は怖くない。当たっても痛くないからだ。」
たいてい死について考える議論は死について考えてはいない。
61: 考える名無しさん 2016/02/06(土) 00:53:15.33 0.net
そりゃ死んだらそこで議論も終わりだからなw
62: 考える名無しさん 2016/02/06(土) 00:55:30.68 O.net
バイクが修復不可能になった時に死んだと判断した。
機能を損傷して目的を遂行出来ない様態とも言える。
63: 考える名無しさん 2016/02/06(土) 00:57:35.61 O.net
死が怖いんじゃない。死ぬまでの苦痛が怖い。
そして死んだ後の世界に関与出来ないのが不安だな。
64: 考える名無しさん 2016/02/06(土) 14:25:40.73 0.net
それ自体は快感に満ちていても、他の人の要求や意図と必ずしも一致するとは限らないのよね。
66: 考える名無しさん 2016/02/06(土) 21:16:49.03 O.net
一緒に気持ちよくなろうよ
72: 考える名無しさん 2016/02/16(火) 20:07:02.22 O.net
死が怖い。痛みとかじゃなく死が怖い。
死は必ず来る強制だからだろう。
75: 考える名無しさん 2016/02/24(水) 03:11:13.13 0.net
死は怖くないな
生の解放と思ってる

生きるほうが辛いと思うけど、しがみつく理由はなに?
76: 考える名無しさん 2016/02/24(水) 05:21:12.35 O.net
いや、死は怖い。
だって未体験だもん。
79: 考える名無しさん 2016/02/24(水) 13:30:11.66 0.net
逆に考えてみるんだよ。
死ぬ事によって新たに生まれる。
つまり死ぬ事とは生まれ変わるための過程に過ぎないんだよ
80: 考える名無しさん 2016/02/24(水) 13:46:02.16 0.net
>>79
よくわからないこといってるけど意識の同一性は絶対保たれないよ?
85: 考える名無しさん 2016/02/24(水) 18:55:35.36 O.net
俺は内心ワクワクしてる。まだ1度も死んだことないから死んでみたいと思ってる。
幽霊というもんになれるなら俺は小学生の女子を悪の手から守るんだ。
着替えのときもお風呂のときも初体験のときも見守り続ける。
俺は正義だ。

「死」をどのへんで定義するのかというのは難しい問題ですね。
脳死患者だって体は生きてるわけで、厳密には「死」とは言えないですし、そうなると、生命活動が止まり腐敗が始まるのが「死」ということになりましょうか。
なぜ、死んだら全細胞の腐敗が始まるんでしょうね?魂というのはそれほどのエネルギーに満ちたものなのか…。

過去に何回か書いてますが、死んだらどうなるのか?というのは死んでみないとわかんないわけで、人類最大のミステリーのひとつ。 類似スレはこちら。

生まれる前のことを覚えている(催眠療法で思い出させられた)とか、臨死体験と称して様々な証言がありますが、それがほんとかどうかはまったく知るよしもありません。
だからそんなこと考えるのは無意味だよ…というのはつまんないですから、考えうる可能性を列挙してみましょう。

A) 死んだらそのまま無に帰する
B) 肉体は死ぬが魂(のようなもの)は残存する
B-1) 魂として現世とは少しズレた次元に移動する、互いに干渉はできない
B-2) 場合によっては干渉できる
B-3) 現世とは別の世界に飛ばされる
B-4) 宗教的な天国・もしくは地獄に飛ばされる
C) 死んだら若干のインターバル後に生まれ変わる

Aは話が簡単ですが、BおよびCはなかなか理屈が難しい。
記憶というものがいかなる方法で頭の中に溜め込まれてるか知りませんが、肉体の死とともにそれらも失われるであろうことを考えると、Bの場合記憶がどうなるのか大変気になります。
死んで記憶喪失になるなら、あの世ライフも楽しみようがなく、まったくありがたみがない。
しかし、現段階では脳に大きな関係があることはわかっているようですが、同時に魂にも刻み込まれる情報なのか定かではありませんので、希望はあります。

Cについては、永遠に生まれ変わり続けるさだめなのか、選択可能なのか、強制だとしたら何回かノルマこなしたら解放されるのかも不明。
人間として死んでも、次はナメクジに生まれ変わるのかもしれず、そうなると前世の記憶が残ってないことは慰めにもなるかもしれません。
できれば下等生物から初めて、ジョジョに高等生物にランクアップしていきたいものです。

管理人は以前これらの中で憂慮すべきなのはB-4の地獄の業火で永遠にさいなまれる…みたいなことだけだと書きました。
が、しかしこうしてみると、B-1もなにげにしんどい。
気になるあのコへの思いを残したまま死んだ場合、自分は幽霊となってただ見守るしかできず、仮にその子が暴漢に襲われたってなにもできない。
「ゴースト」の例の彼みたいに霊能者が見つかればいいですがね。

Ghost 1990 • Subway Sceneどうでもいいけど、管理人は映画の「ゴースト」で気になってるシーンがあるんですよ。
幽霊になったパトリック・スウェイジが、霊体のまま地下鉄に飛び乗るシーンがあるでしょ、入り口を透過で乗り越えて、中でオットット…とバランスを取るのですが、なんで地下鉄の床はオーケーなのか。ってか、そもそも地面はなんでオーケー?
地面に干渉できるなら、他のものにだって干渉できるはずだがなー!
現世の何ものにも干渉できず、しかし重力の影響だけはしっかり受けるとなるとなかなか悲惨。この理屈でいうと、人は死んだ瞬間に魂が重力に引かれ、地球の中心部付近で密集することになるのではありますまいか。

死んだ後まで心配事が耐えないのはイヤではあるし、死んだらハイそれまでよのAはシンプルでいいのですが、ちょっと寂しい。
死んでもなんらかの形で続きあると、死ぬのがちょっと楽しみになるかも…しれませんよ!




人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.4.27 21:26
    人体を細胞の集合とみなして、細胞の代謝が行われなくなることが死だと思う
    それはともかく、哲学版なんだから、
    死という語りえないものについてあれやこれや議論し続けるのはどうなんだろうなぁ
    • ※2 : ほんしゅさいほく
    • 2019.4.28 17:59
    まず、水分子の中の水素原子は、瞬時に離れたりくっついたりして、常に入れ替わりながら、その機能を維持している。水の中に浮かぶ、生体分子も同じで、その構成原子を入れ替えながらも、分子としての機能を維持し続ける。
    次に、生体分子自体も分解され、また合成される。これは、傷ついたタンパク質や変性したタンパク質が蓄積して機能(≒秩序)が失われていく前に、それらを体外に排出して機能(≒秩序)を維持していく。言い換えると、増加したエントロピーを体外に排出する、というシステムである。
    よく話題になる傷ついた生体分子を発見して、修復する修復酵素のピンポイントの働きの前に、このような広大な秩序維持システムがある。このような、システムの機能を維持しながら、その構成要素である生体分子が常に合成され、同時に分解される反応系を動的平衡と呼ぶ。
    が、このシステムにはもうひとつ重要な働きがある。それは、生体分子の相補性に関係している。相補性とは、ある生体分子と、それとぴったりかみ合う生体分子の関係のことをいい、片方の分子を鋳型にして、もう片方をつくるDNAの合成反応などがそれにあたる。
    これらの反応は、外圧の変化が少ない場合、生体分子の合成により緩やかに濃度が上昇し、分解によりそれが緩やかに下降するという一定のリズムを持った波動を作り出す。
    それが、外圧変化により、相補性のある片方の生体分子が消費されていくと、くっついたり離れたりしているもう片方の生体分子は、減った量を認識し、新しい生体分子の合成を促すセンサーとして働く。
    つまり、短時間に繰り返される動的平衡反応そのものが、外圧変化を全身に伝える機能を担う。これも、波動として伝わるが、平常時の緩やかな一定のリズムとは異なる。このような、動的平衡が作り出す、外圧に対応した波動変化の伝達により、生命の恒常性は維持されていく。
    動的平衡の中に組み込まれた、波動伝達が生命の証


    動的平衡が止まる、故に、死が、存在する?

    あ、長くてゴメンネw
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.4.29 20:02
    気づいたら寝ていた、とかあるじゃん
    夢を見てない状態とかさ
    あれが永久に続く感じだと思うけど
    そうじゃなく、死の先に無じゃない何か風景があるとしたらそっちの方が怖い
    素敵な場所じゃないかもしれないからな
    • ※4 : m
    • 2019.5.1 20:14
    全身麻酔を一度経験すると良い。麻酔されてる間は何も感じないし・意識もない。市とはこれが永遠に続くだけ。それだけ。
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.1 20:16
    死んだらトータルセルフに融合するらしいんだけど、飽きたらまた分離して生まれ変わるみたい
    でも生まれ変わりはないんじゃないか?と言っていた霊もいたな...
    • ※6 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.3 11:10
    主観的観測者が必要ならば死は存在しない。
    死間際の痛みが最後の観測事象になるのみ。
    ただ他者の肉体的、社会的存在が途切れるのみ。
    どんな悪人も記号的存在に昇華される。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。