人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

レスの強調ウゼェー!というドクターへ

レス内の強調表示をOFFにする コチラをクリックして切り替えてください。設定は30日間Cookieに保存されます。
現在のステータス:強調有効

九州の民俗学語ろうよ @ [民俗・神話学板]


九州の民俗学語ろうよ @ [民俗・神話学板]
1: 天之御名無主 2015/06/13(土) 11:00:46.85 .net
俺はあんまり詳しくないんだけど、こんな感じのやつ。

北九州市の藍島とか貝島あたりに古墳がある。この古墳には、大陸から日本に渡海している時に亡くなってしまった人を祀っている物もあると考えられているようだ。
で、なんでわざわざ渡海中に死んだ人を島で祀ったのかというと、日本本土に大陸の穢れをあげさせないためとかそんなんらしい。


俺のやつはなんかパッとしないけどこんな感じでもいいので、何か語ってほしい。
3: 天之御名無主 2015/06/25(木) 22:22:43.61 .net
長崎の壱岐じゃイヌ食べてたみたいだね
原の辻遺跡から~50体以上のイヌが検出されて、種類とかもバラバラなんだけど、解体痕や割られた骨から必要な時は食用にしてたことがわったらしい
九州じゃないけど広島や兵庫でもイヌ食べてた痕跡が見つかってる
4: 天之御名無主 2015/06/28(日) 13:59:41.11 .net
そういう事はあるだろうな…
近代の日本でも食うていたんだし
6: 天之御名無主 2015/07/30(木) 21:59:35.22 .net
食文化の理解は難しいな
9: 天之御名無主 2015/08/06(木) 13:51:20.46 .net
確かに食に関しては身勝手には批判できない。
犬食い等は我々日本人にとっては嫌だが、欧米人の多くは我々の日本人の鯨食いを嫌悪する。
それぞれの背景・立場を理解しようという配慮無しではネトウヨ脳になってしまうし。
10: 天之御名無主 2015/08/14(金) 01:31:41.26 .net
理解・協調より批判・分断の方が簡単だからなあ…
15: 天之御名無主 2015/09/01(火) 15:25:25.70 .net
肉は肉
7: 天之御名無主 2015/08/03(月) 17:55:47.85 .net
そう言えば小さい頃福岡に住んでた時に赤犬は上手いという話をよく聞いてたな。
終戦直後だが。
8: 天之御名無主 2015/08/03(月) 17:58:15.44 .net
犬で思い出したけど、猟犬にするには小さい時に尻尾を根元から切ると良いという習慣があったな。
何故か知らないが。
自分の犬ではした事ないけど。
11: 天之御名無主 2015/08/19(水) 15:56:34.78 .net
魏志倭人伝の頃は、刺青をしてたらしいね。
多分サメ除けのため。
12: 天之御名無主 2015/08/20(木) 07:05:04.97 .net
ああ、倭人伝に入れ墨の記述あるね
48: 天之御名無主 2016/06/03(金) 07:31:09.87 .net
>>12
倭人伝に入れ墨の記述ってあるけどどこまで正確かな?
あれ書いた人、聞いただけだろうしいろいろと内容が適当だからな
入れ墨=蛮族という感じで書いた可能性もあるが、まぁ倭の国ごとに違う入れ墨があった方がロマンがあるよね。
53: 天之御名無主 2017/10/02(月) 06:03:24.92 .net
>>48
正確さについては怪しい所も多々ある書だよね
東方見聞録のジパング並かなw
16: 天之御名無主 2015/09/02(水) 02:12:07.85 .net
生月のカクレキリシタンとか
平戸のまた奥にある島だけど、今でも隠れキリシタン様式で信仰してる方もいるそうで、集落(3つある)ごとに様式が違ったのが興味深かった
またキリスト教だけじゃなくて仏教、神道も同時に信仰してて、私が泊めてもらったお宅には仏壇と神棚があって、隠れキリシタンはもう信仰してないけど昔はしてた
キリシタンの御神体は博物館に預けてあるっていってたね
17: 天之御名無主 2015/09/15(火) 02:07:27.30 .net
敬虔なる人々の島だったんだねい
18: 天之御名無主 2015/09/16(水) 17:43:10.39 .net
犬肉は鷹狩用の鷹の餌だから、調理痕があろうと人が食ったとは判断できないんだけどね。

それを知らんアホ学者が多すぎる。
36: 天之御名無主 2016/05/31(火) 08:41:41.92 .net
>>18
犬食ってその記述もあったと思うんだが
なお肉はあんまりうまくないらしい
38: 天之御名無主 2016/05/31(火) 10:20:44.59 .net
>>36
青森ではヒッソリ今でも食ってる
39: 天之御名無主 2016/06/01(水) 10:19:20.46 .net
>>36
犬食ってのは犬を大事にする遊牧民に農耕民が支配された恨みで行うから、うまいから食うわけではないんだよ
42: 天之御名無主 2016/06/02(木) 01:02:28.43 .net
>>39
どこの説それ?
自分は鍋にするために雑兵が~ってのを聞いたのだが
19: 天之御名無主 2015/10/11(日) 14:54:26.88 .net
話題が少ないので多少脱線だが、宮崎には 【山芋を掘る】と言う方言がある。九州の中でも宮崎だけの方言だと思う。
かんしゃくをおこして暴れる。ことを指す。

山芋は土の中深く根を下ろし、山芋を全部ほり出すにはかなり深く注意深く山芋が折れないようにして堀出す必要がある。
皆途中で嫌になって不機嫌になる。そんなところからきた言葉らしい。

こう言う方言が生まれるということは、皆が食料としての山芋を掘っていたんだろう。
20: 天之御名無主 2015/10/11(日) 15:38:57.02 .net
>>19
火山の影響で稲作ができないってこと?
23: 天之御名無主 2015/10/13(火) 20:30:15.42 .net
>>20
それもあったのかもね。火山灰土だから芋類を食べてただろうし。
芋の伝来は300年位前でそんなに古くは無いから色んなものを食べてたと思われる。
27: 天之御名無主 2015/11/22(日) 20:58:55.94 .net
>>23
牛蒡は日本人くらいしか食わないというのも面白い
色んな国の色んな民族が色んな物を食うたのだろうに…
管理人より:「牛蒡」=「ゴボウ」。第二次大戦で捕虜になったアメリカ兵に、食事としてゴボウの煮付けを出したところ「木の根を食わされて嫌がらせをされた!」なんていう話がありますね。おいしいのにねぇ。
21: 天之御名無主 2015/10/11(日) 16:26:07.76 .net
司馬遼太郎の坂本龍馬小説で、そんなのがあったな。
折れてないのを掘って下男に渡して脱藩みたいなシーン。
22: 天之御名無主 2015/10/11(日) 16:27:17.65 .net
掘るのが大変なんだよ。当たり前ながら。
24: 天之御名無主 2015/10/13(火) 22:05:44.22 .net
宮崎の民謡にひえつき節というのがある。
山間部ではひえを主食にしてたんだろう。
29: 天之御名無主 2015/11/28(土) 23:34:23.41 .net
>>24
アフリカでは狩りに失敗した日は帰りにひえを摘んで帰る部族があるらしい
縄文人も同じような感じだったのかも
30: 天之御名無主 2015/11/30(月) 21:24:28.08 .net
獄門島に九州の蛇憑きの話が出てくるけど、これは横溝正史の創作なのか、口伝の民間伝承で既に失われてるのかあるいは、底本があるのか分かる方いませんか?
37: 天之御名無主 2016/05/31(火) 08:44:28.33 .net
>>30
憑き物関連はタブーされているとこ多くて、口伝の民間伝承や石造物で既に失われてるのが多いのが調査しにくいよな
34: 天之御名無主 2016/03/17(木) 16:54:26.03 .net
九州脊梁山地、落人の里
会社辞めてぷらぷらしてたとき見つけたサイト
読み応えあったからどうぞ
40: 天之御名無主 2016/06/01(水) 19:25:57.36 .net
中国の歴史ドラマ見てたら、普通に定食屋で犬の肉出るから普通に食ってたんじゃないの?
41: 天之御名無主 2016/06/01(水) 21:17:21.05 .net
水滸伝なんか読むと牛よりランクが落ちる肉って感じで居酒屋のシーンで書かれてたなあ
あ、羊頭狗肉って熟語があるネ
管理人より:「羊頭狗肉」は見せかけは立派でも、実が伴わないことをたとえた故事成語。
43: 天之御名無主 2016/06/02(木) 22:35:59.33 .net
昔 昔 月刊プレイボーイ日本版で、犬肉を喰らいながら酒盛りするフィリピンギャングの画像を見たことがありますな
44: 天之御名無主 2016/06/02(木) 23:28:19.75 .net
アジアでは全般的に犬食が行われていたが、犬食を嫌う遊牧民の文化が広まり廃れていった
45: 天之御名無主 2016/06/02(木) 23:30:09.39 .net
犬を食う文化が朝鮮から九州に伝わったというよりは、犬を食わない文化が広まって、取り残されたのが朝鮮や九州という事ではないだろうか
49: 天之御名無主 2016/06/03(金) 23:02:55.09 .net
当時九州の海沿いに居たのが宗像氏なら刺青してるのは当然だと思う
54: 天之御名無主 2017/10/03(火) 19:05:22.98 .net
マルコポーロは日本に来てない
魏の使者は日本に来てるから同じように考えてはいけない
55: 天之御名無主 2017/10/30(月) 21:28:59.52 .net
何れにせよ正確さには欠ける。
58: 天之御名無主 2017/11/04(土) 10:38:01.16 .net
何か文書や地図が新たに発見されることが有り得るだろうか…
59: 天之御名無主 2017/12/24(日) 19:41:27.14 .net
無理っぽいが、世界の何処かで発見されないかなあ…
61: 天之御名無主 2018/01/04(木) 16:13:00.35 .net
地図が中国の何処かからハッケソされれば邪馬台国の位置も…
管理人より:どこやねん、邪馬台国!
67: 天之御名無主 2018/08/18(土) 05:38:18.81 .net
九州の民俗学は大陸や半島等との関係性や影響も幅広く考察しなければならないんだろうな
86: 天之御名無主 2019/03/23(土) 04:04:56.53 .net
>>67
中世民具研究とかやると地獄
金属は回収されて再利用されるから、どうしても甕などの焼き物と臼などの石器メインになるんだけど、九州の石臼は大陸産ばっかで国内での流通や交流を解き明かす資料にならん
中世日本は中国から絹や銅銭、工芸品を購入して硫黄や銅などの鉱物を輸出してたせいで、大陸からの船は大量のバラスト石が必須
ただの石だと金にならないから中国で石臼を積んで来て売りまくったせい
69: 天之御名無主 2018/08/21(火) 14:51:25.10 .net
南米やポリネシアとの交流は?
73: 天之御名無主 2018/09/03(月) 16:38:59.67 .net
古代の九州は国際的な気がする
小国でも大陸や半島を意識していたみたいな
74: 天之御名無主 2018/09/03(月) 18:41:23.04 .net
大陸と九州の小国の直接的な関係とか
また基本朝貢かもしれないが
75: 天之御名無主 2018/09/04(火) 15:53:57.99 .net
自由な往来とか…
小国と言えども航海できる財力・国力は必要だが
79: 天之御名無主 2018/09/22(土) 22:42:03.22 .net
当時は同じ地名や同じものを指す同じ言葉も在ったんじゃなかった?
80: 天之御名無主 2018/09/24(月) 16:38:42.38 .net
う~ん古代九州と古代半島には同じ地名があったような…
日本式古墳は半島でも見つかってるよね
88: 天之御名無主 2019/03/29(金) 08:26:07.06 .net
九州考古学ロマンがあるな
91: 天之御名無主 2019/04/01(月) 00:01:57.44 .net
全然渡来とは関係ないけどさ
博多雑煮といえば鰤と思っていたが、もともとは鯛で、手に入らない庶民が鰤を代用したのだという
92: 天之御名無主 2019/04/07(日) 10:01:20.21 .net
大宰府政庁跡は都府楼跡と呼ばれていて地名や駅名にもつけてあるが、都府楼は唐名なんだね
大宰府も‘太’宰府と地元では昔から使われ続けていることに意味があるかのような歴史本を読んだな
管理人より:太宰府の謎について。
93: 天之御名無主 2019/04/22(月) 01:29:35.71 .net
やっぱおもしろいな九州
94: 天之御名無主 2019/04/22(月) 22:59:02.23 .net
古代の国際都市だっぺ

言うほど民俗学の話になりませんでしたが、強引に民俗・神話学カテゴリーでいっときます。

「赤犬がうまい」みたいな話は管理人も本で読んだことありますね。しかし「赤い犬」ってなんだろ?と思ったものです。
そんな犬見たことないですが、茶色い毛並みを「赤い」って言ってたのかな?犬なんか食ってうまいんですかねぇ。犬や猫はまずそうだけどなー。
昔の日本では肉食は基本的に禁止されていたということで、病人は精をつけるために例外的にイノシシ肉なんかを食べたそうですね。

野坂昭如の短編に「骨餓身峠死人葛(ほねがみとうげほとけかずら)」というのがあって、これは戦後、九州の廃れた炭鉱の村で行われる異常なアレの話。気になるひとはあらすじ調べてみて。
政治家の麻生さんを選出してる福岡の飯塚あたりも、かつては炭鉱が盛んだったというし、戦後一気に廃れたところもあるんだろうと思うし、その悲哀たるやすさまじいものがあったのでしょうか。

Mount Aso SUPERVOLCANO - The Most Active Volcano in Japan - a MUST DO on your Japan Trip!トップ絵は世界最大を誇るカルデラ火口を持つ阿蘇山のダイナミックな写真。こないだ小噴火があったらしくてニュースになってましたね。
いざ大噴火すれば九州一円ものすごい被害になると思いますが、さてどうなりますか。活火山としてはトバやイエローストーンに次いで3位くらいですかねぇ。

管理人は福岡なのですが、高校のころ、友達5人くらいで「そうだ阿蘇に行こう」ということになって旅行したことある。前にも書いたかな。
旅館から出て1時間くらいですかね、歩くと阿蘇の高原に着くんです。バスも出てますが。
真夏だったんで、クッソ暑いんですが、ちょっと土手みたいなとこ超えて高原に入った途端!えらい涼しいんですよ。

えーなにこれすっげぇ!クーラー入ってんのか?ていうくらいの涼しさで、一気に汗がひく。
どういう仕組みになってるか知りませんか、とにかく気持ちの良いところですので、阿蘇未体験の方はゼヒゼヒ。

熊本というといわゆる有名な「あんたがたどこさ」という童謡みたいなのありますよね。若い人は知らないかもしれないけど、管理人の子供時代くらいまでは、ボールぽんぽんやって、この歌うたってましたよ。
あんたがたどこさ
肥後さ
肥後どこさ
熊本さ
熊本どこさ
せんばさ

せんば山には狸がおってさ
それを猟師が鉄砲で撃ってさ
煮てさ、焼いてさ、食ってさ
それを木の葉でちょいとかぶせ
「さ」のところで、足をくいっと上げてボールをくぐらせるわけでね、「煮てさ、焼いてさ、食ってさ」のところでだいたいミスる。管理人とこでは「ちょいとかぶせ」じゃなくて「ちょいと隠せ」だったような記憶が…。
子供のころは意味もわからず歌ってましたが、よく考えるとけっこう怖い内容なのかな。

あんたがたどこさ(古謡)
実はこれは埼玉が発祥で、埼玉川越には天海僧正建立の【仙波東照宮】があって、東照宮といえば東照大権現=徳川家康をまつったところで、家康=タヌキと呼ばれた、つまり江戸幕府を揶揄したというものです。まあ、船場=仙波のこじつけと思われますが。
こんな尊皇攘夷説もあるようです。肥後関係ないのかなー。

南九州の民俗文化誌 (南日本の民俗文化誌9)
下野 敏見
南方新社
売り上げランキング: 1,903,058



人気サイト様 最新記事

博士ちゃんねる ヘッドライン

    • ※1 : うん
    • 2019.5.5 21:16
    キムチ臭いまとめ
    • ※2 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.5 22:57
    >第二次大戦で捕虜になったアメリカ兵に、食事としてゴボウの煮付けを出したところ「木の根を食わされて嫌がらせをされた!」なんていう話がありますね。

    ソースもあるのかないのかわからん噂話だが、案外本当に食わせてたのを後で言い訳してるのかもね
    国内の捕虜だとしたら、民間人すら木の葉っぱや根っこを煮込んでた時代だし捕虜に食わせててもおかしくないし
    東南アジアとかでの捕虜だとしたら、そもそもゴボウなんて日本人しか食わないものが都合よくその辺に生えてたのかっていう
    • ※3 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.6 6:20
    まず現在と江戸時代後期の民俗学を紹介しろよ。
    どうせ何にも調べてないだろうけどさ。
    せめてフィールドワークのレポートくらい探してから話題にしろよ。
    • ※4 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.6 7:56
    さすがの10連休、管理人さんの更新が捗ってますねー

    赤犬ってのは、食用犬種としてブリードされた、チャウチャウを指すようです
    赤というよりは茶色ってことみたいで、赤べこや黒豚よりもざっくりした括りのようですね

    「猟犬の尻尾を切る」ってのは、早く走ったり素早く方向転換するための能力を削ぐためって聞きました
    臭跡追跡能力に特化するため、獲物を見つけた際に興奮して、先走って獲物に接近し過ぎて脅してしまったりというのを防ぐっていう意味合いがあると聞きました。

    狸を「煮てさ、焼いてさ」してから食うってのは、仏料理にもあるジビエの処理方法と同じで、それくらい手をかけないいけないくらい臭いんだと思います
    • ※5 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.6 11:23
    当時は○○だったから××だったんだろう、みたいなレベルの話を集団でしてるだけ。
    こんなの民俗学や考古学の話題としてまとめる意味あんの?
  1. なんとチャウチャウ食えるんですか…
    まぁ確かになまぐさそうではありますね
    残念ながら今日だけおやすみ!

    >早く走ったり素早く方向転換するための能力を削ぐ
    なるほど!昔のひとの知恵かぁ
    • ※7 : Sat
    • 2019.5.6 13:50
    ワンコの尻尾を切ってしまう話がありましたが、現代のペットのワンコでも、元々猟犬だったコーギーなんかは小さいうちに人間が尻尾を切ってしまうようです。で、あのような尻尾の無い姿になるというわけ。
    古谷三敏さんの漫画で読みました。
    • ※8 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.6 15:46
    「あんたがたどこさ」は全然熊本弁じゃないってのは昔から言われているね。
    熊本から来た人を見て埼玉で生まれた歌だとか。
    • ※9 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.6 23:59
    でんせんまんやぞ
    • ※10 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.7 7:59
    焼酎泡盛のルーツがタイの麹だから
    • ※11 : ドクター・ノオ・ネーム
    • 2019.5.8 13:47
    コーギー飼ってますが、色はふつーの茶色(よくいる柴犬みたいな色)。
    でも血統書や市の登録だと「RED(赤)」と表記されてます。
    犬の赤の毛色は茶色ってことなんでしょうね、分かりにくいです。
    また本来は牧畜犬であるコーギーは、羊や牛を追いかけるため、長いしっぽを踏まれないよう断尾をする風習が出来たとも言われています。
    狩猟犬とは違うと思いますが、同じように狩りの対象から攻撃されないようになどの目的があるのかな?なんて思いました。
    • ※12 : うん
    • 2019.5.8 19:38
    はだしのゲンでおっちゃんが赤肉旨いぞって言ってた記憶ある。
  1. トラックバックはまだありません。


コメ欄での議論はおおいにけっこうですが、当サイトではドクター同士の罵り合いは禁止となっております。反論する際には、相手の意見・人格を尊重し、どうぞ冷静に。